アカウント 保護 の ため に 携帯 電話 番号 の 追加 を 推奨 いたし ます。 アカウントとは? 必ず理解できる世界一わかりやすい説明

追加認証ページとは

アカウント 保護 の ため に 携帯 電話 番号 の 追加 を 推奨 いたし ます

Androidスマホに機種変更するときに注意したいのは、初期設定をしっかりやっておくということ。 あとから設定することができる機能もあるが、Androidスマホのパフォーマンスを十分引き出し、使いこなすためには、やはり最初の一歩が肝心だ。 そこで今回は、Androidスマホを購入した人に向けて、最初の電源投入時に行う初期設定を詳しく解説していく。 なお、今回使用する機種はGalaxy S8 SCV36。 細かい手順は機種ごとに異なるためご留意を。 Androidスマホで最初にしておきたい初期設定一覧 さて、まずは今回設定する内容を一覧にしてみた。 これらをすべて終えたら、あなたの快適なAndroidライフはスタートする。 やみくもに初期設定を始める前に、ざっと目を通しておこう。 言語設定 では、さっそくお手元のAndroidスマホの電源を入れてみてほしい。 最初に表示されるのは「ようこそ」と書かれた言語設定の画面だ。 使用したい言語を選択し、「開始」をタップしよう。 スマホユーザーならお馴染み「 グーグルマップ」や「 Gメール」、衛星写真で世界中を見て回れる「 グーグルアース」、ビジネスマンのスケジュール管理にぴったりな「 グーグルカレンダー」、動画サービス「 YouTube」などなど……。 それだけではない。 GoogleはAndroid OSの開発元でもあり、連動する機能は多い。 たとえば Androidアプリをダウンロードできる「Google Play」の利用には、アカウントの登録が必要。 快適なスマホライフを送るには、Googleアカウントの登録が必須というわけだ。 とはいえ、登録は簡単かつ無料。 新規作成がまだの人は、以下の手順通りにサクッと済ませてしまおう。 先ほどのGoogleアカウントの設定画面で、「または新しいアカウントを作成」をタップ。 やり方は簡単で、設定したい保護方法を選んで「次へ」をタップ。 あとは方法ごとの案内にしたがって登録しよう。 あとからでも設定できるので、現時点では「設定しない」を選択してもかまわない。 追加するアプリの選択 端末の保護設定を終えると、「追加するアプリ」と書かれた画面になる。 ここでは 電卓やメモ、ボイスレコーダー、Galaxy用のEメールなどの便利アプリを選択してダウンロードできる。 なかにはダウンロード必須になっているものもあるが、いずれもあって損はない汎用アプリなので、現時点ではすべて導入するのも手。 もちろんあとから削除も可能だ。 必要なアプリにチェックを入れ、「次へ」をタップ。 ちなみに、ダウンロードはWi-Fiに接続しないとスタートしないのでご注意を。 Galaxyアカウントの登録 今回は見本に「Galaxy S8 SCV36」を使っているため、Galaxyアカウントの作成画面になる。 ここまでたどり着いたら、初回電源投入時のセットアップはもう少しだ。 登録することでさまざまなGalaxy純正アプリをダウンロードできる「Galaxy App」を利用したり、15GBのオンラインストレージ「Galaxyクラウド」でバックアップを取ったりできる。 さらにはGPSによる端末追跡機能もあるため、紛失対策にも有効だ。 Galaxyユーザーの特権とも言えるサービスなので、ぜひ登録しておこう。 まずは「アカウントを作成」をタップ。 以前からGalaxyスマホのユーザーで、すでにアカウントを所持している場合はサインインを行おう。 以上でEメールアプリの初期設定は完了。 アドレス帳の移行 最後に紹介するのが、アドレス帳の移行方法だ。 前のスマホに保存されている知人の連絡先を、新しいスマホへと丸ごとコピーできる。 ここではAndroid、iPhone、フィーチャーフォン(ガラケー)それぞれから移行する場合の方法を紹介したい。 ・Googleアカウントに保存されている連絡先を移行 ・スマホ本体に保存されている連絡先を移行 どちらの 方法を採用するかは、前のスマホがどちらに連絡先を保存していたかによる。 まずはそれを確認するべく、前のスマホで連絡先アプリを起動し、知人の連絡先を開く。 「登録先」の項目に表示されるアイコンを見てほしい。 これがスマホのアイコンなら保存先は本体、Googleのロゴなら保存先はGoogleアカウントだ。 では、スマホ本体の連絡先を移行する方法から解説する。 あらかじめSDカードを前のスマホのカードスロットにセットし、以下の通り操作しよう。 なお、詳細な手順は機種ごとに異なるため、大まかな手順として捉えてほしい。 エクスポート先の候補を提示されたら、「外部SDカード」を選択。 エクスポートの完了後、SDカードを取り出す。 連絡先の保存されたSDカードを、今度は新端末に挿入。 さらに連絡先アプリを開き、こちらも「メニュー」などから「インポート/エクスポート」を選択。 インポートを実行する。 インポート元の候補を提示されたら、「ストレージからインポート」などを選択し、SDカードからデータを読み込ませる。 インポート先を選択する。 本体またはGoogleアカウントを選べるが、どちらでも連絡先の移行は可能だ。 最後にインポートするデータをSDカード内から指定する。 連絡先のVCFファイルを選択し、実行しよう。 これで連絡先の移行は完了。 次に、Googleアカウントに保存された連絡先を移行する方法だ。 こちらはとても簡単で、 アカウントの同期設定をオンにするだけで移行できる。 ただし、前のスマホ・新しいスマホどちらも設定する必要があるためご注意を。 「連絡先の同期」をオンに。 この設定を旧端末・新端末それぞれにするだけで、自動的に新端末へと連絡先が移行される。 手順は以下の通りだ。 未登録の場合は、こちらも先に「アカウントを追加」から設定しておこう。 「連絡先を同期」をオンに。 これでiPhone内の連絡先データがAndroidスマホへと同期される。 ポピュラーなのはSDカードを使った方法だ。 細かい手順は機種ごとに差があるが、大きくは以下の通り。 「SDカードに保存」または「SDカードにエクスポート」を選択。 これによりSDカードへと連絡先を保存する。 保存が完了したら、フィーチャーフォンからSDカードを抜き出し、Androidスマホに挿入。 今度はAndroidスマホで「連絡先」アプリを開き、「メニュー」を選択。 「SDカードからコピー」または「インポート」を選択すると、SDカード内の連絡先を同期できる。 より自分仕様のスマホへとカスタマイズしたい場合は、詳細な設定やお好みのアプリなどを導入するといいだろう。 充実の体制を整えて、快適なAndroidライフを送ってほしい。

次の

【注意!】Amazonの偽サイトと偽メールが巧妙!見分け方を伝授!|www.eventagram.com(ごおまるよん!)

アカウント 保護 の ため に 携帯 電話 番号 の 追加 を 推奨 いたし ます

本人確認の手段を追加するには、対象となるMicrosoftアカウントにログインして下さい。 ログイン方法については「」を参照されて下さい。 画面上部のメニュー一覧の中から「セキュリティ」をクリックして下さい。 「セキュリティの基本」画面が表示されます。 「セキュリティ情報の更新」ブロックにある「更新情報」をクリックして下さい。 「セキュリティの設定」画面が表示されます。 現在本人確認の手段として登録されている電話番号が表示されています。 本人確認の手段を追加するには「セキュリティ情報の追加」と書かれたリンクをクリックして下さい。 「セキュリティ情報の追加」画面が表示されます。 最初に追加する認証の手段を選択します。 「電話番号」または「メールアドレス」のどちらかを選択します。 「電話番号」を選択した場合には「国番号 日本の場合は変更する必要はありません 」を選択してから「電話番号」を入力して下さい。 そしてSMSでテキストメッセージをコードを受け取るのか、それとも音声通話でコードを受け取るのかを選択して下さい。 「メールアドレス」を選択した場合にはメールアドレスを入力して下さい。 今回はメールアドレスを実際に追加してみます。 メールアドレスを入力したら「次へ」をクリックして下さい。 先ほど入力したメールアドレス宛にメールが送信されました。 受信したメールにはセキュリティコードが記載されています。 元の画面に戻りコードを入力して下さい。 終わりましたら「次へ」をクリックして下さい。 本人確認の方法としてメールアドレスの追加が完了しました。 画面には本人確認の手段として電話番号に加えて先ほど追加したメールアドレスが表示されています。 追加したセキュリティ情報は削除することができます。 削除するには追加した時と同じ「セキュリティの設定」画面を表示して下さい。 現在追加されている本人確認の手段の一覧が表示されています。 削除したいものの右側に表示されている「削除」をクリックして下さい。 今回はMicrosoftアカウントを作成した時に設定した電話番号を削除してみます。 確認画面が表示されます。 削除して宜しければ「削除」をクリックして下さい。 削除が完了しました。 「セキュリティの設定」画面が表示されますが、電話番号が削除されていることが確認できます。 一度削除すると元に戻すことはできませんが、改めて追加することはできます。

次の

【注意!】Amazonの偽サイトと偽メールが巧妙!見分け方を伝授!|www.eventagram.com(ごおまるよん!)

アカウント 保護 の ため に 携帯 電話 番号 の 追加 を 推奨 いたし ます

本人確認の手段を追加するには、対象となるMicrosoftアカウントにログインして下さい。 ログイン方法については「」を参照されて下さい。 画面上部のメニュー一覧の中から「セキュリティ」をクリックして下さい。 「セキュリティの基本」画面が表示されます。 「セキュリティ情報の更新」ブロックにある「更新情報」をクリックして下さい。 「セキュリティの設定」画面が表示されます。 現在本人確認の手段として登録されている電話番号が表示されています。 本人確認の手段を追加するには「セキュリティ情報の追加」と書かれたリンクをクリックして下さい。 「セキュリティ情報の追加」画面が表示されます。 最初に追加する認証の手段を選択します。 「電話番号」または「メールアドレス」のどちらかを選択します。 「電話番号」を選択した場合には「国番号 日本の場合は変更する必要はありません 」を選択してから「電話番号」を入力して下さい。 そしてSMSでテキストメッセージをコードを受け取るのか、それとも音声通話でコードを受け取るのかを選択して下さい。 「メールアドレス」を選択した場合にはメールアドレスを入力して下さい。 今回はメールアドレスを実際に追加してみます。 メールアドレスを入力したら「次へ」をクリックして下さい。 先ほど入力したメールアドレス宛にメールが送信されました。 受信したメールにはセキュリティコードが記載されています。 元の画面に戻りコードを入力して下さい。 終わりましたら「次へ」をクリックして下さい。 本人確認の方法としてメールアドレスの追加が完了しました。 画面には本人確認の手段として電話番号に加えて先ほど追加したメールアドレスが表示されています。 追加したセキュリティ情報は削除することができます。 削除するには追加した時と同じ「セキュリティの設定」画面を表示して下さい。 現在追加されている本人確認の手段の一覧が表示されています。 削除したいものの右側に表示されている「削除」をクリックして下さい。 今回はMicrosoftアカウントを作成した時に設定した電話番号を削除してみます。 確認画面が表示されます。 削除して宜しければ「削除」をクリックして下さい。 削除が完了しました。 「セキュリティの設定」画面が表示されますが、電話番号が削除されていることが確認できます。 一度削除すると元に戻すことはできませんが、改めて追加することはできます。

次の