保育士 求人募集。 保育士求人・転職・募集

男性OKの保育士求人なら【マイナビ保育士】

保育士 求人募集

東京23区• 千代田区• 中央区• 新宿区• 文京区• 台東区• 墨田区• 江東区• 品川区• 目黒区• 大田区• 世田谷区• 渋谷区• 中野区• 杉並区• 豊島区• 荒川区• 板橋区• 練馬区• 足立区• 葛飾区• 江戸川区• 昭島市• あきる野市• 稲城市• 青梅市• 清瀬市• 国立市• 小金井市• 国分寺市• 小平市• 狛江市• 立川市• 多摩市• 調布市• 西東京市• 八王子市• 羽村市• 東久留米市• 東村山市• 東大和市• 日野市• 府中市• 福生市• 町田市• 三鷹市• 武蔵野市• 武蔵村山市• その他 全域• 大阪市全域• 都島区• 福島区• 此花区• 大正区• 天王寺区• 浪速区• 西淀川区• 東淀川区• 東成区• 生野区• 城東区• 阿倍野区• 住吉区• 東住吉区• 西成区• 淀川区• 鶴見区• 住之江区• 平野区• 中央区• 堺市全域• 美原区• 池田市• 箕面市• 豊中市• 茨木市• 高槻市• 摂津市• 吹田市• 枚方市• 交野市• 寝屋川市• 守口市• 門真市• 四條畷市• 大東市• 東大阪市• 八尾市• 柏原市• 和泉市• 高石市• 泉大津市• 岸和田市• 貝塚市• 泉佐野市• 泉南市• 阪南市• 松原市• 羽曳野市• 藤井寺市• 富田林市• 大阪狭山市• 河内長野市• その他 全域• さいたま市全域• 岩槻区• 見沼区• 浦和区• 中央区• 大宮区• 川越市• 熊谷市• 川口市• 行田市• 秩父市• 所沢市• 飯能市• 加須市• 本庄市• 東松山市• 春日部市• 狭山市• 羽生市• 鴻巣市• 深谷市• 上尾市• 草加市• 越谷市• 戸田市• 入間市• 朝霞市• 志木市• 和光市• 新座市• 桶川市• 久喜市• 北本市• 八潮市• 富士見市• 三郷市• 蓮田市• 坂戸市• 幸手市• 鶴ヶ島市• 日高市• 吉川市• ふじみ野市• 白岡市• 鳩ヶ谷市• その他 全域• 名古屋市全域• 千種区• 中村区• 昭和区• 瑞穂区• 熱田区• 中川区• 守山区• 名東区• 天白区• 豊橋市• 岡崎市• 一宮市• 瀬戸市• 半田市• 春日井市• 豊川市• 津島市• 碧南市• 刈谷市• 豊田市• 安城市• 西尾市• 蒲郡市• 犬山市• 常滑市• 江南市• 小牧市• 稲沢市• 新城市• 東海市• 大府市• 知多市• 知立市• 尾張旭市• 高浜市• 岩倉市• 豊明市• 日進市• 田原市• 愛西市• 清須市• 北名古屋市• 弥富市• みよし市• あま市• 長久手市• その他 保育士求人専門サイト ほいく畑について ほいく畑は、福祉に特化した人材サービスを提供する、株式会社ニッソーネットが運営する保育士・幼稚園教諭専門の求人専門サイトです。 長年の実績とネットワークにより、公立保育園や私立認可保育園をはじめ、小規模保育事業、病院内保育、企業内保育・託児所、幼稚園、認定こども園、学童保育など、全国各地から集められた豊富な求人情報から、専任のコーディネーターがあなたにピッタリの保育士求人をご紹介します。 保育士や幼稚園教諭の資格があっても未経験の方、無資格からチャレンジしたい方、出産・子育て後に復帰を希望しているけどブランクや年齢を気にしている方、子どもがいるので勤務時間が限られる方、異業種からの転職…など、すべてほいく畑にお任せください! ご希望の勤務条件はもちろん、保育園の雰囲気や仕事内容、保育方針に至るまで、豊富な情報をもとにあなたの希望を叶えるお仕事探しをお手伝いします。 それだけでなく、就業後のお悩みやキャリアアップのご相談など、アフターフォローも万全。 より高時給・好条件での転職ができるよう、徹底的にサポートいたします。

次の

石狩市の保育士求人・転職・募集情報【保育士バンク!】

保育士 求人募集

保育士の求人募集のピークはいつの時期?失敗しない転職のタイミング 保育士の募集が多い時期と少ない時期があります。 これは保育士の辞める時期のピークが年度末であるため、その時期までの保育士を確保するため盛んに募集が出るようになります。 どうせ転職をするならば募集が多い時期の方がよいです。 その理由は3つの求人募集と10この求人募集とどちらの求人から選ぶほうが良い募集や仕事に出会えるでしょうか? もちろんわかりますが求人が多いほうが好待遇な求人がみつかりますし、保育園としてもたくさんの募集求人から自分の保育園へ来てほしいという気持ちを持っていますので条件も良く募集を出すようになります。 そのため保育士の募集時期を良く考えて求人募集を見るようにしましょう。 保育士の募集は11月と2月が多い理由【転職求人のピーク2選】 保育士の募集のピークは 10月末~11月にかけてです。 その理由としては保育園の最大のイベントが10月に開催をされ、その後に次年度の仕事についてなどが個人懇談やアンケートなどが行われます。 この時点で結婚や出産など仕方のない理由での退職、転職、違う仕事に就く、違う保育園で勤務をしたいなどの先生たちも退職を申し出ます。 すると保育園としても次年度に3月へ向けて何人が足りないのかがわかりますので、その人数をハローワーク、インターネット求人、転職エージェントなどに依頼をすることになるのです。 また、 2月は 「やっぱり退職したい」という先生が多く、転職活動をしてみたら良い保育園に出会えた、続けようと思ったけれども退職したい、人間関係がこじれてしまった、 想定よりも人材が足りていないなどの理由から募集がでます。 他にも多い時期は 5月(ゴールデンウィーク明け)、 8月と12月(ボーナス終わり)もありますが、保育士さんは責任感が強い人も多く3月末での退職をする人が多いです。 その理由は保育士の人材不足の影響によりでており、特に首都圏は保育士の人材が不足をしています。 そのため、1年中求人募集を出していますがそれでもなかなか応募がこないなんてこともあります。 転職活動をすると検索をすることも多いですが、その時にずっと応募が出ている保育園は職場があまりよくない、給料が安い、休みが少ないなどの理由が考えられるので応募をすることはあまりおすすめしません。 保育士転職に失敗しない求人募集の見つけ方と流れ【いつから動く?】 次に保育士の求人募集の見つけ方について書いていきます。 保育士の求人募集は1年間出ていますが多くの中から自分に合う最適な求人募集を見つけなければなりません。 そのためには適当に転職活動、求人募集を見つけるのではなく計画的に進めることが重要です。 そのための方法を書いていきます。 保育士の求人募集の理由は明確に【仕事を転職をするか決める】 まずは仕事を転職するのか?それとも募集を見ないのかを検討すべきです。 保育士として仕事に追われておりバタバタとしていたらなかなか自分のことを考える時間はないと思いますが、夏休みや土日の連休などに一度しっかりと 一人で考えるもしくは 相談できる人に聞いてもらいましょう。 相談できる人は保育園を知らない人の方がよいですね。 転職をする気持ちがあるのかないのか?する気があるのならば「なぜ退職をしたい」「転職することにより何を得たい」と言う点を良く考えましょう。 保育士の多くは転職理由があいまい、適当な人が多いですがそれは次の応募先の面接で簡単に分かってしまいます。 それではたとえ良い求人募集があったとしても採用もされませんので「転職理由を明確に」しましょう。 保育士の転職時期は6ヶ月が勝負【コツは計画的に】 転職を決めるならば 9月末です。 この時期に決めたら「意思を変更しない」ことを決めて置き、個人懇談もしくは10月には園長先生に時間をもらって「退職の意思」「転職したい理由」を伝えるようにしてください。 その時に大事なことは 「やっぱり続けます」と言ってしまわないことです。 退職をしたい、転職をしたいという理由を明確に考えることで「引き止め」「慰留」に関しても「NO」と言えるはずです。 保育園は人材不足で仕事をしていた人は残ってほしいのが本心なので引き止めは必ずあります。 あとはあなたが決めることですが「退職する」と言った噂は保育園中に流れてしまいますのでその意思は変えない方がよいです。 その時に大事なことは「本音は言わない」ことです。 たとえ「人間関係」「職場環境」であったとしてもそれは言わない方がよいです。 退職をするといってもまだ6ヶ月は保育園にとどまっているわけですし、一緒に先生たちともはたらきます。 また、園長とも顔をあわせますし退職後もどこかで会う可能性もありますので本音と建て前と言葉があるように対応をしておきましょう。 転職をするときめたらここから12月までに転職先を決める気持ちともっておくことが重要です。 求人募集の時期を書いたように12月だと一回目のピークである11月は逃してしまっていますが、年末年始に以降の求人募集へ臨まなければなりません。 これは自分自身の問題でもありますが、保育園側としても退職ならば3か月前には申し出てあげないと次が決まらない可能性があります。 そのためにも12月までには退職を申し出ましょう。 保育士の好待遇な求人募集を見つける方法は転職エージェント 保育士の募集を探したいけれども、どうしても難しいことが好待遇な募集を見つけることです。 インターネットやハローワークで検索するのが一般的となりますが、なかなかすぐには見つからないもの。 しかし、どうせ保育士の求人募集を探すのならば好待遇で自分の条件にあう求人を見つけたいものです。 私も保育士として転職をしてきた経験がありますが、自分で見つけて転職をしたときに「自分の条件を満たされた」「自分の希望通りになった」というものはほとんどありません。 どちらかといえば面接では良いように言われて入職をしてみると違うかったというケースもあります。 転職をしたのに失敗をすると気持ちも落ち込んでしまいますしやる気もなくなってしまいますよね。 転職エージェントで給料アップ!条件は高めに【保育士求人が豊富】 実際に転職に失敗をしてきた経験から私は好待遇な転職をする方法を見つけました。 その方法はとても簡単で 「保育士の紹介会社」を利用をすることです。 メリットは自分の希望にあった仕事を見つけてくれますし、無料で転職の相談にも乗ってくれる点です。 デメリットとしては「電話がしつこい」「希望ではない園を紹介される」と言う点もありますが、今の保育士の転職を考えたときに「紹介してもらう」もしくは「自分で探す」のどちらかしかありません。 そうなると私の経験上は間違いなく紹介をしてもらうほうがラクですし、知らない求人が見つかることもあります。 ただし、転職エージェントを活用する場合には 「自分でも情報収集をする」「在職中に転職活動をする」という2点は重要です。 その理由を書いていきましょう。 それは利用をする転職会社によって持っている求人募集もことなりますし、中には力のないエージェントもあるからです。 そのため、保育士エージェントを活用しながらも自分でも求人を9月ごろから探していき情報は収集をしておくことです。 例えば、仕事をしてみたい転職先のホームページをチェックして労働条件である年間休日、給料、勤務時間、勤務地、雇用形態などをしっかりとチェックする。 それをコンサルタントへ依頼して紹介をしてもらうことです。 実は私の友人はこの方法で希望のやりたい保育ができる保育園へ入職をすることができました。 しかも、給与交渉もしてもらったので他の職員よりも高めの給料で入職することができましたので「自分で希望先を探す」と「紹介会社に紹介をしてもらう」というコラボをした結果です。 転職エージェントを活用することにメリットがありますが「任せっきりにしない」ことが重要です。 在職中に転職活動をすべき理由 あと大事なことは「退職してから」転職活動をしないことです。 実は在職中に転職活動をすることは好条件、好待遇な転職を見つける必須に項目です。 転職先の面接官としてもイメージが異なります。 【在職中の人が転職活動のイメージ】 ・計画性があり転職活動をしている。 ・最後まで責任をもって仕事をしてくれそう。 ・退職の理由もきちんとしている。 ・条件が悪ければきてくれないかもしれないので良い人材ならば好待遇な条件を出そうか迷う。 こんな風に在職中に転職活動をすると良いイメージが付きます。 退職後に募集を探すとデメリットが多い【失敗する保育士募集】 在職中に募集を探す人と、退職をしてから募集を探す人では大きな差でます。 在職中に転職活動をしている人には比較的良いイメージがありましたが、退職後に転職活動をしている人のイメージはあまりよくありません。 【退職後に転職活動をしている人のイメージ】 ・途中で退職をしている場合は無責任と思われこの園でも無責任な仕事をされそう。 ・退職をしており今はフリーなので無理に良い条件にする必要はないため好待遇は出にくい。 ・退職してから期間があくほど就職しにくく足元を見やすい。 つまり、退職をしている人を採用するとなったら好待遇な条件はほぼ出ないと思っておきましょう そのためにも在職中に転職活動を行い、求人募集を探すことが重要ですね。 保育士の募集はいつが多い?転職は時期とタイミングが大事 保育士の募集の時期や好待遇な転職先を見つける方法を書いてきました。 転職をすると決めたときに最も大事なことは今よりも好待遇な転職先を見つけることです。 そのためには「募集が多い時期」に「転職エージェント」を使って「在職中に」行うことです。 私も何度か転職を経験してきた結果、この方法が今の段階ではおそらく一番良い方法であるといえます。 募集はたくさんありますが、採用をする側としてはできる限り好条件は避けたいと思っていますので自分でも行動をして良い募集を見つけてくださいね。 幼稚園、小学校受験に関しては知識あります。 今は元保育士として普通のサラリーマン(営業)をしています。 【簡単な紹介】 関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。 趣味はキャンプと筋トレ、フットサル。 今はサラリーマンをしながら副業を実践中! ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。 個別のブログ運用コンサルも実践中。 【サイトの運営目的】 子育てって難しくて悩みがつきません。 そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。 保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です! 実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

次の

保育士求人・転職・募集

保育士 求人募集

この記事の目次• 保育士は求人でどこを見てる? 東京都保育士実態調査の「職場への改善希望点」によると、保育士は以下のことを求めていると記されています。 保育士向けの求人票を出す際は、こういった点に気を付けて考える必要があります。 では、求人を出すときには、具体的にどんなことに注意すればよいのでしょうか? スポンサーリンク 保育士の求人作成で注意したい6つのポイント 給料や待遇 求人を見ている保育士が最初にチェックするところは、やはり「給料」です。 現在、保育士の給与水準は社会的にも問題視されており、国は処遇改善に尽力しています。 例えば転職を考える保育士なども、転職先を探す際は「今より少しでも給料が高いところがいい」と思っている方が非常に多いです。 給料を記載するときは、月給だけでなく「賞与」や「昇給」についても記載するのがポイントです。 またこの機会にキャリアアップ制度の設置など、独自の手当についても検討すると良いでしょう。 勤務時間と業務量 早番・遅番の回数や、シフト制、休憩時間、一日の労働時間を明記することは大切です。 保育園によって残業時間は異なり、ただでさえやる事の多い保育士の多くは、時間外労働や持ち帰り残業などをしているところもあるからです。 今、保育士は「できるだけ残業が少ないところに勤めたい」と願っています。 月平均の残業時間を掲載したり、残業をなくすための取り組みを記載すると良いでしょう。 また保育ICTシステムを取り入れているなら、そのことも書いておくと他園との差別化につながります。 スポンサーリンク 休みがとりやすいかどうか 保育業界は「有給休暇が取りにくい環境である」と言われています。 そのため休暇を取得しやすい環境が整備されているかどうかは、求職者にとって関心の高い項目です。 他園よりも多い年間休日数を記載できれば、とても印象が良くなるでしょう。 現在働いているスタッフのコメントなどで、調整しやすいことをアピールするのも一案です。 どんな雰囲気か 保育士の退職理由で多い理由の一つに、人間関係があります。 そのため転職先などでは「人間関係が円滑な保育園で働きたい」と思っている保育士は多いのではないでしょうか。 保育園は女性の割合が多い職場のため、人間関係が複雑になり、なかなか良い関係性が持てないという方も多いようです。 職員間のコミュニケーションのあり方や雰囲気について表記してあれば、保育園に良いイメージが持たれやすくなります。 保育指針と内容 保育内容は園によってさまざまです。 保育園のあり方を知ってもらうためにも、園の特色や保育の指針を載せると良いでしょう。 リトミックや食育など、独自のカリキュラムがある場合には積極的に掲載しておきましょう。 選ばれる園になるためには、独自性のアピールが必要不可欠です。 少しでも保育士業務にかかる時間を減らしたい、残業を少しでも減らしたいとお考えの園長さんや保育士さん。 本サイトでは、 子どもに時間をかけられる保育を目指す保育園を保育ICTシステム導入で徹底サポートいたします!園長先生や運営責任者の方はもちろん、保育士の方からの導入相談をお待ちしております。 ICTシステム導入相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね! お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。 スポンサーリンク 求人募集を出すなら、転職サイトや保育士向け求人サイトなどもおススメ 求人情報を出す場所についても、しっかりと検討が必要です。 適当に出しても、求職者に届かなければ意味がないため、求職者が集まりやすい公共機関や閲覧数の多い転職・求人サイトなどを活用すると良いでしょう。 最近では、保育士専門の求人サイトなどもありますので、活用したいですね。 公的機関の活用 求人の掲載先として最も思い浮かぶところと言えば「ハローワーク」ではないでしょうか。 無料で掲載できるため、求人サイトに載せる費用などを抑えたいときには便利です。 ハローワークの中には、全国の自治体が運営する『保育士・保育所支援センター』と連携しているところも多いです。 センターでは保育士の就業支援活動も行っているので、この窓口に相談して保育士の紹介先に加えてもらう方法もあります。 ホームページへの掲載 ホームページを持っていれば、園のホームページに募集を記載する方法もあります。 自園のホームページなら、普段の園の様子をあますところなく掲載できる点でメリットは大きいと思います。 しかし求職者が求人を探す場合、「保育士 求人」などで検索することが多いため、それだと保育士の求人サイトが上位に表示されるため、なかなか閲覧されにくいというデメリットがあります。 求人広告にリンクを貼るなど、閲覧されやすくなるような工夫が必要です。 費用対効果抜群! 保育専門求人サイト 最近では、保育士専門の転職・求人サイトが数多く登場しています。 保育士専門サイトなので、求職者にも見つけてもらいやすくなります。 また園の情報も細かく載せられるので、園の雰囲気や保育指針を載せたり、詳細な勤務条件も記載できます。 サイトによっては、担当者を配置して求職者と保育園の間を取り持つサービスを行っているところもあり、必要に応じて人材紹介を受けられることもあります。 しかし保育の求人サイトは掲載料がかかったり、採用成立時に費用が発生するケースが多いので、掲載するスペースや期間によっては経費がかさんでしまう可能性もあるので注意しましょう。 おすすめの保育士求人サイト 数ある転職・求人サイトの中から、掲載時の費用を抑えられる保育専門サイトを集めてみました。 ぜひ利用してみてくださいね。 保育士バンク 全国に展開している保育士向けの転職・求人サイトで、専任のコンサルタントが紹介を行います。 保育士バンクは「成功報酬型」なので、求人を掲載するだけでは費用がかからない点が嬉しいところです。 保育士専門の求人サイトの中では、大手ともいえますので、求職者の目につきやすいサイトです。 >> ほいく畑 福祉に特化した人材サービスを提供している株式会社ニッソーネットが運営している、保育士・幼稚園教諭専門の求人サイトです。 こちらも成果報酬型になり、別途、保育士の派遣サービスも行っています。 スポンサーリンク まとめ 今回は、保育士の求人を出すポイントについてご紹介しました。 保育士は離職率がとても高い仕事です。 求職活動を始めた保育士は「以前よりも少しでもいい条件の保育園で働きたい」と思っています。 求人を出すときは、給与面や残業に対する取り組みなどをアピールして、応募したいと思える求人にしましょう。 保育士の仕事量は多く、どうしても残業が多くなってしまうと頭を悩ませている園もあるのではないでしょうか。 残業を少なくする方法として「保育ICTシステム」の活用が便利です。 導入直後は戸惑うかもしれませんが、長期的には事務作業が効率的になり、保育の質の向上が見込めます。 この機会に、ぜひ検討してみてください。 一つの業務を効率化するだけでも 乳児保育に力を注げる環境になるはずです。 本サイトでは、保育士の業務軽減など課題解決のため 保育ICTシステム導入を徹底サポートいたします。 保育士の方からの園長先生や運営責任者に説明してほしいといったお問い合わせはもちろん、園長先生や運営責任者からの導入による費用対効果の説明依頼や補助金を利用した導入など、 ICTシステム導入のことならおまかせください! お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

次の