ヘキサギア 改造。 アビスウォーカー

バルクアームα カスマイズプランと小ネタ集

ヘキサギア 改造

テーマ: 皆様こんばんは企画のYUKIです。 早速塗装済みの画像などもツイッターなどで見られて嬉しいです。 本日は未塗装でも機体のイメージを変化させることができるカスタマイズプランをご紹介したいと思います。 6月発売のスケアクロウのパーツはバルクアームに使いやすいのでおすすめです。 宣伝 機体名:バルクアーム・ステイン 頭部にメカサプライ12 カスタマイズヘッドAのパーツを使用。 スネ装甲を取り除きスケアクロウの装甲に換装している為、ノーマルより若干ですが細身に見える様にしました。 メインウェポンの120mm砲は砲撃時にのみ基部を回転させて使用する。 頭部を変更していますがノーマルの状態と同じく 頭部を取り外すことなくコックピットシェルの開閉が可能。 コックピットは完全密閉されているわけではないので流れ弾を避ける意味でシールドも装備しています。 ではカスタマイズのポイントを図で解説していきます。 まずは頭部を変更します。 ノーマルの頭部はPCがかなり後ろの方にある為カスタマイズヘッドを取り付けるには少し前側に寄せてあげる必要があります。 頭部を取り外すと基部は画像のような状態になっています。 基部の作り方ですがバルクアームで初めてカスタマイズに挑戦するという初心者ガバナーの為に基本知識としての素材活用方法も交えてご紹介します。 カスタマイズに便利なのがランナーを切り出して3mm軸を作る方法。 ヘキサギアやM. Gのランナーの外枠などは殆どの部分が直径が3mmとなっているので切り取ると接続に使えるジョイントとなります。 すべてのパーツを切り出しても少し切り取って残しておくと便利です。 画像でご紹介しているのは ヘキサ穴から3mm軸を生やしたいけどちょうど良いパーツが無いという時の対処方法ですね。 小ネタですがワイルドハンド2に付属する5mmのボールは中心に3mmの穴が開いており 3mm軸に差してボールジョイントに変換することができます。 また今回頭部として使っているのはカスタマイズヘッドAに付属するパーツを前後逆転しています。 本来は後頭部なのですがセンサーにあたる部分が色分けされていることもあり個人的にはアリな気がします。 ワイルドハンド2にはスイング軸が追加されましたが通常のライフルなどを持つ為の形状がありません。 しかし武器持ち手の指部分の接続形状が同じ為、組み合わせるとワイルドハンド1のスイング軸ありVer. として使用することができます。 右腕の作り方はシンプルなので画像をご参照ください。 こちらが完成図です。 脚部もシンプルにスネ装甲部をスケアクロウのものと交換しただけです。 120mm砲は右前腕の装甲パーツ(D-6・D-7)に取り付けますが接続するためのヘキサグラムは他のパーツでも代用することができます。 右腕に装備しているヘヴィマシンガンはギガンティックアームズ05 コンバートキャリアーから流用しています。 というわけで今回はカスタマイズの基本を交えた作例のご紹介でした。 発売されていない商品のパーツを使ってしまい恐縮ですが 「カスタマイズは初めてだけどやってみたい!」と少しでも思ってもらえると嬉しいです。 「バルクアームあるぱ子」 ・・・・・・・・・・・うん。 ガール化する時のアレンジが良いですね。 肩アーマーがツインテールの基部になっているのが良い落とし込み方だと思います。 かわいー。 でもさーFAガールやメガミデバイスで作例再現しようにもサイズ的に1パーツも流用できないじゃん! FAガールを改造して作ってみたい!という人がいたらぜひ作ってやってください。 初回生産分はすでに全数出荷が終了してしまい各問屋様に残るのみとなっていますので、すぐに遊びたい!というガバナーの方はお早目に手にもらえると良いかと。 再生産はできるだけ早く行う予定ですので引き続きお楽しみいただけますと幸いです。 それでは本日はこのあたりで失礼! また次回。

次の

アビスウォーカー

ヘキサギア 改造

概要 [ ] 2016年秋に開催された全日本模型ホビーショーで試作版が公開され、2017年冬にワンダーフェスティバルで一部の着色版や他の製品が展示。 同年3月にプロモーションムービーが公開され、8月30日に発売となった。 設定やデザイナーは、シリーズの一部タイトルに携わっていた可児裕行やMORUGAなどが参加している。 世界観設定等は製品付属の説明書やブログで掲載されていたが、2017年10月25日の公式サイトリニューアルと同時に、機体説明や小説と言う形でも物語が掲載され始めた。 また、作品投稿コーナーが設置されており、特に制限はない「フリービルド」のほか、ユーザー参加型企画「ミッション」が2018年5月14日に実装され、ある機体を討伐するための作戦に各陣営別で参加、と言った募集テーマに沿って投稿された作品により、それに応じたストーリーが書き下ろされる。 プラモデルの概要と構成 [ ] プラモデル形式でパーツを組み立てるが、ヘキサギアはコンセプトとして「スクラップ&ビルド」を挙げており、組み上げた一つのパーツを汎用的な何らかの部品というブロック単位でとらえ、それらのブロックパーツを組み合わせて遊ぶブロックトイの要素を兼ねている。 例としては、どちらもトライク形態に組み換え可能なブロックを持つレイブレード・インパルス(獅子型)とボルトレックス(小型恐竜型)では、同じ共用ブロック(胴体部とタイヤ)を使用しているが、フレームにする際の組み方によってそれぞれ印象の異なる胴体と後ろ脚になる。 このように、組み合わせ方によってパッケージ単品でも様々な形にすることができ、各パッケージ製品のブロック同士を組み合わせて遊ぶことができる。 公式での説明では細々としたブロック同士のパーツを「フレーム」(細長い腕やバイクのフロント、銃身など、特徴やなんらかの用途が見えてくる)、フレーム同士の組み合わせを「素体」(フレームのみであるため、いわゆるネイキッドモデル)、素体に外装や武器を取りつけた「機体」(取り付けた外装や装備品によって印象や目的が変化する)という段階をベースとする。 これらブロックを組み合わせる(同時に組み上げの際の強度を上げる目的を兼ねる)ために、ヘキサギア以前に発売されたギガンティックアームズ(ヘキサギアと同様に別のモデルを搭乗させて遊ぶことが可能)で導入された「六角型ジョイント」で接続する形をとっており、これを「ヘキサグラム」と呼ぶ。 ヘキサグラムを他種の軸穴に変換するジョイントパーツが用意されている他、コトブキヤのプラモデルなどでも導入されている3mm軸穴や5mm軸穴も部分的に設置されている。 ヘキサグラムの取り外しを簡易化するツール(パーツリムーバー)も発売されている。 シリーズとしては、ヘキサギアの他に、ヘキサギアに設置されている操縦席に載せることが可能な兵士兼エンジニア「 ガバナー」も複数種制作されている(設計者という設定はいわゆるモデラー本人という役割もある)。 サイズは、ヘキサギアがなどのサイズと同等で設計されているため、これに合わせる形で全長72mmとかなり小さく設計されている(比較すればFAガールやの下半身ほど、メガハウスのデスクトップアーミーと同等)。 これらはヘキサグラムの他3mm軸穴が設定されており、ヘキサギアのブロックやM. や他製品の武装を取りつけたり、可動域の広い人型のアクションプラモデルとしても遊ぶことが可能。 また、上述のコックピットはフレームアームズ・ガール等の人型プラモデルを乗せることも可能となっている。 世界観・設定 [ ] この節のが望まれています。 エネルギー問題未解決のまま迎えた人類衰退期の中、永久機関とも呼べる存在「ヘキサグラム」が誕生。 すでに枯渇した燃料資源に代わって台頭する。 使用によって生じる汚染を受けつつも、無尽蔵に得られた恩恵により産業革命が発生し、結果的に国家という枠組みと入れ替わる形で世界は複合企業体のもとで統治されることとなった。 しかし、世界衰退から企業体統治に至るまでの人口減少は抑えられず、文明再建のためヘキサグラムを使用した工業規格を創る。 その名は「ヘキサギア」。 モジュール化を前提に設計された多様性・汎用性により主要機械の中心となるが、それは武力への転換も可能な代物でもあり、衰退期の中でも細々と発生していた紛争を激化させるに至り、地上汚染が加速した。 人類再建のもう一つの要として作られた人工知能「SANAT」は、地上の荒廃とともに徐々に人類とは異なった方針へと変貌し、プロジェクト:リジェネシスという人類情報変換計画を啓蒙。 これに人類側が対立し、ヘキサギアの人工知能「KARMA」のある一個体が、ヘキサギア創作者が仕込んだ命により人類側へと就く。 そうした経緯により、戦いの構図はSANAT支配下にある軍事企業体「ヴァリアントフォース」に対し、生き残りのため結束した企業連合体「リバティー・アライアンス」の二大勢力の争いとなる。 産業発展とは対照的に閉塞的な環境で生き、戦いで変容する人類社会で唯一の足がかり、ヘキサギアを作った科学者の言葉の真意を探っていく。 「創造も破壊も、全てお前が決めろ」。 創作者は、そう言葉を遺している。 用語 [ ] この節のが望まれています。 ヘキサグラム ヘキサギア世界の文明を支える再生型エネルギー資源。 自律稼働するナノサイズの自律動力機関で構成された「エレメント」を、最も充填率の高い六角柱状のコンテナへ封入した物。 放出したエネルギーを時間経過で再生させるという特性を有し、複数を交代式に用いる事で半永久的なエネルギー供給を可能とする一方、エレメントの精製過程で発生する汚染物質が甚大かつ永続的な環境被害を齎すという問題を抱えている。 また、エレメントには装着された機器を解析し最適な機能や形状へ自己最適化を行う機能があり、様々な用途へ対応する事ができる。 ヘキサギア ヘキサギア世界において広く用いられる共通工業規格。 狭義ではヘキサギア規格を用いた機動兵器の総称。 ヘキサグラムの機能を利用した高い汎用性と構造変更の容易さから旧来の工業規格を代替する形で広がり、現在では文明の根幹を成している。 SANAT 超高層構造物「ジェネレーターシャフト」を管理する高性能人工知能。 「地球の安定と調和」「人類絶滅の回避」を至上命題とし、ヘキサグラム製造で生じた環境汚染による人類絶滅を回避する手段として、人類を情報生命体へと変換する「プロジェクト リ・ジェネシス」の実行を宣言。 その足掛かりとして、電子的攻撃によりMSGを始めとする主要軍事企業を制圧した。 KARMA MSG リバティー・アライアンス ヴァリアントフォース アースクライン ヘテロドックス ガバナー一覧 [ ] この節のが望まれています。 基本的に生身主体のリバティー・アライアンスと、情報体の人格を機械の肉体にダウンロードさせたヴァリアントフォースの設定を持つ。 ただし、どちらも潜入任務のために、リバティー・アライアンス側が相手側のアーマーを纏ったり、ヴァリアントフォース側は生身の外皮を持つ素体にダウンロードし潜入、もしくは情報体転換を優先せずあえてパラポーンではなくアーマーの生身のまま戦うといった、モデラーがどちらの陣営でも生身の設定で遊べるように設計されている。 ガバナー アーマータイプ:ポーンA1 ガバナー パラポーン・センチネル ガバナー ライトアーマータイプ:ローズ ガバナー パラポーン・イグナイト ガバナー ゾアントロプス・レーヴェ ガバナー パラポーン・エクスパンダー ガバナー パラポーン・LAT ミラー アーリーガバナーVol. 1 ヘキサギア一覧 [ ].

次の

アビスウォーカー

ヘキサギア 改造

そんな訳で、ようやくコトブキヤから発売された「ヘキサギア」を購入することができました! 今回はとを購入しています。 アマゾンで注文しましたが、平日は受け取れず、普通に店舗で購入した方が早く手に入れることができますね。 「ヘキサギア」はすでに発売されている「M. Gシリーズ」、「FAシリーズ」、「FA:Gシリーズ」に続く第4のコトブキヤオリジナルの製品になっています。 直近では本社の建て替えやFA:Gのアニメ化、株市場への上場を予定するなど、非常に勢いのあるコトブキヤの新シリーズとのことで、SNSを見ていると注目度が高いことがよく分かります。 コトブキヤオリジナル商品のため、SNSではゾイド等のように版権元に版権料金を支払う必要がなく、浮いたお金の分だけタイヤのディテールを細かくするなど、商品クオリティを上げられるとの情報がありましたね。 個人的には動物に近いシルエットのメカなので、他のコトブキヤオリジナルシリーズよりも注目していました。 今回は組み立ての様子を中心に紹介してみますー 素組みの紹介は「ボルトレックス」を組み立ててからですね。 箱に関しては、黒を基調にしたメカが浮かび上がるデザインになっています。 コトブキヤが発売していたACシリーズに近い雰囲気があり、このデザインなら店頭から家に持ち帰っても恥ずかしくなさそう。 なお、箱絵にはパイロットが描かれていますが、とには付属せず、別売りとなっています。 今後はも発売されるようで、例のごとく私は看板娘に改造しますかね。 箱の中にはランナーの他、組み立て説明書やポストカードが付属します。 ポストカードの紙は厚みがあり、光沢のある印刷は、高級感がありました。 「レイブレード・インパルス」は検問を突破するその刹那が 「ボルトレックス」は立て籠もった敵に突入準備する武装警察が描かれています。 パッケージはシンプルなものでしたが、こうして活躍の様子を補完してもらえると世界観が広がります。 そしてゾイダー的にはツボを突いてくるカラーバリエーションや、対立する陣営の説明が記載されています。 ゾイダーが狙われてるッ! ランナーの数はHMMゾイドと比べるとそれほど多くはなく、小型ゾイドよりもちょっと少ないくらい。 組み立てには3時間ほどを要しました。 注目するのがパーツの接続方法で、ほぼ全てのパーツが六角形の軸で接続されるようになっています! ほぼ全てのパーツが共通軸になっているため、組み換えの汎用性が凄まじいことになっていて、 ゾイドブロックスと比較しても軸の数が多いため、かなりの自由度になっていると思います。 六角形の軸を採用しているため、1軸で接続してもがっちり固定されるので ゾイドブロックスのように2軸を使うよりも省スペースで保持力を確保できます。 可動部分のポリパーツも六角形になっていて、可動部分さえも自由な位置に設置できる設計も驚異的ですね・・!また組み立て後にはジョイントやポリパーツは大量に余るので、単品でも組み換えを楽しむことができそう。 あまりにも自由度が高すぎて、今後登場するであろう個人の作例の方針が全く予想できないです。 パーツを単品でみると動物らしさや乗り物っぽさが半端な感じになっていますが ヘキサギアのフレーム構造を利用することで、自由に調整ができます。 パーツ単体では若干ディテールが不足しているような気がしますが、こちらは別シリーズの「M. G」を使えということでしょうか。 コトブキヤは商売上手すぎる・・。 財布が狙われているっ! ぱっと「レイブレード・インパルス」を撮影してみました。 バイクに動物の頭と足が生えたようなデザインになっています。 単品では背中が空いてしまうので、パイロット ガバナー を背中に乗せたくなってきますね。 動物型に特化したゾイドと比較すると、シルエットの洗練さやマッシブ感で劣りますが、その辺は組み換えや改造によって対抗できるようにするユーザーの腕の見せ所でしょうか。 背面からみるとよりバイクらしさが強調されるようになっています。 背面のデザインはバイクそのもので、コンソール部分には航空機のようなタッチパネルが3つ取り付けられています。 動物とバイクの両方のデザインが合わさっているので、どちらかに特化したデザインに組み替えるとどうなるのか、FAやFA:Gと組み合わせるとどうなるのか、想像するだけでワクワクしてきます。 別途、ゾイドブロックスのように簡易的な分解道具をキットに付けてほしいですね。 分解して組み換えを楽しむ製品なら、分解用の道具はしっかり用意してほしいところ。 前回のWFのコトブキヤブースから 今後は新型メカの販売はもちろん、サポートパーツの販売が予定されているためますます盛り上がっていきそうですね! 発売されるMSGもヘキサギアの背中にそのまま載せるだけで魅力的になりそうで、実に楽しみです。 個人的には海鮮系のサメや首長竜、航空系のワシやテラノドンのヘキサギアが欲しいですね。 あとはT-REXとトリケラもぜひ・・!.

次の