ほっと もっと メニュー 札幌。 ほっともっとの人気メニューは?【公式ランキング発表】

メニューを見る

ほっと もっと メニュー 札幌

持ち帰り弁当「ほっともっと」を展開するプレナス(福岡本社・福岡市博多区、東京本社・東京都中央区)は、全国の「ほっともっと」直営店190店を閉店する。 北海道ではそのうち24店舗が対象で9月30日(月)をもって営業を終了する。 (写真は、閉店対象の「ほっともっと伏見店」=上と「中の島駅前店」。 いずれも札幌市内) プレナスが展開する「ほっともっと」は全国に2739店舗ある(2019年5月末現在)。 そのうち直営店とフランチャイズ(FC)加盟店の比率はほぼ半々。 19年2月期の「ほっともっと」事業の売上高は1100億3600万円と前期比4・2%増加したが、人件費や仕入れコストが上昇、営業段階では8億6000万円の損失だった。 20年2月期の第一四半期決算でも既存店売上高が前年同期比0・7%減少したほか、原価率上昇などによって1億9900万円の営業損失を計上。 同社は、新規オーナーの獲得と既存オーナーの多店舗化を図るため直営店から加盟店への移管を進めてきたが、営業損失が続いていることから売り上げを伸ばしても人件費等の店舗運営コストの上昇で、直営店から加盟店への移管が見込めない190店舗を9月末で閉店することにした。 今後は、加盟店への移行を見込める直営店に経営資源を集中する。 閉店する190店舗のうち、北海道は24店舗が対象で、札幌市内は13店舗と半分以上の比率。 他は函館市内2店舗、旭川市、室蘭市、釧路市、北見市、美唄市、芦別市、江別市、北斗市、中川郡幕別町が各1店舗となっている。 対象店舗の店頭には9月30日14時で閉店するお知らせが掲示されている。 道内の店舗数は、現在137店舗だが、閉店によって113店舗になる。 プレナスは、ここ数年既存店改装を含めて積極的な出店を続けてきた。 それが一転、大量閉店を余儀なくされた。 人件費や原材料価格の上昇、競合店対策を乗り切るために掲げた販売戦略の不発は、大量閉店という大きな代償となって顕在化している。

次の

ほっともっと、なぜ一斉大量閉店に陥ったのか?コンビニ弁当&総菜の“充実しすぎ”が脅威

ほっと もっと メニュー 札幌

持ち帰り弁当「ほっともっと」を展開するプレナス(福岡本社・福岡市博多区、東京本社・東京都中央区)は、全国の「ほっともっと」直営店190店を閉店する。 北海道ではそのうち24店舗が対象で9月30日(月)をもって営業を終了する。 (写真は、閉店対象の「ほっともっと伏見店」=上と「中の島駅前店」。 いずれも札幌市内) プレナスが展開する「ほっともっと」は全国に2739店舗ある(2019年5月末現在)。 そのうち直営店とフランチャイズ(FC)加盟店の比率はほぼ半々。 19年2月期の「ほっともっと」事業の売上高は1100億3600万円と前期比4・2%増加したが、人件費や仕入れコストが上昇、営業段階では8億6000万円の損失だった。 20年2月期の第一四半期決算でも既存店売上高が前年同期比0・7%減少したほか、原価率上昇などによって1億9900万円の営業損失を計上。 同社は、新規オーナーの獲得と既存オーナーの多店舗化を図るため直営店から加盟店への移管を進めてきたが、営業損失が続いていることから売り上げを伸ばしても人件費等の店舗運営コストの上昇で、直営店から加盟店への移管が見込めない190店舗を9月末で閉店することにした。 今後は、加盟店への移行を見込める直営店に経営資源を集中する。 閉店する190店舗のうち、北海道は24店舗が対象で、札幌市内は13店舗と半分以上の比率。 他は函館市内2店舗、旭川市、室蘭市、釧路市、北見市、美唄市、芦別市、江別市、北斗市、中川郡幕別町が各1店舗となっている。 対象店舗の店頭には9月30日14時で閉店するお知らせが掲示されている。 道内の店舗数は、現在137店舗だが、閉店によって113店舗になる。 プレナスは、ここ数年既存店改装を含めて積極的な出店を続けてきた。 それが一転、大量閉店を余儀なくされた。 人件費や原材料価格の上昇、競合店対策を乗り切るために掲げた販売戦略の不発は、大量閉店という大きな代償となって顕在化している。

次の

ほっともっと、なぜ一斉大量閉店に陥ったのか?コンビニ弁当&総菜の“充実しすぎ”が脅威

ほっと もっと メニュー 札幌

ほっ・とプラザ サービス内容のご案内 えぷろんサービス(家事援助) 利用対象者 生活に支障のある高齢者、障がい児(者)、病弱な人、産前8週産後8週の人、その他札幌市社会福祉協議会が必要と認めた人。 まずはご相談ください。 サービス内容 調理・掃除・洗濯・買い物などの家事 利用料金 30分あたり500円(うち事務費100円) 交通費実費• かいてきサービス(生活援助) 利用対象者 生活に支障のある高齢者、障がい児(者)、病弱な人、その他札幌市社会福祉協議会が必要と認めた人。 まずはご相談ください。 サービス内容 ごみ出し、簡単な大工仕事、庭の手入れ(冬囲い等)、じゅうたんの敷き替え、室内の模様替え、灯油運び・灯油入れ、話し相手、趣味・娯楽の相手、その他。 利用料金 基準サービス:(下記以外のサービス)30分あたり500円(うち事務費100円) ごみ出し:1回250円(うち事務費100円) 認知症高齢者等の見守りなど(家族支援):30分350円(うち事務費100円) 交通費実費• お出かけ同行サービス(外出援助) 利用対象者 高齢者(要介護2以下)や障がいのある人(手帳受給者) サービス内容 軽介護を伴う通院などの外出介助 利用料金 30分550円(うち事務費100円) 交通費実費• 利用時間帯 いずれのサービスも午前8時から午後8時(祝日除く)。 札幌市社会福祉協議会では、活動中の協力会員の傷害や利用会員・第三者への損害に備えて、保険に加入していますので安心してご利用下さい。 社会福祉法人 札幌市社会福祉協議会 ほっ・とプラザ 地域支え合い有償ボランティア事業 料金表(2020年4月~) サービス名 料金 えぷろんサービス(家事援助) 30分500円 (利用料400円) (事務費100円) 交通費 (公共交通機関使用の実費) かいてきサービス(生活援助) 基準サービス(簡単な大工仕事や、趣味・娯楽の相手など) 30分500円 (利用料400円) (事務費100円) 交通費 (公共交通機関使用の実費) ごみ出し 1回250円 (利用料150円) (事務費100円) 交通費 (公共交通機関使用の実費) 除雪 30分600円 (利用料500円) (事務費100円) 交通費 (公共交通機関使用の実費) 見守り等・話し相手(認知症高齢者なども含む) (認知症高齢者等の見守り等) 30分350円 (利用料250円) (事務費100円) 交通費 (公共交通機関使用の実費) お出かけ同行サービス 30分550円 (利用料450円) (事務費100円) 交通費 (公共交通機関使用の実費)• 上記の料金のほか、会員登録の際に年会費1,200円(初年度のみ年度末までの残り月数分に減額)をお支払いいただきます。 利用時間は午前8時~午後8時です。 サービス開始 協力会員によるサービスが開始されます。 利用料金等のお支払い.

次の