寝台 特急 サンライズ。 はじめての寝台列車 寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」に乗ってみよう!

「サンライズ出雲」料金表|JR線ご利用案内

寝台 特急 サンライズ

サンライズ瀬戸・出雲の料金形態 まず、サンライズ瀬戸・出雲には以下6つの寝台・座席が用意されています。 シングルデラックス 一人用個室では最も充実した寝台 シングルツイン 一人でも二人でも使える個室寝台 シングル 一人用の標準的な個室寝台 ソロ シングルより狭いが料金が安い個室寝台 サンライズツイン 二人用の個室寝台 ノビノビ座席 開放型の簡易寝台(雑魚寝) ノビノビ座席以外は全て個室の寝台であり、 寝台個室を利用する場合、乗車券と特急券に加えて、 寝台券が必要になります。 ノビノビ座席は指定席特急券のみで利用できるため、こちらを利用する場合は寝台料金はかかりません。 (後述) 乗車券と特急券の金額は乗車区間によって変化しますが、 寝台料金は距離に関係なく利用する個室単位で料金が決まっています。 シングルツインを二人で利用する場合、 寝台料金は15,100円(9,600円 +補助ベッド使用料5,500円)となります。 サンライズツインを一人で利用する場合でも、二人分の特急料金と寝台料金が必要になるので注意しましょう。 ノビノビ座席を利用する場合は 乗車券+指定席特急券の2枚が必要です。 指定席特急券の内訳は、 指定席料金の530円と距離に応じた特急料金の合計となります。 ただし、ノビノビ座席の指定料金には 繁忙期+200円、 閑散期-200円の差があるので注意しましょう。 ノビノビ座席の詳細な料金は下記の料金合計を参考にして頂ければと思います。 【東京・横浜~出雲市】サンライズ出雲の料金合計 サンライズを 東京・横浜~出雲市で利用した場合の合計料金は以下の通りです。 なお、 横浜~高松間の料金は、一人あたりの 乗車券の差額330円を引いた金額が合計料金となります。 なお、 横浜~岡山間の料金は一人あたりの合計料金から 330円引いた金額が合計料金となります。 なお、 横浜~姫路間の料金は一人あたりの合計料金から 220円引いた金額が合計料金となります。 サンライズの予約方法は、 駅のみどりの窓口より切符を購入するか、 旅行代理店よりサンライズのツアーに申し込む方法の2つがあります。 運賃の計算や購入の手続きが面倒な方は、サンライズのツアーでまとめて手配してもらうと良いでしょう。 サンライズの詳細な予約方法については「 」を参考にして頂ければと思います。 <関連記事>.

次の

「サンライズ出雲」は女子にぴったり!個室で楽しむ寝台列車の旅/古谷あつみの鉄道旅 番外編Vol.1│観光・旅行ガイド

寝台 特急 サンライズ

を走行する「サンライズ瀬戸」 ( - 間) 概要 現況 運行中 地域 、、、、、、、、、、 運行開始 (JR西日本) (JR東海) (JR東日本) (JR四国) 路線 起点 終点 (延長運転時 高松駅経由) 営業距離 804. 7 500 (東京 - 高松間) 848. 7 527. 4 (東京 - 高松 - 琴平間)) 平均所要時間 約9時間30分 運行間隔 1往復 列車番号 5031M・5032M 使用路線 JR東日本:()・(上りのみ) JR東海:東海道本線(・) JR西日本:東海道本線(・・)・(一部JR神戸線)・・() JR四国:本四備讃線(瀬戸大橋線)・(延長運転時) 車内サービス ・・ 身障者対応 B寝台「シングルツイン」(バリアフリー対応):2・8号車 座席 普通車「ノビノビ座席」(簡易寝台):5・12号車 就寝 A寝台「シングルデラックス」:4・11号車 B寝台「ソロ」:3・10号車 B寝台「シングル」:1・2・5 - 9・12 - 14号車 B寝台「シングルツイン」:1・6・7・ 8・13・14号車 B寝台「シングルツイン」(バリアフリー対応):2・9号車 B寝台「サンライズツイン」:4・11号車 展望 (5・12号車) その他 シャワー室(5・12号車) 技術 電車(JR東海・JR西日本) 1,067 1,500 130 サンライズ瀬戸(サンライズせと)は、 - 間を・・・()・を経由して運行しているである。 本項では「サンライズ瀬戸」の前身である寝台特急「 瀬戸」(せと)、およびとを結んでいたの沿革についても記述する。 概要 「サンライズ瀬戸」は、(平成10年)に 、それまでによって東京駅 - 高松駅間で一往復運転していた寝台特急「瀬戸」を、新たに製造したに置き換えて運転を開始した列車である。 「瀬戸」では全区間単独運転であったが、東京駅 - 間は同じく寝台特急「」から置き換えられた「」とともに併結運転されるようになった。 2019年現在、を全線走破し、なおかつJR4社(東日本・東海・西日本・四国)の区間を跨いで運行する唯一の旅客列車である。 2015年3月ダイヤ改正前よりとの二か国語で車内自動放送が行われている。 JR西日本の特急列車としては本列車と「」、「サンライズ出雲」、「」の一部でのみ行っており、寝台特急列車への導入はカシオペアに次いで二例目である。 2016年3月21日(到着)をもって臨時寝台特急「」が運行終了、翌22日(到着)をもって急行「」が最終運行 となったため、同月23日以降は「サンライズ出雲」と共にJR線を走行する唯一、定期運行を行う寝台特急列車でかつ、夜行旅客列車となった。 運行概況 (東海道本線東京 - 横浜間、1999年7月20日) この音声や映像がうまく視聴できない場合は、をご覧ください。 東京駅 - 高松駅間を約9時間30分で結び、毎日1往復が運転されている。 多客時の金曜日・土曜日・休前日に限り、下り列車は高松駅到着後にまで延長運転を行っている。 7月から2009年8月までは、多客期に発着で延長運転されていた。 延長運転時は長距離利用客を優先するため、高松駅 - 松山駅間の予讃線内延長区間のみの利用は不可とされた。 そのため、高松駅では下り列車到着時にはここからの乗車がないよう、には「回送」と表示された。 また、以遠の利用では(正式には。 同駅の項目および・も参照のこと) - 高松駅間を往復することになるが、営業上の特例として高松駅の改札を出ない限り宇多津駅 - 高松駅間の・特急料金は不要とした。 設定当初は期間中ほぼ毎日運転されたり、、や秋季にも運転されていたことがあったが、年々運転日が減少し、秋季に続いて限りで春季の運転がなくなった後はとにそれぞれ数日運転されるのみとなり、2009年8月を以って松山への延長運転は取り止めとなった。 その後、9月から11月までの金曜日・土曜日・休前日の合計31日間に、下り列車に限り着で運転され 、これは2015年夏以降も現在まで引き続き設定されている。 なお、この琴平への延長運転でも同様に、延長区間のみの利用はできないほか、営業上の特例として高松駅の改札を出ない限り宇多津駅 - 高松駅間の運賃・特急料金は不要としている。 「瀬戸」が、を利用し・の各沿線都市と四国を結ぶ列車として、本州側でダイヤが考慮されていたことや、四国側にも同名の列車が運行されたこと、瀬戸大橋線開業以降も(JR四国)管内の・高松駅でと接続が計られており、それゆえ・の列車と同様にのが存在する。 は、5031M・5032Mと運転線区等で変更がなく、下りが5031M、上りが5032Mとなっている。 多客期の延長運転区間(高松駅 - 松山駅間)の列車番号は9000番台で、下りが9031M、上りが9032Mとなっている。 ( )は下り列車のみ停車、〔 〕は上り列車のみ停車。 これは朝ラッシュ時に突入するの待避を少なくするための措置であり、その場合横浜駅を経由しないため、代わりに小田原駅に臨時停車する。 上下列車とも・に、下り列車のみ・に、上り列車のみ・に、それぞれする。 7両編成で「シングルデラックス」、「サンライズツイン」「シングルツイン」「シングル」「ソロ」、「ノビノビ座席」で組成されている。 また、3号車と10号車にはミニサロンが設けられている。 この運用形態は - までの「」、 - までの「」「」で見られた。 シャワー室は、3号車・4号車・10号車・11号車にあり、シャワーカードにより6分間利用することができる。 このうち、4号車・11号車は個室A寝台利用客専用となっている。 個室A寝台利用客は車掌から配布されるシャワーカードで利用できるが、個室B寝台・ノビノビ座席利用客は、3号車・10号車にある販売機で320円のシャワーカードを購入する必要がある。 ノビノビ座席の様子 担当乗務員 、共に(JR東日本)・JR東海・JR西日本・JR四国が自社区間のみを担当することから、会社境界である熱海駅・米原駅・児島駅などで交代する。 担当車掌の詳細は下記の通り(JR東日本区間の上り列車とJR東海区間の上下列車は車掌1人乗務)。 東京駅 - 熱海駅間:• 浜松駅 - 米原駅間:• 米原駅 - 姫路駅間:• 姫路駅 - 児島駅間:• 児島駅 - 高松駅間: 2015年3月14日改正前日発の下り列車まで車掌は、東京駅 - 児島駅間をJR西日本のが担当していた。 2015年3月12日時点ので車掌が会社境界を跨いでかつ長距離の越境乗務をしている列車は本列車(米原駅 - 東京駅間445. 9km)と「」、「」( - 間578. 6km)の3列車のみであったが、本列車をもって国鉄時代から続いていた夜行列車の長距離越境乗務は消滅した。 岡山車掌区が越境乗務していた当時は車掌がシャワーカードとアメニティセットの販売も行っていたが、前者は自動券売機での販売へ移行、後者は販売を終了している。 7 500 (東京 - 高松間) 使用路線 JR東日本: JR東海:東海道本線 JR西日本:東海道本線・・・() JR四国:本四備讃線(瀬戸大橋線)・ 車内サービス ・ 就寝 A寝台「シングルデラックス」:3号車 開放式B寝台:1・2・5 - 13号車 展望 :4号車 技術 1,067 3 6 1,500 運行速度 最高110 68 「瀬戸」は、10月に初の直通列車となる四国連絡のが東京駅 - 間で運転を開始したのがルーツで、東京駅 - 岡山駅間は、東京駅 - 間急行の「」と併結運転していた。 一方、四国側の連絡列車は、 - 間に「」が設定された。 準急「せと」は、高松桟橋駅 - 間で、高松桟橋駅 - 間の準急「」を併結していた。 9月からは単独運転となったが、同年11月から11月までは東京駅 - 大阪駅間で、東京駅 - 間を経由で運転する急行「」に併結して運転されていた。 1951年12月に「 せと」と名付けられ、で再び「せと」は単独運転となり、列車名は漢字の「 瀬戸」に変更した。 10月には寝台急行列車「 さぬき」が新設されて四国連絡の2本目の列車としていたが、で「瀬戸」に統合されて「瀬戸」は2往復になった。 3月には、特急列車化されたが1往復に削減され、1988年4月の本四備讃線(瀬戸大橋線)開通後は、同線を経由して運転区間は東京駅 - 高松駅間に変更された。 廃止時の運行概況(1998年) 停車駅 東京駅 - 横浜駅 - 熱海駅 - 沼津駅 - 富士駅 - 静岡駅 - (浜松駅) - 〔大阪駅〕 - 〔三ノ宮駅〕 - 姫路駅 - 岡山駅 - 児島駅 - 坂出駅 - 高松駅• ( )は下り列車のみ停車、〔 〕は上り列車のみ停車。 上下列車とも・に、下り列車のみ大阪駅にしていた。 「あさかぜ」は東京駅 - 間、「瀬戸」は東京駅 - 間で運転され、 「あさかぜ」「瀬戸」とも付属編成は季節により連結していなかった。 スハ25形非連結編成には、スハ25をオハ25の代用として、パンタを下げた状態で使用される事があった。 1号車のオハネフ25は車掌室が下り下関駅・高松駅方向先頭方向に向かうよう方向転換された。 「瀬戸」として運転開始当初はを使用していたが、、「瀬戸」1号・2号のに新開発のを試用して、翌年には元の10系客車に戻された。 1972年3月に特急列車化されたことによりに変更し、9月にに置き換えられるまで使用された。 置き換え以降は開放式のみのモノクラス編成が続いたが、3月10日より、車両を共通運用していた「」2号・3号とともに「シングルデラックス」とが連結された。 機関車は配置でに常駐のが全区間を牽引した。 稀に田町に常駐しない初期型や塗色の1019・1118号機が充当される場合もあった。 さぬき 「瀬戸」の増発列車として、1964年10月から1968年10月まで東京駅 - 宇野駅間で運転された寝台急行列車である。 「瀬戸」に統合されて廃止されたが、サロンカーのが連結された特徴ある列車であった。 列車名の由来は、のであるである。 当初はの開業によって廃止される「すばる」が使用される予定であったが、香川県の要望によって「さぬき」が使用されるようになった。 東京対四国夜行列車沿革 四国連絡急行の整備• (25年)10月1日:東京駅 - 宇野駅間で、初の宇野線直通列車となる四国連絡の急行列車が運転開始。 (昭和26年)• :「安芸」から宇野線直通の列車を分離。 東京駅 - 宇野駅間を単独で運転する 3039・3040列車になる。 : 3039・3040列車は、東京駅 - 大阪駅間で、東京駅 - 大社駅間(福知山線経由)の急行「出雲」と併結運転開始。 :宇野線直通急行の3039・3040列車に「 せと」と命名。 (昭和31年)11月19日:ダイヤ改正()により、「せと」は単独運転になり、列車名は漢字の「 瀬戸」になる。 (昭和39年)10月1日:東京駅 - 宇野駅間で四国連絡の急行「 さぬき」が運転開始。 (昭和43年)10月1日:のダイヤ改正で次のように変更。 東京駅発着の四国連絡夜行列車の列車名は「瀬戸」に統合され、「さぬき」が廃止。 「瀬戸」は2往復になる。 従来の「さぬき」は「瀬戸」1号(下り)・2号(上り)とし、「瀬戸」は「瀬戸」2号(下り)・1号(上り)とした。 なお、「瀬戸」1号(下り)・2号(上り)の寝台列車指定は変わらなかったが、座席車中心の「瀬戸」1号・2号にも寝台車を連結していた。 四国列車の「せと」は「 」に改称。 (昭和46年):「瀬戸」1号・2号のに、新開発のを試用。 翌年には元のに戻される。 四国連絡ブルートレイン「瀬戸」 で運行されていたころの「瀬戸」 1993年撮影• (昭和47年)3月15日:「瀬戸」が特急列車化され、1往復になる。 使用車両を10系客車からに変更。 同改正で四国初の特急「」「」が運転を開始し、を利用して高松駅で両列車に接続するダイヤ設定であった。 (昭和48年)10月ごろ:「瀬戸」の営業休止して一時期は食堂車を編成から外す。 (昭和50年)3月:「瀬戸」の車両の受け持ちが、品川客車区(現在の)から下関運転所(現在の)・(現在の)に変更され、「」2号(下り)・1号(上り)と共通運用となる。 なお食堂車の連結を復帰させたが、営業は休止していた()。 (昭和52年)9月:B寝台を2段寝台としたに置き換え、の連結を終了()• (昭和63年)4月10日:の開通により、「瀬戸」の運転区間が東京駅 - 高松駅間に延長される。 岡山駅 - 高松駅間でいわゆる「」扱いが開始。 (2年)3月:車両と室を備えた「」が連結開始()。 改造車についての詳細は、を参照されたい。 (平成10年)7月10日:「瀬戸」が電車化され、「 サンライズ瀬戸」として運転開始。 ただし従来の「瀬戸」は8月31日まで臨時運行した。 東京駅 - 岡山駅間は「」と併結運転。 これに伴い岡山駅 - 高松駅間のヒルネ扱いも廃止。 (平成11年)7月:多客期に高松駅 - 予讃線松山駅間で延長運転開始。 (平成18年)3月18日:停車駅にを追加。 (平成21年):東京駅発着の客車寝台特急()であった「・」が廃止。 これにより、「サンライズ出雲」とあわせて唯一の東京駅発着の寝台特急列車となる。 (平成22年)3月13日:上郡駅が停車駅から除外される。 (平成26年)9月 - 11月:瀬戸内海国立公園指定80周年を記念し、金・土曜・休前日に高松行きを琴平駅まで延長運転。 (平成27年)• :東京駅発の下り列車をもってJR西日本岡山車掌区の車掌による東京駅までの越境乗務が終了。 :「北斗星」がになったため、併結相手の「サンライズ出雲」と共にで残り2列車の寝台特急列車となった。 (平成28年)• :臨時寝台特急「」が運行を終了し、「サンライズ出雲」と共にJR線で残り2列車の定期運行(臨時を含めて定期的な運転で移動を目的とする列車を含む)を行う寝台特急列車となった。 :急行「はまなす」の最終運行が終わり 、「サンライズ出雲」と共にJR線で残り2列車の定期運行を行う夜行列車となった。 平成30年• :の影響により、全区間で運休となる。 :運行再開。 ただし併結相手の「サンライズ出雲」が運休のため、全区間「サンライズ瀬戸」の単独運転。 :台風12号の影響で運休。 :「サンライズ出雲」の運転再開により通常ダイヤに戻る。 :臨時列車での琴平延長運転も再開。 :台風24号の影響で、JR東日本管内の計画運休に伴って運休。 脚注 [] 注釈• 交通新聞社 : p. 2001年4月2日• プレスリリース , 四国旅客鉄道, 2009年5月15日 , の2009年6月19日時点におけるアーカイブ。 , 2017年3月14日閲覧。 プレスリリース , 四国旅客鉄道、東日本旅客鉄道、東海旅客鉄道、西日本旅客鉄道, 2014年8月1日 , の2014年10月15日時点におけるアーカイブ。 , 2017年3月14日閲覧。 名古屋地方本部 2014年12月19日. 2015年3月19日閲覧。 JR東海労働組合静岡地方本部 2014年12月30日. 2015年3月19日閲覧。 JR東海労働組合名古屋地方本部 2015年2月24日. 2015年4月18日閲覧。 プレスリリース , 西日本旅客鉄道, 2006年1月30日 , の2006年2月3日時点におけるアーカイブ。 , 2017年3月14日閲覧。 - (2018年7月21日アーカイブ分)(西日本旅客鉄道)• 東日本旅客鉄道 2018年7月19日. 2018年7月19日時点のよりアーカイブ。 2018年7月19日閲覧。 乗りものニュース. メディア・ヴァーグ 2018年7月18日. 2018年7月21日時点のよりアーカイブ。 2018年7月21日閲覧。 2018年7月24日. 2018年7月25日閲覧。 - (2018年7月20日アーカイブ分)(列車運行情報 - JR四国)• - (2018年7月28日アーカイブ分)(列車運行情報 - JR四国)• 日本語 PDF プレスリリース , 国土交通省, 2018年7月31日 , の2018年8月3日時点におけるアーカイブ。 , 2018年8月3日閲覧。 - (2018年8月3日アーカイブ分)(列車運行情報 - JR四国) 参考文献.

次の

「サンライズ出雲」料金表|JR線ご利用案内

寝台 特急 サンライズ

tags: , , , , , , , , , , , , , 東京~高松・出雲市間を結ぶ「サンライズ瀬戸・出雲」は、日本で唯一の定期運行されている寝台特急。 ほかの寝台特急が廃止されていったなか、いまも健在なのは、観光とビジネスのバランスに理由がありそうです。 現在、毎日運行する寝台列車は「サンライズ瀬戸・出雲」だけです。 その希少価値が鉄道ファンや旅行好きに注目されています。 特に「サンライズ出雲」は、縁結びの神様の出雲大社を参拝する若い女性に人気とのこと。 「女子旅向け列車」として、テレビや雑誌などでも紹介されています。 寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」は、途中の岡山駅で高松行きの「サンライズ瀬戸」と出雲市行きの「サンライズ出雲」に分かれる(2018年4月、杉山淳一撮影)。 ほかの寝台特急が「絶滅」したなかで、なぜ「サンライズ瀬戸・出雲」は生き残ったのでしょうか。 その理由は「設備」と「運行ダイヤ」にあると思われます。 個室中心で女性にも安心 この列車に使用されている「サンライズエクスプレス」こと285系電車は、寝台列車専用に設計された鉄道車両です。 客室は個室が中心となっており、暗証番号式の鍵がかかります。 プライバシーと安全の確保、これが女性も安心して乗れる要素です。 旧来の寝台特急にも個室はあったとはいえ、中心は二段ベッドの開放型寝台でした。 「開放型」とはつまり、ベッドと周囲の仕切りはカーテンだけ。 昔はそれでも「横になって移動できる」から、ありがたい列車でした。 しかし個室の快適さ、安心感には及びません。 「サンライズ」のインテリアは大手住宅メーカーのミサワホームが設計し、従来の寝台車に比べると、木の温もりが演出されています。 個室の選択肢も多く、1人用個室の「ソロ」「シングル」「シングルデラックス」、2人用個室の「シングルツイン」「サンライズツイン」があります。 それぞれ、広さやベッドの幅によって料金が異なります。 前提として、サンライズが登場した時代って、「一昔前は夜行列車で出張が当たり前」だった。 そこで旅客の流れをもう一度鉄道へ戻そうというある種の実験として計画されたのがサンライズ。 私は後継車両は作られないと思う。 なぜなら実験の結果、結論として夜行列車廃止の動きに流れたから。 鉄道への回帰如何以上に高コストだし、そのスジで貨物を走られせた方が会社としても社会的にもハッピーだろうし。 勿論今さら旅客は夜行移動には戻らない。 なぜなら現代じゃ計画当時と違って夜行移動自体が普通のものじゃなくなってるから。 或いはそういう文化自体がなくなってるとも。 90年代のJRって色々面白いことやってたんだよね。 ある意味ではJRがまだ非上場だったからできた芸当なのかも。 夜行高速バスは既に当たり前の存在。 夜行移動は普通に残っている。 費用と快適性と利便性 速さだけでなく乗降地とか のバランスが大切。 しかしサンライズ以前の多くの夜行列車は、快適性 改造しててもベースはオンボロ車両で、内壁もチープ や利便性 必ずしも各都市の中心地ではない、駅にしか行けない で劣っていた。 費用 料金 はもちろんバスに負けてる。 これでは一部の愛好家向け以外では勝てるわけないから、廃れたと思う。 ちなみに以前乗ったサンライズのシングルツインは、在来線にしては速くて、個室で木質内装なのは良かったが、真下の台車からのジョイント音がうるさくてあまり眠れなかった 快適性が必ずしも高くはなかった。

次の