色彩 検定 問題 集。 独学で受験するなら必見!色彩検定の試験勉強に役立ったおすすめテキスト

独学で合格可能!色彩検定おすすめのテキストや問題集・通信講座を紹介!使い道についても【1級、2級、3級、UC級】|資格.com

色彩 検定 問題 集

色彩検定1級の特徴 色彩検定は、文部科学省が後援している公的資格となります。 色を感性や経験だけで捉えるのではなく専門的な技術や理論の元に、色を扱う知識や配色技術などを身につけることができます。 1級では、色彩調和論や色の知覚、ファッション、プロダクト、インテリアカラーコーディネイト、ユニバーサルデザインなどプロフェッショナルに向けた専門的な知識と技術が身につきます。 色彩検定1級はどう役立つ? 色彩の知識はファッション、美容関係に留まらず、出版や広告、建築や空間デザイン、飲食、冠婚葬祭など様々な業界で用いられる知識です。 ファッション・美容、出版・広告業界では、季節感や流行、顧客を美しく見せる配色知識、顧客の要望に応えるデザインなど、色に関する知識と理論が大切となります。 建築業界においても建物に対する配色だけではなく景観との調和や、飲食業界における食べ物を美味しく見せるための色彩学など色は各業界で重要な役割を果たしています。 色彩検定1級の難易度は? 色彩検定1級のレベルは、自らが問題点の解決やアドバイスができる知識と技術の力を身につけ、実務での色彩設計に関われるレベルの学習内容となっています。 プロとして活躍できる力を身につける必要があるために、2級や3級に比べると難易度は大幅に上がり、試験は1次と2次試験が行われます。 2級・3級は2次試験が行われませんでしたが、1級では1次試験の筆記試験に合格すると、2次試験の実技試験が行われます。 実技試験は、実際にカラーカードを切り貼りします。 配色の知識だけではなく、切り貼り作業のスピーディーさも必要となってきます。 独学でも取れる? 独学だとちょっと難しい 資格取得までに必要な勉強時間の目安は? まったくの知識ゼロの人 1日30分として約4ヶ月 すでに多少の知識はある人 1日30分として約3ヶ月 色彩検定1級は、2級と3級の知識の上に成り立っていますので、全くの初心者の場合は2級と3級の勉強が必要となります。 2級までの勉強には約1ヶ月程度の時間が必要となり、1級の試験の勉強には毎日30分ずつコツコツと勉強することで、学習内容を定着させることが合格への近道となります。 3ヶ月前には、1級の基礎内容の勉強を始めた方がいいでしょう。 2次試験対策も1次試験に合格してからでは、時間が足りなくなり間に合わないので並行して学習するようにします。 1次試験対策では公式テキストの内容を学習し、問題集を解くことで試験対策ができます。 2次試験では、模擬試験が載った問題集と、2次試験で使用する配色カードとほぼ同じものを購入して色の勉強をします。 実際の試験ではカードを切り貼りして答案を作りますので、カードを切って貼る作業にも慣れておく必要があります。 色彩の定着は暗記だけでは身につけることが難しいので、毎日少しの時間でも勉強することが大切です。 オススメの参考書は? A・F・T色彩検定公式テキスト1級編 お値段は少々高いですが、試験問題のテキストや図は公式テキストから出題されるので、やはり購入しておきたい1冊です。 色彩検定1級問題集 ヒューマンリソシア 公式テキストには問題集がないのですが、この問題集は公式テキストの参照ページまで記載されているので、問題を解き理解を深めることに役立つ1冊です。 色彩検定1級2次徹底攻略模擬テスト問題集 2次試験に特化された問題集となっており、16回分程度のボリュームがあります。 本番に近い形で勉強ができます。 色彩検定1級の基本情報 関連ページ Illustratorクリエイターはイラストレーターのための資格です。 今回はIllustratorクリエイター能力認定試験の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、Illustratorクリエイター能力認定試験の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 MIDI検定は音楽制作ソフトであるDAWのMIDI規格に関する知識を問う資格です。 今回はそんなMIDI検定3級の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、MIDI検定3級の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。 色彩検定はカラーコーディネーターになるために必要な資格です。 今回はそんな色彩検定3級の難易度についてまとめました。 合格率や必要な勉強時間の目安、勉強法のコツやおすすめの参考書など、色彩検定3級の資格取得に必要な情報をまとめてるのでぜひ参考にしてください。

次の

【公式テキストは必要?】色彩検定の勉強をしてみてわかったこと|oayublog

色彩 検定 問題 集

色彩検定3級のおすすめテキスト 色彩検定3級の難易度は低く、合格率も高い試験ですが、やはりテキストを購入してきちんと勉強する必要があります。 8 x 2. 5 cm 内容 3級のテキスト&問題集 色彩検定をはじめて勉強する人におすすめのテキストが「1週間でスピード合格!!色彩検定3級テキスト&問題集」。 タイトルにある通り、たった7日で色彩検定に合格するために必要な知識が身に付きます。 見やすく分かりやすく構成されているので、楽しく勉強ができました。 色彩検定2級だけ受験する人も3級で学ぶ基礎知識は必要なので、このテキストからスタートしましょう。 内容がコンパクトにまとまっているので、基礎知識をスピーディーにインプットできましたよ。 ちなみに、ページ数は公式テキストよりも多いですが、問題集付きなので当然です。 4 x 18 x 1 cm 内容 3級のテキスト 色彩検定の勉強と言えば、A・F・T公式テキストが有名。 2019年には、2020年改訂版が出版されました。 正直、3級の勉強に公式テキストを買う必要はありません。 公式テキストは文字が多く、理解するのに時間がかかります。 お世辞にも面白いとは言えなく、勉強していて退屈です。 しかも、公式テキストはちょっと値が張ります。 市販の安いテキストで十分に対策ができ、それで合格ラインに届きます。 6 x 18 x 1. 2 cm 内容 2級のテキスト 色彩検定3級の勉強に公式テキストを買う必要はないと前述しましたが、2級を受けるなら必須だと考えます。 試験の大半は公式テキストから出題され、市販の教材だけでは解けないような問題が出題されることもあります。 また、ワードの穴埋め問題では、公式テキストの文言がそのまま出題されます。 試験では図や写真も公式テキスト準拠のものが使われているので、この1冊を買って勉強すれば間違いありません。 7 x 18. 2 x 1. 4 cm 内容 3級と2級の過去問 色彩検定の公式テキストには過去問がないので、別売りの過去問題集を解きましょう。 過去問を解くことで要点整理ができ、実践的な知識が身に付きます。 過去問も、色彩検定協会が監修している公式問題集がおすすめ。 試験までに2~3回は解き、苦手な分野を洗い出して克服しましょう。 ちなみに、過去問には色彩検定3級の問題集も付いていますが、3級の知識が身についていて、時間がなければ解く必要はありません(余裕があったら解いてみてください)。 2級の問題を解くことだけに集中しましょう。 最短合格! 色彩検定2・3級テキスト問題集 タイトル 最短合格! 8 x 2. 1 cm 内容 3級のテキスト・問題集/2級のテキスト・問題集 「色彩検定3級に合格していないけど、いきなり2級を受験したい!」と言う方におすすめなのが、「最短合格! 色彩検定2・3級テキスト問題集」。 色彩検定2級に合格するためには、3級の知識も必要です。 ですが、3級のテキストも2級のテキストも買ってしまうと、時間もお金もかかります。 そこでおすすめなのが、3級と2級の試験対策を1冊でできるこのテキスト。 過去問もちゃんとついているので、効率よく勉強ができます。 色彩検定のテキスト選びのポイント 色彩検定のテキストは、いろんな出版社から複数販売されていますが、基本的に教材は1つあれば十分で、他の教材をわざわざ買う必要はありません。 購入してから「少し分かりにくい」と感じて他のテキストに頼ろうとしても、書いてある内容は結局似たようなもの。 いろんなテキストを買ってしまうと、返って時間とお金の無駄。 色彩検定に合格するためには繰り返しの勉強が大切ですので、「このテキストを使う!」と決めたら、その1冊をトコトン使い倒しましょう。 まとめ 色彩検定におすすめのテキストを、3級と2級に分けてご紹介しました。 3級は公式テキストを読まなくても合格はできます。 2級を受けるなら公式テキストがおすすめです。 また、3級はテキストを読む程度でも合格ができます。 2級はしっかり過去問を解いておいた方が安心ですよ。

次の

『必ず合格! 色彩検定3級 公式テキスト解説&問題集 2020年度版』発売|株式会社エムディエヌコーポレーション

色彩 検定 問題 集

重要 新型コロナウィルスの感染拡大により 2020年6月に実施予定だった 色彩検定 夏期検定が中止になりました。 こんにちは、1級 色彩コーディネーターの石川です()。 カレンダーは6月に突入し、夏期検定に向けて絶賛勉強中・・・の予定だったのですが、気がつけば ダラダラと深夜までテレビを見続けてしまう毎日。 しかも、問題集すら購入していません。 このままではいけない!と一念発起し、本屋さんに問題集を買いに行くことにしました。 歴代の過去問題集は持っていますが・・・ 長いことこうして独学受験情報ブログをやっているもので、我が家の本棚には2011年度以降の歴代の過去問題集が・・・ なので、これらの過去問をやるだけで十分な気もするのですが、せっかくなので最近の問題集の使い勝手なども検証しながら、勉強してみたい。 そこで、まだ手に入れていなかった「2016年度版 公式過去問題集」と、最近出版された「市販の問題集」を購入することにしました。 まずはブックファーストへ! ということで、新宿へ。 今や新宿駅・西口のランドマークとしてお馴染みとなった「モード学園コクーンタワー(上の写真の尖がったガラス張りのビル)」の地階にブックファーストが入っています。 都内でも有数の大型店舗ということもあり、ちゃんと「色彩」コーナーも設けられています。 「色彩検定」関連の問題集もたくさんありますね。 が! ここで、重要な事実に気づきます。 こ、公式過去問題集がない!! AFTから発売されている、公式テキスト、過去問題集がどこをどう探しても見当たらないのです。 店員さんに確認すると「すみません、取り扱いがありません」とのこと。 ショ、ショック!! 「これだけ大きなお店だから、当然、公式テキストも置いてるだろう」と簡単に考えていたのですが、これは大きな誤算でした。 どうやら、AFTと提携している本屋さんじゃないと、公式テキスト・過去問題集は扱っていないようです。 今度は紀伊国屋書店へ! そこで、仕方なく駅の東口に回って、紀伊国屋書店に行ってみることにしました。 こちらの新宿本店では 色彩検定の申込みも出来るため、当然、公式テキストの扱いもあるだろうと予想。 7階「洋書・芸術」フロアをうろうろ歩いてみると・・・ ありました!一際 鮮やかな色彩検定関連コーナー。 予想通り 公式テキスト・過去問題集をはじめ、関連書籍が多数 揃っています。 この時はまだ試験の受付期間の最中だったので「書店受付」の案内ポップも出ていました。 レジ横には、願書付きの資料(検定ガイド)も置かれていました。 購入したのは・・・ ということで、購入したのはこちら。 まずは公式過去問題集(2016年度版)。 この独学情報ブログを運営していることもあり、公式過去問は一応 毎年購入しています。 問題集は、小一時間迷いましたが、学研から出ている「色彩検定2級 本試験対策(2018年版)」にしてみました。 問題数が他の書籍より多めだったのも決め手のひとつでした。 実際に学習をしてみて詳しいレビューも書いてみようと思います。 まとめ 大きな書店でも、公式テキスト・過去問題集の扱いが無いお店があるというのは、ちょっとした発見でした。 後日、AFTのサイトで調べたところ、公式テキストの扱いがあるのは、AFTと提携した「特約書店」のみになるようです。 以下のページで最寄の特約書店が検索できますので、出かける前に一度確認しておいたほうがよいかと思います。

次の