ハーデス チャンス 目。 アナザーゴッドハーデス『0ゲーム完全セット直撃打法』

アナザーゴッドハーデス『0ゲーム完全セット直撃打法』

ハーデス チャンス 目

単体の強弱 4・8 < 2・6 < 1・5 < 3 < V < 7 偶数 < 奇数。 Vや7が頻出する場合は様子見推奨。 モード示唆 数字が進むほど、 上位モード or 前兆期待度アップ 下記は一例• 奇数のバラケ目 1・5・3|5・7・V• 左偶数+中右奇数テンパイ 2・5・5|4・1・1• 偶数から順目 2・3・4|6・7・8|8・V・1• 左奇数+中右奇数テンパイ 1・3・3|5・1・1|5・7・7• チャンス目 下記参照• 奇数から順目 1・2・3|3・4・5|7・8・V• 中奇数の奇数ハサミ目 1・3・1|3・5・3|5・7・5• Vの奇数ハサミ目 V・1・V|V・3・V• 9 484・848 ほぼ出現せず モード推測のポイント• ではでは~!.

次の

【ハーデス 283 5V4他】アナザーゴッドハーデスの液晶チャンス目について

ハーデス チャンス 目

この記事に書かれていることは…• fc2. ある程度の仕組みを理解していても、数字が退屈と思う人もいるかもしれません。 確かに、ゴッドの醍醐味は、当選してからって言うのは、間違いではありません。 ですが、 通常時の数字の「出目」は色々示唆しているんですよ! たとえば、現在のモードや、前兆。 天国準備、天国、冥界など。 私が、初心者の頃は、数字が聴牌(てんぱい)するだけでドキドキしていました。 ですが、ある程度仕組みを理解すると、辞め時や、当選前の挙動がわかる様になります。 また、現在の内部状態を推測しながら打っていく事で、「いつ当たるの?」のストレス軽減にもなります。 わからない状態で、天井まで回すのは、苦業でしかありません。 またストレス軽減だけではなく、ベストなタイミングでの当選などは、本当に気持ちいいです。 内部状態を把握できるだけで、ゴッドはこんなに楽しいのか!とも思いました。 ゴッドのシステムは、一見難しいようにも、思うのですが、おおよその流れを把握できていれば、簡単に理解できます。 皆様にも、ゴッドをより楽しく打っていただくために、「出目」について、順に説明していきます。 ハーデスのモード移行とは? まずは、「出目」の前に、「通常時のモード」を把握しましょう。 「ゴッドゲーム」(AT当選)に重要になります。 「出目」の示唆も、 滞在モードを示唆することが多いので、最低でも、滞在モードの種類は把握しておきたいですね。 辞め時を考慮する上でも、重要になります。 分かりやすいように簡単にまとめました。 こちらをご覧ください。 ) 特徴・・・ 低確Bに移行しやすい。 ) GG期待度 低 (モードアップなしでは、殆ど当たりません。 ) 特徴・・・ 滞在しやすく、通常or高確率に移行しやすい。 基本は通常と言っていいでしょう) 滞在割合 中 GG期待度 中 特徴・・・ 低確率に比べて、GGに当選しやすい。 当選時の恩恵あり。 (冥界については、後項目で、説明します。 ) モードがアップする条件としては、主にレア役の成立です。 GG終了時にもモード移行抽選が行われますね。 レア役のモードアップ期待度は次に順で強くなります。 こちらをご覧ください。 「中段リプレイ」<「共通下段黄7」<「チャンス目」<「右上がり黄7」 「右上がり黄7」<「フェイクリプレイ」<「中段黄7」 結果的には、レア役を引いて、モードの状態をアップして、GGゲームを引く!という流れになりますね。 モードが良い状態になると、「出目」で示唆してくれるという形になります。 当たっていれば、本前兆として、挙動が良くなるわけですね。 ハーデスの通常時のモード示唆。 モード示唆は、ヤメ時を間違えない為にも、しっかり把握しておきたいです。 もちろん、示唆ができていると、挙動がいっそう楽しくなります。 また、「出目」でのハイエナチャンスが生まれます。 何事においても、損はいやですし、ゴッドは大きな獲得枚数につながる夢がありますからね。 たまにですが、座って3回転ほどで当たることもあります。 こういったときは、モードが上がっていて、状態もよく、前兆中だったという事になりますね。 自分が引いたのではなく、誰かが、引いたのを貰う結果になるわけです。 逆の立場になると・・・ぞっとしますね。 こうならない為にも、状態は、常に意識したいです。 またAT終了後は、最低でも30Gは回してチェックしてください。 これは、ストックを確認する為にやっていると思われがちですが、 実は内部状態のチェックでもあるのです。 AT終了後に天国が選択されていれば、50ゲームほどで引く可能性もあるんです。 ストック確認と平行して、モードチェックもする事を忘れないようにしたいですね。 ハーデスの通常時のモード示唆演出。 お待たせしました。 ここからは、出目によるモード示唆の説明をしていきます。 液晶の図柄による、モード示唆になりますね。 適当に数字がでている訳ではなく、「出目」によって把握できるようになっています。 ・同じ奇数図柄で、4連続聴牌(てんぱい) =前兆チャンス ・5連続奇数で聴牌(聴牌) =前兆濃厚 ・左から見て偶数図柄で順目(例456 ) =通常モード以上濃厚 ・左奇数のケツ聴牌(てんぱい)(例311)=通常モード以上濃厚 ・左から見て奇数図柄で順目(例345) =天国準備以上濃厚 ・奇数ハサミ (例535) =天国準備以上濃厚 ・V奇数ハサミ (例V5V) =天国以上濃厚 ・地獄目、冥界目 「484」と「848」 =冥界モードor前兆? 奇数で7は、一番強い数字です。 奇数順目や、ハサミ、ケツ聴牌(聴牌)でも、 7が絡めば、強い示唆の可能性がでてきます。 即ヤメするよりは、少し様子を見るのが無難です。 32ゲームは様子を見てください。 ハーデスの「出目」について。 blogimg. 語呂あわせだったり、比較的に覚えやすい数字も多いので、1通り覚えられる物はチェックですね。 激熱目に関しては、濃厚程度に思ってください。 公式な リーチ目はAT確定です。 4<8<2<6<1<5<3<V<7 簡単に覚える程度でおkです。 ??は怪しいです。 注意してください。 2・2・3 富士山• 4・V・8 シブヤ• 5・6・V 転ぶ• 7・5・3 七五三• V・7・4 ヴィーナス ざっくりとこんな感じですね。 リーチ目も他にも多数あったようにも思えますが、確実な情報ではないので、省いたところもあります。 7絡みは様子見が無難ですね。 V77(バナナ)などは、チャンスではあるでしょうが、確定ではありません。 他の7絡みも怪しいのも存在するので過度な期待はしないほうが無難です。 リーチ目に758(名古屋)なんかもあったかとは、思います。 77?「7聴牌(聴牌)」はPGG(プレミアムゴッドゲーム)確定となっているため、7聴牌意外は、外れの可能性が大です。 73V・(ななさぶい)75Vなど。 「遅れ演出」でPGG非当選時に出やすいですね。 特に、何もなかった報告が多いです。 blogimg. 前、項目にも、何回か出てきている「出目」ですね。 「4・8・4」 「8・4・8」こちらの2つです。 「地獄目」と呼ばれたり「冥界目」と呼ばれたりしますが、同じ意味です。 「冥界モード」というのは、 めったに移行しないor滞在しにくい特殊モードです。 GGの当選も極めて厳しいモードになりますね。 ですが、レア役での当選率は、まずまずあります。 短い滞在期間でレア役が引けるかの1本勝負になりますね。 その数値は、低確Aで、0,006% 低確Bで0,07%ほど・・・ そして、レア役からの移行というのは存在しません。 通常リプレイ・押し順黄7のみとなります。 基本は目にすることがないといえますね。 ですが、プレミアム級で、低確でも出現してしまいます。 低確率中の数万分の1なので、基本は、「冥界目」が出現するということは、「冥界モード」に滞在と思っておkです。 「冥界目」が出現すると、前兆か「冥界モード」なのですが、基本的には、当選させなきゃいけないので、前兆は期待しないでください。 おそらく、数回転であたらなければ、「モード示唆」です。 レア役では、モード転落しませんが、超天国に上がることもほぼありません。 レア役で当選させる!これに絞る感じです。 ただ転落率は、 平均12回転ほどと言われています・・・ 「冥界目」出現後・・・20回転ほどで、レア役・・・当選!「ケルベロス」という例もあるんです。 この場合はすでに転落したという事です。 過度な期待はもてないのが、残念なところですね。 ですが、恩恵は大きいので、即ヤメはNGです。 それだけではなく、高継続率のループストックに期待できます。 天井や、「PGG」と似たような恩家が得られるという事ですね。 ハーデスの「冥界」の設定差。 ただ、数回でも確認できれば、意識してもいいかもしれません。 回数が頻発するようであれば、「設定5」を意識してもいいかもしれません。 ただ、「冥界目」の出現こそが厳しい条件ですので、設定示唆には不向きです。 あくまで、目撃したらの参考ですね。 ハーデスの「出目」のまとめ。 すごいですよね。 一言で「出目」と言っても、これほどの種類の「出目」や「示唆」が存在します。 すべてを覚えるのは、難しいですが、ゴッドを打つ前に、ちょっとでも情報収集すると、気がつけば覚えているんです。 あ・・・今の「出目」が出たという事は、天国準備か・・・ レア役が当選しなくても、モードが上がったかな? 激熱目だ・・・前兆かな?32ゲームは回そう・・などですね。 本前兆等も見逃すことなく、きちっとヤメられるわけですね。 そして、最後の「冥界目」実は私、見たことあるんです。 「プレミアムハーデス」を引いたんですね! ループストックも十分に活躍してくれて、PGG当選なんかもしてくれました。 それはすごいことになりましたよ! 6000枚ほどでました! 数年打って・・・1回だけですが・・・いい思い出です。 「冥界目」目撃の際は・・・どうか祈りましょう・・・冥王が降臨するのを。 私も、皆様の、「冥界」でのご活躍をお祈りしております。

次の

【アナザーゴッドハーデス】これならチャンス目も簡単に獲れる!AT中の打ち方紹介

ハーデス チャンス 目

2014年4月1日• パチスロ「アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver. -」の前兆濃厚の激アツ目は前作の知識をそのまま使えるようです。 ごく稀にですが、激アツ目でやめていく人もいますのでやめっていった台の液晶出目に注意を払っておけば運良く前兆濃厚台を拾えるかもしれません。 また、 前兆中にやめていく時のことのないようにしたいです。 なので覚えておきたい出目一覧をまとめました。 ゼウス時代からやっている人にはお馴染みですが、ハーデスからやり始めた人は必見。 ハーデスから追加されたゴロも少しありますのでおさらいとして参考にどうぞ。 前兆出目は昔はちょっと落ちましたが、最近はみかけません。 マイホでは未だにハーデス人気で関係なく座られちゃいます。 しかしハイエナで立ちまわっているときは、出目知っているとハーデスのシマを回る楽しみが1つ増えます。 データランプだけでなく液晶出目にも注意して見てればそのうち拾えるかもですね。 ブログランキングに参加しております。

次の