異 世界 魔王 と 召喚 少女 の 奴隷 魔術。 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術|Book|ラノベ文庫

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術|ラノベ文庫

異 世界 魔王 と 召喚 少女 の 奴隷 魔術

画像一覧 OP映像 下着姿のレムとシェラに挟まれて眠るディアヴロ。 肩・胸元を露出させた犬耳少女たち。 巨乳を揺らしつつ矢を放つシェラ。 ディアヴロに抱きつき、尻・パンチラを見せるシェラ。 第1話「魔王演技」 異世界への召喚直後、シェラとレムにキスされて目を覚ますディアヴロ。 全裸のシェラとレム(ディアヴロの想像) 「まさか俺…あの娘たちに、クロスレヴェリに召喚されたってことか!?」 シェラの巨乳に注目するディアブロ。 (ったく…何でこんな事になったのか、分からない事だらけだ。 これは、まさか…) (夜の魔王プレイ!?いやいや無理、俺が死ぬ!) 巨乳を揺らしつつ、ソーセージを咥えるシェラ。 「ふっ、軽いな」 「ちょっと!?」 レムを押し倒し、拷問しようとするディアヴロ。 しかし、拷問方法が分からず、困惑する。 「そんな言い訳で、魔王が容赦すると思ったか?やはり、拷問が必要か」 「私を辱めるつもりですか!?」 (そもそも、勢いで押し倒しちゃったけど…拷問って何したら…) (どこ触っても犯罪者になる感じが…) ディアヴロに耳を触られ、悶えるレム。 「はうんっ!」 (イケる…肌色部分に比べれば、ハードルは低い) 「やめて…もらえますか…」 「秘密を言うがいい」 「出来ません!」 「では、仕方ないな」 「はあんっ!」 「ふむ、モフモフしてるな」 「やっ…ダメッ!」 「じゃあ、ここはどうだ?」 「ああんっ…耳の裏、ダメぇ!」 耳に息を吹きかけられ、悶えるレム。 「フゥ~…」 「はあああーんッ!!」 エロい表情で喘ぐレム。 「ハァ…ハァ…ハァ…」 (しまった…調子に乗ってしまった!ヤバい、そんな顔されたら…次、どうしたら…!) ディアヴロに耳を噛まれ、絶頂するレム。 「はむっ…」 「はあああああーんッ!!飲み込まれちゃうーッ!」(全裸絶頂) 第2話「最強新人」 起床直後、隣で寝ているシェラの巨乳を鷲掴みするディアヴロ。 「何だ?この未知の感触は…おお、おっぱい!?」 左手でシェラを乳揉みするディアヴロ。 「手が勝手に…左手、左手!」(おっぱい揉み揉み) 「俺の精神が、手を退かすことを拒んでいる。 もう左手は制御不能だ…」 右手でレムを乳揉みするディアヴロ。 「って、こっちも!?膨らみかけ…この固さと柔らかさの絶妙な共存…!」(ちっぱい揉み揉み) 「おっぱいって、凄い…しかし、これ以上は不味い。 社会的に死ぬ!」 乳を揉み拉かれながら、目を覚ますシェラ。 「んっ…ディアヴロ?…ええっ!」 「こ、こういうのは…私のこと主に選ばないうちは、絶対ダメなんだからね!」 全裸のシェラ(ディアヴロの想像) (主に選んだら、許されるんすか!?) 乳揉みされながら、目を覚ますレム。 「何ですか、騒がしい…はうっ!?」(羞恥赤面) レムの貧乳を褒めて、やり過ごそうとするディアヴロ。 しかし、逆効果に終わる。 (ヤバい…魔王だ、魔王ロープレ…威厳を保って、堂々と…) 「レム、胸を張るがいい。 膨らみかけも至宝だぞ」 「きゃあああーッ!」(平手打ち) 受付係の巨乳娘。 上半身がほぼ丸出しの格好である。 「では最後に、こちらの血判をお願いします」 尻を見せた後、登場するシルヴィ。 露出度が高いドスケベ衣装を纏っている。 「僕はファルトラ市冒険者ギルドのギルドマスターをやっている、シルヴィ」 転んで開脚パンチラするシェラ。 ディアヴロに抱きつき押し倒し、騎乗位で跨るシェラ。 「ディアヴロがレムを選んじゃったら、私は…!」 「待て!…ぐあっ」 ディアヴロに乳揉みされるシェラ。 「俺は魔王だ。 だからして、仲間などというものは持たぬ!」(おっぱい揉み揉み) 「ひゃあんっ!」 乳を揉み拉かれ、発情するシェラ。 「あんっ…変な気分になっちゃうから、ダメなのに…」 「へっ、変な気分!?」 「何か、切なくなっちゃうの!」 「はうんっ!」 「御免、痛かったか…?」 「ううん。 もしかしてディアヴロって、おっぱいが好きなの?いつも見てたよね…」 「エヘッ、レムのより大きいでしょ」 「そりゃ、まあ…」 ディアヴロに勃起乳首を抓まれ、絶頂するシェラ。 (これは…柔らかい中に突如、隆起した硬いものが…) 「はあああああーんッ!!」(全裸絶頂) 第3話「魔族襲来」 ディアヴロに首輪拘束された、全裸のレムとシェラ。 「角の生えた見慣れぬディーマンが、女性に首輪を付け連れ回していると…お前のことだな、ディーマン!」 (めっちゃ悪い噂だった…!) パンチラするシェラ。 水着姿のシェラ(ディアヴロの想像) (女の子と水浴びって…そんなパリピイベント、コミュ障の俺にクリアできる訳がねえ!) ディアヴロに抱きつき、巨乳を密着させるシェラ。 「私、ディアヴロみたいに強くないもん!」(おっぱいムギュッ) 「バババ、馬鹿者!冒険者が危険を恐れてどうする?」(興奮) 「私、もっともっと大きくなるから!」(おっぱいボインボイン) (それ以上、大きくなったら…昇天してしまいます…) 魔法陣を背景に全裸発光するレム。 ビキニアーマーのような格好をした、魔族の褐色少女・エデルガルト。 シルヴィほどではないが、割と露出度が高い。 第4話「迫撃乱舞」 ディアヴロの大技「ホワイトノヴァ」を喰らい、衣服消滅・全裸化するエデルガルト。 「あり得ない、こんなの…魔王ディアヴロ…」 シェラの巨乳に腕を挟まれるディアヴロ。 (ふおっ!?今、疲れてるのに…そんなの押し当てられたら…) シェラの巨乳に顔を埋めるディアヴロ。 「ハハハ、弾むー!」(おっぱいダイブ) ディアヴロに騎乗位で跨るシェラ。 ほぼ水着のようなエロ衣装を纏っている。 「起きてってばっ…エヘヘッ」(おっぱいボインボイン) 「なっ…ああっ!?」(興奮) 「シルヴィさんが、こうすると男の人は元気になるよって」 「何を教えてんだ、あの不良ギルマスは!」 ディアヴロを誘惑するシェラ。 そこへ、レムが乱入する。 「ねえ、どう…元気になった…?」 「シェラ、何て格好をしてるんですか!」 「あはは、えっと…暑くて…」 「ウガァーッ!!」(制裁ドロップキック) 「ベタベタくっ付いているから、暑いのです!離れなさい、ディアヴロから30歩くらい!」 ディアヴロの腕にしがみ付く、シェラとレム。 「どうして貴女は、いちいち胸を押しつけるのですか!」 「抱きつくと当たるんだよー。 レムは肋骨が当たっちゃうのかも知れないけど」(貧乳揶揄) 「くっ…そんなことありません!」 (本当だ、ちょっと肋が当たるかも。 でも、これはこれで…ゴクリッ) 「おっはよーっ!仲良いね~」 「うわあああっ!?」 第5話「国家騎士」 ほぼ全裸のような衣装のシルヴィ。 ディアヴロの腕に抱きつくシェラ。 シェラに抱きつかれ、巨乳に顔が埋もれるディアヴロ。 「何処へだって、ディアヴロに付いて行くんだから!」 「ふがっ…もがっ…」(窒息寸前) 「コホン…貴女は、まず着替えなさい!バカシェラ」 パンチラしながら走るシェラ。 投げ飛ばされて、ディアブロに直撃するシェラ。 股間の辺りがディアヴロの顔面に当たっていると思われる。 恥じらいながら股間を押さえるシェラ。 第6話「奴隷市場」 首輪と鎖で拘束された奴隷女(ディアヴロの想像) (奴隷なんて日本に住んでたら、ゲームや漫画の中でしか見たことが無いからな) (こんなんだったら、俺の心臓が耐えられそうにない!) 水着のような格好をした奴隷少女たち。 ほぼ下着のようなエロ衣装を着用し、ベッドの上に正座するシェラ。 「どうして、こんな…首輪を外すだけなのに…」 「よく似合うねぇ」 (とんでもない服着せやがって、このババア!) ベッドに横たわるシェラ。 「じゃあ、横になって」 「はい…」 「今からディアヴロさんに、魔力の流れの見方を教えるからね。 習得すれば、首輪に掛けられた魔力を解くことが出来るかも知れない」 メディオスの指示に従い、シェラの体を触るディアヴロ。 「じゃあまず、シェラちゃんの肌に触れてみて」 「う、うむ…」 「んっ…!」 「変な声を出すな!」 「だって…」 「じゃあ次は、魔力の流れが集中している所に触ってみましょうかねぇ」 「うむ…いくぞ、シェラ」 「うん…何か恐いけど…」 ディアヴロに乳揉み・乳弄りされ、喘ぎ悶えるシェラ。 「はあああーんッ!」 「ディアヴロ、待って…何か凄い…ッ!」 「あっ…やっ…ひゃんっ!」 「そこ、そんなに強くしないで…ひゃんっ!」 「大分、見えてる感じだねぇ。 もっと下へ行ってみようか」 「下?」 「そう。 今度は君の魔力を流し込むのさね。 優しく、優しく…シェラちゃんを包み込むように…」 シェラの臍を触るディアヴロ。 「ディアヴロ…お臍、弱いかも…」 「魔力が集中している場所…ここか!」 「ひゃんっ!そこ、ダメぇ…ッ!」 ディアヴロに魔力注入され、絶頂するシェラ。 「仕上げだ!」 「うん、来て…!」 「うおおおおおーッ!!」 「ディアヴロのが、ディアヴロのが…入って来るーッ!!」 「はあああああーんッ!!」 レム、シェラ、アリシアに抱きつかれながら眠る様子を想像するディアヴロ。 (まさかそんな…これは、過去最高の大事故の予感…!) (今夜の俺に、そんな体力は残っていない!体力があっても何もできないけど…) 夜空を眺め、尻を見せる、シェラとレム。 シェラに尻尾を触られ、悶えるレム。 「ひゃんっ!バカシェラ、尻尾は放しなさい!」 「前から触ってみたかったんだよね~…」 「ああんっ!あっ…やっ…やめなさい!」 シェラに臍を触られ、悶えるレム。 「今日、ディアヴロにやられたんだ~。 こうやって、魔力を注ぐんだよ」 「何で、私で再現するのですか…あんっ…ああーんっ!」 「そうそう。 そういう声、出ちゃうよね~」 「この、バカシェラーッ!」 第7話「人心変転」 レムとシェラに抱きつかれながら、目を覚ますディアヴロ。 (くっ付き過ぎだろ、二人とも!至福ではあるが…) 巨乳を揺らすシェラ。 「報酬を受け取って、クエスト完了だね!」(おっぱいぷるんぷるん) シェラの無防備な巨乳胸谷間を目撃し、興奮するディアヴロ。 「どうしたの?」 「いや…」 (エルフの至宝が、もう少しで見えそうだ…!) キイラに拉致され、手錠拘束・監禁状態のシェラ。 「お前はどの道、もう逃げられない。 その体に、たっぷり教え込んでやるよ。 お前が誰の物なのかをな…」 触手状スライムに襲われ、喘ぎ悶えるシェラ。 「ダメ、熱い!大きな舌で舐められてるみたいだよぉ…ッ!」 「ハハハッ、膝の裏が良いのか?イヤらしい奴だ」 「イヤッ…はうっ…はあんっ!」 「ハハハッ!頑張るじゃないか、シェラのくせに」 「兄さんなんか…大嫌いだよ!」(涙目くっ殺せ顔) 「知ってるよ、あんまりムカつかせるな。 世継ぎを作る前に殺したくなる」 「こんなことされるくらいなら、死んだ方がマシだよ!」 シェラの衣服を溶かし始める、触手状スライム。 「いつまで強がってられるかな?」 「はうっ!?イヤッ…あっ…いやあああんっ!」 触手状スライムから解放されたシェラ。 しかし衣服は既に溶けていたため、パンツ一丁姿になる。 第8話「英雄驀進」 酩酊し、シルヴィを抱き枕だと錯覚するディアヴロ。 「ディアヴロさん…?」 「おお、抱き枕れすね…」 ディアヴロに抱きつかれ、悶えるシルヴィ。 「これは、良い生地使ってますよ~」 「うわあああっ!ディアヴロさん…僕、そういうのは、ちょっと困るんだけど…!」 シルヴィの衣服の留め具を外すディアヴロ。 「んっ?何か引っ掛かりがありますね…」 「そ、それ…取っちゃまずいよ!これ以上やったら、僕だって怒るよ!」 「ダメええええっ!」(強制脱衣) 「うう…何で、こんな…」 シルヴィの股間に指を入れるディアヴロ。 「いやっ…そこは、ダメッ…そこは、まずいよ!」 「はああああーんッ!!」(絶頂) ディアヴロに抱かれ喘ぐ、事後全裸のシルヴィ。 「ハァ、ハァ、ハァ…もう、ディアヴロさん。 ちゃんと、責任取ってよね…ディアヴロさん?」 「クカー…スピー…」(熟睡中) 「もう!せめて、放してから寝てよ!レムさんとシェラちゃんが帰って来ちゃうよーッ!」 第9話「聖騎士譚」 水浴びをするため、脱衣して全裸になるシェラとレム。 どうやら、この世界に水着は存在しないらしい。 「アバババ!水浴びって、水着とかじゃなくて!?」 「水着って何?」 「水浴びで服を脱ぐのは当然です。 相手の裸は、見えても見ないのがマナーですよ」 「ほら、ディアヴロも早く脱ぎなよ~」 「わ…我は、水浴びなどという戯れは好まぬ。 貴様たちだけで、臭いを落としておくがいい!」 川で水浴び中のシェラとレム。 レムの体を舐めるシェラ。 「じゅるペロッ…」 「うわあっ!何をしているんですか!?」 「ペロペロペロペロ…」(抱きつき・舐め回し) 「ちょっ…やめっ…ッ!」 「私の汗も、舐めてみる?」(腋見せポーズ) 「そんな趣味はありません!」 「じゃあ、私が舐めよう」 シェラの巨乳を弄り回すレム。 「この贅肉エルフ!」(おっぱいボインボイン) 「それは贅肉じゃないよ~」 水浴び中のレムを捕らえるエデルガルト。 「貴様はエデルガルト!貴様、何をしに来た?」 「今日は戦わない。 エデルガルト、話しに来た」 腹を押さえる、全裸のレム。 「魔王様の魂を感じる…」 「はっ…ッ!」 第10話「魔王復活」 ディアヴロに魔力注入され、喘ぐレム。 「あうっ…熱い…ディアヴロのが、入って来る…!ハァ、ハァ…」 膣口への挿入をディアヴロに指示するエデルガルト。 「穴、あった。 ここ…」 「その穴に、指を突き刺す」 恥じらいながらM字開脚するレム(ディアヴロの想像) (いや勿論、レムを救う覚悟はして来た、けど…大丈夫か!?画的に、色々アウトじゃないのか!?) レムの膣口に指を挿入するディアヴロ。 「んっ…ッ!」(挿入完了) 膣口を弄られ、喘ぎ悶えるレム。 「ディアヴロ…ディアヴロが、入って来る…んっ!」 (集中だ!まだ、クレブスクルムまでは遠い。 もっと奥だ!) 「んあっ…はうっ…はうんっ!」 「行くぞ!俺の魔力を受け取めるがいい」 「お願いします、ディアヴロ!」 「ハアアアアッ…ウオオオオッ…!」(魔力注入中) 「はうっ…!」(死にそうなイキ顔) 脱衣してパンツ一丁姿になるシェラ。 「シェラ、おまっ…!」 「レムもいないし…前みたいに、ディアヴロに元気になってもらおうと思って…エヘヘ」 「うわっ…おいっ!?」 クレブスクルムによからぬ知識を与えるシェラ。 「人族というのは面白いのだ。 そうやって、魔力を与えるのか」 「クルムちゃんもやってみる?これやると、こっちも元気になれるんだよ」 「何と!与えた方まで元気に?」 ディアヴロの腕に乳房を擦り付ける、シェラとクレブスクルム。 「どれ…フムフム、こうか?」 「そうそう。 そうやって押し付けてると、元気になってくるらしいよ」(おっぱい擦り擦り) 「確かに。 魔王も、楽しくなってきたのだ」(おっぱい擦り擦り) (何だ、この状況…!?手がヤバい、ビリビリ来る!) (クルムから、膨大な魔力が流れ込んで来るーッ!) 「どうした、これがいいのか?」 「ディアヴロ…どう、元気になってきた?」 おっぱいに埋もれるディアヴロ。 (クソッ、クソッ…凝視したい!) (こういう状況でも、堂々と振る舞える性格だったら…どれだけ違った人生だったろうか!) 快楽に喘ぐ、クレブスクルムとシェラ。 「んあっ…何か、凄いのだ…何か、奥から…!」 「ハァ、ハァ…何か、魔力を流し込まれてるみたいだよぉ…!」 絶頂するクレブスクルム、シェラ、ディアヴロ。 「はああああああーんッ!!」 「ア゛ア゛ア゛ア゛ーッ!!」 ディアヴロの側で眠る、事後全裸のクレブスクルムとシェラ。 (マジックポイントが全快した…凄えな、魔王…) 第11話「幼女覚醒」 魔王に燃やされる状況を想像し、興奮赤面するアリシア。 「それで魔王様が覚醒してくださるのであれば…醜い人族を全て駆逐し、この腐臭のする世界を美しく変えるためなら…」 「私が最初に燃やされるくらい、むしろ幸福の極み…!」 第12話「真贋対戦」 キスを交わす、ディアヴロとクレブスクルム。 「魔王ディアヴロの名に於いて命ずる。 我に応え、我に属し、我に従え」 「んっ…」 シェラの巨乳胸谷間。 下着姿のクレブスクルム。 脱衣し始めるヒロインたち。 「じゃあ…前みたいに、魔力を与えて元気になってもらうのだ!」 「そうだね。 皆でディアヴロを元気にしよう!」 「ギャアアアーッ!?」 「そう言うことなら、今日ばかりは仕方ないですね。 それで、ディアヴロが回復するのなら…」 「エデルガルトも脱げ!」 「えっ…!?」 「わ、私も…一肌、脱がせていただきます」 全裸のヒロインたちに迫られ、気絶するディアヴロ。 「ディアヴローッ!」 「ア゛ーッ!」 ED映像 半裸・半脱ぎ姿のシェラ、レム、アリシア、シルヴィ、エデルガルト、クルム。 人物一覧• ディアヴロ(Diablo)• シェラ・L・グリーンウッド(Shera L. Greenwood)• レム・ガレウ(Rem Galleu)• アリシア・クリステラ(Alicia Cristela)• シルヴィ(Sylvie)• エデルガルト(Edelgard)• クルム(Klem)/魔王クレブスクルム(Krebskrum)• キイラ・L・グリーンウッド(Keera L. Greenwood).

次の

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術|Book|ラノベ文庫

異 世界 魔王 と 召喚 少女 の 奴隷 魔術

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術の感想• 名前: 匿名(118. 105. 名前: 匿名(118. 105. 名前: 匿名(118. 105. 名前: 匿名(118. 105. 名前: 匿名(118. 105. 名前: 匿名(118. 105. 名前: 匿名(118. 105. 名前: 匿名(126. 144. 運営者は動画の違法アップロード、またはそれの推奨・援助を含め著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。 動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問に関しまては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 なお、当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがあっても、当サイト運営者に責任は及ばないものとします。 リンク切れや紹介記事に不適切な箇所がございましたら、お手数ですがコメント、またはからお知らせいただけますと幸いです。 All Rights reserved.

次の

[むらさきゆきや×福田直叶×鶴崎貴大] 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第01

異 世界 魔王 と 召喚 少女 の 奴隷 魔術

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術の感想• 名前: 匿名(118. 105. 名前: 匿名(118. 105. 名前: 匿名(118. 105. 名前: 匿名(118. 105. 名前: 匿名(118. 105. 名前: 匿名(118. 105. 名前: 匿名(118. 105. 名前: 匿名(126. 144. 運営者は動画の違法アップロード、またはそれの推奨・援助を含め著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。 動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問に関しまては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 なお、当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがあっても、当サイト運営者に責任は及ばないものとします。 リンク切れや紹介記事に不適切な箇所がございましたら、お手数ですがコメント、またはからお知らせいただけますと幸いです。 All Rights reserved.

次の