あおり運転 被害届。 埼玉県越谷市で軽自動車がガスガン乱射しながらあおり運転!前科ありで捜査中も警察は口頭注意か

被害届を提出した後について教えてくださいお世話になります。あおり運転で被...

あおり運転 被害届

あおり運転とは? あおり運転(煽り運転)とは、 他車のすぐ後ろに付いて車間距離を極端に詰める行為や、他車からの割り込みや追い越しなどに腹を立てて過激な報復行動を取ることを指します。 例として、以下の行為はあおり運転に該当します。 前方車両に対して、衝突するような距離まで車間を詰め、道を譲るよう強要する• 前方車両を猛スピードで追い回す• ハイビームやパッシング、クラクション、幅寄せなどの行為で他車を威嚇する• 相手の車の進行を妨害し停止させ、脅迫や暴行を加える 以上のような行為のほか、慰謝料などの賠償金を狙って故意に事故を起こす「当たり屋」も煽り運転と一括りにされています。 ドライバーが軽率にこのような行動を取ったことにより、煽られた車が事故に遭うことはもちろん、第三者が巻き込まれ二次災害が引き起こされるケースも見られています。 東名高速でのあおり運転による死亡事故で有名に 「あおり運転」という言葉が広く知られるようになったのは、2017年6月に東名高速で発生した死亡事故です。 激昂したドライバーがあおり運転を行い、前方車両を追い越し車線に停車させたことで、後ろから来たトラックとの追突事故が発生。 男女2人が死亡し、加害者を含め4人が重軽傷を負いました。 ドライバーの故意による危険運転が原因で死亡者が出たことは、「あおり運転」という言葉が普及する大きなきっかけとなったのです。 あおり運転の罰則は?通報・逮捕でどんな罪になる? 道路交通法違反で罰金や減点の対象に あおり運転でよく見られる、前車との車間距離を必要以上に詰める行為は、「車間距離不保持」という道路交通法違反に該当します。 違反した場合、以下の罰則が科せられます。 高速道路での違車間距離不保持の罰則例• 3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金• 1万円、1万5千円、2万円の反則金• 違反点数2点 また、急な割り込みや危険な急ブレーキ、幅寄せなど、後続車両の進行を妨害する恐れがある行為は、「進路変更禁止違反」「急ブレーキ禁止違反」「安全運転義務違反」などの違反に該当します。 暴行罪、危険運転致死傷罪など重い罪になる可能性も 危険な運転のほか、 他車のドライバーを恫喝したり、車から引きずり出して暴行を加えたりした場合、刑法の「強要罪」「暴行罪」などに該当する可能性があります。 さらに、 あおり運転が原因となり相手を死傷させてしまった場合、「自動車の危険な運転によって人を死傷させた」と判断されれば「危険運転致死傷罪」が適応され、最長20年以下の懲役(場合により最長30年以下にも)となる可能性があります。 あおり運転で一発免停&「あおり運転罪」新設も あおり運転で事故を起こしていなくても、暴行や脅迫などの事実が認められた場合、交通違反による減点(点数の累積)がなくても免許停止処分となる可能性があります。 実際に警視庁は2018年1月、あおり運転に伴い暴行、障害、脅迫、器物損壊などの悪質な行為があった場合は、30日~180日の免停処分とするよう、全国の警察に指示しました。 また、警察庁は2019年12月に「 あおり運転罪」の創設と罰則の強化を進める方針を明らかにしました。 2020年の通常国会では、これらの内容を盛り込んだ道路交通法の改正案が提出される可能性が高まっています。 あおり運転にあわないための対策 チューリッヒ保険会社が行ったドライバーへの実態調査により、あおり運転をされた経験がある人の割合は70%以上であることがわかりました。 「相手が煽りたくなるような運転をしない」ことで、あおり運転の被害にあう危険を少なくすることも大切です。 十分な車間距離をとり、急な進路変更や急ブレーキをしない 前の車とは十分な車間距離をとり、ゆとりのある運転を心がけましょう。 急加速・急発進、急ブレーキ、割り込みと捉えられるような急な進路変更は、自分にその気がなくても「余裕のない運転」「あおっているような運転」と捉えられることもあります。 追越車線を使って前の車を追い抜いたらすぐ左車線に戻る 片側2車線以上の道路においては、一番右側の車線は「追い越し車線(車両通行帯)」です。 この車線を渋滞させてしまう速度で走ってしまったために、後続車にあおられたという経験を持つ方も多いようです。 そもそも、 道交法では追越車線を走り続けるのは「通行帯違反」になります。 追越車線を使って前の車を追い抜いたら、すぐ元の車線に戻りましょう。 おすすめのあおり運転対策グッズ あおり運転対策グッズとして人気があるのはドライブレコーダーです。 ドラレコ車載を後続車に伝えたい場合は、カーステッカーと合わせて使うと安心です。 ドライブレコーダー あおり運転を通報する場合、相手が危険な運転をしている映像が証拠となります。 カーステッカー 先述の通り、「わたしの車はドライブレコーダーであなたを録画することができますよ」と後続車に伝えることで、あおり運転を防ぎたい場合は、 ドライブレコーダー録画中ステッカーとの併用がおすすめです。 また、子供が乗っていることをステッカーで後続車に知らせて安全運転を促すこともできます。 あおり運転の動画まとめ!返り討ち動画も あおり運転の現場を捉えた動画 あおり運転にあったらどうする?通報時の注意点 あおり運転にあったときの対処法 後続車が極端に車間を詰めたり、ハイビームやパッシングをしてきて「あおられている」と感じた場合は、 相手を刺激せず、可能であれば道を譲りましょう。 道を譲ってもしつこく煽ってくる場合は、 徹底的に無視します。 しかし、相手が悪質でトラブルになった場合は、以下のことを守りましょう。 悪質で危険と判断したら、十分な距離を取る• あおってきた相手への仕返し行為は絶対しない• 停車して安全を確保したい、通報したい場合は、サービスエリアやガソリンスタンドなど、人がいる場所に停車する(高速道路上では絶対に停車しない!)• 相手が車を降車し、文句を言いに来ることもあるので、ドアはしっかりロック• 相手に脅されたり、挑発されたりしても決して外に出ない あおり運転を通報するときの注意点 悪質なあおり運転にあい、 後日警察に通報する場合、ドライブレコーダーの映像は必須です。 さらに、実際のトラブルの状況、相手のナンバーや車種、進行方向などを伝える必要があります。 また、あおり運転の全国的な増加を受け、地元警察が情報提供サイトを設置する例も出てきています。 今後は、このようなあおり運転の情報提供を受け付ける県警の体制が普及していく可能性もありますので、うまく活用していきましょう。

次の

埼玉県越谷市で軽自動車がガスガン乱射しながらあおり運転!前科ありで捜査中も警察は口頭注意か

あおり運転 被害届

妻が幼稚園送迎中の話です。 2車線道路の左側走行中に前の車が急減速したので、慌てて右に車線変更した際、後ろの車も急減速したみたいです。 その後、クラクションを鳴らしながら追いかけてきて右に左に煽りながら約2Km追いかけて来ました。 赤信号で止まった時には車から降りて怒鳴りに来られ、その後も追いかけられて家内も身の危険を感じ怖くなり警察へ通報したとの事です。 その後、双方停車して警官の方が来られ事情聴取が行われ、当初、相手は「警察まで呼ぶとは思ってなかった。 」と言ってた様です。 (警官の方も聞いたと言っていました。 ) 結局後ろの車がこちらの車線変更した時に避けてポールにぶつかって傷が出来たと言い、物損事故として処理されました。 しかし傷といっても、その車には無数に傷があり特定困難で、警官の方が後でこれだけなと写真も家内が撮り特定したようです。 その後、相手方は手が痛いと言いだし、手の治療の保険を出してくれないなら人身被害届を出すと言われました。 妻も急に車線変更したのは認めています。 こちらとしては、妻も煽り運転で恐怖も感じ、子供も怖い思いをして、危険を感じて警察に連絡したのにこちらだけ加害者として扱われるのは納得できません。 実際、妻も怖い思いをして、その後も相手からの電話に怯え、気落ちして元気がありません。 子供もこの話をすると泣き出し怖がり嫌がる状態です。 妻は病院に通院し、鬱病の診断書もあります。 こういった場合、こちらも煽り運転からの被害届を出せ、相手を訴える事は可能でしょうか? 煽り運転も危険運転として罪になると聞きました。 参考までに、 ・走行中の録画などはございません。 ・警察に確認したところ、最初は煽り運転として通報を受けたと言っていました。 しかし現場の警官の判断で物損事故として処理されているいると言われました。 なかなか稀なケースかと思いますが、何かアドバイス、ご教授して頂けれありがたいです。 よろしくお願いい致します。 理不尽な相手方の要求に対しては毅然とした態度で臨みましょう。 相手方は被った損害をポールにぶつかったことによるものであることを立証する必要があります。 その車には無数に傷があったということですから,ポールの衝突でできた傷であることの立証は難しいと思います。 相手方の手の痛い原因が何であるか,それが急減速したために生じたものでであったことをも立証する必要があります。 あおり運転については録画などなくとも,奥様の具体的な陳述で立証可能とも思われます。 あおり運転でうつ病になるなどの精神的損害を被ったとして慰謝料を請求すべきと思います。 毅然とした態度で臨むべきです。 頑張ってください。 2015年01月15日 16時19分 交通事故の被害は、ケガや死亡など「人」に生じる被害と、車が破損するなど「物」に生じる被害との大きく2つに分けられます。 この記事では、「物」だけ... チェックリスト 解決の流れとすべきことを知りたい方へ 解決までの全記事 必要な情報を詳しく知りたい方へ この相談に近い法律相談• 4日前、自転車同士がぶつかりそうになり、相手が転倒しました。 自転車が衝突した衝撃も無く、あぶなかったなぐらいの感覚でしたが、相手方の自転車が転倒する音が聞こえたため、助け起こそうと救助に戻りました。 すると「あんたのせいで大変な事になった」と一方的にまくし立てられ、警察を呼ぶ、救急車を呼ぶと大騒ぎになりました。 自転車事故の現場から自転車が盗難などで無くなってしまった場合、事故扱いにならないのでしょうか? 昨日、高校生の子どもが自転車で青信号の横断歩道を渡っている際に、左折してきた乗用車とぶつかりました。 転倒は防げましたが、ぶつかった瞬間は首が残る体勢(いわゆるムチ打ち状態)。 また、自転車のハンドルが脇腹に食い込みか... 初めて投稿します。 一週間位の朝こちらが車で自転車と接触事後をおこしてしまいました。 自転車の方はおそらく学生さんだと思います。 一方通行を走行中、細い脇道から急に自転車が飛びだして来て、自転車が自分の車のフロントバンパーと接触したあと転倒されました。 「すみませんでした。 大丈夫ですか 怪我ないですか 救急車呼... 初めまして。 早速ですけど、質問です。 状況;停車している車に乗ろうとしている運転手(乗ってない)を私が運転している車の左ミラーでぶつけて、正直、事故が初めてでわからなくなってしまい、停車できず300メートル?ほど進み、後ろから被害者が運転して追っかけてきて、車から降りました。 (これはすべて録画されています)それか... どうしようもない私であることを自認して記します。 私が所有する自転車で外出(飲酒目的)し、泥酔してしまい、私の記憶がない状態で帰宅時に私が運転していた自転車がタクシーと接触事故(タクシーのドライブレコーダーでは私からぶつかったとのこと)を起こしてしまいました。 私自身、事故時に状況を把握できる状況になりました...

次の

動かぬ証拠「ドラレコ」が警察に与えたプレッシャー あおり運転“別格捜査”の裏側

あおり運転 被害届

さあ教えてやれ!けたろー!・・・とたまに応援してみるポコだっポ! 今回は、 「あおり運転をされて喧嘩を売られた。 どうしたらいいの!?」というお話をさせていただきます! この記事にたどり着いてしまったということは、もしかしてあおり運転の被害に遭ってしまいましたか!? お体は大丈夫ですか!?お怪我はありませんか!? あおり運転で何かしらの被害を受けてしまったのならば、この記事を読むよりも前に、まず警察に通報してください! 大丈夫であれば、これはあなたの参考になる記事だと自負していますから、どうか読んでいってくださいね! まずは、あおり運転がどれだけ危険な運転行為であるか知ってもらうために、 あおり運転により引き起こされた大事件を二つばかりご紹介します。 平成30年(2018年)7月、大阪府堺市南区で発生した、被告・中村精寛(なかむらあきひろ)によるあおり運転の死亡事故、覚えていますか? 中村被告が乗用車を運転中、オートバイに追い抜かれたことに憤慨して追跡。 最終的には時速96-97㎞という高速度でバイクに追突し転倒させ、バイクの運転手を死亡させてしまうという信じがたい事件でした。 この事件で、大阪地裁堺支部は「殺人罪」を適用し、懲役16年(求刑・懲役18年)を言い渡しました。 あおり運転の末、最悪の結果に陥った痛ましすぎる事件と言えます。 この事件の他にも、 平成29年(2017年)6月、神奈川県を走る東名高速道路で発生した、被告・石橋和歩(いしばしかずほ)によるあおり運転の交通死亡事故も知っていますか? 平成30年12月14日、横浜地裁は交通死亡事故に至った原因が石橋被告のあおり運転にあることを認定、危険運転致死傷罪が成立するとして、石橋被告に懲役18年(求刑23年)の判決を下しました。 石橋被告側が控訴していますので、今後の事件の動向にも注視しなければなりません。 ただ、この事件に関しても、元警察官であるわたしから言わせれば「危険運転致死傷罪」なんて甘い! 中村被告と同様に殺人罪を適用すべきなんじゃなかったのかな・・・と勝手に思っています。 思い返してみるとこの事故、本当に痛ましすぎる事故でしたね。 「あおり運転」の危険性を世に広めた事件とも言えます。 高速道路で無理やり停車させられて喧嘩を売られ、その間に後ろからトラックに突っ込まれて亡くなってしまうなんて・・・。 遺族の怒りや悲しみは想像を絶するものがあります。 もし、あなたがあおり運転を受け、そんな危険な事態に陥ってしまった場合にどのような対処法を取ればいいのかご存知ですか? 今回はそんな疑問にお答えすべく、元POLICEMANのけたろーがあおり運転を受けた時の対処法を徹底的に教えます! この記事はこんなお話• あおり運転って、なに? あおり運転とは、道路を走っている車(バイクや自転車も)に対して、車両を使って何らかの目的で車間距離を思いっきり詰めたり、幅寄せをしたり、パッシングを繰り返したり、クラクションを鳴らしまくったり、そんな危ない方法を使ってあおる行為をし、それによって危険を生じさせる行為全般を言います。 Wikipediaでは、こんな風に書いてます。 あおり運転(あおりうんてん)は、道路を走行する自動車、自動二輪、自転車に対し、周囲の運転者が何らかの原因や目的で運転中に煽ることによって、道路における交通の危険を生じさせる行為のことである。 わたしが以前書いたこの記事にも、わたしが受けたあおり運転のことが書いてありますので、参考にしてください。 あおり運転をされてしまった時、どうすればいいの? 元警察官の目から見て申し上げます。 継続してあおり運転を受けている場合、 その車から逃れるためにスピードを上げたりして逃げる行為は非常に危険です。 相手はきっと、その逃げる行為に対してさらに激高し、もっと追いかけてくることでしょう。 よくテレビで言っている、「・・・〇キロメートル追いかけて止めた末、暴行を加え・・・」というのはそういうことです。 あなたもあおり運転を受けていますので、非常に動揺しています。 手なんかガクガクぶるぶる震え、体は固まってどうしたらいいか分からなくなってしまう可能性があります。 そんな状態で車の運転を継続するのは、大事故に発展する可能性があり危険すぎます。 ドキドキしながら運転する行為はとっても危ないんだっポよ! 周りを確認する余裕すらなくなるから、思いもよらない事故の原因になるんだっポ。 相手は後ろにいるのが一般的でしょうから、ポンピングブレーキを使って徐々に減速するのが効果的です。 間違っても車道の真ん中で停車しないようにしてください!後続車に追突される原因となります。 自分が停車したところ、相手がそのまま走り去ったらそれで良しとしてください。 警察に情報提供するくらいはありだと思いますが、 逆に追いかけて行くことだけはしないでください。 あなたが加害者側になってしまいますから。 この時、もし相手が下りてきてあなたに対しギャーギャー文句を言っているようなら、 「緊急走行で来てください!相手が私に大声で叫んでます!身の危険を感じます」とはっきりと緊急性を伝えてください。 そうすれば、 最寄りのパトカーがサイレンを鳴らして数分で飛んできます。 そして 相手とは絶対に話をしないでください。 たとえ車をけ飛ばされても、車体に傷を付けられても話をしないでください。 今のご時世、その言葉一つで冗談抜きで刺される可能性があります。 自分の車を盾にして、まず自分の身を守ってください。 あおり運転をしてくる奴というのは、自分の感情をコントロールできない性格を有している人間がほとんどです。 そんな輩に生身で対峙してはなりません。 警察官は、必ずあなたと相手を引き離して、別々に話を聞いてくれます。 あなたがあおり運転が原因でケガをしたりしてしまった場合は、暴行罪よりはるかに思い「危険運転致死傷罪」に問われる可能性も十分にあります。 警察官から「暴行罪で相手を処罰したいので協力してほしい」と言われたときは、どうか警察に協力してあげてください。 その時は、被害届や供述調書などの作成を警察署で行うと思いますので、都合をつけて警察署に行くことになります。 そうすれば、この悪質ドライバーは「暴行罪」で警察に検挙されます。 さらに、「危険な運転をする性格を保有している者」つまり「危険性帯有者」として、免許証の点数如何にかかわらず、一発で免許停止の処分を受けることになります。 あおり運転についても然るべき処分が下ります。 現行犯逮捕は警察官でなくてもできますが、危険なので警察官にしてもらってください。 こうなったら、 絶対に相手を許せませんので、法的手続きによって徹底的に処罰してもらってください。 壊れた車の修理費用なども、当然相手に請求することができます。 自分の知り合いに弁護士がいる場合は、すぐ連絡して相談してください。 相手より先に帰らないと、相手に再度待ち伏せされる可能性があります。 そして数日間、その時間帯はその道を通らないようにしてください。 高速道路上であおり運転をされ停止させられた(停止させられそうになった)場合の対処法 高速道路であおり運転をされ、幅寄せをされて停車せざるを得ないなどの危険極まりない事態に陥ってしまった時は、 運転しながらで結構なのでスマホから即座に110番しましょう! 耳元に充てての通話が不可能ならば、110番に掛け、繋がった状態で膝の上にでも置いて、「自分はどこにいるのか」「何をされているのか」「早く来て」を繰り返し大声で話し続けるのも手です。 もちろん、運転中の携帯電話等の使用は本来は違反ですが、今はそんなことを言っていられません。 追突されれば大事故に発展し、最悪命を落としてしまうかもしれない緊急事態です。 このような「緊急事態」という然るべき事情があっての違反であれば、警察は絶対にそれを咎めることはしません。 結論はたった一つです。 あおり運転をされたら、自分の車を止めてすぐに警察に通報してください! 自分で対処しようとすれば、当然喧嘩に発展してしまいます。 そして、 万が一相手が車から降りてきて「降りてこい」などと暴言を吐かれたり、車体をガシガシ叩かれたりと危険な事態になった時は、相手が完全にあなたに対して危害を加える気ですから、絶対に車外に出て相手と対峙することはしないでください。 自分の車を守るより、自分の身を守ることを最優先に考えてください。 それに、あおり運転するような輩は必ずウソを付いて逃げようとしますしね。 下記にご紹介するドライブレコーダーは、実際にわたしが使用しているものです。

次の