デッドプールミッション。 映画『デッドプール』公式サイト

デッドミッション

デッドプールミッション

コメント Quick Close V1. zip 45. zip 44. zip 36. SpeedMT4-1. zip 1. SpeedMT4-1. zip 1. SpeedMT4-1. zip 1. zip 3. SpeedMT4-1. zip 1. SpeedMT4-1. zip 1. SpeedMT4-1. zip 1. SpeedMT4-1. zip 1. SpeedMT4-1. zip 1. SpeedMT4-1. zip 1. SpeedMT4-1. zip 1.

次の

映画『デッドプール』の3作目最新情報まとめ!現在製作が進行中!

デッドプールミッション

としては累計8作品目となる。 『 デップー』とも。 監督はが務め、出演は、、、、など。 企画は2004年2月にで始まったが同社は棚上げし、その後が興味を示し2009年5月に脚本作りを開始、2011年4月にミラーが監督として雇われた。 主要撮影は2015年3月よりバンクーバーで開始。 アメリカでは2016年2月12日公開。 X-MENシリーズ初のとなった。 日本は2016年6月1日に公開された。 あらすじ [ ] でトラブルシューターをしながら日銭を稼ぎ生活している傭兵のウェイド・ウィルソンは、高級の ()と出会い交際し始める。 愛し合い結婚の約束をしたウェイドだったが、突然意識を失い病院に運ばれた結果と診断される。 ウェイドは親友が経営している酒場に来たの男の誘いに乗り、がんの治療と引き換えに極秘のの被験者となることを決めると同時に、ヴァネッサの前から姿を消す。 ウェイドは施設で ()というミュータントの男から、DNAに潜んでいるミュータント遺伝子を活性化させる血清を投与され、突然変異を誘発する為に拷問を受ける。 実験の末にウェイドの細胞は変異し、驚異的な治癒能力を手に入れるが、引き換えに全身が火傷を負ったように爛れた醜い姿に変異してしまう。 フランシスの側近からマッチを奪い、意図的に火事を起こして施設から脱出したウェイドだったが、ヴァネッサが醜い自分の姿を受け入れるとは思わず、再会を避けての老婆 ()の家に居候する。 フランシスの言った言葉を頼りに元の姿に戻るため、自作の赤いコスチュームと赤い覆面を身につけて、酒場で行われていた死人が出るかどうかの賭けである「死の賭け(Dead Pool)」に由来し、傭兵 と名乗り、フランシスと組織につながりのある人物を襲撃する。 リクルーターの男からフランシスの居場所を聞きだしたウェイドは、でフランシス率いる集団を襲撃する。 護衛の傭兵達を倒すとフランシスを追い詰めるが、そこにテレビ放送で騒動を見て駆けつけた、プロフェッサーX率いるミュータントのヒーローチーム「」の ()と訓練生の ()が現れ、彼らと問答している間にフランシスに逃亡されてしまう。 ウェイドもコロッサスに手錠をかけられ、プロフェッサーXの元へと連行されそうになるが、ナイフで自身の手首を切り落とすことで逃げだし、アルの家へと帰宅した。 デッドプールの正体を知ったフランシスは、人質としてヴァネッサを誘拐する。 これを知って怒り心頭のウェイドは、「恵まれし子らの学園」のコロッサスとネガソニックの協力を得てフランシスのアジトであるがある廃棄場を襲撃、フランシスの傭兵を相手に戦いを始める。 激闘の末、ウェイドはフランシスを追い詰め元の姿に戻すよう迫るものの、フランシスからは「元通りにする方法などない」と言い放たれて拒否されてしまった。 報復を思いとどまらせようと説得するコロッサスだったが、ウェイドはそれを尻目にフランシスを射殺する。 戦いの後にウェイドとヴァネッサは対面し、ウェイドは自身の素顔を見せるが、ヴァネッサはウェイドを受け入れて二人が結ばれ映画は幕を閉じる。 登場人物 [ ] 演 - 、日本語吹替 - 元員で、現在はニューヨークでトラブルシューターをしながら日銭を稼ぎ生活している傭兵。 末期がんであることが判明し、その治療のためにウェポンXプログラムの人体実験の被験者に志願した。 その結果、驚異的な治癒能力を手に入れるが、治癒能力を引き出させる代償として、全身の皮膚が焼け爛れたように変異してしまう。 その後、元の自分の姿に戻りヴァネッサの元へ帰るために、自作の赤いコスチューム と二振の刀、二丁拳銃を身に纏い、自らを傭兵「デッドプール」と名乗り、エイジャックスらを追跡する。 一人称は「俺ちゃん」。 あらゆるポップカルチャーに詳しい為、比喩や会話の最中によく織り混ぜて話す事が多い。 かなりのおしゃべり好きで、どんな状況でもユーモアのセンスを失わずに喋り続ける為、よく相手をうざがらせている。 実験で得た治癒能力は、腕を切り落としても再生し、銃で撃たれたりナイフで斬られても傷口が瞬時に治り、頭部を刺されても無事な事から、不死身に近い回復力を誇る。 本作の語り部となっているほか、原作同様に物語の節々でを無視して観客に語りかけてきたり、BGMなど劇中のあらゆる演出を操ることができる。 () 演 - 、日本語吹替 - ウェイドのガールフレンドでニューヨークの。 傭兵達が仕事を求めて集まる酒場「シスターマーガレットのバー」でウェイドと出会い、身内から虐待を受けていた彼と同じ境遇や、ウェイドの口数やジョークも理解できることから1年の交際を経て婚約までするが、末期がんが見つかったことで落ち込むウェイドを慰める。 ウェイドが失踪してからは、ストリップバーでとして働いている。 () 演 - 、日本語吹替 - ウェポンXプログラムを仕切ってる組織のリーダーにして、超人的な反射神経と無痛無感覚の身体を持つミュータント。 難病の治療と称し、リクルーターの男を通じて各地の難病患者を集めて人体実験を施している。 実験の狙いは、人工的なミュータントの製造であり、超人としてで売り飛ばしていた。 必要以上に相手をいたぶる事を好み、ウェイドからも『』と称される程のサディストである。 女性名である本名で呼ばれることを嫌っているが、ウェイドは本名を知った後面白がって呼んでいる。 () 演 - 、日本語吹替 - ウェイドら傭兵達が仕事を求めて行きつける酒場「シスターマーガレットのバー」の店主にして、ウェイドの親友。 度々、店内で起こる傭兵同士の殴り合いで誰が死ぬかというギャンブルを催し、その中でウェイドの名前を書いて賭ける等、酷い一面もある悪友である。 ミュータント化し、デッドプールとなったウェイドに正体がばれない様、マスクの着用を勧め、フランシスがヴァネッサを狙っている事を知らせる等、彼の復讐を後押しした。 () 演 - 、日本語吹替 - フランシスの側近を務める女性ミュータント。 口より先に手が出る短気な性格で、常人を遥かに超える怪力を持ち、コロッサスと互角以上に戦える。 常に口にを加えている為、ウェイドからは「の真似か? 」と言われた。 () 演 - ()、日本語吹替 - 盲目の老婆。 を常用している。 デッドプールとなったウェイドと同居しており、一人での家具をよく組み立てているが、盲目故に上手く行かない。 口は多少悪いが、ウェイドが怪我をしていると察し、心配してやを勧めたり、今の醜い自分の顔ではヴァネッサに受け入れられないと思い込む彼に「顔が全てじゃない」と言う等、彼女なりに気に掛けている。 () 演 - 、日本語吹替 - ミュータントのヒーローチーム「」の訓練生で、コロッサスとバディを組んでいる坊主頭のミュータントの少女。 表情の硬い不愛想な性格だが、デッドプールがコロッサスに挑み自滅した光景をほくそ笑んだり、彼がヴァネッサと再会して和解した所を見て「見直した」と励ました事からそこまで硬い性格ではないようである。 後に「恵まれし子らの学園」を尋ねたデッドプールから、ヴァネッサの救出を頼まれた。 身体から原子力のエネルギーを放出させ、攻撃に利用する能力を有する。 () 声 - ()、日本語吹替 - ミュータントのヒーローチーム「」のメンバーであるミュータント。 鋼鉄の身体と驚異的な怪力を持つ。 ミュータントの学校である「恵まれし子らの学園」では、教師を務めている。 正義感が強く正真面目な性格をしているが、いかにも悪人のエイジャックスもミュータントだからとX-MENに入れようとするなど、正義感が強すぎるあまり浮世離れした部分がある。 デッドプールからは「優等生キャラ」「学級委員長タイプ」と比喩されており、嫌悪されている。 デッドプールに対しても更生させようとX-MENへの勧誘を続けているが、デッドプール自身は彼を非常に鬱陶しがっており、常に勧誘を拒否している。 ドーピンダー 演 - 、日本語吹替 - 系のタクシー運転手の男性。 婚約者だったギータを自身の従兄弟のバンドゥー(ドーピンダー曰く「イケメンだけど中身はひどい奴。 」)に奪われるが、フランシスを追う中で乗せたデッドプールことウェイドに出会い、意気投合した事で彼に影響されてしまい、フランシスの元へ向かうウェイド達を乗せた際はバンドゥーへ復讐しようと自分が運転するタクシーのトランクに入れて痛めつけ、不注意運転の末にトランクへの接触事故で死なせてしまう。 リクルーター 演 - () エイジャックスの配下の男。 難病・奇病患者を、ウェポンXプログラムの実験へと治療と称してスカウトする役目を任されており、末期がんと診断されたウェイドに治療と称して実験へスカウトした。 中盤にも再び登場し別の患者にスカウトしていたが、デッドプールとなったウェイドに居場所を突き止められた挙げ句、痛め付けられ、エイジャックスの居場所を吐かされる。 黒いスーツの風貌から、デッドプールからは「子供を誘拐する変態」、「」呼ばわりされていた。 () 演 - ロブ・ヘイター エイジャックスの元で戦闘員として雇われていた、ウェイドと旧知の傭兵。 そのため、終盤の戦闘ではウェイドの頭突きによる気絶だけで済み、引きずられて避難させられた。 既婚者で、料理上手な妻と子供がいる。 製作 [ ] 企画 [ ] 2000年5月、 ()はをフィーチャーした映画を共同製作、配給、出資する契約をと交わした。 2004年2月、は脚本家・監督のと俳優のと共にデッドプールの映画の製作に取り組もうとしていた。 しかしながら8月までにゴイヤーは他のプロジェクトを支援してデッドプールへの興味を失った。 2005年3月、ニュー・ライン・シネマがプロジェクトを保留した後、20世紀フォックスは『 Deadpool』の製作を前進させる事に興味を持った。 スタジオは『』の企画初期にレイノルズがキャスティングされた頃からデッドプールのスピンオフを検討していた。 『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』の初週末興行が成功すると、スタジオはドナーをプロデューサーとして『 Deadpool』に取り組むと発表した。 ドナーは『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』のデッドプールを無視した映画にすることを望み、またキャラクターはを破壊するといったコミックの要素を持つことになると発言した。 2010年1月、 ()と ()が脚本執筆のために雇われた。 2010年6月、脚本の初期草案がに送られた。 ロドリゲスとの交渉が失敗に終わった後、 ()が監督の最有力候補として浮上した。 2011年4月、視覚効果専門家のが監督として雇われた。 2014年7月28日、2012年に映画向けに制作され、ライアン・レイノルズが声を担当していたテスト映像がオンライン上にリークされた。 後日、テスト映像はそれを制作した会社であるによって公式に公開された。 2014年9月、テスト映像への肯定的な評価により、2016年2月12日の公開が決定された。 2014年10月、プロデューサーのサイモン・キンバーグは映画が他の『X-MEN』の映画作品と世界観を共有する予定であることを明かした。 2015年1月、ととの出演交渉が行われた。 2015年2月、が役名不明、が ()役でキャスティングされた。 バッカリンの役には、 ()、レベッカ・リッテンハウス、、 ()が考慮されていた。 3月、ミラーの役が () 、バッカリンの役が ()であることが明らかとなり、またブリアナ・ヒルデブランドが ()役で雇われた。 4月、スクラインの役名が ()であることが明かされた。 撮影 [ ] 2015年3月23日、カナダのでが始まった。 公開 [ ] 2016年2月12日に公開された。 マーケティング [ ] 映像外部リンク 2015年7月に開かれたで本作の予告編が公開された。 このバージョンはRed Band版と呼ばれるものであり、暴力や下品な表現を多く含んでいる。 2015年8月25日にYoutubeで公開された際、年齢制限がかけられていたにもかかわらず、24時間で再生回数300万回を超えた。 コミコン後に暴力シーンや下ネタを控えたGreen Band版と呼ばれる予告編が公開された。 2015年8月25日には、Red Band版を基にした日本語版予告編が公開された。 メタフィクショナルな台詞、展開、演出が多い。 X-MENシリーズや『』に登場した際のデッドプール、「」、『』を揶揄するものがある。 マーベルの実写映画では原作者であるのが恒例となっているが、本作ではストリップバーのDJ役で出演している。 エンドクレジット終了後にデッドプールが「続編ではが出演する」と発言し、実際に続編で実現している。 エンドクレジット終了後のシーンは上述の「マーベル・シネマティック・ユニバース」と映画『』 Ferris Bueller's Day Off のエンドクレジット終了後のシーンのパロディ バスローブの柄、観客に「まだ居たの?終わった。 ・・・もう帰んな。 」と語る。 日本での劇場公開に際し、数量限定の入場者プレゼントとして、劇中のシーンを再現したデッドプールの手乗りフィギュアが配布された。 違法ダウンロードの実態を調査するTorrentFreakが「2016年最も違法ダウンロードされた映画」を発表し、今作が一位となった。 本作では日本の有名キャラクターの一つであるがデッドプールの所有するアイテムやグッズに劇中で登場しているが、これはデッドプール自身が大のハローキティであるという設定となっている為であり、のオフィシャルアカウントも唯一フォローしているアカウントが海外版ハローキティのものとなっている。 これにより、が映画化した原作の『』の日本独自のプロモーションである前売券購入特典の一つにハローキティがコラボされたアイテムに対し、デッドプールのTwitterオフィシャルアカウントが遺憾の意を表明するという出来事が起きている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Lang, Brent 2016年2月9日. 2016年2月10日閲覧。 Box Office Mojo. 2016年3月2日閲覧。 - 2017年10月29日閲覧。 20世紀フォックス日本語版公式YouTubeチャンネル• 日本語公式サイト• 映画ナタリー. 2016年3月22日. 2016年3月22日閲覧。 2015年2月18日. 2015年2月18日閲覧。 Twitter. 2015年3月19日閲覧。 Instagram. 2015年3月20日閲覧。 2015年4月8日閲覧。 2015年2月14日閲覧。 2015年3月19日. Twitter. 2015年3月19日閲覧。 2015年3月30日閲覧。 Fleming, Michael 2000年5月16日. 2015年4月9日時点のよりアーカイブ。 2015年4月9日閲覧。 2010年10月23日閲覧。 Otto, Jeff 2004年2月2日. 2009年7月12日閲覧。 Stax 2004年8月9日. 2009年7月12日閲覧。 Stax 2005年3月21日. 2009年7月12日閲覧。 2009年5月5日. 2015年4月13日閲覧。 De Semlyen, Nick 2009年10月16日. 2010年10月23日閲覧。 Siegel, Tatiana 2010年1月5日. 2010年10月23日閲覧。 Warner, Kara 2010年7月22日. 2010年10月23日閲覧。 Zeitchik, Steven 2010年10月26日. 2010年10月28日閲覧。 McClintock, Pamela 2011年4月8日. 2011年5月9日閲覧。 Romano, Aja 2014年7月28日. 2015年3月22日閲覧。 Lovett, Jamie 2014年7月29日. Comicbook. com. 2015年3月22日閲覧。 2014年9月18日閲覧。 Lovett, Jamie 2014年10月4日. ComicBook. com. 2014年10月7日閲覧。 Fleming, Jr. , Mike 2014年12月4日. 2014年12月7日閲覧。 Sneider, Jeff 2015年1月6日. 2015年1月6日閲覧。 Fleming Jr, Mike 2015年2月6日. 2015年2月7日閲覧。 2015年3月25日閲覧。 Screen Crush 2015年8月4日. 2015年8月26日閲覧。 マイナビニュース 2015年8月25日. 2015年8月26日閲覧。 入倉功一 2015年8月4日. 2015年8月26日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年3月14日. 2016年3月14日閲覧。 映画ナタリー. 2016年12月12日. 2016年12月13日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年12月12日. 2016年12月13日閲覧。 シネマトゥデイ. 2017年1月5日. 2017年1月12日閲覧。 com. 2017年1月12日. 2017年1月12日閲覧。 クランクイン 2017年1月15日. 2017年1月15日閲覧。 シネマトゥ7ディ 2015年3月31日. 2017年8月18日閲覧。 ベスト4U 2017年6月14日. 2017年8月18日閲覧。 映画の秘密ドットコム 2016年2月22日. 2017年8月18日閲覧。 ORIVERcinema 2017年6月22日. 2017年8月18日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)• deadpoolmovie - (英語).

次の

デッドプール2

デッドプールミッション

としては累計8作品目となる。 『 デップー』とも。 監督はが務め、出演は、、、、など。 企画は2004年2月にで始まったが同社は棚上げし、その後が興味を示し2009年5月に脚本作りを開始、2011年4月にミラーが監督として雇われた。 主要撮影は2015年3月よりバンクーバーで開始。 アメリカでは2016年2月12日公開。 X-MENシリーズ初のとなった。 日本は2016年6月1日に公開された。 あらすじ [ ] でトラブルシューターをしながら日銭を稼ぎ生活している傭兵のウェイド・ウィルソンは、高級の ()と出会い交際し始める。 愛し合い結婚の約束をしたウェイドだったが、突然意識を失い病院に運ばれた結果と診断される。 ウェイドは親友が経営している酒場に来たの男の誘いに乗り、がんの治療と引き換えに極秘のの被験者となることを決めると同時に、ヴァネッサの前から姿を消す。 ウェイドは施設で ()というミュータントの男から、DNAに潜んでいるミュータント遺伝子を活性化させる血清を投与され、突然変異を誘発する為に拷問を受ける。 実験の末にウェイドの細胞は変異し、驚異的な治癒能力を手に入れるが、引き換えに全身が火傷を負ったように爛れた醜い姿に変異してしまう。 フランシスの側近からマッチを奪い、意図的に火事を起こして施設から脱出したウェイドだったが、ヴァネッサが醜い自分の姿を受け入れるとは思わず、再会を避けての老婆 ()の家に居候する。 フランシスの言った言葉を頼りに元の姿に戻るため、自作の赤いコスチュームと赤い覆面を身につけて、酒場で行われていた死人が出るかどうかの賭けである「死の賭け(Dead Pool)」に由来し、傭兵 と名乗り、フランシスと組織につながりのある人物を襲撃する。 リクルーターの男からフランシスの居場所を聞きだしたウェイドは、でフランシス率いる集団を襲撃する。 護衛の傭兵達を倒すとフランシスを追い詰めるが、そこにテレビ放送で騒動を見て駆けつけた、プロフェッサーX率いるミュータントのヒーローチーム「」の ()と訓練生の ()が現れ、彼らと問答している間にフランシスに逃亡されてしまう。 ウェイドもコロッサスに手錠をかけられ、プロフェッサーXの元へと連行されそうになるが、ナイフで自身の手首を切り落とすことで逃げだし、アルの家へと帰宅した。 デッドプールの正体を知ったフランシスは、人質としてヴァネッサを誘拐する。 これを知って怒り心頭のウェイドは、「恵まれし子らの学園」のコロッサスとネガソニックの協力を得てフランシスのアジトであるがある廃棄場を襲撃、フランシスの傭兵を相手に戦いを始める。 激闘の末、ウェイドはフランシスを追い詰め元の姿に戻すよう迫るものの、フランシスからは「元通りにする方法などない」と言い放たれて拒否されてしまった。 報復を思いとどまらせようと説得するコロッサスだったが、ウェイドはそれを尻目にフランシスを射殺する。 戦いの後にウェイドとヴァネッサは対面し、ウェイドは自身の素顔を見せるが、ヴァネッサはウェイドを受け入れて二人が結ばれ映画は幕を閉じる。 登場人物 [ ] 演 - 、日本語吹替 - 元員で、現在はニューヨークでトラブルシューターをしながら日銭を稼ぎ生活している傭兵。 末期がんであることが判明し、その治療のためにウェポンXプログラムの人体実験の被験者に志願した。 その結果、驚異的な治癒能力を手に入れるが、治癒能力を引き出させる代償として、全身の皮膚が焼け爛れたように変異してしまう。 その後、元の自分の姿に戻りヴァネッサの元へ帰るために、自作の赤いコスチューム と二振の刀、二丁拳銃を身に纏い、自らを傭兵「デッドプール」と名乗り、エイジャックスらを追跡する。 一人称は「俺ちゃん」。 あらゆるポップカルチャーに詳しい為、比喩や会話の最中によく織り混ぜて話す事が多い。 かなりのおしゃべり好きで、どんな状況でもユーモアのセンスを失わずに喋り続ける為、よく相手をうざがらせている。 実験で得た治癒能力は、腕を切り落としても再生し、銃で撃たれたりナイフで斬られても傷口が瞬時に治り、頭部を刺されても無事な事から、不死身に近い回復力を誇る。 本作の語り部となっているほか、原作同様に物語の節々でを無視して観客に語りかけてきたり、BGMなど劇中のあらゆる演出を操ることができる。 () 演 - 、日本語吹替 - ウェイドのガールフレンドでニューヨークの。 傭兵達が仕事を求めて集まる酒場「シスターマーガレットのバー」でウェイドと出会い、身内から虐待を受けていた彼と同じ境遇や、ウェイドの口数やジョークも理解できることから1年の交際を経て婚約までするが、末期がんが見つかったことで落ち込むウェイドを慰める。 ウェイドが失踪してからは、ストリップバーでとして働いている。 () 演 - 、日本語吹替 - ウェポンXプログラムを仕切ってる組織のリーダーにして、超人的な反射神経と無痛無感覚の身体を持つミュータント。 難病の治療と称し、リクルーターの男を通じて各地の難病患者を集めて人体実験を施している。 実験の狙いは、人工的なミュータントの製造であり、超人としてで売り飛ばしていた。 必要以上に相手をいたぶる事を好み、ウェイドからも『』と称される程のサディストである。 女性名である本名で呼ばれることを嫌っているが、ウェイドは本名を知った後面白がって呼んでいる。 () 演 - 、日本語吹替 - ウェイドら傭兵達が仕事を求めて行きつける酒場「シスターマーガレットのバー」の店主にして、ウェイドの親友。 度々、店内で起こる傭兵同士の殴り合いで誰が死ぬかというギャンブルを催し、その中でウェイドの名前を書いて賭ける等、酷い一面もある悪友である。 ミュータント化し、デッドプールとなったウェイドに正体がばれない様、マスクの着用を勧め、フランシスがヴァネッサを狙っている事を知らせる等、彼の復讐を後押しした。 () 演 - 、日本語吹替 - フランシスの側近を務める女性ミュータント。 口より先に手が出る短気な性格で、常人を遥かに超える怪力を持ち、コロッサスと互角以上に戦える。 常に口にを加えている為、ウェイドからは「の真似か? 」と言われた。 () 演 - ()、日本語吹替 - 盲目の老婆。 を常用している。 デッドプールとなったウェイドと同居しており、一人での家具をよく組み立てているが、盲目故に上手く行かない。 口は多少悪いが、ウェイドが怪我をしていると察し、心配してやを勧めたり、今の醜い自分の顔ではヴァネッサに受け入れられないと思い込む彼に「顔が全てじゃない」と言う等、彼女なりに気に掛けている。 () 演 - 、日本語吹替 - ミュータントのヒーローチーム「」の訓練生で、コロッサスとバディを組んでいる坊主頭のミュータントの少女。 表情の硬い不愛想な性格だが、デッドプールがコロッサスに挑み自滅した光景をほくそ笑んだり、彼がヴァネッサと再会して和解した所を見て「見直した」と励ました事からそこまで硬い性格ではないようである。 後に「恵まれし子らの学園」を尋ねたデッドプールから、ヴァネッサの救出を頼まれた。 身体から原子力のエネルギーを放出させ、攻撃に利用する能力を有する。 () 声 - ()、日本語吹替 - ミュータントのヒーローチーム「」のメンバーであるミュータント。 鋼鉄の身体と驚異的な怪力を持つ。 ミュータントの学校である「恵まれし子らの学園」では、教師を務めている。 正義感が強く正真面目な性格をしているが、いかにも悪人のエイジャックスもミュータントだからとX-MENに入れようとするなど、正義感が強すぎるあまり浮世離れした部分がある。 デッドプールからは「優等生キャラ」「学級委員長タイプ」と比喩されており、嫌悪されている。 デッドプールに対しても更生させようとX-MENへの勧誘を続けているが、デッドプール自身は彼を非常に鬱陶しがっており、常に勧誘を拒否している。 ドーピンダー 演 - 、日本語吹替 - 系のタクシー運転手の男性。 婚約者だったギータを自身の従兄弟のバンドゥー(ドーピンダー曰く「イケメンだけど中身はひどい奴。 」)に奪われるが、フランシスを追う中で乗せたデッドプールことウェイドに出会い、意気投合した事で彼に影響されてしまい、フランシスの元へ向かうウェイド達を乗せた際はバンドゥーへ復讐しようと自分が運転するタクシーのトランクに入れて痛めつけ、不注意運転の末にトランクへの接触事故で死なせてしまう。 リクルーター 演 - () エイジャックスの配下の男。 難病・奇病患者を、ウェポンXプログラムの実験へと治療と称してスカウトする役目を任されており、末期がんと診断されたウェイドに治療と称して実験へスカウトした。 中盤にも再び登場し別の患者にスカウトしていたが、デッドプールとなったウェイドに居場所を突き止められた挙げ句、痛め付けられ、エイジャックスの居場所を吐かされる。 黒いスーツの風貌から、デッドプールからは「子供を誘拐する変態」、「」呼ばわりされていた。 () 演 - ロブ・ヘイター エイジャックスの元で戦闘員として雇われていた、ウェイドと旧知の傭兵。 そのため、終盤の戦闘ではウェイドの頭突きによる気絶だけで済み、引きずられて避難させられた。 既婚者で、料理上手な妻と子供がいる。 製作 [ ] 企画 [ ] 2000年5月、 ()はをフィーチャーした映画を共同製作、配給、出資する契約をと交わした。 2004年2月、は脚本家・監督のと俳優のと共にデッドプールの映画の製作に取り組もうとしていた。 しかしながら8月までにゴイヤーは他のプロジェクトを支援してデッドプールへの興味を失った。 2005年3月、ニュー・ライン・シネマがプロジェクトを保留した後、20世紀フォックスは『 Deadpool』の製作を前進させる事に興味を持った。 スタジオは『』の企画初期にレイノルズがキャスティングされた頃からデッドプールのスピンオフを検討していた。 『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』の初週末興行が成功すると、スタジオはドナーをプロデューサーとして『 Deadpool』に取り組むと発表した。 ドナーは『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』のデッドプールを無視した映画にすることを望み、またキャラクターはを破壊するといったコミックの要素を持つことになると発言した。 2010年1月、 ()と ()が脚本執筆のために雇われた。 2010年6月、脚本の初期草案がに送られた。 ロドリゲスとの交渉が失敗に終わった後、 ()が監督の最有力候補として浮上した。 2011年4月、視覚効果専門家のが監督として雇われた。 2014年7月28日、2012年に映画向けに制作され、ライアン・レイノルズが声を担当していたテスト映像がオンライン上にリークされた。 後日、テスト映像はそれを制作した会社であるによって公式に公開された。 2014年9月、テスト映像への肯定的な評価により、2016年2月12日の公開が決定された。 2014年10月、プロデューサーのサイモン・キンバーグは映画が他の『X-MEN』の映画作品と世界観を共有する予定であることを明かした。 2015年1月、ととの出演交渉が行われた。 2015年2月、が役名不明、が ()役でキャスティングされた。 バッカリンの役には、 ()、レベッカ・リッテンハウス、、 ()が考慮されていた。 3月、ミラーの役が () 、バッカリンの役が ()であることが明らかとなり、またブリアナ・ヒルデブランドが ()役で雇われた。 4月、スクラインの役名が ()であることが明かされた。 撮影 [ ] 2015年3月23日、カナダのでが始まった。 公開 [ ] 2016年2月12日に公開された。 マーケティング [ ] 映像外部リンク 2015年7月に開かれたで本作の予告編が公開された。 このバージョンはRed Band版と呼ばれるものであり、暴力や下品な表現を多く含んでいる。 2015年8月25日にYoutubeで公開された際、年齢制限がかけられていたにもかかわらず、24時間で再生回数300万回を超えた。 コミコン後に暴力シーンや下ネタを控えたGreen Band版と呼ばれる予告編が公開された。 2015年8月25日には、Red Band版を基にした日本語版予告編が公開された。 メタフィクショナルな台詞、展開、演出が多い。 X-MENシリーズや『』に登場した際のデッドプール、「」、『』を揶揄するものがある。 マーベルの実写映画では原作者であるのが恒例となっているが、本作ではストリップバーのDJ役で出演している。 エンドクレジット終了後にデッドプールが「続編ではが出演する」と発言し、実際に続編で実現している。 エンドクレジット終了後のシーンは上述の「マーベル・シネマティック・ユニバース」と映画『』 Ferris Bueller's Day Off のエンドクレジット終了後のシーンのパロディ バスローブの柄、観客に「まだ居たの?終わった。 ・・・もう帰んな。 」と語る。 日本での劇場公開に際し、数量限定の入場者プレゼントとして、劇中のシーンを再現したデッドプールの手乗りフィギュアが配布された。 違法ダウンロードの実態を調査するTorrentFreakが「2016年最も違法ダウンロードされた映画」を発表し、今作が一位となった。 本作では日本の有名キャラクターの一つであるがデッドプールの所有するアイテムやグッズに劇中で登場しているが、これはデッドプール自身が大のハローキティであるという設定となっている為であり、のオフィシャルアカウントも唯一フォローしているアカウントが海外版ハローキティのものとなっている。 これにより、が映画化した原作の『』の日本独自のプロモーションである前売券購入特典の一つにハローキティがコラボされたアイテムに対し、デッドプールのTwitterオフィシャルアカウントが遺憾の意を表明するという出来事が起きている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Lang, Brent 2016年2月9日. 2016年2月10日閲覧。 Box Office Mojo. 2016年3月2日閲覧。 - 2017年10月29日閲覧。 20世紀フォックス日本語版公式YouTubeチャンネル• 日本語公式サイト• 映画ナタリー. 2016年3月22日. 2016年3月22日閲覧。 2015年2月18日. 2015年2月18日閲覧。 Twitter. 2015年3月19日閲覧。 Instagram. 2015年3月20日閲覧。 2015年4月8日閲覧。 2015年2月14日閲覧。 2015年3月19日. Twitter. 2015年3月19日閲覧。 2015年3月30日閲覧。 Fleming, Michael 2000年5月16日. 2015年4月9日時点のよりアーカイブ。 2015年4月9日閲覧。 2010年10月23日閲覧。 Otto, Jeff 2004年2月2日. 2009年7月12日閲覧。 Stax 2004年8月9日. 2009年7月12日閲覧。 Stax 2005年3月21日. 2009年7月12日閲覧。 2009年5月5日. 2015年4月13日閲覧。 De Semlyen, Nick 2009年10月16日. 2010年10月23日閲覧。 Siegel, Tatiana 2010年1月5日. 2010年10月23日閲覧。 Warner, Kara 2010年7月22日. 2010年10月23日閲覧。 Zeitchik, Steven 2010年10月26日. 2010年10月28日閲覧。 McClintock, Pamela 2011年4月8日. 2011年5月9日閲覧。 Romano, Aja 2014年7月28日. 2015年3月22日閲覧。 Lovett, Jamie 2014年7月29日. Comicbook. com. 2015年3月22日閲覧。 2014年9月18日閲覧。 Lovett, Jamie 2014年10月4日. ComicBook. com. 2014年10月7日閲覧。 Fleming, Jr. , Mike 2014年12月4日. 2014年12月7日閲覧。 Sneider, Jeff 2015年1月6日. 2015年1月6日閲覧。 Fleming Jr, Mike 2015年2月6日. 2015年2月7日閲覧。 2015年3月25日閲覧。 Screen Crush 2015年8月4日. 2015年8月26日閲覧。 マイナビニュース 2015年8月25日. 2015年8月26日閲覧。 入倉功一 2015年8月4日. 2015年8月26日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年3月14日. 2016年3月14日閲覧。 映画ナタリー. 2016年12月12日. 2016年12月13日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年12月12日. 2016年12月13日閲覧。 シネマトゥデイ. 2017年1月5日. 2017年1月12日閲覧。 com. 2017年1月12日. 2017年1月12日閲覧。 クランクイン 2017年1月15日. 2017年1月15日閲覧。 シネマトゥ7ディ 2015年3月31日. 2017年8月18日閲覧。 ベスト4U 2017年6月14日. 2017年8月18日閲覧。 映画の秘密ドットコム 2016年2月22日. 2017年8月18日閲覧。 ORIVERcinema 2017年6月22日. 2017年8月18日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)• deadpoolmovie - (英語).

次の