ゆがみ くんに は 友達 が いない 16。 湯神くんには友達がいない

漫画 「湯神くんには友達がいない」 佐倉準 星3つ

ゆがみ くんに は 友達 が いない 16

【このレビューはネタバレを含みます】 湯神くんの一貫して「友達いらない」と最初から最終話まで自分の考えを貫いていました。 でも、全く変わっていないように見えて綿貫さんとかかわりで少し成長したり、周りの人達が湯神くんのことを理解されるように 彼自身は必要としていないが なりました。 なんだかんだ湯神くんは綿貫さんの事を考えて行動したり、助言していて、綿貫さんも意味が分からないと思いながらも湯神くんの意図を読み取っていこうとしているのがとても良いです! 読み返すと初めからそうだったし、相手には理解されていなかったけど、どの人にでもそう行動していた湯神くん自身も「自分のため」と言ってなんでもやっているのがいい。 押しつけがましくなくて、はた迷惑ではあったりするけど、なんだかんだと助けられた人がいました。 綿貫さんは湯神くんの通訳者みたいに最後の方はなっていて、湯神くんのかかわりからもの凄く成長しました。 相談されたり 湯神くん関係 、頼られたり。 転校した時と全然違います。 最後も気持ちが一致したわけでもないけど、人間そんなものだしそれでもお互いが分かるんだと思えます。 恋愛っというわけではなかったけれど、最後はそうなりそうな終わり方はとても良いです。 今後の2人が見れたらいいなと…気になります! この漫画を読めて良かったです! まずタイトル秀逸ですよね。 ヒロインちひろちゃんが、主人公湯神くんを見つめている。 まさにその通りの内容です。 キャラが人想いで魅力的だし、絵も可愛くて好きだし、爆笑できるし、作者さんの温かい人柄が出ていて毎回毎回心がホンワカします。 ブレ ない、変わらない湯神くんとその仲間たちの関係が、学園生活とともに描かれていて、心穏やかに読めます。 偏屈で、友達はいらないけど、自分を大切にできて人想いで何だかんだ人に囲まれている湯神くん。 フワっとした雰囲気だけど、しっかり自分を持っていて、湯神くんや周りの人たちをよく見ていて、頑張り屋さんで素直なちひろちゃん。 2人がお互いを必要としているのが分かり、とても微笑ましいです。 湯神くんがちひろちゃんのことを「あなた」と呼ぶのが、尊重していて好意的ですごく好きでした。 未来では、夫婦になる2人だろうな〜と、その後を妄想するのもまた楽しいです。 落語デート、素敵だな〜。 門田くんとの絶妙な関係も素敵でした。 甲子園予選の準決勝、良かった!.

次の

湯神くんには友達がいない 16巻 完結【コミックの発売日を通知するベルアラート】

ゆがみ くんに は 友達 が いない 16

友達いらない人の特徴 友達いらない人の特徴とはどのようなことなのか、 ここではいろいろな方面から紹介していきます。 友達いらない人の特徴1:孤独が好き・一人がいい 友達いらない人の特徴として、まず孤独が好き、一人がいいということが挙げられます。 孤独は一見、寂しい人のように捉われがちですが、友達と一緒に居ると好きなように行動ができないということがとても面倒に思えてしまいます。 孤独が好きとは言っても、協調性が無いわけではありません。 自分自身が身軽に生きられる選択肢として孤独を選んでいるということでしょう。 友達いらない人の特徴2:リラックスできないから 友達いらない人の特徴として、リラックスできないからということが挙げられます。 誰かと一緒にいるとストレスから逃れることはできません。 たとえ気の置けない間柄であったとしても、自分の気持ち優先で接することは無理です。 もちろんそれを尊重してくれる友達であれば良いですが、やはり他人であるということから逃れることはできないのです。 たとえ家族であっても一緒にいるとストレスが溜まります。 プライベートはできる限りリラックスしたいと感じたら、やはり友達は不要なのかもしれません。 スポンサーリンク 友達いらない人の特徴3:仕事が忙しい・ストイック 友達いらない人の特徴として、仕事が忙しい、ストイックであるということが挙げられます。 仕事に夢中になる人がいます。 そのような人は仕事がすべてであるため、何事も仕事優先で生活しています。 そのため友達がいらないというよりも、友達の方から離れていく傾向もあります。 仕事とプライベートでの境目がない人にとって友達が邪魔になることもあります。 仕事も大切ですが、仕事も人とのつながりでできることです。 友達とのつながりも考えながら仕事も充実させることも必要です。 友達いらない人の特徴4:人付き合いが面倒だと感じている 友達いらない人の特徴として、人付き合いが面倒だと感じているということが挙げられます。 人付き合いはストレスとの戦いであると感じる人も多いことでしょう。 他人との付き合いは精神的に追い詰められたり、誤解やねたみそねみなど、立ち向かえる強い心であることはストレス以外の何物でもありません。 辛い経験をした人であると特に人の付き合いや友達などもいらないと感じてしまう人もいます。 無理をして付き合っていっても自分の特にはならないと思ったら、人付き合いをリセットしてみることも良い方法です。 友達いらない人の特徴5:結婚したから・育児から忙しい 友達いらない人の特徴として、結婚したからまたは育児が忙しいということが挙げられます。 女性は特に結婚をして子供ができると友達とは疎遠になることが多くなります。 また結婚をしていない友達が気を使って連絡を取らないこともあるので、お互いが離れていっている場合もあるでしょう。 育児をしているときはいろいろなことがあり、友達に理解してもらえないなど特に孤独を感じる場合もあります。 人は孤独を感じてしまうととことん孤独になってしまう傾向があります。 理解をしてもらえない友達はいらないと感じてしまうのは必然となってしまいます。 スポンサーリンク 友達いらない人の特徴6:趣味に没頭している 友達いらない人の特徴として、趣味に没頭していることが挙げられます。 同じ趣味を持つ友達であれば一緒に趣味を楽しむこともできますが、趣味が違う友達とは気が合わないことがあります。 また趣味にはいろいろあり、趣味に共感を得られな場合もあるわけです。 自分の大好きな趣味を否定されると特に友達とは疎遠となってしまうこともあるでしょう。 人は自分の人生の中で趣味を持てることに幸せを感じます。 そんな趣味に没頭したい人にとって友達は必要ないと思ってしまいます。 スポンサーリンク 友達いらない人の特徴7:恋愛や家族関係が充実している 友達いらない人の特徴として、恋愛や家族関係が充実しているということが挙げられます。 人の人間関係にはパターンがあります。 極小人数の人と深く付き合っていくか、多くの人と広く浅く付き合っていく2パターンです。 恋愛や家族関係が充実していることは前者に当たりますが、このタイプの人は人付き合いが器用ではない人です。 そのため家族との関係を大切をすることは必然ですし、恋人ができると家族以上に大切な相手になります。 恋愛と家族を大切であるとそれ以上の人間関係を望まなくなる人は意外と多いです。 恋人ができると友達と疎遠になるということはこのようなことが理由です。 友達いらない人の特徴8:SNSをそれ程使っていない 友達いらない人の特徴として、SNSをそれ程使っていないということが挙げられます。 SNSは言わば友達との交流の場です。 さりげない出来事をSNSでアップすると友達の反応が嬉しくなりますし、寂しさも感じなくなります。 ですが最近ではそれが煩わしいと感じる人も増えています。 SNSによって自分を支配されていることに気が付き、そこから離れることが怖くなる人さえいます。 そんな煩わしいことから逃れるためにSNSで繋がった友達から離れていくのです。 心を埋めるはずのSNSが負担になってしまうことがあります。 スポンサーリンク 友達いらない人の特徴9:自分に自信がない・否定されるのを怖がっている 友達いらない人の特徴として、自分に自信がない、否定されるのを怖がっているということが挙げられます。 自分に自信のある人はどれほどいるでしょうか。 多くの人は自分に自信もなく、自分が嫌いという人が多いです。 そんな自分の心のよりどころは友達や家族です。 その友達から否定されることはもっとも怖いことだと感じる人もいることでしょう。 実際に友達から否定され、さらに自分が嫌になっている人もいるはずです。 これ以上自分を否定されることが嫌になったとき、人は友達関係をリセットしたいと思います。 最近はSNSでブロックしたり連絡を絶つことで人間関係をリセットする人は意外と多いのです。 それまでの友達関係をリセットしてまた新たな人間関係を構築していくことも生きる中で必要だと感じる人は多いです。 友達いらない人の特徴10:対人不信・いじめられた過去がある 友達いらない人の特徴として、対人不信やいじめられた過去があるということが挙げられます。 いじめは人の心を閉鎖的にさせます。 その閉鎖的な心を開くことはなかなかできません。 またその心を開くのはあくまでも自分次第です。 そうした過去の出来事は引きずる可能性も大きいのです。 いじめられた人にとって友達から受けた仕打ちは一生引きずることもあります。 そんな嫌な思いをしたくないために友達はいらないと感じる人もいます。 スポンサーリンク 友達いらない人の特徴11:派閥や主導権争いが嫌い 友達いらない人の特徴とし、派閥や主導権争いが嫌いであるということが挙げらえれます。 人は組織の中にいると必ず派閥や主導権争いなどに巻き込まれることがあります。 学校でもグループができたり、会社でも派閥があったりと一生そんな争いが身の回りで起こりえます。 たとえ組織などに囚われないと思っても一匹狼的なポジションは邪けんにされることも多いです。 ですがそんな争いの中に身を委ねることよりも自分は自分らしく生きていたいとする人は面倒なことに巻き込まれたくないとして孤独を選択するのです。 友達いらない人の特徴12:自分の気持ちに正直に生きている 友達いらない人の特徴として、自分の気持ちに正直に生きているということが挙げられます。 実は自分の気持ちに正直に生きるということは意外と大変なことです。 人は一歩外へ出ると人間関係に囲まれてしまいます。 仕事でもプライベートでも自分の気持ちを押し殺してしまうことが多いため、ストレスが溜まっていくのです。 ではストレスが溜まらないためには自分の気持ちに正直になればいい、と思われがちですがそうはできないことは誰でも理解していると思います。 自分の気持ちに正直になることは勇気がいることなのです。 人は好かれて生きるより嫌われて生きるほうが楽、と言う人がよくいます。 楽に生きていくのか、ストレスを溜めて生きていくのか自分次第です。 スポンサーリンク 友達いらない人の特徴13:都合や価値観を合わせるのが嫌だ 友達いらない人の特徴として、都合や価値観を合わせるのが嫌だということが挙げられます。 よく言えばマイペースですが、このタイプの人は協調性がないと思われるパターンです。 ですが最近は特にいわゆる自分流で生きている人は増えています。 何にも囚われない生き方をすることが大切だと感じる人は多いようです。 時としてこのタイプの人は周囲から独特な人として扱われがちです。 それでも自分流を貫くことは後悔しない生き方と言えます。 友達いらない人の特徴14:無駄なお金を遣いたくない 友達いらない人の特徴として、無駄なお金を使いたくないということが挙げられます。 別にケチというわけではなく、友達とのためにお金を使うよりももっと自分のために無駄のないお金の使い方をしたいと思っています。 またこのタイプの人はお金よりも友達のために時間を割くということに無駄を感じることが多いです。 余計な時間を費やすことは実にもったいない、と感じています。 友達いらない人の特徴15:自分の悩みを自分で解決できる 友達いらない人の特徴として、自分の悩みを自分で解決できるということが挙げられます。 多くの人は悩みを友達に聞いてもらうことで気持ちがスッキリしたり、悩みを誰かと共有したいと感じています。 ですが意外と誰かに悩みを相談するときは自分の中で悩みを解決している人が多いのです。 それに気付いている人は誰かに悩みを相談することは無駄だとして友達に相談することはしません。 もし悩みを話すときは話しのネタとなっていることが多いでしょう。 スポンサーリンク 友達いらない人の特徴16:好きなお店・旅行ができる 友達いらない人の特徴として、好きなお店や旅行ができるということが挙げられます。 このようなタイプの人はいわゆる、おひとりさまと呼ばれる人です。 誰かと食事に行って好きな物を食べられないことよりも、自分の好きなものを好きなだけ食べたいと思っています。 また旅行もたいていの人は誰かと一緒だと心強いですし、楽しいとする人が多いですが、逆に友達がいると煩わしさを感じる人もいます。 誰かと一緒に行動すると嫌な面を見ることもあります。 そんな思いをするよりも一人で行動するほうが楽であると思っています。 友達を作らないことのメリット ここでは友達を作らないことのメリットを紹介していきます。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 友達を作らないことのメリット1:自尊心が高くなる 友達を作らないことのメリットとして、自尊心が高くなることが挙げられます。 友達に依存しない生き方は自分はどのような人間であるのか、またこの先の自分をどう高めていきたいのか、自分に対する欲求が出てきます。 友達がいないことは悲しいことではありません。 むしろ自分を下げる友達関係は無理に続けると自尊心が芽生えてこなくなります。 それでも友達は必要である、ということを否定することはできません。 自分はどのように生きたいのか、自分自身を顧みたときに答えを出してみると良いでしょう。 友達を作らないことのメリット2:自分をみつめることができる 友達を作らないことのメリットとして、自分をみつめることができることが挙げられます。 自分をみるめることの中には、友達は自分にとって必要であるか否かということも考えることもあるでしょう。 そう考えたときに友達がいないことの寂しさも感じるかもしれません。 また自分の性格や将来的な自分を考える時間が増えます。 意外と自分が将来どうしたいのか、今後どうするべきなのかを考える人は少ないです。 行き当たりばったりに日々を過ごしていくよりも、つねに自分をみつめることはとても大切なことです。 そうして見つめなおして人生を考える時間があることは大きなメリットと言えるでしょう。 スポンサーリンク 友達を作らないことのメリット3:自分の好きな時間を作ることができる 友達を作らないことのメリットとして、自分の好きな時間を作ることができることが挙げられます。 一日の決まった時間の中で自分のための時間を持てる人は少ないです。 趣味に夢中になったり、自分を高めるために何かをすることは自分が時間を作らない限りできないことです。 何か趣味を持ちたい、と漠然と考える人は多くいますが真剣に何かを始めるまでの時間が多くかかりすぎる人がほとんどです。 友達との時間も大切な時間だと思う人も多いですが、自分自身のための時間に割くことのほうがよほど有意義な時間と言えるでしょう。 友達を作らないことのメリット4:人間関係のストレスが減る 友達を作らないことのメリットとして、人間関係のストレスが減るということが挙げられます。 人のストレスのほとんどが人間関係であると言って間違いありません。 もちろんストレスとうまく付き合っていくことが一番ですが、それでもストレスによって体が不調になってしまったり、どうするべきなのか悩んでいる人にとって友達をリセットすることがストレスを減らす近道です。 友達関係をリセットすることは勇気がいることです。 ですがリセットしてしまうと意外とスッキリします。 リセットをしても心配して連絡してくれる友達は本当の友達だと思ってください。 不要な人間関係は必要ありません。 スポンサーリンク 友達を作らないことのメリット5:孤独に負けない強い人間になることができる 友達を作らないことのメリットとして、孤独に負けない強い人間になることができることが挙げられます。 人間誰しも孤独は嫌いです。 孤独だと感じた瞬間に不安や恐怖がやってきます。 ですが孤独になると自分がしっかりせねばならない、いわば自立心が芽生えます。 多くの人は誰かに依存して生きています。 孤独を知った人は強くなります。 孤独は決して悪くないことを知りましょう。 友達を作らないことのメリット6:自分の責任で物事を判断することができる 友達を作らないことのメリットとして、自分の責任で物事を判断することができることが挙げられます。 自分の責任で物事を判断する、これは当然のことです。 その当然のことが案外できていないのが人間です。 人は必ず自分が決断することが必要な場面がやってきます。 誰かに頼って物事を決める人生よりも自分で判断することのほうがより良い自分らしい生き方ができます。 また友達は自分の人生を守ってはくれません。 そして友達もまた自分で判断しています。 肝心なことは自分で判断できる力を付けることができることは大切だということです。 友達を作らないことのメリット7:自分がしたいことができる 友達を作らないことのメリットとして、自分がしたいことができることが挙げられます。 もちろん友達がいても自分のしたいことはできます。 友達との距離を保ちつつ、自分のしたいことができるのは器用な人です。 ですが友達がいることで自分がしたいことの足かせとなると感じた人にとっては友達がいることが煩わしくなります。 友達との付き合いをうまく帳尻を合わせることができれば良いのですが、そちらともうまく付き合わなければならないと思うと友達を作らないほうが自由になれます。 スポンサーリンク 友達を作らないことのメリット8:過去を振り返ることが少ない 友達を作らないことのメリットとして、過去を振り返ることが少ないということが挙げられます。 友達がいるといろいろなことを共有します。 遊びに行ったことや苦楽を共にしたことなど、友達であれば一緒に経験したことは多いでしょう。 ですが常に前を向いている人にとって、そうした過去はあまり興味がありません。 つまり友達との共有してきたことも自分にとってはあくまでも過去のことです。 それでは会話も弾むことも少なくなっていきます。 友達のほうから離れていくということもあり、気付くと友達がいなかったということもあるのではないでしょうか。 そうしたことからも友達を作らないことのほうが楽であると感じてしまいます。 友達を作らないことのメリット9:読書することが増える 友達を作らないことのメリットとして、読書することが増えるということが挙げられます。 読書が趣味の人にとって、時間を忘れて読書ができる時間はこの上ない楽しみです。 友達と会うとその大切な読書の時間を割くことになり兼ねません。 読書を途中で中断して、その先の話しを後回しにするのはとてもイライラします。 そこまでの読書好きには友達を作らないほうが読書に没頭できてとても幸せな時間になります。 友達が多いことのデメリット ここでは友達が多いことのデメリットを紹介していきます。 友達が多いことでどのようなデメリットがあるのか参考にしてみてください。 友達が多いデメリット1:逆に孤独・不安を感じてしまう 友達が多いデメリットとして、逆に孤独や不安を感じてしまうということが挙げられます。 よくSNSでの友達が何十人、何百人いるという人がいますが、はたしてそれは友達なのかということが考えられます。 つまり友達という定義から外れていると感じる人もいるでしょう。 友達という定義は個人差がありますし、一度会話しただけで友達だという人もいます。 ある人に親友は何人いますか、と質問すると意外と0人回答する人は意外と多いのです。 それだけ今は友達とは言っても心を開けない人も増えています。 友達と呼べる人がいても心底信頼を置ける人は逆に孤独や不安を感じてしまいます。 それだけ人間関係が希薄になっていると言ってもいいでしょう。 友達が多いデメリット2:ストレスを感じやすくなる 友達が多いデメリットとして、ストレスを感じやすくなるということが挙げられます。 誰かと一緒にいるということは必ずストレスが付きまといます。 それが近ければ近い存在ほど感じることも多くなってきます。 また嫌な面を見ることも増えてきますし、その嫌いな面を受け止めることはできずにいる人も多いです。 友達との距離を置くと自分が取り残される恐怖感もあり、ストレスを我慢して友達関係を続ける人もいることでしょう。 ストレスで辛くなったときは、友達を一度リセットする方法もあります。 肩ひじ張らない友達を見るけることもしてみましょう。 スポンサーリンク 友達が多いデメリット3:人間関係が破綻してしまう恐れがある 友達が多いデメリットとして、人間関係が破綻してしまう恐れがあることが挙げられます。 友達が多いと必ず相性の良い人や悪い人がはっきりしてきます。 そうして友達が削られていくわけですが、友達が多ければ多いほど人間関係は希薄になります。 友達の人数が多いとある意味自分のステータスになります。 自分の地位を友達の人数で高くしていくよりも、心底語り合える友達だけに囲まれているほうが人間関係はうまくいきます。 友達が多いデメリット4:八方美人になる 友達が多いデメリットとして、八方美人になるということが挙げられます。 友達が多い人の損なところは、友達が多いことを自慢気味に話すことです。 それが鼻に付くと思われても仕方がないことです。 また友達が多いことを自慢する人は八方美人にとらわれがちです。 いろいろなところへ顔を出し、その自慢話を聞かされる人は呆れて聞いていることでしょう。 鼻持ちならない人として思われてしまうこともあるので気を付けましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 友達は大切な存在だと感じる人がいれば、友達は必要ないと感じる人もいます。 そこまで思いやれる友達に巡り合えるか否か自分次第です。 人に嫌われて生きるほうが楽だ、という人がいます。 余計なしがらみに自ら飛び込んでいくよりも自分は自分らしい生き方を選択する人もいます。 友達はいらないと否定するよりも、人間関係にとらわれない強い自分になって、あくまでも自分らしくしていきましょう。 【関連記事】.

次の

[佐倉準] 湯神くんには友達がいない 全16巻│試し読み│zip│rar│rapidgator

ゆがみ くんに は 友達 が いない 16

「友達がいない」という悩みは、恥ずかしいという思いが先立ってしまい、なかなか他の人に相談できないものです。 たしかに、一般的には友達がいないというのは寂しいというイメージがあるので、なかなか悩みを打ち明けられないですよね・・・。 友達を作るのが難しいというのは、皆さんも感じていることだと思います。 友達ができない原因はどこにあるのでしょうか? この記事では、そういった友達ができない原因や特徴を紹介していきます。 「友達がいなくて寂しい!」と思っている方は、ここで自分に友達がいない原因を探って、友達を作るきっかけ作りに役立ててみて下さい。 「友達が出来ない原因」を解消して、逆の行動を取るだけで友達ができやすくなります! 友達がいない人の10個の原因・特徴 それでは、まずは「友達がいない人に共通する原因・特徴」を10個を見て行きます。 世の中には「友達がたくさんいる人」もいます。 そういう「友達が多い人」と「自分」の違いを意識しながら、ここで紹介する内容を見てみて下さい。 「社交的か否か」が違いとも言えますが、もっと具体的な違いがたくさん見つかるはずです! 1.他人の気持ちを考えない 他人の気持ちを考えない人は、なかなか友達が出来ません。 他人の気持ちを察することができなければ、相手は不快な気持ちになってしまうこともあります。 相手の気持ちを考えない発言・行動は、相手のことを傷つけたり、迷惑になってしまう場合があります。 正しい人間関係を築くことができない人間は「空気が読めない」「ウザったい」というレッテルを貼られ、友達になりたいという人がいなくなっていきます。 他人と接する時に「我慢ができない」のも悪いところの1つ 他人の気持ちを考えない人は、他人と接するときに自分のことを押さえられない人間である場合も多いです。 誰もが、本音や建前というものを持っています。 もし、自分自身で「本音で思ったことを言うと、相手を傷つけている気がする」という自覚があるのであれば、まずは本音を隠してコミュニケーションをすることも1つの手です。 そこから発展して親密になっていってから、本音でぶつかり合う関係になっていきましょう。 もちろん、これも少しずつ空気を読みながらですが。 最初から本音でぶつかり合える人のほうが、友達としても付き合っていて楽なはずです。 ですが、いきなり本音をぶつけるのは危険です。 自分が本当に思っていることを隠して、相手の気持ちを理解して尊重できるようにならないと、本音でぶつかり合える友人どころか、軽い友人でさえもできないでしょう。 自分の気持ちに正直でいるのが大切なこともありますが、友人を作りたいと思っているときには、我慢できる人間にならなくてはいけません。 2.自己開示ができない 友達ができない人の多くは、自己開示ができない性格のようです。 自分のことをあまり話さない人には、自分もあまり深いことを話そうと思いませんよね? 自分の気持ちの深いところまで相手に話さなければ、相手と本当に分かり合うことは出来ません。 自己開示をすることが難しいと感じる人もいるかもれません。 しかし、自分の心を開かない限り相手も自分に心を開いてくれないのです。 まずは自分から自己開示 交友関係はある程度の信頼の上に成り立っています。 その信頼を築くためには、自己開示が大事であると紹介しましたが、でもいきなり自己開示をすることは、誰しもが躊躇することです。 そのため、いくら待っていても、相手から自己開示をしてくれることは、ほとんど無いでしょう。 だからこそ、自分からどんどん自己開示をすることによって、まずは相手からも自己開示をして貰いやすい環境を整えることが最初のステップとして重要になります。 3.人間味がなく感情が乏しい 人間味がなくて感情に乏しい人間も、なかなか友達ができません。 人間味が少ない人とは一緒にいても楽しくないからです。 友人には人間らしい人の方が良いと思っている人の方が多いはずです。 人間味が乏しくて、感情が現れない人は不気味には感じますが親しみは沸きません。 そのような人間とは、友人として楽しく付き合っていくビジョンが見えない人の方が多いでしょう。 それが、人を遠ざけてしまう原因になります。 また、感情が乏しい以外にも、完璧人間すぎて隙がない人も「人間味が乏しい」と思われる場合も多いです。 完璧な人間と一緒にいると「劣等感も刺激される」ので、これも友達が出来にくい原因の1つとなってしまいます。 人間味がないと、掴みどころが無い人と思われて「信頼されにくくなる」 人間味がない人のことを、人はなかなか信頼できません。 相手が人間味や感情を持っている人間なら、「この人なら、人の痛みを分かっているから裏切ることはしないはず」と信頼することができるのです。 人間味がない人を相手にしていると、本当に「この人は私のことを分かってくれるのだろうか」「信頼しても大丈夫だろうか」「私みたいな人間は簡単に裏切らないだろうか」という不安が湧き出てしまいます。 信頼関係を築くにしても、人間味がない人とはできません。 相手のことが何も分からず、理解することができないので、相手に信頼を置くことができないのです。 交友関係の基盤となる信頼関係ができなければ、そもそも友人などできるはずがありませんね。 4.他人に興味がない 他人に興味がない人も、友人ががなかなか出来ません。 なぜなら、他人に興味がないので、友人と呼ばれる人間のことにも興味を持つことができないからです。 ある程度の興味をその人に持ち続けられないと、友人関係は続きません。 相手の話を興味深く聞くことができなければ、お互いに話していて楽しくないからです。 また、相手に「こいつは私のことをどうでも良いと思っている」ことがバレてしまうと、避けられるようになるでしょう。 友達が少ない人、友達がいない人は、相手に興味を持つことができず、結局は友情が長続きしないということが多いのではないでしょうか。 最初は友人らしき人ができても、交流が乏しくなって「一生の友」はできない 他人に興味がないだけの人は、他の部分に問題がなければ最初は友人ができるでしょう。 浅い付き合いかもしれませんが、友人と呼ばれるような存在もできるのではないでしょうか。 例えば高校や大学に在籍している間には、特に寂しいと思うようなこともなく、友人ができるはずです。 ですが、他人興味がないので、すぐにその交流は乏しくなります。 自分から連絡を取るというようなこともないので、卒業後はすぐに交友関係がなくなってしまいます。 つまり、最初は友人ができるのに、「一生の友」と呼べるような人間関係は作れないのです。 友人だと思っていた人からも、数年後には結婚式に呼ばれなくなっているかもしれません。 そもそも、何年も経ったら連絡先も分からない状態になってしまっているかもしれません。 5.自意識過剰気味 自意識過剰気味の人も、なかなか友達が出来ないでしょう。 何をするにしても、自分のことが大切で、少しでも自分に否定的な言葉を言われると過剰に反応するので、「友達にすると面倒くさい」と思われてしまうのです。 何でも自分のことを話しているように思われるので、どんな話題でも自分の話に繋がり、そのうちに人は辟易して離れて行ってしまうでしょう。 深く知り合って、理解し合っている友達同士なら許されるかもしれません。 ですが、友達を作る、初めて会った人を友達にしたいという状況の中では、その行動はおすすめされません。 何でもかんでも「自分」という態度でいては、一緒にいる人がうんざりしてしまうからです。 友達を作りたいのなら、自意識過剰な態度を少し押さえて、自分の中では少し「おとなしめ」という状態でいた方が良いでしょう。 6.コンプレックスを持っている コンプレックスを持っている人も、なかなか友達ができない事があります。 何をしているときでもコンプレックスを気にしてしまい、心から楽しくできないからです。 また、人と話している時に、少しでもコンプレックスを突かれると完全防御の姿勢に入ってしまう人は、面倒くさいと思われてしまうでしょう。 最初に友達を作るときには、怖い気持ちはあっても、自分を解放していかなければいけないのです。 コンプレックスを突かれないように自分を守ろうとしている人は、自分を解放することができないために、友達を作ることができません。 コンプレックスを解消するのは少し難しいかもしれません。 そもそも自分の中で「コンプレックス」を無くすか、「コンプレックスを気にする気持ち」を変えなければいけないからです。 ですが、その2つが難しいとしても、そのコンプレックスを突かれた時に「過剰な反応」を辞めることは何とかできるはず。 いきなり激昂するのではなく、やんわりと「やめてほしい」というようなことを伝えられるようにすれば、人間を遠ざけずにいることができます。 7.ネガティブだったり、否定的な考え方をしている 否定的な考え方をする人も、なかなか友達が出来ません。 ネガティブな人と付き合っていると、嫌な気分になるものです。 常に批判的に物事を見る人は、知人の意見でもすぐに批判します。 これは、友人にするには最悪な条件だと言えるでしょう。 「友達」は「一緒にいて楽しいと思える人」でなければいけません。 何事も否定的に見ていることが良いことではないのです。 「この人には何を相談しても否定されるだろう」と思うと、その人を遠ざけたいと思われるようになってしまいます。 それでは友達はできないでしょう。 自分では「毒舌」だと思っている言葉が、相手の心を傷つけている可能性もあります。 物事を全て否定的に見ている人は、相手を傷つけるような毒舌で、人を遠ざけていることもあるでしょう。 友達を作りたいと思ったら「毒舌」は封印して、相手を楽しませることを考えると良いでしょう。 8.言葉が詰まり会話が続かない 友達になるためには、会話はとても大切な要素です。 人と人は言葉でコミュニケーションを取るものなので、コミュニケーションが取れなければ友達になることはできません。 もちろん長年の付き合いがあるため、多くの会話がなくてもお互い分かり合っている人達はいます。 でもそういった人たちも、最初の頃はたくさんの会話をして、お互いに理解を深めたり、共感することが多かったり、一緒にいて楽しいと思っていたはずです。 言葉が詰まって会話が続かないというのは、極端にシャイな人にはありがちなことです。 この欠点があるために、話すのを怖がってばかりいては、会話力が身に付きません。 治すためには、勇気を持って色々な人と会話をして行くしかないのです。 言葉が詰まってしまっても、表情で語ることを増やすなど、相手とのコミュニケーションが円滑に進むような工夫もできるでしょう。 【会話が続かない原因は、こちらの記事もチェック!】• 9.常に無表情 人と喋っている時に、無表情になっていませんか? 確かに無表情は楽です。 顔の筋肉を使わなくて良いですし、相手から自分の考えていることを悟られずに済むという意味でも、無表情でいることは楽でしょう。 ですが、話している時に常に無表情の人が相手では、会話が楽しくなりません。 「この人は私と話していても楽しくないらしい」「何を考えているか分からないから、話しかけにくい」と思われてしまうのです。 普段からポーカーフェイス気味の人は、知人と話すときに表情をクルクル変えるのは難しいかもしれません。 ですが、だからと言って自分が楽だと思う表情をしていては、「つまらない」と思われてしまいますよ。 「友達」は確かに利益に関係なく付き合うことができる人間のことを言います。 お互いのことを理解し合っているので、無表情な相手でも構わないという人もいるでしょう。 友達になって深く付き合ってしまえば、相手がポーカーフェイスであることも気にならないはずです。 ですが、最初からそうではありません。 最初はやはり「一緒にいて楽しい人間」「一緒にいて自分が気持ち良く話をすることができる人間」と友達になりたいと思うものでしょう。 本当は楽しんでいても、表情で楽しんでいることが伝わらなければ、相手は「つまらないと思われている」と考えてしまうのです。 相手に気持ちが伝わるように、最初だけでも笑顔でいることを心がけましょう。 深く知り合ってお互いを理解し合うことができたな、と思ったら少しずつポーカーフェイスに戻しても良いですが、最初から無表情を保っていては友達はできないのではないでしょうか。 10.不潔な外見 不潔な外見をしている人は、人から敬遠されやすくなってしまいます。 髪にフケがついている、髪やヒゲが伸ばしっぱなしで整えられていない、爪が汚い、服が汚い、靴が汚い、不快な匂いがするなどは最悪です。 男性で言うと、加齢臭がするのは嫌がられるタイプです。 また、男性の場合では、服の裾が黒ずんでいる、髪がワックスの付け過ぎで油っぽい、鼻毛が出ている、などは女性から避けられる原因になります。 同性では気にならないという人もいるかもしれませんが、異性から見ると嫌がれる原因になることもあるのです。 また、女性では、バサバサの髪や伸びすぎた爪、きつい香水、整理していない鞄などが不潔だと思われる原因になるようです。 特に、異性の友達ができないと悩んでいる方は、こうした不潔な外見が原因しているのかもしれません。 同性でも容認できないレベルなのか、異性だからこそ容認できないレベルなのかは人によって異なりますので、思い切って周囲に聞いてみた方が良いかもしれませんね。 生理的嫌悪を感じられやすい 不潔な外見をしている人間は、そもそも生理的な嫌悪感を抱かれやすいものです。 生理的に嫌悪感を感じる人間とは、友人になる前に知人にもなりたくないでしょう。 生理的な嫌悪感とは難しいもので、「相手にも何か事情があるのだから、こんな対応をしてはいけない」と理性では思っていても、無理だという感情の方が先立ってしまうものなのです。 色々な人から避けられており、友人どころか知り合いさえもできないという場合には、相手から不潔だと思われているのではないでしょうか。 自分では気付かなくても、匂いや外見の異常さは、たくさんの人の中に入ると目立ちます。 本当に自分が浮いていないのか、自分の外見におかしなところがないのか、しっかりと鏡を見てチェックした方が良いでしょう。 やっぱり友達は居たほうが良い。 いないと寂しいものです。 ここまでで紹介した内容で、友達がいない原因に心当たりはありましたでしょうか? 友達がいると、煩わしい人間関係に悩ませられることもあります。 それでも友達が欲しいと思っている人は多いです。 その最大の理由は寂しさ。 家族とは違う良さが、友達にはあります。 時に、家族には言えないような悩みも相談することができるのが友達なのです。 でも、まだ友達が本当に必要か分からない人もいるでしょう。 ここからは、具体的にはどのような時に友達がいない寂しさを感じるのかを紹介していきます。 これを見て、「友達を作らなきゃいけない!」という焦りをもっと高めて、明日から早速友達作りに励んでみて下さい。 特に、同じ空間にいる人が、友達と楽しそうにメッセージのやり取りをしているところを見ていると、一通もメールやメッセージが届かない自分が寂しく思えてしまうのではないでしょうか。 顔を合わせれば話はするけれど、メッセージのやり取りが全くないということは、「相手が全く自分のことを気にかけていない」ということです。 目の前にいる人を気にかけるのは当然のことですが、離れているときには大事な人以外は頭にありません。 つまり、メッセージが全く届かないということは、自分のことを気にかけてくれる友達が全くいないということになるのです。 誰からもメールが来ないときには、そんな自分の状況を思い知らされているようで寂しくなるでしょう。 メールが来ても、ただのお知らせ メールが来ても、ただのお知らせメールだったというのは寂しいものです。 メッセージが全く来なくて寂しいと思っている人は、少しでもメッセージの着信があることが分かると浮かれるでしょう。 ですが、それがお知らせメールであることが分かると、ひどくがっかりします。 その落差がさらに辛いのです。 お知らせメールばかりが溜まっていくメールボックスを見ていると、それはそれで疎外感を感じて悲しくなるでしょう。 何かあったときでも、気軽に相談できる相手がいることは大切です。 自分の家族に話すほどではないけれど、何かを話したいということもありますよね。 そんなときに誰もいなくては自分の孤独がひしひしと感じられ、友達がいないことの寂しさを感じてしまいます。 特に、一人暮らしの人では寂しい気持ちが増長されるかもしれませんね。 家に帰れば誰かいるという状況ではなく、家でもどこでも独りぼっちという状況では、友達がいない辛さを身にしみて感じるのではないでしょうか。 悩みなど話を聞いて貰えない 友達がいれば!と思う一番の瞬間は、悩みなどを聞いてもらえないということです。 楽しかったことは、楽しかったこととして誰にも報告せずにいることができるでしょう。 Twitterなどで呟いて発散することもできます。 ですが、悩み相談は、聞いてくれる相手がいなければできません。 相手からアドバイスを欲しいと思っているのに、その相談相手がいなければ意味がないのです。 家族に相談できないようなことでも相談できるのが友達という存在です。 その友達がいなければ、全て自分の中でため込んでしまうこととなるので、寂しさと同時に苦しさを感じるのではないでしょうか。 友達がいなくて寂しいと思う人は、休日にすることがなくて困るのではないでしょうか。 友達がいれば、一緒に遊びに行くことができます。 ですが、友達がいなくては一人で出かけることになってしまいます。 買い物なら一人でも行くことができますが、それでも一緒に話しながらするのと、一人で自分の欲しいものを買うのでは楽しさが違うでしょう。 他にもたくさん行く場所はありますが、海もテーマパークも山も、人と一緒じゃなければ楽しくありません。 結果的に、一人で家にこもることになってしまうのです。 起きて寝るだけでつまらない 休日に一緒に出歩く友達がいない人は、結局、家にいて引きこもる生活になります。 起きて眠るだけになってしまうので、休日が楽しくないのではないでしょうか。 何か仕事や勉強がある平日の方が楽しいかもしれませんね。 起きて寝る間にネットや本を読むだけが楽しみになってしまうので、自分の中に籠る生活を送ってしまうと、平日の生活にも影響があります。 普段、人と話すような生活を送っていないので、友達を作れるようなチャンスがあっても、うまくコミュニケーションを取ることが出来ずに、友達をゲットすることができないのです。 例えば、自分の周りで友人同士が楽しく笑っているときに、自分は一人でご飯を食べている、というような状況では寂しくてたまらないでしょう。 友達とメッセージのやり取りをしようと思っても、その友達もいないのです。 「寂しい」という顔をするのは惨めなので、結局、スマホを弄りながら平気な顔をしている自分が寂しい、という状況は「友達がいない人あるある」なのではないでしょうか。 疎外感・孤独感をひどく感じる 疎外感や孤独感をひどく感じてしまうのが、友達がいないことの寂しさです。 例えば、同じクラス、同じ部署などでも、友人かただのクラスメート、ただの同僚かでは扱い違います。 友人なら、友人同士で遊びに行くこともあるでしょう。 ただのクラスメート、ただの同僚ではその輪に入れてもらうことができません。 同じようなグループに属しているはずなのに、自分は外されているというようなシビアな状況で、友達の大切さを実感することはよくありそうですね。 【孤独感については、こちらの記事もチェック!】• 芸能人も友達がいない人もいるの? 芸能人というと、何となく社交的でコミュニケーション能力が高い人のように思えませんか? また、一般人よりも狭い世界で暮らしているようなイメージがあるため、友達ができやすそうな環境にあるように思えますよね。 テレビの中でキラキラ輝いているように見える人たちには友達が多そうですが、そんな芸能人でも友達がいない人はいるのでしょうか。 あれほど社交的で人と接する職場にいる人でも友達がいないと知ると、少しは気分が励まされそうです。 友達がいない芸能人がどれくらいいるのか見てみることにしましょう。 芸能人でも友達がいない人はいる 美形の人も多いですから、友達付き合いには困らないと思ってしまいますよね。 ですが、想像とは異なり、友人が少ないという芸能人も意外と多いようです。 もちろん、全く友達がいないということではないでしょうが、一般人が想像するよりも地味な交友関係を築いているという人が多いようです。 それはやはり生来の性格的なものもありますし、仕事の忙しさから友人を作る暇がないというようなこともあるようです。 例えば、芸能人で友達がいない女性芸能人には、北川景子さん、中川翔子さん、きゃりーぱみゅぱみゅさん、西野カナさんが挙げられます。 男性では櫻井翔さん、香取慎吾さん、有吉弘行さん、山崎弘也さんなどがいるようですね。 この方たちも、全く友人がいないというわけではないでしょう。 ですが、やはり友人が少なく、どちらかというと狭い交友関係の中で楽しんでいるような印象がありますね。 変わる努力をすれば何歳でも友達は作れる!! 友達がいない人は芸能人にもいるくらいですし、周りを見れば、全員が全員、友人付き合いが上手いというわけではないでしょう。 ですが、意外と周りに話を聞いてみれば「色々悩みを相談できる友達がいる」ということを知って、自分ばかりが独りぼっちだと落ち込んでしまうこともあるはずです。 友達がいない原因には性格的な問題も、行動的な問題もあります。 これらの原因があるからこそ、なかなか友達ができないのです。 ですが、こうした問題を解決すれば、友達を作るのはそう難しいものではありません。 友達を作るのに年齢制限はないのです。 自分を変える努力をして、知人を求めて新しい世界に出て行けば、新しく友達を作ることもできるでしょう。 一人ぼっちで寂しいと思っている方はまず、原因を特定して、それを変える努力をすることにしてくださいね。 【友達を作る方法は、こちらの記事もチェック!】• また、友達がたくさん出来たとしても、それはそれでまた別な悩みも増えます。 「友達」は人生に楽しみを与えてくれるものでもありますが、付き合い方やその時間を考えると、意外と友達が多いのも大変だと感じるようになるのです。 それに、友達と呼べるような人を作ったとしても、悩みを打ち明けられる信頼関係を築くのは話が別ですから、知り合いがいっぱい増えたところで意味がないと考える人もいるでしょう。 そういった「友達が多い事による悩み」については、また別の機会に紹介したいと思います。

次の