クロスター フリード。 SUVみたいなフリード「クロスター」誕生|ホンダ フリード、マイナーチェンジで新ラインナップ追加

先輩キャンパーも乗り換えを検討!? NEWフリード「クロスター」5つの魅力|365FREED|Honda

クロスター フリード

基本装備• キーレス• スマートキー• パワーステアリング• パワーウィンドウ• ETC• ETC2. エアコン• Wエアコン• 盗難防止装置• ダウンヒルアシストコントロール• ドライブレコーダー• センターデフロック• 電動格納ミラー• アイドリングストップ• 電動リアゲート• クリーンディーゼル 内装• 革シート• ウォークスルー• パワーシート• オットマン• ベンチシート• シートヒーター• フルフラットシート• シートエアコン• 3列シート• ハーフレザーシート• チップアップシート• 電動格納サードシート 外装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• フルエアロ• アルミホイール• リフトアップ• ローダウン• サンルーフ• ランフラットタイヤ• ルーフレール• エアサスペンション• ヘッドライトウォッシャー 安全装置• 運転席エアバッグ• 助手席エアバッグ• サイドエアバッグ• ABS• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• クリアランスソナー• オートマチックハイビーム• オートライト• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• フロントカメラ• バックカメラ• サイドカメラ• 全周囲カメラ カーナビ• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• メモリーナビ• ポータブルナビ• SDナビ TV• TV フルセグ• TV ワンセグ• 後席モニター オーディオ• ミュージックプレイヤー接続可• ミュージックサーバー• カセット 動画プレイヤー• ブルーレイ再生• DVD再生 AV機器• Bluetooth接続• USB入力端子• 100V電源 自動運転• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• レーンアシスト• 自動駐車システム• パークアシスト 過給器• ターボチャージャー• スーパーチャージャー 国内•

次の

先輩キャンパーも乗り換えを検討!? NEWフリード「クロスター」5つの魅力|365FREED|Honda

クロスター フリード

基本装備• キーレス• スマートキー• パワーステアリング• パワーウィンドウ• ETC• ETC2. エアコン• Wエアコン• 盗難防止装置• ダウンヒルアシストコントロール• ドライブレコーダー• センターデフロック• 電動格納ミラー• アイドリングストップ• 電動リアゲート• クリーンディーゼル 内装• 革シート• ウォークスルー• パワーシート• オットマン• ベンチシート• シートヒーター• フルフラットシート• シートエアコン• 3列シート• ハーフレザーシート• チップアップシート• 電動格納サードシート 外装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• フルエアロ• アルミホイール• リフトアップ• ローダウン• サンルーフ• ランフラットタイヤ• ルーフレール• エアサスペンション• ヘッドライトウォッシャー 安全装置• 運転席エアバッグ• 助手席エアバッグ• サイドエアバッグ• ABS• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• クリアランスソナー• オートマチックハイビーム• オートライト• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• フロントカメラ• バックカメラ• サイドカメラ• 全周囲カメラ カーナビ• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• メモリーナビ• ポータブルナビ• SDナビ TV• TV フルセグ• TV ワンセグ• 後席モニター オーディオ• ミュージックプレイヤー接続可• ミュージックサーバー• カセット 動画プレイヤー• ブルーレイ再生• DVD再生 AV機器• Bluetooth接続• USB入力端子• 100V電源 自動運転• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• レーンアシスト• 自動駐車システム• パークアシスト 過給器• ターボチャージャー• スーパーチャージャー 国内•

次の

先輩キャンパーも乗り換えを検討!? NEWフリード「クロスター」5つの魅力|365FREED|Honda

クロスター フリード

愛車を売る際は多くの買取業者を比較しないと50万円も損します!! 必ず多くの買取業者で買取価格を比較しましょう。 車販売店やディーラーで 30万円と査定された車が 買取専門業者では80万円と査定された!なんてことも少なくないのです! あなたの大切に乗ってきた車の買取価格を複数の買取業者が勝手に値段を釣り上げてくれて、査定の一番高い値段で大切な車を売ることができるのです。 一社の見積もりでけでは確実に最安値の価格を提示されて、比較もできません。 まずは多くの買取業者で査定しないと大きく損をしてしまいます 査定はもちろん 無料で1分程度であなたの 愛車の最高額が分かります! インチフリードに限らず、現在は車購入時にカーナビをつける方がほとんどです。 社外ナビを付ける方もいますが、現在はディーラーナビも一時期に比べ高機能で安く購入できるようになってきており、ホンダには「インターナビ」対応式も多く存在します。 今回はフリードのナビについて記載していきます。 honda. メーカーオプションのナビは 7インチモニターに静電式タッチパネルを採用したタイプになります。 このナビは工場での製造過程で装着するナビのため、インパネにフィットしてすっきりとしたデザインになっているのが特徴です。 しかし、この純正ナビはETC2. 0に対応しておらず、少し使いにくいのが難点です。 というのも、タッチパネルの反応が悪かったり、ナビの案内がいまいちなどの指摘が多く上がっています。 なので、現在は営業マンも見積もりを作る際、ディーラーオプションの Gathersナビを進めることが多くなっています。 また、オーディオ関係や最新の機能を使いたい場合もディーラーオプションのGathersナビから選ぶことになります。 Gathersナビは予算に応じた以下のタイプが用意されています。 ・9インチ プレミアム インターナビ ¥231,000 ・スタンダード インターナビ ¥140,800 ・エントリー インターナビ ¥107,800 現在はフリードに限らず、 ディーラーオプションナビの装着率がかなり高いようで、フリードの場合は7インチのスタンダードインターナビが人気となっているようです。 因みに一クラス上のステップワゴンやオデッセイは大画面タイプのプレミアムインターナビの装着率が高いようですが、フリードの場合は安く買いたいという方も多いようで、中間のナビを装着する方が多いようです。 honda. これは結論から言うと日差しの強い日になってしまうと 反射して見にくいという意見がほとんどであり、ナビ自体が斜めについていること、あるいはフロントガラスの開口部が大きいということが原因となっているようです。 因みにこれはホンダの他の車種でもたまに指摘される部分のようです。 また、フリードのナビは すべてタッチパネル式のため、指紋やほこりが多い場合も見にくくなるようです。 そのような時はカーショップなどで販売されている 日よけバイザーなどを装備して対策しましょう。 しかし、この指摘は全てのフリードユーザーが言っているわけではないので、その辺りは試乗車などで事前に確認しておくといいかもしれません。 honda. どうしてもインパネとのフィット感を求める方はメーカーオプションナビになりますが、このナビは前途の通り使いにくい部分が多々あり、オーディオ機能もあまりいいとは言えません。 また、このナビはタッチパネルを売りにしている割には、 フリックの際の反応が悪かったりするようで、ボタンもなく使い勝手が良くありません。 もちろんマイナーチェンジで少し機能はよくなっている印象はありますが、現代の最新ナビからするとまだまだ怠ります。 その点Gathersナビはオーディオ機能もアップし、 ETC2. 0の装着可能になるなど最新の機能が大幅にアップします。 特に 9インチプレミアムインターナビになると、 専用のサウンドシステムに対応しており、9インチと画面が大きいためDVDなどの映像を見るのにも適しています。 機能的にもメーカーオプションナビには設定のないC D録音機能や地図無償更新、後席会話サポート機能など便利な機能が盛りだくさんです。 少し高価な感覚がある方も多いと思いますが、実は メーカーオプションのナビほぼ同じ金額となっており、むしろ機能を考えるとかなりお得感があると思います。 しかし、ナビ画面で映像関係をほとんど観ないという方は、ここまで大きな画面はあまり必要ないかもしれませんよね。 そんな時は1つ下のクラスになる 「スタンダードインターナビ」がおすすめになります。 スタンダードインターナビは画面が7インチになり、専用音響スピーカーの設定もありませんが、 CD録音機能等基本的な部分ではプレミアムインターナビとほぼ同様の機能を持っています。 そして、プレミアムインターナビにもついている地図の無償更新サービスも付帯しており、最新の地図データに更新するのも簡単にできます。 この地図更新に関しては 1年に1回、車検までの期間の3回まで無償で行えるため、最新の地図情報を早めに入れることが出来るので、ナビの使用率が高い方には大変便利な機能になります それでいてお値段も 14万とプレミアムインターナビよりも9万も安く装着できるため、内容を考えればかなりお得なナビと言えます。 映像関係もあまり観ないし、オーディオもCDとラジオが聴ければ基本的に良い、もしくはipod等を繋げられれば良いという方は最も安価な エントリーインターナビがおすすめとなります。 しかし、このナビのみ 地図データの無料更新とワンセグチューナーがつかないのでその辺りは注意しましょう。 最終結論からすると、フリードのお勧めのナビはちょうど中間に位置するスタンダードインターナビと言えるでしょう。 ちなみにファミリーユースで使うのには子供が大変喜ぶ装備である、リアモニターに関してはプレミアムインターナビのみ対応可能になるので、それも一緒につけたいという方はそちらを選ぶようにしましょう。 リアモニターに関しては 9インチと11. 5インチの2タイプが用意されていますが、フリードに限らずステップワゴンやオデッセイに関しても大きな画面の11. 5インチタイプが人気のようです。 因みにETC2. 0や装着率が高まっている ナビ連動式ドライブレコーダーに関してはすべてのモデルで装着可能になっています。 また、リアカメラを使用した運転支援システムである 「リアカメラdeあんしんプラス2」や、フロントの死角を映す 「フロントカメラシステム」に関してもすべてのモデルで装着可能になっています。 この辺りは自分の好みや予算と相談しながら装着していただければと思います。 なお、ディーラーオプションのナビを装着する場合はメーカーオプションで ナビ装着用スペシャルパッケージも一緒に装着しておきましょう。 この装備はクロスターには標準装備されていますが、ガソリンモデルのGホンダセンシングには 装備されていないのでオプションで装着することになります。 この装備は社外品のナビにも対応する機種が一部あるようですが、基本的にはディーラーオプションのナビに対応したものになります。 社外品ナビを装着する場合はステアリングスイッチなどがちゃんと対応しているかをちゃんと確認してから、装着するようにしましょう。

次の