さよなら ハイ に なっ た ふり し たって。 伞 歌词 King Gnu ※ www.eventagram.com

King Gnu 傘 歌詞

さよなら ハイ に なっ た ふり し たって

---------------- さよなら ハイになったふりしたって 心模様は土砂降りだよ 傘も持たずにどこへ行くの? あれこれ 不安になったって どうしようもない "運命でしょ? 愛する人との別れは、何度経験しても辛いものです。 「さよなら」というたった4文字の言葉で、あっけなく終わってしまう2人の時間。 強がって平気なふりをしても、心は痛みます。 立ち去る「あなた」の心には、目には見えない土砂降りの雨が降っているのでしょう。 傘を差し出したいけれど、自分にはその傘が見つけることができません。 どんなに嘆いても、もがいても、こじれてしまった関係を修復する術はありません。 運命に抗う力を奪うのは、どんな言葉も届かなくなった大切な人の姿でしょう。 届かないなら、言葉は無力です。 だからいつまでも起き上がりたくない…そんな朝もコーヒーで無理矢理現実へと引き戻されます。 「運命」という言葉は、とても甘い響きで人々を惹きつけます。 それでも、運命は絶対ではないと知ってしまったから、盲目的に信じて安心することもできないのです。 いつか失われてしまうかもしれない愛だからこそ、手放したくない大切な人とは、言葉を交わし、温もりを感じていたいですよね。 それが人の心であり、恋する、愛するということなのです。 そんな大切で当たり前のことに、愛を失ってから気付く虚しさが、歌詞で表現されています。 息を吐く暇もないほどめまぐるしく過ぎて行く日常の中で、忘れがちな生きがいや張り合いを、2人は恋愛に見いだしていたのかもしれません。 もう2人で愛を育むことはできないし、「あなた」に声が届くこともありません。 ただ、自分の声が虚しく響くだけです。 「巷に流れるラヴ・ソングの様にはいかないね」という歌詞に、恋に焦がれる切ない心情が表れています。 本当は自分たちも巷に流れるラヴ・ソングの様に幸せになれると思っていたのでしょう。 そうならなかった現実が、失恋した心に突き刺さります。 藍那ね、簡単に語れるものではありません。 長い人生の終わりに振り返ってみて始めて、ようやく見えてくるものなのでしょう。 それくらい、愛とは大きく、難しく、曖昧で捉えようのないものなのです。 そんな愛を前にして迷い、立ち止まり、最期には愛を失った「僕」がこれからどこへ行くのか? 失恋特有の虚無感を漂わせ、余韻を持たせたまま終わっていく曲の作りが見事です。 失恋した時にこそ聴きたい楽曲の一つだといえるでしょう。 TEXT 岡野ケイ.

次の

傘 King Gnu 歌詞情報

さよなら ハイ に なっ た ふり し たって

ということで先日ケイマンを売却してきました。 仕方ないよね、借金で首が回らないんだもの。 勿論冗談ですが。 思えば本当に良い車だったなという印象しかありません。 初めての外車、初めての左ハンドル、初めての2シーター、初めてのミッドシップ、初めて6MTと初めて尽くしで、過去に乗った車の中でも1番の大排気量でした。 剛性感も半端なく、修理代も半端ない車でしたね。 5年乗りましたが、12年の歳月が流れた車なので修理箇所も消耗品だけでなく天井剥がれや、フロントトランクが空かない等ありましたが、走りに関係するようなエンジンや足回りなんかはまったく問題なかったのが流石って感じでした。 今回売却した際も購入時の車両金額の6割位が手元に残りました。 勿論、修理費や改造費も含めると全然回収できる金額ではないですが、それなりのお金となって残ったのが今までの経験でないので流石はポルシェだと感じました。 ドイツのMR2とか言って乗り回してましたが、ケイマンはやはりポルシェのケイマンでした。 だってMR2乗ったことないし知らないんだもん。 まだまだ乗り続ける予定でしたので寂しいですが、お別れです。 ありがとうケイマン、さよならケイマン。

次の

「さよなら、ハイになったふりしたって・・・」紅男のブログ | 色彩を持たない紅男と、彼の巡礼の年

さよなら ハイ に なっ た ふり し たって

傘 作詞 Daiki Tsuneta 作曲 Daiki Tsuneta 唄 King Gnu さよなら ハイになったふりしたって 心模様は土砂降りだよ 傘も持たずにどこへ行くの? あれこれ 不安になったって どうしようもない "運命でしょ? " 曇りガラス越しのあなたには もう何も届いちゃいない 3回目のアラームで ようやく起き上がれそうな朝 眠い目を擦りながら 顔を洗ってコーヒーを流し込め 運命なんてハナから 信じきれやしないよな 深読みのし過ぎばかりじゃ 満たされやしなくて もっと話したいんだ もっと近づきたいんだ 遠くで眺めていたく無いよな どんな時だって さよなら ハイになったふりしたって 心模様は土砂降りだよ 傘も持たずにどこへ行くの? あれこれ 不安になったって どうしようもない "運命でしょ? " 曇りガラス越しのあなたには もう何も届いちゃいない ガラス片を避けながら 直行直帰 寝落ちる毎日さ 満員電車に息を潜め 鳴り響いたベルが発車の合図さ 繋いだ手確かめた 確かに僕ら此処に居たのさ 寄せては返す波の中を 必死に立っていたんだ ゴールなんか有りはしないよな ただのレースとは違うよな 巷に流れるラヴ・ソングの 様にはいかないね さよなら ハイになったふりしたって 心模様は土砂降りだよ 傘も持たずにどこへ行くの? あれこれ 不安になったって どうしようもない "運命でしょ? " 曇りガラス越しのあなたには もう何も届いちゃいないんだ 結局は愛がどうとか わからないよ未だに そう言い放った自分の 頼りない背中を見た さよなら ハイになったふりしたって 心模様は土砂降りだよ 傘も持たずにどこへ行くの? あれこれ 不安になったって どうしようもない "運命でしょ? All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 King Gnuさん『傘』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 King Gnuさん『傘』の歌詞 カサ words by ツネタダイキ music by ツネタダイキ Performed by キングヌー.

次の