韓国 ドラマ ジャスティス キャスト。 ジャスティス韓国ドラマのキャスト相関図の詳細公開!画像付きで紹介中!|ドラマーチ!

ジャスティス-検法男女-

韓国 ドラマ ジャスティス キャスト

第一弾の視聴率が非常に高く、作品としても高く評価され第二弾が制作された。 新人検事であるウン・ソルは、とある事件の現場で解剖医のペク・ボクと出会った。 最初のうちはお互い考え方や仕事のやり方の相違がきっかけでよくもめ事を起こしていた。 お互いが「嫌な奴」と考えるほどウン・ソルとペク・ボクの関係は険悪化していた。 しかし、一人では手に負えない難解な事件の真相を明らかにすべく協力して捜索に当たる。 仕事にはどんなに小さな妥協も許さず細かい証拠から事件の真相を確実に解明するスペシャリスト。 あまりの完璧主義者ゆえに周囲との衝突はしばしば見られるが解剖医としての実力と名誉は韓国随一である。 一方、ウン・ソルはミスコリア出身の母と中小企業代表を務める父との間に生まれ裕福な環境下で育つ。 現在はソウルの新人検事として日々邁進している。 そのため、検事としての評判は高く、忙しい日々を送っている。 二人は力を合わせ真相を突き止めた。 平穏な日々が訪れると思っていた。 しかし、新たな事件が発生した。 ペク・ボムとウン・ソルは再びタッグを組み真相解明に向けて全力を尽くす。 気になるあらすじは下記よりお楽しみくださいませ! どうしても、映像でみたいという方はYoutubeなどの無料動画サイトでも視聴できます。 探してみると、日本語字幕のついてるものとついてないもの両方あるのでそこはご注意ください。 一時期より、ずいぶんと視聴率が下がってきたテレビ業界ですが日本でも韓国でも同じみたいですね。 視聴率をとることは現代では中々難しい時代が訪れようとしているのかもしれません。 日本と韓国では、趣向も違ってくると思うのでドラマの視聴率が全てではないですけどね。 最高視聴率は、10,4を記録した大人気韓国ドラマですが日本ではどうなるか気になりますね。 全話32話で放送予定です! 最終回まであらすじを書いていくのでぜひお付き合いいただけたら幸いです! 90年に本名の「チョン・ジヒョン」として映画デビューを果たす。 その後も順当に映画や演劇、ドラマなど手広く活動していき2004年の釜山映画祭で主演男優賞を受賞する。 翌年には映画「トンマッコルへようこそ」に主演しこの映画の観客動員数が年間二位を記録する。 2007年に改名しチョン・ジェヨンとして芸能活動を再開する。 演技力の高さには定評があり数多くの演技賞を受賞している。 人気も非常に高く主演作品は数えきれないほど存在する。 実力と人気を併せ持つ多彩な彼が今作品で圧巻の演技を披露してくれることに期待が集まる。 04年にドラマ「愛情の条件」で女優として芸能界デビューを果たす。 その後は映画、ドラマなどを主軸に経験を積んでいき人気を集めていく。 そして2012年 人気韓国ドラマ「屋根部屋のプリンス」に出演し高い演技力と存在感が評価されSBS演技大賞優秀演技賞を受賞し一気に人気を爆発させる。 その後は大作に立て続けに出演し韓国のトップスターの仲間入りを果たす。 実力と美貌を兼ね添えた彼女がこのドラマで魅せる演技に注目である。 代表作は、「イニョプの道」、「六龍が飛ぶ」、「屋根部屋のプリンス」など。 父親は大企業の代表理事社長である。 ソウル芸術大学演劇科を卒業し、そこで培った演技力を武器に多数の人気韓国ドラマに出演し引っ張りだこの存在となる。 長身に甘いマスクという恵まれたルックスと質の高い演技力を兼ね備えた彼は今年齢的にも一番脂がのっているといってもいいだろう。 韓国のトップスターの一人で女性からの支持も高い彼が見せる演技に注目が集まる。 代表作は、「星から来たあなた」、「トロットの恋人」、「太陽の末裔」など。 演劇をメインに活動しておりシェイクスピアの代表作「ハムレット」の主役を演じたりと舞台における彼は盤石の人気と評価がある。 舞台俳優としての経験を活かし多数のドラマ、映画に出演し圧倒的な演技力を魅せ大衆の人気を集める。 実力派として手広く活動している彼が今作でどのような名演技を披露するか楽しみである。 代表作は、「もう一度ハッピーエンディング」、「お願い、キャプテン」、「逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン」など。 ジャスティスのシーズン1には出演していなかったが、第二弾となる今作から主要人物として登場。 多数のドラマ、映画に出演している人気俳優である。 代表作は、「剣と花」、「マイダス」、「パスタ〜恋が出来るまで〜」など多数。 内容はシリーズ1より緊張感と緊迫感、臨場感が増しています。 まるでハリウッド映画を見ているようでした。 今回の第二シリーズから出演となったノ・ミヌは素晴らしい演技力の持ち主ですね。 チャン・チョルは最初から最後まで魅力たっぷりのキャラクターでした! 内容も充実していて、難解な事件に挑むペク・ボムとウン・ソルのタッグは全話通して見どころですね。 あの二人は本当に息ピッタリで、お互い足りない部分を補い合って前へ進んでいくので(こう表現すると夫婦みたいですね笑)絆を感じます。

次の

ジャスティス 韓国ドラマ(検法男女) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

韓国 ドラマ ジャスティス キャスト

ドラマタイトル ジャスティス~検法男女~ 原題 검범남녀 放送年 2018 最高視聴率 9. 少し天然な新米検事と、気難しいベテラン法医官が、ぶつかり合いながらもさまざまな事件を解決していく、 メディカルサスペンスドラマです。 このドラマにラブ要素は一切なし! ひたすら事件を解き明かしていくという内容ですが、1話1時間オーバーが当たり前の韓国ドラマには珍しく、平均約40~45分でストーリーが展開。 あっという間に見終わってしまい、立て続けに次の回を見てしまうという中毒性も兼ね備えています。 どんな内容なのか、早速ご紹介します。 ペク・ボム役:チョン・ジェヨン 国立科学捜査研究院の法医官で元医者。 さまざまな知識がある腕の良い解剖医だが、仕事に対する厳しさから助手に恐れられている。 恋人を事故で亡くした過去を持つ。 ウン・ソル役:チョン・ユミ 地検に配属されたばかりの新米検事。 情にもろく失敗も多いが、優れた記憶力には仲間も一目を置く。 ボムとは配属初日からトラブルを起こすが、徐々に信頼関係を築いていく。 カン・ヒョン役:パク・ウンソク ソルの法大時代の先輩で、同じ地検の先輩検事。 兄で、医師であったヨンを亡くした。 その原因がボムにあると考え、以来ボムを憎み続けている。 チャ・スホ役:イ・イギョン ソルとともに行動する刑事。 ステラ・ファン役:ステファニー・リー 国立科学捜査研究院毒薬専門の博士。 ト・ジハン役:オ・マンソク ヒョンの後任検事。 『ジャスティス~検法男女~』あらすじ紹介 15話 ヒョンは、ボムの友人だった実兄のヨンの死が、ボムによるものだと疑って止まないまま生きてきていた。 そして、ボムの恋人だったソヒと、お腹の中にいた小さな命までもを奪ったと、ずっとボムを恨んでいた。 ヒョンは、ジョンミンの死もボムの犯行だと決め付け、他の仲間の説得にすら耳を貸さずにいた。 そんな中、ジョンミンの周辺を調べていたスホ。 チャン・テジュという仮釈放中に行方不明となった男のことを知る。 その男は、安楽死に使う薬物を盗み出していたことが判明。 やがてジョンミンの遺体を解剖した別の医師から、ジョンミンが薬物投与により意識を失った結果、頭部打撲を起こし死亡したという鑑定書が届く。 この鑑定結果に、再解剖の必要性を唱えるボムだったが、ジョンミンの遺体は既に火葬されており…。 20話 今まさに保険金が支払われようとする中、デチョルたちの前に現れたソル。 ヨングの死亡原因は、自転車と衝突したことで起こった外因性の急性心筋梗塞であり、加入していた保険の内容から保険金は下りないことを告げると、肩を落とす家族たち。 しかし実は、自分が認知症であると気づいていたヨングは、子供たちに迷惑をかけまいと、自ら相続の手続きをしていた。 家族たちは、知られざる父親の想いに涙を流すのだった。 山中で拘束されたままの女性の遺体が見つかった。 その女性は、身元が分からないように指紋が剥ぎ取られ、体中の血液が全て抜かれてしまっていた。 ヒョンの後任であるト・ジハン検事と、一緒に事件を担当する事になったソル。 やがてこの殺人事件の犯人が、30年前に起きた未解決の連続殺人事件で、現在も逃亡中の犯人と同一人物ではないかという疑いが出てくる。 24話(最終話) マンサンの事件について再度資料を読み直していたものの、マンサンの父親からの圧力で捜査から外されてしまったソル。 ボムは、ハン弁護士の腕についたやけどの跡が気になっていた。 このやけどは死亡前日にコーヒーをかけられたものによることが分かっていたが、検査の結果、コーヒーからある化学毒物が検出される。 この毒物が死因と特定され、ハン弁護士を襲った犯人も逮捕されることに。 マンサンは父親に助けを求めるものの、突き放されてしまい…。 U-NEXTは 31日間無料トライアルを実施しているので、この機会にぜひ韓国ドラマをお楽しみください。

次の

ジャスティス(KBS韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図

韓国 ドラマ ジャスティス キャスト

2020. 復讐のため悪魔のような男と手を組んだ堕落した弁護士イ・テギョン(チェ・ジニョク)と家族のために自身が悪となった男、ソン・ウヨン(ソン・ヒョンジュ)が、女優連続失踪事件をめぐって立ち向かいながら、2人の男の暗い欲望と韓国VVIPのベールに包まれていた真相を暴くソーシャルスリラー 5年前、司法試験の合格発表を控えていたテギョン。 しかしそんな時、弟のテジュが無念の死を遂げる。 加害者達に復讐しようとするテギョンの前にソン会長が現れ、代わりに残虐な復讐を引き受けるので、自分の弁護士になってほしいと提案してくる。 悪魔のようなソン会長との取引をはじめたテギョンは、その時から質の悪い事件を弁護し始める。 そんなある日、元恋人で検事のヨナが現れ、弟の死の真相が徐々に明らかになり…!? 出典: キャスト チェ・ジニョク イ・テギョン役 34歳 弁護士 鋭い論理と賢い達弁で業界トップの勝訴率を有する人物。 ソン・ヒョンジュ ソン・ウヨン役(53歳)中堅建設会社の会長。 復讐のため悪魔のような男 ナナ AFTERSCHOOL ソ・ヨナ役(30歳)ソウル中央地方検察庁刑事3部の検事 イ・テギョンノ元恋人 パク・ソンフン、タク・スホ役(33歳)大企業の副会長 イ・ハクジュ マ・ドンヒョク役(31歳)江南警察署殺人刑事。 イ・ホジェ :ソドンソク役(62歳) -ヨナの父であり、元検事総長。 キム・ジヒョン: 役(45歳) -ソウル中央地検刑事部長検事。 オ・マンソク : 役(50歳) -ソウル中央地検次長検事。 チョ・ダルファン ナム・ウォンギ役(42歳) -イ・テギョンの法律事務所オフィス事務長。 チ・ヘウォン チャン・ヨンミ役(24歳)チャンエンター 新人女優 高校の時から女優を夢見る 役(27歳) — チャンエンター 新人女優 整形、過酷なダイエットで芸能界入り ヤン・ヒョンミン チャン・チス役(39歳) チャンエンターオーナー キム・ミンソク : 役(27歳) -チャンエンタート所属のマネージャー。 イ・テジュ役 テギョンの弟 死亡当時22歳 明るく元気な青年。 ソン・ウヨン会長の息子 28歳 会長が自分の命より大切にしている息子 チャン・インソプ チェ課長役 (34歳) -ソンオヨン会長の腹心であり、忠実な部下。 イ・ソファン: 役(45歳) — ヨナ検査室捜査係長。 ヨナ検査室書記 23歳 シム・ソンヒ メタノール事件の被害者 21歳 シム・ソンヒの兄 25歳 イ・デヨン カン刑事役(59歳)(特別出演) -江南警察署殺人刑事。 ホ・ドンウォン ヤン・チョルギ役(39歳) 前科7犯、ごろつき。 交通事故でテギョンの弟を死亡させた張本人 29歳 ド・フン役 現職国税庁長 55歳 次期国土部長官に数えられる人物。 シン・イルフン役(58歳) 韓国でも影響力の強い報道機関の一新報の社長 検察総長(58歳)ヨナが勤務しているソウル地検の検事総長にヨナの父である同席とは懇意同期の間であり、敵対関係。 9%のスター弁護士に!明かされる事件の真実に迫るソーシャルスリラー! 犯罪スリラードラマが好きな方は楽しめる作品になるのではないでしょうか。 このドラマの原作はウェブ小説。 小説をドラマ化した作品は、登場する人物の心理的な変化などの描き方から、ストーリーの構成面では興味深い展開が描かれることが多いです。 このドラマも緊張感あるハラハラする展開と、逆転が続く展開が続きます。 主人公を演じるチェ・ジニョク、ソン・ヒョンジュとナナの熱演と、何度か訪れるクライマックスまで、登場する俳優や女優の演技がとても上手で、ドラマのスタートから最終話まで息をのむ展開。 ドラマの最も大きな流れとなる事件は、無名の若手女優たちの失踪。 女優が殺害された過去の殺人事件と失踪した女優の事件に関連性があることを確信し、真実を追求する真っすぐな検事役をナナが演じています。 正義とは程遠い弁護士イ・テギョン(チェ・ジニョク)が、隠された事件の真実に近づく過程や彼の心理の変化などが面白く、正義のために葛藤する姿が個人的には最も印象深いドラマでした。 善か悪かを明確に区分するドラマとは少し近い、「正義(ジャスティス)」の意味を考える内容となっています。 第1話から予想外の展開が続き面白いと思いましたが、正直、最終話を観終わった後の感想は、ちょっと後味の悪いドラマ。。。 これまで権力やお金持ちが悪の象徴として描き、法律を悪用するドラマは多く描かれてきましたが、このドラマはどこかスッキリしない。 エンディングも予想とは違い、良心を捨て間違った選択をした主人公やソン・ヒョンジュが演じるソン・ウヨン会長の最後・・・、原題のジャスティスの意味が何かを考えてしまいました。 女性たちの失踪、サイコパスな財閥2世、政財界のコネクションなどの刺激的な要素が多く、各話展開ははやく、オチも逆転もすべて揃っています。 一度観始めたドラマは必ず最後までみるべきだと信じ、ドラマは必ず最終話まで観るようにしていますが、正直、珍しく最後まで観たのを後悔したドラマでした。 面白いか面白くないかを質問されると、面白いと答えるしかないドラマ。。。 お金持ちや権力を持つ特定のクラスを悪の象徴にする多くのドラマを観てきましたが、第15話頃からは気持ちが重くなる。 緊張感ばかりを刺激し過ぎた気がしました。 でも、ドラマの完成度や出演する俳優や女優の演技力、演出などなど、詳細な部分まで配慮した作品でした。 「キルイット(Kill It)」で主演を演じたナナが演じる検事の姿は素敵なので、ナナが気になる方にはお薦めします。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の