間違い探し歌詞意味。 YUKI「聞き間違い」の歌詞の意味は?解釈と考察!

意味を知れば共感すること間違いなし! 歌詞の中に特別なストーリーが込められているK

間違い探し歌詞意味

「まちがいさがし」は2019年5月14日に発売されました。 「まちがいさがし」は単品音源は配信限定リリースされており、2019年7月10日に発売されたアルバム「LOVE」の1曲目にも収録されています。 「LOVE」は米津玄師さんをはじめとする様々なアーティストに楽曲を提供されており、また菅田将暉さんご自身でも作詞作曲された曲の両方を楽しむことができます。 「まちがいさがし」で 米津玄師さんと菅田将暉さんとの出会いと楽曲に 込められた思い、ドラマパーフェクトワールドについて、歌詞の意味とは?などについてお伝えしていきたいと思います。 菅田将暉「まちがいさがし」の歌詞 まちがいさがしの間違いの方に 生まれてきたような気でいたけど まちがいさがしの正解の方じゃ きっと出会えなかったと思う ふさわしく 笑いあえること 何故だろうか 涙がでること 君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 退屈なくらいに何気なく傍にいて 間違いだらけの 些細な隙間で くだらない話を くたばるまで 正しくありたい あれない 寂しさが 何を育んだでしょう 一つずつ 探し当てていこう 起きがけの 子供みたいに 君の手が触れていた 指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんてどうでもよかった 瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ 君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 誰にも見せない顔を見せて 君の手が触れていた 指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんてどうでもよかった 瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ 引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師 菅田将暉「まちがいさがし」に込めた米津玄師の思い 「まちがいさがし」の前、2017年に発売された米津玄師さんの「BOOTLEG」に収録されている曲「灰色と青(+菅田将暉)」で菅田将暉さんと米津玄師さんはコラボしています。 米津玄師さんが菅田将暉さんに熱烈オファーをしたことがきっかけでできた「灰色と青」で二人の親睦が深まりました。 この楽曲を機に「何かやりたいね」と菅田将暉さんに話していて出来上がったのが「まちがいさがし」です。 「まちがいさがし」について2人はこのようなコメントをしています。 菅田将暉 コメント 四畳半の個室で 「自分は間違い探しの間違いの絵の方に生まれたのかもしれない、 でもだからこそ今目の前の人との出会いがあって・・・」と。 米津くんからこの曲の意図を聞いた時に 生きている中で何となく不安だった 自分にしかわからない気持ちに 名前をもらったような気がしました。 きっとそれは、この文章を見ているあなたしかり、 境遇は人それぞれだからこそ、 その人自身にしかわからない 苦しいものが必ずあると思います。 その気持ちはひとりのものであり、 形は違うけどみんなもっていて、 対象者がいることで 自分の存在を肯定することができる。 そのあたたかさを軸に、 大事に歌わせてもらいました。 救いでも祈りでもない集い。 「まちがいさがし」に、 僕は出会えて幸せです。 公式サイトより引用(reissuerecords. net) 米津玄師 コメント 灰色と青で出会えて以来、会えばその都度 「なんかやりたいね」という話を続けてきて、 出来上がったのがこの曲でした。 彼の歌を聴くたび、バーンと喉から勢いよく 飛び出してくるその声に毎度震えます。 いろんな人に早く聴いてほしいですね。 僕と同じように思うはずです。 公式サイトより引用(reissuerecords. net) 二人はプライベートでも飲みに行ったりする仲で才能あるアーティストどうしが集まるととんでもない作品が出来上がるということをまざまざと突き付けられた楽曲ですね。 菅田将暉「まちがいさがし」はドラマ「パーフェクトワールド」の主題歌に 「まちがいさがし」はドラマ「パーフェクトワールド」の主題歌として起用されました。 これがまた「パーフェクトワールド」の世界観とマッチしていてドラマをより感動させてくれます。 「パーフェクトワールド」はドラマだけでなく映画化もされています。 この原作は有賀リエさんが漫画で描いており、交通事故で脊髄損傷により身体障害者となった建築士・鮎川樹と高校の同級生・川奈つぐみと再会しお互いに心を寄せていくという恋愛漫画です。 身体障害者との恋愛という難しいテーマを題材にしていたこの作品は2019年 第43回講談社漫画賞少女部門を受賞するほど注目を集めている作品です。 「まちがいさがし」と「パーフェクトワールド」の世界観がリンクする! 身体障害者になってしまった建築士の鮎川樹と同級生の川奈つぐみが様々な壁にぶつかりながらも惹かれあっていくという恋愛ストーリー。 今まで当たり前にできていたことができなくなってしまったことに「これで良かったのかな?」「この選択は間違っていなかったのかな?」と思いながらお互いに支え合い掛け替えのない存在になっていく姿は「まちがいさがし」の歌詞とすごくリンクします。 ドラマを見てから「まちがいさがし」の歌詞を改めて見るとすごく感動します!! 菅田将暉「まちがいさがし」の歌詞の意味とは? 2人のコメントでもわかる通り、この曲は米津玄師さんの実体験を元に菅田将暉さんのためにに書いた曲です。 米津玄師さんの菅田将暉さんに対する思いも読み取ることができます。 では本題である「まちがいさがし」の歌詞の意味を部分別に考えていきましょう。 「まちがいさがし」歌詞Aメロの意味 まちがいさがしの間違いの方に 生まれてきたような気でいたけど まちがいさがしの正解の方じゃ きっと出会えなかったと思う 引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師 米津玄師さんがこの曲を作るにあたっての意図である「自分は間違い探しの間違いの絵の方に生まれたのかもしれない、でもだからこそ今目の前の人との出会いがあって・・・」 という言葉通りの歌詞から始まります。 物事には正しい面と間違った面の裏表があります。 この曲の中での間違いというのは多数派ではない自分のことをさし、周りに溶け込めない自分、少数派である自分の何が正しいのか?ということを葛藤している様子を描いていいると思います。 この歌詞の主人公はみんなと違うことに対しての孤独やコンプレックスを抱いているではないでしょうか? でもそんな自分だからこそ出会えたかけがえなのない人がいるということもわかります。 「まちがいさがし」歌詞Bメロの意味 ふさわしく 笑いあえること 何故だろうか 涙がでること あなたにとって自分はふさわしい人なのだろうか? 相手がありのままの自分を受け入れてくれることに嬉しく感謝をしています。 感情が溢れ出てくるこのパートでは、まさしくお互いのことを信頼し自然に笑いあえたり菅田将暉さんと米津玄師さんの関係を溢れ出ていますね。 「まちがいさがし」歌詞サビの意味 君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 退屈なくらいに何気なく傍にいて 引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師 主人公の孤独やコンプレックスも全てを含んだ上で受け入れてくれることで世界観が変わりました。 主人公の心に今まで見たことがない世界を見せてくれたことに、自然体で受けれてくれる君という存在がこれまでの主人公の価値観を変えてくれたことだと思います。 風に飛ばされそうなという表現は自分の中に何もない自分の虚無感だと思います。 それを無くしてくれる君の存在を心の拠り所にしているのかもしれません。 この歌に菅田将暉と米津玄師さんを当てはめてみます。 米津玄師さんが菅田将暉さんにしか歌えないという曲というコンセプトもありました。 君というのは米津玄師さんで、主人公が菅田将暉さん。 音楽に対するまっすぐな姿勢の米津玄師さんと出会い音楽の世界を知ったことで菅田将暉さんの世界も変わったのではないでしょうか。 自然体で入れる2人の仲の良さもわかりますね。 「まちがいさがし」歌詞2番Aメロの意味 間違いだらけの 些細な隙間で くだらない話を くたばるまで 正しくありたい あれない 寂しさが 何を育んだでしょう 引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師 日常でくだらない話をいつまでもしていたいということです。 くだらない話をどれだけでもできるというのは本当に心を許し合った人同士でないとできないことです。 何が正しいのかはわからないけど、これまでの自分の経験が何一つ無駄ではありません。 正しくありたいという過去の自分の気持ちが今の自分にとって本当に必要なものではなかったという解釈も取れますね。 「まちがいさがし」歌詞2番Bメロの意味 一つずつ 探し当てていこう 起きがけの 子供みたいに 引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師 この部分の一つずつというのは間違いのことではなく、君が見せてくれた素晴らしい世界から自分の中で揺るがない大切なもののことを指していると思います。 今まで感じていた不安や焦りなどを感じない子供のように純粋な気持ちで大切なものを探していくという表現ですね。 「まちがいさがし」歌詞2番サビの意味 君の手が触れていた 指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんてどうでもよかった 瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ 引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師 2番のサビの歌詞を見てみると恋愛に発展したのかな?という風に思えます。 君がいれば他に何もいらない、君というかけがえのない存在を自分の中で認識した瞬間でもあります。 今まで深い闇の中にいたことを霧という状況で表現しており、霧が淡くなる、薄くなるということはそこから抜け出すために君が教えてくれたことだと思います。 主人公の人生にとって君という存在の重要性が大きいのがひしひしと伝わってきますね。 「まちがいさがし」歌詞ラストサビの意味 君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 誰にも見せない顔を見せて 引用:まちがいさがし 作詞作曲:米津玄師 1番のサビと同じですが、最後の一行だけ違います。 このことから君への関係性が深まっていることが読み取れます。 特別な関係になりたいというラブコールのような感じにも受け取れますね。 菅田将暉「まちがいさがし」の歌詞の意味は??米津玄師が作詞作曲を担当 まとめ いかがだったでしょうか? 歌詞の意味を考えてみると深い意味があり、お互いの信頼関係がものすごいですよね。 大切なものができたときに自分は買われるという強いメッセージ性も感じられました。 「まちがいさがし」はドラマのために作られた曲ではありませんが これを踏まえた上で「パーフェクトワールド」を見てみると感動すること必須です!!.

次の

菅田将暉「まちがいさがし」歌詞の意味を解釈!米津玄師が作詞で世界観がすごい!(パーフェクトワールド主題歌)

間違い探し歌詞意味

四畳半の個室で「自分は間違い探しの間違いの絵の方に生まれたのかもしれない、でもだからこそ今目の前の人との出会いがあって…」と。 米津くんからこの曲の意図を聞いた時に生きている中で何となく不安だった自分にしかわからない気持ちに名前をもらったような気がしました。 きっとそれは、この文章を見ているあなたしかり、境遇は人それぞれだからこそ、その人自身にしかわからない苦しいものが必ずあると思います。 その気持ちはひとりのものであり、形は違うけどみんなもっていて、対象者がいることで自分の存在を肯定することができる。 そのあたたかさを軸に、大事に歌わせてもらいました。 救いでも祈りでもない集い。 「まちがいさがし」に、僕は出会えて幸せです。 米津玄師の意味深な作成意図• 菅田将暉の共感性の高い解釈 が凝縮された濃密なインタビューですね。 一般的な正解と言われる生き方とは少しかけ離れてて、しかしそのまちがいの方に生きたからこそ、目の前の人と出会えている… 米津の作成意図は、実際かなり共感できる人は多いのではないでしょうか。 自分が「正解」と思って生きている人間なんて、昨今では決して多くはないからです。 また反対に「まちがいさがし」を聴く人が、自己肯定の高い人だったとしても、きっと 「まちがい」と自覚する部分は多少なりともあると思います。 「まちがいさがし」 という本楽曲は、自分が「間違い」側に立っているというのを前提に、それを受け入れて肯定していくという、ある意味 かなりポジティブな楽曲なのではないでしょうか。 ドラマ「パーフェクトワールド」主題歌! 「まちがいさがし」を主題歌として提供したい。 米津とともに作成した大切な作品であるからこそ、菅田将暉は苦楽を共にしてきた戦友の松坂桃李が主演を努める「パーフェクトワールド」の主題歌として提供したいと提案したそう。 菅田将暉のコメント 米津玄師が作詞作曲! 松坂桃李主演ドラマの主題歌! そんな状況に菅田将暉は まず松坂桃李さんは、同業者の中で、常に、間近で、背中を見ていた人です。 気づけば10年近くなりますでしょうか? 今では会えば家族のような挨拶をし、離れれば先輩後輩として作品のみで触れ合う。 そんな方のドラマの主題歌を僕が歌う。 しかも米津玄師が作ってくれる。 正直、何から整理すればいいのかわからない状況でした。 ちょっと吐きそうでした。 ただこんな贅沢なことはないと胸躍る自分が間違いなくいました。 「パーフェクトワールド」という作品が、皆さまの心に残るよう、少しでもお力になれればと思っております。 当たり前のことですが、一生懸命歌わせて頂きます。 宜しくお願い致します。 とコメント。 幸せ過ぎると少し不安になる そんな帳尻合わせ的な感情でしょうか? とにかく想いの密度がすごい。 腹の底から吐き出されるように本楽曲を歌う菅田将暉の歌声の背景には、こんなにも濃密な想いが込められているのです。 松坂桃李のコメント 上の動画は 「パーフェクトワールド」のブルーレイ&DVD BOX発売PRなのですが、これを見るだけでもあらすじが大方理解できます。 完璧な人間の完璧でない部分。 それこそまさに 「まちがいさがし」 といったところですね。 では、更に楽曲を深追いしていきます。 楽曲名「まちがいさがし」とは 「まちがいさがし」とは 漢字に直すと 「間違い探し」 皆さんは間違い探しで遊んだことはありますか? 「間違い探し」には上の画像のように 「正解の画」と 「間違いの画」が存在します。 本楽曲はこの 「間違いの画」が 「現実社会の自分の立ち位置」と対比されて描かれているのです。 この楽曲名が歌詞の内容と どう関与しているのでしょうか。 歌詞 まちがい探しの まちがいの方に 生まれて来たような気でいたけど まちがい探しの正解の方じゃあ きっと出会えなかったと思う 相応しく笑い会えること なぜだろうか涙が出ること 君の目が貫いた僕の胸をまっすぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で退屈なくらいに 何気なくそばにいて 間違いだらけのささいな隙間で くだらない話をくたばるまで 正しくありたい会えない淋しさが 何を育んだでしょう ひとつずつ探し当てていこう 起きがけの 子供みたいに 君の手が触れていた指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんて どうでもよかった 瞬く間に落っこちた青い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ 君の目が貫いた僕の目をまっすぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 誰にも見せない顔を見せて 君の手が触れていた指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんてどうでもよかった 瞬く間に落っこちた青い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ 作詞作曲:米津玄師 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 前提として 前提として主人公は 卑屈で自己肯定の低いキャラクター というものが、当てはまります。 もしくは、 気丈に見えて、実は劣等感を感じている そのような人も同様。 とはいえ、人間は誰しもがその人しか知らない弱い部分を持っているもの。 そう考えると共感性はかなり高い内容になっているのではないでしょうか。 では、細かく解釈していきます。 1番 まちがい探しの まちがいの方に 生まれて来たような気でいたけど まちがい探しの正解の方じゃあ きっと出会えなかったと思う 相応しく笑い会えること なぜだろうか涙が出ること 作詞作曲:米津玄師 「決して自分は正解ではない」 常々、劣等感を感じているから、まちがいさがしの間違いの部屋に自分が住んでいるように感じている。 そんな卑屈な心が映されると同時に しかし、その間違いの人生を歩んできたからこそ、今目の前にいる人間、自分を包んでくれる環境がある。 という、 ポジティブな視点が歌詞として展開されていく。 こうしてポジティブに捉えることで、 自分の人生は決して間違いだけではなかったと認識することが出来るのです。 今まで否定し続けてきた 自分を全肯定することができる。 こんなに嬉しいことはないですよね。 サビ1 君の目が貫いた僕の胸をまっすぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で退屈なくらいに 何気なくそばにいて 作詞作曲:米津玄師 目の前にいてくれる君のおかげで、間違いの部屋にいる自分を「悪くないな」と肯定することが出来たのです。 しかし裏を返すと、 君がいてくれないと、ただの間違いの部屋になってしまうのも事実。 だからこそ 「そばにいて」 と、心からの想いが綴られる。 また 風に飛ばされそうな 深い春の隅 というのは、主人公視点の社会が対比されているのではないでしょうか。 正しく在りたいけど、在れない 苦悩の中身が違えど、これが当てはまるような境遇は誰にでもあると思います。 この葛藤が育んだものこそ 「間違いの肯定」です。 どうしようもない自分を否定してきた人にとって、本楽曲の視点はかなり勇気づけられるのではないでしょうか。 サビ2 君の手が触れていた指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんて どうでもよかった 瞬く間に落っこちた青い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ 作詞作曲:米津玄師 君という存在のおかげで、 まちがいの部屋にいる劣等感 なんてどうでもよくなってしまいます。 靄 もや の中にいるように感じていた生き苦しい社会でさえも、君さえいれば瞬く間に澄み切ったものに様変わりしたのです。 ラストサビ 君の目が貫いた僕の目をまっすぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 誰にも見せない顔を見せて 君の手が触れていた指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんてどうでもよかった 瞬く間に落っこちた青い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ 作詞作曲:米津玄師 ラストサビは、 サビ1と2に類似した歌詞になっています。 本楽曲は、人間のどこか弱い部分にフォーカスを当てており、なおかつ「君」という存在がいることで情景のイメージがしやすく、共感性の高い楽曲だったと思いますが、米津玄師から菅田将暉に送った歌ということで、 恋心と言っても過言ではないほどの 米津玄師が抱える菅田将暉に対する リアルな感情も込めれていると思います。 はじめて菅田将暉を見たとき米津玄師は.

次の

「聞き間違い」は槇原敬之の新録音曲!この歌詞の意味について徹底解析!

間違い探し歌詞意味

2019年1月期の日本テレビ系の土曜ドラマ「イノセンス」の主題歌として、常田大希さんが書き下ろした楽曲です。 2019年2月28日からYouTubeにて公開されたミュージックビデオでは、全編モノクロで音楽の演奏のみの構成となっています。 この曲が持つ、「孤独な感じと物悲しさ」が表現されたMVですね。 ちなみにタイトルとなっている『白日』は、『 はくじつ』と読みますが、意味としては、「 照り輝く太陽 真昼 」、「 身が潔白であることの例え」となっています。 このタイトルの意味は、歌詞の中にどのように隠されているのでしょうか? 歌詞の意味を解釈してみたいと思います。 その相手を傷つけてしまった「罪」が、あとあと分かった「 罪悪感」をこの歌詞は意味していると思います。 「雪が降り頻ろうとも」という歌詞からも主人公の心の寂しさが感じ取れます。 主人公にとって、過去の思い出を振り払うことはとても辛いことなんでしょうね。 この歌詞は、「今まで自己中心的にモノを考えていたけど、自分以外の人のこと思って生活するには、自分中心のモノの考え方ではいけない」と自分なりに答えを出した瞬間でもあると思います。 この歌詞での「正しいこと」とは、「 自分にとって都合のいいこと」と解釈しました。 「例え、相手を傷つけてしまったことを自分の中で忘れようとしても、これからも忘れることは出来ない」という意味に思います。 「今日だけ」という歌詞からも、『ほんの一時でもいいから、「罪」を忘れたい』という押しつぶされそうな「罪悪感」を感じ取れます。 が発する「こうして欲しい」というようなサインを見逃し続けていたのでしょうね。 そのことを後悔して、過去を思い出しながら、どんなことが相手を傷つけたのかを思い出しているのではないでしょうか。 「朝目が覚めると別人に変われないかな?」という主人公の「罪悪感」から逃避したい思いが歌われた歌詞ですね。 そのあとの「それでも愛し愛され」という歌詞で、『人 自分を含め には「 愛」が必要なんだ』という主人公の心情を歌っていると思いました。 『 自分は人生で後悔ばかりしている。 でも他の人も一つや二つぐらいは「取り返しのつかない過ち」を犯しているだろう』という自分に対しての慰めと、「うんざりする」という言葉で、「後悔ばかりの人生」に嫌気が差していることが分かる歌詞になっていると思います。 以降は1番サビ部分と同じ内容となるため、省略させて頂きます。 この『白日』という曲は、主人公が別れてしまった彼女に対し、無意識のうちに傷つけてしまったという「罪」をひたすら後悔するという曲に思えます。 個人的には、ドラマ「イノセンス」の内容をもっと身近な「罪」に置き換えて歌った曲に感じられましたが、「恋愛」という部分だけではなく、「家族」や「友達」にも当てはめられる歌詞にも感じます。 きっと共感出来る方も多いのではないでしょうか?.

次の