ディープ ストライカー ガンプラ。 GUNDAM FIX FIGURATION #0013 PLAN303E ディープストライカー レビュー4回目

MG PLAN303E ディープストライカー レビュー

ディープ ストライカー ガンプラ

〈備考〉• ・表示がない商品については、オンラインショップでの取り扱いがないか、品切れです。 ・表示を押下すると、プレミアムバンダイ「ホビーオンラインショップ」または「ガンダムベースオンラインショップ」へ遷移します。 ・商品のご注文方法やお届け時期は遷移先の商品ページでご確認ください。 Thunderbirds is a trademark of ITC Entertainment Group,Ltd. Licensed by Universal Studios Licensing LLLP. All Rigths Reserved. All rights reserved. All rights reserved. STAR TREK is a Trademark of Paramount Pictures. BANDAI Authorized User. C 2015 ビックウエスト (C)2015 Gullane Thomas Limited. All Rights Reserved.

次の

デンドロビウムの再来となるか。マスターグレードモデル(MG)『ディープストライカー』

ディープ ストライカー ガンプラ

では箱絵からどうぞ。 パケ絵はバストアップのディープストライカーが掲載。 出撃体勢っぽい静かな躍動感を感じさせます。 背景はどこかの空間シーンでは無いですけど、多くのセンサーを装備したディープストライカーならではの、コックピットレーダーっぽいものが描かれています。 このパケ絵は評価が高いみたいですね。 横絵は片側はパッケージ表面と同じデザインで、反対側はキットの全体画像が掲載。 モデルグラフィックスに掲載された文言「何者なんだ、おまえは!?」がそのまま掲載されるなど、ファンの心をぐっと引き寄せるものになっています。 裏面にはキットの詳細が記載されています。 圧巻サイズのディープストライカー側面がパッケージいっぱいに掲載されていて、その大きさを改めて確認することが出来ますね。 各部の名称も英語で記載されていますが、日本語と各部の詳細については説明書に記載されています。 箱のサイズは一般的なMGやHGと比べてかなり大きいPGキットと同じサイズ。 PGユニコーンガンダムと同じ大きさの持ち手付きパッケージになっています。 量販店で買って持ち帰る時の優越感はハンパないでしょうね。 では開封。 パッケージのストッパーを外して取っ手の付いたフタを開き、仕分けダンボールが入った箱を引き出します。 サクッと組めそうです。 今回は各袋ごとの撮影は避けて全部まとめてパチリと撮影しようかとも思いましたが、わかりにくいので一応分散させて撮影することに。 中には全部で19袋分のランナーが入っていました。 久々にみるチラシですが、ユニコーンガンダムの結晶バージョンなどの新限定ガンプラも発売され、とは少しデザインが異なるものになっています。 では説明書を見ていきます。 表紙のデザインは通常のMGと同じ。 上部にはガンダム・センチネルのマークが記載されています。 では一通り説明書をどうぞ。 かなり長いので、興味の無い方はサクッとスルーしてくださいまし。 まずはイオタ計画の開発経緯など、ペーパープランで終わったディープストライカーの詳細が記載されています。 読み物としても満足できる面白い内容になっているので読む価値はありますね。 ランナーはかなり多いですが、3ページ目を見る限り、かなり大量の余剰パーツが発生します。 なのでMG Ex-Sガンダムと同じような構成かな~と思いきや、その後は脚部ブースターユニットの組み立てに入るので、Ex-Sガンダムとはちょっと違った流れになっています。 ディープストライカー下部から順に組み立てていくような構成になっているようですね。 胸部を組み立てる辺りからビスを使うようになってくるのでドライバーが必要です。 おそらくMG Sガンダムからの流れで、強度を保つためにビスがあるんでしょうけど、今の技術で作り直すならビスがなくても構成できそうです。 説明書の中間部にはディープストライカーの各部名称や詳細が記載されています。 他の機体にはないディスクレドームやショックアブソーバー、Iフィールド発生装置、ビーム・カノンといった特殊な武装の解説が加えられているのでかなり面白いです。 以上、説明書でした。 細かい可動やギミックなどの解説はほとんどなく、組み立てとディープストライカーの詳細が記載された説明書になっています。 キットを動かす楽しみはやや薄いですが、目新しい構造物の造形や特殊武装の詳細が読める貴重な一冊になっていると思います。 カラーガイドはかなりシンプルな色がチョイスされています。 ですがこれだけ大型で特殊とも言えるキットなだけに、メタリックなどの少し質の高い塗料を使ったり、もう少し凝った調色にして塗装してみたほうが面白いと思いますし、よりリアルに仕上がると思います。 では各ランナーを見ていきます。 ホワイトのランナーです。 AではなくCからのスタート。 A・BランナーはSガンダムのバックパックやウイング用パーツなので、ディープストライカーには不要です。 このCランナーは一部の腕部パーツなどを使用し、後は余剰パーツになります。 同じものが2枚付属。 レッドのランナーです。 レッドというよりはオレンジに近いですね。 背中や腹部用に一部パーツを使用するだけで、殆どが余剰パーツになります。 レッドのランナーです。 こちらも前腕や腹部、胸部など一部のパーツを使用します。 少しブラウンがかったグレーのランナーです。 内部パーツ類で、胸部などに使用します。 半分くらいは余剰パーツ。 少しブラウンがかったグレーのランナーです。 肩関節やハンドパーツ用に一部のパーツを使用するのみで、ほとんどが余剰パーツです。 少しブラウンがかったグレーのランナーです。 同じものが2枚付属。 胸部コックピットハッチなど胸部用に一部パーツを使用します。 グレーのランナーで、J1とJ2が一体型になっています。 グレーのランナーです。 同じものが2枚付属。 腕部、肩部のパーツ類になります。 少しブラウンがかったグレーのランナーです。 ブラウンが混じったランナーは内部パーツ類なので、メタリック系で塗装すると金属質がチラ見していい感じになりそうです。 ブラウンっぽいグレーのランナーです。 台座の底面パーツ。 MG Ex-Sガンダムと同じものです。 ブラウンっぽいグレーのランナーです。 支柱パーツ。 T1がホワイト、U1が少しブラウンがかったグレーのランナーです。 T1は腹部やバックパックパーツでU1は腰部パーツなど。 ホワイトのランナーでモナカ割のプロペラントタンクパーツです。 同じものが4枚付属します。 2枚付属します。 ある程度は使いますが、かなり余ります。 ランナーに『X』が印字されたディープストライカー専用のランナーになります。 っとその前にちょっと休憩。 以上、Ex-Sガンダムの動画でした。 圧倒的なディテールがすごいですね。 思わず欲しくなってしまいますけど、売ってんのかな、これ。 では引き続きランナー紹介です。 イエロー、レッド、クリアー、ホワイトのイロプラランナーです。 胸部や肩部、頭部などのパーツ類。 グレーのランナーです。 メガ粒子砲やショルダーアーマー、ブースターユニットなどのパーツ類。 グレーのランナーです。 同じものが2枚付属。 ブースターユニットや台座のパーツ類です。 画像右端のパーツはビーハイヴっぽいです。 ホワイトのランナーで同じものが2枚付属します。 ブースターユニットや改良型ビーム・カノン、股間部増加パーツなどのパーツ類。 グレーのランナーです。 ブースターユニット外装パーツ類やスラスターなど。 同じものが2枚付属します。 レッドのランナーです。 ショルダーアーマー外装やディスクレドーム、マルチセンサー用パーツなど。 レッドのランナーです。 XF1の一部と同じ。 ホワイトのランナーです。 股間部増加パーツや胸部増加パーツなど。 ホワイトのランナーで、ブースターユニットの外装パーツ類など。 大きいパーツが並びます。 ホワイトのランナーです。 メガ粒子砲の砲尾部パーツ。 かなり大きいですね。 ホワイトのランナーです。 こちらもメガ粒子砲や背部プラットフォーム部のパーツ、ディスクレドーム、テール・スタビライザーパーツなど。 グレーのランナーで同じものが2枚付属します。 ブースターユニット用パーツやマルチセンサー、胸部増加パーツ、股間部増加パーツの内部パーツ類など。 グレーのランナーです。 メガ粒子砲の砲尾部パーツや支柱、台座パーツなど。 大型のパーツ類が多いです。 シルバーメッキのランナーです。 ショックアブソーバーのシャフトパーツやメガ粒子砲の砲身パーツなど。 ガンダム・センチネルのロゴはいいですね。 が発売されていますが品薄。 MG Ex-Sガンダムに付属している擦って転写するタイプのガンダムデカール(ドライデカール)を使用してもいいかもですね。 ビスは袋に本数が記載されていますが、予備は入っていないのでなくさないよう紛失に注意です。 以上です。 台座も支柱を折りたたんで収納する必要がありますね。 本体部分は精密なので、新聞紙を丸めたりして緩衝材を入れておくと、箱を持ち運びする時に縦にしても、破損を避けることができると思います。 ディープストライカー自体はSガンダムからの流用パーツも多いですが、それをベースにしつつ各部が細かく新造されていますし、リード線やメッシュパイプなど普段あまり使わないパーツも付属しているのでちょっと新鮮。 ビスがあるキットは古いイメージもありますけど、外見的には感じないレトロ感も味わえるので楽しめるのではないでしょうか。 後はシールがマーキングなので、リアルな塗装がちょっと出来ないなーって感じです。 が、ガンダムデカールかプレバンでの拡張セットが発売されるなりすれば付属すると思うので、それまでじっくりと待ちたいと思います。 拡張セットといっても特に拡張すべきものは無いんでしょうけど、何かしら期待したいですね。

次の

さらに塗装!ディープストライカー#54:G団【ガンプラ製作】DEEP STRIKER

ディープ ストライカー ガンプラ

では箱絵からどうぞ。 パケ絵はバストアップのディープストライカーが掲載。 出撃体勢っぽい静かな躍動感を感じさせます。 背景はどこかの空間シーンでは無いですけど、多くのセンサーを装備したディープストライカーならではの、コックピットレーダーっぽいものが描かれています。 このパケ絵は評価が高いみたいですね。 横絵は片側はパッケージ表面と同じデザインで、反対側はキットの全体画像が掲載。 モデルグラフィックスに掲載された文言「何者なんだ、おまえは!?」がそのまま掲載されるなど、ファンの心をぐっと引き寄せるものになっています。 裏面にはキットの詳細が記載されています。 圧巻サイズのディープストライカー側面がパッケージいっぱいに掲載されていて、その大きさを改めて確認することが出来ますね。 各部の名称も英語で記載されていますが、日本語と各部の詳細については説明書に記載されています。 箱のサイズは一般的なMGやHGと比べてかなり大きいPGキットと同じサイズ。 PGユニコーンガンダムと同じ大きさの持ち手付きパッケージになっています。 量販店で買って持ち帰る時の優越感はハンパないでしょうね。 では開封。 パッケージのストッパーを外して取っ手の付いたフタを開き、仕分けダンボールが入った箱を引き出します。 サクッと組めそうです。 今回は各袋ごとの撮影は避けて全部まとめてパチリと撮影しようかとも思いましたが、わかりにくいので一応分散させて撮影することに。 中には全部で19袋分のランナーが入っていました。 久々にみるチラシですが、ユニコーンガンダムの結晶バージョンなどの新限定ガンプラも発売され、とは少しデザインが異なるものになっています。 では説明書を見ていきます。 表紙のデザインは通常のMGと同じ。 上部にはガンダム・センチネルのマークが記載されています。 では一通り説明書をどうぞ。 かなり長いので、興味の無い方はサクッとスルーしてくださいまし。 まずはイオタ計画の開発経緯など、ペーパープランで終わったディープストライカーの詳細が記載されています。 読み物としても満足できる面白い内容になっているので読む価値はありますね。 ランナーはかなり多いですが、3ページ目を見る限り、かなり大量の余剰パーツが発生します。 なのでMG Ex-Sガンダムと同じような構成かな~と思いきや、その後は脚部ブースターユニットの組み立てに入るので、Ex-Sガンダムとはちょっと違った流れになっています。 ディープストライカー下部から順に組み立てていくような構成になっているようですね。 胸部を組み立てる辺りからビスを使うようになってくるのでドライバーが必要です。 おそらくMG Sガンダムからの流れで、強度を保つためにビスがあるんでしょうけど、今の技術で作り直すならビスがなくても構成できそうです。 説明書の中間部にはディープストライカーの各部名称や詳細が記載されています。 他の機体にはないディスクレドームやショックアブソーバー、Iフィールド発生装置、ビーム・カノンといった特殊な武装の解説が加えられているのでかなり面白いです。 以上、説明書でした。 細かい可動やギミックなどの解説はほとんどなく、組み立てとディープストライカーの詳細が記載された説明書になっています。 キットを動かす楽しみはやや薄いですが、目新しい構造物の造形や特殊武装の詳細が読める貴重な一冊になっていると思います。 カラーガイドはかなりシンプルな色がチョイスされています。 ですがこれだけ大型で特殊とも言えるキットなだけに、メタリックなどの少し質の高い塗料を使ったり、もう少し凝った調色にして塗装してみたほうが面白いと思いますし、よりリアルに仕上がると思います。 では各ランナーを見ていきます。 ホワイトのランナーです。 AではなくCからのスタート。 A・BランナーはSガンダムのバックパックやウイング用パーツなので、ディープストライカーには不要です。 このCランナーは一部の腕部パーツなどを使用し、後は余剰パーツになります。 同じものが2枚付属。 レッドのランナーです。 レッドというよりはオレンジに近いですね。 背中や腹部用に一部パーツを使用するだけで、殆どが余剰パーツになります。 レッドのランナーです。 こちらも前腕や腹部、胸部など一部のパーツを使用します。 少しブラウンがかったグレーのランナーです。 内部パーツ類で、胸部などに使用します。 半分くらいは余剰パーツ。 少しブラウンがかったグレーのランナーです。 肩関節やハンドパーツ用に一部のパーツを使用するのみで、ほとんどが余剰パーツです。 少しブラウンがかったグレーのランナーです。 同じものが2枚付属。 胸部コックピットハッチなど胸部用に一部パーツを使用します。 グレーのランナーで、J1とJ2が一体型になっています。 グレーのランナーです。 同じものが2枚付属。 腕部、肩部のパーツ類になります。 少しブラウンがかったグレーのランナーです。 ブラウンが混じったランナーは内部パーツ類なので、メタリック系で塗装すると金属質がチラ見していい感じになりそうです。 ブラウンっぽいグレーのランナーです。 台座の底面パーツ。 MG Ex-Sガンダムと同じものです。 ブラウンっぽいグレーのランナーです。 支柱パーツ。 T1がホワイト、U1が少しブラウンがかったグレーのランナーです。 T1は腹部やバックパックパーツでU1は腰部パーツなど。 ホワイトのランナーでモナカ割のプロペラントタンクパーツです。 同じものが4枚付属します。 2枚付属します。 ある程度は使いますが、かなり余ります。 ランナーに『X』が印字されたディープストライカー専用のランナーになります。 っとその前にちょっと休憩。 以上、Ex-Sガンダムの動画でした。 圧倒的なディテールがすごいですね。 思わず欲しくなってしまいますけど、売ってんのかな、これ。 では引き続きランナー紹介です。 イエロー、レッド、クリアー、ホワイトのイロプラランナーです。 胸部や肩部、頭部などのパーツ類。 グレーのランナーです。 メガ粒子砲やショルダーアーマー、ブースターユニットなどのパーツ類。 グレーのランナーです。 同じものが2枚付属。 ブースターユニットや台座のパーツ類です。 画像右端のパーツはビーハイヴっぽいです。 ホワイトのランナーで同じものが2枚付属します。 ブースターユニットや改良型ビーム・カノン、股間部増加パーツなどのパーツ類。 グレーのランナーです。 ブースターユニット外装パーツ類やスラスターなど。 同じものが2枚付属します。 レッドのランナーです。 ショルダーアーマー外装やディスクレドーム、マルチセンサー用パーツなど。 レッドのランナーです。 XF1の一部と同じ。 ホワイトのランナーです。 股間部増加パーツや胸部増加パーツなど。 ホワイトのランナーで、ブースターユニットの外装パーツ類など。 大きいパーツが並びます。 ホワイトのランナーです。 メガ粒子砲の砲尾部パーツ。 かなり大きいですね。 ホワイトのランナーです。 こちらもメガ粒子砲や背部プラットフォーム部のパーツ、ディスクレドーム、テール・スタビライザーパーツなど。 グレーのランナーで同じものが2枚付属します。 ブースターユニット用パーツやマルチセンサー、胸部増加パーツ、股間部増加パーツの内部パーツ類など。 グレーのランナーです。 メガ粒子砲の砲尾部パーツや支柱、台座パーツなど。 大型のパーツ類が多いです。 シルバーメッキのランナーです。 ショックアブソーバーのシャフトパーツやメガ粒子砲の砲身パーツなど。 ガンダム・センチネルのロゴはいいですね。 が発売されていますが品薄。 MG Ex-Sガンダムに付属している擦って転写するタイプのガンダムデカール(ドライデカール)を使用してもいいかもですね。 ビスは袋に本数が記載されていますが、予備は入っていないのでなくさないよう紛失に注意です。 以上です。 台座も支柱を折りたたんで収納する必要がありますね。 本体部分は精密なので、新聞紙を丸めたりして緩衝材を入れておくと、箱を持ち運びする時に縦にしても、破損を避けることができると思います。 ディープストライカー自体はSガンダムからの流用パーツも多いですが、それをベースにしつつ各部が細かく新造されていますし、リード線やメッシュパイプなど普段あまり使わないパーツも付属しているのでちょっと新鮮。 ビスがあるキットは古いイメージもありますけど、外見的には感じないレトロ感も味わえるので楽しめるのではないでしょうか。 後はシールがマーキングなので、リアルな塗装がちょっと出来ないなーって感じです。 が、ガンダムデカールかプレバンでの拡張セットが発売されるなりすれば付属すると思うので、それまでじっくりと待ちたいと思います。 拡張セットといっても特に拡張すべきものは無いんでしょうけど、何かしら期待したいですね。

次の