アクサダイレクト 申し込み。 アクサダイレクトの定期保険2【アクサダイレクト生命】の評判とシュミレーション

アクサダイレクトの定期保険2【アクサダイレクト生命】の評判とシュミレーション

アクサダイレクト 申し込み

CONTENTS• アクサダイレクト バイク保険の良い口コミ・悪い口コミ Q. アクサダイレクトのバイク保険って良くないのですか?? クチコミはかなり悪いものばかりですね・・・・ 個人的には 自損でも「え~~!いいんですか?」くらいの補償をしてくれて、対物事故においてもよくしてくれましたが・・・ Q. 交通事故後のアクサダイレクトの対応について。 身内が原付で直進中、相手が車でこちらに気づかず右折して接触事故がおこりました。 身内は怪我をして入院バイクも新車を購入する方が安くなるくらい破損しました。 はじめは相手の対応も良かったのですが、バイクの保険が5万ちょっとしか出なくてそれではバイクを直すのも買うのもできなくて、相手方に少し金額をお手伝いしてほしいとお願いをしたところ口頭で『もちろんです』との話だったので物損の示談書にサインをしました。 (身体の示談書はまだです。 この時点で少し甘かったのですが) それでバイクの大まかな金額を伝えようと相手に電話したところコロッと態度を変えてお金は出せないとのことに。 最後には泣かれた上に取り立てとまで言われてしまいました。 (終始冷静にはなしていましたが相手のほうが感情的になってました) 翌日相手方の保険会社アクサダイレクトにバイクを乗れるようになるだけの金額を少しでも助けてほしいと連絡をすると、『もう相手方には一切連絡するな、これ以上要求するならその時点で弁護士を立てて戦いが始まります。 こちらはプロですので絶対勝ちます』などもうこれ以上何もするな的なことを永遠といわれ 誠意のなさに憤慨し、悲しくなりました。 バイクの任意保険はどこに入っていますか?現在アクサなのですが 自転車に乗っていたところ車にぶつけられてしまい、左足にケガを負ってしまいました。 ぶつけた車の保険会社がアクサダイレクトだったのですが、本当に最悪だった。 私が女なのでナメているのでしょうか、口の利き方を知らないうえに事故の原因が私にあるような言い方をしたり、連絡が遅かったりと普通では考えられないような対応でした。 我慢できずに加害者にその対応について教えてあげたところ、その人は恐縮してすごく誠実な対応をしてくれたので、少し気分が落ち着いたんです。 ところが、示談の内容については納得できないものだったので、もうこんな連中と関わりたくないという思いだけが強く残り、泣き寝入りといった経験をしました・・・ Q. 事務的な対応ばかりで、安さに安心は含まれていませんでした。 事故を起こしてしまいましたが、事務的な対応ばかりでこちらが連絡しなければハガキでの報告のみです。 提携の修理工場も保険担当者も「報告を受けていない」とか、違った報告になっていたりと、どの時点においても不信感を抱かざるを得ませんでした。 こんなことであれば、 普段メンテナンスをお願いしている近所のガソリンスタンドに出したほうがよっぽどマシでした。 車のことをよくわからない女性は、特にオススメできないですね。 事故を起こしたのは自分の責任でもありますが、事故後に一番頼りたい保険屋さんがこの対応ですので、通販型はもうやめます。 アクサダイレクトの安さに安心は含まれていませんでした。 自動車保険がアクサダイレクトだったので、バイクも同じにしたケースでは? 車の保険をかけているのが、アクサダイレクトで、結構いいと思ったので、バイクも車と同じところにしました。 やっぱり、使い慣れてる保険会社の方がいい。 車の保険をすでにかけていたので、担当者も、自分のことをお得意さんとして扱ってくれた。 他社よりは安いと思うが、補償内容とか、大差ないと思う。 親切な対応が交換が持てますが、実際事故を起こしたことがないので、事故を起こした時、どんな対応をされるか気になる。 国産保険会社から外資のアクサダイレクトに乗り換えたんだけど? 私も安さで国産保険会社から外資のアクサダイレクトに乗り換えたんだけど普通の保険会社と思ったら大間違いで安かろう悪かろうの典型客を見下してるし、今まで色々な会社利用して来てアクサが最悪。 とにかくいつもたらい回してまともに受け付けられなかったよあり得ない。 意図的に誤魔化して諦めさせるのが手口の様だ。 俺はやり取りをキッチリ録音して証拠保全してある。 そもそも保険料はクレカで支払ったのに、なかなか証券(送付希望) も何も届かないから心配になって電話したら、たらい回しされてやっと対応したオバちゃんは笑いながら保険証券は送ったが郵便が戻って来ただの住民票はどこにあるだの支離滅裂こっちは諸事情で郵便は転送届け出してあり、親の介護等で留守が多いので実家の方に転送してるんだがアクサダイレクトは保険証券を含めて送付郵便は全て転送不可を表記して送るんだと、散々送ってきたダイレクトメールには転送不可を付けていないのにだよ。 で、さっさと保険証券を普通に送る様に求めたら、やれ今はどこに住んでるのだの、住民票がどこか教えろと同じ繰り返しで、らちがあかず結局、上司に確認する言い出し延々と保留にして待たされた。 コールセンター社員からの評価は? コールセンターにいました。 給料安くかったですが、働きやすい職場でしたよ。 でも、 引受け基準が他より厳しい気がします。 トークが苦しい時もありました。 今考えると 自己防衛のためなのでしょうか? フランス人の考えることはいまいちわからないです。 アクサダイレクトの手続きトラブル情報 Q. 車検書のコピーを郵送遅れで契約ができない? 先日、アクサダイレクトに申し込みました。 ネットで申し込み、その場でクレカで支払って安心しきっちゃいました。 実はその後、郵便が来てたらしく 今日きずきました その内容は、 期限内までに車検書のコピーを郵送しなきゃ保険は適用されない。 とのこと。 実際、その期限内を10日間過ぎてました。 ・・自分18歳で、親のクレカで金借りて、一括12万も払ったのに、万が一本当に適用されないのなら号泣しちゃいます。 生命保険を解約する際にも、一筋縄では手続が進みません アクサダイレクトの生命保険を解約する際にも、 一筋縄では手続が進みませんので、相当の覚悟が必要です。 解約したくても時間がかかってしまうという例が多いという、現実もあります。 コールセンターへ電話しても、営業担当者に一度ご連絡くださいといわれて、そのままつき返されました。 このようなことが続くと、ストレスがたまり、解約そのものの手続きがいやになります。 いつになってもなかなか本気にしてとりあってくれませんので、 しびれを切らして、いつになったら解約させてくれるのかと営業担当者へ電話すると、 今検討しているからということですが、なかなかその後の連絡が来ないためいい加減にしてくれというような展開になります。 担当者はその後、詳しい話を聞きたいといって、何度か話をしましたが、どうして解約するのかとか、 今は解約しない方が良いとか、保険の見直しを迫ったり、とても付き合うのが大変です。 対応が悪い評判が多いです 利用していませんが、口コミや評判を検索してみました。 やばいぐらい対応が悪いみたいです。 示談成立してもお金を振り込んでこない、口の悪さ、対応の遅さ、素人のような対応など、大丈夫なんでしょうか。 やはりダイレクト系はどこも同じ?悪い中から選ぶしかない? その他の評判・口コミ Q. ファミリーバイク特約(原付特約)の条件変更で三井ダイレクトがアクサダイレクトより安くなりますよ。 実は、 三井ダイレクトのいいところは、原付特約(ファミリーバイク特約)の条件を主契約である四輪自動車補償とは違うものにできるのです。 アクサダイレクトは今のことろ主契約と同じ条件になってしまいます。 アクサダイレクトのファミリーバイク特約のプラン選択画面ですが、リスク細分化されておらず、「人身傷害」が含まれています。 三井ダイレクトの原付特約の細分化設定で、「自損障害タイプ」と「人身傷害タイプ」を選択できるようになっています。 三井ダイレクトの、原付特約を、賠償自損障害に賠償人身傷害タイプを付けるのと付けないのでは、8000円以上も違います(2人乗りを場合、死亡率が高いからか?原付なら2人乗りはしないよ!)その場合年額17,380円となりアクサダイレクトより、年間3500円安くなります。 チューリッヒ加入者の声 現在加入しているのは先程も紹介したとおり、チューリッヒです。 会費は年間なんと驚きの17650円。 安いです。 (26歳以上です) 保証内容はこのとおりです、ご参考までに!• 保険の種類: スーパー二輪自動車保険• 車種: ヤマハ SR400改• 保証内容: 対人無制限、 対物補償2000万円• 搭乗者障害保険: 300万円• 車両保険: なし• ノンフリート等級: 14• 事故有係数適用期間: 0年• 自損事故障害補償特約: 1500万円• 無保険車生涯保証特約: 2億円• 携行品保証特約: 5万円 このようになっています。 今この記事を書きながら見直してみると、最近ではツーリングに行く機会も増えてきたため、改めて保証内容の見直しをしていかなければな、と思う次第です(申込後翌月に修正しました)。 アクサのバイク(原付)保険に満足している方の評判 アクサダイレクトのバイク 原付 保険は、 国内で初の「本格的なリスクの細分化」による保険です。 住んでいる地域や使用目的、免許証の色、年間走行距離(125cc以下は除く)など、各々のライダーの条件だとか、バイクの乗り方などを保険料に丁寧に反映しています。 そしてこのアクサダイレクトですが、国内初の通信販売によるバイク保険なんですよ。 コールセンターなどを利用して直接利用者と取り引きを行うことによって中間コストをなくしているんです。 そのために、お得な保険料にて提供することが可能となったわけですね。 また、車両保険の有無に関係なく、故障あるいは事故によって、自力での走行ができない際や、鍵の閉じ込みといった利用者のバイクにトラブルが発生するとします。 そんなときにも、365日・24時間、全国およそ3000ヵ所の拠点から利用者をしっかりサポートしてくれます。 さらに、契約1年目の方には、事故あるいは故障によるパンクやガス欠、鍵の閉じ込み、バッテリー上がりなどの突然のトラブルの際に、緊急の修理サービスを無料で提供しているんです。 契約2年目からは事故に遭ったり、故障したときのサービス内容拡充に加えて、自宅でのトラブルまでサポートしてくれるアシスタンスサービスを提供しています。

次の

アクサダイレクトの自動車保険は、満期を過ぎてしまった場合、ネット割引...

アクサダイレクト 申し込み

給付金の金額についても、がん入院給付金10,000円で契約した場合、がんの確定診断を受けた際の診断給付金はその100倍、つまり100万円というじゅうぶんな金額の一時金を受け取ることができます。 診断給付金は保険契約期間中1回限りの給付という制限はありますが、他のがん保険では診断給付金の対象外となるケースも少なくない上皮内新生物についてもきちんと保障対象となっており、入院給付金に関しては入院1日目から受け取ることができ、しかも入院日数には制限がありませんので安心感が高いです。 特約 抗がん剤治療特約 100,000円/月通算60回まで がん手術給付特約 終身型 100,000円/回 がん先進医療特約(技術料の実費 通算5,000,000円まで がん退院療養特約 終身型 100,000円/回 女性がん入院特約 入院給付金日額と同額/日 がん無事故給付特約 50,000円または100,000円/3年 がん診断後の保険料払込免除 なし アクサダイレクトのがん終身は、基本契約内容自体は非常にシンプルですが、その代わりに特約の種類が充実しており、自分好みのがん保険にカスタマイズしやすいというメリットがあります。 がんの3大治療法として挙げられるのが手術と放射線治療、そして抗がん剤ですが、がん手術給付特約で手術費と放射線治療費をカバーすることができ、抗がん剤治療特約で抗がん剤治療費をカバーすることができます。 さらに先進医療費を通算最大500万円までカバーしてくれるがん先進医療特約や、退院後の療養のための費用をカバーできるがん退院療養特約、女性特有のがんである乳がん、子宮頸がん、卵巣がんをより手厚くカバーできる女性がん入院特約などもあり、自分にとって必要と思える保障をムダなく選ぶことができるのが大きな強みです。 また、がん無事故給付特約をつければ、3年間がん保険の給付金支払いが生じなかった場合には50,000円または100,000円の祝金を受け取ることができます。 サポートサービス• セカンドオピニオン無料• 総合相談医によるセカンドオピニオン無料。 必要に応じて専門臨床医の紹介も• 医師や看護師などの相談無料。 育児相談・医療機関の案内も アクサダイレクトのがん終身加入者に対してのサポートサービスの中でも特に注目したいのが、各専門分野の総合相談医に相談できるセカンドオピニオンサービスです。 治療法の変更が必要と判断された場合は、その治療法に最適と思われる優秀な専門臨床医を紹介してもらうことができて、さらに紹介状の作成も無料でおこなってもらえます。 がん治療の手段が多様化している現在、より納得のいく治療を受けたいと考えている人にとっては非常に頼もしいサービスですね。 他にも、24時間365日対応で医師や看護師に健康相談ができるというサポートも受けられます。 健康トラブルに関する対処法のアドバイスだけでなく、育児相談や医療機関の案内などもしてくれますので安心感が高く、しかもこちらの相談サービスについては、保険加入者だけでなく同居の家族も利用できるという点が嬉しいポイントです。 年代別の保険料 25歳男性 1,420円 26歳男性 1,480円 27歳男性 1,530円 28歳男性 1,590円 29歳男性 1,650円 30歳男性 1,710円 31歳男性 1,780円 32歳男性 1,850円 33歳男性 1,930円 34歳男性 2,000円 35歳男性 2,080円 36歳男性 2,170円 37歳男性 2,260円 38歳男性 2,350円 39歳男性 2,450円 40歳男性 2,550円 41歳男性 2,660円 42歳男性 2,780円 43歳男性 2,900円 44歳男性 3,020円 45歳男性 3,150円 46歳男性 3,280円 47歳男性 3,420円 48歳男性 3,560円 49歳男性 3,710円 50歳男性 3860円 アクサダイレクトのがん終身はこんながん保険 シンプルでお手頃な保険 基本保障内容が入院給付金と診断給付金のみ、シンプルながん保険となっています。 保険料は割安なのに診断給付金は入院給付日額の100倍という、充実した一時金となっています。 初期でもどの段階のがんでも、またどの部位のがんでも、診断確定されたその日からしっかりカバーしてくれます。 悪性新生物だけでなく、上皮内新生物でも給付金は満額受け取ることができるものメリット。 上皮内新生物は対象外、という保険もある中、これは充実した保障内容と言えるでしょう。 特約も充実しており、「がん無事故給付金特約」や「がん退院療養特約」「女性がん(入院・診断)特約」など豊富。 がんと診断されてからがんの入院、がんの治療、療養のための退院、それぞれの場面で給付金が受け取れるのは、治療に専念できるありがたいポイントですね。 デメリット がん診断給付金が1回のみ がんと診断されたときにもらえる保障、がん診断給付金。 ほかの保険会社では2年に1回、または1年1回を限度に何回でも、または通算〇回まで、という風に期間はあるものの数回~無制限で利用できる仕組みになっているところが多いですが、アクサダイレクトのがん終身は最初の1回のみとなっています。 がん先進医療特約の設定金額が安い がん先進医療給付金においての通算5,000,000円までというのは、治療費が非常に高先進医療において、安い印象があります。 ほかの保険会社では通算20,000,000円まで保障、というところが一般的なので、この点もデメリットとなるでしょう。 終身払いしかない 60歳払済や65歳払済という他の保険に比べ、終身払いだと定年を迎えて老後の収入が少なくなっても、一生払い続ける必要があります。 保険料払込免除の特約がない 「がんになった場合は以後の保険料払い込みが免除になる」保障がないため、がんになって収入が減ったとしても同じ保険料を払い続けなくてはなりません。 axa-direct-life. html) 「抗がん剤治療給付金」、「がん手術給付金・がん先進医療給付金・退院後療養給付金」の2つからオプションで特約を付けることができます。 後者は3つ給付金がセットになった特約なので、それぞれを別々で申し込むことはできません。 axa-direct-life. html) 見積もり画面の上、または下にある「試算内容を確認する」をクリニックします。 登場した画面で見積もり内容を改めて確認し「次へ」をクリック。 個人情報の取り扱い等のボックスをチェックし「次へ」をクリック。 表示された画面に個人情報を入力のうえ、契約へと進んでください。 アクサダイレクトのがん終身はこんな人におすすめ とにかく保険料を安く抑えたい シンプルな保険を探している 保険料が他に類を見ないと言っていいくらい安いため、とにかく保険料を安く抑えたい、という人におすすめ。 シンプルな内容の保険なので、あまりいろいろと特約をつけたくない、必要ないと思っている人、また、一時的に保障を付けたい、という人に向いている保険です。 重要事項説明書の要約 保険に加入する以上、どのような保険なのか?をよく知っておく必要があります。 その内容は重要事項説明書と呼ばれる冊子に細かく記載されているため熟読していけば理解することが可能です。 ここでは、内容をかいつまんで要約をしておくため、参考にしてみてください。 冊子の構成について 大まかには、商品の仕組みを説明し、どんな状況のとき、どのような支払いが被保険者に行われるのか?を順に説明をしていく構成となっています。 本契約した保障内容をベースに、その後、各種特約の細かい説明がされています。 最後は、死亡時の取り扱いなど、少し細かい内容をさらっと流しているイメージです。 ただし、保険料や給付金などのメインとなる内容は別紙として細かく改めて説明されています。 払込は免除について細かく記載されている 払込に関しては、10年払込む必要と終身で払込む場合と分けて記載されています。 契約内容によって変わるだけなので、難しい話ではありません。 ここで重点的に記載されているのは、がんになった場合、この払込がどのような条件で免除になるのか?という点になります。 免責事項も設定されているため、ここは熟読しておく必要があります。 例えば、保険に加入するときに虚偽報告が合った場合、免責事項とされ払込免除はされなくなってしまいます。 他にも、免除できる場合と免除ができない場合がいろいろとあるため、しっかりと理解をしておきましょう。 支払いは条件やタイミングの話題が中心 がんが発覚し診断確定となった場合、即座に支払いされる給付金があったり、がんの手術を行ったことで支払いされる給付金があったりと、さまざまな支払いのタイミングがあります。 ただし、がんとなったにも関わらず契約外の状況で支払いがされないことも事実です。 最たる例は、死亡時です。 被保険者が死亡してしまった場合は、給付金は支払われず契約も消滅することになっています。 なかなか酷と感じるかもしれません。 ですが、重要事項説明書にしっかりと記載されており、それを了承して契約することになるわけです。 もし受け入れることができないのであれば、契約をしないでよいだけです。 ともあれ、細かく支払い条件や、いつ支払われるのか?のタイミングが特約ごとに記載されています。 手続きに関するお話は「契約のしおり」にて記載 重要事項説明書には、手続きに関するお話は少ないです。 敷いて言えば、保険が強制解除となった後、再度加入するための手続きについて少し触れている程度です。 【免責事項】 このサイトは、個人が調査した情報を元に制作しています。 掲載されている情報は2019年9月現在のものです。 最新の正確な情報については各保険会社および保険代理店の公式サイトをご覧ください。 ganchiryohi. nikkeibp. mhlw. nikkeibp. html 当サイトの内容、テキスト、画像等の 無断転載・無断使用を固く禁じます ( Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

次の

アクサダイレクト|自動車・バイク保険|JAL保険ナビ

アクサダイレクト 申し込み

アクサダイレクト生命の就業不能保険って保険料もお手頃だし、保障内容もしっかりしてそう。 これでいいかなぁ… アクサダイレクト生命の保険は当たりハズレが大きかったりするのですが、「働けないときの安心」は当たりです。 というのも、先行して発売されたをかなり意識して開発されています。 「もしものときの…生活費」はメンタル疾患を保障対象とした先駆けとなる就業不能保険なのですが、「働けないときの安心」もメンタル疾患を保障対象としている点は同じ。 それでいて、保険料はお安めです。 アクサダイレクト「働けないときの安心」ここがポイント• 働けなくなるリスクをカバーする就業不能保険です。 保険料は掛け捨て。 その分安い保険料で申し込みできます。 メンタル疾患が保障対象になっています。 毎月支払う保険料。 似たような保障内容でも、生命保険会社によって保険料は大きく異なります。 決して横一線ではありません。 働けないと認定される条件。 就業不能保険によって働けないと認定される条件は違います。 A社では働けないと認定されても、B社では認定されないことがあります。 自分に見合った条件を選ぶことが大切です。 メンタル疾患が保障対象になっているか。 最も可能性の高い働けなくなるリスクはうつ病を含むメンタル疾患ではないでしょうか。 メンタル疾患を保障対象としている就業不能保険は多くありません。 まずはざっと概要を書いておきます。 上の3点について、アクサダイレクト「働けないときの安心」の概要と評価は以下のとおりです。 評価S メンタル疾患の保障 あり 評価A メンタル疾患が保障対象となっています。 保障範囲が広い割に保険料は安めなので、働く世代に対しては現時点かなりコスパの良い就業不能保険です。 現在発売されている他社の就業不能保険と比較してみると、一歩抜き出てる感があります。 これは良い。 就業不能保険は下記のリンク先で比較をしています。 こちらもご参考に。 アクサダイレクト生命「働けないときの安心」の基本情報 まずは基本情報を一覧にしました。 他の就業不能保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。 保険の種類 【就業不能保険】 ・働けなくなるリスクに備える保険です。 ・貯蓄性はありません。 支払った保険料は掛け捨てです。 ・保険料が値上がりすることはありません。 保険料を支払う期間 60歳まで、65歳まで、70歳までの3つから選択可能。 保険料を支払う回数 月払 保険料を支払う方法 ・口座振替 ・クレジットカード払 保障される期間 保険料を支払っている期間のみ 加入方法 ネットのみ 健康相談サービス ティーペック社提供サービスが無料で利用可能。 ・日本の名医が無料でセカンドオピニオン。 ・医師、看護師への健康相談。 【アクサダイレクト生命「働けないときの安心」】働けないと認定される条件について。 死亡保障は亡くなったら保険金が支払われます。 わかりやすいですよね。 それに対し、就業不能保険は「働けない」と認定される条件が各社でマチマチなんです。 就業不能保険で何よりも重要な「働けないと認定される条件」について最初に書いておきます。 病気やケガの条件について 分類 働けないと認定される条件 病気やケガで働けない 以下のいずれかを満たす場合。 働けないと認定されるハードルは高くありません。 入院が条件になるのは他社も同じですが、差は在宅療養と障害等級です。 在宅療養中でも、軽度の作業(梱包や検品等)ができる状態であれば働けないと認定されない就業不能保険があります。 一方で、アクサダイレクト生命「働けないときの安心」は医師の指示による在宅療養であれば、健康状態に関わらず働けないと認定されます(全ては医師の判断にゆだねられます)。 条件が明確な点はメリットでしょう。 また、障がい2等級が条件となっている点もメリットです。 他社の就業不能保険では障害等級が条件になっていないタイプもあり、後遺症が残った場合が不安です。 障がい2等級は 「日常生活が極めて困難で、 一般的に活動の範囲が、病院では病棟内、家庭では家屋内に限られる」 状態を指します。 障がい2等級が条件となっていない他社の就業不能保険では、「在宅ワークができるのだから、働けないということはない」と判定されることもあり得るでしょう。 アクサダイレクト生命「働けないときの安心」は障がい2等級も条件に含まれているため、広く働けないと認定される条件が設定されています。 安心ですね。 しかし、社会人の方がかかりやすい「うつ病」「パニック障害」「統合失調症」は含まれているので心配はありません。 細かく知りたい方は厚生労働省のをご参照ください。 ちなみに、精神疾患の障がい等級2等級というのは以下の状態を指します。 2級 精神障害であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの 1 統合失調症によるものにあっては、残遺状態又は病状があるため、人格変化、思考障害、その他の妄想幻覚等の異常体験があるもの 2 気分 感情 障害によるものにあっては、気分、意欲・行動及び思考の障害の病相期があり、かつ、これらが持続したり、ひんぱんに繰り返したりするもの (以下、略) 引用: 「うつ病」は気分(感情)障害に含まれます。 「うつ病」であっても、程度によっては障がい等級2等級と判定される可能性はあります。 入院していない精神疾患でも働けないと認定される可能性があり、他社よりも保障範囲は広いと言っていいでしょう。 さて、精神疾患の保障で注意しないといけないのは以下の2点です。 自宅療養は保障対象になりません(障がい等級2等級以上に認定されれば保障対象)。 毎月受け取れる保険金は18回が限度になります。 「うつ病」の場合、職場復帰するまでに自宅療養の期間を挟むのが一般的ですが、自宅療養の期間は保障対象になりません。 もちろん、入院のない自宅療養も保障対象外となります。 また、精神疾患の場合は毎月受け取れる保険金は18回が限度です。 18か月分しか受け取れません。 しかし、この2点がデメリットかというと、そんなことはありません。 他社と比較して平均的です。 悪くはありません。 そもそも、メンタル疾患を保障対象にしている就業不能保険は数が少ないです。 「ちょっと凹みやすいんです…」っていう方にはアクサダイレクト生命の「働けないときの安心」はかなりおすすめできます。 加入するときは、上記2点の注意点をしっかりと認識しておきましょう。 ちなみにですが、入院するほどの重症でないメンタル疾患も保障対象としたい方は、を選択肢に加えてみて下さい。 こちらは入院していなくても、診断されただけ一時金を受け取れます。 長期間のメンタル疾患にも耐えらえる保障になっており、かなり安心できる保障内容です。 また、超長期間の保障を考えている方は、がおすすめです。 こちらは数十年レベルで保障されます。 うつ病を保障対象とする保険を下記リンク先にまとめています。 こちらもあわせてご参考に。 保障内容はほぼ同一。 それなのにアクサダイレクト生命「働けないときの安心」の方が保険料はかなり安くなってます。 そう考えるとアクサダイレクト生命「働けないときの安心」に飛びつきたくなりますが、少々お待ちを。 両社の保障内容で大きな違いは仕事復帰後に給付が継続されるかです。 仕事復帰後にいきなり元のようにバリバリ働けるようにはなりませんよね。 慣らし慣らし元の状態に戻していくことが多いと思いますが、慣らし期間中は収入だって元には戻らないケースがほとんどです。 そうなると、日本生命「もしものときの…生活費」だって捨てたもんじゃなくなりますよね。 この点も就業不能保険を選ぶ判断基準に入れてみて下さい。 両社の比較は保険クリニックでびっちりやってくれます。 【check】ハーフタイプを選べば保険料が割安に。 【check】精神疾患が保障対象になっている。 【check】無料の健康相談サービスつき。 【check】主婦・主夫も加入できる。 クレジットカードで保険料の支払いが可能。 クレジットカードのポイント還元でお得に。 アクサダイレクト生命「働けないときの安心」はハーフタイプを選べば保険料が割安に。 ハーフタイプとは、病気やケガ、または精神疾患で働けなくなったとき、一定期間は設定した就業不能給付金月額の半額、その後は満額を受け取れる保障タイプのことです。 会社員の方にはハーフタイプがおすすめです。 健康保険に加入されている会社員の方は、働けなくなっても即座に収入が途絶えることはありません。 傷病手当金が支給されます。 傷病手当金が支給される1年6ヶ月の間に受け取れる就業不能保険の保険金を半額に抑えることで、毎月支払う保険料を安くすることができます。 保険料がどれくらい安くなるかは下の表のとおりです。 一方で、 傷病手当金が支給されない国民健康保険加入者(自営業やフリーランスの方)はハーフタイプを選ぶ際には慎重になってください。 1年6ヶ月の間、無収入でも生きていける蓄えが無い限りは、満額タイプがよいでしょう。 (満額タイプは免責期間が過ぎれば即保険金満額を受け取れます) ちなみに、ハーフタイプは他社の就業不能保険でも取り入れてることが多いです。 アクサダイレクト生命「働けないときの安心」ならではの仕組みではありません。 アクサダイレクト生命「働けないときの安心」はメンタル疾患が保障対象になっている。 これは先ほど書きましたね。 ちなみに、働けなくなる原因の27. 6%はメンタル疾患だそうです。 (働けなくなる原因のトップはメンタル疾患) アクサダイレクト生命「働けないときの安心」は無料で利用できる健康相談サービスがある。 実はこれ、けっこう大きなメリットです。 アクサダイレクト生命「働けないときの安心」はと提携して、以下のサービスを無料で加入者に提供しています。 日本の名医(総合相談医)のセカンドオピニオンや優秀専門臨床医をご紹介。 医師・看護師などに24時間365日電話で健康相談。 セカンドオピニオンっていうのは主治医以外のお医者さんから意見を聞くことです。 患者が主治医を選ぶってなかなか難しいですよね。 たまたま手が空いていたお医者さんが主治医になり、私たちを診断するケースが多いでしょう。 そんな巡り合わせで決まったお医者さんをどこまで信じて良いものか…。 アクサダイレクト生命「働けないときの安心」は日本の名医を紹介し、セカンドオピニオンを聞く機会をつくってくれます。 セカンドオピニオンで助かる命があることも事実です。 アクサダイレクト生命「働けないときの安心」は主婦(主夫)の方も加入できます。 アクサダイレクト生命「働けないときの安心」は主婦・主夫の方も加入ができます。 他社は加入に年収制限があり、主婦・主夫だと加入できないことがあるのですが、アクサダイレクト生命「働けないときの安心」は問題ありません(ただし、年収によって保障額の上限が決まります)。 選択できる保障額は5万円~10万円と少額ですが、万が一家事や育児ができない状態になった場合、家事代行や育児代行サービスを依頼する費用にはなりますよね。 ちなみに、30歳・40歳の女性が保障額5万円・保障期間60歳までの条件で加入する場合、毎月の保険料は以下のとおりです。 配偶者の仕事が忙しく、家事ができそうにない家庭は、検討しても良さそうですね。 アクサダイレクト生命「働けないときの安心」のデメリット アクサダイレクト生命「働けないときの安心」 ここにご注意!• 【check】年収と職業によって保障額の上限が決まっている。 【check】対面での相談窓口が少ない。 働けなくなったときの収入を穴埋めするのが就業不能保険の役割なので、年収によって保障額の上限が決められていることはとても合理的です。 しかし、 注意が必要なのは自営業の方です。 自営業の方は保障額の上限が以下のとおりです。 年収 保障額(毎月の支給額) 100万円以上~200万円未満 5万円~10万円 200万円超~300万円以下 5万円~15万円 300万円超 5万円~20万円 年収300万円超でも、保障額(毎月受け取れる金額)は最大20万円となります。 20万円はちょっと少ないですよね…。 特にご家族をお持ちのフリーランスの方だと心もとないのではないでしょうか。 ですので、アクサダイレクト生命「働けないときの安心」だけでは保障が足りないかもしれません。 他の就業不能保険も合わせてご検討を(がよいですよ)。 そして2点目ですが、アクサダイレクト生命「働けないときの安心」はネットからのみ申し込みが主流です。 対面で相談できる窓口は少なめ。 全国に展開している保険ショップ「保険クリニック」ならアクサダイレクト生命の取り扱いがあります。 対面の説明なしで加入するのは後々のことを考えると若干不安があります(「そんなこと聞いてない!」っいう事態を懸念しています)。 【アクサダイレクト生命「働けないときの安心」の評価】 最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。 メンタル疾患が保障対象になっている点、そして働けないと認定される条件は他社と比較して緩い点が評価のポイントです。 しかし、保障額の上限が低く制限されている自営業・フリーランスの方はアクサダイレクト生命「働けないときの安心」に加えて、他社の就業不能保険の検討も必要でしょう。 短期間の保障であれば、がおすすめできます。 パルシステムを知らない方が大半かと思いますが、皆さんご存知の生協です。 怪しい団体ではないので、ご安心を。 また、デメリットとして書きましたが、アクサダイレクト生命「働けないときの安心」はネットからの申し込みが主流なので、対面で説明を聞くことができる窓口は少なめ。 働けないと認定される条件が複雑な就業不能保険をネットだけで契約してしまうのは、若干心配です。 アクサダイレクト生命「働けないときの安心」に申し込むなら。 アクサダイレクト生命「働けないときの安心」はアクサダイレクト生命の公式サイトから申し込みできます。 公式サイト: また、保険クリニックはアクサダイレクト生命の取り扱いがあります。 保険クリニックなら対面での相談も受付してます。 一度対面で生命保険の専門家に説明を聞いてみたほうがいいんです。 保険ショップなら生命保険各社の就業不能保険を比較できますし、希望にぴったり合った就業不能保険を探し出してくれますよ。 特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。 そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。 保険見直しラボです。 保険見直しラボは、自宅でも職場でも近所の喫茶店でもファミレスでも、どこでも訪問してくれます。 もちろん訪問してくれても相談は無料です。 保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。 大丈夫です。 ちゃんとした会社ですよ。 ネットで見つけたアクサダイレクト生命の就業不能保険が良さそうなんですけど、他にいいのあります? 保険ショップにはこんな相談が山ほどきます。 ネットで探す人が増えてますが、やっぱり不安なんですよね。 ネットで見つけた生命保険の評価を専門家に聞いてみる方は本当に多いです。 ちなみに、ネット専業の生命保険はあまり契約が伸びていません。 生命保険は長いつきあいになります。 そんな生命保険をネットだけの情報で決めてしまってよいのか、みんな不安なんですよ。 生命保険の相談はもちろん無料です。 保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。 しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。 おすすめされた生命保険に納得できなければ、 「うーん、やっぱりアクサダイレクト生命にしてみます!」 と、お断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。 相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。 最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。 そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。 生命保険の相談は気軽な気持ちで。 重く考える必要はありません! まとめ 公式サイト: メンタル疾患が保障対象となっている割に、保険料はお安め。 幅広い会社員の方にとって、安心して申し込みできる就業不能保険です。 しかし、申し込みはネットが主流。 対面でしっかり説明を聞くことができる窓口が限られますすが、保険クリニックならアクサダイレクト生命の取り扱いがあります。 不安な方は対面での相談をしてみましょう。 相談はもちろん無料です。 こんにちは。 僕は今年で40歳、嫁と1男1女の子を持つパパです。 大学を出て保険関係の仕事に就いていたのですが、生命保険ってわかりにくいなぁと思いながら仕事をしていました。 (保険代理店ではありません。 もうちょっと特殊な会社です) このサイトでは、僕と同年代の方に向けて、なるべくわかりやすく保険について説明したいと考えています。 よろしくお願いします! カテゴリー• 177• 3 Twitter始めました。

次の