嵐山 スキー 場。 飛騨高山スキー場|高山市観光情報

嵐山市民スキー場

嵐山 スキー 場

スキー場営業について(お知らせ) 今シーズンの営業は、雪不足によるゲレンデ状況の悪化により3月27日金曜日をもって終了させていただきました。 来シーズンも皆さまのご来場をお待ちしております。 レストランの営業について 誠に勝手ながら、2月24日月曜日をもって今シーズンの営業を終了とさせて頂きます。 25日からはカップ麺などの販売にて対応させて頂きますので、ご不便をおかけしますが なにとぞご理解とご協力をお願いいたします。 インフォメーション• 市営3スキー場共通シーズン券の販売について 今シーズンも、市営3スキー場の共通シーズン券を各スキー場で販売します。 種 類 大人 小人(中学生以下) 市営3スキー場共通シーズン券 31,420円 20,950円 市営 3スキー場 ・乗鞍高原飛騨高山スキー場 ・モンデウス飛騨位山スノーパーク ・ひだ舟山スノーリゾートアルコピア 注:シーズン券を購入される方は、各自で「顔写真」(およそ縦3. 5センチメートル、横3センチメートル・白黒カラー問わず)を1枚持参していただく必要があります。 営業時間 令和元年から令和2年シーズン 雪不足のため営業を延期しておりましたが、令和元年12月25日水曜日から営業いたします。 (当面は高速ペアリフトのみの運行となります。 ) スタッフ一同心よりお待ちしております。 営業期間:~ 令和2年3月31日 火曜日• 営業時間:午前8時30分から午後4時30分まで リフト営業時間はリフト運行情報にてご確認ください) チケット売場• もみの木ロッジ1Fにて販売してます.

次の

日本のスキー場一覧

嵐山 スキー 場

スキー場営業について(お知らせ) 今シーズンの営業は、雪不足によるゲレンデ状況の悪化により3月27日金曜日をもって終了させていただきました。 来シーズンも皆さまのご来場をお待ちしております。 レストランの営業について 誠に勝手ながら、2月24日月曜日をもって今シーズンの営業を終了とさせて頂きます。 25日からはカップ麺などの販売にて対応させて頂きますので、ご不便をおかけしますが なにとぞご理解とご協力をお願いいたします。 インフォメーション• 市営3スキー場共通シーズン券の販売について 今シーズンも、市営3スキー場の共通シーズン券を各スキー場で販売します。 種 類 大人 小人(中学生以下) 市営3スキー場共通シーズン券 31,420円 20,950円 市営 3スキー場 ・乗鞍高原飛騨高山スキー場 ・モンデウス飛騨位山スノーパーク ・ひだ舟山スノーリゾートアルコピア 注:シーズン券を購入される方は、各自で「顔写真」(およそ縦3. 5センチメートル、横3センチメートル・白黒カラー問わず)を1枚持参していただく必要があります。 営業時間 令和元年から令和2年シーズン 雪不足のため営業を延期しておりましたが、令和元年12月25日水曜日から営業いたします。 (当面は高速ペアリフトのみの運行となります。 ) スタッフ一同心よりお待ちしております。 営業期間:~ 令和2年3月31日 火曜日• 営業時間:午前8時30分から午後4時30分まで リフト営業時間はリフト運行情報にてご確認ください) チケット売場• もみの木ロッジ1Fにて販売してます.

次の

日本のスキー場一覧

嵐山 スキー 場

雪国の特権! 帯広から1時間以内で行けるスキー場まとめ 北海道へ移住したなら、ウインタースポーツを楽しみたい!と考えている方も多いでしょう。 「十勝平野」の中心となる帯広市はその平坦な土地柄、スピードスケートやアイスホッケーなどの競技人口が多いイメージがあると思いますが、実は、車で1時間も走らせれば行けるスキー場は7つもあり、スキーやスノーボードをするにも最高の環境です。 そういう私、帯広市地域おこし協力隊 瀬川は大学進学で東京に出ていく前まで(小学~高校まで)は競技スキーをやっていましたので、各スキー場には良くいきました。 その知られざる道東・十勝のスキー場を紹介していきます! メムロスキー場 帯広市の隣町「芽室町」にあるスキー場です。 昔は「嵐山スキー場」という名前でした。 リフトは2基、コースは7つありますがA~Cコースの3コースがメインとなります。 帯広市の南側や中札内村からのアクセスが良く、頂上から見晴らす十勝平野は地平線まで見渡すことができます。 フリーランを練習するには丁度良い地形で、ナイター営業もしており、子どものころ学校帰りに足しげく通算300回くらいは通った、私にとって思い出深いスキー場です。 メムロスキー場 明野ヶ丘スキー場 こちらは帯広市の隣町「幕別町」にあるスキー場で、帯広市の中心市街地からは最も近く、音更町や池田町からのアクセスも良いため、会社帰りに寄れちゃうスキー場です。 ナイター営業もしています。 リフトは1基、コースも1つですが迂回コースのほうに入って遊ぶことができます。 コースは広く作ってあるため初心者が練習するには最高です。 ロッジに売店はありませんが、お弁当などを持ち込んで食べたりします。 飲み物の自販機や、お湯の出る電気ポッドも置いてあり、「ゲレ食より持ち込み派」には素晴らしい環境です。 明野ヶ丘スキー場 白銀台スキー場 「幕別町」にあるもう一つのスキー場で、帯広広尾自動車道(高規格道路)の「忠類(ちゅうるい)IC」を出てすぐの所に位置しているため、高規格に乗ってしまえば帯広から1時間もかからずに行くことができます。 リフトは1基ですがコースは2つ、ナイター営業もしています。 そして十勝管内のスキー場では唯一、スロープスタイルのパークがあります。 しかも割りと上級者向けのアイテム構成となっていて、すっかりスノーボード派になってしまった私にとってアイテムのある貴重なスキー場のひとつです。 白銀台スキー場 新得山スキー場 帯広市内からは40~50分、「新得町」にあるスキー場で、降り場が「中間」「頂上」と2つある珍しいリフトがあります。 頂上まで行く場合は、中間地点でリフトに乗ったまま、板をタッチアンドゴーするようなイメージです。 降りるかどうか一瞬悩んだり、降りなきゃいけないのにボーっとしてて頂上まで行っちゃったりします。 頂上からは3コースに分かれているため、リフトは1台ですがコースは変化に富んでいます。 私が小学生のころ、新得町のスキー少年団に混ぜてもらっていたため、学校帰りに良く練習しに行っていたスキー場です。 シーズン50回くらい、3年くらいは通ったと思います。 そのころはナイター営業もしていたし、「シュレップリフト」と呼ばれるリフトがありました。 サホロにある第6リフトと同じような形式の滑走式リフトです。 しばらく行っていないですが、機会があればまた訪問したいローカルスキー場のひとつですね。 新得山スキー場 サホロリゾートスキー場 十勝管内にある最大のスキー場で、クラブメッドの入っている高級リゾート地です。 帯広市内からは車でちょうど1時間くらいで、狩勝峠の新得側中腹にあります。 ゴンドラや高速リフトも完備、最大コース長は3kmと滑りごたえは十分です。 さらになんと2016-17シーズンより北側の斜面が解放され、フード付きの高速リフトも増設されています。 サホロも私が新得少年団のころ良く通ったスキー場で、第7、第8リフトを中心にアルペンの練習をしていたのが懐かしいです。 北側のコースが増えてからは実はまだ行けていないのですが、どんな風になっているのか楽しみです。 サホロリゾートスキー場 ぬかびら源泉郷スキー場 こちらは「上士幌町」にあるスキー場で、帯広市内からは車で1時間とちょっとです。 もともとは「糠平温泉スキー場」という名前でプリンスホテル系列だったため、リフトには苗場スキー場や富良野スキー場で見るようなマークや絵柄が残っています。 現在は地元の「糠平舘観光ホテル」が経営しており、リフトは4基ありますが2014-15より2基のみの営業となっています。 私は子供のころ良くスキー合宿で利用させていただきました。 大会では勝てた記憶がないので、しょっぱい思い出が残っています。 リフトは2基になってしまいましたが、カービング練習用のロマンスリフト、およびメインの第1高速リフトは健在です。 豊富な地形で遊べます。 ぬかびら源泉郷スキー場 星野リゾート トマムスキー場 トマムは「占冠村」にあり、十勝管内ではありませんが、道東自動車道の「十勝清水IC」ー「トマムIC」間が2007年に開通し、帯広から1時間ほどで行けるようになりました。 トマムの経営も色々ありましたが、運営は星野リゾートが続けています。 インバウンドの観光客が多く、リゾートセンターやタワー内はまるで外国ですが、修学旅行の学生さんが本州から団体で来ていたり、占冠村に「ふるさと納税」すると返礼品としてシーズンパスがもらえることもあり駐車場には帯広や札幌方面ナンバーの車も多いです。 スキー場内には「チョッカリ山」など子供の好奇心を刺激する仕掛けがあちこちにあったり、スロープスタイルのパークが安全設計かつ整備状況もバッチリだったりと、さすが星野リゾートといった感じです。 来シーズン(2017-18)にはクラブメッドが新しい宿泊施設をオープンさせるというニュースもあり、外国人観光客がさらに増えそうな予感がありますが、彼らはあまり滑らないため、リフト待ちとかはほとんどなく、滑りに行くだけであれば快適です。 観光で来る場合にはトマムには宿泊せず帯広市内に宿泊し、レンタカーでトマムに滑りに行くという方法もおすすめです。 星野リゾート トマム スキー場 十勝のスキー場マップ 上記で紹介したスキー場を、マップにまとめましたので参考にどうぞ。 マイマップ:帯広から1時間以内で行けるスキー場 私が東京に住んでいたころは、朝5時に出発して関越自動車道に乗り、3~4時間ほどかけて群馬や新潟のスキー場に行っていました。 帰りは渋滞に巻き込まれ4~5時間かけて東京に帰ってくることも。 今は30分~1時間ほどでスキー場に行けるので、ウェア等は家から装着していきます。 運転者以外はブーツも履いていけます。 準備も楽だし、何より晴天率の高い十勝で、コンディションの良い日を選んでスキー場に行けるのが最高です。 冬の晴れた日、のんびり起きてスキー場へ行き、軽く滑ってから帰ってきてもまだお昼過ぎ。 移住したら、そんな生活が待っていますよ!•

次の