スウィート ホーム ドラマ。 ドラマ「スウィート・ホーム」見てた人

ドラマ「スウィート・ホーム」見てた人

スウィート ホーム ドラマ

その劇的な再会を発端として、いまや老いの孤独と闘っている両親をなんとか一緒に暮らさせたいと懸命に努力する「姉と弟」の姿を描きながら、家族とは何か、家庭とは何かを真摯に見つめていくドラマ。 奔放で行動的な姉・村山みずえ 30 に桃井かおり、人生の目標をつかみきれないで悶々とした日を送っている弟・北田勇一 25 に、本作が6年ぶりの連続ドラマ出演となった西城秀樹。 初共演となった2人は20年ぶりに再会する姉弟を演じるが、独特の個性を持ち、揺れ動く繊細な感情の表現のうまさではナンバーワンの桃井と、自然でナイーブな演技をこなす西城の2つのキャラクターの絡みが見どころだ。 勇一(西城秀樹)はみづえ(桃井かおり)と里見(松田優作)のあとを追いかけ、里見の別荘にたどりついた。 みづえは驚いた様子だったが、里見は予期していたかのように冷静で「君たちは愛し合っている」といい、別荘を出ていった。 勇一はみづえを激しくなじった。 みづえは勇一にもう会わない方がいいという。 激しい口論の末、二人は一夜をその別荘で過ごし、翌日別荘近くの遊園地に出かけた。 二人はゴンドラに乗り、心の中のことを吐き出すように喋った。 夕方になって突然、みづえは姿を消した。 数週間後、冷静になった勇一は恵美(藤谷美和子)に会った。 二人は改めて別れを告げた。 勇一はその足で、文江(南美江)に頼まれて宗一郎(宇野重吉)に会いに出かけた。 勇一は宗一郎に一緒に暮らそうというつもりである…… 村上みづえ(桃井かおり)は30歳。 元新聞記者の父宗一郎(宇野重吉)が脳血栓で倒れたと聞き、長い放浪生活に終止符を打ち、東京・世田谷のアパートへ戻ってきた。 みづえには連れがあった。 木下藤太(前田吟)38歳。 妻があるにもかかわらず、みづえに惚れて、彼女を会社の車に乗せてはるばる富山からやってきてしまった。 みづえはこの辺で腰を落着けたいと思っており、藤太ともきっぱり別れるつもりでいる。 さて東京・世田谷についたみづえは、懐かしさもあって街中を見て回った。 そして北田園芸店の前にくると急に動揺をきたし、フラフラと園芸店に入って行った。 応対に出たのはちょうど店に出ていた北田勇一(西城秀樹)25歳。 みづえが懐かしそうに店を見回し勇一は自分と顔を見合わせ涙ぐむのを見て変な人だなと思った。 勇一はこの北田園芸店の一人息子。 母文江(南美江)がこのあたりの地主の娘で、園芸店のオーナーでもあったが、実際の仕事は、文江の亡夫の弟大島京介(中条静夫)・信子(南田洋子)夫婦が切り回ししていた。 みづえにとって勇一は実の弟だった。 宗一郎と文江は約20年前に離婚、みづえは母が再婚した後宗一郎のもとへ。 勇一は文江に引き取られた。 まだ幼かった勇一は姉みづえの顔を覚えていなかったが、みづえはしっかりと覚えていた。 みづえは店を出て宗一郎のいるアパートへ向かった。 宗一郎は思ったより元気でさかんに好きな釣りの話をするのだった。 一方、勇一は店が次第に大島夫妻の好き勝手にされるのが面白くない。 といって家業を懸命にやろうという気もなく、恋人の高須恵美(藤谷美和子)と一緒に住むため明日にでも家出しようと考えていた。 さて、東京でみづえに放り出された藤太は偶然スナックで勇一と会って話しているうちに、みづえの家に押しかけようということになった。 みづえは訪ねてきた藤太と勇一を連れて近くのディスコへ行った。 それからおでん屋などをはしごしてすっかり酩酊してしまった3人は勇一の家へ。 こっそり家へ入るつもりが、藤太が二階の勇一の部屋へはい上がろうとして落ちてしまった。 その物音で北田家の住人がみんな起きてきた。 母文江も起きてきて、電気をつけてみると、そこに娘みづえがきるのでびっくり。 勇一もまた母が「みづえ!」と叫んだのを聞いて……。 勇一(西城秀樹)はみづえ(桃井かおり)が実姉と知りびっくりする。 それもみづえがそれを知りながら昼間、北田園芸店で会った時、そのことについて何も触れなかったことがなんとなく面白くない。 みづえは取りあえず藤太(前田吟)の脚のケガを看てもらうため、かつて彼女に惚れていた産婦人科医杉山英明(長谷川哲夫)を電話で呼び寄せた。 藤太の手当が一応終わって、英明が帰り、みづえもまた文江に挨拶をして北田の家を出た。 勇一が一緒についてきた。 みづえは夜の道を歩きながら勇一に一度父に会わないかと尋ねたが、勇一は逆に亡くなった義理の父親の法事に来て欲しいと言い出した。 みづえにとっては見ず知らずの男かもしれないが、勇一にとっては父や姉たちが出て行った後、愛情を持って育ててくれた親父だったのである。 実の弟がそれだけ面倒を見てもらった人の法事に姉が出てくれてもいいだろうというわけだ。 みづえは返事を留保し、アパートに戻ったが、父宗一郎(宇野重吉)はそのころ、小さな出版社へ面接に出かけていた。 数日がたって、藤太が警察に逮捕された。 みづえを乗せて東京まできた車は会社のもので、しかも集金した金まで持ったままきてしまった。 その結果会社はクビになり、おまけに会社から自動車窃盗と公金横領の容疑で訴えられていたのだ。 一方、勇一は亡父の法事が明日に迫ったこともあり、先日の返事を聞きにみづえのアパートへ出かけた。 ところが宗一郎とみづえは西沢渓谷へ岩魚釣りに出かけた後だった。 そのころ、みづえは宗一郎に法事に一緒に出ようと口説いていた……。 勇一(西城秀樹)は、義父の法事をぬけ出してみづえ(桃井かおり)と会った。 二人はそのまま北田園芸店に戻った。 勇一は、とにかく、みづえと二人きりになりたかった。 二人は子供時代の想い出話に興じた。 そこへ法事を終えた文江(南美江)たちが戻ってきた。 信子(南田洋子)は、みづえが台所に立っているのをみて、自分の聖域をおかされたような気になって怒り狂った。 そんな信子に勇一ははげしい怒りを覚えた。 一方文江は、勇一が法事をぬけだしたことを叱った。 みづえはまさか勇一が法事を抜け出してきたとは知らなかったので、びっくりした。 みづえは外へ飛び出した勇一を追って出た。 そこへ藤太(前田吟)が来て、これから富山へ戻るといいながらいきなりみづえにキスをした。 偶然それを目撃した。 その夜みづえは父・宗一郎(宇野重吉)に、一度勇一もつれて岩魚釣りに出かけようと言った。 そのころ勇一は恵美(藤谷美和子)に会っていた……。 恵美は、みづえの出現以来、勇一とじっくり話したこともなかったので、一緒に家を出てアパートで暮らす話はどうなったのかと問い詰めた。 しかし、勇一の答えは曖昧そのものだった。 恵美は勇一の言葉を聞きながら、以前、アパートで強引に勇一に犯された出来事を思い起こしていた。 勇一(西城秀樹)が将来の進路をはっきり決めないことにしびれをきらした文江(南美江)は、京介(中条静夫)が持ってきた縁談に乗り気になり、勇一に持ちかけた。 勇一はその直前に京介の娘真記子(安田成美)に結婚しない、と言われたこともあって、京介たちの真意がつかめないし、もとより結婚する気もないので縁談を断った。 ところが、勇一が部屋を出ていこうとした時、文江が急に心臓発作に襲われ倒れてしまった。 勇一は恵美(藤谷美和子)を呼び、みづえ(桃井かおり)と父宗一郎(宇野重吉)を呼んできて欲しいと頼んだ。 そのころみづえは、かつて勤めていた化粧品会社に同僚だった萩原良子(日向亜希)を訪ね、就職を頼んでいた。 良子はみづえの話を聞いてマネージャー室へ連れて行った。 みづえは、マネージャーの顔を見て驚き、あわてて部屋を出た。 彼、J・K(ナイジェル・リード)こそ、みづえのかつての夫で、二人の間にはマンディという女の子までいたのだ。 だが宗一郎は態度をはっきりさせず、途中で帰ってきたみづえがとりあえず病院へ向かった。 みづえたちを待っていた勇一は、宗一郎が来なかったことに腹を立て、文江は悪くなったのは自分と宗一郎のせいだと言い出した。 翌朝、宗一郎が病院にやってきたが、その姿を見た勇一は父への怒りを一挙に爆発させ、追い返してしまった。 その後、文江の容態は少しずつ回復に向かった。 そんなある日、みづえは宗一郎とともに川治へ岩魚釣りに出かけることにした。 みづえは必ず勇一がアパートへ訪ねてくると思い、管理人の大月(村田正雄)に川治の地図を添付した手紙を預けた。 みづえの思った通り、勇一は置手紙を見て、無性にみづえと雄一郎に会いたくなり、川治へ向かった……。 宗一郎(宇野重吉)とみづえ(桃井かおり)を追いかけ川治へ岩魚釣りにやってきた勇一(西城秀樹)は、一緒に宗一郎と風呂に入ったりしているうちにすっかりうちとけるようになった。 そのころ、北田園芸店では、鈴子(夏桂子)の縁談が持ちあがっていた。 相手は京介(中条静夫)の大学の後輩で、いまはアメリカの大学の教授をしている二上一男(津川雅彦)という男だった。 さて見合いの当日、京介や一男たちが談笑しているところへ、みづえたちが帰ってきた。 一男はひと目でみづえに魅かれたらしく、鈴子をそっちのけでみづえに話しかける始末。 一方、勇一は一男の出現がショックで、みづえをとられたくないこともあって、母と宗一郎、みづえと一家四人で暮らそうといい出した。 その夜、宗一郎が文江(南美江)を見舞った。 10数年ぶりに2人はじっくり話す機会を得た。 一方、北田園芸店では、信子(南田洋子)がこの際、みづえと一男を結婚させてしまおうといっていた。 信子たちにとって園芸店を自分たちのものにするのに、みづえは何となく邪魔な存在だから、アメリカへ行ってくれればいうことなしということなのだ。 そうと決まると京介と信子は一男にみづえのことをほめあげて一男を夢中にさせようと懸命になるのだった。 事情を知らない一男は、あと4日でアメリカへ戻らなければならないこともあって、信子らの話を聞くといきなりみづえの家を訪ねていくといい出した……。 文江(南美江)の退院が近づき、北田園芸店では信子(南田洋子)を中心に、快気祝の相談をしていた。 信子の腹づもりは、宗一郎(宇野重吉)、みづえ(桃井かおり)親娘も招くが、それはあくまでお客としてであって、そのけじめだけははっきりしておこうというものだった。 一方、みづえも勇一(西城秀樹)と恵美(藤谷美和子)らとささやかな文江の快気祝いを計画していた。 みづえはその相談のために園芸店を訪ね、鈴子(夏桂子)に会って、うっかりと自分には子供もいると喋ってしまった。 勇一はそれを鈴子の口から初めて聞かされ二重のショックを受けた。 しかも、みづえは勝手に快気祝を計画し、恵美まで呼んでいると知り腹を立てた。 そのころ、恵美はかつての恋人真部達也の訪問を受けていた。 達也は銀行員になっており、過去の勇一と恵美とのことは水に流し、結婚しようと言った。 そこへ偶然みづえが来て、話を聞いてしまった。 みづえは病院に文江を迎えに行った時、勇一に恵美とのことを問い詰めた。 だが勇一はみづえへのこだわりもあって喋りたがらなかったが、結局重い口を開いた。 勇一はみづえの子供のことで、みづえは勇一と恵美とのことで、互いに少しずつ傷ついた。 その夜、北田家で文江の快気祝が開かれた。 勇一の説得で宗一郎も参加してなごやかに行われた。 みづえは勇一が宗一郎を連れてきてくれたことに素直に感謝し、二人のわだかまりは消えていった。 そして、みづえは勇一に、今度娘(マリー)とJ・K(ナイジェル)に会うからついてきて欲しいと頼んだ。 勇一(西城秀樹)は、宗一郎(宇野重吉)とみづえ(桃井かおり)を自分一人の考えで北田の家に入れるつもりになってそのことに熱中しだした。 信子(南田洋子)や京介(中条静夫)は、勇一の考えを実行されると、自分たちの立場が危うくなるので、阻止計画を立てることにした。 文江(南美江)も、勇一も10数年ぶりの再会とはいえ、宗一郎はともかく、みづえに対する勇一の態度は度が過ぎていると思った。 そのころ、みづえは友人の紹介でクラブのママに会って、そのクラブで働きたいと頼んでいた。 一方、勇一は恵美(藤谷美和子)と一緒にみづえのかつての夫J・K(ナイジェル)と娘マンデー(マリー)に会い、みづえからのプレゼントだと言ってマンデーに洋服を渡していた。 そのころ、みづえは勇一の部屋にいた。 それでなくても、みづえの一挙手一投足が気になる信子たちは、これがみづえの北田家へ戻ってくる第一歩だと戦々恐々としていた。 そんな信子たちにみづえは、自分と宗一郎が北田家に入りこむなんてことは絶対あるはずがないと断言した。 一方、宗一郎もまた文江から事情を聞き、京介に会って北田家に入ることなどできるわけもないし、文江たちをここまで守ってくれたことに感謝するといっていた。 そのころ、勇一はみづえがクラブで勤めると聞きカンカンになっていた……。 宗一郎(宇野重吉)が突然、家出をした。 勇一(西城秀樹)は、せっかく親子一緒に暮らせるようになると思っていた矢先のことだったのでショックが大きく、それが怒りに変わった。 家出する前日、宗一郎と話した京介(中条静夫)は宗一郎がこのまま北田家の近くにいることで、かえって勇一たちと京介たちが気まずくなるのを心配して家出したのだとその理由を語った。 みづえ(桃井かおり)は勇一とは違った意味で宗一郎の家出にショックを受けていた。 宗一郎は、10数年昔、やはり同じようにして文江(南美江)を残して去ったんだと知ったみづえは今度ばかりは宗一郎を許せなかった。 一方、京介は宗一郎の態度に深い感銘を受けた様子で、何かと口をはさみたがる信子(南田洋子)を結婚して初めて殴り、宗一郎を非難するのを男の気持ちがわかるかと怒った。 みづえと勇一はなんとしても宗一郎を捜し出そうと懸命になった。 しかし、宗一郎が行きそうなところはすべてあたったがどこにもいなかった。 その話を聞いた文江は、ふと二人が新婚旅行で行った場所を思い出し、みづえたちに一人で行ってくると言って出かけた。 その夜、みづえは勤め始めたクラブに勇一を誘った……。 勇一(西城秀樹)がみづえ(桃井かおり)の勤めるクラブへ行った夜、勇一とお客の里見(松田優作)は酩酊したみづえを送ってアパートまで行った。 翌日みづえは泊まり込んだ勇一と一緒に買い物に出かけ、夫婦と間違われてしまった。 二人はこの夫婦遊びがすっかり気に入って、アパートに戻っても遊びを続けキスまでしてしまった。 さすがに二人とも自分たちのしたことに激しいショックを受け茫然とするのだった。 そのころ文江(南美江)は行方不明になっていた宗一郎(宇野重吉)を捜し出し、2人だけでしみじみと語り合っていた。 一方、恵美(藤谷美和子)は勇一との関係も含めてすべて一からやり直そうと引っ越しを決心し、勇一に相談しようと北田家を訪ねた。 だが勇一は不在だった。 そこへ偶然真部(寺泉哲章)が現れた。 真部は恵美の代わりに勇一に会ったが、みづえのことで頭がいっぱいの勇一は何をしていいのかわからなかった。 一方、みづえは昼過ぎから里見をライブハウスに訪ね、二人はそのまま近くのホテルへ行った。 そのころ、北田園芸店にマンディ(マリー・ディセルムズ)がやってきた。 勇一は急いでみづえを呼びに行ったが不在ですごすごと帰ってきた。 夕方になって、みづえが北田家を訪ねてきたが、勇一は会おうとしなかった……。 みづえ(桃井かおり)と勇一(西城秀樹)は、それぞれ眠れぬ一夜を過ごした。 翌朝、みづえは里見(松田優作)と別れ、アパートに戻る途中で、恵美(藤谷美和子)に会った。 恵美は、勇一とのことは清算して出直すと言った。 それを聞いたみづえは勇一や宗一郎(宇野重吉)のことを含め、自分が何も捨てることができないでいることに気づいた。 電話を取った鈴子(夏桂子)は勇一に話したが、勇一は昨日のことがあるので、素っ気なく振る舞い、結局鈴子がみづえに知らせに出かけた。 アパートに着き鈴子が電話の件を話しているとそこへ里見がやってきた。 みづえは里見の別荘に行く予定を変更して鈴子にも同行を求めてマンディの待つホテルへ向かった。 マンディはみづえたちの顔を見るや昨日親切にしてくれた鈴子に駆け寄って抱きついた。 思いがけないことだったが、鈴子はみづえを気づかいながらも嬉しそうにマンディを抱き上げた。 衝撃を受けたみづえは、鈴子にマンディをまかせ、里見をうながし別荘へ向かった。 勇一は帰ってきた鈴子にみづえが里見と山中湖へ行ったと聞き激しい衝撃を受けた。 自分でも制御しようのない感情に揺り動かれるようにして、里見の別荘を捜し回った。 そのころ、みづえは里見の別荘で結婚しようと話し合っていた。 里見はそれでもいいとは言ったが、みづえの心の奥深くに全く別の感情が動いていることに気づいていた。 そこへ勇一がびしょ濡れになって入ってきた。 里見は二人を前に、君たちは愛し合っているのだと言って別荘の鍵を置いて出ていった。

次の

スウィート・ホーム (テレビドラマ)

スウィート ホーム ドラマ

ストーリー [ ] のとある街に暮らす3家族(井上家、吉永家、桜井家)の子供達のをめぐるコメディドラマ。 から東京に転勤してきた井上家の長男・翼()は都内のに入園するが、周りは名門を目指す子供ばかり。 ・若葉(山口智子)は最初驚いていたものの、やがてカリスマ教師・小沢頼子()が講師を務めるに翼を通わせ始め、次第に受験戦争にはまっていく。 結婚生活の初心を忘れ、翼の受験に狂った若葉は夫・実(布施博)と翼のしりをたたく悪妻になり…。 概要 [ ] お受験をめぐるドラマはこの後いくつか作られたものの(『』、『』)、本作はそれらとは一線を画す名作と評される。 井上家を軸としつつ吉永家や桜井家の人間模様も同じように丁寧に描いていたこと、井上夫婦のやりとりのセリフの軽妙さ、脇役俳優陣の個性溢れる演技などが今もなお評価される要因であろう。 前年に『』をヒットさせた山口智子と野際陽子の再共演と同作の脚本を手掛けた西荻弓絵が再び脚本を担当したこともあり、放送前からの前評判も高かったが、徐々に人気を集め、最終回は26. 連続ドラマ化されて間もなかった枠は『』と本作によって軌道に乗り、同枠としては平成初期の傑作となった。 このドラマの放送により、小学校受験を表す俗語「 お受験」が広まった。 従前には、有名小学校の受験関係者、経験者の間においても「お受験」の呼称は一般的ではなかった。 キャスト [ ] 井上家 [ ] 井上 実 演 - 紙おむつメーカーの営業マン。 大学入学や就職も「体育会系枠」で来たこともあり、お受験には否定的で若葉と対立する。 井上 若葉(旧姓・宮坂) 演 - 実の妻。 「子供はのびのび育てたい」という考えの明るく元気な普通の主婦だったが、次第にお受験にハマる。 である。 井上 翼 演 - 明るく天真爛漫な男の子。 幼児教室に入った際、授業についていけなかった事&祖母を「タキババ」と呼んでいる事を周りの園児達から「間違っている」と言われ、頼子先生に促されて教室の後ろで見学していた実&若葉に「お父様、お母様ごめんなさい」と慣れない言葉で謝罪させられる(若葉がお受験にハマるきっかけにもなった)。 勉強は苦手だが、父・実が体育会系な事もあって運動は得意。 井上 タキ 演 - 実の母。 何かあると田舎から出てくるが、典型的な田舎のお婆ちゃんでよく武雄とは対立している。 翼からは「タキババ」と呼ばれ親しまれている。 吉永家 [ ] 吉永 英世 演 - 実の上司で同期の友人。 社内では実と同期だが、東京大学出身のエリートで出世競争では遥かに上を行っている。 家庭内では早苗に頭が上がらず、夕食後や家に居づらい時(早苗がイライラしている時など)進・学と共に競歩をしながらお受験の練習をする。 吉永 早苗 演 - 英世の妻。 教育ママ。 長男・進のお受験失敗を姑に責められた事もあり、学のお受験に執念を燃やす一方で学ばかりに構っている現状から進の反感を買っている。 吉永 進 演 - 大沼勇(現・南イサム) 学の兄で小学生。 お受験に失敗し、公立小に通っている。 両親には反発する反面、兄弟仲は良く、また英世との日課の競歩には必ず参加していた。 吉永 学 演 - 幼児教室でも常に成績優秀で周囲から期待されているが、早苗が自分(学)にばかり構って兄が心を閉ざし気味になっている事を幼いながらも気にしている。 翼とは反対に勉強は出来るが、運動は苦手。 桜井家 [ ] 桜井 聖(きよし) 演 - かがりの夫、有名私立出身のお金持ち。 娘のお受験はかがり任せ。 愛人がいたが、かがりにお受験終了後の離婚を突きつけられて改心する。 桜井 かがり 演 - きよしの妻。 常に全身で固めている事から「エルメス」と呼ばれている。 その派手な身なりから幼稚園内では浮いていた事もあって若葉と意気投合する。 桜井 さやか 演 - 『クレヨンしんちゃん』のの物真似をするのが好きな女の子。 両親を「きよし・かがり」と名前で呼んでしまう。 母親同士が仲良い事もあり、よく翼と遊んでいた。 宮坂家 [ ] 宮坂 菜穂 演 - 若葉の妹で高校生。 甥の翼とは仲が良く、若葉不在時にはよく翼の子守に来ている。 宮坂 武雄 演 - 若葉・菜穂の父。 二人の娘を溺愛しており、孫・翼のお受験にも率先して協力する。 その他 [ ] 小沢 頼子 演 - 翼・学・さやか達が通う幼児教室の先生。 園児の保護者達を容赦なく叱りつけるなど厳しい面があるが、子供思いで教育熱心。 序盤は大雑把な若葉を頼子が叱りつける展開が恒例となっていた。 玉ねぎヘア(のような髪型)と袴姿がトレードマーク。 原 槙子 演 - 若葉の親友で独身。 恋人がいたが失恋してしまい、その事を実に相談していた所、周囲から誤解を招いてしまい、ある騒動の原因になる。 鍋 オタク 演 - 実の同僚(後輩)。 眼鏡をかけた恰幅の良い体型で、大学時代は部に所属。 槙子のお見合い相手として井上家の食事会に呼ばれるが、そこで鍋奉行としての本性を現し、一同を唖然とさせた。 物語終盤では槙子と恋仲になっている。 沢田雪子 -• 大内部長 -• 水谷秋絵 -• 鈴木広司 - スタッフ [ ]• 脚本 -• 演出 - (第1、2、6 - 8話)北川雅一(第3、4、10、11話)(第5、9、最終話)• 主題歌 - 「」• 演出補 - 近藤誠、村山知久、、福澤克雄• 協力 - 、、、、さくら総合リース、ドレクセルヘリティジジャパン、、、ヌーベルバーク• 資料協力 - 矢崎葉子 『うちの子は受かります』• プロデュース -• プロデュース補 -• 製作著作 - 放送日程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 演出 Vol. 1 1994年1月 09日 お受験バトル開始! 生野慈朗 Vol. 2 1月16日 女房 受験にハマる Vol. 3 1月23日 ダンナさんの悪口 北川雅一 Vol. 4 1月30日 発情するXマス Vol. 5 2月 06日 お受験崩壊家族 福澤克雄 Vol. 6 2月13日 5歳の落ちこぼれ 生野慈朗 Vol. 7 2月20日 必見! 裏口入学法 Vol. 8 2月27日 パパ 離婚しないで Vol. 9 3月 06日 受験夫婦の偏差値 福澤克雄 Vol. 10 3月13日 合格の秘訣3ヵ条 北川雅一 Vol. 11 3月20日 絶体絶命! 傷だらけの翼 Vol. 12 3月27日 翼の合格発表 福澤克雄 平均視聴率 20. スウィート・ホーム DVD(全6枚組 2007年4月25日発売) 注釈 [ ].

次の

ドラマ『スウィート・ホーム』の動画まとめ

スウィート ホーム ドラマ

20年ぶりに再会した姉と弟を中心に、東京・世田谷の園芸店を舞台に繰り広げられるホームドラマ。 「家族とは何か」を描く。 かつて離婚して家を出た父と娘が、つつましやかに暮らしている母と息子の前に突然姿を現す。 その劇的な再会を発端にドラマは展開していく。 村山みづえ(桃井かおり)は30歳。 元新聞記者の父・宗一郎(宇野)が脳血栓で倒れたと聞き、長い放浪生活に終止符を打ち、東京・世田谷のアパートへ戻ってきた。 懐かしさもあって街中を見て回るみづえは北田園芸店に入り、応対に出た北田勇一(西城秀樹)を見て涙ぐむ。 勇一はこの園芸店の一人息子で母・文江(南美江)がオーナーだったが、実際の仕事は文江の義弟・大島京介(中条静夫)と信子(南田洋子)の夫婦が切り回していた。 みづえにとって勇一は実の弟だった。 宗一郎と文江は20年前に離婚、みづえは宗一郎のもとへ、勇一は文江に引き取られていた。 幼かった勇一はみづえの顔を覚えていなかった。 その勇一は恋人の恵美(藤谷美和子)と暮らすために家出を考えていた。 その後、ふとしたことからみづえの不倫相手・藤太も交えて再会したみづえと勇一。 飲み屋をハシゴしてすっかり酩酊してしまった3人は勇一の家へ。 その時、文江に見つかってしまい、文江は娘の姿を見て驚く。 勇一もまた母が「みづえ!」と叫んだのを聞いて…。 【以上、日テレ・プラスより引用】当時女子美術大学付属高校1年在学中だった安田成美の女優デビュー作品(CMが先行)。 提供・大正製薬、日産自動車、日清製粉、明治乳業。 引用パーツ ホームスイートホーム 20年ぶりに再会した姉と弟を中心に、東京・世田谷の園芸店を舞台に繰り広げられるホームドラマ。 「家族とは何か」を描く。 かつて離婚して家を出た父と娘が、つつましやかに暮らしている母と息子の前に突然姿を現... 出典:テレビドラマデータベース.

次の