アピール 同作戦。 スクスタ オードリー 基本情報・攻略

【スクスタ】それは僕たちの奇跡上級+攻略【Sランク徹底解説】

アピール 同作戦

しかし、エレガント属性でアピール値が10000を超えるのは、今回のことりちゃんと【初期】ダイヤさんの2キャラのみなので、 同属性の主力メインとして運用することができます。 以下表に2キャラの違いをまとめてみました。 まず、ステータスですが、素のアピール値は海未ちゃんの方が800程高いです。 ですが、 ことりちゃんのテクニックがかなり高いので、SP火力はこちらに分があります。 次に、特技スキルですが、ここはフェス限の強さで圧倒しており、 海未ちゃんの約3倍も効果量が大きいです。 また、個性ライブスキルは、海未ちゃんが『SPゲージ獲得量上昇』であるのに対して、 ことりちゃんは、『SP特技ボルテージの増加』なので、ことりちゃんの方がスコアアップに期待できますね。 5に変更 この4枚のキャラはパッシブスキルで『ナチュラル属性』のアピール値をバフしてくれる。 次に、個性ライブスキルについて。 こちらは、初めて見た時戸惑った人も多いのではないでしょうか。 スクスタでも初めてのスキル内容ですね。 考察し甲斐のあるスキルだとは思いますが、少なくとも現時点では強いスキルではないと断定できます。 というのも、 現在のスクスタの主流はメインセンター3人を固定してスコアを稼いでいくからです。 したがって、切り替えを前提にしたヨハネの個性ライブスキルは、現状では使い道はないです(逆を言うと、 切り替え系のスキルは将来的に開花すると僕は睨んでいます)。 【スカーレットカレッジ】優木せつ菜 強さ評価: 5. フェス限で最強のVoキャラが出てしまいました!僕の中の評価では、【初期】UR果南を抜いてTOPに君臨する強さだと思っています。 まず、長所を挙げる前に、唯一の欠点を挙げます。 これは、先ほどのヨハネと同じ原理ですね。 特にエグイのは、やはり素のアピール値の高さですね。 運用方法としては、間違いなくメインセンター起用ですね。 しかも、 アクティブ属性に限らず、全属性において、メインセンターの最有力候補になります。 属性一致によるアピール値の補正は1. 2倍ですが、それ以上にせつ菜のステータスとスキルが強すぎるからです。 因みに、具体的にはアピール値 11585以上ないと、属性補正があっても、せつ菜のアピール値を抜かせません。 イベント配布のため、持っている人も多いと思うので、ぜひ採用しよう!海未ちゃん、ルビィちゃんがいなければセンターに入れてもOK! まとめ• ことりちゃん…エレガント属性の内2番目にアピール値が高く、同属性の主力メインとして使える!• ヨハネ…フェス限としては物足りない性能で、ライバルも多いナチュラル属性。 しかし、素のアピール値は1万超えなので、キャラ不足の人はナチュラルのメインセンターに!• せつ菜…性能で言えば今回のフェス1番の大当たり。 単体最強の性能。 同属性のアクティブは勿論、その他属性のメインセンター最有力候補! 今回のフェス限追加に伴って、今後のスクスタの環境がどう変化するか?僕個人の見解は次の2点です。 2点目に関しては、記事にしたいと思っている内容なので、深堀はしませんが、今回の3キャラ全てが『作戦変更』に関連する個性ライブスキルを持っていましたよね。 これはつまり、 『作戦変更』を利用してほしいという運営の意図だと思います。 実際、僕自身、今は条件:作戦変更のスキルは弱いと思っていますが、環境が整えば最も強い条件だと思っていて、スクスタの在り方が変わる秘訣がここに眠っていると思っています。 ここまで、新規フェス限3キャラについて見てきましたが、如何だったでしょうか?正月のスクスタフェスということで、前回のフェス以上にアツいフェスでしたね!次回のフェス限は2月頭の追加になると思いますが、今度は一体どんなキャラが追加されるのか、楽しみですね。 今後の方針としては、各属性のおすすめユニット編成とか、スクスタの基本的なゲームシステム関わる事とかについて、記事にしていきたいと思っています!.

次の

【スクスタ】ドリームライブパレード(DLP)を効率よく周回するコツまとめ

アピール 同作戦

さて、みーんなに質問です CV: 久保田未夢。 この楽曲を攻略しよう!と思ったとき、 まず何から取りかかりますか? ここで、 「 攻略するための編成を組もう!」 となったそこのアナタ。 先走らないでください。 まだです。 攻略したい楽曲ができたとき、まず最初に見るのは 楽曲の「 攻略情報」です。 楽曲そのものの情報や アピールチャンス(AC)の情報、 ノーツの情報などがこのように出てきます。 上記の 攻略情報から、 どのような編成にするか? が決定されてくるのです。 楽曲の属性とスクールアイドルの属性が同じだと、 アピール値が1. 2倍になるからです。 アピール値というのは、 攻撃力みたいなもの。 大きい方が、1回のノーツタップで より大きな値を 出すことができます。 しかも、「 楽曲情報」をもう一度見てみると、 エレガント属性以外はアピール値が20%減少。 属性一致で アピール値1. 2倍 属性不一致で アピール値20%減少 ちょっと計算すれば、 一致/不一致というだけで 実に 1. 5倍もの差がつくことが分かります。 楽曲がスタートすると、変更しなければ 上の 緑色のメンバーがアピールをしていきます。 この場合は、 愛さん・ ことり・ ダイヤの3人です。 よく言われていることとして、 ・メイン作戦から極力変更しないで攻略する ・メイン作戦は、アタッカー2人+シールド1人構成 というのがあります。 これは、 ほぼ全ての楽曲に当てはまると思います。 (よほど特殊な曲もありますが……。 ) この3人も、このルールに則っています。 ダイヤ・ ことりがここではアタッカーです。 しかも、二人とも エレガント属性。 楽曲とも一致。 見かけは、 ダイヤの右隣にいる 果南の方が アピール値が高そうに見えてしまいます。 ですが、 属性一致は1. 5倍の差がつくので、 実質的には ダイヤの方が アピールは高いです。 ということは、 愛さんが シールド要員です。 愛さんの特技は シールドの獲得。 「 スクスタ」は、 ノーツをタップすると 体力が減ってしまうゲームです。 しかし、 シールドを張っておけば 体力の減少を抑えることができます。 アピール値の高いダイヤ・ことりで殴りつつ、 守備は愛さんが担っているのです。 しかも、 愛さんも エレガント属性なので、 愛さんでアピールしてもある程度の数値が出ます。 この 緑色を メイン作戦に据えておけば、 作戦変更という手間をかなり省くことが可能です。 どのような基準で選べばいいのでしょうか? 実際に、上記の編成における サブ作戦のメンバーを紹介します。 以上に挙げたのは、青の作戦メンバーです。 この3人、 共通点が見えてきませんか? 「 3人ともVoタイプだ!」 そう、正解だけどそうじゃない。 「 個性」に注目してみましょう。 全員「 アピール+ :全員」になっています。 つまり、 全員のアピール値を上げることができます。 もちろん、 メイン作戦の3人も含まれます。 サブ作戦メンバーのひとつの指針は、 アピール値を上げる個性を持っているか? が挙げられるのです。 他にも、 「 アピール+ :同作戦」 (同じ作戦メンバーのアピールを上げる) 「 アピール+ :同属性」 (同じ属性メンバーのアピールを上げる) などの種類があります。 汎用性が高いのはこの「 アピール+ :全員」。 できれば持っておきたいですね。 さて、残りの 赤の作戦。 基本的には、 スタミナ回復系のメンバーを配置。 ここだと、 穂乃果がそれに該当します。 ただ、今回は それ以外の意図も含まれています。 先ほどの流れを経た方なら、 どこに着目すべきかは分かりますね? こちらは、 「 テクニック+ :全員」を配置しました。 文字通り、 編成メンバー全員のテクニック値が上昇。 そもそも、 テクニック値はどこに作用するのか? と言いますと、 SP特技での獲得ボルテージ。 各スクールアイドルの 一番下の 🎤マークのところの数字が テクニックです。 さらに、 中央の3人(ことり・ダイヤ・果南)の下に 「 SP特技対象スクールアイドル」とあります。 簡単に言えば、 この SP特技で多くのボルテージを得るには、 テクニック値が高い3人を中央に配置すればOK。 (厳密にはアピール値なども関係しますが……。 ) ここまでご理解いただければ、 「 テクニック+ :全員」の重要性も 把握できたかと思います。 特に、 ことりは アピールもテクニックも高い。 ということは、 単純に殴らせても強い一方で、 SP特技でも高ボルテージを獲得できます。 これを 徹底的に活かした編成にしたのです。 なお、 作戦の変更は 右下の緑のボタン 「 作戦・アクセサリー編集」から可能です。 配置の変更は、 中央右下の「 一括編成」が便利。 メイン作戦(緑)には、「 ブローチ」。 これは、 残りスタミナ量に比例して、 アピール値を増加させてくれる効果があります。 サブ作戦(赤・青)には、「 ブレスレット」。 こちらは、 アピールチャンス(AC)成功時に SPゲージを増加させることができます。 他にも、 激しいダメージが多い楽曲だと、 ダメージ軽減をかけられる「 ネックレス」もアリ。 アクセサリーも 強化できればしておきましょう。 「 あともう一息なのに……」というとき、 アクセサリーをいじると成功する場合があります。 5.実際の成果として こちらをご覧ください。 もう、この通りですよ。 「 スリワン上級なんて無理!!!」と 泣きまくっていた私はもはやいません。 ということで、「 スクスタ」 上級Sに辿り着くには。 楽曲によって 編成を臨機応変に組み替えつつ、 メイン作戦のアタッカーを中心に育成を重ねていく。 その意味で、「 スクスタ」は やはり育成ゲームだったというわけです。 6.おまけ.

次の

”「スクスタ」=キャラゲー” 認識の私が上級Sランクを叩き出すまでの記録②|かみなりひめ|note

アピール 同作戦

ほんと、いいゲームだなと思います しかしスクスタ、結構攻略と育成で詰まっている方も多いように見えます そもそも、ゲームシステムて不明、なんだ「リズム」って 今回はそういった攻略の参考になる かもしれない 情報をいくつかまとめておくものです 正直、情報が不足しているので協力者も募集しています! 特にチームを組みたい訳でもないので適当にDMか返信、コメントや引用RTなどでお願いします 来るのか? この記事では、「ひらめきスキル」について書きます 1. そもそも「ひらめきスキル」とは スクールアイドルを合宿させると、稀にひらめきスキルをひらめくことがあります。 合宿組み合わせ総数 8種類のメニューから3つ選択、重複あり、順序は関係なしとする しないと多分終わらん 計算結果...... 120通り 仮に10回ずつの検証なら合宿1200回、自然回復のみなら1年以上 きっつ 3. スキル用語 4. 1 スキル名 ・特技発動率 ・ボルテージ ・クリティカル ・アピール ・SP特技 ・スタミナ回復 ・ダメージ軽減 ・コンボ数UP 4. 3 対象 ・ なし...... 自身のみ付与、対象人数:1人、倍率が高い ・同作戦...... 同作戦に付与、対象人数:3人 ・同学校...... 同学校に付与、対象人数:1~9人 ・同学年...... 同学年に付与、対象人数:1~9人 ・同属性...... 同属性に付与、対象人数:1~9人 ・ユニット...... 同ユニットに付与、対象人数:1~9人 ・タイプ...... 自身以外に付与、対象人数:8人 ・全員...... 全員に付与、対象人数:9人、倍率が低い 4. 4 条件 ・AC成功時...... 目標ボルテージ達成で1回だけ発動、確率 ・曲開始時...... 楽曲開始時 1回だけ 、確率、SAのみで確認 ・AC時...... アピールチャンス開始時、確率、Sのみで確認 5. スキル別上昇値 5. 1 特技発動率 ・小...... 2 クリティカル、アピール ・小...... 2 通常スキル ・小...... 3 ボルテージ獲得 :曲開始時 ・小...... スキル別発生率 執筆中...... 小中大あんまり関係ない Last. パターン別現在判明しているスキル 略称...... 達成、急遽更新、スキル別上昇値欄、メモ欄追加 citrusNaCl.

次の