日本 の アニメ。 2019年の日本のアニメ映画のラインアップがヤバすぎる!一挙紹介!

外国人観光客の目的はアニメ?日本のメリットと課題を解説!

日本 の アニメ

『アニメ産業白書2018』より 今年1月、日本動画協会から「アニメ産業レポート2018」が刊行された。 それによると、2017年から日本のアニメ産業市場は5年連続の伸長で(108%アップ)、初の2兆円を突破したと報告されている。 興味深いのは、10年前との比較だ。 「テレビ」は2015年をピークに横ばいだが、「映画」が193. 4%の伸び、「配信」は551%という数字だ。 9年前から出てきた「遊興」(パチンコ・パチスロ映像収入)、4年前に出てきた「ライブエンターテインメント」もすっかり定着している。 それぞれの現象は、「そうだよねぇ」と業界に近い人ならとっくに了解していたことだが、この10年の間に日本のアニメ産業は、こと売り方に関しては業態が変わったというくらい変化している。 そして、注目すべきなのは売上2兆円のうちの約半分の1兆円が「海外」の売り上げとなったことである。 これは、前回も触れたように「米国のエンターテインメント産業が自動車や食品より大きい」という観点からすると、とても素晴らしいことだ。 しかも、この産業は「輸出比率が高い」ということも注目点といえる。 そこで、の続編として、今回は「世界のどこで日本のアニメが楽しまれているか?」について紹介する。 前回と同じくWikipediaのデータ(2019年2月22日付けのダンプと他言語のリンク情報がsql形式で提供されている)を集計してみたというものだ。 ただし、マンガの集計では日本の作品に絞って洗い出したのに対して海外作品も対象にしている(日本語Wikipediaにあるものを起点にしている点に注意)。 また、この集計を読むときに留意すべきことがいくつかあるのは前回述べたとおりだ(どんなバイアスがかかりうるかは必ず確認していただきたい)。 次の表が、その結果である(日本作品は色分けしてある)。 アニメ作品の日本語Wikipediaでの「他言語ページ」の一覧。 海外作品を含む。 言語の多い順(1)。 ひと目で気が付くのは、アニメにおいてはディズニーやマーヴェルなど米国勢がとても強いということだ。 マーヴェルの作品群は、3DCGが原動力になって露出も増えているのはお気づきだと思うが、映画関係者によると日本では若い層に見られているそうだ。 ちなみに、今回とほぼ同じ集計を2011年にも行って「」と題して紹介した。 日本は「アニメ大国」なのだろうか? 「日本のアニメは世界の60%のシェアである」といった表現をみかけることがある。 私もそんなつもりで話をしてしまうことがあるが、この集計結果をみるとそのリアリティはない。 アニメ産業の市場シェアに関しては、ローランド・ベルガーが2015年にはじき出した数字があり、4%程度となっていた。 これは、思いのほか小さな数字で「本当にそうなの?」と思われた人も多いと思う。 しかし、このWikipediaの他言語のページ数の集計は、そのとおりといえる結果である。 もちろん、アニメの市場シェアという議論は、映画の興行収入なのか? テレビアニメの番組数なのか? 作品自体の影響力など、なにを根拠にいうかということになる。 ご覧のとおり米国のディズニー、マーヴェルが圧倒的なので、一定の切り口では日本は十分に健闘しているということなのだと思うが。 アニメ作品の日本語Wikipediaでの「他言語ページ」の一覧。 海外作品を含む。 言語の多い順(2)。 『ヌー、パガジー! 』のようなソ連時代からのアニメ作品もきちんと登場してくる。 さて、その日本のアニメ作品で見ていくと、トップの『ドラゴンボール』(日本語とあわせて98言語)、5番目に『NARUTO』(同89言語)がきている。 どちらも、マンガとしての存在感が大きい作品である。 Wikipediaでは、しばしば1つのマンガ作品がアニメ化されて別のページになっていることがある。 たとえば、『』のほかに、『』がある。 ところが、これが英語では1つのページになっている。 このようなケースも配慮して集計した。 ただし、このルール(というかプログラム)で集計すると、『星の王子さま』、『ポケットモンスター』が、全アニメ作品のリストよりも上位に入ってくる。 『ポケットモンスター』はともかく、『星の王子さま』をアニメ作品として評価はしにくいためあえて外してある。 また、『ポケットモンスター』に関しても上記の集計ではなく個別ページのみの掲載とさせてもらった。 アニメ映画作品では、前回は『千と千尋の神隠し』が44言語で20番目だった。 今回は、それが61言語と増えたものの41番目である。 日本作品で海外で人気の作品やその傾向を見ることもできる。 『フルーツバスケット』(『花どゆめ』連載)や『東京ミュウミュウ』(『なかよし』連載)など、少女マンガ誌系が出てきている点も興味深い。 ただし、Wikipediaの情報は蓄積されていくものなので古い作品のほうが他言語ページが多くなる傾向がある点は注意が必要である。 アニメ作品の日本語Wikipediaでの「他言語ページ」の一覧。 海外作品を含む。 言語の多い順(3) 前回、マンガの集計において「タガログ語」と「アラビア語」でのページが大きく増えたと紹介した。 アニメに関しても同じ傾向が見られる。 ただし、タガログ語では、上位のコンテンツでも抜けがあることだ。 タイ語も同様。 つまり、フィリピンやタイではディズニーなど米国系のアニメが相対的に弱い割には日本のアニメを見ているということだ。 日本のアニメを見る文化圏は、英語に加えて、イタリア、フランス、スペイン、ロシア、ドイツ、ポルトガル、および北欧といった日本コンテンツに熱心なヨーロッパ諸国とアジアの主要言語に相当することも分かる。 業界的には「20カ国」が日本コンテンツが広がる1つ目安だという意見があるそうで、このグラフではオランダ語が20位となる。 なお、次のグラフは『アニメ産業白書2018』によるアニメ業界統計調査における海外展開状況である。 英語 1250 中国語 994 イタリア語 914 ロシア語 740 タガログ語 725 スペイン語 662 フランス語 638 韓国語 496 ポルトガル語 432 ドイツ語 405 アラビア語 271 インドネシア語 223 ポーランド語 219 ベトナム語 202 タイ語 190 ウクライナ語 160 スウェーデン語 152 ペルシア語 143 ハンガリー語 110 カタルーニャ語 109 フィンランド語 98 オランダ語 92 トルコ語 91 マレー語 87 アゼルバイジャン語 73 チェコ語 62 アルメニア語 53 ヘブライ語 48 ノルウェー語(ブークモール) 42 ガリシア語 42 ところで、『マンガ産業論』(筑摩書房)の著者である中野晴行氏が、ある業界団体刊行の白書の会合に出た感想を述べられていたのが印象的だった。 いわく、「各ジャンルの編集委員から、テンセントやネイバーの名前が出てくる。 中国や韓国のデンタルコンテンツ企業がジャンルを統合しながら世界に向けてコンテンツ市場を拡大しようとしているのに対して、日本は、スマホの画面を各ジャンルが競いながら取り合おうとしているという構図が見える」というお話だった。

次の

日本アニメーション

日本 の アニメ

この記事の目次です• ココが違う!日本アニメの概要的特徴 アニメは子供だけのもの? 日本でアニメは、子供だけではなく大人も楽しむものという認識がありますが、海外では、アニメは子供が観るものという認識がありました。 しかし、現在では多くの国で子供だけでなく大人が日本アニメを楽しんでいます。 日本のアニメにはストーリー性も強く求められ、多くの人から好まれるキャラクターが多く存在します。 西洋のアニメーションで子供向け以外のものはコメディタッチのものが多いです。 また、日本アニメは青年向けマンガから発展したアニメなので大人が楽しめるのにも納得が出来ます。 日本と海外のアニメは何が違う? アニメの種類にもよりますが、日本のアニメは女性のキャラクターは目が大きく、可愛らしい印象があるとよく言われます。 またアメリカのヒーローもののアニメでは子供が憧れる完璧なキャラクターが愛されていますが、日本では、愛嬌があり、感情移入しやすい人間味のあるキャラクターが主人公であることが多いです。 スタジオジブリ作品のように、美しい描写と細かな描写で高い芸術性を持っているのも日本アニメの大きな特徴と言えるでしょう。 引用元- 日本と海外のアニメの特徴的な違いとは… 日本と外国のアニメの違いは、日本では、かなり細かいところまで正確に作られており動作などもより自然でリアルに作成して言葉に関してもキャラクターによって台詞を変えたり、 ツンデレキャラや妹、姉系のキャラクターなど個性 豊かなものがかなりたくさんあり、一つとして同じものがなく、また、 ストーリーに関しても現実と同じような日常生活を描いたものから 、非現実的な魔法を使う世界とか未来の世界、オカルト系のものもあり、人によって好きな ものが結構偏ります。 外国では、キャラクターはあまり現実の人間の形にはしっかりとなって いなくて、大雑把に作られています。 また、キャラクターなども似たような感じのものもかなりありストーリーも 非現実的なものが多いです。 引用元- 海外ではアニコミなどヒーロー物が人気で、一度は見たことがある人もいると思いますが、日本の比較するマンガとは登場人物の描写1つとっても違いがハッキリしており、日本人から見る物の見方と、海外での物の見方に違いがあることを理解できるのではないでしょうか。 また、 最近の日本アニメはシーズン毎に別れてアニメを作っている作品が多く、1つの作品の製作費用が海外のアニメの1つの作品の費用の何十分の1であったりします。 引用元- 日本アニメの産業的特徴と文化の特色 アメリカでは一般に海賊は犯罪者のイメージで受けとられるのである。 だから、ワンピースのような正義なイメージはほとんどアメリカ人に受け入れられない。 日本アニメの産業的特徴と文化の特色を分析することを通して、日本は自分の特別な戦術でアニメに広く外国の市場に入らせたことが皆に知られる。 そして、日本はアニメファンがどうんなアニメを好きにならることを知っている。 だから、ワンピースのような成功なアニメを製造することができる。 それから、アメリカではアニメは厳しいレイティングの審査を通さなければならない。 それで、ワンピースはアニメファンは興味になることを失って、本来の感覚を失う。 そして、海賊はアメリカの歴史中に残酷な役割を演じていて、アメリカ人にっとて、 一般できにアニメの中に海賊は略奪、殺人、破壊のイメージで出て。 それで、海賊王を目指す海賊は正義なイメージであると思われない。 だから、ワンピースはこんな不思議な扱いを受けている。 引用元- 日本とアメリカのアニメの作り方は特徴的な違いも… ピクサーで活躍する堤が掲げた夢は、アニメーション制作における日本とアメリカのギャップを縮めること。 「日本とアメリカでは、アニメーションの作り方がすごく違います。 一番すごいのはバジェット(製作費)ですね。 アメリカの方が何十倍も大きいと思います。 でも逆にアメリカが日本から学んでほしいのは、もっと作家性のある、そんなにお金のかからないインディペンデントな映画作りもできるということですね」。 逆にアメリカから日本が学ぶべきことに話が及ぶと「生意気に聞こえないように言うのが難しいですが……」と前置きした上で、 「日本はもっと世界に向けて勝負できる人材がそろっているのに、日本の小さい規模だけで満足してしまっているということも少しはあると思うんです」と推測。 「それはもったいないと思うので、ぜひそこはお互い学びながら中間のものができれば、僕らが今観ているアニメーションよりも素晴らしいものができると思います」と日米の垣根を超えた作品づくりへの展望を明かした。 日本のアニメーション作家とも交流のあるという堤。 日米の違いを超えることはそう簡単なことではないだろうが、ぜひ実現してほしいと思っているアニメーションファンは多いはずだ。 引用元- フランスでも熱狂!フランスオタクを引き付けた日本アニメの特徴 熱狂的にフランスのオタクを引きつけたものは何なのか? 原体験では済まない理由があるはずだ。 ブルネ氏は、こう分析する。 そこでは、悪党さえも人間的に友人になり得たかもしれない人物として描かれる。 その一方で、移民問題や差別意識が問題視されていた当時のフランス社会。 けれど、子どもたちは人種や権利の垣根を越えて「国籍不明だけどなんだか異質で、でも優しい日本のアニメ」という共通言語を持った。 それが、フランスオタク文化の礎を築いたのだろう。 だが、ブルネ氏は、フランスの「ジャパンエキスポ」の質が変化していることに、小さな危機感を抱いている。 そして、フランスにおけるアニメやマンガなどのサブカルチャーの未来も決して明るいとは限らないと、警鐘を鳴らしている 引用元- twitterの反応 アメリカのカートゥーンなんかと比較して日本のアニメや特撮に特徴的なのが、番組自体がどれだけ安っぽくても音楽には金が掛かっていて豪華なこと。 テレビ番組の音楽がレコード会社主導で作られていて、自前で金を出していないのが要因だろうか。 その点アメリカは安っぽい番組だと音楽もショボい。 だが、日本の特撮アニメが大好きで、パシリムには日本の特撮やアニメみたいな要素が含まれているというか、本質が日本の特撮アニメ。 日本人が観ても納得の日本の特撮アニメの特徴やらノリやらが最高に熱い。 — どうも、芋です。 作られてるのかわからないけどアニメとか見てみたい。 こういうキャラが出てくるんだろうか。 — KungFuTube KungFuTube 私の場合アニメでは好きなのも有りますよ。 外国の絵本等は特徴有のも有りますね。 日本アニメで確かに均一性は感じられる時も有りますが特徴のある物も有りますよ。 売れるという事になると難しい問題ですね。。。 — 泉元弘志(kousen) kousen2 そもそもそれが日本アニメの特徴だったからなぁ……棒立ち口パク。 鉄腕アトムが最初だっけか。 現実の人間を見分けるための特徴って案外微妙なものが多いけど、日本のアニメを見てみると、まぁピンク髪に水色髪に個性が豊かなことで。 絶対人を見分けるための「記号」がある。

次の

海外のどこで日本のアニメは見られているのか?

日本 の アニメ

原作は中国で2015年から2016年にかけてweb上で連載された、墨香銅臭氏が手がけたBL小説「魔道祖師」。 緻密で壮大なストーリーと魅力的なキャラクターが話題を呼び、アジア全域で爆発的人気を博すだけでなく、日本にも根強いファンを持っています。 今回の日本版では、字幕版だけでなく日本語吹替版の制作も予定されています。 日本のアニメファンならびに原作ファンへ向けて、日本での「陳情令」の配給元である株式会社ソニー・ミュージックソリューションズと、数々のアニメ作品を手掛ける株式会社アニプレックスが共同で展開。 公開方法は後日発表いたします。 続報にご期待ください。 つきましては、本情報をぜひご紹介いただけますと幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。 姑蘇藍氏・雲夢江氏・蘭陵金氏・清河聶氏ら仙門の修行者たちは「射日の征戦」を行い、力を合わせて温氏を討伐することに成功する。 夷陵老祖(いりょうろうそ)である魏無羨(ウェイ・ウーシエン)は、「射日の征戦」で貢献を果たしたが、彼の修めた鬼道は強大な力を持つがゆえに、人々に恐れられ、謗られ、やがてその身の破滅を招いてしまう。 そして十三年後。 死んだはずの魏無羨は呪術によって世に蘇り、かつての友、姑蘇藍氏の藍忘機(ラン・ワンジー)、義兄弟である雲夢江氏の江澄(ジャン・チョン)と再会する。 しかし、過去の謎は未だ消えず、世間は再び彼を疑い始めるのだった。 1を叩きだしたヒット作「陳情令」待望のBlu-ray化が決定いたしました。 2020年8月5日(水)より全3巻にて発売予定です。 そんな対照的な二人は、偶然にも藍氏の禁地へ足を踏み入れ、藍氏が代々守ってきた秘密を知る。 正義のため力を尽くすことを誓った二人は、共に事件を解決していくうちに、徐々に絆を強めていくが、魏無羨は罪を被せられ、断崖から身を投げそのまま消息を断ってしまうのだった。 その16年後、呪術によって再び蘇る魏無羨は藍忘機と再会した。 二人は新たな事件の真相にたどりつくと、それが16年前の忌まわしい過去につながることに気づく…。 ドラマ「陳情令」公式サイト: ドラマ「陳情令」公式Twitterアカウント: TheUntamedJP.

次の