戸田真琴 大学。 戸田真琴「AV女優解説」2019年無修正画像が流出

戸田真琴×砂連尾理×稲葉俊郎と見つめ直す、身体って一体なに?

戸田真琴 大学

「ヒッチハイク中学生」が量産されるネットの世界 「ヒッチハイク中学生」が注目されることを欲望しているのは明らかだった。 本人のSNS投稿の中には「1000RT以上で裸足でアメリカ横断します」などの記述があり、そこには身の安全を心配する声に交じって、「世間知らず」「厨二病」といった批判も多数寄せられた。 「何者か」になろうとして極端な言動に走る人、それを支持したり批判したりする人、ただ拡散する人……。 そんな構図が展開されるのは、ヒッチハイク中学生の例に限らない。 その時々でプレイヤーは異なるのに、日々同じことが起こっている錯覚にさえ陥る。 情報を猛スピードで消費しながら、反射的に「いいね」や「リツイート」を押し続けてしまう私たちの「共感のしかた」に、戸田さんは常々、違和感を覚えていたという。 「そもそも日常生活で話し合いをするときには『140字以内』の制限はないし、ひとこと『馬鹿じゃないの』って罵倒するために、面識のない他人を呼びつけることもないですよね。 本来、きちんとしたステップを踏んで関係を作って、言葉を尽くすことをしなければ、互いを理解し合うことはできない。 沸騰するツイッター上のやり取りから一呼吸置くように、戸田さんはこう書いた。 《彼がしていることは間違っていると思うのだけれど、どれだけのリスクがあることなのか正常に判断できるだけの経験や知識が中学生にあるわけがないので、そもそも『裁かれる』以前の段階にいる存在なのだ》 戸田さん自身、SNSは好きだ。 「仕事をしているとき、ご飯を食べているとき、寝ているとき……それ以外は、ほぼ一日中見ているんじゃないかな」。 それなのにどうして、「ネットっぽい反応」にならなかったのだろう。 聞くと「共感することが苦手だからかも」という答えが返ってきた。 共感できなくても、理解しようとすることはできる 「子どもの頃から、空気が読めないタイプでした。 自分では褒めるつもりで発した言葉が、相手にとっては傷つく言葉として受け取られてしまった経験などもよくありました。 簡単に『共感』できないからこそ、相手と自分の距離を顧みる構えが身に付いた気がします」 「常に周囲から少しだけ浮いていた」。 それが戸田さんの学生時代の記憶だ。 両親はしつけに厳しいところがあり、高校生になるまで携帯電話を持たせてもらえなかった。 「中学生にもなればみんな持ってたんです、ケータイ。 放課後もツイッターやラインで仲良くやり取りをしているのに、私は加われなかった」。 異性とは、交際はもちろん、接触することさえ避けるよう言い含められていた。 そのせいで異性に対して「恐怖に近い感情」があり、高校の友達が恋バナで歓声を上げていても、その輪に入ることができなかったという。 19歳のとき、セックスをした経験がないのにAV女優になることを決めた。 「男性と関わることへのハードルが高くなり過ぎたことが、生きる上で足かせになっている感覚があったんです」 「無謀過ぎる」「共感できない」と揶揄する人もいるかもしれない。 そう、ヒッチハイク中学生を見たときのように。 でも、戸田さんにとっては「当時の自分のサイズ感で、考え抜いた末の選択だった」のだ。 「AVに生かされた」と話す戸田さんの実感を、戸田さんとして生きたことがない私たちが裁くことなんてできない。 戸田さんは「ヒッチハイク中学生の『何者かになりたさ』に共感したわけではない」という。 ただ「馬鹿にする人だって、中学生だったことあるはずなのに」と思った。 切り捨てるのではなく、理解しようとすることが必要なのではないか。 戸田さんはそう問いかける。 「スマホの画面に収まる情報だけで、共感できるかどうかをジャッジする。 『共感できない』と思うと大声で批判する。 それは誰のためにもなっていないと思います。 つい反射的な言動をしてしまうことは私もあるけれど、あと1分、10分、1日遅れてもいいから、ちゃんとした言葉を話したいと思う」 平凡なのも、ダサいのも、自己責任? いつから私たちは、「何者か」になりたい、と欲望するようになったんだろう。 平成のヒットソング「世界に一つだけの花」では、誰もが「もともと特別なオンリーワン」と歌われていた。 シングルリリースされたのは2003年、「失われた20年」といわれた不況の真っ只中。 一発逆転なんて無理、という雰囲気が社会全体に満ちていた頃、「ナンバーワンにならなくてもいい」とありのままを肯定してくれるその歌詞はとても優しく響いた。 でも、SNSが浸透し、働き方改革が声高に叫ばれるようになった昨今、「オンリーワン」は市場価値を高めるための武器として使われるようになっている。 何者にもなれないのは、あなたがSNSという「誰にでも開かれたツール」を使って頑張らないからじゃないですか。 ダサくてうだつが上がらない人生を嘆いた途端、速攻で自己責任だと笑われそうで、息苦しい。 ナンバーワンもオンリーワンも拒否したら、そんな存在は価値がない、ということになるのだろうか。 戸田さんは「ナンバーワンもナンバーワンじゃない人も、オンリーワンもオンリーワンじゃない人も、全部いい。 全部、いいんですよ」と力を込める。 「今はきっと、オンリーワンがフューチャーされる時期なんです。 楽しくない仕事を頑張るのが当たり前というのがこれまでの空気だったから『もっと自分らしく生きよう』という言葉が力を持つ。 そういう働き方を広めることをビジネスにするオンラインサロンが儲かる。 そのこと自体が悪いわけではないです。 でも『こちら側に共感しない人は社畜』とか、誰かの誇りをわざとちょっとだけ傷つけて焦らせる『商売』のための言葉に、振り回されないでほしい」 戸田さんが「SNSで死なないで」と書いたのは、そこでジャッジされるあなたが全てじゃない、と伝えたかったからだ。 「最近、市場価値っていう言葉もよく耳にします。 それも含めて『価値』って変動するものだと思うんです。 例えば、体育会系の世界の中では『元気よく挨拶ができること』ってきっと大切。 でも、芸術の世界に行ったら『挨拶ができたっていい作品を作れなければ意味がない』と言われるかもしれない。 だけど、いい作品が作れない芸術家がいたとして、その人だって家族の中にいるときは、毎日健康で生きていてくれるだけでありがとう、って思われていたりするかもしれない」 《(特別になりたいという)欲望だけに踊らされたら、それ以外のあなたのたくさんのいいところがかわいそうだ。 毎日会社にちゃんと行けるとか、満員電車を耐え抜いているとか、平凡なツイートをたまにしていることとか、それに別に誰からも反応がなかったこととか、冗談がうまく言えないとか、そういうの全部、SNSのネタになんかならなくていい、ただ単純にめちゃくちゃ良いところだと思う。 今日のその目に映る世界は今日の貴方しか見ていない世界、それだけでなんて綺麗なんだろう。 だから、そういう少しずつの、一見地味な素敵さを、重ねて世界はちゃんと回っている》 優しくて、強い。 戸田さん自身、他者のまなざしによってジャッジされることから決して自由ではないからこそ、生まれた一節だ。 セックスをしたことがない、という戸田さんのごく個人的なコンプレックスは、AV業界の需要に合致した。 自分の殻を破る起爆剤になったのは確かだ。 でもそれは、個の領域を「需要と供給」という視点で裁かれる市場に、晒していくことでもある。 「必要なら利用するべきときもある。 でも、お金に結び付けたくないから大切に隠しているものもある。 私はそのラインを、自分の手で引くようにしている」と戸田さん。 私たちは今、何を生業とするかにかかわらず、その微妙なバランスの上で人生の舵を取ることを強いられているのだろう。 「もう落ち込むことしかできないって思えたときは、ちょっと視点を変えてみることにしています。 SNSでの私は『すべて』ではないし、目の前の世界での私もまた、『すべて』ではない。 視点を変えれば何がいいことで何が悪いことなのか、というのも変わる。 そういうふうに視野を広げてみれば、心の底から本当に絶望するしかないことって意外とない、と私は思うんです」 (取材・文:加藤藍子 編集:泉谷由梨子).

次の

Twitterをやめます。|戸田真琴|note

戸田真琴 大学

昏睡状態の人とどう対話する? 言葉はいらない、身体だけ 続いて行われたワークは、「昏睡状態の人との対話法」。 昏睡状態(今回はペアの片方が、昏睡状態を演じた)の相手の身体に触れ、呼吸を観察し、自分の呼吸を合わせていく。 そして、相手の動きを観察し「左の瞼が少し動きましたよ」など、その動きを声に出して伝える。 このワークでも、普段は感じ得ない感覚が身体を巡っていった。 自分が触れている相手と、呼吸、流れている時間、動作の歩幅が合うことで、自分と相手の身体の輪郭がふわっと溶けていくようだ。 自分という身体がいちばん身近でありながら、いちばん見えていない。 触れる手と優しい声、そんな他者の存在と動きを接点にしながら、自分の身体を自分に引き寄せていくようだった。 この発展系として行われたのは、相手に触れながらも言葉はかけず、ひたすら呼吸を合わせるというもの。 そして、その次は6人のグループになり、円になって隣の人の肩に手を触れ、呼吸を合わせていく。 参加者から発せられた「1本の木みたいだった」という感想が印象的だった。 その場に受け入れられたような安心感、ひとつの大きな呼吸の波に飲み込まれていく心地よい無力感。 身体が引き伸びて、その波のなかにいる人々がひとつの大きなうねりになったようだった。 手の感覚を通じて他者に触れ合ったこれまでのワーク。 次はコミュニケーションの対象をモノに拡大していく。 椅子、壁、床……触れることで、世界と身体の関係を結び直す 砂連尾:自分とモノって、言葉では区切れますよね。 言葉は世界を分節化していくので、それによって世界を認識しやすいんですけど、他者に触れて自分の身体を緩めていったように、手の触覚から、まわりのものや壁、床、服などを捉え直し、分節化された世界を溶かすように曖昧にして、改めてまわりの世界との関係を結び直していきましょう。 砂連尾理(じゃれお おさむ) 1991年、寺田みさことダンスユニットを結成。 近年はソロ活動を中心に京都・舞鶴の高齢者との「とつとつダンス」、宮城・閖上(ゆりあげ)の避難所生活者の取材が契機となった『猿とモルターレ』を発表、また映画『不気味なものの肌に触れる』(濱口竜介監督)の出演、振付など。 立教大学現代心理学部・映像身体学科特任教授。 来場者は、今まで自分が座っていた椅子、壁などにじっくり触れていく。 約5分間の静寂。 人々が身のまわりを文字通り手探りで捉えようとする音が聞こえる。 筆者も実際に椅子をずっと触っていた。 座席の面、脚、背もたれ……ざらっとしている、軽い素材、ひんやりとした温度、硬い……そんなことを考えているうちに、だんだん自分がなにを触っているのかわからなくなってくる。 なんだか今まで認識していた世界がぐにゃっと曲げられているような気がした。 そんな感覚のなか、最初に行ったワークをもう一度やり直す。 暗闇のなか人々がダンスするように、手の動きを合わせていく。 委ね合うということが、最初よりもすっとそれぞれの身体に入ってきている。 暗闇のなかに、それぞれの身体の輪郭が立ち上っていたようだった。 イベント情報 『True Colors ACADEMY ~第1回「からだのミカタ」~』 2019年11月12日(火) 会場:渋谷スクランブルスクエア15F SHIBUYA QWS ゲスト: 砂連尾理 稲葉俊郎 戸田真琴 企画: 『True Colors ACADEMY』ディレクター True Colors ACADEMYでは様々な人生背景を持つ人や物語と出会うことを通じて、日常の中で置き去りにされがちな社会課題や違和感に接近していきます。 刺激的な学びの場である公開講座型の「LECTURE(レクチャー)」シリーズと、対話と実践を繰り返し、より深く社会課題に接近していくメンバーシップ制の「STUDIO(スタジオ)」プログラムを通して、多様な個性が共存する社会の実現を目指していきます。 『True Colors Festival』 「超ダイバーシティ芸術祭」。 障害・性・世代・言語・国籍などのあらゆる多様性があふれ、皆が支え合う社会を目指し、ともに力を合わせてつくる芸術祭。 1年間を通して多彩なパフォーミングアーツの演目を展開します。 アートを通して色々な個性が出会う場に、参加することでより多くの気づきが生まれます。 「True Colors Festival」はダイバーシティ&インクルージョンの実現に向けて、新しい価値観が生まれる機会を創出します。 プロフィール 砂連尾理(じゃれお おさむ) 1991年、寺田みさことダンスユニットを結成。 近年はソロ活動を中心に京都・舞鶴の高齢者との「とつとつダンス」、宮城・閖上(ゆりあげ)の避難所生活者の取材が契機となった『猿とモルターレ』を発表、また映画『不気味なものの肌に触れる』(濱口竜介監督)の出演、振付など。 立教大学現代心理学部・映像身体学科特任教授。 稲葉俊郎(いなば としろう) 医師、東京大学医学部付属病院循環器内科助教。 医学博士。 1979年熊本生まれ。 心臓カテーテル治療、先天性心疾患が専門。 在宅医療や山岳医療にも従事。 西洋医学だけではなく伝統医療、補完代替医療、民間医療も広く修める。 2011年の東日本大震災をきっかけに、新しい社会の創発のためにあらゆる分野との対話を始める。 単著『いのちを呼びさますもの』(アノニマ・スタジオ)、『ころころするからだ』(春秋社)など。 戸田真琴(とだ まこと) 2016年にSODクリエイトからデビュー。 その後、趣味の映画鑑賞をベースにコラム等を執筆、現在はTV Bros. で『肯定のフィロソフィー』を連載中。 ミスiD2018、スカパーアダルト放送大賞2019女優賞を受賞。 愛称はまこりん。 初のエッセイ『あなたの孤独は美しい』を2019年12月に発売。

次の

戸田真琴は処女貫通式をAVでおこなった?オススメエロ動画とビデオオンデマンド

戸田真琴 大学

COM Fast link Free link Limited Speed July 2020 M T W T F S S 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 Archives• 2501• 4176• 4364• 4620• 4863• 4158• 3569• 4138• 3863• 3847• 3770• 4307• 3835• 3820• 3926• 3900• 4180• 3592• 3122• 3355• 2637• 2882• 2702• 2768• 2534• 2230• 2424• 2205• 2175• 1879• 1994• 2280• 2273• 2556• 2683• 2351• 2527• 2226• 2407• 2434• 2726• 2488• 2310• 2970• 2935• 2911• 2718• 2726• 2733• 2432• 1980• 1929• 1939• 1596• 1604• 1790• 1819• 1740• 1559• 1521• 1492• 1390• 865.

次の