やくも 鉄道。 列車の旅・鉄道の旅ならお得なJR+宿泊プランの日本旅行

KATO鉄道模型ホームページ

やくも 鉄道

新幹線岡山駅連絡で山陽と山陰を結ぶ特急列車 山陽新幹線岡山駅と山陰本線米子駅・松江駅・出雲市駅を結ぶのが、カーブでも高速で走れる振子式装置を装備した381系電車で運転される特急「やくも」です。 1972(昭和47)年3月の山陽新幹線岡山延伸開業時、岡山駅~出雲市駅~益田駅間を伯備線経由で結ぶキハ181系気動車で運転を開始しました。 1982(昭和57)年7月の伯備線全線および山陰本線伯耆大山駅~知井宮駅(現・西出雲駅)間の直流電化の完成により、岡山駅~出雲市駅間を結ぶ381系電車使用の特急「やくも」が誕生しました。 なお、列車名は島根県東部の旧国名・出雲にかかる枕詞の「八雲立つ」にちなんで付けられています。 岡山駅を発車した列車は山陽本線を西に向かい、倉敷駅から右手に分岐して伯備線に入ります。 途中の新見駅まで高梁川(たかはしがわ)の渓谷に沿うように走るため、車窓に美しい渓谷美を楽しめます。 高梁川に沿うようにカーブが連続しますが、振子式装置を装備した381系電車はあまりスピードを落とさずに通過していきます。 新見駅を過ぎて岡山県から鳥取県に入ると、今度は日野川に沿って走ります。 伯耆溝口駅(ほうきみぞぐちえき)では右手に伯耆富士の別名を持つ大山(だいせん)が姿を現し、列車は伯耆大山駅から山陰本線に入ります。 そして、米子駅、松江駅などに停車し、右手に宍道湖が映し出されると、間もなく終着の出雲市駅に到着します。 鉄道コンシェルジュ ミスターKのとっておき情報 カーブを克服する振子式特急用電車.

次の

JR西日本381系「やくも」、国鉄形特急最後の輝き

やくも 鉄道

概要 この度、軽井沢ニューアートミュージアム・ギャラリーでは「描き鉄・やくもたろうの世界」展を開催致します。 各地の鉄道をテーマとしたアート作品を発表している『描き鉄』作家・やくもたろう。 前回の軽井沢ニューアートミュージアムでの個展「KARUIZAWA COLORS」では軽井沢ゆかりの鉄道に特化した作品を展示、大きな反響を呼びました。 一年を経て、鉄道模型を用いた立体作品や、一見鉄道とは無関係のようでありながら深く関わりのある作品など、やくもたろうの世界は更にウィットに富み楽しさを増しました。 今展では、しなの鉄道ご協力の元、各種資料の展示やイベントも開催致します。 鉄道ファンにはアートを、アートファンには鉄道の魅力を伝える恰好の機会となるでしょう。 是非この機会にご高覧を賜りますよう、ご案内申し上げます。 画像:やくもたろう, 「知覚の扉」, 65. 画商の父親と彫金作家の母親の間に生まれる。 幼少期より油絵を学び、絵画コンクールにも頻繁に入選。 様々な国を旅する中で現代アートに触れ、自らギャラリーを開業するが、のちに作家に転向。 幼い頃から鉄道好きであったことから「鉄道」と「アート」の結びつきを模索、「鉄道は芸術だ」というコンセプトを基に「描き鉄」という新たなカテゴリーを提唱、多様な表現によって制作活動を行う。 全国各地の百貨店やギャラリーでの展示のほか、アメリカ、アジアなどでも展覧会を行う。 軽井沢ニューアートミュージアムでの個展は昨年9月の「KARUIZAWA COLORS」以来二度目となる。 10月5日 土 ~10月15日 火 やくもたろうによる公開制作が行われます。

次の

更新情報

やくも 鉄道

画像をクリックすると拡大します。 岡山と島根県出雲市を結ぶ陰陽連絡の役目を持つ「ゆったりやくも」は現在も381系で運用されています。 他路線では国鉄形特急の淘汰が進む中で、平成18年 2006 ~平成22年 2010 にかけて車内外のリニューアルが実施されました。 381系「ゆったりやくも」6両セットは、先頭に特徴的なパノラマグリーン車のクロ380と、他車と屋根上や窓割りが異なるモハ380 200が連結された編成です。 リニューアルに伴う側面サボ受の撤去、側面非常口の埋め込み、車番のプレート化といった細部のディティールの違いも再現した、現役の姿での製品化です。 閑散期の4両編成から、土休日などに見られる6両貫通編成まで再現でき、お好みの編成でお楽しみいただけます。 今回製品化する ノーマル編成 は、平成28年 2016 10月1日より、繁忙期の運用にフレキシブルに対応するため、ノーマルの4両を基本に、増結3両を組成する7両での運用が行われている編成です。 前面貫通扉が設置された先頭車化改造車のクモハ381、グリーン車から普通車へ格下げになったサハ381、普通車からグリーン車へ格上げされたクロ381、製造時の面影を残すクハ381など、既存製品のパノラマグリーン車を組み込んだ「ゆったりやくも」と異なる個性的な車両をお楽しみいただけます。 ・クモハ381-509は前面貫通扉、小さいトレインマーク、赤い大形スカートを再現。 ・クハ381-112はサボ受があり、白地の方向幕、切り文字の車番など原形に近い形態を再現。 ・中間連結部とクモハ381-509先頭部はフック無しのボディマウント密連形カプラー採用。 ・実車同様にカーブに入ると車体がカーブ内側へ傾斜する、KATO独自の振り子機構を搭載。 ・フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行を実現。 ・愛称表示は変換式トレインマーク採用。 「やくも 幅広 」「やくも 幅狭 」の2種類を収録。 ・パンタグラフは近年の西日本直流電車で見られるホーン1本タイプのものを採用。 ・クハ381、サハ381、モハ380車体側面に見られる「ゆったりやくも」のロゴマークも美しく再現。 ・クハ381-112先頭部床下は連結運転に対応。 付属の連結用カプラーとモハ380-586用の貫通路カバーなどと組み合わせることで既存製品 品番10-1451 のパノラマ車両を含む9両編成を再現可能。 ・行先表示シール付属。 「特急やくも 岡山」「特急やくも 出雲市」を収録。 LED側面行先表示とクハ381-112用の幕式側面行先表示を作り分け。 ・号車・種別表示のサボ受が撤去され、非常口や一部の点検蓋が埋め込まれた姿を再現。 プレート式の車両番号は印刷で再現。 ・クロ380は先頭部の大きな窓をはじめとする特徴的な車体形状を再現。 ヘッドライトの間にある愛称表示も点灯。 また愛称表示は「Lやくも」を印刷済。 ・モハ380 200番台は喫煙スペースが設置され、窓割りやベンチレーターが追加された屋根上など他車と異なる特徴を再現。 ・クハ381 100は屋根上のホイッスルが撤去された姿を再現。 ・実車同様にカーブに入ると車体がカーブ内側へ傾斜する、KATO独自の車体振り子機構を搭載。 ・パンタグラフは近年の西日本直流電車で見られるホーン1本タイプのものを新規に作成。 ・先頭車先頭部はカバー付のダミーカプラー カバー付 を装備。 中間部にはボディーマウント密連形 フック無し のカプラーを採用。 ・愛称表示は「やくも」を収録。 ・イスの成形色はクロ380が薄茶色、他の車両は茶色で設定。 またクハ381の運転席は淡緑色で再現。 ・クハ381、モハ380の両側面に見られる「ゆったりやくも」のロゴマークも再現。 ・側面行先表示シール付属。 行先:「岡山」「出雲市」 座席表示は1号車:「グリーン車 グリーンマーク 」、2~4号車:「指定」、5・6号車:「自由」 別売対応オプション• N700A新幹線「のぞみ」• 285系 パン... JR四国2000系• 別途消費税がかかります。 All rights reserved.

次の