絆2 予告 シナリオ。 【バジリスク絆2】実践値と解析値から見る設定2と設定4の違い

バジリスク絆2 天井 スペック 解析まとめ

絆2 予告 シナリオ

相思相殺でチャンスアップ2回からの... ?! 6戦目が、城背景中のBC当選で継続したので、この7戦目は継続確定で良いと思われます! 恋高確のこの場面でうまい具合に 共通ベルを引いてからの... 終わるかも... 一撃さんより。 なハズ!笑 そして、ここで遂に 1500枚を突破します! 争忍の終盤で、朧の演出から強チェリー!なんだか弱そうですが... まだ1700枚ほどしか出てませんし、ここからできるだけ伸ばしていきましょう!! 13連目... ここからは、やはりキャラ紹介になるみたいですね。 まずは弦之介でした。 あ!13連目は、 シナリオ問わず 継続確定!! とのことです! だから、こんな昼背景だとしても心配無用!! ここまでAT伸ばしたら、完走させようと手助けしてくれるみたいですねw そう考えると、12連した時点で結構な確率で完走できてしまいそう... かな? さて、争忍中はレア役全く引けず、ただただゲーム数を消化していき、 4vs1の場面でお胡夷の攻撃...! 終わりが近づいてきます。 せめて、次の争忍で絆高確が点くか点かないかくらいの確認はしたいのですが、 そこまで届きそうに無いですw そして遂に・・・ 「エンディングまで残り 0G」 長いようで短かったバジリスクタイムも、 ここから強制終了の エンディングへと向かいます。 おなじみの悲しいエンディングです。 5号機の絆なら3、4000枚〜くらい出たときに見るものですが 5回くらいしか経験無いですけどね(ーー;) 今作では12連すれば見れてしまうのですね。 えーっと... 笑「脱!趣味打ちブログ」を目指して頑張りますのでよろしくお願いします いつになることやら...

次の

バジリスク絆2【天井 期待値 恩恵 スルー 狙い目 やめどき 朝一リセット】

絆2 予告 シナリオ

こんばんは。 みやです。 本日(2月17日)稼働開始のパチスロ新台【バジリスク絆2】の2濃厚の台を打ってきましたので実践風に書きます。 あくまでも新台初日での自分で感じたことを書きますので、解析が出た後で見返すとそんなわけねーって部分が含まれるかもしれません。 その点はご理解の程よろしくお願いします。 実践 今日は半休を取っていましたので時差開放の店へ。 設定には期待できないお店ですが、なんと抽選負け。 でもすぐに台が空きましたので実践開始です。 データカウンター上は61Gですが、内部的には686Gからスタート! 天井が800Gなので相当おいしい状態ですね。 1回目のBCは天井から 804天井青同色BC これが痛恨のスルー。 嫌なスタートです;; 17G赤異色 9赤異色 29赤異色 20青異色 対戦人数は6VS4 ベル高確点灯 巻物を2回引くも単発終了 141枚獲得 タッチボイス出発の準備じゃ(終了画面で右のサブ液晶タッチでなんかしゃべります。 現時点で解析は出てませんがおそらく次回モードの示唆関係だと思うので集計) 19G赤同色 巻物当選 107青同色 巻物当選 27赤頭同色 超高確当選 57赤同色 巻物当選 205赤同色 超高確当選 BT ここで朧スタート 朧スタートはシナリオ4,7,9,10確定 が、伸びず。 最終ゲームに巻物を引くも終了;;絆あるある。 226枚獲得タッチボイス出発の準備じゃ 153G赤同色 強チェ 85赤同色 巻物 158赤同色 巻物 BT 次回予告がきたり、 高確点灯も伸ばせず 320枚獲得 タッチボイスでは参りましょう 25赤頭異色 巻物 ここで222人撃破!とりあえず設定1はなくなりました。 111枚獲得 タッチボイスでは参りましょう 101青 167赤頭 542赤同色天井;; 絆でも当たってるぞこれ! 197枚獲得 出発の準備じゃ 31G赤異色 巻物 25G赤異色 強チェ 221G青異色 巻物 42G赤異色 巻物 BT 220枚獲得タッチボイス では参りましょう 83G青異色 巻物当選 184G赤異色 巻物当選 175G赤異色 巻物当選 BT 121枚獲得 では参りましょう 1Gヤメ スポンサーリンク ユニメモ デスランプグラフ 感想、打感 この後、少しだけですが設定6濃厚台も打たせてもらったので両方を比較しながら感想を。 ちなみに低設定のイメージは花伝要素が強め、高設定は叛逆のイメージがより強めといった印象。 まだフォローしてない方はお気軽にフォローしてね。 良いところ AT中のシステムはほぼそのまま。 演出の強度、テーブルやモードの概念も前作を打っていた人ならすぐ理解できるシステム。 巻物からのゲーム数前兆による確定パターンなど細かいゲーム性も引き継いでいることを確認。 高確時に対応役を引いたとき、BT中の音楽変化などのいわゆる絆の気持ちいいポイントは健在。 というかそこに全振りしたみたいな台。 高設定域は高確関連が圧倒的に優遇されているように感じる。 だが、リゼロをはじめとする他の6号機のように スランプグラフからでも1発で設定がわかるような印象ではなかったのでユーザーがある程度掘りながら答え合わせ的に設定示唆演出を楽しめる。 (店にとっても回収の機会を与えられる) スランプグラフや他者から設定が推測しにくいが子役確率の差や設定示唆も豊富であり、かつ高確移行に大きな設定差があると感じるため打ち手には設定がある程度伝わる。 判別しやすい。 コイン持ちが良く、初代絆の感覚でコインを入れるとクレジットが溢れるなんてこともしばしば。 良くも悪くも作り、情報開示が丁寧。 初代のように手探りで自分の知識が増えていくような感覚は味わえない。 (初代の絆が流行ったキモはここだと思ってます。 ) 悪いところ 前作はAT中やBC中にナビなしでリプレイORレア役だったのでウエイト中の一瞬の時間が好きだったのだが今作は頻繁にハズレ(ベルこぼし)が来るため楽しめない。 ボタンやリールの感触がまんま叛逆。 なんというか打感が悪い。 絆っぽくない。 天井ATからは1500枚強で終了することがほとんど。 それ以外でも2400枚上限はあるのでストックが目に見えていても、ワイルドアイズが流れていてもエンディングで終了。 6号機なので仕方のないことなのだけれど。 低設定は事故が少なそう。 リーマンが仕事帰りに打つにはハイエナ以外厳しいってのは変わらなそう。 どうせ1ならリゼロとか青鬼みたいなワンチャン台の方が良いって人も多そう。 0Gから打つなら閉店2時間前がリミット。 それ以降は大きく損をする可能性が高いです。 シナリオ後半はなんとなくデキレ感有り。 良シナリオ=継続しているだけ。 という話なのかもしれないが 前作と比較すると自分で継続させてる感がやや薄い。 有利区間の仕様上、朧のモード示唆はほとんど使えないのでは?と現状予想。 となると高設定以外のヤメ時はやはり0Gか、せいぜい1回目の朧BC示唆確認後になる(?) 5号機時代に比べれば設定はわかりやすいが、それでもリゼロ、北斗をはじめとする他の6号機に比べて示唆や確定も出にくい。 =リスクが大きい エピソードBC、7スルーは恩恵有り? ここはまだ解析として出ていない部分ではありますが、自分の台と周りの台の挙動を見ていてこのあたりは恩恵があるのではないか?と感じております。 前作のモードNみたいな? また、BCスルー回数を重ねるほど低設定でも突入率が高くなる。 というのはほぼ確実だと思っています。 高設定の挙動 こちらもまだ解析は出ていませんが、高設定濃厚のデータを見ても有利区間800Gハマり(実質天井)はそれなりの確率で起こるようです。 前作の絆同様、高確とモード、チャンス目が設定差の大きなウエイトを占めているような感覚です。 そこを軸に子役確率、AT中などにも少しずつ設定差が振り分けられているので示唆待ちというよりも前作同様に総合的に判断する台でしょう。 高確状態とモードの関係でBC間ハマりはやはり少ないようです。 サンプルがまだまだ少ないですが全6濃厚のデータを集計したところ、 BTまでの平均BC回数は2. 3回でした。 現状の個人的ハイエナボーダー たぶんもっと浅くから狙えるけど、自分一人では回しきれないほど拾える回数が多かったので現状は状態不問(bc回数不問、前任者の設定判別とモード示唆不明)なら400G~ スルー回数は3回以降としています。 新台期間はかなり設定に甘えられるので2スルーでも十分かも。 他の6号機が優秀な時代ですのであくまで私はこれぐらいで立ち回ってますって話です。 0円から~で良ければもっと浅くて大丈夫かな?(平均設定が高すぎて純粋な下のデータ収集の方がやりにくいなんていう異常事態です。 ) ホールも気合入ってるということなので嬉しい限りではありますが、初代ほどのバブル(長期稼働)は起きなそうな印象です。 果たして設定が落ちてくる今後どうなるのやら。 楽しみです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 応援してくれる人はポチッとしてくれるとさらに頑張れます。 スポンサーリンク suromiya.

次の

【バジリスク絆2】設定6で月下閃滅に通常時から直撃!恩恵やいかに?!

絆2 予告 シナリオ

こんばんは。 みやです。 本日(2月17日)稼働開始のパチスロ新台【バジリスク絆2】の2濃厚の台を打ってきましたので実践風に書きます。 あくまでも新台初日での自分で感じたことを書きますので、解析が出た後で見返すとそんなわけねーって部分が含まれるかもしれません。 その点はご理解の程よろしくお願いします。 実践 今日は半休を取っていましたので時差開放の店へ。 設定には期待できないお店ですが、なんと抽選負け。 でもすぐに台が空きましたので実践開始です。 データカウンター上は61Gですが、内部的には686Gからスタート! 天井が800Gなので相当おいしい状態ですね。 1回目のBCは天井から 804天井青同色BC これが痛恨のスルー。 嫌なスタートです;; 17G赤異色 9赤異色 29赤異色 20青異色 対戦人数は6VS4 ベル高確点灯 巻物を2回引くも単発終了 141枚獲得 タッチボイス出発の準備じゃ(終了画面で右のサブ液晶タッチでなんかしゃべります。 現時点で解析は出てませんがおそらく次回モードの示唆関係だと思うので集計) 19G赤同色 巻物当選 107青同色 巻物当選 27赤頭同色 超高確当選 57赤同色 巻物当選 205赤同色 超高確当選 BT ここで朧スタート 朧スタートはシナリオ4,7,9,10確定 が、伸びず。 最終ゲームに巻物を引くも終了;;絆あるある。 226枚獲得タッチボイス出発の準備じゃ 153G赤同色 強チェ 85赤同色 巻物 158赤同色 巻物 BT 次回予告がきたり、 高確点灯も伸ばせず 320枚獲得 タッチボイスでは参りましょう 25赤頭異色 巻物 ここで222人撃破!とりあえず設定1はなくなりました。 111枚獲得 タッチボイスでは参りましょう 101青 167赤頭 542赤同色天井;; 絆でも当たってるぞこれ! 197枚獲得 出発の準備じゃ 31G赤異色 巻物 25G赤異色 強チェ 221G青異色 巻物 42G赤異色 巻物 BT 220枚獲得タッチボイス では参りましょう 83G青異色 巻物当選 184G赤異色 巻物当選 175G赤異色 巻物当選 BT 121枚獲得 では参りましょう 1Gヤメ スポンサーリンク ユニメモ デスランプグラフ 感想、打感 この後、少しだけですが設定6濃厚台も打たせてもらったので両方を比較しながら感想を。 ちなみに低設定のイメージは花伝要素が強め、高設定は叛逆のイメージがより強めといった印象。 まだフォローしてない方はお気軽にフォローしてね。 良いところ AT中のシステムはほぼそのまま。 演出の強度、テーブルやモードの概念も前作を打っていた人ならすぐ理解できるシステム。 巻物からのゲーム数前兆による確定パターンなど細かいゲーム性も引き継いでいることを確認。 高確時に対応役を引いたとき、BT中の音楽変化などのいわゆる絆の気持ちいいポイントは健在。 というかそこに全振りしたみたいな台。 高設定域は高確関連が圧倒的に優遇されているように感じる。 だが、リゼロをはじめとする他の6号機のように スランプグラフからでも1発で設定がわかるような印象ではなかったのでユーザーがある程度掘りながら答え合わせ的に設定示唆演出を楽しめる。 (店にとっても回収の機会を与えられる) スランプグラフや他者から設定が推測しにくいが子役確率の差や設定示唆も豊富であり、かつ高確移行に大きな設定差があると感じるため打ち手には設定がある程度伝わる。 判別しやすい。 コイン持ちが良く、初代絆の感覚でコインを入れるとクレジットが溢れるなんてこともしばしば。 良くも悪くも作り、情報開示が丁寧。 初代のように手探りで自分の知識が増えていくような感覚は味わえない。 (初代の絆が流行ったキモはここだと思ってます。 ) 悪いところ 前作はAT中やBC中にナビなしでリプレイORレア役だったのでウエイト中の一瞬の時間が好きだったのだが今作は頻繁にハズレ(ベルこぼし)が来るため楽しめない。 ボタンやリールの感触がまんま叛逆。 なんというか打感が悪い。 絆っぽくない。 天井ATからは1500枚強で終了することがほとんど。 それ以外でも2400枚上限はあるのでストックが目に見えていても、ワイルドアイズが流れていてもエンディングで終了。 6号機なので仕方のないことなのだけれど。 低設定は事故が少なそう。 リーマンが仕事帰りに打つにはハイエナ以外厳しいってのは変わらなそう。 どうせ1ならリゼロとか青鬼みたいなワンチャン台の方が良いって人も多そう。 0Gから打つなら閉店2時間前がリミット。 それ以降は大きく損をする可能性が高いです。 シナリオ後半はなんとなくデキレ感有り。 良シナリオ=継続しているだけ。 という話なのかもしれないが 前作と比較すると自分で継続させてる感がやや薄い。 有利区間の仕様上、朧のモード示唆はほとんど使えないのでは?と現状予想。 となると高設定以外のヤメ時はやはり0Gか、せいぜい1回目の朧BC示唆確認後になる(?) 5号機時代に比べれば設定はわかりやすいが、それでもリゼロ、北斗をはじめとする他の6号機に比べて示唆や確定も出にくい。 =リスクが大きい エピソードBC、7スルーは恩恵有り? ここはまだ解析として出ていない部分ではありますが、自分の台と周りの台の挙動を見ていてこのあたりは恩恵があるのではないか?と感じております。 前作のモードNみたいな? また、BCスルー回数を重ねるほど低設定でも突入率が高くなる。 というのはほぼ確実だと思っています。 高設定の挙動 こちらもまだ解析は出ていませんが、高設定濃厚のデータを見ても有利区間800Gハマり(実質天井)はそれなりの確率で起こるようです。 前作の絆同様、高確とモード、チャンス目が設定差の大きなウエイトを占めているような感覚です。 そこを軸に子役確率、AT中などにも少しずつ設定差が振り分けられているので示唆待ちというよりも前作同様に総合的に判断する台でしょう。 高確状態とモードの関係でBC間ハマりはやはり少ないようです。 サンプルがまだまだ少ないですが全6濃厚のデータを集計したところ、 BTまでの平均BC回数は2. 3回でした。 現状の個人的ハイエナボーダー たぶんもっと浅くから狙えるけど、自分一人では回しきれないほど拾える回数が多かったので現状は状態不問(bc回数不問、前任者の設定判別とモード示唆不明)なら400G~ スルー回数は3回以降としています。 新台期間はかなり設定に甘えられるので2スルーでも十分かも。 他の6号機が優秀な時代ですのであくまで私はこれぐらいで立ち回ってますって話です。 0円から~で良ければもっと浅くて大丈夫かな?(平均設定が高すぎて純粋な下のデータ収集の方がやりにくいなんていう異常事態です。 ) ホールも気合入ってるということなので嬉しい限りではありますが、初代ほどのバブル(長期稼働)は起きなそうな印象です。 果たして設定が落ちてくる今後どうなるのやら。 楽しみです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 応援してくれる人はポチッとしてくれるとさらに頑張れます。 スポンサーリンク suromiya.

次の