クレジットカード おすすめ au。 au WALLETへのチャージはクレジットカードがお得

au PAY(エーユーペイ)のお得な使い方!便利なスマホ決済を徹底解説

クレジットカード おすすめ au

au PAY(エーユーペイ)カードの魅力• 年会費無料、家族カードもETCカードも実質無料• 申し込み後最短2分で審査が終わる即時利用サービス• 基本還元率1. 0%の高還元でauPAYではPontaポイント二重取り可能• ポイントアップ店やau PAY マーケットなどポイントがお得に貯まるお店も豊富• 利用料金や機種代等への充当などauで得するポイントの使い道が充実• 最高2,000万円の海外旅行傷害保険やお買い物保険などが付帯 au PAYカードは、auユーザーにはもちろん、そうでない方にもイチ押しのカードです。 何と言っても貯まるポイントがPontaポイントに変更されて使い勝手がよくなったうえに、高還元なのです。 人気のこのカードの詳細を読んで、ぜひうまく使いこなしてくださいね。 au PAYカードはauサービスを利用していない方でも申し込み可能となり、誰でも使えるようになりました。 還元率が高く、普通に使っているだけで効率よくポイントが貯まってくれるお得なクレジットカードとしておすすめです。 au契約不要 誰でも年会費無料で利用可能 クレジットカードを選ぶときに年会費を重要視する方も少なくないでしょう。 au PAYカードは、そんな方にもうれしい年会費無料です。 また、2020年5月よりau WALLETクレジットカードから名称変更したのに伴い、auサービスユーザーのみという条件もなくなり、どなたでも年会費無料で利用可能なカードとなっています。 ただし、auユーザーではない方は、条件を満たさないと2年目以降から年会費が発生するので注意が必要です。 au 携帯電話 スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fi ルーターなど• auひかり• auひかり ちゅら• UQ mobile UQ mobileユーザーも永年無料の対象となっているのも、うれしいですね。 これらのうちひとつも契約がない場合、かつ年に1回もau PAYカードを利用しなかった場合は、2年目以降1,250円(税別)が発生してしまいます。 とはいえ、au契約がなくても年に1回でもカードを使えば無料ですから、実質年会費無料カードと言って良いでしょう。 また、auサービスのユーザーでも、解約すると年会費が発生してしまうのでご注意ください。 どなたでも年会費無料で利用可能です。 ただし、本会員がau携帯電話かUQ mobileの契約者である必要があります。 本会員がauひかり、auひかり ちゅらのみの契約では、家族カードが申し込めません。 しかも、家族カードでもETCカードでも、本人カードと同様にポイントが貯まります。 利用対象となる家族や、高速道路を使う機会がある方は、ぜひ合わせて発行しておきましょう。 申し込みから最短2分で審査が終わり、すぐにカード決済ができるようになるのです。 カード自体の受け取りには2週間ほどかかりますが、公式サイトから即時利用サービスに申し込めば、カードが手元に届く前もカード決済が可能です。 項目 内容 利用条件 ・受付時間8:30~21:30 ・20歳以上の方 ・インターネットで支払い口座の登録が完了できる方 支払い方法 1回払いのみ 利用可能枠 3万円 利用できる支払方法 ・auかんたん決済 のau PAYカード支払い ・Apple Pay 有効期限 即時利用サービスの審査完了日の翌月末日まで 1回払いのみ、最大3万円まで等の制限がありますが、急いでクレジットカード決済がしたい方には大変便利なサービスです。 au PAYカードは、18歳以上で本人か配偶者に安定収入があることが申し込み条件です。 でも、学生さんなら定期収入がなくても申し込めますよ。 即時利用サービスもありますから、初めてのクレジットカードを急いで作りたい方にもオススメです。 au PAYカードで貯まるPontaポイントは使いやすさが抜群 au PAYカードのメリットはいろいろありますが、やはり一番はポイントの貯まり具合です。 従来はカード利用でau WALLETポイントが付与されましたが、2020年5月21日よりPontaポイントに変更となりました。 それにより、貯められる場所や使えるところが広がり、さらに使いやすくなりました。 そんなau PAYカードの非常にお得なポイントサービスについて、じっくりご紹介します。 どこでも1. 0%の高還元、Ponta提携社では二重取りが可能 au PAYカードでは、利用額200円(税込)につき2ポイントが貯まります。 毎日のお買い物や光熱費の引き落とし等どんな支払いでも、還元率にして1. 0%のPontaポイントが獲得できます。 それだけでもすでに高還元と言えますが、Pontaポイントに統合されたことにより、Ponta提携社でカードを提示するだけでもPontaポイントが貯まります。 付与率は提携社によって異なりますが、1. 0%~2. 0%というところが多いです。 Ponta提携社はローソンやケンタッキーフライドチキンなどの実店舗だけでなく、じゃらんネットやポンパレモールなどオンラインサービスも豊富ですから、どんなシーンでもポイントが貯めやすいですよ。 ただし、Ponta提携社でポイントを貯めるには、au IDとPonta会員IDの連携が必要ですのでお忘れなく。 セブンイレブンやマツキヨなどポイントアップ店で1. 5%以上 ポイントアップ店で利用すれば、200円につき3ポイント以上が貯まります。 ポイントアップ店の一部をご紹介します。 ポイントアップ店 還元率 ・セブンイレブン ・イトーヨーカドー ・ヨークマート ・ジョーシングループ ・ノジマ ・出光 等 200円(税込)ごとに3ポイント ・カブセンター ・ベニーマート ・マツモトキヨシ ・ファミリーレストラン ココス ・かっぱ寿司 ・梅の花グループ ・モンテローザグループ(魚民・山内農場 等) ・北の味紀行と地酒 北海道 ・BIG ECHO ・TOHO シネマズ ・紀伊國屋書店 ・文真堂書店 ・自遊空間 ・ドミノ・ピザ ・ユザワヤ 等 200円(税込)ごとに4ポイント スターバックスカード 200円(税込)ごとに5ポイント ご覧のように、コンビニやスーパーでの日々のお買い物、グルメやレジャーなど、いろいろなジャンルのお店で1. 5%~2. 5%ものポイントを獲得できます。 普段使いでかなり得できるクレジットカードです。 使うほどお得になるポイントプログラムステージ制 auのポイントプログラムにはステージ制が導入されており、ステージが上がれば上がるほどPontaポイントが貯まりやすくなっています。 au PAYカードの利用状況もステージアップのためのスコアに加算されますので、カードをたくさん使えばよりお得にポイントが貯められます。 各ステージに必要なスコア数とステージ特典は、このようになっています。 auユーザーに有利な内容ではありますが、それ以外の方にとってもじゅうぶんお得なプログラムとなっています。 au PAY マーケット(旧au Wowma! )で最大で15%還元 先にも触れたau PAY マーケットは、au Wowma! から名称変更されたKDDI運営の総合通販サイトです。 ポイントプログラムのステージによって、最大5%のPontaポイントがもらえるほか、下記のような様々な特典を含めると最大15%還元となります。 auユーザーなら、上記の15%還元と、au PAY マーケット購入料金の10%相当をau料金から割引する特典のいずれかを選ぶことができます。 後者を選んだ場合も、au PAYカードの基本還元+お店からの還元=2%のPontaポイントも同時に獲得できますよ。 au PAY マーケットでは期間限定の割引セールなど、ポイント以外でもお得なお買い物ができますので、是非ご利用くださいね。 au PAYチャージでPontaポイント二重取り auが提供するコード決済サービス「au PAY」との併用もオススメです。 au PAYならスマホひとつで支払いができますし、もちろんauユーザー以外でも使える便利なサービスです。 使えるお店もとてもたくさんあり、au PAY決済で0. 5%のPontaポイントが貯まります。 しかも、au PAYカードからau PAYへチャージすると、1. 0%のPontaポイントが付与されます。 そのau PAY残高で支払いをすると通常通り0. 5%のPontaポイントが貯まります。 つまり、チャージ&決済で合計1. 5%のPontaポイントが二重取りできるというわけですね。 auでんきの利用で毎月最大5%のポイントが貯まる au携帯やauひかりを利用している方なら、auでんきを組み合わせることでますますお得になる「auでんきポイントで割引」特典もおすすめです。 auでんきの毎月の電気料金に応じて、以下のようにPontaポイントが貯まるのです。 毎月の電気料金 ポイント還元率 4,999円以下 1% 5,000円~7,999円 3% 8,000円以上 5% 家族構成や季節によっては、電気代が10,000円を超える月も珍しくはないでしょう。 そんな方々なら、「auでんきポイントで割引」によるポイントだけで、毎月500ポイント以上貯めることも可能です。 もちろん、au PAYカードで電気料金を決済すれば、上記のポイントとは別に1. 0%の通常ポイントももらえます。 auでんきに乗り換えれば、ポイントの二重取りが可能になるというわけですね。 じぶん銀行も組み合わせれば半年間最大3倍 さらに、auでんきとau PAYカード、および、じぶん銀行の組み合わせにより、ポイントが最大3倍になる特典も用意されています。 このポイント3倍特典はじぶん銀行に口座を開設することが必須条件で、口座開設後6か月間の期間限定特典です。 口座開設という必須条件に加えて、以下の2つの取引条件を満たせば、1つの条件につきポイントが+1倍となります。 0%の通常ポイントに、2つの条件達成で+2倍が上乗せされ、合計3倍となるわけです。 電気だけでなく銀行もauグループにまとめてしまえば、もっと得できるのですね。 最大6か月間(6回)、ポイントが3倍になるチャンスがありますので、じぶん銀行の口座開設をしたら速やかに、カード利用額とauでんき料金の引落し口座として手続きをしましょう。 アプリ内のガチャでポイントが当たる au PAYカードをお持ちなら、au PAYアプリの利用がおすすめです。 利用明細やポイント履歴の確認• お買い物履歴の管理• 支払い方法の変更• ポイントガチャ アプリには、抽選で最大10,000ポイントが当たる「ポイントガチャ」もあります。 はずれもあるのが残念なところですが、1日1回まわせるので毎日チャレンジでき、運が良ければ大量ポイントゲットも可能ですよ。 新規入会した方を対象に最大10,000ポイントもらえる特典 さらに、au PAYカードには、新規入会した方を対象に、うれしい2種類のポイント特典が用意されています。 2020年6月1日以降に新規入会した方だけの限定特典ですので、もらい損ねないようお気をつけくださいね。 au PAYカードにはポイントアップのチャンスが多数あります。 コンビニやカフェなど日常的に利用するお店は、セブンイレブンやスターバックスといったポイントアップ対象店を選ぶと、より効率よくポイントが貯められますよ。 au携帯やオプション購入など、多種多様でお得なポイント活用術 Pontaポイントの最も一般的な使い道は、Ponta提携社で支払いに使うことです。 ローソンをはじめ非常に多くの提携社がありますので、使い道に困ることはないでしょう。 しかも、au PAYカードをご利用の方には、さらなる便利な使い道が用意されています。 そこでau PAYカードをご利用の方向けの、Pontaポイントのお得な活用法をお教えしましょう。 au PAYカードの支払いに使う au PAYカードをお持ちの方にオススメのPontaポイント利用法は、au PAYカード請求額の支払いに使うことです。 これなら毎月ポイントを着実に消化することができます。 交換期限は請求確定の前々日まで。 手続きは会員専用サイトで「ポイントで支払う」を選択、請求予定額と利用可能ポイント数が同時に表示されるので、後は希望金額を選択するだけです。 決済額全額にポイントが付与されたうえでポイント分が差し引かれますので、購入時にポイント払いをするよりもお得ですよ。 au PAY残高へのチャージも可能 Pontaポイントは、以下の要領でau PAYにチャージすることもできます。 項目 内容 移行レート Pontaポイント1ポイント=1円(100円単位) 手数料 無料 上限 月間20,000円分まで すでにご紹介したように、au PAYで支払うと、0. 5%のPontaポイントが貯まります。 つまり、クレジットカードで貯めたポイントをチャージすれば、ポイント払いでまたポイントが貯まるという、お得な循環がうまれるのです。 au携帯やオプションの購入、ネットショッピングなど使い道が豊富 そのほかにも、下記のようなポイントの使い道があります。 ブックパスやビデオパスなどでのデジタルコンテンツの購入• au携帯・スマートフォンへの機種変更や修理代金への充当• 充電器やスマホカバーなどのオプション品の購入• au PAYマーケットでのネットショッピング支払額への充当• 「au STAR ギフトセレクション」の商品との交換 携帯電話の本体代金や修理代金はもちろん、充電ケーブルなどちょっとした付属品の購入にもポイントが使えます。 au PAYマーケットでのネットショッピングでも1ポイント=1円として使えるので、消費のしやすさは抜群です。 Pontaポイントの有効期限は付与または利用から1年間ですから、au PAYカードやauサービスを利用し続ける限りは実質無期限です。 したがって急ぐ必要はないのですが、有効活用のためには希望のポイント利用法を考えておきましょう。 au PAYカードは付帯保険もバッチリ これまでポイントの話題ばかりでしたが、ここからはau PAYカードの付帯保険についてご紹介しましょう。 年会費無料なのに海外旅行あんしん保険が付帯 旅行好きの方には気になる付帯保険ですが、au カードには海外旅行あんしん保険が付帯します。 旅行費用をこのカードで決済することが条件の利用付帯ですが、年会費無料にもかかわらず、このように補償項目がとても充実しています。 補償内容 補償金額 傷害死亡・後遺障害 2,000万円 傷害治療費用 200万円 疾病治療費用 200万円 救援者費用等 200万円 個人賠償責任 2,000万円 携行品損害 20万円(免責金額3,000円) ただし、旅行保険は海外旅行傷害保険のみで、国内旅行には保険がつきません。 お買物あんしん保険で国内外のショッピングが安心 au PAYカードには、もついています。 国内と海外両方のショッピングに適用される、とても手厚い内容です。 項目 内容 支払限度額 年間100万円(免責金額3,000円) 担保期間 商品購入日から90日間 本人認証サービスや不正利用補償付きだからセキュリティも万全 ショッピング保険のついでに、オンラインショッピングにおけるセキュリティと補償についてもご説明しておきましょう。 au PAYカードでは、本人認証サービス(3Dセキュア)を採用しています。 これは簡単な登録で、カード情報の不正利用を未然に防げるサービスです。 au PAYカードにはVISAとMasterCardがありますが、どちらにしても事前に本人認証サービスに登録しておくことで、ネットショッピングの決済時に認証画面が出ます。 ここでパーソナルメッセージを確認してパスワードを入力しない限り、カードは利用できません。 これでセキュリティを高めることができますが、それでもオンラインショッピングでの不正利用やカードの盗難紛失による不正利用があった場合、au PAYカードなら補償が可能です。 カード会社への届け出日から60日前にさかのぼり、それ以降の損害が全額補償されますので安心して利用できます。 年会費無料だと付帯保険が一切ないことも珍しくありませんが、au PAYカードは海外旅行傷害保険で疾病治療や携行品損害などもカバーされます。 しかも、ショッピング保険と不正利用への補償もありますから極めて優秀です。 au PAYカードの基本情報をご紹介します 最後にau PAYカードの基本情報をご確認ください。 還元率も高く付帯保険も充実しており、全般にとてもバランスのよいカードです。 0%(税込200円につき2ポイント) ・Ponta提携社で二重取り ・au PAYへのチャージで1. 0% ・ポイントアップ店での利用で1.

次の

auの携帯電話料金を劇的に安くするクレジットカード特集

クレジットカード おすすめ au

au WALLETクレジットカードはauユーザーに現在最もおすすめのカードであると言えるでしょう。 年会費無料ですのでカードを保有するためのお金は一切かからない上に、 ポイント還元率も基本1. クレジットカードと一体型となっているので従来のau WALLETでは対応できなかった、 公共料金やクリックポストなどの支払いも行うことができます。 ポイントアップサービスも充実! au WALLETクレジットカードは支払いで 200円につき2ポイント貯めることができ還元率にして1. しかしauの携帯料金の支払いをこちらのカードで行うことで、 カード利用の1. 特にスターバックスでは 4. au WALLETクレジットカードのおすすめポイント! 年会費無料で発行できau WALLETの利用でお得なポイントアップを受けることができるカードです。 auユーザーであれば日常生活での利用で 月々の携帯料金を節約することが可能になります。 海外旅行あんしん保険という利用付帯の海外旅行傷害保険が付帯しています。 Orico Card THE POINTは 年会費が永年無料で非常にポイントが貯まりやすいことから長年人気を博しているクレジットカードです。 またこちらのカードはau WALLETのチャージでもお得に利用することが可能であるなど、auユーザーに嬉しい特典を利用することができます。 日頃のネットショッピングだけでなく 携帯料金の決済でも便利に使えるおすすめのカードとなっています。 最高2. WALLETを使って支払いをするとさらに0. ショップなどの様々な通販サイトがお得になります。 Orico Card THE POINTのおすすめポイント! 国際ブランドがMasterCardのOrico Card THE POINTは、 au WALLETのチャージと利用でいつでも1. ポイントアップ対象の店舗で利用するとさらにポイントが加算されます。 信販系クレジットカードの中でも 審査ハードルが非常に低く、また年会費無料なので気軽に発行することができます。 流通系カードに近い性能でネットショッピングや様々なお買い物がお得になるサービスが充実しています。 通常還元率は0. さらにauユーザーのほか他社携帯キャリアを利用している人や、 各種プロバイダー料金の支払いでもさらにポイントを獲得できる特典が付帯しています。 auのサービス利用で役立つ特典が充実! VIASOカードには様々なポイントアップ対象のサービスが付帯しています。 またauかんたん決済で電子マネーを利用する際にも、 チャージでのポイントと支払い時のポイントを一度に獲得することが可能です。 クレジットカードを使って 毎月かかる携帯料金をお得にしたい人におすすめです。

次の

au WALLETへのチャージはクレジットカードがお得

クレジットカード おすすめ au

ショウシ 私も実際にauPAYで決済してみました。 MasterCardなら発行会社に制限はないので、MasterCardからチャージするのがいいでしょう。 私は万能の楽天カードでチャージして、auPAYを使っています。 スマホ決済は、 消費税増税に合わせてお得な決済方法として注目を集めています。 購入金額からお得にポイント還元を受けることができ、 現金でお買い物している人よりもお得に買い物をすることができます。 まだスマホ決済を始めていない人は急いで始めてください。 お得なポイント還元でお買い物をしましょう。 Apple Payで、アプリ連携が使える• VISA・JCBは、他にもお得なクレジットカードが多い• 楽天カードのメインの使い道は、楽天関連サービス• ポイント還元率がお得な楽天ペイを使えば、楽天カード自体は出さなくても使える まずは日本で1番使われている、 楽天カードはMasterCardを選べます。 私は楽天カードを作るならMasterCardを選ぶべき、だと思っています。 VISA・JCBは他にもお得なクレジットカードがありますし、VISAだとApple Payで連携できない場合があるからです。 楽天カードのメインの使いみちである楽天関連サービスは、国際ブランドに関係なく使えます。 どこでもお得な万能な楽天カードはポイント還元率もお得ですので、まだ作っていない人は、MasterCardで作ると便利です。 年会費 無料 ポイント還元率 0. どちらも年会費等の条件は変わりませんので、MasterCardで発行しておくと便利ですよ。 三井住友カードは25歳以下ならポイントが2倍の三井住友デビュープラスカードか、旅行保険が充実している三井住友カードAが人気です。 今でも多くの人が、三井住友カードでチャージして使っていますよ。 三井住友カード自体は今後ステップアップしていけるステータスカードなので、安心感も段違いです。 dポイント自体はキャンペーンも多くて、ドコモユーザ以外からも人気の高いポイントです。 私もdポイントを貯めながら、 ポイント投資で株を買っています。 dポイントが二重取りできるd払いのキャンペーンも、 dカードがあればキャンペーン適用されます。 ドコモユーザはdカードGOLDならポイント10倍など恩恵が受けられますので、dカードGOLDの方がお得ですね。 MasterCardなら発行会社に制限はないので、MasterCardからチャージするのがいいでしょう。 私は万能の楽天カードでチャージして、auPAYを使っています。 スマホ決済は、 消費税増税に合わせてお得な決済方法として注目を集めています。 購入金額からお得にポイント還元を受けることができ、 現金でお買い物している人よりもお得に買い物をすることができます。 まだスマホ決済を始めていない人は急いで始めてください。 お得なポイント還元でお買い物をしましょう。 auPAYと提携するおすすめクレジットカードランキング 楽天カード 高還元率でポイントが貯まりやすい、今1番おすすめできるクレジットカードです。 楽天カードは年会費が永年無料で楽天ポイントカードも兼用していますので、これから楽天ポイントを貯める人も安心です。 楽天市場でよくお買い物される人は上位カードの「楽天ゴールドカード」も検討してみてください。 楽天証券で話題のつみたてNISAの積み立てでも楽天ポイントを貯めることができ、楽天ポイントの用途は広いです。 ぜひ1枚は持っておきたいクレジットカードです。 auPAYと連携するなら、まずは楽天カードを作りましょう。 d払いもdカードと連携するとお得な特典が多いですよ。 まずは年会費無料の通常のdカードから始めてみましょう。

次の