アメリカ インフルエンザ 予防 接種。 アメリカでインフルエンザ予防接種をしよう!「どこで?」「費用は?」などの疑問を解決!

アメリカで予防接種(インフルエンザ)は得|反ワクチン派が降参した話

アメリカ インフルエンザ 予防 接種

アメリカでは、予防接種に対して懐疑的な人が多い 医療従事者でない、一般的なアメリカ人のなかには、 予防接種否定派の人が、少なからずいます。 理由はさまざまで、副反応・副作用や、宗教上の理由などです。 義務でない予防接種は、出来るだけやらない人もいます。 アメリカ人が、予防接種の副反応・副作用を避けるためにとっている対処法 副反応を避けるため、複数の予防接種を別の日にする 予防接種の副反応は、とっっっても低い確率ですが、存在するようです。 (ほとんどが軽度らしいけど) アメリカ人の中には、 複数の予防接種を、同じ日に受けるのは良くない という考え方をする人がいます。 子供の予防接種の日程を空ける親たち アメリカでは、子供が公立学校に入学する時に、州によって決められた予防接種をしていないと入学できません。 (宗教や信念上の理由で、予防接種の拒否を認める州もあります) 何歳になった時にこれとこれを小児科で打つ、というように決められているのですが、 小児科医に頼めば、 複数の予防接種を別々の日にわけて打つことが出来ます。 これは大人の予防接種でも、できます。 私の息子も、2種類目の予防接種は、数週間あけたよ 私の息子も、予防接種の日程をわけました。 普通は、1回の受診時に2種類の予防接種を打つはずなのですが、 小児科医に頼んで、2つ目の予防接種を2週間後にしてもらいました。 2回にわけた場合、価格は変わる? わたしは、2回目の予防接種の時は何も支払いませんでした。 1日で2種類を一気に打とうが、2種類目を数週間後に打とうが、値段は変わらなかったです。 保険によって違う可能性もあるので、ご自分の保険会社か、医院の窓口で確認してください。 妊婦のインフルエンザ予防接種について 今までは、アメリカの予防接種について書きました。 ここからは、「 妊婦」と「 インフルエンザワクチン」について、書いていきます。 「 インフルエンザ予防接種」は、英語で「flu shot(フルショット)」です。 以下、この記事でも「フルショット」と書きます。 妊婦がインフルエンザ注射をしたら、怒られた?! 息子を妊娠した時に、産婦人科に勧められてインフルエンザの予防接種を打ちました。 帰った時に、そのことをルームメートと遊びに来ていた彼のガールフレンドに言ったら、 怒られちゃいました! 「妊婦なのに、予防接種なんて!!! 体に薬を入れて、産まれてくる子に影響があったらどうするの!バカッ」と。 このように考えるアメリカ人は、けっこう多いですね。 日本でもアメリカでもそうですが、予防接種否定派の意見をネットや実社会でよく聞きます。 予防接種に限らず、食事法や教育法などもそうですが、間違った情報がひとり歩きすることもあるので、どの情報を信じるのかは個人の責任のうえ、よく考えないといけないですね。 (予防接種の善悪についてはわかりません。 私は医者に言われればするタイプですが、やらない人がいるのも、まぁ理解できます) 産婦人科医と薬剤師に、妊娠中のインフルエンザ注射の安全性を聞いたよ 怖がりなイェイちゃん。 フルショットを打つ前に、産婦人科医と薬剤師に妊娠中のフルショットの安全性についてしつこい程聞きました。 詳細は) 薬局の答え: 妊娠中いつでも、フルショットは安全です 毎年、フルショットを打つたびに同じことを別の薬剤師に聞くのですが(しつこい…) どの薬剤師でも答えはいつも一緒。 詳細は) 注意! この答えは、全ての人にあてはまるわけじゃない。 信頼できる医者や薬剤師に相談してね! 注意1: この記事は、医療従事者ではない一般人が書いたものです。 私個人の経験を、シェアしているだけのものです。 注意2: これは私個人が、医師や薬剤師から聞いた答えです。 全ての人には当てはまらないかもしれません。 体質や、持病、または日米の注射事情は違うかもしれません。 注意3: 私が医師や薬剤師に確認したのは、インフルエンザ予防接種(フルショット)についてのみです。 世の中には、妊婦は打たないほうがよい、他の予防接種も存在します。 以上、注意3つを理解し、妊婦の方もそうでない方も 予防接種については、ご自身でお医者さんやお薬剤師さんに確認して、責任を持って行ってください。 一切の責任は負いかねます。 妊活中に朗報!効くまでに2週間かかるけど、1回打てば、フルシーズン効くぞ 妊活中の人は、妊娠前にフルショットを打って、妊娠した後でも免疫が体に残っていると最高ですよね。 なので、フルショットがどのくらいの期間持続するのかを調べました。 日本の複数のサイトには、 「インフルエンザ予防接種は、打っても3~4ヶ月しか効き目がない」と書かれていました。 「それって、今打ってもインフルエンザがピークになる頃には体から抜けちゃってるじゃん!」 「3~4ヶ月後に、もう1回打たないといけないの?もし妊娠したら、妊娠中に打つのはイヤだなぁ」 と思い、ニューヨークの薬剤師に聞いてみました。 すると、答えは 「ワクチンが効くのは、打った2週間後くらいから。 」 「一回打てば、フルシーズン(春まで)カバーされるよ。 だから、1年に1回打てばOK」 とのこと! よかった! 妊活中の人は妊娠前にフルショットを打てば、次のシーズンまで打たなくて良いのね! やっぱりプロに聞いてよかった。 日本とアメリカだと注射液が違うのでしょうか? それとも、ネットで誤報が流れてるのでしょうか? 理由はからないけど、答えがわかってよかった。 次回は、の記事です! アメリカはほとんどが無痛分娩だよ~の記事もチェック!.

次の

アメリカの子供の予防接種スケジュールと日本の比較(2019年度版)

アメリカ インフルエンザ 予防 接種

アメリカでインフルエンザ予防接種(フルショット)を受けれる場所:薬局、クリニック、総合病院など アメリカでは、インフルエンザ予防接種を受ける場合、一般的に以下の場所で受けられます。 町の小さなクリニック• 総合病院や大学病院など、大きな医療機関• 薬局 今年、私はCVSで打ちましたが、Dueane Readeで打った経験もあります。 私の感想は。。。 どちらもあまり変わらないです。 CVSで受けた理由は、たまたま場所が便利だったからです。 なかには、特定の病院で打って、証明書を会社に提出しなければならない職場もあります。 薬剤師が注射を打つことが出来るアメリカ! なんとアメリカでは、ほとんどの州で、 薬剤師が予防接種を打つことができるんです! 日本人のわたしは、「なんだか怖い」と思ってしまうのですが、 けっきょく便利さに負けて、薬局にお世話になっています。 価格は?保険や薬局、医療機関によって、$0~有料まで フルショットは、 ほとんどの健康保険で、無料で受けられます。 でも、保険プランによって、支払いが発生する場合もあります。 たとえば、Aさんの使っている健康保険のプランだと、ニコニコ薬局(仮名)では無料だけど、ウキウキ薬局(仮名)では、有料とか、 Bさんの使っている健康保険のプランだと、ピンピン病院では無料だけど、ニコニコ薬局もウキウキ薬局も有料とか。 2019年の追記:保険が効かないDuane Readeで打とうとしたら$25だった [この記事を書いた1年後である2019年9月に追記を書きました] 今年もインフルエンザ予防接種を受けようと、近所のDuane Reade(大手薬局チェーン店)に行きました。 そこは私の保険でカバーされない薬局でしたが、「Free Flu Shot(インフルエンザ予防接種・無料)」という広告が貼ってあったので、行ってみました。 結局、 保険が効かないので $25と言う事でした。 病院でも受けられますが、多くの大手薬局チェーン店は、予約がいらないため、気軽に打つことができます。 私はいつもDuane ReadeかCVSで10月~11月くらいに打つのですが、 並んだことはありません。 でも、インフルエンザがピークになる頃には、ワクチンが足りなくなることもあります。 私が今年、CVSでフルショットを受けた手順を紹介します。 薬局によって、手順が違う場合もあるので、ご参考までに。 料金が心配な人は、事前に保険会社へ確認すると安心です。 (1つの健康保険会社でも、プランによって価格が変わります) 2.prescriptions(処方箋)のカウンターへ行く 予約は必要ありません。 薬局に入ったら、一般のレジではなく、店の奥にある「Prescriptions」と書かれたカウンターへ行きます。 「Prescriptions」とは、「処方箋」のことです。 医者から処方された薬をうけとる場所です。 注意: 24時間営業の薬局でも、Prescriptionsカウンターが開いている時間は昼間だけ、ということが多いです。 3.保険証を見せて、フルショットを受けたいと言う カウンターの中には、白衣を着たスタッフが、2~3人います。 スタッフに、「フルショットを受けたい」と伝えましょう。 英語では、 I would like to get a flu shot today. とか、 もっと簡単に、 Can I get a flu shot? でもいいです。 英会話• I would like to get a flu shot today. Can I get a flu shot? インフルエンザ予防接種を受けたいのですが。 保険証を提示し、料金の確認をする スタッフから、名前や誕生日などを聞かれ、保険証の提示を求められます。 その時に、料金がいくらかかるかを聞きましょう。 5.問診票に記入して、サインをする スタッフから、問診票を渡されます。 問診票には、自分の名前や連絡先、病歴、アレルギー、今日の体調など、他にもイロイロ質問が書かれています。 注意事項を読んで、了解したらサインをします。 6.15分ほど待つ 処方箋カウンターの前には、椅子が何脚かあるので、そこで15分くらい待ちます。 店内をウロウロしても良いですが、スタッフから名前を呼ばれた時に、聞こえる場所にいることが大事です。 7.その場で注射!絆創膏ペタ 薬剤師が、利き腕ではない方の腕に、注射をします。 右利きを英語で言うと、 right-handed もしくは、 righty(ライティー) 左利きを英語でいうと、 left-handed もしくは lefty レフティ)です。 英会話 右利き:right-handed、righty 左利き:left-handed、lefty まぁ言えなくても、聞き取れなくても、 打ってほしい方の腕を指せば、わかってもらえます。 注射は、痛かったり、痛くなかったり。 と言っても、ほとんどの場合が$0です。 (保険によって、支払うこともあるかもしれません。 最初に確認してください) 注射をしてくれたスタッフに、「これでおしまい?もう帰っていいの?」と聞いたら、「帰っていいよ」と言われたのに、 その直後、支払い担当の他のスタッフから呼ばれ、$0の支払い作業をさせられました。 支払い作業は、名前を再確認されて、$0と書かれた領収書をもらうだけでした。 去年は、注射を打って、薬剤師が「帰っていい」と言ったから、そのまま立ち去っちゃったけど、 本当はこれをやらなきゃいけなかったのかな? 9.おしまい これでおしまいです。 全ての作業は、Prescriptionsのカウンターで済んでいるので、一般のレジは素通りして、家に帰って良いです。 受けた後の注意事項は、特になし。 わかってるのに、毎年、薬局で同じことを質問する、 しつこい心配性のイェイちゃん。 質問と答えは、• これは、どの薬局で聞いても、同じ答えでした。 この記事は、医療について知識がない筆者が、体験をシェアするために書いたものです。 大切なことは、信頼できる医師や薬剤師に聞いてくださいね。 インフルエンザ予防接種については、ご自身で確認の上、責任を持って行ってください。 一切の責任は負いかねます。 受けた後の感想と体の変化 当日と、その後2日間ほど、ちょっとボーっとして、体が熱くて眠かったです。 でも実は、良く寝れて嬉しい。 3日目からは、通常に戻りました。 ワクチンが体にどう影響するかは、個人差があります。 全く何も感じない人もいるし、もっと体調が悪くなる人もいるようです。 よーし、フルショット終ったぞー! もう今年は、注射を怖がらなくていいぞ! じゃあ、遊びに行こう! へいへいほー!.

次の

インフルエンザ大流行。日本から失われた「集団免疫」とは?

アメリカ インフルエンザ 予防 接種

アメリカに行く前に予防接種は義務! まずは、 ・予防接種が必要なケース ・予防接種が必要な理由 を紹介します。 アメリカの大学留学では予防接種が義務 アメリカ留学前には、予防接種の必要があります。 特に4年制大学やコミュニティカレッジなどへ留学する場合、義務付けられていることが多いです。 入学手続きと一緒に予防接種歴を提示し、健康診断書を提出することが欠かせません。 必要な予防接種を受けていない場合「入学できない」「授業が履修できない」などのリスクがあります。 特にワクチンによっては数回にわたって接種するものもあるため、アメリカに到着してからでは間に合いません。 アメリカで予防接種が義務付けられている理由は、次で解説しますね。 予防接種が義務付けられている理由 予防接種が必要な理由は 「集団感染を防ぐため」です。 というのも、アメリカの大学生はほとんどが学生寮で生活します。 同じ空間で生活するため、海外からの留学生が疫病を持ち込み、集団感染が起きる可能性も否定はできません。 その場合は授業などにも影響を与えます。 疫病の流行を防ぎ、通常通り日常生活や授業を進めるために、予防接種が義務付けられています。 大学ごとに必要な予防接種一覧 必要な予防接種は、大学やコース、プログラムごとに異なります。 そのため必要な予防接種を、有名大学を例に紹介します。 【コロンビア大学(ニューヨーク州)】 ・MMR(麻疹・風疹・おたふく風邪) ・髄膜炎 など 【ハーバード大学(マサチューセッツ州)】 ・MMR ・破傷風 ・B型肝炎 ・ジフテリア ・百日咳 ・水ぼうそう など 【カリフォルニア大学(カリフォルニア州)】 ・MMR ・破傷風 ・ジフテリア ・百日咳 ・水ぼうそう など 【ワシントン大学(ワシントン州)】 ・はしか 【オレゴン大学(オレゴン州)】 ・MMR ・破傷風 ・ジフテリア ・百日咳 など 変わる可能性もありますので、各大学の情報をチェックしてください。 これらがどのような予防接種なのか、次で詳しく解説しますね。 アメリカに行く前に受けておきたい予防接種 ここからは、必要な予防接種として• ・MMR• ・破傷風、ジフテリア、百日咳• ・B型肝炎• ・髄膜炎• ・水ぼうそう• ・ツベルクリン など3種類を紹介します。 MMR(麻疹、おたふく風邪、風疹) MMRとは、以下の3つを指しています。 ・Measles:麻疹(はしか)• ・Mumps:おたふく風邪• ・Rubella:風疹 アメリカの大学に留学する場合、この3つの予防接種は欠かせません。 過去に接種していても、回数が足りない場合は追加の接種が必要です。 費用は 平均1万円です。 破傷風、ジフテリア、百日咳 破傷風、ジフテリア、百日咳は三種混合ワクチンを打つことで、3つとも予防できます。 そして過去10年以内のワクチン接種が必要です。 費用は 平均1万円です。 B型肝炎 B型肝炎は、3回にわけて予防接種を受けます。 1〜2回目は1カ月、2〜3回目は2カ月の間隔をあけるため、早めの接種がおすすめです。 費用は 平均7,000円〜1万円です。 髄膜炎 近年、髄膜炎の予防接種を提案する学校が増えています。 費用は 平均2万円ほどです。 水ぼうそう 水ぼうそうにかかったことがある場合、抗体検査を受けます。 抗体があった場合は、医師に検査の日時や数値を証明書に記入してもらってください。 抗体がない場合は、予防接種をします。 費用は平均1万円、抗体検査は平均5,000円です。 ツベルクリン 結核にかかっていないことを証明するために、入学から6カ月以内に接種が必要です。 費用は平均2,000〜3,000円、抗体検査は平均4,000円です。 続いては予防接種のスケジュールなどを紹介します。 アメリカ留学前に予防接種を受ける流れやスケジュール ここからは ・予防接種のタイミング ・準備や必要書類 を紹介します。 予防接種を受けるタイミング 予防接種を受けるタイミングは、 留学の6カ月〜8カ月前からがおすすめです。 予防接種によっては、数回にわたって受けるものもあります。 その場合は間隔を1カ月ほど開けるワクチンもあり、時間がかかります。 そのため早めに、最低でも6カ月前からワクチン接種のスケジュールを考えてみてください。 母子手帳で予防接種の記録をチェック 多くの人が乳幼児のときに、数々のワクチンを接種しています。 そして受診歴が母子手帳に記録されているため、予防接種を受ける前に 母子手帳を確認することが欠かせません。 しかし生まれた年代によって、接種した予防接種は異なります。 義務付けられている予防接種は、常に変化しているからです。 そのためまずは母子手帳で、あなたの受診歴と回数を確認してみてください。 足りないものはワクチンを接種して、証明書を発行してもらいます。 予防接種に関する提出書類 留学先に以下を提出します。 ・予防接種のフォームへの記入(接種した病院の医師に記入してもらう)• ・英文の接種証明書• ・健康診断書 学校が指定する予防接種の書類を大学のホームページからダウンロードし、医師に記入してもらいます。 すでに幼少期に接種している場合は、母子手帳のコピーに接種の照明を記した英文を添付し、提出します。 また接種のタイミングによって、接種したと認められるかどうかが変わることも。 例えば「10年異常前のワクチンは接種し直す必要がある」などです。 準備をスムーズに進めるために、大学に接種のタイミングを確認してから母子手帳を調べてみてください。 予防接種はどこで受けられる? ワクチンは日本の病院や予防医療センターで接種できます。 ただしアメリカの病院で受けることができる場合もあります。 ここまでアメリカ留学の予防接種について、ざっくりと解説しました。 続いては、アメリカ生活で気をつけたいことなどを解説します。 アメリカで気をつけたい病気 ここからは、気をつけたい病気として、 ・風邪 ・胃腸炎やノロウイルス を紹介します。 風邪 生活リズムが変わることで、風邪をひきやすくなります。 またアメリカは日本と時差があるため、なかなか体がついていかず、体調を崩しやすいです。 胃腸炎やノロウイルス 食事から胃腸炎やノロウイルスになる可能性もあります。 腹痛や嘔吐の症状があらわれると感染拡大の可能性があるため、学校には出席できません。 アメリカ滞在中に注意したいこと 続いては体調管理として、• ・食事• ・睡眠• ・ストレス発散 について解説します。 バランスの取れた食事を心がける アメリカと日本の食文化は大きく異なります。 特に和食は栄養バランスが取れており、味付けにもなじみがあります。 しかしアメリカはピザやパスタ、ハンバーガーなど味が濃くてカロリーの高い食事が中心。 野菜が少ないため、 ビタミンやミネラルなどを意識した食生活を心がけてみてください。 十分な睡眠をとる 睡眠時間が減ると、免疫力が低下し、風邪をひきやすくなります。 7〜8時間は眠って、体力回復に努めましょう。 日本語や日本文化にふれてストレス発散をする 精神的なストレスも体調不良につながります。 英語にストレスを感じたときは、 日本語の映画や音楽、日本食などにふれて、ストレス発散をしましょう。 アメリカに留学や旅行中、もしも病気になったら? 続いては、アメリカで病気になった場合の対処法として ・病院の受診 ・保険への加入 を解説します。 病院を受診する まず病院を受診しましょう。 アメリカの病院は予約が必要なため、異変を感じたら数日前から予約しておくことをおすすめします。 海外旅行保険や留学保険には加入しておく アメリカの医療費は高額です。 救急車を呼ぶだけで数十万円かかることも少なくありません。 これらの費用は海外旅行保険などでカバーできます。 数万円の保険料は必要ですが、高額請求を避けることができます。 これら参考に、留学中の病気にそなえてくださいね。 まとめ 今回はアメリカ留学に必要な予防接種について、解説しました。 おさらいすると、アメリカ留学には以下のワクチン接種が必要です。 ・MMR• ・破傷風• ・B型肝炎• ・ジフテリア• ・百日咳• ・水ぼうそう 留学のスケジュールにあわせて、 6〜8カ月前から予防接種の準備をしてみてくださいね。

次の