艦これ 深海棲艦 ss。 【艦これ】深海棲艦で一番秀逸なデザインの艦って誰だと思う?

【艦これ】セクハラ疑惑!?【青葉SS】

艦これ 深海棲艦 ss

深海提督「いやだって駆逐艦とかいつも一発轟沈でしょ? どうなってんのこれ?」 ヲ級「…………」 深海提督「建造の時ちゃんと言ってるよね? いい資材を使えって。 何、資材って豆腐だったっけ?」 ヲ級「チョイト提督」 深海提督「どうした」 ヲ級「ソレハアッチ側ガ強イダケ」 深海提督「いやその時点でもう問題ですけどね?」 深海提督「取り敢えず工廠に行くぞ」 ヲ級「ハイハイ」 ~工廠~ 深海提督「ちょいとそこの悪妖精さん」 悪妖精「おうどうした小僧」 深海提督「資材ってちゃんとしたの使ってるよね?」 悪妖精「おうよ、勿論だとも」 深海提督「そうか、ならいいんだが……」 悪妖精「ちゃんと日本産の大豆を使ってだな」 深海提督「豆腐じゃねぇか!!」 深海提督「いいかよく聞け! これからもう大豆使うのやめろ! ちゃんとした鋼材使え! タングステン使え!!」 悪妖精「そんなもんうちにはねぇよ。 大豆だけだ」 深海提督「ああ!? 遠征はどうなってやがるヲ級!」 ヲ級「イツモアッチノ艦娘ニ遭遇シテ、モロトモオジャン」 深海提督「進む方向変えようか!!」 ~会議室~ 深海提督「えー、まあそういうわけで。 今から会議を始めまーす」 深海棲艦達「ワーイ」 深海提督「議題は勿論こちら!!」バンッ! 深海提督「どうやったら一発轟沈を防げるか! 並びにどうやったら駆逐艦と巡洋艦がまともな戦闘にありつけるか!」 深海提督「はい話し合い開始!!」 ザワザワ タ級「ハイ提督!」ビシィッ 深海提督「はいどうぞ!」 タ級「ソモソモ戦争シナケレバイイノデハ?」 深海提督「それ論外!! 出直してきなさい!」 チ級「ハイ提督!」ビシィッ 深海提督「はいどうぞ!」 チ級「機動力ヲ高メルトイウノハ?」 深海提督「機動力……なるほど、逃げて逃げて逃げまくるわけだな!」 深海提督「よし、やってみよう! 悪妖精!」 悪妖精「もうやっとるぜい!」カーンカーン 赤城「……前方に敵艦を確認、どうやら駆逐艦のようね。 それに2隻だけ」 加賀「楽勝ですね」 赤城「ええ、でも慢心してはダメよ」 加賀「ええ、この子みたいにはなりたくないものね」 瑞鶴「もうちょっとオブラートに包みなさいよ! それでも怒るけどね!」 翔鶴「……変ですね」 瑞鶴「どうかしたの翔鶴姉?」 翔鶴「前方の駆逐艦、本当に駆逐艦なのかしら?」 加賀「……?」 赤城「どういう事?」 翔鶴「その、駆逐艦の速度が………」 赤城「速度?」 翔鶴「……な、嘘! 123ノット!?」 加賀「!?」 瑞鶴「はあ!?」 赤城「!?」 深海提督「ハーッハッハッハッハハハハハハァァア!! 驚いた! 驚いたか!? 驚いただろう!? 素晴らしい機動力だぁ!!」 深海提督「よぉし、これでもって駆逐艦と巡洋艦はまともな戦争にありつけるぞぅ!!」 ヲ級「………提督」 深海提督「どうした」 ヲ級「アノ2隻ニ搭載シタエンジンガ、オーバーヒートシテ爆発ダッテ」 深海提督「海なのに!?」 深海提督「つ、次だ次! 次の案をよこせ!」 ~第二案~ 赤城「な、何だったのかしら……」 翔鶴「勝手に爆発していきましたね…」 加賀「……」 瑞鶴「……! また何か来るよ!」 赤城「………!? 何て数なの!? 見た限りでも100隻以上ですって!?」 加賀「しかも全部駆逐艦」 深海提督「第二案は、人海戦術ならぬ深海戦術だ」 悪妖精「大豆の在庫が凄いからな。 これくらいスグってもんよ!」 深海提督「その時点でおかしいけどな。 なんだよ大豆って、そんなにコスト削減か?」 悪妖精「業務終えた時にでもどうだ? 晩酌でもすっか?」 深海提督「しないわどアホ!」 深海提督「もういっちょ!」 ~第三案~ 瑞鶴「あ、危なかったぁ」 翔鶴「艦載機、全て使ってしまいましたね」 赤城「このままじゃ先へは進めなさそうね。 鎮守府に一時撤退しましょう」 加賀「……」コクリ 赤城「………! 何か来るわ!」 瑞鶴「またぁ!?」 翔鶴「もう艦載機が……」 加賀「ここは私が」ヒュパッ 彩雲「ブーン」 加賀「………」 ヲ級『ヲ……ミンナ、頑張ッテ…!』 イ級『……ム、ムリ…』46センチセオイナガラ ロ級『カアチャンマジカンベン……』46センチセオイナガラ ハ級『サ、サイナラ………』ブクブク ヲ級『ハ、ハ級ーー!』 加賀「……こちらに接近してくる可能性はあまりないかと思います」 赤城「え?」 深海提督「駆逐艦には言葉通り荷が重い! ていうかそもそもどうやってあっちの方の装備作ったんだ!?」 悪妖精「こちとら隠密行動に長けていてなぁ、ちょくちょくあっちの鎮守府に潜入してるってわけよ」 深海提督「だったらまともな建造方法だって見てるんだよなぁ!? 何故ここで活用しない!?」 悪妖精「うちの資材って大豆ばっかだろ? そりゃあ無理だよ」 深海提督「大豆のやりとりできるんなら資材のやりとりもしてくれよぉおお!!」 深海提督「もういい!! 最終案だ!! 全員集合ー!!」 吹雪「ここが、ミッドウェー…」 赤城「遠征部隊によると、このあたりで駆逐艦と巡洋艦、そして姫級の目撃情報が多数報告されているわ」 吹雪「姫級…ですか?!」 赤城「そう。 これが最後の手段だ』 深海提督『お前らは言わずもがな感情を持っているが、それは奴らの前では晒していない』 深海提督『ならば、どうする?』 ドゴンッ ヲ級「………!」 深海提督『攻撃喰らったら、泣け! 痛がれ!! 悲しめ!!!』 深海提督『そうすれば奴らの攻撃は自然と止む!!』 ヲ級「………イ」 吹雪「…?! 赤城先輩、あれ!」 赤城「……!?」 ヲ級「イ、痛イ、痛イ、痛イヨォ……」ナミダボロボロ 北方棲姫「オ、オネエチャン、ダ、ダイジョウブ?」 港湾棲姫「ダ、大丈夫。 vip2ch.

次の

【艦これ】深海棲艦って可愛い女の子も多いし時々寝返りたくなるよね

艦これ 深海棲艦 ss

数十年前 政府所属 特殊医療研究機関 老人『その当時、まだ若い研究者であった私は未熟ながらも才能を認められ。 国家で進められていたとある事業の開発チームに所属していた』 若老人「所長、セルの活性化現象を確認。 コアからの指令伝達率は90%を超えました!!」 所長「そうかっ!! これでナノマシンの基礎理論は立証できそうだ! これで世界のほぼすべての人が病やケガという厄災から解放される!」 若老人「はいっ、所長の長年の悲願がようやく達成されるんですねっ!!」 所長「あぁ、これで天国の俺の息子もきっと喜んでくれる!」 男研究員「所長の息子さんの様な末期がんの患者でもこのナノマシンがあれば救うことができる、 それどころか人間は死という概念すら超えてゆけるかもしれません!!」 所長「あぁ、悲しみのない世界だ……息子を失ったあの悲しみをもう誰にも感じて欲しくない、 その一心でここまでこれたんだ。 本当にみんなには感謝している」 老人『所長は研究メンバーに笑いながら本当に、本当に嬉しそうに語っていたよ』 老人『しばらくして研究はナノマシンの生体実験へと移った、片前足がない状態のマウスによる生体実験はまるで奇跡のように順調に進んでいった……」 若老人「すごい、完全になかった前足が生成されている……実験体も最初からそうだったと言わんばかりに走り回っている……」 所長「ここまで順調だと逆に怖くなるほどだ……俺たちのチームは最高だ」 女研究員「もう、所長! 泣くのは全部終わってからにしましょう?」 所長「あぁ、そうだな! この研究が早く世界中に笑顔を届けられるように、急いで完成させないとな!」 老人『当時の私たちは世界の報われない人々を救うため、そして自分たちがそんなすばらしい研究をしているという誇りが 熱意となって一丸になり研究に没頭した』 老人『そうしてようやっと動物実験も安定して成功し、人体での適用も間近となったあくる日、それは起きた…… きっかけは些細なものだった一部の心無いものからの無知ゆえの言葉。 我々のナノマシン研究は化け物を生み出す研究だと叫ぶ者が現れたのだ』 バケモノヲウミダスマッドサイエンティストヲユルスナッ! 女研究員「きゃぁぁぁ!」パリンっ 所長「くそっ! なんでみんなわかってくれないんだ! この研究はっ、人を…人を……」 若老人「所長っ! 危険です! 窓から離れてくださいっ! 石がっ!」 男研究員「ひぃぃいい……」 老人『洗脳されたように人々は何も知ろうとはせずただ、私たちの研究を日々汚い言葉で罵倒し続けた…… この事態に国は我々を見捨てる判断をした。 この件は国は一切あずかり知らぬものであり、この研究は悪魔の所業であるとした』 若老人「所長……」 所長「なぜだ、俺たちの研究は……人を幸せに……幸せに……」 老人『その時の所長の顔を私は今でも鮮明に思い出せるよ、やつれ果てて酷い顔だった』 老人『国は自ら命じて取り組ませていた私たちの研究を異端扱いし、さらには人身御供として所長の身柄を拘束……裁判にて死刑を宣告されたよ』 老人『私は、それをただ見ていることしかできなかった……』 老人『研究所が解体されかつての仲間たちは皆、表舞台から去ってしまったよ』 老人『最後に残ったのは私と女研究員、せめてもと研究資料を国に知られぬようにこっそりと持ち出そうとしたのだ。 所長の気持ちをなかったことにしたくなかった……』 若老人「女研究員さん、重要なデータはすべて移し終わりました! 早くここからっ」 若老人「っ……!」 老人『見つけた女研究員さんはもうすでに冷たくなっていた……天井からプラプラと こちらをうつろな目で見下げて』 老人『足元には手紙が一通だけ、遺書だった……内容は所長への懺悔の言葉と世界への憎悪がたたきつけられるようにつづられて、私はただ後悔と罪悪感に沈むほかできなくてね』 老人『その時だったな、私はこう思ったのだ……世界は狂ってる……このままのナノマシンでは人の精神までは救えないのだ……と……』 老人『私は一人、持ち出したナノマシンの資料を基に表ではあの事件の当事者である事を隠しながら精神科医として裏では人の精神も治すことができるナノマシンの開発に没 頭した』 老人『そんな生活を15年ほど続けた後、とある人物が私のもとを訪ねてきた』 中年老人「はぁ……」 男研究員「たぶん、精神を守るためには必要だったのだろうな……彼女は自分の中にいくつもの人格を作り閉じこもってしまった」 中年老人「PTSDによる解離性同一性障害ですか」 男研究員「あぁ、僕も何とかしようといろいろ試しては見たんだがな……」 少女「……」 中年老人「私も精神科医とはいえ専門の外ですからね……ほかの方でダメなら…」 男研究員「あぁ、いや別に何も治して欲しいわけではないんだ。 私はもうあの事件の様な悲劇を繰り返してなるものかと研究用のナノマシンとフェアリー数体を持ち出し。 彼女とともに逃げた……この子とこの幸せに通じる研究だけはどうあっても守らねばならないとそう固く誓ってね』 老人『しかし、その時私ももうすでに50近い体で研究に明け暮れていた体は既にボロボロだった。 そんな私が追っ手から逃げ切れるわけもなくその時は来た』 暗殺者「さぁ、そのナノマシンをこっちに渡してもらおう」 中年老人「くぅ、ここまでか……」 老人『もう諦め、ナノマシンを渡そうと思ったが横にいる娘の顔が最後の力を出させてくれた』 中年老人「いいかい、よく聞くんだ……そのナノマシンとフェアリーをもってここから逃げるんだ、私が絶対にあいつらを何とかするからお前だけでも」 少女「いや、お父さんも! お願いだから!」 中年老人「いいんだ、私はもう……やるべきことはやった、あとはお前がつなぐんだ」 老人『娘も私の顔を見てわかってくれたらしい、小さくコクリとうなずいた後すぐに走り出した』 暗殺者「ちっ、逃がすか」 老人『追っ手が焦り、拳銃を向ける……私は娘だけは絶対に守らなければならないと追っ手にとびかかったよまぁ、 ヒーローでもなんでもない私だ、結局銃弾は私の肩と腹と胸に3発当たってしまった……今でも傷があるんだ見るかい?」 老人『ふふっそうだね、私も君の立場だったらそうやって拒否していた。 でもねそこだよ……君が知りたかったすべての始まりは……』 老人『見てしまったんだ私の娘は……私が撃たれ死にゆく様を……』 老人『私はまた、動かない体で見てることしかできなかった……私の死を目の前で見てしまった娘の 途方もない悲しみをナノマシンは痛みとして認識してしまったんだ』 老人『その痛みを取り除くためにナノマシンは彼女の激情のままに追っ手を殺戮し、 彼女の体を覆うために増殖していった。 その結果、出来上がったのが深海棲艦のプロトタイプというわけだ……』 少女「はぁ、はぁ、お父さんっ! お父さんっ! 今っ、今ナノマシンで……」 老人『娘はわかったんだろうな私がもうすでに死んでいるということを、虚ろな意識の中で泣きじゃくる娘を私はこの手で抱きしめることも 出来ずにただ心の中で娘と同じ位の涙を流したよ』 老人『娘はひとしきり泣いた後に自身の姿の異常に気が付いた』 少女「なにっ……これっ……血…」 老人『きっとそこで自身の行いがわかったのだろう、人を初めて殺め……私を失った彼女の顔は絶望を通り越して無であったよ』 老人『そうして私の娘は壊れてしまった』 少女「こんなに痛い世界はいらない……こんなにっ、こんなに辛い世界なんてっ!」 老人『そう叫んで彼女は後ろの暗い海へと飛び込んで消えてしまった……いや消えたかったのだろう、 この世界に一筋の希望すら無くなってしまったんだから……』 老人『私が直接知っているのはここまでだ……ここからは私がここに来てから独自のルートでその後の私の娘の足取りを追った結果だ』 老人『海に投身し、自殺をしようとした娘はどうやら失敗してしまったらしい……いや、成功できるわけがなかったんだ…… もはや新型ナノマシンは彼女をコアとしていた。 コアがいなくなることで自身の存在が消滅することを恐れたセルナノマシンたちは 自我と呼べる様なものを持ち、彼女をその意思に関係なく守ってしまう』 少女「私は……私は、もうこんな世界なんかにいたくないよぉ……お父さんっ! どこっ! お父さんっ!!」 老人『海の底で死ぬこともかなわず……絶望の淵で彼女は私の名前を何度も何度も呼んだらしい…… そして絶望はやがて世界への激しい憎悪……人を憎み、世界を憎み……そして彼女は出会ってしまった……海に眠る悲しみの塊に』 老人『そう、第二次世界大戦で沈んだ幾多の艦の思い……その想いに……』 少女「嫌っ! 入ってこないで! 僕の頭の中にっ!!」 「ニクラシヤァ……ヨクモワタシヲォ……シズメェ! スベテシズンデシマェ!」 老人『もともと人の痛みを認識するナノマシンが死を認識するというイレギュラーで暴走を始めていた時に、 触れてしまった怨念がナノマシンの行動論理を変えてしまった……人の痛みを治すから人に痛みを与えるに……』 老人『こうしてナノマシンの暴走をきっかけに死を認識したセルナノマシンたちは自身たちを疑似コアとして 増殖することで人の形を取り……人に痛みを与えるために艦隊の力を自身に付与した……』 老人『こうして生まれたのが今、君たちが戦っている深海棲艦だ……』 老人『さて……深海棲艦の始まりはすなわち艦娘の始まりでもある』 老人『今度は艦娘の始まりをしようか、その話をしないときっと最後の話はできないだろうから』 老人『私が死んだ後、私の遺体を回収するために部隊が派遣されてきた……その中に居たのだ最初の提督がね…… 本来ナノマシンの集合端末であるフェアリーを視認することは大体の人間はできない…… 脳の中のとある部分がその存在をあり得ないものと錯覚するためだ……だからこそフェアリーを見ることができるものはある種の素質を持っている』 老人『まぁ、私の遺体は者のついでで。 本命はナノマシンの捜索なのだろうが。 幸か不幸かその場には私を助けるために 増殖したフェアリーが無数にいるのみだった』 隊長「この男が持っているはずのナノマシンを探せっ! それさえあれば我が国は世界の頂点に立てるっ!!」 隊員「はっ!」 新人隊員「みんな……何を言っているんだ……だってこんなに……こんなにいっぱいいるのにっ!」 老人『ふふっ、きっと自分がおかしくなってしまったと感じてしまったんじゃないかな、結局その隊で素質持っていたのは彼だけ…… だったようで、彼はフェアリーを一人持ち帰り、報告したようだが……結局精神に異常をきたした者の妄言と片付けられたようだよ』 老人『部隊で妖精が見えると異常者扱いに耐えかねて退役した彼はフェアリーとあまり短くない時間を共に過ごしたようだ』 老人『そうして、人類がカギを手に入れ、深海棲艦の人類へ痛みを与えるための侵略が始まる……』 老人『人類は激しく動揺しただろう、何せこちらの攻撃が一切通用しない。 攻撃が当たったと同時にナノマシンが再生させてしまうんだから』 老人『そうして戦火は広がり、退役したあの新人隊員の隠居先へと広がった』 元新人隊員「くそっ、奴らもうここまで……妖精さんっ! 早くっ!!」 老人『彼はフェアリーを妖精さんと呼びお互いに助け合い暮らしていたらしい』 駆逐イ級「プギャァァァっ!!」 元新人隊員「もうっダメだっ!!」 老人『奇跡……あぁ、たぶんこうなるようにまるでお膳立てされたような過去が多分奇跡と呼ぶに相応しいのだろうな、 私は無神論者だがこの話を聞いた時は神の存在を信じかけてしまったよ』 元新人隊員「なっ、よ、妖精さんっ!!」 老人『ひ弱な末端の端末でしかないはずの1フェアリーが憎悪の塊であるはずの深海棲艦をいくら駆逐級であっても倒してしまった…… それが人間の反撃の狼煙』 元新人隊員「妖精さんっ! 大丈夫かいっ!?」 老人『きっと彼は驚いただろうねフェアリーのナノマシンが暴走状態のナノマシンを異常状態であると判断し、 深海棲艦の修復に努めた結果……生まれたものが……』 元新人隊員「なっ、深海棲艦が……女の子に……」 吹雪「は、初めまして、吹雪です。 よろしくお願いしますっ!!」 老人『こうして人類は艦娘という切り札を手に入れる……この現象は後にドロップと呼ばれるようになるね』 老人『その後、国は艦娘の重要性を確認、またフェアリーを妖精と定義し、それが見える素質のあるものを集めた……それが君たち提督……』 老人『まぁ、そこら辺は君たちの方が詳しいかもしれないが……技術の解明は進み深海棲艦の汚染されたセルを浄化した後資材として4種類に分け、 それを使用して新しい艦娘を建造する技術を生み出した』 老人『なぜか第二次世界大戦中の艦の記憶……の様なものも必ず引き継いでしまうという現在も解明できない不具合があるようだが』 老人「さて、大体はこんな所か……えっ、なぜ私が生きているのかと?」 老人「答えはいたって簡単ナノマシンさ、皮肉な話だろ? 増殖したナノマシンによって私が生き返ったことを知らない彼女は未だに人間を 憎み続けている……いや、あの時所長を死に追いやった人たちのいったことが本当になってしまったことが一番の皮肉かもしれん……今となってはもはや どこで間違えたのかも分からないが……」 老人「それでも君たち提督には申し訳なく思っているよ、私の尻拭いの様な事をさせてしまって……でも、同時に少しうらやましく思うよ、 君と一緒に戦う彼女達は昔の娘にとてもよく似ているのだから」 老人「ふふっ、そうだな、私が彼女に会いに行ければいいんだがどうも私が作ったナノマシンも所詮人が作ったもの……欠陥があったらしい、 長い年月をかけて死からよみがえった私の体はもはや人としての最低限の機能すらたもてなくなっている。 最後に誰かに聞いてもらえてよかった……」 老人「さぁ、もう休ませてくれないか……老体に長話は堪える……」 老人「すまないな、つい一月ほど前に目覚めたばかりだというのにもうお迎えらしい」 老人「っ! まさか、そう呼ばれる日が来るとは思わなかったよ……」 老人「だったら、ここは父親らしく答えないといけないな……」 老人「娘をよろしくお願いします……なんて……我ながら臭い台詞だと思う」 老人「そこの君、あぁ、そこの君だ……こっちにおいで」 老人(本当にそっくりだ……もう何もかも遠い過去なのにあの頃の様な気になってしまうな) 老人「幸せに…おなり……」 老人(心残りは沢山ある。 できることならこの手であの娘を救ってやりたい、救って……もう大丈夫だと抱きしめ頭を撫でてやりたい…… だけどそれはたぶん、もう私の役目ではないのだろう……あぁ、今日はいい日だ……娘の幸せな姿が見られた……最高の……命日だ……) 艦.

次の

【艦これ】深海棲艦で一番秀逸なデザインの艦って誰だと思う?

艦これ 深海棲艦 ss

最近の投稿• カテゴリー• 783• 304• 125• 223• 139• 121• 187• 258• 483• 3 アーカイブ• メタ情報•

次の