プロテイン ダイエット おすすめ。 【ダイエット中に】ソイプロテインおすすめランキング10選|低カロリーで腹持ちがいい人気商品

プロテインの飲み方・種類・おすすめ【ダイエットトレーナーが解説】

プロテイン ダイエット おすすめ

プロテインの基礎知識 まずプロテインって何やねん!というところから書いていきます。 筋肉増強剤とか• 飲んだら太るとか• 筋トレしてる人が飲むものだとか 誤解されている方も多いですが、少しずつ市民権を得てきたように感じています。 まず意味として、プロテインは日本語にすると「タンパク質」になるんです。 逆に言えば、タンパク質を英語にすると「プロテイン」です(当たり前w) だから筋肉増強剤でも何でもなく、単純に タンパク質という栄養を効率よく摂れるものという理解でいてください。 プロテインはタンパク質なので、このブログで説明しているプロテインは、厳密に言えばプロテイン・パウダーですね。 (しかしプロテインで統一して進めます) 面白いもんで、その証拠に日本語で「プロテイン」と検索するとサプリのプロテインの画像が並びます。 余談ですがプロテインの語源は古代ギリシャ語で 「プロティオス(proteios)」 「プロティオス」の意味は 「第一のもの・もっとも重要なもの」という意味です。 血液 などなど、タンパク質は人間を作る材料です。 ですから、ダイエットはもちろん、美容や健康にも大活躍してくれる栄養素なんです。 (これらを否定するわけではありませんが、化粧品やエステなどより、まずは体の内側から!「美の材料」 を入れないとキレイな体は作れません) そんなタンパク質の重要性は、語源も物語っていますね。 ちなみに、プロテインは• 食欲を抑える効果• 血糖値の上昇を抑える効果 もあるので、食事の前や間食に摂るという意味でもダイエット効果になるんですよ! プロテインの詳細はこのあと解説しますが、牛乳だったり大豆だったりと様々な食材から抽出されて作られています。 それら食材にはタンパク質以外にも色々な成分がそれぞれのバランスで含まれていますよね? 食事からタンパク質を摂取することはもちろん可能で、むしろまずはそこを意識していかなければダイエットは成り立ちません。 しかし、食事からのみでタンパク質を摂取しようとすると• タンパク質以外にも脂質や糖質を必要以上に摂りすぎてしまう• 鶏肉ばかりで飽きてしまい続かない ということが起こります。 ダイエットは 「消費カロリー>摂取カロリー=痩せる」というのがセオリー。 そしてそれを継続して初めてダイエット成功となります。 ですから、いくらタンパク質が必要量摂れていても、それ以外の栄養素も摂りすぎて溢れてしまったり、三日坊主となってしまってはダイエットになりません。 他にも、 「ダイエットとなるとどうしても甘いものを我慢」なんてことも出てきます。 そんなときにも甘くて美味しいプロテインを飲むことでストレスなくダイエットを進めることができる。 きっとあなたが知らないプロテインも、そして僕が知らないプロテインもあるはず。 (だから他にもあるかもですので、その時は教えて下さいorz) これはメーカーによる種類の話ではありません。 原材料や製法などのカテゴリーとしての種類です。 まず、プロテインは大きく2種類に分けられます。 動物性タンパク質• 植物性タンパク質 です。 これは食品でも同じことが言えますね(原材料が食品だから当たり前ですが) そしてここからどんどん分岐していきます。 動物性タンパク質• 植物性タンパク質• 麻の実• えんどう豆 これらから作られるプロテインはこんな感じ。 動物性タンパク質• ホエイプロテイン• カゼインプロテイン• ビーフプロテイン• エッグプロテイン• 植物性タンパク質• ソイプロテイン• 麻の実• ヘンププロテイン• ライスプロテイン• えんどう豆• ピープロテイン 正直僕も飲んだことがないものもあります。 (飲んだことがあるのは「ホエイ」「ソイ」「ヘンプ」かな?) ちなみに上記の中で有名なのは• ホエイ• カゼイン• ソイ の3種類で、ほとんどの方がこの3種類でまず迷います。 では、それぞれの特徴を解説・・・・の前に、「ホエイ」だけやたら数字が大きいですね。 ・・・それもそのはず。 一番一般的ということもあり、ここから更に分岐していくからです。 ホエイプロテイン• WPC• WPI• CFM• WPH 突然端折った感ありますが、安心してください(笑) ここから一つ一つ説明します。 ホエイプロテイン ホエイは乳清という意味で、身近なところで言うとヨーグルトの表面に浮いている液体です。 最も一般的なプロテインで、ベーシックなのは WPC。 こちらは価格も安価で味のバリエーションも豊富です。 そして製法で下記4種類に分けられます。 WPC:ホエイ・プロテイン・コンセントレート• コンセントレートは「 濃縮」という意味• 免疫をサポートするタンパク質が含まれている• 最も一般的で最も安価• WPI:ホエイ・プロテイン・アイソレート• アイソレートは「 分離」という意味• 乳糖(ラクトース)を除去してある• 乳糖不耐症の人はこっち• ホエイよりも高価• CFM:クロス・フロー・マイクロフィルトレーション• たんぱく質含有量が85%• カルシウムなども含んでいる• BCAA 含有率が高い• WPI よりも高価• WPH:ホエイ・プロテイン・ハイドロリーセイト• ハイドロリーセイトは「 加水分解物」という意味• 吸収スピードが一番早い• ロイシンの含有量が多い• BCAA 含有率が高い• WPCより溶かすのが容易• ホエイの中で最も高価 ・・・要はどれがいいの?ってなると思いますが• 基本的には一番ポピュラーな WPC で OK!• 乳糖不耐症の方は WPI もしくは ソイ(後ほど) 乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう、Lactose intolerance)とは、乳糖(ラクトース)の消化酵素のラクターゼが消化できないことで、消化器に生じる諸症状。 多くの場合、消化不良や下痢などの症状を呈する。 ヒトを含むほとんどの哺乳動物は、離乳するとラクターゼの活性が低下する。 引用:Wikipedia カゼインプロテイン 乳製品に含まれるリンタンパクという意味で、ホエイを作るために取り除いた固形タンパク質から作られています。 身近なところで言うと、ホットミルクを作ったときに表面にできる膜です。 ホエイに比べて吸収がゆっくり(6時間以上)• グルタミンが多く含まれている• 満腹感があり腹持ちがよい ということで、間食や減量中の就寝前に飲む人が多いです。 最近では、ホエイとカゼインがブレンドされたものも売られていますね。 さて、ここまでが牛乳由来のもの。 ここからはそれ以外です。 ビーフプロテイン 牛肉やスジ肉から作られているプロテインです。 ・・・正直飲んだことはありませんし、実際に目で見たことがありません。 ホエイプロテインよりも栄養素が濃縮されている• クレアチンが摂れる• 脂肪、コレステロールともに0%• 牛肉が材料の為、ビタミンB群が豊富 エッグプロテイン 卵白から作られているプロテインです。 こちらも飲んだことはありませんし、実際に目で見たこともありません。 タンパク質含有率は約80%• BCAAやアルブミンが豊富に含まれている• 吸収スピードは速め(1時間~3時間)• 脂質、糖質、コレステロールが少ない• 抗酸化作用のあるアルブミンが摂れる ソイプロテイン 大豆から作られています。 ホエイに次いでメジャーなプロテインですね。 消化吸収はゆっくり(5~6時間)• アルギニンが多い• 粉っぽく溶けにくい• 大豆の風味• ダイエット向き• イソフラボンが含まれている 消化吸収が緩やかなのと、女性ホルモンと似たような効果があるイソフラボンが含まれているので、僕の中ではダイエット中の女性という位置付けです。 あとは植物性全般に言えますが、• 乳糖不耐症の方• ベジタリアンの方 ですね。 しかし「粉っぽく溶けにくい」というのがポイントで、正直僕は美味しいものに出会ったことがありません。 「ソイの中では」というものではなく、どれもホエイに比べると圧倒的に味は微妙かな・・・。 「エデスチン(グロブリン)」「アルブミン」から構成されている• 非常に消化吸収しやすい• 消化を阻害するタンパク質が含まれていない• 必須脂肪酸も補給できる• 大豆イソフラボン(エストロゲン類似物質)が含まれない• ライスプロテイン 文字通りお米から作られているのですが、原材料は「玄米」です。 植物性プロテインとしては吸収性がよい• 食物繊維が含まれている• アレルギーを起こす可能性も低め• 日本人の体質に合っている?• ホエイタンパクと比べ筋肥大への効果は同程度らしい• 価格が安い 結構マニアックなプロテインですね。 食物繊維が含まれているとのことで、腸内環境正常化や美容にも役立ちそうです。 ピープロテイン えんどう豆から作られているプロテインです。 大豆プロテインよりも吸収性が良い• アルギニンや鉄分などの栄養成分が豊富• アレルギーがない• タンパク質1gあたりの価格が高い• 「メチオニン」が不足している 特有の青臭ささがあるとのことで、、、、常用するのは難しそうです。 そして、安く変える方法やオススメのプロテインなどをご紹介します。 プロテインって太るの? A. カロリーを持っている以上、飲み過ぎたら太るとは言えます。 しかし、「タンパク質・脂質・炭水化物」という三大栄養素の中で最も脂肪になりにくい「タンパク質」の塊なので、【最も太りにくい食品】と言っても過言ではありません。 (鶏ささみや卵白をイメージしていただければわかりやすいですね) 仮にプロテインを飲みだして太ったというなら、プロテイン以外を疑った方がいいです。 つまり、原因は普段の食生活にあるということですね。 ムキムキになっちゃうの? A. なりません!!! (…なったらいいなぁ笑) ・・・でもわかるなぁ、この質問。 ダイエットには「減量用」がよい? A. あまり考えなくていいです! これもよくある質問なんですが、基本的に中身はそこまで変わらないので「メーカーが売るために謳っている」くらいに考えて OK です。 減量用だから脂肪燃焼しやすい• 筋肉の絵が書いてあるから筋肉がつきやすい なんてことはまずないです。 それは「増量用」 昔僕も間違えて買ったことがあるのですが• MRP• ミールリプレイスメント(MRPですが)• ウエイトゲイナー と書いてあるものは、ものによりますがタンパク質量よりも炭水化物が多く入っていたり、カロリーが高いものになります。 一般的には、普通のプロテインを選びましょう。 効果的なタイミングは? A. これは完全に人によるのですが• トレーニング後• 間食 が有効です。 食品と比べて圧倒的に消化吸収が早く内臓への負担も少ないので、トレーニング後は最適ですね。 また、余計なカロリーを摂ることなく栄養補給ができ、そして血中アミノ酸濃度も保てるので、昼と夜の間がベストですね。 1回何グラム摂ればいい? A. 1回30gほどを基準に、必要量に合わせて増減できるといいですね。 プロテインは基本的には食事で足りない量を補うという位置付けです。 ということは、普段の食事のバランスが問われるところですね。 正直プロテインは楽なのでプロテイン頼りになってしまいがちですが、例えば DIT(食事誘発性熱産生)という観点から考えると、プロテインという粉(液体)よりも固形物の方が消費カロリーを稼ぐことができます。 おまけ程度に考えている人も多いですが、結構チリツモでこの差は大きいという体感があります。 体がしっかり出来てる人ほど、食事がしっかり出来ていますね。 1回あたり吸収できるタンパク質量は? A. 個人的には1回に吸収できる量よりも• 1日全体の総摂取タンパク質量• まんべんなく摂ることで、常に体内のアミノ酸(タンパク質の最小単位)を一定量に保つこと の方が重要と考えています。 1日に何回飲めばいい? A. これこそ完全に人によります。 男性なのか女性なのか• 体重は何kgなのか• ダイエットなのか• 筋肉増量目的なのか• 普段の食事はどうなのか とか。 なので、参考量を書いておきます。 プロテインを割った水分を含む量ではありません• プロテインの粉の量ではなく、粉の量から割り出されるタンパク質量です• プロテインだけではなく食事からのタンパク質も加味してください Q. 何で割って飲むのがベスト? A. 基本は水です(…が、牛乳や豆乳で割っても美味しいですよね) 僕は極々たま〜に牛乳や豆乳で飲んでいます。 それらに含まれる脂質が吸収を遅らせ、腹持ちを良くしてくれる効果があるので「次の食事まで時間が空きそうなとき」に間食として飲みます。 どこで買えばいいの? A. 完全にインターネット一択じゃないでしょうか。 プロテインの選び方は? A. 難しい質問ですが• 含有率• 添加物量 じゃないでしょうか。 コンスタントに飲むものだから体にいい無添加のもの• コンスタントに飲むものだから好きな味のもの• Bodyke のトレーナーもお客様もホエイの WPC を飲まれています。 オススメのプロテインは? A. 僕が飲んできた中でランキングをつけるなら• ですね。 3時のおやつとか、小腹が空いた夕方などにオススメ。 コンビニなどでは絶対に売ってない高タンパクなお菓子。 プロテインは食材からタンパク質を抽出したもの• 筋肉増強剤ではないのでご安心を• 最も太りにくい食品と言っても過言ではない• ダイエットにも効果的なサプリメント• 食事でタンパク質が足りなければ飲むべし• ベストなタイミングは• トレーニング後• 昼と夜の間• 基本的にはホエイの WPC で OK!• 乳糖不耐症やベジタリアンの方はソイ• 間違っても増量用は買わないで• 色々試して自分に合ったプロテインを探す 何れにせよ効果を体感するものではありませんので、過度な期待はしないでくださいね。 ダイエットも肉体改造も• 理想的な食事(栄養)のバランス• 定期的に行う質の高い運動 という2本の柱があって初めて成り立ち、その上でサプリメントというアシストになります。 独学で50kgのダイエットに成功し、ボディメイクの楽しさ、喜びを感じる。 日本一カッコイイ体を決めるベストボディコンテストで初代総合優勝を果たし、雑誌やテレビなどメディア露出。 国内でモデル活動後、単身渡米したNYでモデルにスカウトされ、言葉が通じない中ランウェイを歩く。 フィットネストレーナー&フィットネスモデルとして活動中。 【メディア実績】 TV:ノンストップ・PON! ・ティアリーTV 雑誌:TARZAN・BITTER・BODiVO・かっこいいカラダ 書籍:予約の取れない「おとなキレイ養成講座」.

次の

ダイエットに効くプロテイン!その効果とおすすめの飲み方を解説

プロテイン ダイエット おすすめ

プロテインのおすすめ人気ランキング15選!ダイエットにもおすすめ!効果と正しい飲み方もご紹介! ダイエットや筋トレの効果を高め、タンパク質やビタミン、アミノ酸などの栄養素を手軽に摂取することができるプロテイン。 以前までは、アスリートやボディビルダーの方が飲む印象が強かったプロテインですが、 最近ではダイエットや美容などの目的で摂取する方も多く男性だけでなく女性からも注目されている栄養補助食品です。 プロテインには様々なメーカーや種類があり、どのプロテインを選んでいいのかわからない方も多いかと思います。 そこで今回は、 DNS(ディーエヌエス)・ザバス(SAVAS)などの人気プロテインなどを中心に「筋トレ・スポーツ用」と「ダイエット・美容用」の2つのカテゴリーに分けておすすめ人気ランキングをご紹介します。 プロテインのおすすめ人気ランキングと合わせて、プロテインの選び方や効果、正しい効果的な飲み方などもご紹介します。 プロテインの効果について プロテインとは、 筋肉や血液、肌、髪、爪など身体の成長や身体作りには欠かせない「タンパク質」を効率的に摂取することができる栄養補助食品です。 筋肉量の増加のため摂取するというイメージがありますが、タンパク質は身体には欠かすことができない栄養成分となります。 筋肉トレーニングなどの無酸素運動、ランニングやスポーツなどの有酸素運動と組み合わせることで、筋肉量の増加などの効果が期待できます。 引き締まった身体づくりやダイエットなども効率よくサポートしてくれます。 ただ「プロテインを飲むだけで筋肉が増える」というわけではありません。 筋肉量の増加を目的としている場合は、しっかりとトレーニングや運動と組み合わせることで筋肉量の増加の効果を高めてくれますのでトレーニング量や身体に合わせて摂取しましょう。 最近では、毎日美味しくプロテインが摂取できるように各メーカーも豊富なテイストをラインアップしています。 ココア、ミルク、ヨーグルト、柑橘系など様々なテイストがあり、初心者の方でも手軽に摂取することができます。 またプロテインには 必須アミノ酸BCAAも豊富に含まれています。 必須アミノ酸BCAAは身体にはとても重要な必須アミノ酸ですが、 身体の中では生成されないため日々の食事やサプリで摂取する必要があります。 スポーツや筋肉トレーニング後の疲労回復、筋肉量の増加に効果があるといわれ、疲れにくい健康的な身体づくりをサポートしてくれます。 たんぱく質は、三大栄養素のひとつであり、生きていくうえで特に重要な栄養素です。 この3つのアミノ酸は、枝わかれするような分子構造をしているため、BCAA(Branched Chain Amino Acid;分岐鎖アミノ酸 とよばれています。 近年では、筋タンパク質中に非常に多く含まれていることから、筋にとって非常に重要なアミノ酸であると、注目を集めています。 出典: 目的別でプロテインを選ぶ 筋肉増強や丈夫な身体づくりには「ホエイプロテイン」がおすすめ! Source:amazon. jp 筋肉量の増加や疲れにくい丈夫な身体づくりには、ホエイプロテインがおすすめです。 ホエイプロテインは牛乳に含まれるタンパク質の一種で、 吸収スピードの速さと筋肉成分の多くを占めるアミノ酸も豊富に含まれているのが大きな特徴です。 ホエイプロテインを摂取後の吸収スピードは約1~2時間程、筋肉トレーニング後やスポーツ後のタンパク質補給には最適なプロテインです。 筋肉の修復や強化に効果があると言われ、アスリートやボディビルダーも愛用しているのがこのホエイプロテインで必須アミノ酸BCAAも豊富に含まれています。 ホエイプロテインは、牛乳に含まれるタンパク質の一種です。 ヨーグルトの上澄みにできる液体のことをホエイ(乳清)といいますが、このホエイに含まれるタンパク質がホエイプロテインです。 ホエイには他に、ミネラルや水溶性ビタミンが含まれます。 出典: ホエイプロテインの各製法について ホエイプロテインの製法には、 大きく分けてWPC製法、WPI製法、WPH製法の3つの製法があります。 それぞれの製法により特徴は大きく異なるので、ご自身にあった製法のホエイプロテインを選びましょう。 ただ乳糖が残りやすい製法のため、牛乳を飲みとお腹を壊しやすいなど乳糖不耐症を持つ方にはWPI製法がおすすめです。 お腹の不調の原因になりやすい乳糖含有率も非常に少ないため、 お腹を壊しやすい方にはWPI製法がおすすめです。 他の製法に比べて工程が多くなってしまうため、値段は少し割高となってしまいます。 より高濃度なタンパク質摂取したい方におすすめですが、値段も割高になってしまうという面もあります。 ダイエットや引き締まった身体づくりには「ソイプロテイン・カゼインプロテイン」がおすすめ! Source:amazon. jp ダイエットや引き締まった身体づくりには、ソイプロテインやカゼインプロテインがおすすめです。 ソイプロテインとカゼインプロティンは似た特性はありますが、それぞれ特徴は異なりますのでご自身に最適なプロテインを選びましょう。 ソイプロテイン 大豆が原料となるソイプロテインは、大豆のタンパク質部分のみを粉末にしホエイプロテインなどの 動物性タンパク質と比べると油脂が少ない植物性タンパク質という点がポイントです。 消化吸収スピードが穏やかなため、満腹感を維持することができます。 大豆タンパク質には、満腹中枢を刺激することがわかっており、摂取量を抑制しコントロールしやすくなるので 減量やダイエットに最適です。 また大豆には女性ホルモンに似た働きをしてくれるイソフラボンも含まれており、女性の美しさもサポートしてくるため女性にもおすすめです。 カゼインプロテイン カゼインプロテインはホエイプロテインと同じ牛乳を原料としていますが、ソイプロテインと同様に 身体への消化吸収スピードが穏やかで必須アミノ酸も豊富なのが特徴です。 ソイプロテインも同様ですが、身体への消化吸収スピードが遅いと即効性がないというイメージを持たれる方もいますが、血液中のアミノ酸濃度を長時間、高い値で維持できるため効果を持続させるというメリットもあります。 時間をかけてゆっくりと身体にタンパク質を補給してくれるので、トレーニングやスポーツをしない休息日や就寝時におすすめです。 プロテインのおすすめ人気メーカー ディーエヌエス(DNS)「ドーム」 Source:amazon. jp ディーエヌエス(DNS)は、アメリカ発の世界的スポーツメーカーであるアンダーアーマー(UNDER ARMOUR)の日本総代理店を務める株式会社ドームが手がけるプロテインです。 当時の低品質・不味い・高価というイメージを払拭し 高品質・飲み易い・適正価格のプロテインを開発し、2000年よりスタートしました。 水でも溶けやすく美味しく飲めると多くの方から支持を集めている人気のプロテインメーカーです。 ザバス(SAVAS)「明治」 Source:amazon. jp 明治は、1916年に設立した「明日をもっとおいしく」をスローガンにする日本の大手食品メーカーです。 創業100年以上と歴史ある食品メーカーで、乳製品・チョコレート、栄養食品などを中心に販売製造を行っています。 スポーツ栄養学に基づいて開発されたザバス(SAVAS)は、 日本を代表する多くのトップアスリートもサポートし国内ではトップクラスの人気を誇ります。 筋肉トレーニングやアスリート向けに開発されたプロテインはもちろん、ダイエット・減量、美容に特化したプロテインなど幅広いラインアップも特徴です。 ビーレジェンド(be LEGEND)「リアルスタイル」 Source:amazon. jp 株式会社リアルスタイルが手がけるビーレジェンド(be LEGEND)は、 モンドセレクション最高金賞やiTQi優秀味覚賞を受賞するなど世界的にも認められている人気プロテインメーカです。 オリックスや千葉ロッテマリーンズ、西武ライオンズ、ソフトバンクホークスなどの球団のスポンサーもしておりプロスポーツ選手にも多く愛用されています。 またウェットに飛んだネーミングセンスやアニメからゲームまでジャンルを超えたコラボ商品、他にはない期間限定フレーバーなど常に愛用者を楽しませてくれるおすすめのメーカーです。 ゴールドジム定番人気のCFMホエイプロテインは、タンパク質含有率82. プロテインのおすすめ人気ランキング15選! それでは次にプロテインのおすすめ人気ランキングをご紹介していきます。 今回は、「筋トレ・スポーツ用」と「ダイエット・美容用」の2つのカテゴリーに分けておすすめ人気ランキングをご紹介します。 プロテイン(筋トレ・スポーツ用)のおすすめ人気ランキング10選 世界シェアNo. 1の人気ブランド、「サプリメント・オブ・ザ・イヤー」にも輝き世界中で愛されている人気のプロテインです。 とても溶けやすくシェイカーを使わなくてもスプーンなどでかき混ぜるだけで簡単に飲むことができます。 必須アミノ酸BCAA・EAAなどもしっかり含まれています。 総合評価 4. 口コミ通りで満足です。 水で溶かしても美味しいココア味です。 水で溶かして飲んでます。 昔飲んだ全く別のプロテインは心臓が止まるかと思うほど不味かったので、口コミ通り本当に美味しいのか不安でしたが本当に美味しいです!計量スプーンも中に入っていて良かったです。 出典: プロテインの種類 ホエイプロテイン(WPI製法) タンパク質含有率 78. 4g中、ホエイプロテイン24g含有) フレーバー 全29種類 1回あたりのコスト 146. 飲みやすく溶けやすく、また粉っぽさを抑え泡立ちもなくすことで毎日続けられるように開発されたプロテインです。 水と混ぜるだけで美味しく飲めるフレーバーも人気です。 アメリカのプロテインにも負けない国内メーカーのプロテインです。 総合評価 4. もっと高額なものやホエイではないものも含めて、このDNSが一番おいしくて飲みやすいです!水で割っておいしい、という表現は他社製品でも見かけますが、本当に水で割っておいしいと感じたのはこれまでにこれだけです。 牛乳で割るよりもおいしいです。 ちなみに味はカフェオレです。 絶対にまた買います。 出典: プロテインの種類 ホエイプロテイン(WPC製法) タンパク質含有率 68. 一般的なプロテインよりも半分ほどの水でよく溶け美味しく飲めると好評で、全10種類もの豊富なフレーバーから選ぶことができます。 1回あたりのコストも67. プロテインの種類 ホエイプロテイン(WPC製法) タンパク質含有率 79. 9g含有) フレーバー チョコレート、チョコチップミルクココア、キャラメル、ストロベリー、ベリーベリー、ブループレーン、カフェオレ、バナナ、ココア、抹茶風味 1回あたりのコスト 67. 無駄な糖質をできる限りカットし低糖質にすることで引き締まった身体づくりをサポートしてくれます。 グルテンフリーで小麦アレルギーの方や血糖値が気になる方にもおすすめです。 男性だけでなく 女性の方にもおすすめのプロテインです。 総合評価 4. 2回目購入です。 コーヒー味を注文してみました。 思ったほどコーヒー味が強いわけではなく、ほんのりとした風味で、気に入りました。 ここのは、何より甘すぎないのがうれしいです。 味も大好き!多少ざらつきは感じますが、飲みにくいわけではありません。 一か月飲んでみて、カーブスでの計測で骨格筋率が少し上がってました。 体重も少し落としたのですが、一緒に骨格筋率も落ちる人が多いようで、ほめられました。 美味しくていくらでも飲めてしまうからかも・・・って喜んでます。 8g含有) フレーバー バニラ、ストロベリー、バナナ、コーヒー 1回あたりのコスト 89. フレーバーの種類は50種類以上と、期間限定フレーバーなども多く飽きのこないフレーバーも人気。 脂肪含有量は1. 9g、炭水化物量は1gと効率的にタンパク質を取りたい方や身体を引き締めたい方にもおすすめです。 必須アミノ酸1BCAAも4. 5gと豊富に含まれています。 総合評価 4. 私には甘過ぎず、飽きない味です。 タンパク質の吸収をサポートしてくれる ビタミンCやビタミンB6も配合し、ビタミンCは1食あたりレモン2個分相当のビタミンCを配合しています。 オリックスや千葉ロッテマリーンズ、西武ライオンズ、ソフトバンクホークスなどの球団のスポンサーもしており プロスポーツ選手にも多く愛用されています。 総合評価 4. 筋肉増強の為の方達と違い、毎日少しづつですが、プレインが安くて美味しいとのことなので、牛乳で割って飲んでいます。 バナナシェイクのようで、続けられそうです。 シェイカーで混ぜるときに先に牛乳を入れる、まず、回してから縦に振ると、上手く混ざります。 レベルアップを目指すアスリートやスポーツをする方におすすめです。 チーズ由来の高品質ホエイプロテインを酵素分解したホエイペプチドし消化吸収スピードが早くトレーニングやスポーツの後にも最適です。 ビタミンB群・ミネラルも含まれています。 総合評価 4. HMBを辞めてこちらに替えてからの方が、筋肉のつきが良くなった気がします。 出典: プロテインの種類 ホエイプロテイン(WPI製法) タンパク質含有率 82. 5g含有) フレーバー ダブルチョコ、リッチミルク、バナナシェイク、プレーン、ミックスベリー 1回あたりのコスト 148. 水分補給感覚でスポーツドリンクのようにゴクゴク飲むことができます。 純度の高いホエイプロテインのほかに クエン酸や7種類のビタミンB群、ビタミンCを配合し、アスリートが1日に必要なビタミンも補給してくれます。 総合評価 4. 他にも飲みやすいものもありましたが、これはワンランク上の「おいしい」レベルだと思います。 スポーツ中の水分補給みたいな感じでも飲めます。 プロテイン特有の飲みにくさが全くなく、スッキリとした味わいで、暑い季節にも最適です。 出典: プロテインの種類 ホエイプロテイン(WPI製法) タンパク質含有率 67. 1g含有) フレーバー グレープフルーツ、アセロラ 1回あたりのコスト 124. 明治の研究に基づいて身体づくりには欠かせないビタミンB群、ビタミンD、ビタミンCを独自に設計し配合。 独自の造粒方法・配合で溶けやすく飲みやすいのも特徴です。 総合評価 4. 趣味でゴルフをやっておりますが、筋力の低下を感じ始め人生初のプロテインを購入しました。 腹筋と腕立て、スクワット等の筋トレ終了後と打ちっぱなしの練習後にプロテインを摂取。 明らかに筋力は増幅し、体重は3キロ増えました(筋肉量が増えた為でしょう)がお腹周りはすっきりとしました。 筋肉痛も軽減されプロテインは非常に効果的です。 無くなる前にリピート購入します。 出典: プロテインの種類 ホエイプロテイン(WPC製法) タンパク質含有率 71. 大豆は遺伝子組み換えでない大豆を使用しビタミンやミネラルも配合。 水でもすっきり飲みやすく甘さ控えめなので、甘さが強いプロテインが苦手な方にもおすすめです。 総合評価 4. ランニング後の朝食として毎日豆乳でシェイクしてます。 甘すぎず美味しいです。 サイリウムとモリンガを足してシェイクすることが多いですが、腹持ちもよくなります。 次はストロベリーを飲んでみたいと思っています。 6g含有) フレーバー ココア、バナナ、ストロベリー、 1回あたりのコスト 65. 味が付いていないプレーンタイプなのでお好みのフレーバーを入れたり、料理やジュースに混ぜたりアイディア次第で楽しみながら飲むことができます。 カロリーや脂質を抑えながらしっかりタンパク質を摂取できます。 総合評価 4. 基本は低脂肪乳で割って飲んでます。 付属のスプーン4杯に低脂肪乳200cc入れてシェイクするときな粉ミルクのようで飲みやすいというか美味しいです^^大豆という事もあり、便通も良くなりお腹回りがすっきりしてきました。 アミノスコア100でこのお値段は破格かと思います。 美容と健康の為、続けていきたいと思います。 コラーゲンのほかに 鉄、カルシウム、マグネシウム、11種のビタミンなども配合され豊富な栄養素を摂取することができるのも人気のポイントです。 総合評価 4. 運動前や運動後どっちでも摂取していいみたい。 普段の食事だけでは補いないところをカバーしてくれますよ。 私は朝食をこのSAVASにしたり…これからの暑い季節には食欲がない時などとっても助かります。 プロテインマイスターのプロテインひろこが監修のすこやか朝バナナ味は、本物のバナナを使用した優しい甘みで美味しく飲みやすいのが特徴です。 コラーゲンペプチド、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、レスベラトロール、アサイーポリフェノール、カカオポリフェノール、ビタミン、食物繊維など計27種類もの美容成分を配合し女性の美と健康的な身体づくりをしっかりサポートしてくれます。 総合評価 3. そのほか抹茶シェイクにしてもイケる!おかけで「お母ちゃんの料理すごいよ!」と株急騰中!美味しいし、プロテインも補給できるし、一石二鳥です。 肌の調子もいいです。 出典: プロテインの種類 ソイプロテイン タンパク質含有率 73. 07g含有) フレーバー ミルクティー 1回あたりのコスト 168. ガルシニアエキス は空腹感・体脂肪の蓄積を抑え、コレステロール値の減少をサポートしてくれるのでダイエット・減量を目指す方から多くの支持を集めています。 減量・ダイエット時に不足しやすい11種のビタミンやカルシウム・鉄・マグネシウムなどもしっかり配合しダイエットなどをサポートしてくれます。 総合評価 4. 一念発起してダイエットをスタート。 食事制限とウォーキングで1年かけて20kgの減量に成功しました。 食事に気をつけ運動もしているのに、体重も体脂肪も減らないのはたんぱく質が不足しているのが原因?と考え、今回初めてこちらのプロテインを飲んでみることにしました。 現在、体重は52kg・体脂肪率は16~17%台で、見た目もかなりシェイプアップされてきました。 飲み方は朝食前に1杯、夜は早めに夕食を摂りジムへ。 運動終了後に1杯という1日2回ペースです。 8g含有) フレーバー ヨーグルト風味、チョコレート風味 1回あたりのコスト 77. 特にトレーニング直後は最も骨格筋の感受性が高いため、可能であれば トレーニング直後の30分以内に飲むと筋肉量アップに効果的です。 飲むタイミングもとても大切ですが、長期的なトレーニングの繰り返しと適切なタンパク質の摂取を行うことが最も重要なポイントとなります。 就寝前に飲む 人間が寝ている状態は空腹状態になり、筋タンパク質の分解が進み分解が高まると筋肉は萎縮してしまいます。 そのため 分解を抑制するためにも、就寝前にタンパク質を摂取し睡眠中にタンパク質合成を高めて上げることで筋肉量の増加により効果的です。 就寝中は成長ホルモンが分泌されるので、タンパク質合成が促進されます。 筋肉トレーニングやスポーツを行った日の就寝1~2時間前に摂取するといいでしょう。 パフォーマンスをより高く発揮するためのカラダづくりを目指すアスリートに、まず理解していただきたいことがあります。 それは、筋肉はタンパク質でできていて、タンパク質は24時間、合成(新しく作られる)と分解(古いものが壊される)を繰り返しているということ。 食後は合成が進み、空腹のときには分解され、常にどちらかがより高くなる状態になっています。 この合成と分解の1日を通じたバランスがとれていることによって筋肉の質は保たれ、合成が高まれば筋肉は肥大し、分解が高まると萎縮していきます。 出典: プロテインの効果的な摂取量について 厚生労働省が定めている日本人の食事摂取基準によると男女年齢別ではタンパク質の必要量は下記の図の通りとなります。 国際スポーツ栄養学会(ISSN)の推奨では、 筋肉量の増加を目的とする場合は最低でも1日あたり体重1kgに対し1. 4gのタンパク質を摂取することを推奨しています。 アスリートやスポーツ選手の場合は、1kgあたり1. 4~2. 0gを目安に摂取するといいでしょう。 仮に体重が70kgの場合では、タンパク質の摂取量目安としては98~140gとなります。 ご自身の体重やトレーニング量などに合わせてタンパク質を摂取しましょう。 トレーニングの強度や頻度によっても左右されますが、だいたい体重1kgあたり2g程度のたんぱく質が必要と言われています。 体重70kgのアスリートなら1日に約140gのたんぱく質を摂る必要があります。 ちなみに、運動をしていない一般の方の必要量は、体重1kgあたり1g程度ですので、倍の量を摂らなければいけません。 出典: 性別 男性 女性 年齢 推定平均必要量 推奨量 推定平均必要量 推奨量 1~2歳 15 20 15 20 3~5歳 20 25 20 25 6~7歳 25 35 25 30 8~9歳 35 40 30 40 10~11歳 40 50 40 50 12~14歳 50 60 45 55 15~17歳 50 65 45 55 18~29歳 50 60 40 50 30~49歳 50 60 40 50 50~69歳 50 60 40 50 70歳以上 50 60 40 50 まとめ タンパク質やビタミン、アミノ酸などの栄養素を簡単に摂取することができるプロテインは、ダイエットや筋肉トレーニングの効果を高め、トレーニングには欠かせない栄養補助食品です。 プロテインのメーカーや製法により様々なプロテインがあります。 今回ご紹介したおすすめ人気ランキングや選び方のポイントを参考に、ご自身に最適なプロテインを見つけてくださいね。 関連する記事• ヨガマットの厚さや選び方からおしゃれなヨガマットまでヨガマットのおすすめ人気ランキングをご紹介。 厳選したヨガマットケースも合わせてご紹介します。 […]• タニタやオムロンなどの体重計・体組成計の人気メーカーのおすすめ人気ランキングと選び方をご紹介。 スマホと連携できる高機能モデルもご紹介します。 […]• 今人気のピッタマスクや三次元マスク、超快適マスク、超立体マスクなどのおすすめ人気ランキング8選。 正しい選び方や肌荒れ・ニキビ予防対策などご紹介。 […].

次の

ホエイプロテインのおすすめ11選。筋トレ効果を倍増させる人気アイテムとは

プロテイン ダイエット おすすめ

おすすめする理由 私がマイプロテインをオススメする理由。 正直プロテインって何でも良いと思ってませんか?私もそう思ってました。 価格安い• ラインナップが豊富• 製品の安心性 価格:まず、なんと言っても商品を決める上で価格は悩む所ですよね?国内品はよく目にするし手に入りやすいんですが(コンビニやドラックストアでも売っていますし)なんと言っても高いんですよね。 別に短期的に飲むだけなら良いんですが、 プロテインをしっかり飲んでいこうと思うと継続して行かないと効果は切れてしまうので、その購入量はバカに出来ないんですよね。 私なんか毎日飲んでますし、そうなると安い方が良いと思いませんか? ラインナップ:マイプロテインは商品のラインナップがものすごいあるんです!今回はホエイプロテインのみについて書いていきます。 味(フレーバー)が豊富• プロテインの製品事態の種類が多い マイプロテインの味(フレーバー)は、ハッキリ言ってヤバいくらいあります。 えっ!?こんな味売れるの???みたいな挑戦的な味(ブルーベリーチーズケーキ味とかスイカとか)が何種類もあります。 ですので、 毎回味を変えてみるのも楽しいですし、気に入った味を使い倒すことも出来ますし、選び放題です。 それと、今回はマイプロテインホエイプロテインにスポットを当てていますが、マイプロテインはプロテインだけでも製品ラインナップが複数あります。 (今回はそちらは触れていきませんのでよろしくお願いします)ですので、使用目的にあった自分だけのプランが立てやすいです。 製品の安心性:体に入る物ですから安心安全な製品が良いですよね?マイプロテインは、最高水準を満たすように専用の近赤外線・X線装置を使用して検査し英国小売り協会から食品安全性に関しAAグレードを獲得しています。 また第三者品質認定機関においても検査を行っています。 (サイトから抜粋しています。 詳しく知りたい方はこちらからどうぞ) 実際に使用してる観点から 最初にマイプロテインをおすすめすると書きましが、実際に何が?と思う方にひぐぞうの使用方法を書いていきます。 ここでひぐぞうの簡単なプロフィールを説明しますと。 元々太っていてリバウンドとダイエットを繰り返してあらやあらやと120キロまで行ってしまった経験があります。 ホントあの時はどうなることかと思いました。 服なんか4Lでも入りませんし。 すぐ疲れるし、太っていて良いことよりネガティブ要素の方が多かったですね。 今は標準体重で体脂肪率は10%~13%位です。。 本題に戻りますが、マイプロテインをオススメする理由は年単位で使用するからです。 先ほど国内製品で短期間なら国内品でも良いと書きましたが、国内とマイプロテインでは価格でかなりの費用差があります、ひと月単位でも毎日飲むとなるとそれなりの負担になります、また使用量が多いと言うことは、同じ物を飲み続けると言うことです。 マイプロテインは味のラインナップが物凄いので飽きてきたら新しい味にチャレンジしてまた心機一転、楽しみながら使用出来るからです。 具体的な年単位のひぐぞうの使用方法 減量時(脂肪落としたい時)(ダイエット)• 朝起きて25g• 間食に25g(お腹空いたら)• 夕食に25g• トレーニング時25g• 就寝前25g(1日のたんぱく質が足りてない場合) 通常時(体型を維持したい)• 朝食25g• 間食25g(お腹空いたら) こんな感じで使用方法が目的で変わってきます、 ひぐぞうは 減量時は置き換えダイエットの様に使用して脂肪を削っていきます。 1日の使用量は結構行きます。 通常時、普通の生活している時は朝食にプロテインでしっかりとたんぱく質を取って、間食にプロテインを取っています。 まず、朝って時間無いじゃないですか?そんなとき、簡単にたんぱく質が取れるのは有り難いです、このマイプロテイン25g分を食品から取ろうとすると、調理も必要ですし。 なかなか大変です、毎日休で時間あるなら良いですが。 そんな時、プロテインがあれば数秒で補給出来ますし、 味も各種あるので主食に合わせた自分だけのメニューも簡単に作れます パンならコーヒー風味、ご飯なら柑橘系のサッパリ風味等。 そして間食は、小腹空いた時に プロテインを取ると低糖質、低脂質なので空腹を満たしても太りにくいと言うメリットがあるので体重、体型の維持も比較的簡単に管理できます。 効果 効果は個人により変わってきますが、 ひぐぞうは体型の維持と減量、ダイエット目的で使用した場合実感できました。 と言うか毎日飲んでますし。 元々120キロの人が標準体重になれるくらいは効果はあると思います。 (運動とカロリー計算を取り入れると尚良いですが) 注意:カロリーオーバーにならないようにしっかりと目的を持って使用して下さい。 この様に、使用目的で色々と変わっては来ますがマイプロテインが気になってこのサイトに来られた方にはかなりオススメしますので、自分の目的に合ったダイエットを楽しみながら達成出来ることを応援しています。 この記事がお役に立てたら幸いです。 ありがとうございました。 ありがとうございました。 ひぐぞう.

次の