マヤ族 誕生日。 「2020年3月21日」に人類滅亡!インド暦とマヤ暦の終わりが一致!

グァテマラ・マヤ族の豆 200g (エコビーンズ・オーガニック豆使用100%)

マヤ族 誕生日

エクセルを持っていれば だし、あなたの本当の本当の誕生日を知っているのはあなたを生んだ母親。 7日以内だったか14日以内かに役所に登録するわけですが、仏滅に産まれたとすると縁起が悪いとして、ずらして役所に届けることもあったらしいので。 で、西暦であろうと和暦であろうとマヤ暦であろうと、それは1つの記号にしかすぎず、絶対的な暦なんて無いんです。 古代エジプトの一年の始まりは、今の西暦でいけば7月だったし、地球は古代では一周するのに今の時間でいけば21時間くらいだった。 どんどん伸びていっているわけです。 月もどんどん離れていっており、それによって地球の回転速度も影響を受けている。 古代エジプトでは24時間法じゃなくて アバウトに1年を決めていた。 夜明け前にシリウスだったかが東の空に現れた後に、ナイル川が氾濫していたのを知り、それでその現象が起こった日を一年の初めとしていたらしい。 しかし地球は首ふり運動をしているので、長期的になるとズレてくるわけです。 時間というものはあくまで地球時間。 月を基準にしたり太陽を基準にしたり水晶や電波や原子を基準にしたりと変わってきたわけです。 時間というものは一体なんのことなのか。 それを考えることから始めてはどうかなって思います。 参考になるものとして 別冊 newton あれ? 23時間だっけ?・・・・ まあ どうでもいい。 とにかく時間というものは人によって制定されているってことで絶対的な時間なんてもなー ねーってことだ。 オマタ お前のやっているのは哲学じゃない おしゃべりだ! おしゃべりカテに行け。 どんだけでも妄想を書けるぞ。 あと お前はソシオパスと同じ行動をしている。 NHKという国家によって洗脳され、それを正しいと信じ、しかもそれをまるで自分の考えであるかのようにNHKの内容をうわっつらだけで軽薄に喋る。 しかも自分の発言に責任が取れない。 お前はアスペルガーなんかじゃあない。 アスペルガーだと自称するな。 アスペルガーが迷惑する。 おしゃべりカテに今すぐいって、国家によってマインドコントロールされた脳みそバーンをぶちまけろ。

次の

サンペドロ・ラグーナで、マヤ族の末裔の誕生日に緊急招集!家族の温かみとワイルドな生活の実態!

マヤ族 誕生日

マヤ暦のKinは「人」や「日」を表します。 マヤ暦では、260日を1年として考え、1日を「Kin1 キン1 」と呼び、それが魂を表す番号とされています。 なので、「人」であれば、キン番号は誕生日と思ってください。 生まれた日のエネルギーがあなたの生きるテーマとなり、自然に自分らしく生きていけるということなのです。 「Kin」は、あなたの人生のガイドマップとになり、 日々体験することによって格段にスピードアップしてスムーズに人生が進んでいきますし、 見えてこなかったものが、徐々に明らかになってくるなど、ご自身の占いが行えます。 たとえば、 「今はとどまったほうがいい時なのか?」 「スタートさせるときなのか」 今どんな時にいるのかを確認することが出来ますし、 「なんでこんなことが起きているのか?」 「あの経験、言葉のおかげで理解できる」 などなど。 Kin番号を知っている場合、詳細画面が見れます sponsordLink コンテンツ一覧 調べる• — 20,772,311 views• — 312,321 views• — 363,973 views• — 69,232 views 新規追加 知 る• — 1,332,047 views• — 359,496 views• — 292,583 views• — 126,991 views• — 73,220 views• — 101,449 views 楽しむ• — 256,936 views• — 191,912 views• — 594,037 views 参加する• — 39,871 views• — 59,029 views• — 53,608 views 聞く• — 30,276 views• — 7,739 views なんとなく• — 23,646 views 新規追加 メルマガ• — 34,807 views 新規追加 おすすめ人気記事•

次の

【マヤ暦】新時代への幸運の予言

マヤ族 誕生日

この湖は、「アティトラン湖」と呼ばれ、 "世界で最も美しい湖"とも呼ばれています。 彼女の家では、七面鳥を飼っており、誕生祭の朝、その命をいただくという。 早速、彼女のあとをついて行きました。 すごく立派な七面鳥を脇に抱え、実家へと向かいます。 実家へは歩いて5分。 家族のほとんどは、徒歩で5-10分圏内に住んでいるようです。 本当に、何かの族長にしか見えません。。。 笑 実家の方には、他にも食料となり鶏が3匹。 左側の鶏は、卵用だったので、今回は助かりました。 家族がたくさん!全部で10名を越す多所帯らしいです。 ただ、伝統的な誕生祭では、食事の準備は女性の仕事らしいので、男性は手伝い禁止なのだそうな。。。 そして、鶏や七面鳥ですが、お母さんが一瞬で行いました。 お母さんしか、この技はできないようで、「私は無理!できない!」と、アレハンドラはひたすら笑っていました。 笑 ついさっきまで生きていた生命をいただくことを考えると、感謝しかありません。 現在では、なかなか体験することがないですが、子供ができたら、こういう体験をさせることも大事だなと思いました。 鳥を捌くのもお母さんのお仕事。 もう70歳を超えているというのに、圧倒的に元気。 てか、女性陣の中で一番元気かもしれない。 「お母さんしか捌けないの!」とアレハンドラは言うが、お母さんが亡くなった時はどうするつもりなんだろう。。。 笑 スープ用に鳥を煮込んでいる間に、主食であるトルティーヤ的なものを作ります。 ひたすらこねて、葉っぱに包んでいきます。 これがもう尋常じゃない数なんです。 写真を見てわかるように、300-400個は作っています。 「祭りにはこれが欠かせないからね!」とみんな談笑しながら作ります。 本当大変そう。。。 準備すること、約7時間! 家族全員が揃ってご飯をいただきます! スープも七面鳥もめちゃめちゃ美味しかったです。 調理過程とか、諸々全て見たので、美味しさも格別。 たどたどしいスペイン語にも関わらず、みんな親切で、とっても楽しい時間を過ごすことができました! 家族の繋がりを実感 この行事は、アレハンドロが小さい時から、ずっと続いている行事だそうです。 家族全員が集まって、命の有り難みを感じながら、生きていられることに感謝しながら、みんなと楽しく食事をする。 それが、大事な伝統なのです。 現代では、スーパーに行けば3,000円くらいで、割と大きい七面鳥の肉が買えるそうです。 生きてる七面鳥を買うと、4-5,000円くらいして、なんならスーパーで買うよりも高いのです。 スーパーで捌いてある肉を買えば、手間もかからず楽なのは、アレハンドラ達も理解しています。 けれども、 「命の大切さを学ぶ上で、大事なところは失いたくない」と、今も伝統的なスタイルを続けています。 そんな大事な行事に参加できて、心から幸せでした。 異文化交流はやっぱり面白い。 いかがでしたでしょうか? グアテマラの伝統的な誕生祭は、日本にいたらなかなか体験できないことだらけで、学ぶことがとても多かったと感じました。 こんな経験ができるのが、まさに旅の醍醐味だと思います。

次の