宅建 転職。 宅建(宅地建物取引士)は就職や転職にどのように活かせるの?

宅建の転職・求人・中途採用情報【doda(デューダ)】

宅建 転職

そこについてあとで詳しく説明するけど、「不動産業界に絞っているだけ転職に強いんだな。 」と今は思ってもらって大丈夫だよ。 たいち 不動産業界に絞りつつ、さらに精通したプロのキャリアアドバイザーが内定まで徹底的にサポートしてくれるので内定までの期間も内定率もぐんっと高くなります。 不動産業界に焦点を絞り、一点集中にこだわった宅建Jobエージェントはとても優秀な転職サービスといえるでしょう。 宅建Jobエージェントの口コミや評判 では、利用している人は宅建Jobエージェントをどのように思っているのでしょうか。 ネット上での口コミについて調べましたのでまとめてみます。 「大きなキャリアアップができた。 」 「住まいの近くで良い企業と出会うことができた。 」 「不動産業界の経験が半年しかなくても2社から内定をもらうことができた。 」 「未経験でも満足行く企業に就職できた。 」 口コミとして、上記のような声がありました。 宅建Jobエージェントでは、現在不動産業界に勤めている方のキャリアアップに貢献してくれるのはもちろんのこと、未経験でこれから不動産業界で働きたいといった方にも優良求人を紹介してくれます。 不動産業界に絞っている分、何度も訪問したりして関係が濃くなっているんだろうね。 利用者としては嬉しい他ないよね。 たいち 人事の方と接点があるため、転職時の有益な情報だけでなく、企業に入社する前にその企業の雰囲気やノルマ、離職率など細かな情報まで握っています。 1人では決して仕入れられない情報を持っているキャリアアドバイザーは、転職活動時や入社後に関して心強い味方なのです。 求人を調べる手間が省ける 不動産業界での転職を検討しているのであれば、あとはキャリアアドバイザーの方に「これだけは譲れない!」という部分だけを伝えればあなたに合った求人を紹介してくれます。 あなたはその中から選べばいいだけで、紹介されたからといって必ずしも受けなければいけないということはないので安心してください。 落とされないようにギリギリのチキンレースのような交渉なんて嫌だよね。 働いていく上で不満もたまるよ。 たいち 宅建Jobエージェントは、まさかの給与面での交渉も行ってくれます。 給与面の交渉が自分で正直に伝えられる人なんて僕は出会ったことがありません。 その言いにくい給与面の交渉をキャリアアドバイザーの方に任さられるのも宅建Jobエージェントの魅力の1つです。 宅建Jobエージェントのデメリット 宅建Jobエージェントのメリットばかり紹介しましたが、デメリットはないのでしょうか。 残念ながらデメリットはいくつかあります。 ですがデメリットに必ずしも当てはまるというわけではないので1つ1つじっくり見ていきましょう。 不動産業界のみに特化している 宅建Jobエージェントは何度も言いますが、不動産業界に特化しています。 なので「不動産業界も受けたいけど他の職種も気になる。 」といった方は他の転職サイトへの登録も必要になってきます。 その場合は残念ながら違う転職サービスを利用するしかないんだ。 たいち もし年齢制限に引っかかってしまったのであれば、以下のからあった転職サービスを探してみてください。 宅建Jobエージェントと他の転職エージェントの比較 宅建Jobエージェントのメリットやデメリットを上で説明しましたが、他の転職エージェントと比べたらどう違うのでしょうか。 結論をいうと、宅建Jobエージェントには他の転職エージェントとの大きな違いがあります。 違いについて紹介していきましょう。 求人を調べる時間の短縮 上のメリットでも紹介しましたが、他の転職エージェントに比べても圧倒的に時間の短縮になります。 他の転職サイトにも不動産関係は扱って入るものの、「不動産」で検索したとしても関係のない職種が検索されたりしてしまいます。 それでも職種の幅が広い転職サービスは思ってもない求人を案内される場合もあるんだ。 たいち キャリアアドバイザーの方に相談しても職種の幅が枠が広い分、想定外の求人を紹介されたりします。 ですが、元から不動産業界だけに絞っている宅建Jobエージェントであればそれがありません。 他の転職エージェントの多くある職種も魅力ですが、不動産業界に絞っているのであれば宅建Jobエージェントの方がスムーズです。 不動産業界に特化した企業対策 宅建Jobエージェントのキャリアアドバイザーの方は、不動産業界に特化している分、知識が豊富にあります。 」など、事前に知っていればめちゃくちゃ強くないですか?.

次の

【宅建を活かして転職】未経験でも有利になる業界は?口コミを元に徹底解説

宅建 転職

宅建や宅建士とは「宅地建物取引士」の略称で、国家資格にあたります。 そして、この宅建士になるための資格試験を「宅建試験」といいます。 宅建士とは、「宅地建物取引業者」で働く従業員をイメージされると良いでしょう。 宅地建物取引業者とはいわゆる不動産会社のことで、土地や建物の売買、賃貸物件のあっせんなどを行っています。 不動産取引はとても高額です。 お客様の多くは不動産に関する専門知識や売買経験がほとんどないため、不当な契約を結んでしまうと思わぬ損害を被ることがあります。 そのようなことがないよう、お客様が知っておくべき事項(重要事項)を説明するのが宅建士の仕事。 そして、重要事項の説明をお客様にできるのは宅建士だけです。 宅建とは、不動産取引の専門家を示す資格、といえるでしょう。 宅建資格を得て宅建士の仕事をするためには、まず宅建試験に合格し、合格後は試験開催地の都道府県知事に対して登録手続きを行い、取引士証の交付を受けることが必要です。 しかし宅建試験の合格率は低く、例年15~17%台となっています。 難易度が高いため、合格するためには専門的な勉強が必要です。 独学で受験する方もいますが、専門的な勉強が必要であることから、専門学校や通信講座を利用する人が多い傾向にあります。 宅建資格を取得すると仕事の活躍の場が広がる!.

次の

宅建は就職に有利!取得をおすすめする3つの理由や平均年収等を紹介

宅建 転職

宅建に受かると、30代や40代がどれくらい就職できるのかを語る 宅建で就職を果たそうとする場合、慎重な性格の方や疑り深い性格の方から、質問されることがあります。 いわく、「何歳になっても、宅建があると再就職や転職ができるのでしょうか?」 これは確かに、当事者の立場で想像するとシリアスな疑問ではあるでしょう。 どこの業種・どこの業界に行っても、若くないことは相当なハンデになるもの。 基本的に、就職・転職の自由が利くのは20代までで、30代に突入するといっぺんに「狭き門」になるものですね。 もちろん、不動産業界においてもその法則はそれなりにあてはまります。 特に経験の少ない人材を雇う場合は、若いほうがいいに決まっていますね。 若い人材なら、経験不足でも社内で育てていく時間もあるでしょうし、何よりも経験がない分安い給与で使うこともできます。 30代以上ではあまり安い賃金で使うわけにもいきませんね。 しかし宅建の場合、不動産の売買契約の説明や手続きを担当できるという、重大な役目を負わせられる資格ですね。 働いた経験が足りなくても、まず法知識を身に着けているというだけでだいぶ有利になるようです。 実際に、30代や40代といった、ほとんどの業界では就職・転職が不利になる年齢でも、比較的有利に就業に成功しているといわれています。 あえて付言するなら、回される仕事がパターン化しているという噂があることは事実です。 営業関係のポジションをはじめ、わりとハードな仕事に回されやすいという傾向は一部で指摘されています。 それでも、30代どころか40代になっても、宅建がある人には他の業界よりもずっと再就職や転職の門戸が開かれているのです。 さすがに万能だというわけではありませんが、宅建は、年齢の壁を超える可能性を秘めている資格になっているようですね。

次の