とろみ の 付け方。 【とろみのある化粧水の付け方】浸透しない!は付け方が間違っている

小麦粉でとろみはつけれる?付け方と代用できる材料、通販の保存容器も

とろみ の 付け方

水分でむせる患者さんへの対応として一番に思い浮かべるのは何ですか? 多くの方が 「とろみをつける」と答えると思います。 在宅でもかかりつけ医に、 「とろみをつけるよう言っておいたから、頼むね」 と声をかけられることがあります。 とろみをつけるときの悩みといえば• とろみ剤がとけない• とろみが均一でない• かき混ぜるのが面倒• とろみがつかない• ダマになる などが挙げられると思います。 この悩みを一気に解決できる画期的な方法があります! とろみ水(とろみ茶)の作り方、とろみ剤の使い方の注意点をご紹介したいと思います。 そのとろみつけの方法を知ったのは私が回復期病棟を担当していたときのことです。 病棟にとにかすごく仕事のできるスーパー看護師がいました。 ひとつひとつの仕事が「センスが違うよね」としか言いようのない方でした。 回復期病棟にはデイルームがありました。 食事に介助や見守りが必要な患者さんが集められる部屋です。 その部屋には、患者さん毎の必要なとろみ量の一覧表が貼ってありました。 一覧表にはコップ1杯のお茶に対して、小さじ何杯が必要か書かれていました。 Aさん1杯 Bさん2杯 というように。 それを見ながら、看護師や介護スタッフがお茶の入った大きなやかんでとろみ茶を作っていました。 ある日の昼食時、デイルームで嚥下障害のある患者さんの食事を介助していたときのこと。 気づいたんです。 あれ? 今日のとろみ茶には全くダマになっていない。 今日のお茶当番はスーパー看護師だ! 私はスーパー看護師をつかまえて聞きました。 「だまにならないとろみ茶の秘密を教えてください!」 スーパー看護師は「ちょっとおいで」と、実際に見せてくれるというのです。 私はじっとスーパー看護師の手元を見つめました。 スーパー看護師はコップにとろみ剤を入れて、やかんで一気にお茶を注ぎました。 首をかしげる私にスーパー看護師は笑って言いました。 「簡単なことだよ。 先にとろみ剤を入れるだけ」 え?それだけ? 「何かかくしていませんか?」私。 本当にそれだけだったのです。 一気にお茶を注ぐことで、コップのなかでお茶の対流が起こり、とろみ剤がまんべんなく溶ける。 混ぜる必要もなく、均一にとろみがついていました。 ポイントは 一気に勢いよくお茶を注ぐということです。 ペットボトル、やかん、急須、水筒、何からでもいけます。 ただしコップがぬれているととろみ剤がコップの底にはりついてしまうので要注意です。 とろみ付けのお悩みの• 発想の転換でしたね。 コップに入ったお茶ありきで、考えていた固定観念をひっくり返されました。 しかも、お茶が先に入っている場合は、とろみ剤を入れながらお茶をガシガシ混ぜていました。 混ぜなくてもいいから楽ですね。 他の看護師とスーパー看護師の様子を見比べていると、もう1つわかったことがありました。 この方法はたくさんのコップを並べてお茶にとろみをつけるときにも便利だということ。 お茶を入れてから、とろみ剤を入れると、どのコップまでとろみをつけたかがわからなくなります。 先にとろみ剤を入れれば、どのコップまで入れたか一目瞭然ですものね。 みなさん、ちょっと想像してみてください。 インスタントのココアを作るとき カップスープを作るとき お湯と粉とどちらを先に入れますか? 99%の方が「粉」ではないでしょうか? 本来、粉が先の方がいいと私たちは知っているんですよね。 でもなぜか、お茶のとろみに関しては、お茶が先という固定観念を持ってしまっています。 誤嚥性肺炎について書かれた本ではこのように紹介されていました。 介護する人のための 誤嚥性肺炎 こうすれば防げる!助かる! より引用 稲川利光著 2つのコップを使って、お茶を移動させる方法です。 先にとろみ剤を入れておいて「勢いよくお茶を注ぎます」 これも原理は同じですね。 ただし、コップを2つ使うということは、洗い物が増えるということ。 ここはマイナスポイントです。 非常にシンプルですが、絶対に役立つコツでした。 お試しくださいね。 よろしければこちらもどうぞ。 粥・おかずにとろみをつけるのはなぜについてもっと詳しく。 むせた時の対処法、背中を叩いてもいいの?.

次の

【とろみのある化粧水の付け方】浸透しない!は付け方が間違っている

とろみ の 付け方

スパイスからカレーを作るには? スパイスからカレーを作るのはとても難しいと感じてしまうかもしれません。 しかし、実は『基本スパイス』を覚えればより美味しく健康的なカレーを手軽につくることができるのです。 まずは、自分でカレーを作るメリットをチェックしてみましょう。 自分で作るメリット 自分でカレーを作るときには、あたりまえですが、使うスパイスや油など材料を自分で選ぶことができます。 例えば、『胃腸の負担』を考え、油の使用を最小限に抑えたりすることもできるのです。 スパイスやハーブの薬膳効果を考えれば、より健康的なカレーが作れます。 とろみをつけて作るのか、つけないで作るのかも選べるので『自分好み』のカレーに仕上げられるのもメリットの1つです。 このことからも、自分でカレーを作ることは、好みのカレーで『カロリーを控えたり、栄養を考えられる』大きなメリットがあることがわかります。 しかし、実際にスパイスから考えて作ろうしてみると何が必要なのかわからないことがほとんどです。 そこで、次は『覚えておきたい基本スパイス』を紹介します。 スパイスを知って作ってみるとそこまで難しくないので、『基本』から覚えていきましょう。 カレーの基本スパイスとは カレーの基本スパイスは6種類あります。 全てパウダーで揃えられるので、6種類のスパイスを組み合わせて『好みのカレー』を目指してみましょう。 以下は、6種類のスパイスの名前と特徴の一覧です。 香り付けのスパイス• クミン・・・エスニックな香りがする• コリアンダー・・・甘く爽やかでスパイシーな香りがする• カルダモン・・・香りの王様と呼ばれ、爽やかな香りがする• オールスパイス・・・クローブ・ナツメグ・シナモンを合わせた味わい深い香りがする 色と辛味のスパイス• ターメリック・・・カレーに欠かせない『黄色』の色のスパイス。 全体をまとめる丸みのある香りと味わいがする• チリーペッパー・・・ひりひりする辛味のスパイス。 種類を変えることで『また違う味わいの辛味』を楽しむことができる これらの6種類を、マイルドに仕上げるときにはクミンやコリアンダーを多めに、癖の強いお肉を使うときにはオールスパイスを多めに、と工夫して作り上げていきます。 カレーのとろみを小麦粉でつける方法 欧風カレーの特徴でもあるとろみは『小麦粉』でつける方法が一般的です。 このとろみをつけるときに失敗してしまう人が多いので、ポイントを紹介するので参考にしてみてください。 バターなど油で小麦粉を炒める いきなり作っているカレーに小麦粉を入れてしまうと、上手くとろみがつかなかったり『ダマ』になってしまうことがあります。 そこで、バターなどの油で小麦粉を炒めてから入れてみましょう。 弱火で焦がさないように炒めて、薄茶色に近づいたらカレー粉を加えて混ぜていきます。 ある程度混ざったら、作っているカレーに少しずつ入れながら溶かしていくと『とろみ』を全体に馴染ませやすくなるのでおすすめです。 野菜を煮込んだ鍋に少しずつ溶かす カレー粉を使用しないときは、野菜を煮込んだ鍋に少しずつ溶かしていきます。 少しダマになりやすいので、難しいときには最初から少し水を少なめにしておき『小麦粉を追加の水と混ぜて』入れてみましょう。 どちらの方法を行うときにも、必ず良く溶かすという意識を持っておきます。 ダマになってしまわないようにしっかりとかき混ぜながら溶かすのがおすすめです。 とろみが足りないカレーになってしまう原因 正しい方法でとろみをつけていても『とろみがないカレー』になってしまうときには、小麦粉以外の原因が隠れています。 小麦粉の使い方は問題がないのに、上手くいかないときに確認しておきたいポイントをチェックしておきましょう。 煮込み不足 カレールーやジャガイモに含まれているでんぷんが加熱されることでカレーにとろみがついていきます。 煮込みが足りないと、でんぷんによるとろみがつかないのでサラサラになってしまうのです。 煮込むときには、水が減ったら水を足していき『味が薄い・水が多い』というときには加熱時間を伸ばして水分を蒸発させていきます。 カレールーを足して加熱していくのも効果的です。 水分量 さきほど軽く触れましたが、水の量が多すぎてしまうと上手くとろみがつかないこともあります。 野菜からも水分がでるので、粘度が低下するとサラサラとしたカレーになってしまうのです。 水分量が多いと感じたときには、しっかりと加熱して水分を蒸発させていくか『カレールー』を足してとろみをつけていきます。 味が濃いのにサラサラしているときには、小麦粉や片栗粉を使ってとろみをつけるのがおすすめです。 はちみつなど調味料の酵素によるもの 煮込みもしっかりと行い水分量も問題ないのにとろみがつかないときには、カレールーやジャガイモに含まれる『でんぷん』を分解してしまう材料を使っていることが原因です。 はちみつやりんごなどには『アミラーゼ』と呼ばれるでんぷんを分解してしまう酵素が含まれています。 酵素ででんぷんを分解してしまうことでサラサラになってしまうのです。 また、唾液にも含まれている酵素なので『味見したおたま』をそのまま戻してもさらさらになることがあります。 とろみのコツと足りないときの対処法 カレーにとろみをつけるときに覚えておきたいコツと、とろみが足りなかったときに使える対処法を紹介します。 まずは、作る工程からしっかりととろみが出るように作っていきましょう。 沸騰した後、弱火で10分以上しっかり煮込む カレールーやジャガイモは煮込むことでとろみがつくものです。 野菜を炒めて水を入れ、沸騰するまで中火で加熱し、沸騰したら弱火で10分以上とろみがつくまで煮込んでいきます。 このとき、鍋底が焦げないように混ぜながら煮込むのがポイントです。 水の量を調節しながら煮込んでいきましょう。 水溶き片栗粉や小麦粉を追加 どうしてもとろみがつかないときに便利なのが『小麦粉・片栗粉・薄力粉・強力粉』を追加する方法です。 どの粉を使っても、入れるときには水で溶いてからゆっくりと入れていきます。 混ぜながら徐々に入れていき、お好みのとろみに調節していきましょう。 ただし、加熱することで水分が蒸発していくので『入れすぎると固くなりすぎる』こともあるので『確認しながら徐々に』入れていくのがおすすめです。 とろみを出す食材は他にも ジャガイモやカレールー以外にも、カレーにとろみを出してくれる食材はいくつかあります。 中でも代表的なものを2つ紹介するので、具材の参考にしてみてください。 おろした切り餅 切り餅は、お米で作られているので『でんぷん』を含んでいます。 おろし金ですりおろして、作りたてのカレーに混ぜ合わせるだけでとろみをつけることができるのです。 分量は1人前あたり約6分の1個を目安にしてみてください。 たくさん入れすぎてしまうと、ドロドロになりすぎてしまうので『好み』で量を調節するのがおすすめです。 1晩おいたとろっとしたカレーが好きな人にも、切り餅を入れる方法が便利と注目されています。 寒天パウダー 加熱することでとろみ効果を得られるのが寒天パウダーです。 また、寒天は風味を損なわないほか、味が濃厚に感じられたり、寒天に含まれる食物繊維をカレーにプラスできることからも便利な食材です。 野菜を使って絶妙なとろみ具合に 次は、カレーに入れる野菜にもひと工夫してみましょう。 入れる野菜を工夫するだけでもとろみをつけることができます。 また、より味わい深いカレーになっていくので参考にしてみてください。 ホールトマト 水の変わりにホールトマトを使うだけで、酸味をプラスして手軽にとろみのついたカレーを作ることができます。 使うホールトマトは、細かく潰すことでより使いやすくなるので覚えておきましょう。 煮込むことで味わい深いカレーができますが、水よりも少し焦げ付きやすい点には十分に注意して作るのがおすすめです。 すりつぶしたジャガイモ ジャガイモを普通に炒めて入れ、煮込むことでもとろみがつきますが『すりつぶして』入れるのもおすすめの方法です。 通常よりもとろみがつきやすく、すこしどろっとしたカレーができあがります。 また、すりつぶしたジャガイモを入れたカレーは『冷めにくい』ので、温かいカレーをゆっくりと味わえるのもメリットです。 ほうれん草、にんじんのペースト ほうれん草とにんじんをフードプロセッサーなどにかけて細かくしてカレーに入れると『とろみ』をつけることができます。 食物繊維を手軽に追加できるほか、ほうれん草やにんじんが苦手な子どもでも食べられると人気の方法です。 ほうれん草とにんじんのペーストは、炒めるときに入れてしまい、カレー粉としっかりと混ぜ合わせてから水を入れて作り上げていきましょう。 ペーストを加えて作ったカレーはご飯にもパンにも合います。 パスタソースや野菜ディップなどにも使えるので、アレンジしてみるのもおすすめです。

次の

とろみ剤の使い方や濃度、注意点を動画でわかりやすく!【とろみ早見表 学会分類2013】

とろみ の 付け方

とろみ剤ってなーに? とろみ剤とは、食べ物や飲み物に加えまぜるだけで、適度なとろみをつけることできる粉末状の食品です。 とろみをつけるだけではなく、ゼリー状に固めることのできるタイプのものもあります。 食品の温度に関係なく、とろみをつけることができます。 どうしてとろみをつけるの? とろみ剤は、飲み込む機能の低下した方が、安全にお食事をするために使います。 とろみをつけることで、お口の中でまとまりやすくなり、ゆっくりとのどへと流れていきます。 4段階のとろみの強さ 日本介護食品協議会により、とろみの強さと使用量が区分されています。 とろみの目安表示は4段階ありますので、表を参考に選びましょう。 とろみ剤の使い方 とろみ剤について一枚にまとめた資料 を ダウンロードできます。 とろみ剤の注意点 とろみ剤は、非常に便利なものですが、使用する上では知識が必要です。 これらの注意点を守らなくては、安全なお食事とはいえません。 使用量を厳守する とろみのつき方は、加える料理や液体の内容や温度、加えてからの時間により異なる場合があります。 温かいものに加え冷めてしまった時などは特に注意が必要です。 また、商品によっては時間の経過に伴いとろみが強くなり、ベタベタになってしまうことがあります。 ベタベタになってしまうと、お口の中やのど、食道にはりつきやすく危険です。 「ついていない」と感じてもむやみに量を調整せずに、正しい使用量を守りましょう。 使用方法にしっかり目を通し、とろみを加えてから何分待つのかを確認します。 それでも足りず、どうしても追加で加えたい場合には、別の容器に濃いめの溶液をつくり、少しずつ加え様子を見ましょう。 一度とろみがついた状態で、そこにさらにとろみ剤を加えるとダマになってしまいます。 食べるときに、とろみの状態をよく確認することが大切です。 また、適切な量を守るためにも、「スプーン一杯」がすり切りかどうかにも配慮します。 入れすぎてしまうと、おもちのようにお口やのどにはりついてしまい、非常に危険です。 また、お食事のおいしさも落ちてしまい、とろみ剤を受け付けなくなってしまいます。 とろみを均一につける とろみ剤は、よくかき混ぜながら加えていきます。 入れてからかき混ぜる、のではなく、かき混ぜながら入れるようにしましょう。 万が一、ダマができてしまった場合にはその部分を取り除き、均一に仕上がった部分だけを召し上がるようにしてください。 ダマや粉が残った状態でお口に入れると、かたまりがのどに詰まる危険がありますので、やめましょう。 各商品の使用方法を確認する 現在、様々な種類のとろみ剤が登場しています。 その使用法は商品によって異なりますので、特に初めて使用する商品の場合は、使用方法をよく読み、正しく使いましょう。

次の