汰 意味。 男の子の留め字 汰と太

tomad×藤城嘘×齋藤恵汰 激動の2010年代カルチャーシーンを辿る

汰 意味

「奏」の意味や由来は? 「奏」の字を見て、最初に楽器を 「かなでる」と思い浮かべる人が多いと思いますが、本来は 「差し上げる、申し上げる」という意味があります。 漢字の成り立ちを見るとよくわかりますが、漢字上部の「丰(ホウ)」の部分は神様が寄ってくる木の枝を表し、漢字下部の末広がりに「天」と書かれている部分は両手でものを差し出す様子を表します。 この上下を組み合わせて「神様が降りてくるように、ものを差し出す様子」を表し、「差し上げる」という意味が生まれました。 その後に、神様を待つときに舞い踊る儀礼から、「演奏する、かなでる」という意味もできたといわれています。 男女の名前で人気の「奏」 「奏」は男の子、女の子どちらの名前にも使われます。 明治安田生命が発表している名前ランキングによると、2004~2015年の12年間で「奏」を含む名前が男女ともに人気ベスト100に9回ずつランクインしています。 「ソウ」の響きが人気で、男の子なら奏多(ソウタ)や奏輔(ソウスケ)、奏一郎(ソウイチロウ)、女の子なら奏音(ソウネ)などの名前で使われます。 「カナデ」や「カナ」という柔らかい響きも人気があり、男の子なら奏太(カナタ)、奏翔(カナト)、女の子なら奏(カナデ)や奏絵(カナエ)、和奏(ワカナ)と様々な表現ができます。 最近では、「カナデ」の頭文字だけとって「カ」と読ませて他の漢字と組み合わせることも。 「奏」は男女それぞれに使われる漢字なので、組み合わせる字は性別がわかりやすいものを選ぶと良いかもしれません。 また、「奏」は横線が多く字が詰まった印象になりやすいので、シンプルな字面の漢字を組み合わせたほうがスッキリしますよ。 【「ソウ」の響きをもつ漢字】 「」「」「」「」「壮」など 「奏」の漢字のイメージは? 「奏」がもつ漢字のイメージはたくさんあります。 「かなでる」の意味からは楽器を演奏する 「優雅な様子」や 「癒しを与える雰囲気」、また旋律をかなでて空間を満たすことから 「調和や調整がとれた雰囲気」が伝わってきます。 音楽の側面からみると 「芸術に長けている」「プロフェッショナル」なイメージもありますね。 「差し上げる」の意味からは、目上の人に 「気が利く細やかさ」も想起することができます。 「奏」を名前に含めると、周囲と打ち解け、楽しく遊んでいる姿を想像できますね。 「奏」の意味を名前に込めて 「奏」の響きや字面が良くて名前に使いたいと考えるなら、すてきな想いや願いを込めてあげましょう。 たとえば「優雅」「癒しを与える」イメージからは 「優しく周囲を和ませる存在になってほしい」という願いを込めることができますし、「調和や調整がとれた」「気が利く細やかさ」のイメージからは 「人の意見もバランスよく聞き分けられる子に育ってほしい」「細かい部分まで気が利く働き者になってほしい」という願いも込められます。 赤ちゃんを包む幸せな雰囲気と「奏」のイメージを重ねて、素敵な名前を考えてあげてくださいね。 「奏」がつく名前の例 奏(ソウタ) 奏(カナト) 奏(ソウスケ) 奏(ワカナ).

次の

【汰】を使った男の子の名前実例100、漢字の意味と読み、名づけ体験談[赤ちゃんの名づけ・命名]|たまひよ

汰 意味

「汰」の意味や由来は? 「汰」は 「大波」「洗う」「選び取る」などの意味を持つ漢字で、これらは漢字の成り立ちに由来します。 ツクリの「太」は「たっぷり量がある」ことを表し、水を表す「氵(さんずい)」が組み合わさって「たっぷりの水」を表現しています。 そこから「大波」を表すようにもなり、その水を使うことで「洗う」の意味も生まれました。 止め字として人気上昇中の「汰」 男の子の名前で「タ」の止め字には、「」の漢字が良く当てられていました。 しかし、あまりにもよく使われていたので、少し違いを出すために「汰」が使われ始めました。 明治安田生命の名前ランキングによると 2000年以降、名前に「汰」が使用される頻度は高まり、2010~2015年の間では人気漢字のベスト20に入ったこともあります。 「汰」を含む名前の例も増え、2006~2015年まで10年連続でベスト100にたくさんの名前がランクインする人気ぶりです。 男の子の名前なら優汰(ユウタ)や心汰(シンタ)、可那汰(カナタ)などの止め字によく使われ、他にも汰一(タイチ)や汰央(タオ)など名前の先頭に使われることもあります。 女の子の名前での使用例は多くありませんが、汰恵(タエ)や日菜汰(ヒナタ)のように使われることがあります。 「氵」がついているので、男の子っぽい 「太」よりも印象がやわらかく、女の子の名前にも使いやすい雰囲気があるようです。 【「タ」の響きをもつ漢字】 「」「多」「」「」など 「汰」に悪いイメージはある? 「汰」には大きく分けて3つのイメージがあります。 1つは漢字の成り立ちにある「たっぷりの水」です。 そこから、さらに水資源が豊富で 「豊かでゆったりとした」様子を連想することもできます。 もう1つは「太」がもつどっしりとした 「たくましい」イメージで、最後の1つは「淘汰」や「沙汰」などの言葉に代表される 「選び分ける」というイメージです。 「沙汰」の「沙」は「砂」を表し、古くは砂金をとるために「良いもの残し、悪いものを取り除く」ことを意味する言葉でした。 そこから裁判などで良いことと悪いことを判断する場面に使われるようになりました。 「沙汰」は「警察沙汰」「裁判沙汰」など悪いイメージをもちやすい言葉ですが、 「悪いものを取り除く」という本来の意味をとらえると、真面目で誠実な言葉といえます。 良いことと悪いことの判断ができる「汰」 「汰」は「太」の代わりとして名前に使ってみたいと考える人も多いと思います。 ぜひ漢字の意味やイメージを活かして願いや想いも込めてあげてください。 たとえば、たっぷりと豊富なイメージからは 「これからの人生を実り豊かなものにしてほしい」や、たくましいイメージから 「強くたくましく生きてほしい」という願いをこめることができます。 「選び分ける」の意味なら 「良いことと悪いことの取捨選択をできる人になっている」姿も想像できますね。 「汰」の漢字を使うと、赤ちゃんが選び抜かれて生を受けた喜びを表現することにもつながりますね。 「汰」を使った素敵な名前を赤ちゃんにプレゼントしてあげてください。 【よく組み合わせて使われる漢字】 汰(アオタ、ソウタ) 汰(エイタ) 汰(カナタ、ソウタ) 汰(ケイタ) 汰(コウタ) 汰(ショウタ) 汰(ソウタ) 汰(ユウタ) 汰(タオ) など 日汰(ヒナタ) など.

次の

「汰」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

汰 意味

汰の書き順【筆順】 読み方 『 汰』の字には少なくとも、 テイ・ タツ・ タチ・ タイ・ タ・ エイ・ よなげる・ にごる・ おごるの9種の読み方が存在する。 よなげる。 りける。 でってりける。 「淘汰・沙汰」• りかす。 類義語:「汰る」 熟語 四字熟語 「汰」の漢字を語中にもつ四字熟語2種を表にまとめる。 「汰」が入る四字熟語 自然淘汰 しぜんとうた 人為淘汰 じんいとうた ご無沙汰/御無沙汰【ごぶさた】 「無沙汰」の丁寧語。 特に 長い間、訪問や便りがないこと。 転じて 日常よく食べていたものや、よくやっていたスポーツ・趣味、生活圏としていた場所などから遠ざかっていること。 地獄の沙汰も金次第【じごくのさたもかねしだい】 [諺]この世のことは金さえば何事も思うがままになるということ。 地獄いる閻魔 エンマ 大王の厳正な裁判さえも、金を出せば有利になると言われているくらいだから、ましてこの世では金の力で自由にならないことはない、という金力万能を表す諺 コトワザ。 検字番号 検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。 「汰」の検字番号一覧 書籍 出版社 検字番号 角川大字源 角川書店 4840 新大字典 講談社 8236 新潮日本語漢字辞典 新潮社 5866 大漢和辞典 大修館書店 17160 大漢語林 大修館書店 5834 辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検字番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。 国語施策.

次の