イタチ 足跡。 【写真あり】イタチとテンとハクビシンの簡単な見分け方

足跡図鑑(テン)

イタチ 足跡

同じイタチ科に属し姿形がよく似ているイタチ、テン、オコジョの違いとは?初心者でも分かりやすい見分け方をご紹介します。 見た目で見分ける ここでは動物の大きさや毛色などの外見で見分ける方法をご紹介します。 まずはイタチです。 イタチは頭から尻までが30センチ前後、尾の長さが12〜20センチの大きさで、細長い体型をしています。 体の背面は全体が茶色っぽい色をしている一方で、額から鼻の一部が黒っぽく、口の先と顔の下から腹部のあたりに白い部分があります。 現在日本にはニホンイタチとチョウセンイタチの2種類が生息していて、ニホンイタチは日本の在来種、チョウセンイタチは朝鮮半島からの外来種となっています。 チョウセンイタチはニホンイタチより少し体が大きく、西日本の都市部や里山などではニホンイタチよりチョウセンイタチの分布が広がっているようです。 イタチは、ニホンイタチ・チョウセンイタチ共にオスのみ狩猟鳥獣に指定されており、猟期には狩猟者たちの狩猟対象となることがあります。 イタチは雌雄のサイズが大きく異なるため、イタチだと分かっている前提であれば雌雄判別は容易なのですが、イタチの他にもテンやオコジョなど体型が似通った動物が多いため、狩猟鳥獣に指定されていながらも狩猟される個体はそこまで多くありません。 ちなみに、オスはメスより大きく、頭から尻までの体長が2倍ほどの体格差になることもあります。 次にテンです。 テンは頭から尻までの体長が45〜50センチ、尾の長さが20センチ前後、体重1〜1. 5キロほどの細長い体型で、イタチより少し大きめの体型をしています。 夏毛と冬毛で体毛の色が異なることが特徴で、夏毛では茶色っぽい体に四肢と目鼻部分一体が黒く、秋に入って冬毛に生え変わると、黄褐色もしくは黄色の体毛に変わり顔は白くなります。 テンは雌雄ともに狩猟鳥獣に指定されており、テンだと見分けがつきやすい冬場に狩猟されることが多いです。 イタチやオコジョと見分けるポイントは、体毛の色とサイズで、冬場は特に識別がしやすくなっています。 ただし、長崎県対馬に生息するテンの亜種であるツシマテン、クロテンの亜種であり北海道に生息するエゾクロテンは環境のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されているため、特定の地域や地方自治体によってはテンの中でも狩猟に制限が掲載されている場合もあります。 狩猟目的でテンの判別を行いたい方は、地方自治体や猟友会に相談してみましょう。 次はオコジョです。 オコジョは頭から尻までが15〜30センチ、尾の長さが6〜12センチで同じく細長い体型をしています。 サイズが小さい上に目が大きいため、可愛らしい印象を持ちますが、本記事で紹介する3種の動物の中では唯一の肉食獣で、性格も少々どう猛な部分があります。 オコジョも季節によって外見が大きく変わり、夏は茶色っぽい毛色ですが、秋近くになって毛が生え変わると真っ白な冬毛になります。 オコジョは狩猟鳥獣に指定されておらず、日本在来のオコジョであるホンドオコジョ、エゾオコジョは準絶滅危惧種に指定されているため「オコジョを狩猟してはいけない」という意味で判別できるようになっておく必要があります。 大変似ている3種の動物を見た目だけで判別するのは、長年狩猟や保護に携わる人でも難しい判断です。 イタチ科は雌雄でサイズが異なること、個体毎に毛が生え変わる換毛期に差があることなどを考えると、見た目と合わせて生息環境や行動などを総合的に判断する必要がありそうです。 痕跡で見分ける ここでは狩猟中に付近で見つけた足跡や、家屋被害が疑われる庭や屋根の上に見つけた糞から動物種を判別する方法をご紹介します。 まずはイタチです。 イタチの足跡は2. 5センチほどの大きさで、水分を多く含んだ人間の親指ほどの細長い糞をします。 このためフンという習性はイタチだけでなくテンやオコジョも同じなのですが、イタチの場合は糞中の水分量が多いため、特に家屋被害への影響が大きいと言われています。 雨漏りでもないのに天井にシミができる、夜中になると天井裏で足音が聞こえる、ツンとした悪臭を感じる、などの場合は家屋被害が起きている可能性もあります。 次はテンです。 テンの足跡は3. 5センチほどで、糞は10センチほどの細長い形をしています。 イタチと同様にためフンをするので、糞が溜まっている所は寄生虫や感染症、ダニ・ノミ・ウジの繁殖など、かなり不衛生な状態になってしまいます。 家屋被害だけでなく、人間やペットが病気やウイルスに感染してしまう可能性もあるので、フンを見つけた場合にも絶対に素手で触らずに、細かい調査をする場合はできる限り地自体や専門家、専門業者に依頼をしましょう。 最後にオコジョです。 オコジョの足跡は3センチほどで、糞は2〜5センチほどの丸っぽい糞をします。 糞の形がイタチやテンと違って特徴的で、肉食獣であることから、糞に植物の種などが含まれない、糞の匂いが特に臭い、などの特徴があります。 動物の家屋被害が予想される際は、危険のない範囲で家屋の隙間や屋根の梁に隙間がないかを確認し、怪しい穴や隙間の地面に白い粉を巻いておくことで足跡の観察ができます。 生態で見分ける ここでは、生息地や食性、繁殖や出産についての違いを見ていきましょう。 まずはイタチです。 イタチの食性は肉食よりの雑食で、小動物やカエル、昆虫、ザリガニ、カニなどを幅広くエサにします。 本来は地面の穴や木の洞で生活をしていますが、暖かくて屋根もあり安全な民家の天井裏や壁の隙間に巣を作ることもあります。 イタチは年2回の繁殖で、1回の出産に3〜7匹の子どもを産んで育てます。 現在日本には、ニホンイタチとチョウセンイタチの2種類が生息していますが、西日本には朝鮮大陸からやってきたチョウセンイタチが分布しています。 次にテンです。 テンもイタチと同じく肉食よりの雑食で、ネズミや昆虫のほか果実なども好んで食べます。 テンの繁殖は年に1回で、2〜4匹の子どもを産むなどイタチの中では少産です。 基本的には本州・四国・九州の森林に分布しており、北海道南部で見られることもありますが、沖縄には生息していません。 木登りが得意なため1日のほとんどを樹上で過ごしており、里山のように自然が近く樹木がある地域であれば、民家や寺・神社などに住み着くこともあります。 最後にオコジョです。 オコジョはここで紹介した3種の動物の中で唯一の肉食で、野ネズミや野ウサギ、鳥などを狩りして食べます。 時に自分の体より大きい獲物を狙うなど、気性の荒さがイタチやテンとは異なります。 繁殖は年に1回行われ、1回の出産で4〜6匹の子供を産みます。

次の

素人でも出来る!遭遇せずにイタチを効果的に退治する方法

イタチ 足跡

こんにちは。 寝る前にゴキブリをうっかり見てしまった日には、駆除してからじゃないと安心して眠れない…そんな感覚でしょうか。 今回は、似ているようで似ていない、家に棲みついたらとても厄介な害獣「イタチ」「テン」「ハクビシン」の違いと見分け方について、紹介していきたいと思います。 「なにか得体の知れない生きもの」よりも、「イタチ」がいると正体が分かっている方が、少しは不安はなくなりますよね。 それではまいります。 イタチ・テン・ハクビシン等写真で違いを観察してみよう 名前は聞いたことあるけど、実際に見たことがないという人がほとんどではないでしょうか。 でも気をつけてください! 奴らはとても凶暴なので、うかつに手を出したりしたら危険です! 特徴的な顔の部分をそれぞれピックアップしてみました。 ちなみにイタチ(チョウセンイタチ)はこんな感じです。 動画でどうぞ。 動きが素早いのでカメラが追いついていません!(涙 「でも、実際に家の中に侵入した動物の姿ってみたことがないんですよね・・・」 お、おっしゃる通りです!(汗 イタチやハクビシンは夜行性の生きもの。 私たちが活動している時間帯は寝静まっているので、遭遇することはそうそうないでしょう。 では、どうすれば家に入ってきた奴らを知ることができるのでしょうか? 糞で害獣を判断してみましょう まずは、屋根裏に糞尿被害がないか確認をしてみましょう。 奴らは 「ため糞」という習性があるので、同じ場所に糞や尿をし続けます。 過去には点検口に糞をしてたという報告も場合もありましたので、屋根裏を点検するときは注意してくださいね。 害獣の糞の特徴をまとめてみました。 イタチは肉食系に近い雑食性なので、糞は鼻が曲がるほどの悪臭です。 細長く、水分が多いです。 テンもイタチと同様ですが、テンのほうが身体が大きいので、イタチよりもテンのほうが糞のサイズが大きいです。 (イタチ:約6mm、テン:約10mm)• ハクビシンは果実を好んで食べるため、糞に種が混ざる傾向があります。 どの害獣にも言えることですが、ため糞をするので、放っておくと、 天井に尿のシミができたり、腐った天井が抜け落ちてくるという被害が発生します。 そのうちいなくなるだろうと思わずに、物音がしたら、早急に対策をしましょう。 臭腺をもつイタチのニオイは特にキツイですから・・・。 あ、もちろん大量の糞をみつけたら、 マスク・手袋をして清掃にあたってください。 もしくは、駆除業者に連絡をしてとってもらいましょう。 ダニや寄生虫、フンから発生する菌などがいますから気をつけて作業をしてください。 「でも糞はみたくないなぁ・・・」 た、たしかにニオイが強烈な糞を探しにいくのはちょっと抵抗がありますよね。 屋根裏を見た瞬間、襲われたりするんじゃないかと思うと怖くて見れませんよね。 足跡を調査する!というケースもありますが、正直よほどくっきり跡が残っていない限り、素人では判別は難しいでしょう。 どうしても足跡で判別したい場合は、家の周りや侵入経路に砂や石灰を軽く撒く、もしくは段ボールをおいておけば、うまくいけば足跡をとることができるかもしれません。 イタチ・テン・ハクビシンの足跡はだいたいこんな感じです。 写真ではそこまで大小の差を感じませんけど、こうやって足跡を並べてみるとサイズ感が違うことがわかりますね。 ちなみに犬や猫だとこんな足跡になります。 犬(タヌキ)や猫の足跡は4本指なんです。 左が犬、右が猫になります。 猫は基本的には爪をひっこめて歩いています。 逆に犬は爪をひっこめることができないので、爪の跡がついてしまうのです。 これからの情報を駆使して、イタチなのか?テンなのか?ハクビシンなのか?判別する助けになれば幸いです。 害獣の正体は分かった!じゃあ次はどうすれば? 得体の知れない動物の正体が分かった! でも、問題はまだ解決していません。 我が家に入った闖入者が何者なのかはわかりましたけど、 侵入させないための対策をとらなければ、被害はどんどん加速していきます。 自分で駆除対策をするのか?それとも業者に依頼をするのか?悩みどころだと思います。 費用のことを考えると自分でやったほうがいいかな・・・ でも糞の処理をするのは嫌だな・・・ ばったり出くわしたら怖いな・・・ 対策してみたけど効果が全然なかったら嫌だな・・・ まずは駆除業者がどんな作業をしているのかを知り、自分でその作業ができるのかを判断した上で、決めてみてはいかがでしょうか? イタチ駆除専門スタッフがあなたのお悩みを解決いたします!! もし、あなたが ・イタチが天井裏を走り回ってうるさい! ・ゴミ箱を漁られて困っている! ・イタチのニオイに耐えられないのでどうにかしてもらいたい! ・家に入ったイタチにどう対応すればいいのか教えてほしい! ・荒らされた天井裏をキレイにしてもらいたい! どのような疑問・質問にもすべてお応えします。 株式会社プログラントでは、現地調査・見積を無料で行っております。 まずはメールや電話にてお気軽にお問い合わせください。 ただし、日曜日・年末年始・夏季休暇期間は翌営業日以降の対応となりますのでご了承ください。 メールでのお問い合わせに関しましては、回答をお電話でさせていただく場合がございます。

次の

イタチ豆知識

イタチ 足跡

0120-949-085 日本全国でご好評! 24時間365日受付対応中! 現地調査 お見積り 無料! 動物の足跡から何の動物か正体を掴もう!【アライグマを含む13種類の足跡を紹介】 動物は直接発見することは難しいですが、動物の足跡の写真からなんの動物なのか特定することは可能です。 足跡の特徴を知っておくことで、家屋や庭などに侵入してきた動物の正体がわかるようになります。 この章では、小型獣・中型獣・大型獣それぞれの動物の足跡の特徴を解説します。 ご自宅に侵入しているのがなんの動物かを暴くために、ぜひ参考にしてください。 【小型獣】イタチ・テン・ウサギ・リス まずご紹介するのは、小型獣であるイタチ・テン・ウサギ・リスの足跡の特徴です。 イタチ• ・指は5本で爪がある• ・足跡の大きさは、だいたい2~3cm• ・手のひら部分から離れたところに、指と爪の部分がちょんちょんとついている• ・体重が軽く、地面には跡が残りにくい テン• ・指は5本で爪がある• ・足跡の大きさは、だいたい3~4cm• ・地面に指先までくっきり足跡が残ることが多い テンの足跡とイタチの足跡はよく似ているため、間違えやすいです。 見分けるときは、足跡の大きさが、イタチよりテンのほうが大きいというところをポイントとして見るとよいでしょう。 また、イタチの足跡は土の上に残りにくいので、足跡がくっきり残っていてわかりやすい場合はテンの可能性が高いです。 ウサギ• ・指の数は前足に5本、後足に4本ある• ・足跡からわかる歩幅は30~50cmほど• ・後ろ足の足跡と前足の足跡が対になって残る(飛び跳ねて移動するため)• ・前足より後足のほうが長い リス• ・指の数は前足に4本、後足に5本ある• ・前足の大きさは約3. 5cm、後ろ足の大きさは約5cm(エゾリス)• ・足跡は後足が前足よりも前につく(飛び跳ねて移動するため) 【中型獣】アライグマ・アナグマ・ハクビシン・タヌキ・キツネ・サル 次に、アライグマ・アナグマ・ハクビシン・タヌキ・キツネ・サルの足跡の特徴をご紹介します。 アライグマ• ・指は5本で爪がある• ・足跡の大きさは、だいたい5~7cm• ・前足の足跡は、人間の子どもの手に似た形をしている• ・立ち止まった際にかかとがつくので、後足の足跡は縦長になる• ・指と手のひら部分の切れ目はなく、きれいに跡がつく アナグマ• ・爪の跡が長く鋭くなっている• ・足跡の大きさは、だいたい4~5cm• ・肉球が5つあり、タヌキやキツネより横幅が広い ハクビシン• ・指は5本で爪がある• ・前足の足跡の大きさは、だいたい4~5cm• ・立ち止まっているときは、後足の足跡が縦長• ・丸っこい手のひら部分の外側に、丸みのある角のハンコに似た肉球の跡がつく タヌキ• ・指は4本ある• ・足跡の大きさは、だいたい3~5cm• ・足跡の形は梅の花のようになる• ・足跡のつき方はジグザグ キツネ• ・足跡は左右の側面に指が2本、中央の指2本が前にでる• ・足跡の大きさは、だいたい5cm• ・イヌの足跡に比べ、縦に長い跡がつく• ・足跡のつき方は一直線 サル• ・前足の足跡は人の手のひらと似ている• ・足跡の大きさは、だいたい16cm• ・手のひらにあるしわがくっきり残りことがある• ・後足の足跡は、前足に比べ大きい 【大型獣】イノシシ・シカ・クマ 最後に、大型獣であるイノシシ・シカ・クマの足跡の特徴をご紹介します。 イノシシ• ・足跡は細長い蹄(ひづめ)の跡が2つつく• ・足跡の大きさは、だいたい5~8cm• ・後足の足跡に副蹄(ふくてい)という小さな跡がつく• ・浅い雪でも足跡がつきやすい シカ• ・2つの細長い蹄の跡がつく• ・足跡の大きさは、だいたい5~8cm• ・歩幅は、だいたい80~100cm クマ• ・足跡は大きく、大人になったクマは後足の大きさが20㎝以上になる• ・子グマの足跡は小さいが、手のひらが大きく肉球がアーモンドのような形をしている 足跡から動物が判明!そのあとの各対処方法 前章で動物の足跡の正体が判明したら、今度は対処しなくてはいけません。 ここでは、判明した動物をそのままにしておくとどのようなリスクがあるか、各動物の対処法を解説します。 ご自身での対処が難しいときは、無理をせず業者に依頼しましょう。 ケース【1】正体は小型獣だった 動物の足跡の正体がイタチやテンなどだった場合、なにも対処せずにいると以下のようなリスクがあります。 放置したときのリスク• ・家屋などに浸入し住みつく• ・糞尿による健康被害• ・足音や鳴き声などの騒音 上記のリスクを避けるためにも早めの対処が必要ですが、イタチなどは「鳥獣保護法」という法律で、勝手に捕獲や駆除することができません。 しかし、以下の対処法であれば問題ありません。 対処方法 1.忌避剤を使う 忌避剤には、害獣の嫌うニオイや成分が含まれているので、対処するのにとても効果的といえます。 そのなかでも燻煙剤がおすすめです。 燻煙剤を侵入口と思われる場所に設置することで、追い出すことができるでしょう。 2.光で追い出す イタチなどの害獣は、ほとんどが夜行性の動物で光を好みません。 そのため、強い光が点灯する害獣専用の忌避装置などを設置し追い払うとよいでしょう。 忌避装置は、ホームセンターや通信販売などで購入することが可能です。 「早くどうにかしたい」というときは、クリスマス用のイルミネーションなどでも代用することができます。 おもにこの2種類が対処法となります。 業者に依頼する イタチやテンは動きが素早く、とくにイタチは性格が非常に凶暴なため、対処に失敗するとケガにつながるおそれがあります。 自分で対処するのが難しかったり、不安に感じたりするときは、無理に対処をおこなわずに業者に依頼しましょう。 ケース【2】正体は中型獣だった 確認した足跡がハクビシンやタヌキなどの中型獣の場合、対処をおこなわないでいると以下のようなリスクが考えられます。 放置したときのリスク• 1.家屋などへ浸入し住みつく• 2.農作物への被害• 3.足音や鳴き声などの騒音• 4.糞尿による健康被害 中型獣と小型獣とのリスクは、ほとんど同じです。 小型獣と同様、被害に遭わないためにも、早めの対処をしましょう。 対処方法はイタチなどと同じです。 対処方法 1.忌避剤を使う 忌避剤は、家屋などに浸入してきた動物を追い払うのにとても効果的です。 イタチなどのとき同様、とくに燻煙剤がおすすめとされています。 燻煙剤を設置するときは、ハクビシンなどが警戒しないように、侵入口から離れた場所にしましょう。 2.光で追い払う イタチなどの小型獣と同じで、強い光を使用して追い払うことができます。 とくに、LEDストロボ(青色)がおすすめですので、一度試してみるとよいでしょう。 3.業者に依頼する 自分で対処してもまた被害に遭ったり、うまく対処できるか不安だったりするときは、業者に依頼しましょう。 ハクビシンなどは、鳥獣保護法で捕獲・駆除することが禁止されています。 また、狩猟免許や自治体からの許可が必要になるため駆除するのは難しいです。 しかし、業者に依頼すれば狩猟免許ももっている人もいますし、確実に駆除することができます。 ケース【3】正体は大型獣だった 動物の足跡がイノシシやシカ、クマなどの大型獣だったとき、対処せずにいると以下のリスクが発生するおそれがあります。 放置したときのリスク• ・農作物被害に遭う(イネや野菜などが食べられる)• ・農地や庭などを踏み荒らしたり、掘り起こしたりする イタチなどの小型獣やハクビシンなどの中型獣の被害と違い、おもに屋外での被害を受けてしまいます。 このような被害に遭わないように、これからご紹介する対処法をおこなってみましょう。 対処方法 1.侵入しないようにする イノシシなどの大型獣が侵入してくるのを防止する方法として、柵を張るというものがあります。 柵には、金属柵・ネット柵・電気柵などがあります。 金属柵やネット柵を使用する場合は、忌避剤も一緒に設置すると害獣が近づきにくくなるので、柵を壊されるリスクが減るでしょう。 電気柵は害獣が柵の一部に触れると、電気ショックを与えるしくみになっているので、浸入を防ぐというよりかは近寄りにくくするための柵といえます。 このなかでは、金属柵が壊されにくいですが、電気柵よりもコスト的に高くなります。 しかし、定期的なメンテナンスをおこなう必要がないため、手入れが面倒という方におすすめです。 経済的に余裕があれば、電気柵と金属柵・ネット柵などと組み合わせて設置することでそれぞれの効果が発揮され、さらに害獣からの被害に遭いにくくなるでしょう。 2.隠れられる場所やエサになるものをなくす 農地や庭などに草が生えていると、イノシシなどの体が隠れてしまい、侵入されても気づかないおそれがあります。 そうならないために、こまめに草刈りをおこうことで隠れる場所を減らすことができます。 またエサとなる生ごみや廃棄する農作物を放置せず、ごみ収集の決められた曜日・時間を忘れずに捨てましょう。 3.業者に依頼する イノシシやシカなどの大型獣は、人を襲うことがあるため非常に危険です。 そのため、自分で対処しているときに怪我をしてしまうおそれがあります。 業者に依頼することで、的確に対処してもらうことができ、怪我をするリスクを回避することができるでしょう。 危険を感じたらプロに相談を ここまで、動物の足跡の特徴や対処方法、放置した場合のリスクをご紹介してきました。 もちろん、自分で対処することはできますが、不十分であるとまた家屋や庭などに侵入されてしまうというデメリットがあります。 しかし、業者に依頼することで、豊富な知識と経験から適切な方法で対処してくれるため、害獣が再び侵入するというデメリットを解決することができるのです。 以下に、業者に害獣の対処を頼んだときのメリットをまとめてみました。 メリット ・最小限の被害ですむ 業者はさまざまな害獣駆除をおこなっているので、動物がどんな行動をし、どんな習性をしているのかを把握しています。 そのため、被害が拡大する前に対処することが可能なのです。 ・駆除した害獣の死骸の処理をしてもらえる 自分で害獣を駆除した場合、その死骸を自分で処理しなくてはいけません。 しかし、業者に依頼すると、駆除後に害獣の死体も処理をおこなってくれます。 また、害獣のなかには、資格をもっていないと駆除・捕獲ができない動物もいます。 ですので、無理に自分で対処せず業者に依頼し、捕獲から死骸処理までおこなってもらいましょう。 ・二次被害を防ぎ、再発リスクを減らしてもらえる 害獣を駆除したあとに掃除と消毒をおこない、ノミやダニ、病原菌などからの二次災害を防ぐことができます。 また、害獣が再び侵入することを防ぐための対策もしっかりおこなってもらえることができ、自身でおこなったときより再発のリスクが低くなります。 もちろん、メリットだけではありません。 駆除経験のある業者が再発の対策をおこなったとしても、また害獣が侵入してきてしまうというデメリットがあります。 しかし、再発した場合の保証をしている業者も多くあるので、依頼する前に一度確認してみることをおすすめします。 弊社には、さまざまな害獣の駆除をおこなってきた実績と知識をもった業者が加盟しております。 「自分で害獣の対処をしたけど、また侵入してきた」「対処法はわかるけどちゃんとできるか不安だ」という方は、お気軽にご連絡ください。 お近くの加盟業者から、お客様の要望に沿った業者をご紹介させていただきます。

次の