タイトリスト ts1 試打。 ギア : タイトリスト『TS1』のアマ試打レポで大激論。筆者「100点!」、P編「いや、ちょっと待て!」

タイトリストTS1ドライバーを試打してみた【2019新作ドライバー】

タイトリスト ts1 試打

タイトリストTS1ドライバーの特徴 とにかく軽い!これがこのドライバーの一番の特徴です。 普通軽いドライバーだと球がふけ上がって風に負けるような弾道の球が良く出るらしいですが、下馬評ではこいつはそんなことはなく とにかく強い球がでる!というのが様々なメディアの意見です。 んーこれも打ってみたい! 軽いといわれるドライバーをそこまで振ったことのない私は、どんなものかと思い試打クラブの一つとしてこいつを指名しました。 最大級の軽さでヘッドスピードアップ! なんでもクラブ全体の質量を軽くすることで、ポテンシャルを最大限に引き出す。 とのこと!つまりその人の持っているポテンシャルの中で 最大限のヘッドスピードを出す!ってことです! ちなみにその重さSシャフトで 275g!先にレビューしているJGRは 294gRMX220は 295gですので、 20gほど違うことになります。 たかが20g!されど20g!手にとって頂ければわかると思いますが、 めっちゃ軽い!! ですよ!どんな方でもわかりますし、振ったらさらに軽いことが分かると思います。 こりゃー 速くふれそうだわぁーって感じが分かるかと思います。 僕くらいのヘッドスピードの方だと、普段のドライバーよりも軽いので力まずにスイングできるのかなぁと思います。 詳細スペックと試打ドライバースペック (より引用) と同じく、純正シャフトが 先中調子(シャフトのしなる点がどこにあるのかということです。 先中調子は普通よりもヘッドの近くがしなる )であること。 普通、クラブの 純正シャフトは万人受けするために中調子であることがほとんどです。 こいつも先端をしならせるぶっ飛ばしドライバーですね!にしてもシャフトもSで 50gですか!極限まで軽さを狙っていることがよくわかります。 (JGRはSシャフトで53g) さて、僕の試打ドライバーのスペックはこんな感じ。 ロフト角:10. 5 です。 実際に試打してみた 試打した結果はこんな感じでした。 始めに僕の中の基準はキャリー(ボールの着弾点)で 210ヤード、総飛距離 235ヤードを超えると、飛んでいるなと思う感じです。 まあまあ飛んでます。 安定してるw 5球平均で キャリー209ヤード、 総飛距離227ヤード。 上二つのデータはスピンが4000以上なので、完全なるミスショットw(最初は前のドライバーの重さの感覚が残っていて合わなかったのです)なので、無視すると 235くらいは安定して飛んでいます。 軽量化効果で早く振れています!! しかしスピン量を見てみると 3500くらい出ているので、ちょっと 球がふけ上がって飛距離ロスする数値かなと。 前のRMX220は 2000~2500くらいで安定していたので、自分に合っていた!ってことですかね。 うーん! 雑誌で試打してた人と結構違うな! 笑 いろんな広告を見ているとほんとすべてのドライバーが飛距離アップしてサイコーなものに思えますが、やっぱり自分に合う合わないがあるのは間違いないですw試打して自分に一番あったものを選びましょう。 このドライバーがあっている人は、 軽く振って飛ばしたい!って人。 対象ヘッドスピードはせいぜい43くらいまででしょうね。 それ以上ある人なら、もっと重く固いシャフトを自分でチョイスしないと打てないと思います。 僕にはちょっとシャフトが頼りなさすぎるのか?あってなくてうまくミートできていないのか?という気がします。 しっかり叩けて、左に行くこともないと思います。 僕には軽すぎでスピンが入ってしまいましたが、これくらいの重さがあればスピンも減ってくれるでしょう。 しかし、クラブ全体として寛容性もかなりあり、 タイトリストとは思えないほど簡単にうてるので、タイトリストを 使いたかったけど使えなかった人!もおすすめできますね! 石井プロの試打動画を見てみると 、ヘッドスピード38. 9で230Y飛ばしているデータもありますwこれは相当な飛距離性能の高さを表していますwこれくらいのヘッドスピード帯でも使えるタイトリストがTS1というドライバーなんですね。 タイトリスト TS1ドライバーの価格は? 気になる価格はどうでしょうか?小売希望価格が 72000円で、楽天市場で見てみると 54,432 円です。 いきなり値引き率30%です。 ゴルフ5などの量販店でも値引きはありますが、 新作では15%前後、発売から3か月くらいたったもので25%前後です。 新作であれば、量販店で試打してみてそのあとにネットで買ったほうがずいぶんとお得になるので、ネットで買ってみるのはどうでしょうか。 まとめ ドライバーを試打した結果、 ヘッドスピード43の僕が5球平均で227ヤードとばすことができた。 以下が僕の結果です。 お勧めしたい人は軽いドライバーで楽に飛ばしたい!って方! あんまりヘッドスピードが速い方だと、ふけ上がってしまうかも!と僕は思います。。 対象ヘッドスピードは~43くらいの感じですね。 それでは今回は以上です。 アデュー!.

次の

試打クラブレンタル|ゴルフクラブ|Titleist|タイトリスト 日本公式サイト

タイトリスト ts1 試打

Titleist タイトリスト のドライバーは、既にTS2とTS3というモデルが発売されている中で、新モデルとして2019年7月5日にTS1ドライバーが発売されました。 従来のモデルと何が違うの?と思いますが、このTS1ドライバーは、他のTSシリーズとヘッド体積は460ccと同じですが、重量が8g軽くなっています。 軽いヘッドは、寛容性がなくなると言われていますが、このわずか8gの軽量化は、軽くなりすぎないようにTitleist タイトリスト が取り組んだ結果の答えなのでしょう。 そして、このTS1ドライバーは、スライス抑止機能も搭載されています。 Titleist タイトリスト のドライバーで、この機能が実装されたのは、久しぶりなのではないでしょうか。 ほどよく軽量化されたことで、シニア層や女性ゴルファーなど、従来のTitleist タイトリスト ユーザー以外の層も、憧れのTitleist タイトリスト ドライバーを使うことができるようになったのだと思います。 スライサーの方にも無理なく使え、操作性もそれなりあるので、これからハンデを上げたい方、上達していきたい方などには丁度いいクラブです。 また、ヘッド重量も軽くできているため、弾道は自然に上がりやすく、高弾道の球質になります。 ドライバーを苦手としている方には、ぜひ試していただきたいドライバーでもあります。 シャフトのスペックも先中調子なので、ヘッドスピードも無理なく上げやすいシャフトです。 Titleist タイトリスト TS1 ドライバーの見た目とスペックを紹介! Titleist タイトリスト TS1 ドライバーの見た目! シャフト Titleist Diamana 50 Titleist AiR Speeder 実効ロフト角 度 9. 75 クラブ重さ g 271 273 275 268 270 シャフト重さ g 46 48 50 43 45 スイングウエイト D2. 5 D2. 0 シャフトトルク 度 5. 7 5. 6 5. 5 5 4. フェイスの向きは少しだけ左を向いたフックフェイスなので捕まりが良さそうなイメージのドライバーです。 クラブの長さが45. 75インチと長尺ですが、ヘッドが大きく見えるため、シャフトの長さを感じないのは不思議な感じがしました。 いよいよ試打を開始していきます。 ヘッドの捕まりが良さそうなので、引っ掛けに注意しながら、打った球は予想以上に大きなキャリーで軽く捕まって飛んでいきました。 球を無理に上げようとしなくても、勝手に球を上げてくれます。 今回試打したTS1ドライバーのロフト角は9. シャフトの動きは、先中調子なので、インパクトの際にヘッドを上に持ち上げてくれる動きがあり、シャフトの撓り方も高弾道にしてくれる要因の一つだと思いました。 なお、TS1ドライバーのクラブの総重量は275gと、かなり軽い方のクラブです。 経験上、ここまで軽いクラブだと軽い球質になってしまうこともあるのですが、TS1ドライバーの球質は重いボールが飛んでいきます。 ヘッドを軽くした分だけ、ヘッドスピードを楽に上げられるようになっており、その効果で強い球になるので、試打を続けていくうちに、シャフトのしなり方やヘッドの動き方に段々慣れ、ヘッドスピードの数値も徐々に上がってきました。 本当に軽いヘッドとシャフトのバランスが絶妙に取れているので、ヘッドスピードが上がり飛距離が伸びていくのだと思います。 それと、オフヒットした時でもヘッドのブレが少ないので、曲がり幅も少なく直進性も高いような気がしました。 ヘッドは460ccの体積なので、重心距離は長いと思いますが、インパクト付近でのヘッドのもたつき感はなく、捕まりが良いドライバーです。 対象ユーザーは初心者の方からアベレージまで、幅広い方に使っていただけると思いますが、特に打点が不安定な方や球が低い方、スライサーの方などには、このTS1ドライバーの性能を最大限に活用し、スコアアップに繋げて貰えたらと思っています!! Titleist タイトリスト TS1 ドライバーの試打をYupiteru(ユピテル)でデータ計測.

次の

タイトリスト TS2,TS3 ドライバー の試打&評価/どっちを選ぶべきか│楽しい GOLF LIFE

タイトリスト ts1 試打

ボールスピードが速い ボールスピードが速いということがキャッチとなっており、確かにボールスピードが速いと思うのですが、どちらかというとボールが捕まるので、フェースの反発力が活かせているという印象がとても強いです。 重心角が大きくてボールが捕まる タイトリストからは公表されてませんが、重心角(重心アングル)が大きく設定されており、ヘッドが返りやすい構造となっています。 実際にダウンスイングからインパクトにかけて、ネックを軸にヘッドがローテーションする感覚が伝わってきます。 故にボールが捕まり過ぎることもあり、チーピンが懸念されます。 ですが、ボールが捕まらないドライバーよりは、ボールが捕まった方がフェース面の反発力が活かせますし、スライスが減らせるので、飛距離アップできます。 TS1ドライバー試打動画 ヘッドの形状だけを見ると、ドライバーというよりはブラッシー(2番ウッド)のような感じがしました。 ヘッド体積は460ccとなっており従来のドライバーと変わらないのですが、あまりにヘッドがシャロー過ぎて、フェアウェイウッドに近い印象を受けました。 ただ、ヘッド形状がシャローになっていることから、フェースの高さがありません。 ですから、スイートエリアでボールをヒットしやすいので、ミート率が上がりやすく感じました。 フェースの真ん中でボールが打てると、タイトリストのドライバーとは思えないほど、ボールが飛び出す瞬間から高い弾道が打てます。 いきなり高いボールが打てるので、ボールが上がらないゴルファーに向いてます。 非力なゴルファーでも扱える タイトリストTS1ドライバーは、ヘッドスピードが遅いゴルファー、非力なゴルファーでも扱えるスペックとなっています。 装着できるシャフトに関しても、シャフト重さ50グラムを切ってくるほどに軽量となっていますし、クラブ総重量も280グラムを切るくらいに軽くなっています。 感触としては、タイトリストのVG3ドライバーに近いイメージがあります。 ということから、タイトリストTS1ドライバーは、ヘッドスピードが遅いゴルファー、シニア向けゴルファーに向いてると言えます。 タイトリスト TS1 ドライバー 基本スペック• ヘッド体積:460cc• 長さ:45. 75インチ• ロフト角:9. 5度、10. ライ角:59度 Titleist Diamana 50 シャフトスペック 先中調子のシャフトです。 クラブ総重量は270グラムを少し超えるくらいの重さとなってます。 フレックス S SR R シャフト重さ 50 48 46 トルク 5. 5 5. 6 5. 7 クラブ総重量 275 273 271 Titleist Air Speeder シャフトスペック かなり軽いシャフトです。 シャフト重さ50グラムを切ってくるスペックとなってます。 フレックス SR R シャフト重さ 45 43 トルク 4. 8 5. 0 クラブ総重量 270 268 タイトリスト TS1 ドライバーは、タイトリストが新たなユーザー層に向けた、タイトリストの独自の飛び性能を持たせた軽量ドライバーです。 ヘッドスピードが遅いゴルファーでも十分に扱えるスペックとなっています。 タイトリスト TS1 ドライバー 購入 有賀園ゴルフオンラインAGOにて、購入できます。 自粛解除されたのでゴルフに行きたいなと思うのですが梅雨入りして微妙なテンションでゴルフに行けてません。 Amebaトップブロガーとして、アメブロの方でも記事を書き始めましたので、こちらもよろしくお願いいたします。 1年くらい前にトップブロガーとして、ブログやりませんかとお声掛けを頂いたのですが、私のマイペースな性格ゆえに、最近スタートしたブログです。 ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル開設しました。 動画の投稿数が少ないですが、これから少しずつ充実していくつもりですので、チャンネル登録お願いいたします。 最近の投稿記事• 2020年6月26日• 2020年6月26日• 2020年6月24日• 2020年6月23日• 2020年6月17日• 2020年6月13日• 2020年6月13日• 2020年6月11日.

次の