マイレージ amex。 アメックスでマイルが1番貯まるのはどれ?マイル別おすすめ厳選5枚

【改悪】アメックスのANAマイルへのポイント交換が年間上限4万マイルに。

マイレージ amex

1番のメリットはその航空会社のマイルが貯まりやすくなっている所です。 フライトマイルや提携店でのボーナスマイルなどがお得に貯まるのもメリットです。 デメリットはそれほど重要な事では無いと言えます。 プロパーカードと提携カードはどちらが良いのか? 基本的にはどちらを選択しても貯めたいと思うマイルを貯める事が出来ますし、利用したい航空会社を利用する事が出来ます。 しかし、コストパフォーマンスで考えると明らかに提携カードの方がメリットがあります。 貯めたいマイルを絞ってその提携カードを利用すれば1番お得です。 ただ、アメックスのプロパーカードは非常にステータスが高いので単純にかっこいいです!それと上位カードのインビテーションを狙う為の実績を作りたいなら必須です。 あなたがどのメリット・デメリットを選択するかでどちらが良いか決まりますよ! 次章はどのマイルに絞れば良いかの参考になるように、各航空会社マイルの特徴を解説します。 マイルが貯めやすい航空会社4社のマイルの特徴を解説! 日本国内でアメックスでクレジットカードマイルを貯めるならANA、JAL、ユナイテッド航空マイレージプラス、デルタ航空スカイマイルの4社以外は、貯めやすい環境が少ないのと、有効に利用出来るのが一部の人と限られてしまいますので、基本的には上記4社のどれかのマイルを貯めれば良いと思います。 それぞれの特徴を解説します。 ANAの特徴 ANAの 所属 アライアンスは「スターアライアンス」 (ユナイテッド航空も同様)• 国内でクレジットカードマイルが貯めやすい• マイル有効期限は36ヶ月• マイルが使えるのは2親等以内の親族• 国内線の特典航空券必要マイル数は5000マイル~ (片道)• 国際線の特典航空券必要マイル数はハワイ (往復)で最低35000マイル~43000マイル (時期で変動)• 特典航空券はかなり使いにくい・・・ (ANAスカイコインに変えて1マイル1円として利用出来る) ANAと同様に特典航空券の予約が取り辛いのが難点ですが、国内での利便性とクレジットカードマイルの貯まりやすさは魅力です。 ユナイテッド航空(マイレージプラス)の特徴 ユナイテッド航空(マイレージプラス)の 所属 アライアンスは「スターアライアンス」(ANAも同様)• 北米路線に強い• マイル有効期限は無期限• マイルを誰にでも使える• マイルをANAでも使えるので、国内線の特典航空券必要マイル数は5000マイル~(片道)• 特典航空券必要マイル数はハワイ (往復) で45000マイル (セイバー) ~130000マイル (スタンダード)• 特典航空券は利用出来るが必要マイル数が多い・・・ (セイバーとスタンダードに分かれており、スタンダードなら利用出来る)• 燃油サーチャージ無料• 特典航空券は片道発券可能(ANAとJALは往復) マイル有効期限が実質無期限なのと、マイルを誰にでも使える所が最大のメリットですが、それに加えてANAと提携関係にあるのでマイルをANAでも使う事が出来て国内線も利用する事が出来るのは大きなメリットです。 デルタ航空(スカイマイル)の特徴 デルタ航空(スカイマイル)の 所属 アライアンスは「スカイチーム」• アジア方面に強い• マイル有効期限は完全無期限• マイルを誰にでも使える• デルタ航空以外の国内線の利用で500スカイマイルが獲得出来る• 特典航空券必要マイル数はハワイ (往復) で60000マイル~170000マイル(6段階)• 特典航空券は使えるが必要マイル数が多い・・・ (シーズン設定が6段階にも分かれている)• 燃油サーチャージ無料• 特典航空券は片道発券可能(ANAとJALは往復) マイル有効期限が完全に無期限なのと、マイルを誰にでも使える所が最大のメリットです。 所属アライアンスのスカイチームはアジアに強い航空会社が多いので、アジア方面に出掛ける方は大きなメリットがあります。 またクレジットカードの特典で上級会員が付帯しているのでファースト・ビジネスクラス客と同様の待遇で利用出来るのも大きなメリットです。 有効期限を気にしずに貯められる!【ANAアメックス】• 年会費7000円(税別)• 家族カード年会費2500円(税別)• ETCカード年会費は無料で新規発行手数料850円 (税別)• 100円で1ポイント(会計毎)• 入会キャンペーンでマイルプレゼント 過去に最大30000マイルという特典内容がありましたが、ハイシーズン(大型連休など)に香港に往復で行ってもまだまだ余るくらいのマイル数です。 入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご覧ください。 家族カード年会費1000円(税別)• ETCカード年会費・発行手数料無料• 1000円で1ポイント(月の合計利用額) (ショッピングマイルプラン加入で1000円=11. 25マイル)• 入会キャンペーン特典あり セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンゴールドアメックス)の初年度年会費無料は約10000円(税別)がキャッシュバックされるのと同じ事です。 「5000ポイントプレゼント」などの特典は良くありますが、よく考えるとこの年会費無料という特典が実は一番お得で、無料で浮いた分を好きな事に使えるので現金キャッシュバックと同じと考える事が出来ますね。 マイルが貯まるクレジットカードという事で、旅行で嬉しい保険やプライオリティパス年会費優待などが充実しています。 JAL派におすすめの1枚です。 年会 費26000円(税別)• 家族カー ド年会費12000円(税別)• ETCカード年会費は無料で新規発行手数料850円 (税別)• 100円で1マイル(会計毎)• 入会キャンペーンでマイルプレゼント 過去には最大32000マイルプレゼントなんて言う内容もありました。 これは韓国にビジネスクラスで行ってもまだ余ります!デルタ航空の特典航空券路線で1番おすすめです。 現在の 入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご覧ください。 デルタ航空上級会員資格ゴールドメダリオン特典付帯• 海外利用はマイル1. 25倍• 毎年カード継続ボーナスで3000マイル• 空港ラウンジ利用可能 (同伴者1名無料)• 空港サービス (手荷物無料宅配、空港クローク、パーキング、ポーターサービス、エアポート送迎)• 海外で日本語サポート (無料)• 海外旅行保険は家族特約付き (利用付帯のみ補償あり)• ショッピング保険が最高500万円 (購入日から90日)• カードで支払った商品は返品補償、キャンセル料補償あり• アメックスゴールドと同等の優待 (京都観光ラウンジ、ゴールドワインクラブなど)• 「ニッポン500マイルキャンペーン」で国内線利用で500マイルが貰える (デルタに国内線はありませんので、デルタ以外のANA、JALなどの国内線が対象) 複数社のマイルを貯める事に特化したカードです。 旅行で役に立つ特典も豊富なので海外を飛び回るビジネスマンや色々な国を旅行したいと思っている方におすすめです。 特にポイント交換先のマイルにJALマイルがあるのはかなり大きなメリットです。 普通にJALカードよりも還元率が高いのは素晴らしいですね。 またSPGグループのホテルでアーリーチェックイン、レイトチェックアウト、部屋の無料アップグレードなどのサービスを受ける事が出来る「ゴールド会員資格」も付帯しています。 メインはホテルの宿泊の為のカードで、それで貯まったポイントを効率よくマイルに交換出来るクレジットカードです。 SPGグループのホテルに泊まってカード決済をしなければマイル還元率は普通に1%なので、あくまでもメインはホテル宿泊のためのクレジットカードであることをお忘れなく! 現在、SPGアメックスはポイントプレゼントの入会キャンペーンを開催中です! 入会キャンペーンの詳細はこちらの記事をご覧ください。 304•

次の

AMEXのポイントはどのマイルに移行すると得?メンバーシップリワードお勧め交換先

マイレージ amex

マイレージまめ知識 最終更新日| 2019年12月18日 トラベル&エンターテイメントの最高峰、アメックスの魅力 アメリカン・エキスプレス(通称:アメックス)は、世界初のクレジットカード、ダイナースクラブカードと並び称されるブランド力を持つ、世界最高峰のクレジットカードの1つです。 アメックスが提供するサービスの中で、 特に高い評価を獲得しているのが、国内28空港・海外2空港でのラウンジの無料利用、空港での無料ポーターサービスなど、トラベル&エンターテイメントの分野であり、その一つにポイントプログラムとマイルの関係があります。 アメックスのポイントプログラムは、様々なマイレージプログラムやホテルプログラムと提携しており、数あるクレジットカードの中でも、マイルの貯めやすさは間違いなくトップクラスです。 今回の「マイレージまめ知識」は、 アメックスとマイルの関係に注目。 マイルが貯まるクレジットカードの1つとして、アメックスの魅力をご紹介していきます。 アメックスの一般カードが持つステータスは他社のゴールドカード相当と言われており、年会費は「一般カード」というイメージで見ると、やや高めです。 しかし、そのぶん魅力的な特典やサービスを受けることができることを考えれば、十分に納得できる範囲と言えるでしょう。 アメックスのサービスの中で、特に注目すべきサービスに航空会社のマイレージプログラムとの親和性の高さが挙げられます。 また メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると、ポイントの有効期限が無期限になるため、アメックスが提携する14の航空会社(下記)のマイルに関しても同様に、実質無期限で貯めることができるようになります。 その他、チャイナエアライン・デルタ航空・タイ国際航空・シンガポール航空などのマイレージプログラムにもポイントを移行でき、これらの 外資系航空会社のマイルに関しては、移行上限が一切設けられていない点も大きな魅力です。 ちなみにアメックスがANAと提携し、発行するは、「メンバーシップ・リワード ANAコース」への参加は必要ありませんが、ANAマイルに交換するためには年会費6,000円+税の「ポイント移行コース」への参加が必要になります。 その他にも 入会・継続・フライトでボーナスマイルが付与される点や、ANA航空券・機内販売利用でのポイント優待(1. 5倍)、同伴者1名まで無料で利用できる空港ラウンジなど、ANA利用時の特典が充実しており、ANAマイラーにとって非常に利用価値が高く、屈指の人気を誇るクレジットカードになっています。 SPGアメックスとマイル SPGアメックスとは? アメックスの提携クレジットカードの中でも、圧倒的なマイルの貯めやすさを誇るのが(通称:SPGアメックス)です。 SPGアメックスは、マリオットやシェラトン、リッツカールトン、セントレジス等、世界中で高級ホテルを運営するマリオットグループと、アメックスが提携し、発行しておりクレジットカードの格はプラチナカードに相当します。 マイル(ポイント)の貯めやすさと、充実した特典を提供しており、 数あるアメックスのプロパーカード、提携クレジットカードの中でも最強の1枚に推す声も少なくありません。 SPGアメックスのマイルの貯め方と還元率 SPGアメックスを利用し、直接マイルを貯めることはできません。 まずはマリオットグループの会員プログラム「マリオットボンヴォイ」のポイントを貯め、そのポイントを250を超える提携航空会社のマイルに交換します。 ポイントはカード利用100円につき3ポイント貯めることができます。 またマリオットグループで利用すると、100円につき6ポイント。 提携ホテルの宿泊の際に利用すると、1米ドルにつき12. 5ポイント貯めることができます。 航空会社へのマイル交換レートは、ほとんどの航空会社で3ポイント1マイル相当。 提携ホテル利用時に貯めたポイントのマイル還元率は実に4%を超えます。 さらにSPGアメックスは60,000ポイントを航空会社のマイルに交換すると、5,000マイル進呈。 マイル還元率の高さは驚異的と言って良いでしょう。 1 ヴァージンアトランティック航空Flying Club 3:1 ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer 3:1 マイルの貯めやすさから最強のアメックス提携カードに推す声も• マイル還元率4%以上• ANAにもJALにもマイル交換可 世界最大級のホテルチェーン「マリオットグループ」と、アメックスが提携し、発行するクレジットカード。 カードに入会するだけで、マリオットグループの会員プログラム「マリオットボンヴォイ」の上級会員資格「ゴールドエリート」が付与される。 ポイント還元率はカード利用100円につき3ポイント。 マリオットボンヴォイ加盟店で利用すると、100円につき6ポイント。 宿泊する場合はゴールドエリート資格によって、1米ドルにつき12. 5ポイント貯まる。 貯めたポイントは、航空アライアンス関係なく、マリオットが提携するほとんどの航空会社のマイルに、3ポイント1マイル換算で交換できる。 またマイル交換時、60,000ポイントまとめて交換すると、もれなく5,000ボーナスマイルが付与される点も嬉しい。 この無料ペア宿泊券だけで、年会費+アルファを回収できることから、 圧倒的なコストパフォーマンスを誇るアメックス提携クレジットカードとして、高い人気を誇っている。 入会キャンペーン カード入会から3カ月以内に10万円以上カードを利用すると、もれなく30,000ポイントプレゼント! 旅行に役立つアメックスの傷害保険&ショッピング保険 アメックスのグリーンカードには国内旅行傷害保険が・海外旅行傷害保険ともに最高5,000万円が付帯。 カードで購入した商品に関しても、購入日から90日間・年間最高500万円まで損害補償を受けられるので、国内・海外問わず、安心して買い物をすることができます。 また、空港・自宅までスーツケース1個を送ることができる 「手荷物無料宅配サービス」や、空港内の荷物の移動で利用できる「無料ポーターサービス」も付帯。 ANA・アメリカン・エキスプレス・カードの付帯保険は、 国内旅行傷害保険が最高2,000万円、海外旅行傷害保険が3,000万円。 ショッピング保険やオンライン保険は、通常のアメックスと同様に付帯します。 航空券やツアー料金等の支払いをカードで行うなど、諸条件はありますが、一般のクレジットカードにはほとんどない充実した保障内容と言えるでしょう。 マイラーにおすすめのアメックス• ポイント実質無期限• コスパトップクラス 年会費 7,000円+消費税 利用限度額 会員の利用実績や資産状況に応じて個別に設定 ポイントとマイル• 5倍 オススメ!• フライトボーナス…区間基本マイレージの +10%• 海外旅行傷害保険…最高3,000万円• 国内旅行障害保険…最高2,000万円• ショッピング・プロテクション…200万円(購入から90日間以内)• オンライン・プロテクション…インターネット上での不正使用による損害を全額補償 その他サービス• メンバーシップ・トラベルサービス…国際線格安航空券、パッケージ・ツアー、会員優待価格での海外ホテル予約などの手配サポート• 充実した旅行保険• 空港ラウンジ同行者1名無料 年会費 12,000円+消費税 利用限度額 会員の利用実績や資産状況に応じて個別に設定 ポイントとマイル• 通常…カード利用 100円につき1ポイント• 貯めたポイントは2,000ポイント=1,000マイル換算で提携航空会社15社のマイルに交換可能。 ポイント移行の上限は年間80,000ポイント 付帯保険• 海外旅行傷害保険…最高5,000万円• 国内旅行障害保険…最高5,000万円• ショッピング・プロテクション…500万円(購入から90日間以内)• オンライン・プロテクション…インターネット上での不正使用による損害を全額補償• リターン・プロテクション…1商品につき最高3万円相当額までの返品に対応(購入から90日間以内) その他サービス• 手荷物無料宅配サービス…空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送• 無料ポーターサービス…専任スタッフが荷物を運搬(成田、関空)• エアポート送迎サービス…海外旅行の出発・帰国時に提携タクシー会社の車をチャーター、利用可能地域内の指定の場所と空港間を格安料金で送迎• メンバーシップ・トラベルサービス…国際線格安航空券、パッケージ・ツアー、会員優待価格での海外ホテル予約などの手配サポート• 手厚い保険サービス• 世界中の空港ラウンジを利用可能 年会費 29,000円+消費税 利用限度額 会員の利用実績や資産状況に応じて個別に設定 ポイントとマイル• 通常…カード利用 100円につき1ポイント• 貯めたポイントは2,000ポイント=1,000マイル換算で提携航空会社15社のマイルに交換可能。 ポイント移行の上限は年間80,000ポイント 付帯保険• 海外旅行傷害保険…最高1億円• 国内旅行障害保険…最高5,000万円• ショッピング・プロテクション…500万円(購入から90日間以内)• オンライン・プロテクション…インターネット上での不正使用による損害を全額補償• リターン・プロテクション…1商品につき最高3万円相当額までの返品に対応(購入から90日間以内) その他サービス• 手荷物無料宅配サービス…空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送• 無料ポーターサービス…専任スタッフが荷物を運搬(成田、関空)• エアポート送迎サービス…海外旅行の出発・帰国時に提携タクシー会社の車をチャーター、利用可能地域内の指定の場所と空港間を格安料金で送迎• 世界最高峰のブランド力と充実したサービスを提供するアメックスですが、入会基準は「20歳以上で定職がある方」と実は入会するハードルが高い訳ではありません。 つまり社会人で飛行機を使う機会がある方なら、申し込みを検討する価値は充分にあります。 高いマイル還元率はもちろん、他のカードとは一線を画するステータスを持つ点もアメリカン・エキスプレスの大きな魅力。 クレジットカードが付帯したマイレージカードを検討している方は、アメックスへの入会を検討してみてはいかがでしょう?•

次の

JAL アメリカン・エキスプレス®・カード(カードの種類)

マイレージ amex

グローバル決済額シェア• Amexはまれに使えないことがある 私のメインカードはマイレージプラスセゾンカードのAmexです。 実際に街で使っていてたまに使えないことがあり、結構ANA Visaゴールドカードを利用する場面があります。 AmexはJCBと提携しているので、JCBが使えるところはほぼAmexも使用できます。 端末が古いのは使えないという話がありましたが、少なくとも私はそういう場面に出くわしたことがありません。 マイレージプラスセゾンカードをAmexで発行することのメリット 私がAmexで発行したのは 2年目以降更新するたびに「サンクスマイル」で500マイルが年会費の支払いと同時に付与されます。 これ以外にマイレージプラスセゾンカードをAmexブランドで持つメリットはないと思います。 先ほど述べた、機会損失とこの「サンクスマイルの500マイル」を天秤にかけた時にどうなのかを検証します。 年会費5,000円(税抜)マイルアップメンバーズの場合 マイルアップメンバーズに加入しているとマイルの還元率が1. つまり 年間33,333円分他のクレジットカードで支払いをする方は、Amexをやめたほうが良いです。 Amexで発行して1円も使用しない人はAmexブランドがおすすめ このマイレージプラスセゾンカードは年会費1500円(税抜)のクレジットカードです、このカードをマイルアップメンバーズに加入せずに利用すると還元率0. しかもユナイテッド航空のマイルは18ヶ月以内に1マイルでも増減があれば18ヶ月有効期限が伸びるため、このクレジットカードを持っていれば半永久的に維持することが可能です。 まとめ 今回の検証の結果、マイルアップメンバーズの更新が来年の1月に迫っているためAmexはやめてVisaで発行し直そうと思います。 ANAマイルを貯めることとクレジットカードのマイル還元率ばかりに気を取られていて 機会損失について検証していなかったことによる損失ですね・・・ 私と同じ様に目先の500マイルに目を取られ失敗しない様にしてください。 以上「マイレージプラスセゾンカードのAmexブランドは本当にお得なのかを検証しました」でした。

次の