朝ごはん ワンプレート。 朝ごはんに #和ンプレート!明日からお手本にしたい和食盛り付けテクニックまとめ

子どものためのおいしいワンプレート朝ごはんやメニュー|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

朝ごはん ワンプレート

INDEX• 1枚のお皿+主食+おかずで完成! ワンプレート朝ごはん 出かける準備や家族のお見送り、お弁当の準備や掃除など、平日の朝はとにかく慌ただしい! 本当は毎朝、ゆっくり朝ごはんが食べられたら素敵だけど……。 朝ごはんは一日のパワーチャージの時間。 せめて平日忙しいぶん土日は少しゆっくりして、ワンプレート朝ごはんで心地よく一日を始めてみませんか? 用意するのは1枚のお皿だけ。 1枚のお皿の上に主食とおかずを盛るだけなので簡単なうえ、洗いものも少なくてすみます。 そんなワンプレート朝ごはんの例をご紹介しましょう! 【1】パンのワンプレート まずはパンのワンプレートから。 かりっかりに焼いたシンプルなトーストや、ふわっふわの口当たりがおいしいフレンチトーストなどをメインに。 『トースト+ベビーリーフとラディッシュのサラダ+スクランブルエッグ』 カリッと焼けたトーストに、ふわふわのスクランブルエッグ。 朝ごはんの定番プレートです。 野菜やフルーツを切って添えるだけでも、カラフルなひと皿に仕上がります。 お手軽なのに見た目バッチリなのは、ずばり彩りが決め手です。 『フレンチトースト+ベイクドトマト+ゆでブロッコリー』 フレンチトーストは、バゲットを使うと卵液がしみやすくておすすめ。 4等分に切り、オリーブ油でとろりと焼いたベイクドトマト、歯ごたえのよいゆでブロッコリーを添えます。 トマトは生のものを添えるより、焼いたものを添えるだけで見た目も満足度もぐっとアップ。 時間がある朝にはぜひ試したいひと手間です。 ブロッコリーは耐熱ボウルに入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで2分加熱するだけ。 真っ白な白米のおむすびに、ちりめん山椒を混ぜてみるとそれだけで朝から少しぜいたくな気分に。 さっぱりした浅漬けと、ご飯がすすむきんぴらを合わせて。 『ごま油おにぎり+大根のキムチあえ+わかめとねぎのスープ』 ごま油を混ぜ合わせたご飯をにぎって、韓国のりで包んだ韓国風のおにぎり。 ごま油の風味と韓国のりの塩気がくせになるおいしさです。 あえものにもキムチを使って韓国風の朝ごはんに。 シンプルなスープを添えて。 【3】卵のワンプレート 定番のオムレツ、スクランブルエッグはもちろん、とろとろ半熟のポーチドエッグなど、朝にぴったりの卵レシピもワンプレートで。 元気を感じる黄色いカラーが、食べる人の背中を押してくれそう! 『オムレツ+エンダイブとスプラウトのサラダ』 オムレツは半熟状になったら手早く折りたたみ、ふんわり仕上げましょう。 緑のサラダをたっぷり添えて。 エンダイブは手でちぎり、スプラウトとプチトマトとともに器に盛りつけたらピスタチオオイルをかけて、塩、こしょうをふるだけ。 プチトマトの赤みが食欲をそそります。 『ポーチドエッグ+アスパラガスのベーコン巻き+ベビーリーフとフルーツ+バゲット』 人気のアスパラベーコンを朝食プレートにアレンジ! ポーチドエッグをくずしてからめながらいただきます。 サラダは薄切りにしたいちごとぶどうをベビーリーフと一緒に盛り合わせて。 『ゆで卵とトーストのサラダ』 ワンプレートかつ、ワンディッシュにしたアイデア。 かたゆでの卵とかりかりに焼いたパンでボリューム満点。 食パンは16等分に小さくカットし、オーブントースターでしっかりと焼き色がつくまで焼きます。 野菜がたっぷり取れて、おなかもいっぱいに。 【4】スープのワンプレート 素材の味が溶け出した具だくさんのスープや、野菜のうまみがいっぱいのポタージュなど、温かいスープにパンやご飯を添えたプレート。 朝からほっこりと幸せな気持ちにしてくれます。 『トマトと卵のスープ+クロワッサン』 フレッシュなトマトをにんにくで炒めてから煮つめ、最後にふんわりと溶き卵を加えたスープ。 クロワッサンを添えて、休日のぜいたくな朝ごはんタイムを。 『野菜と豆のスープ+チーズバゲット』 おなかもいっぱいになる具だくさんのスープ。 バゲットに粉チーズをたっぷりのせてオーブントースターで焼き色がつくまで2~3分焼いたチーズバゲットが好相性。 【5】サラダのワンプレート オーブンで野菜の甘みをじっくりと引き出したグリルサラダに、食卓で大胆に味つけする手軽なトスサラダなど、彩りも豊かで朝が楽しみになるプレート。 一口にサラダといっても、こんなにバリエーションがつけられるんです! 『グリルサラダプレート』 スキレットまたはフライパンを使って作るシンプルな野菜のグリル。 香ばしい焼き色とじっくり引き出された甘味が最大の調味料に。 仕上げにスキレットの真ん中をあけ、温泉卵をのせて完成。 卵をからめながらいただきましょう。 『ボウルごとシーフードトスサラダ』 サラダをあえることを『トスする』といいます。 食卓に調味料を置き、直接サラダにかけてボウルのままでいただくので、洗いものが少なくてすむのも嬉しい! ボウルの中に材料(具材はブロッコリー、むきえび、紫玉ねぎ、スモークサーモン、サニーレタス、カッテージチーズ、無糖のコーンフレーク)を入れて食卓に出し、好みの調味料を加えて混ぜれば完成。 サラダだけでは少しもの足りないという人は、バゲットなど好みのパンに切り込みを入れ、間にサラダを挟んでどうぞ。 いかがでしたか? 毎日の習慣として始めるなら、まずはお気に入りのお皿を1枚手に入れて、盛りつける朝ごはんを変えていく……というのも、面白いかもしれませんね! (出典: ) (ヨシザワ).

次の

始めよう、ワンプレート朝食

朝ごはん ワンプレート

和食or洋食…彼氏が喜ぶ朝ごはんは? 彼氏に作る朝ごはんのレシピを考える時に、まず迷うのが和食か洋食ですよね。 朝ごはんが和食派か洋食派かはその男性によって分かれます。 子供の頃から家でどんな朝ごはん食べてきたかによって、好きな朝ごはんがそれぞれ違ってくるからです。 彼氏に朝ごはんを作る時は、事前にどんな朝ごはんが好きかを確認してみましょう。 和食と洋食のどちらが好きか、ボリューム感が欲しいか、それともあっさりしたものが良いかを確認してみてくださいね。 また、その時の彼氏の体調に合わせたレシピを考えることも大切です。 彼氏が二日酔いなどで胃が疲れている時は、胃に優しい朝ごはんレシピを作るようにしましょう。 和食の朝ごはんレシピに欠かせないのが「出汁」です。 味噌汁でも煮物でも出汁が必要になります。 顆粒の出汁を使えば簡単ですが、顆粒の出汁を好まない男性が結構います。 ですが朝の眠い時に、いちいち出汁をとるのも大変ですよね。 そこで最初に、前の日の夜に簡単に作れる「お手軽出汁」を紹介します。 これさえ覚えれば色々な料理に使えますよ。 まず1リットルのペットボトルに入っているミネラルウォーターを用意して、コップに一杯分くらい注いでおきます。 水の入っているペットボトルに細く切った昆布を入れます。 昆布の分量は8~10グラムくらいです。 昆布:水が、1:10になる分量ですね。 そのペットボトルを冷蔵庫の中で一晩寝かせれば、お手軽出汁の完成です。 同棲をしている場合は、ペットボトルではなく、麦茶用のガラスのボトルを使うと便利ですよ。 朝ごはんに嬉しい味噌汁のレシピを2つ紹介します。 ひとつめは「小松菜の味噌汁」です。 鉄分やカルシウムを豊富に含んでいる小松菜は栄養満点です。 栄養たっぷりの緑黄色野菜の中ではクセがなく食べやすいので、野菜の苦手な彼氏にもおすすめですよ。 見た目のきれいな緑で、朝から彼氏も元気が出ますね。 小松菜に軽く火が通ったら、弱火にして味噌を溶かして完成です。 小松菜の他にお好みで、豆腐やきのこを入れても美味しいですよ。 それらの具材を使う時もお鍋に入れるのは、小松菜と同じタイミングで大丈夫です。 大根は消化酵素が含まれているので、胃にとても優しい野菜です。 お酒を飲んだ次の日などで、胃が疲れている彼氏におすすめのレシピですよ。 油揚げは大根と相性が良いので、一緒に使うのがおすすめですが、彼氏が二日酔いで気分が悪い時は大根だけでも大丈夫です。 大根は葉っぱ付きのものを使ってください。 大根を食べやすく細切りにします。 葉っぱの部分は細かく切っておきましょう。 油揚げは熱湯をかけて油抜きをした後、食べやすい大きさに切っておきます。 アクを取った後、油揚げと大根の葉を入れて火が通ったら完成です。 大根の葉はミネラルやビタミンを豊富に含んでいるので、一緒に入れることで栄養も摂れるうえに、見た目も映えますよ。 家に玉子焼き用のフライパンが無いことを考えて、今回は普通のフライパンで作る玉子焼きを紹介しますよ。 両サイドを折り畳み、縦長の長方形にしたら、奥側から手前にくるくる巻いて、巻き終わったら奥側に移動させます。 まな板の上にラップを広げて、その上に焼きあがった玉子焼きをのせます。 ラップで玉子焼きの全体を包み、ラップの上から形がきれになるように手で整えたら完成です。 最後にラップを使って形を整えることで、玉子焼き用のフライパンで作ったようなきれいな玉子焼きに仕上がりますよ。 出汁が無い場合は、代わりに水を入れて醤油をほんの少し加えてくださいね。 なかでも白いご飯に合う「焼き鮭」は、和食朝ごはんのメインディッシュですね。 今回は、フライパンで美味しく塩鮭を焼く方法を紹介します。 フライパンで魚を焼く時に便利なのが、魚焼き用のシートです。 フライパンに魚焼き用シートをひき、その上に塩鮭を盛り付ける面を下にしてのせて、中火で焼きます。 3分たったら塩鮭を返して、日本酒を小さじ1杯ふりかけます。 ブライイパンにふたをして5分蒸し焼きにします。 5分たったらふたを取り、塩鮭をまた返して軽く水分を飛ばしたら完成です。 魚焼き用のシートを使えば、フライパンでも焦げ付かずに美味しい焼き魚を作ることができますよ。 最近ではコンビニでも売っているので、チェックしてみてください。 フライパンのふたが無い場合は、魚焼き用シートを上からかぶせれば代用できますよ。 そんな時におすすめなのが「野菜たっぷりスープ」です。 野菜スープならお腹が冷えることがないので、体に優しく野菜をとることができますよ。 基本的な材料は、玉ねぎを含めたお好みの野菜とコンソメキューブと水だけです。 オリーブ油をひいたお鍋に野菜を入れて塩を少々振ってから、軽く火が通るまで炒めます。 水を500~600cc加えて煮立ったら、コンソメキューブ1個を入れて、弱火で野菜が柔らかくなるまで煮たら塩胡椒で味を整えて完成です。 ベーコンやウインナーを入れるとボリューム感が出ますよ。 仕上げに粉チーズを振りかけるのもアクセントになって美味しいです。 ボリューム感のあるクロックムッシュなら、お腹を減らした彼氏にもおすすめです。 今回はホワイトソースではなく、マヨネーズを使った「簡単クロックムッシュ」のレシピを紹介します。 まずボウルに卵1個と牛乳大さじ2杯を入れて混ぜておきます。 食パンを2枚用意して、それぞれにマヨネーズを塗っておきます。 片方の食パンの上に、とろけるチーズを1枚とハムかベーコンをのせて、もう片方のパンではさみます。 パンをボウルの卵液にサッと浸してから、オリーブ油をひいたフライパンの上で弱火から中火でじっくり焼き色がつくまで焼いて完成です。 マヨネーズを使うことで、ホワイトソースを使わなくても味にボリューム感が出ますよ。 簡単に作れる「フレンチトースト」のレシピを紹介します。 バットや深皿に卵1個と牛乳100ccと砂糖大さじ1杯を入れてよく混ぜます。 そこにお好みのサイズにカットした食パンを入れて浸します。 フライパンにバターを溶かして、弱火でじっくりとパンの両面を焼いたら完成です。 バターは焦げやすく、火を強くするとパンに火が通らないうちに焦げてしまうので弱火で焼きましょう。 食パンを浸す時間は好みの食感で調節します。 固めが好きなら10分くらい、柔らかいのが良ければ1時間くらい浸しましょう。 今回はピザソースをケチャップで代用した「お手軽ピザトースト」のレシピを紹介します。 ケチャップ大さじ1杯にオリーブ油を数滴たらして、塩胡椒を少々加えて混ぜたものをピザソースとして使います。 お好みでチリパウダーを使えばスパイシーになりますよ。 食パンにピザソースを塗ってから、お好みの具材をのせていきます。 おすすめの具はピーマンと玉ねぎとベーコンです。 具材をのせたらピザ用チーズをたっぷりのせて、アルミホイルを上からかぶせてオーブントースターで焼きます。 チーズが溶けてきたらアルミホイルを外して、こんがり焼き色がつくまで焼きましょう。 コンビニでお馴染みのサラダチキンは高たんぱく低脂肪なので、ダイエット中にもおすすめですよ。 マヨネーズにオリーブ油を数滴たらして、マスタードを少し加えて混ぜておきましょう。 このマヨネーズソースを食パン2枚に薄く塗ります。 片方の食パンにレタスか胡瓜をのせて、その上に食べやすい大きさに切ったサラダチキンをのせます。 サラダチキンの上にもレタスか胡瓜をのせて、もう1枚の食パンでサンドしたら半分に切って完成です。 マヨネーズソースには、マスタードの代わりに柚子胡椒を入れても美味しいですよ。 今回は、ナンプラーなしで作るガパオライスのレシピを紹介します。 ひき肉を炒める時に使う調味料はあらかじめ混ぜておきましょう。 醤油大さじ1杯とオイスターソース小さじ1杯に砂糖少々を加えて混ぜます。 玉ねぎとパプリカは食べやすい大きさに切り、ニンニク1片をみじん切りにします。 フライパンに胡麻油とニンニクを入れて、ニンニクの香りを出します。 ひき肉を入れて色が変わってきたら、玉ねぎとパプリカを加えて炒めましょう。 全体に火が通ったら、調味料加えて炒めながら馴染ませたらガパオの完成です。 ご飯の上にのせて、目玉焼きを添えて食べてくださいね。 ひき肉の分量は一人分で100グラムくらいです。 調味料は味を見ながら少しずつ加えましょう。 今回は電子レンジを使った「簡単エッグベネディクト」のレシピを紹介します。 まずエッグベネディクトに欠かせないオランデーズソースを作ります。 ボウルに卵黄1つとマヨネーズ大さじ1杯を入れて混ぜます。 そこに溶かしバター20グラムを少しずつ入れて分離しないように混ぜて、レモン汁を少々加えたらオランデーズソースの完成ですよ。 マグカップに生卵を割り入れて、卵が隠れるくらいの水を加えます。 電子レンジで50秒温めて火の通りが足りないなら、10秒ずつ追加して様子を見ながらポーチドエッグを作りましょう。 トーストしたイングリッシュマフィンに焼いたベーコンをのせて、ポーチドエッグをそっとのせてからオランデーズソースをかけて完成です。 ここでは「彼氏が憧れる朝ごはんのシチュエーション」を紹介します。 タイミングよく出来上がる• いい匂いで目覚める• その日の体調にピッタリのレシピ それでは「彼氏が憧れる朝ごはんのシチュエーション」について、ひとつずつお話ししていきます。 朝ごはんが完成するのが遅くても、早すぎてもダメです。 彼氏が食卓についた時に、ちょうど温かい朝ごはんが出てくるのが理想です。 スープなどの汁物は完成したら保温にしておき、焼くものは彼氏が食卓につく時間を計算しながら火を入れるのが良いですね。 慣れないうちは、朝ごはんの時間をあらかじめ決めておくのがおすすめですよ。 嗅覚は気持ちに大きく繋がっているので、いい匂いで目覚めることができれば、一日を気分良く始められますよ。 彼氏が起きる時間の少し前から、いい匂いが立つように料理をしておけば、いい匂いが目覚まし代わりになりますね。 スッキリ起きられるように、コーヒーの匂いを立たせるのもおすすめですよ。 とはいえ、彼氏が起きる前に朝ごはんの準備を始めるのなら、彼氏がどんな体調なのかは分かりませんよね。 朝ごはんのレシピを考える時は、前日の夜の状況を考慮しましょう。 前日が飲み会の場合はあっさりしたレシピを作り、夕食をあまり食べていないのならガッツリレシピを作るようにしましょう。

次の

始めよう、ワンプレート朝食

朝ごはん ワンプレート

INDEX• 1枚のお皿+主食+おかずで完成! ワンプレート朝ごはん 出かける準備や家族のお見送り、お弁当の準備や掃除など、平日の朝はとにかく慌ただしい! 本当は毎朝、ゆっくり朝ごはんが食べられたら素敵だけど……。 朝ごはんは一日のパワーチャージの時間。 せめて平日忙しいぶん土日は少しゆっくりして、ワンプレート朝ごはんで心地よく一日を始めてみませんか? 用意するのは1枚のお皿だけ。 1枚のお皿の上に主食とおかずを盛るだけなので簡単なうえ、洗いものも少なくてすみます。 そんなワンプレート朝ごはんの例をご紹介しましょう! 【1】パンのワンプレート まずはパンのワンプレートから。 かりっかりに焼いたシンプルなトーストや、ふわっふわの口当たりがおいしいフレンチトーストなどをメインに。 『トースト+ベビーリーフとラディッシュのサラダ+スクランブルエッグ』 カリッと焼けたトーストに、ふわふわのスクランブルエッグ。 朝ごはんの定番プレートです。 野菜やフルーツを切って添えるだけでも、カラフルなひと皿に仕上がります。 お手軽なのに見た目バッチリなのは、ずばり彩りが決め手です。 『フレンチトースト+ベイクドトマト+ゆでブロッコリー』 フレンチトーストは、バゲットを使うと卵液がしみやすくておすすめ。 4等分に切り、オリーブ油でとろりと焼いたベイクドトマト、歯ごたえのよいゆでブロッコリーを添えます。 トマトは生のものを添えるより、焼いたものを添えるだけで見た目も満足度もぐっとアップ。 時間がある朝にはぜひ試したいひと手間です。 ブロッコリーは耐熱ボウルに入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで2分加熱するだけ。 真っ白な白米のおむすびに、ちりめん山椒を混ぜてみるとそれだけで朝から少しぜいたくな気分に。 さっぱりした浅漬けと、ご飯がすすむきんぴらを合わせて。 『ごま油おにぎり+大根のキムチあえ+わかめとねぎのスープ』 ごま油を混ぜ合わせたご飯をにぎって、韓国のりで包んだ韓国風のおにぎり。 ごま油の風味と韓国のりの塩気がくせになるおいしさです。 あえものにもキムチを使って韓国風の朝ごはんに。 シンプルなスープを添えて。 【3】卵のワンプレート 定番のオムレツ、スクランブルエッグはもちろん、とろとろ半熟のポーチドエッグなど、朝にぴったりの卵レシピもワンプレートで。 元気を感じる黄色いカラーが、食べる人の背中を押してくれそう! 『オムレツ+エンダイブとスプラウトのサラダ』 オムレツは半熟状になったら手早く折りたたみ、ふんわり仕上げましょう。 緑のサラダをたっぷり添えて。 エンダイブは手でちぎり、スプラウトとプチトマトとともに器に盛りつけたらピスタチオオイルをかけて、塩、こしょうをふるだけ。 プチトマトの赤みが食欲をそそります。 『ポーチドエッグ+アスパラガスのベーコン巻き+ベビーリーフとフルーツ+バゲット』 人気のアスパラベーコンを朝食プレートにアレンジ! ポーチドエッグをくずしてからめながらいただきます。 サラダは薄切りにしたいちごとぶどうをベビーリーフと一緒に盛り合わせて。 『ゆで卵とトーストのサラダ』 ワンプレートかつ、ワンディッシュにしたアイデア。 かたゆでの卵とかりかりに焼いたパンでボリューム満点。 食パンは16等分に小さくカットし、オーブントースターでしっかりと焼き色がつくまで焼きます。 野菜がたっぷり取れて、おなかもいっぱいに。 【4】スープのワンプレート 素材の味が溶け出した具だくさんのスープや、野菜のうまみがいっぱいのポタージュなど、温かいスープにパンやご飯を添えたプレート。 朝からほっこりと幸せな気持ちにしてくれます。 『トマトと卵のスープ+クロワッサン』 フレッシュなトマトをにんにくで炒めてから煮つめ、最後にふんわりと溶き卵を加えたスープ。 クロワッサンを添えて、休日のぜいたくな朝ごはんタイムを。 『野菜と豆のスープ+チーズバゲット』 おなかもいっぱいになる具だくさんのスープ。 バゲットに粉チーズをたっぷりのせてオーブントースターで焼き色がつくまで2~3分焼いたチーズバゲットが好相性。 【5】サラダのワンプレート オーブンで野菜の甘みをじっくりと引き出したグリルサラダに、食卓で大胆に味つけする手軽なトスサラダなど、彩りも豊かで朝が楽しみになるプレート。 一口にサラダといっても、こんなにバリエーションがつけられるんです! 『グリルサラダプレート』 スキレットまたはフライパンを使って作るシンプルな野菜のグリル。 香ばしい焼き色とじっくり引き出された甘味が最大の調味料に。 仕上げにスキレットの真ん中をあけ、温泉卵をのせて完成。 卵をからめながらいただきましょう。 『ボウルごとシーフードトスサラダ』 サラダをあえることを『トスする』といいます。 食卓に調味料を置き、直接サラダにかけてボウルのままでいただくので、洗いものが少なくてすむのも嬉しい! ボウルの中に材料(具材はブロッコリー、むきえび、紫玉ねぎ、スモークサーモン、サニーレタス、カッテージチーズ、無糖のコーンフレーク)を入れて食卓に出し、好みの調味料を加えて混ぜれば完成。 サラダだけでは少しもの足りないという人は、バゲットなど好みのパンに切り込みを入れ、間にサラダを挟んでどうぞ。 いかがでしたか? 毎日の習慣として始めるなら、まずはお気に入りのお皿を1枚手に入れて、盛りつける朝ごはんを変えていく……というのも、面白いかもしれませんね! (出典: ) (ヨシザワ).

次の