ワイモバイル 人気。 ワイモバイルの機種変更は簡単3ステップ!手順から注意点まで完全ガイド

ガルマックス人気ナンバー1のワイモバイル。何故、選ばれるのか。長期愛用している編集長が理由をピックアップ!

ワイモバイル 人気

シンプルなY! mobile(ワイモバイル)の料金プラン「スマホベーシックプラン」 1,480円からスマホが使える「スマホベーシックプラン」 2019年10月から提供されたワイモバイルの新プランである、スマホベーシックプランは、 データ通信量に応じてS・M・Rの3種類から選べるプランです。 シンプルな料金プランで誰にでも分かりやすいのが特徴。 契約月の翌月から、「新規割」適用で最大6ヶ月間が 700円割引、さらに「おうち割」or「家族割引サービス(2回線目以降)」が適用になるとさらに 500円割引になります。 スマホプランは2019年9月30日で新規受付終了しました。 既にワイモバイルを使っているのユーザーは、引き続きスマホプランを利用できます。 10分を超過した場合は30秒当たり20円が発生するため注意。 とはいえ大抵の要件は10分あれば伝えられると思います。 データ通信量は契約から2年間は「データ増量オプション(500円)」が無料になり、通常よりも増量され、【S:4GB、M:12GB、R:17GB】から選べます。 データ通信量をよく使う方はスマホベーシックプランのRをの申込みをおすすめします。 動画を少し見たりWebブラウザで検索したりなど、一般的な使い方であればスマホベーシックプランのMでも十分だと思います。 通話メインでデータ通信量はそこまで使わない方、動画などはWi-Fi環境で観る方はスマホベーシックプランのSが安くてお得です。 ワイモバイルの対応端末であれば、現在お持ちの端末でそのまま使うことができます。 複数台使いたい人はシェアプランも 複数台で使うならシェアプランがオススメ スマホやタブレットを複数台使う方には シェアプランがオススメです。 シェアプランに加入することで親回線のパケットを最大3回線まで子回線に分けあえます。 データ通信量は「データ増量オプション」適用にしたものになります。 この子回線はデータ通信専用で、タブレットや他社のSIMフリースマートフォンなどでサブ機として使用するのに適しています。 シェアプランの子回線で音声契約は出来ないので、他社のシェアプランのように家族で分けあって使うイメージとは少し違います。 ドコモでは子回線でも基本使用料に加えてシェアオプションの加入が必須となりますが、 ワイモバイルではシェアプランの「基本使用料のみ」でOK。 より安価に複数枚のSIMが使えます。 mobile(ワイモバイル)のケータイ向け「ケータイベーシックプラン SS」 Y! ケータイベーシックプランSSは、AQUOS ケータイ3などの ワイモバイルで販売しているケータイを対象としたプラン。 午前1時~午後9時までの間、ワイモバイル・ソフトバンクのスマホ&ケータイへの通話料が無料なのが最大の特徴。 2年の縛りはなく契約期間はありません。 最も注意が必要な点は、 ケータイベーシックプランSSは通話のみの用途を想定しているプランであること。 SMSは利用できますが、 メールやインターネットを利用するにはパケット定額サービスへの申し込みが別途必要(月300円)になります。 なお、パケット定額サービスは使用した分だけ料金を払うタイプで、料金は何も使わなければ0円で上限額は4,500円。 月々最大2. 5GBまで高速データ通信を利用できます。 また、ケータイベーシックプランSSの契約期間の縛りはなく解約金もありません。 5GBまで高速データ通信が利用可能 通話定額オプション「だれとでも定額」「スーパーだれとでも定額」 国内通話が無制限でかけ放題になる「スーパーだれとでも定額」 「スーパーだれとでも定額」は時間制限・回数制限なしでかけ放題になります。 ワイモバイル・ソフトバンクだけでなく、他社も含めて多く電話する方はオススメのオプションです。 スマホベーシックプラン、ケータイベーシックプランSSも月額1,000円から申込み可能です。 データプランはその名の通りデータ通信専用のSIMカードで音声通話は利用できません。 月額料金 データ通信量 データベーシックプランS 1,980円 1GB データベーシックプランL 3,696円 7GB Y! mobile(ワイモバイル)の料金プランと組み合わせられるお得な割引・キャンペーン ワイモバイルの料金を更にお得にするにはキャンペーン情報を厳選してご紹介します。 複数台契約するとお得になる割引もあるので、家族揃ってワイモバイルに乗り換えている方も増えています。 家族割引サービス 複数台契約で子回線の月額料金を割引 ワイモバイルで複数台契約すると、 2回線目以降の基本使用料が500円割引されます。 親回線として、スマホベーシックプラン(S・M・R)・データベーシックプランL・Pocket WiFi(ベーシック)の各料金プランに契約していることが条件。 スマホベーシックプラン(S・M・R)・データプランL・Pocket WiFiプラン2(ベーシック)・Pocket WiFiプラン2ライト(ベーシック)に契約した小回線が、最大9回線まで割引の対象になります。 データ増量オプションの月額料金は500円なので、 2年間で12,000円相当の割引になります。 データ増量オプションはその名の通り データ通信量が増量になる優れもの。 トップページのアクセスだけでマイルが貯まる Yahoo! JAPAN関連サービスを使えば使うほどマイルが貯まり、 貯めたマイルをデータ通信量として利用できる「パケットマイレージ」もワイモバイル独自のサービス。 Yahoo! JAPANアプリやブラウザ版のYahoo! トップページを開いて利用するだけで毎日マイルが貯まります。 さらにボーナスマイルやお得なクーポンなどが当たる「パケくじ」もあります。 貯まったマイルは翌月無料で追加できる高速データ通信量になり、 600マイル(プラチナ)まで貯めると翌月のデータ通信量は無制限に!無料でも毎日コツコツアクセスするだけで貯まっていくのでぜひお試しください。 詳しくはこちら: Y! mobile(ワイモバイル)契約者にはYahoo! プレミアムが無料で付いてくる! ワイモバイル契約者はYahoo! プレミアムが無料に また、 Yahoo! プレミアム(月額462円)が無料になるワイモバイル契約者向けのサービス「Yahoo! プレミアム for Y! mobile」もとってもオトク。 「Yahoo! 人気オークションサイト「ヤフオク!」なども制限なしで利用可能。 Yahoo! 関係のサービスを利用している方はよりお得に使えます。 また、Yahoo! かんたんバックアップが容量無制限で利用できるのもメリットです。 詳しくはこちら: まとめ:メリットがいっぱいのY! mobile(ワイモバイル)に乗り換えよう ワイモバイルの料金プランはシンプルで分かりやすく、通話とネット代コミコミで安くなるのが最大のメリット。 他社でもキャンペーンや割引を駆使するともっと安く抑えることもできますが、契約条件が複雑で分かりにくいことが多いです。 ワイモバイルでは1台でも複数台でも、通話が多くてもデータ通信量が多くても、様々なニーズに合わせて最適な料金が選べます。 ワイモバイルは10分のかけ放題がプランについています。 使い方にもよりますが、毎月通話は少し、SNSとブラウジングをやるくらいの一般的な使い方であれば、大手キャリアから乗り換えても月額のランニングコストを減らすことができます。 大手キャリアの平均的な月額は6,000円~8,000円とされていますが、ドコモとワイモバイルの料金を参考までに簡単に比較してみましょう。

次の

【2020年7月最新】Yモバイルのおすすめ人気スマホ6機種!ニーズ・価格別でご紹介!

ワイモバイル 人気

オンラインストアで適用されるキャンペーン キャンペーン 特典内容 オンラインストア適用の可否 ソフトバンク運営 Yahoo! モバイル 機種代割引 オンラインストアでの購入機種は、以下の金額が税込で割引される。 新規契約:14,400円• 他社から乗り換え:14,400円• 契約変更 PHSから乗り換え :7,200円• プランSを契約すると、PayPayボーナス3,000円相当• JAPAN IDでログインして特典エントリーをし、申し込みの翌月末までに「Y! よりオトクになりやすいのは、たくさんのPayPayボーナスライトをもらえる「Yahooモバイル内のオンラインストア」になります。 どちらのオンラインストアで、どのキャンペーンを適用するかはとても重要です。 「どのキャンペーンが実際に適用できる?」 「どういったキャンペーンの組みあわせで申し込めばいい?」 上記のような疑問や不安を持った方は、 各キャンペーンの内容や組み合わせをまとめている下記ページをご覧ください。

次の

【2020年】Y!mobile(ワイモバイル)の機種変更、おすすめ機種を解説!人気の最新機種も紹介

ワイモバイル 人気

【読者限定のお知らせ】ずーっとおトクなPocketWiFiがついに登場! 出典: 月額料金初月0円・端末代金ずっと0円、 月額料金ずっと2,980円~でとにかく安くカンタンにインターネットが使えるしました! 格安SIM通信WiFiは、ずっと変わらないシンプルでおトクな料金プランになっており、メールやLINE、 Web ページの閲覧などがメインでインターネットを使うという方に特におすすめです。 操作が大手キャリアの4G LTE回線を利用しているのでどこでも繋がりやすく、通信速度を気にせず快適にインターネットを使うことができます。 ついに登場した「格安SIM通信WiFi」、この機会にぜひお早めにお申し込みください。 ワイモバイルのモバイルルーターの特徴 はじめにワイモバイルのモバイルルーターの特徴を見てみましょう。 工事が不要ですぐに使える ワイモバイルのモバイルルーターは、光回線やADSLのように工事の必要がありません。 そのため、端末を受け取ったらすぐにインターネットが利用できます。 QRコードを読み込んで設定ができるものもあり、煩わしい設定がなく簡単にインターネットを始められます。 コンパクトで持ち運びやすいスリムなボディなので、どこにでも持ち運んでインターネットが楽しめます。 通信量を無制限にできる 2020年1月現在、ワイモバイルで契約できるモバイルルーターのメインの料金プランは、Pocket WiFi プラン2 ベーシック です。 Pocket WiFi プラン2 ベーシック では、高速データ通信量は、7GBまでとなっています。 しかし、スマホだけでなく、パソコンやタブレットなど複数の端末でモバイルルーターを使用する場合、高速データ通信の容量の上限まですぐに達してしまう可能性があります。 このようなときには、アドバンスオプションに加入すると、高速データ容量無制限でインターネットを利用できます。 ただし、アドバンスオプションが利用できるのは、以下の機種のみとなります。 Pocket WiFi 803ZT• Pocket WiFi 810HW• Pocket WiFi 701UC• Pocket WiFi 603HW• Pocket WiFi 504HW• Pocket WiFi 502HW なお、アドバンスオプションの月額料金は684円 税抜 です。 速度制限が緩い ワイモバイルでは通信品質を保つために、3日間のデータ通信容量が10GBを超えると翌日の18時から翌々日の午前1時まで、通信速度が1Mbps程度まで低速化されます。 しかし、1Mbpsあれば、通常の動画であればストレスなく視聴できるスピードです。 速度の制限される時間も約7時間程度でその後はもとのスピードに戻るので、比較的速度制限は緩めだといえるでしょう。 ワイモバイルのモバイルルーターの欠点 ワイモバイルのルーターを契約するときには、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。 事前に欠点を知っておけば、契約後のトラブルを回避できます。 レンタルできない モバイルルーターを利用するにあたり、最も気になることは自分の活動エリアでの通信状況ではないでしょうか。 モバイルルーターを持ち歩くからには、どこにいるときもストレスなくインターネットを利用したいものです。 プロバイダの中には、ルーターの契約前に、無料でお試しができるサービスを提供している会社もあります。 しかし、ワイモバイルでは、お試しのサービスを行っていません。 そのため、ワイモバイルのモバイルルーターを利用してみたいなら、契約するしか方法はなく、もしも電波がつながらない場合などは、契約を解除するしかありません。 このように、つながらなかったときに手間や解除費用が発生する可能性があるというデメリットがあります。 アドバンスモードの通信エリアが狭い モバイルルーターのオプションには、高速データ通信の上限がなくなる「アドバンスオプション」があります。 アドバンスオプションは、追加でオプション料金を支払うことで、データ容量を気にすることなくインターネットが楽しめるサービスです。 アドバンスモードは、アドバンスモード対応エリアでのみ通信が可能です。 アドバンスモードの通信エリアは、通常の通信エリアよりも狭く、大都市圏の中心部が主なカバーエリアとなります。 そのため、このサービスを利用できる人は、活動エリアが都市部の人に限られるという欠点があります。 機種代金を解約時に一括で支払う必要がある 機種代金は、一括での支払いだとそれなりの金額になるものもあり、分割払いを選ぶ人もいるでしょう。 分割払いだと、36回払いなどのように何年にもかけて機種代金を支払う場合があります。 分割代金の支払いが終わる前にモバイルルーターの契約を解除すると、その時点で残っている機種代金を一括で支払わなければなりません。 そのため、解除時の支払い金額が、月額料金や解約金、機種代金などがあわさると高額になる場合があるので注意が必要です。 ワイモバイルでおすすめのWiFiルーター 機種名 HUAWEI Pocket WiFi 801HW HUAWEI Pocket WiFi 603HW ZTE Pocket WiFi 803ZT 参考価格 5,399円 税抜 — 10,800円 税抜 下り最大通信速度• 有線接続時 972Mbps• 無線接続時 588Mbps 612Mbps 一部エリア• 有線接続時 988Mbps• 無線接続時 866Mbps バッテリー容量 3,000mAh 2,400mAh 3,000mAh サイズ mm 約W128. 8 約W109. 6 重さ 約145g 約135g 約153g 同時接続できる台数 16台 14台 16台 連続通信時間 約10時間 省電力設定ONのとき 約8. 5時間 省電力設定ONのとき 約12時間 ここでは、ワイモバイルでおすすめのルーターを見てみましょう。 これらの性能を見ながら、それぞれの通信可能エリアを確認して選ぶとよいでしょう。 HUAWEI Pocket WiFi 801HW USBケーブルでの接続時には、下り最大972Mbpsの超高速通信でインターネットが楽しめる機種です。 大容量の3,000mAhのバッテリーを搭載しているので、旅行や出張などの長時間の移動や外出でも安心です。 大量のアンテナとビームフォーミングの技術で、一人一人に専用の電波を割り当てるMassive MIMOを採用し、よりつながりやすくなっています。 QRコードによるかんたん接続機能が備えられているので、初めてモバイルルーターを利用する人でも簡単に設定できます。 HUAWEI Pocket WiFi 603HW 下り最大612Mbpsの高速インターネットに対応しています。 ただし、対応エリアは主な都市部に限定されているので、契約前に確認が必要です。 Massive MIMOに対応しており、混雑したエリアでも快適にインターネットが利用できます。 また、電源を入れると5秒で起動できるため、使いたいときにすぐに使用できます。 コンパクトで重さも135gと軽く、持ち歩きに適したルーターです。 ZTE Pocket WiFi 803ZT 3,000mAhの大容量バッテリー搭載で、長時間の利用も可能です。 また、Massive MIMOにも対応しており、混雑エリアでも快適に利用可能です。 ディスプレイに表示されたQRコードを読み込むだけで簡単に設定できるので、モバイルルーター初心者にも安心して利用できます。 なお、この機種は生活防水の機能も搭載しています。 ワイモバイルのルーターの使用方法 ワイモバイルのルーターは、とても簡単に使用できます。 はじめの設定もスマホで読み取るだけで設定できる機種があるので、初心者にも安心して利用できます。 HUAWEI Pocket WiFi 801HWの場合 端末を受け取ったら、USIMカードを挿入して、電源を入れると起動します。 電源ボタンは2秒以上押しましょう。 そして、ホーム画面でWiFi名をタップすると、QRコードが表示されます。 このQRコードをQRコードリーダーで読み取ります。 これだけで、設定は完了です。 なお、パソコンの設定などを行う場合には、端末のディスプレイに表示されるWiFi名と表示されたアイコンをタップすると、ネットワーク名やパスワードが表示されます。 それぞれのデバイスのネットワーク設定画面でネットワーク名を選び、パスワードを入力するとインターネットに接続できます。 HUAWEI Pocket WiFi 603HWの場合 「HUAWEI Pocket WiFi 603HW」は、省電力設定が行えます。 ホーム画面にある省電力設定のアイコンをタップしてONにするだけです。 この省電力設定をONにすると、より長く利用できるようになります。 そのため、出張の際などの長時間の移動でも安心して使用できます。 そして、この機種は、電源を入れて5秒で高速起動できます。 ZTE Pocket WiFi 803ZTの場合 「ZTE Pocket WiFi 803ZT」は、iPhoneやAndroidで正確にすばやく設定ができる、かんたん接続の機能を備えています。 デバイスのQRコードリーダーを立ち上げて、モバイルルーターの画面に表示されたQRコードを読み取るだけで設定ができます。 このとき利用するQRコードリーダーは、iPhoneならば標準カメラ、Androidならお父さんQRが推奨されています。 ほかのQRコードリーダーでうまく読み取れない場合には、これらの推奨されているQRコードリーダーを使用して読み取りを行いましょう。 このようにかんたん接続を利用すると、誰でも簡単にモバイルルーターの使用ができます。 ワイモバイルのルーターを契約するときの流れ ワイモバイルのルーターはオンラインショップやワイモバイルショップ等で契約ができます。 ここでは、契約に必要なものや流れを見てみましょう。 オンラインストアを利用する場合出典: ワイモバイルのルーターは、オンラインショップで契約できます。 オンラインショップなら事務手数料や送料がかかりません。 また、店舗に出掛ける手間や待ち時間もありません。 最短翌日発送されるので、端末が届けばすぐにインターネットが利用できます。 手続きには、クレジットカードと運転免許証や日本国パスポートなどの本人確認書類が必要です。 これらを準備してオンラインショップにアクセスしましょう。 オンラインショップでは、はじめに機種を選び、カラーや支払い方法、料金プランを選びます。 機種代金の支払いは、機種にもよりますが、一括払いと分割払いから選べます。 そして、指示に従って購入手続きを進めます。 オンラインショップでの購入では、月々の支払いはクレジットカードのみとなります。 必要事項が入力できれば申し込みは完了です。 ワイモバイルショップに来店する場合 モバイルルーターの契約手続きは、ワイモバイルショップやワイモバイルの機器を取り扱っている電器店などで行えます。 手続きには以下のものが必要です。 契約事務手数料3,000円 税抜• 本人名義のクレジットカード• 本人確認書類• 印鑑 なお、月々の支払いを口座振替にするなら、通帳とキャッシュカード、金融機関届出印が必要です。 申し込みを行うと加入審査が行われます。 加入審査に通れば、端末を受け取り、利用を開始できます。 解約する場合 解約の手続きは、店舗で行うか、電話で書類を取り寄せて郵送で手続きが行えます。 店舗での解約手続きには、以下のものが必要です。 運転免許証などの本人確認書類• 印鑑 シャチハタ不可• Pocket WiFi ルーターとUSIMカード そして、2019年10月以前の契約の場合には、契約更新月以外での解約には契約解除料がかかるので注意が必要です。 また、機種代金の残債がある場合には、解約時に一括払いとなります。

次の