髪の毛表面チリチリ。 髪の表面に浮く「チリチリ毛」のホームケア方法

最近髪の上(表面)のほうにチリチリというか、クルクルした毛が生えてま

髪の毛表面チリチリ

髪のチリチリを改善したい 髪が傷んでくると真っ先に思いつくケアがトリートメントですよね。 トリートメントには髪をツルツルにする有効成分がたっぷり含まれているのですが、正しい使い方をしないと効果を十分に発揮することが出来ません。 そうしないとトリートメントの油分が水にはじかれ、髪の内部まで浸透しにくくなってしまいます。 2、傷んだところから付ける トリートメントを適当につけていませんか?トリートメントの効果を最大限引き出すには髪の毛に付ける順番も大切です。 髪の傷んだところを最初につけるようにすると長い時間トリートメントが浸透するようになるためより効果が出やすくなります。 3、髪に浸透させるように丁寧につける トリートメントはただつけるのではなく、丁寧に押しこむようにして付けましょう。 そうすることによってスカスカになってしまった髪の内部までしっかりとトリートメントのうるおい成分が届くようになります。 4、タオルで巻く トリートメントをつけたあとお湯で濡らして絞ったタオルを髪の毛に巻いておくと柔らかくなった髪の表面から傷んだ部分にトリートメントの補修成分が届きやすくなります。 5、一定時間置く トリートメントをつけたらすぐに洗い流すのではなく少し時間を置いたほうが効果が高いです。 トリートメントを付けた後に湯船に使ったり歯磨きをしたりして10分ほど放置しましょう。 6、流さないトリートメントも併用 髪の傷みが激しい場合にはお風呂からあがったら洗い流さないトリートメントも併用すると効果的です。 流すトリートメントは傷んだ髪の毛の内部を補修し、流さないトリートメントは紫外線などの外部の刺激から髪の毛を守ってくれます。 流さないトリートメントの効果的な使い方はドライヤーで7割がた髪の毛を乾かしてから付けるとよいでしょう。 トリートメントをつけたらそのまま乾いた清潔なタオルを髪の毛に巻いてそのまま寝ると翌朝サラサラになります。 髪のトリートメントが効かないときは? 丁寧にトリートメントを行えば大体の方はサラサラの髪を取り戻せると思いますが、それでも効果がないような場合は下記の方法も併用してみましょう。 外部の刺激から髪の毛を守る 髪の毛が完全に乾くまで長時間ドライヤーを使ったり夏に何のケアをしないまま帽子などをかぶらずに外に出ていませんか? 外部の刺激は髪の毛にストレスを当たえ、「活性酸素」を生み出します。 活性酸素はお肌の老化にもつながる因子で髪の毛のメラニンを破壊し、髪の毛の色をくすんだものにしてしまいます。 またドライヤーを長時間使用することによって髪が乾燥し、ごわつく原因や痛みの原因につながります。 ドライヤーは髪の毛が8割がた乾いたらあとは自然乾燥とし、外出の時にはできるだけ帽子を着用したり髪の毛専用の紫外線防止スプレーを使用して刺激から守ってあげることが大切です。 帽子はかぶりっぱなしだと頭が蒸れて毛穴が詰まってしまいますので、何度か外して新鮮な空気を取り込んであげてくださいね。 髪のつやが出る食べ物 髪をつやつやにするには食べ物でしっかりと栄養補給をすることも大切です。 髪の毛を健やかにする効果があると言われている食べ物をいくつかご紹介します。 卵 鶏肉 卵や鶏肉は良質なたんぱく質源です。 たんぱく質は髪の主成分であり髪の毛を健やかに保つのに必要不可欠です。 卵にはほかにも鉄や亜鉛などを含んでおり髪の毛に大切な栄養を効率よく摂取できます。 豆腐 豆類 豆腐などの大豆製品や枝豆、ソラマメ、小豆などの豆類には鉄分や亜鉛、たんぱく質が含まれています。 牡蠣(かき) 牡蠣は髪の毛を構成するケラチンというたんぱく質を効率よく合成するために必要な亜鉛を豊富に含んでいます。 レバー レバーには鉄分が多く含まれています。 髪の毛の栄養は血液によって運ばれてくるため、鉄分が少ないと効率よく栄養分を運べなくなってしまいます。 牛スジ ホルモン 牛スジやホルモンなどに含まれるコラーゲンが髪の毛のつやや張りを保ってくれます。 牛乳 ヨーグルト 牛乳などの乳製品に含まれるカルシウムがコシやハリのある髪の生成に役立ちます。 髪をツルツルに保つ方法 髪をツルツルに保つためには髪の「外側」と「内側」からしっかりとケアしてあげることが必要です。 外側からはトリートメントによる髪の表面のつやを守るキューティクルの補修と、外部からの刺激から髪の毛を守ること、内側からは適切な食べ物を摂取して老化の原因となる活性酸素を除去してあげるのがウルツヤ髪を取り戻す最短の道です。 しかし即効性はないため、気長に行いましょう。 髪の毛が簡単にしっとりまとまる方法 トリートメントは毎日続けると効果がアップしますが、より効果を上げるにはただつけるだけではなく、しっかりと髪の中に入れ込んで浸透させる必要があります。 ぜひできる範囲で毎日正しいケアを行っていきましょうね。

次の

髪の表面に浮く「チリチリ毛」のホームケア方法

髪の毛表面チリチリ

なるほど,アホ毛ですね。 chamnyaさんが書かれていることが当てはまるのでしたら,シャンプーの時,髪の毛を洗うのではなく,頭皮を優しく洗うようにして,かつ,その前後に充分,かつ,優しいすすぎ洗いをするようにしてください。 まず,1分間程度,温かいシャワーを利用して頭皮を軟らかく揉みほぐし,毛穴が開きやすくするとともに毛穴に詰まっている角栓を軟らかくしてください。 その後,角栓の除去に移るのですが,顔などの角栓と違い,ある程度頭皮と髪の毛を動かしませんと角栓が浮き上がりませんので,強くマッサージする必要はありませんが,充分に,かつ,優しく頭皮マッサージをしてください。 (もちろん,シャンプー剤を細かく泡立たせ,その泡を頭皮や髪の毛に移してから頭皮マッサージを置こなってくださいね) そして,最後に,2~3分間程度,優しく頭皮をすすぎ洗いしてください。 最後のすすぎ洗いを丁寧にしませんと,頭皮や髪の毛に汚れが残るとともに洗浄成分まで残るようになりますので,シャンプーした意味が無くなってしまうこともあります。 そして,角栓も元の鞘に収まるようになるでしょう。 もうひとつ,私はこちらの方が当てはまるのではないかと見ているのですが,もし,生え始めたばかりのように短い髪の毛がクルクルとしていて,かつ,ある程度長くなってくるとそこまで酷くないような状態だというのであれば,それは,体内に吸収されている栄養が不足していると見て良いでしょう。 私たちの身体は,どの場所にも均等に栄養を分配しているのではなく生命維持にとって重要な場所から順に分配していき,髪の毛などのように生命維持にはほとんど関わりがない場所には,その他の生命維持にとって大切な場所に分配されたあとに残っている「残りカス」のような栄養がまわされるように出来ています。 そのため,健康には影響がない程度に栄養不足という状態が長く続きますと,髪の毛などにその影響が出てきてしまうのです。 (個人差がありますので,人によっては,その影響が肌などに出てしまうこともあります) ouchnさんの場合,薄毛やハゲにはならないまでも髪の毛を作っている毛根が若干栄養失調となり,特に生え替わって一度ふさがれた角質を突き破ろうとしている髪の毛が角質を突き破られず,角質と皮膚組織の間を迷走したりクルクルと巻き毛になっていたものが,新陳代謝などによって角質が剥がされたことによってなんとか表に出られたときには,角質の下を迷走していた形が残ってしまい,アホ毛になってしまったと考えることも出来ます。 ということで,栄養の何かがほんの少しだけだと思われますがずっと不足している状態が続いていたために出来たアホ毛だと言えるかもしれませんね。 この場合の対処法は,食事内容の見直し,食事を摂り始める時刻をだいたい同じにするように無理のない範囲で改善したり,どんな日にもほぼ同じ時刻に起床し,無理のない範囲でだいたい同じ時刻に就寝出来るように生活リズムを改善するなど,ゆっくりと体質を改善していくことが大切になると思います。 Q 生まれつきくせ毛の20代女性です。 くせ毛のうねりも抑えたいのですが、それ以上に、髪の表面のもあもあをなんとかしたいです。 とにかく、外に出ると頭全体に薄い霧がかかったように髪の表面がもあもあ、もじゃもじゃ。 大きなクセはないのですが、この表面のもあもあのせいでとても汚く見えます。 髪の一本一本が、チリチリというか(汚い表現ですが)陰毛のようなので、こうなるのかなと思います。 髪を指ではさんで下にスライドすると、ボコボコ、チリチリという音が聞こえるくらいです。 1年くらい前に縮毛矯正をしたのですが、髪にとても強い薬を付けることに抵抗があり、できればやりたくありません。 なので、トリートメント等で、お薦めのものはありませんか;;??できれば市販のものがいいです... お値段は、いくらでも出す覚悟です><!!!! くせ毛を生かしたスタイリングとか、くせ毛を個性として好きになるとかも、髪の表面が全部チリチリの私には不可能で、髪の表面のせいで、この頃は自分の顔を見られるのも嫌なんです。 周りには、生まれつきさらさらの子が複数人いて、そんな子がスタイリングしないで私と会ってツヤツヤさらさらで、私は毎日髪に多大な意識と時間を裂いてぐしゃぐしゃで、もう嫌です;; 口コミが良かった、ボタニストのシャンプーとトリートメントは使って1ヶ月以上になりますが、効果はありません。 お風呂からあがったら、すぐにドライヤーで6割くらい乾かして、その後椿オイルを髪になじませてまたドライヤーで乾かしていますが、これも効果はありません。 髪の長さはミディアムで、カラーリングはしていないので真っ黒です。 髪は太く固いです。 ホテルのものや、ちょっと高めのものなど、シャンプーとトリートメントがどんなものでも、髪質が変わった経験がありません。 何を使用しても、とにかくドライヤー後には表面がもあもあちりちりぐしゃぐしゃ。 毎日、いけないと思いつつ、どうしようもないのでアイロンをあてています。 生まれつきくせ毛の20代女性です。 くせ毛のうねりも抑えたいのですが、それ以上に、髪の表面のもあもあをなんとかしたいです。 とにかく、外に出ると頭全体に薄い霧がかかったように髪の表面がもあもあ、もじゃもじゃ。 大きなクセはないのですが、この表面のもあもあのせいでとても汚く見えます。 髪の一本一本が、チリチリというか(汚い表現ですが)陰毛のようなので、こうなるのかなと思います。 髪を指ではさんで下にスライドすると、ボコボコ、チリチリという音が聞こえるくらいです。 1年くらい前に縮... Q 癖毛なのかわかりませんが 近頃、髪の毛の表面にチリチリ(クルクル?)した 髪がたくさん出現しています・・・ 髪を洗ってドライヤーし終わった後なんて、ほんとに悲惨です。 でも乾かして寝て、次の日にはそのチリチリ共は多少治まっています。 でも最近、あまりにもうねったりチリチリした髪が 気になるのでストパーをかけようかと悩んでいます。 私は全体的に見るとストレートにあたると思うのですが 毛先のハネがすごいので毎日ヘアアイロンをしています。 なのでなおさら、ストパーをかけようか悩んでいます。 毎日ヘアアイロンをするよりストパーをかけたほうが 痛みも手間も減ると思いますし・・・ でも私の髪は少ない(ボリュームがない)です。 こんな私がストパーをかけて大丈夫でしょうか? まさにペッタンコになりそうで不安です。 そしてこのチリチリ共は真っ直ぐになってくれますか? ストパーをかけたことがある方、髪について詳しい方 いろいろ教えてください。 Q 髪の何本かに、痛んでいるらしい髪があり、なんとかしたいと思っています。 地毛は、「ほぼ」ストレートで、パーマが一回ではかけられない程度のやわらかさです。 (「ほぼ」というのは、自分ではわからないのですが、美容院に行ったときに、部分的にくせのあるところがあると言われたからです。 ) 洗髪後、髪が乾いてくるとよくわかるのですが、大部分ストレートの髪の表面に、何本かくねくねした髪が浮いています。 よく見ると、まっすぐではなくて、太い部分と細い部分が不均一にあり、手触りがザラザラしていて、根元まで同じような感じです。 その髪を抜いて、手で伸ばしてみると、ゴムのように伸びます。 ほかのまっすぐな髪は、そんなことはありません。 髪は死活細胞なので、切るしかないことは知っていますが、根元まで同じような感じなので、抜いてもまた同じ痛んだ?髪が生えてくるような気がします。 痛んだ髪が生えている毛穴自体が問題なのか、何本かはもともとそういう髪(くせ毛?)なのでしょうか…。 中途半端に切ると、却って「あほ毛」のように立ってしまうし…。 ちなみに、カラーやパーマなど髪が痛むようなことは、数年前に1回あったかないかくらいで、ほとんどしたことがありませんし、 毎日洗髪もして、結構気を使っているつもりなのですが、なかなかいい方法がなくて困っています。 髪の何本かに、痛んでいるらしい髪があり、なんとかしたいと思っています。 地毛は、「ほぼ」ストレートで、パーマが一回ではかけられない程度のやわらかさです。 (「ほぼ」というのは、自分ではわからないのですが、美容院に行ったときに、部分的にくせのあるところがあると言われたからです。 ) 洗髪後、髪が乾いてくるとよくわかるのですが、大部分ストレートの髪の表面に、何本かくねくねした髪が浮いています。 よく見ると、まっすぐではなくて、太い部分と細い部分が不均一にあり、手触りがザラザ... 直毛の方でも、全部の毛がまっすぐ、なんてありえないのではないでしょうか・・・。 確信はありませんが。 私も直毛ですが、同じようなクセはあります。 経験上の意見ですが、髪の痛みとは関係ないと思います。 前はもっと気になるくらいありましたが、今は少ないです。 でもあります 髪質って、年齢とともに変わっていくみたいですよ。 抜いたりするのは、神経質になって癖になってしまったりしますし、そのためにハゲになってしまう可能性もあります。 白髪などでよくいいますよね。 気になるなら *切る。 *ストレートパーマや縮毛矯正をする。 *ストレートアイロンなどを使用する。 などがいいと思います。 個人的には、気にせず、髪を健康に保つ努力を続けるのが一番いいと思います。 パーマやカラーをしなくても、光や熱、栄養などで傷みますからね! Q ずっとストレートだったのですが美容師さんが「パーマをかけてみなよ」って言うので パーマをかけたんです。 そしたら、元から髪がかなーり細いいし、カラーとかも やっていたせいかチリチリでアフロっぽい髪型になってしまいました・・・ 美容師さんは成功みたいなことを言ってたのですが、これはあきらかに失敗だと思います・・ 友達にも大笑いされてしまいました・・。 今は朝学校行く前ストレートアイロンで30分かけて伸ばして、夜は毎日トリートメントをしてるのですが チリチリがまったく治りません・・・。 チリチリしてるせいで、下のほうが広がっちゃってって長いおかっぱみたいです。 何かいい方法はありませんでしょうか。 A ベストアンサー そうですかぁ・・・,すでに1週間以上経ってしまっているのですね。 では,自分で出来ることでいくつか紹介します。 ただし,一応,たぶん大丈夫だと考えて紹介しますが,私は,yui200さんの髪の毛を直接見ていませんので,それをしたためにもっと酷い状態になってしまう可能性がないとは言えません。 また,申し訳ないですが,責任もとれません。 もし,紹介した方法をやるときには,自己責任でやることをお願いします。 まず,かけたというパーマの種類ですが,一般的なものでしょうか? もし,そうでしたら,水分を髪の毛に補給しますと,カールが戻るという特性がありますので,これとは逆に,熱によって伸ばしてあげる必要があります。 そうではなく,アイロンなどを使用して,熱を与えてパーマをかけるものでしたら,乾燥することでカールが戻る特性があるため,逆に,水分を充分補給して伸ばす必要があります。 (デジタルパーマもこちらになります) ただし,これらは,質問を読む限り,また,補足していただいた内容からも,yui200さんの場合,変化がないか,または,微々たるものだと思われます。 でも,基本みたいなことですから,変化が無くても続けてやっていただきたいと思います。 少したいへんになってしまうかもしれませんが,夜シャンプーしたあと,リンスはせずに,頭皮まで乾燥させたあと,流さないタイプのトリートメントをつけて,就寝するようにしてみてください。 そして,朝起きましたら,流さないタイプのトリートメントを一度完全にすすぎ落としてから,やはり,頭皮まできちんと乾燥させて,もう一度,流さないタイプのトリートメントを髪の毛に塗ってみてください。 なお,夕方,帰宅後,すぐにトリートメントをすすぎ落とし,夜までの間,髪の毛を休ませてあげてください。 夜,流さないタイプのトリートメントを髪の毛に塗るときは,就寝前が理想的だと思います。 また,流さないタイプのトリートメントは,出来るだけ薄く塗るようにしてあげてください。 これは,髪の毛の負担を軽くさせるためでもあります。 朝,ストレートアイロンを使用するのは,流さないタイプのトリートメントを塗る前でも塗ったあとでも,一応,どちらでも構いませんが,塗ったあとの方が若干良いように感じます。 まぁ,ストレートアイロンの熱から髪の毛を保護する程度の意味しかありませんが・・・。 あと,流さないタイプのトリートメントを持っていない場合は,わざわざ購入することはせず,普通のトリートメントで同じことをしてください。 ただ,チリチリの程度によっては,この方法では治らないかもしれません。 シャンプー後などの時,髪の毛を乾燥させる際には,ブラシで髪の毛をよく引っ張りながら,ドライヤーをかけるようにしてください。 なお,マイナスイオンを発生しているドライヤーですが,髪の毛内部を徐々に破壊して,チリチリが治まっていく可能性も,一応,ありますが,もし,効果があったとしても,その効果が出る頃には,髪の毛がナイロンのようになっているかもしれませんので,このようなドライヤーを使用するかしないかについては,よく考えてくださいね。 普通のドライヤーの場合は,このような問題は起きませんが・・・。 かなり乱暴な方法ですが,それなりに効果が期待出来る方法を紹介します。 ただし,やり方をちょっと間違っても,また,髪の毛の状態によっては,枝毛や切れ毛の原因になってしまう方法ですので,やる前はよく考えてください。 (あまり,お勧め出来る方法ではないのですよ・・・) まず,やる日は,休日を利用してください。 時間の余裕がないときは,絶対にやらないことです。 で,用意するものは,パーマ液(1剤・2剤の両方)とラップを用意してください。 最初に,髪の毛を良く梳かしてから,パーマ液の1剤(80cc)を,髪の毛全体,または,パーマがかかっている部分に塗布します。 もう一度,髪の毛を良く梳かしてから,髪の毛をラップで包んでください。 このとき,あまりきつくならないように注意してください。 約20分間放置したあと,ラップをはずし,髪の毛を梳かしたあと,簡単にストレートアイロンをかけます。 ストレートアイロンの温度は最低になるようにし,出来るだけ短い時間でかけるようにしてください。 また,絶対に強く引っ張ってはいけません。 撫でられた程度の抵抗感がベストです。 ストレートアイロンをかけたあとは,すぐに,パーマ液の2剤を塗布してください。 塗布したら,そのままの状態で,約20分間放置します。 放置時間が過ぎましたら,シャンプーして薬剤を洗い流し,トリートメントでケアしてください。 この方法では,ストレートアイロンがポイントになりますが,実は,諸刃の剣でして,さらに髪の毛のダメージが強くなってしまうことも無いとは言えないと思います。 ストレートアイロンを使用しない場合は,1剤の放置後,すぐに,2剤を塗布してください。 パーマ液は,1剤がゾル状のものを選択するのがベストです。 パーマ液と書いていますが,ストレートパーマ用の液でも構いませんよ。 くどいですが,もう一度書きますと,髪の毛のダメージがある方法ですから,枝毛や切れ毛などの原因になってしまうことは,充分考えられる方法です。 今現在の髪の毛の傷み具合によっては,もしかしたら,ポロポロと髪の毛が切れて落ちてくるかもしれません。 お勧め出来る方法ではありませんので,紹介程度とさせていただきます。 たぶん,その美容師と相談することは,yui200さんの心情的なことからも,しにくいと思われます。 ですから,別の美容師,または,美容店で,相談していただくのが,たぶん,一番ベストかもしれません。 そうですかぁ・・・,すでに1週間以上経ってしまっているのですね。 では,自分で出来ることでいくつか紹介します。 ただし,一応,たぶん大丈夫だと考えて紹介しますが,私は,yui200さんの髪の毛を直接見ていませんので,それをしたためにもっと酷い状態になってしまう可能性がないとは言えません。 また,申し訳ないですが,責任もとれません。 もし,紹介した方法をやるときには,自己責任でやることをお願いします。 まず,かけたというパーマの種類ですが,一般的なものでしょうか? もし,そうでし... A ベストアンサー 髪の毛は、毛穴の歪みに合わせてうねり、縮れます。 毛穴が歪むと毛根も歪むのでクセが毛に出ます。 陰毛のことはよく知りませんが、頭髪はそうです。 頭髪の縮れ毛を直すには毛穴の歪みをなおさないと 直毛で生えてきません。 毛穴の歪みは、肌が伸びたりして起きます。 太って身体に脂肪がつくと肌の面積も当然広がります。 そうすると毛穴が横流れしたりし、歪みます。 もちろん、背が伸びたりなど身体が成長すると起こることもあります。 縮毛矯正、ヘアアイロン(ストレート)あくまで、生えて毛穴の外に出ている髪の毛を まっすぐにするだけで、毛穴の歪みはなおらないので、 また髪が伸びれば、縮れた部分が出てきます。 ですから、縮れ毛でなく、直毛を生やしたいなら、 毛穴の歪みを改善しないとムリです。 ですが、毛穴の歪みを直す方法は今のところないと思います。 探してもみつかりませんでしたし。。。。 毛抜きで髪を毛根から根こそぎ抜いても、 バリカンで、丸坊主にしても、 次生えてくる髪の毛はうねりのある縮れ毛のままでしょう。 なので、 髪をまっすぐに仕上げたいなら、 市販のパーマ液、 ネットで売られてる「美容院で実際に使われてる」という 売り文句のパーマ液で自分で縮毛矯正を行わず、 美容院で美容師にやってもらった方が効果が高いです。 万が一かからない場合、返金してくれたり、 かけなおしてくれる美容院もあるかもしれません (でも私の住んでいる地域にはそーゆーサービスをしてくれる美容師がいない…。 ) ので探してみてください。 髪の毛は、毛穴の歪みに合わせてうねり、縮れます。 毛穴が歪むと毛根も歪むのでクセが毛に出ます。 陰毛のことはよく知りませんが、頭髪はそうです。 頭髪の縮れ毛を直すには毛穴の歪みをなおさないと 直毛で生えてきません。 毛穴の歪みは、肌が伸びたりして起きます。 太って身体に脂肪がつくと肌の面積も当然広がります。 そうすると毛穴が横流れしたりし、歪みます。 もちろん、背が伸びたりなど身体が成長すると起こることもあります。 縮毛矯正、ヘアアイロン(ストレート)あくまで、生えて毛穴... Q ポニーテールなどをすると、あほ毛というのでしょうか?頭頂部が毛が浮いたりぴょんぴょん飛び出たりしてすごいモワモワしているというか、とにかくボサボサに汚らしく見えてしまいます。 フィギュアやバレエの選手みたいに、浮き毛ひとつなくピターっとまとまった感じにしたいです。 事前にワックスやハードスプレーをしても浮き毛は押さえられず、ボサボサの状態でパリパリと固まって余計に収集つかない状態になってしまいます。 マトメージュというスティックも使ってみましたが、私の浮き毛にはかないませんでした。 髪が傷んでいるから短い切れ毛が出るのでしょうか? 適当にまとめても浮き毛があまりでない人がうらやましいです。 痛みはすぐには何とかできいないので、助っ人的に、浮き毛を綺麗にぴたっと押さえられるスタイリング剤か何かはないでしょうか? よろしくおねがいします。 Q 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。 まず、朝、起きることができません。 昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。 例えば、友達と約束をしていても外出することができません。 休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。 熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。 今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。 平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。 でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか? 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。 まず、朝、起きることができません。 昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。 例えば、友達と約束をしていても外出することができません。 休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。 Q 同じ症状の方、どうなさっているか、しのぎ方を知りたいです。 親譲りの気管支ぜんそく気味な体質ではあります(でも常時服薬するとかではない)。 朝なんかも起きると必ず咳。 実は、上のようになると必ず1日数回、 そうでなくても、夏冬の時期・冷暖房などによる室内外の温度差や乾燥などでも 『突然、肺の上のあたり~喉にむかってむず痒くなり、数秒で苦しいほどの咳が出ます。 痒くてチカチカイガイガが猛烈に来た感じで、それが止まるまで顔が真っ赤になるほど咳が止まらず、息を吸う間もないほど激しくなります。 涙・鼻たれ、グジャグジャ。 』 会議中や、バスの中などでこれに出くわすと、精神的にも参ります。 必死で息を少しだけ吸って真っ赤になってガマン。 水飲んだりのど飴もダメで、時間がある時は、とにかく治まるまで5-10分咳をし続け、疲れ果てたころやっと治まる。 こんな方いらっしゃらないですか?ただの咳というより、喉が奥から急激に痒くなる感じでやってくるような方。 キタキタ・・・・とわかるんです2秒くらいで。 一時的にどうされていますか?意外と早くその場でしずめられる妙案ご存知ないですか? 同じ症状の方、どうなさっているか、しのぎ方を知りたいです。 親譲りの気管支ぜんそく気味な体質ではあります(でも常時服薬するとかではない)。 朝なんかも起きると必ず咳。 実は、上のようになると必ず1日数回、 そうでなくても、夏冬の時期・冷暖房などによる室内外の温度差や乾燥などでも 『突然、肺の上のあたり~喉にむかってむず痒くなり、数秒で苦... 呼吸器をやられる風邪だったようですが、 胸のあたりからイガイガチカチカし始め、一旦咳が出始めると止まらない という状態に、私もここ数週間悩まされてました^^; その時は、とにかく部屋を加湿し 気管支を乾燥させないように、市販の吸入器でひたすら湯気を吸っていました。 ただ気管支が弱い(?)方で、質問者様のように仕事先や出先で咳が止まらなくなる時は 一時的な対処だけでは気管支の炎症を引き起こし長引かせてしまう場合も。 ここはやはり今一度、呼吸器内科などで相談されるのがいいかと。 喘息気味が本格的な喘息になる前に、中長期的な治療も考慮されたほうがいいと思います。 お大事になさってくださいね Q 私は、今通っている美容室で、くせ毛を生かしたスタイルにしてもらっています。 くせ毛レベルは強くはないのですが、多少のはねと、もっさりしやすいタイプです。 担当の美容師の方も、縮毛矯正なんて全然必要ない!と言うのですが、私としては、超サラサラヘアにあこがれがあり、毎朝のブローの時間も楽になることなどから、試してみたいと思っていました。 担当の方にしてもらう髪形はいつも気に入るのですが、量が多いこともあって、すぐもっさりしてくるので、あまり持ちません。 一ヶ月以内にまたカットに行くこともよくあるため、お金もかかります。。 こちらで「縮毛矯正」で検索して、たくさんの意見を参考にさせていただいたのですが、技術的な詳しいこと、失敗談などを読み、ちょっとやるのを躊躇しています。 特に、やはり髪へのダメージです。 最近茶髪をやめ(黒く染めたのですが)、髪の健康を以前より意識するようになり、ケラスターゼなども買ってケアしています。 そこで、タイトルの質問なのですが、軽いくせ毛の場合であっても、普通のパーマをかけるのと同じ感覚で、気軽に縮毛矯正をやっても大丈夫ですか? また、私のように軽いくせ毛の方でも、やってよかった!という方はいらっしゃいますか? 私は、今通っている美容室で、くせ毛を生かしたスタイルにしてもらっています。 くせ毛レベルは強くはないのですが、多少のはねと、もっさりしやすいタイプです。 担当の美容師の方も、縮毛矯正なんて全然必要ない!と言うのですが、私としては、超サラサラヘアにあこがれがあり、毎朝のブローの時間も楽になることなどから、試してみたいと思っていました。 担当の方にしてもらう髪形はいつも気に入るのですが、量が多いこともあって、すぐもっさりしてくるので、あまり持ちません。 一ヶ月以内にまたカットに... A ベストアンサー 私もqoochanさんと同じく、ほぼ普通のストレートで少しだけクセがある程度ですが、矯正かけてますよ。 矯正なんて必要ないんじゃない?と言われるけど、やっぱり手入れは断然楽です。 髪を洗って、普通に乾かす程度にブローするだけでまっすぐサラサラになってくれます。 朝もまっすぐサラサラ。 1年に一回くらいかけてるかな?今はそれほど強くない、ナチュラルな矯正もありますよ。 ものすごく頑固なくせ毛じゃなく、私たちのように普通にストレートだけど、でも矯正したいっていう人向けの、ナチュラルな矯正です。 値段も普通の矯正よりも安めだと思います。 その辺は美容師さんが髪質を見て、あなたはナチュラルでいいんじゃない?と判断してくれると思います。 ただ、矯正は信頼できる美容院でかけることをお勧めします。 以前、いつもの遠くの美容院へ行くのが面倒になって、家のすぐ近くでやっていることを知り、軽い気持ちで予約を入れたら…ひどいことになりました。 新人のヘタな人がアイロンをかけたせいで、根元がポキッと折れたような矯正になってしまいました。 その時は髪もすごく傷みました。 それからは、周りの評判なども聞き信頼できる店でしかかけていません。 きちんとかけてもらえば、まったく傷むこともなくずっと綺麗なままです。 周りの友達などの評判も調べて、きちんとした店でかけてもらうことをお勧めします。 私もqoochanさんと同じく、ほぼ普通のストレートで少しだけクセがある程度ですが、矯正かけてますよ。 矯正なんて必要ないんじゃない?と言われるけど、やっぱり手入れは断然楽です。 髪を洗って、普通に乾かす程度にブローするだけでまっすぐサラサラになってくれます。 朝もまっすぐサラサラ。 1年に一回くらいかけてるかな?今はそれほど強くない、ナチュラルな矯正もありますよ。 ものすごく頑固なくせ毛じゃなく、私たちのように普通にストレートだけど、でも矯正したいっていう人向けの、ナチュラルな矯正です。...

次の

美容師解説!髪の表面だけがチリチリ、うねうねする原因と対策とは

髪の毛表面チリチリ

髪の毛の痛みが進行して、チリチリしていませんか? 髪の毛が痛みきってからでは手遅れとなり、お手入れで大変な思いをしている方は多いです。 痛みが進行すると、広がったり、まとまりにくくなったり、カラーの持ちが悪くなってしまいます。 今回は、髪の毛が チリチリになってしまう原因や、対策方法をお伝えします。 髪の毛のチリチリは、痛みが進行しているサイン! 髪の毛がチリチリになってしまったら、それは髪の毛の痛みがかなり進行しているサインです。 チリチリの状態になると、お手入れをいくら頑張ってもなかなか回復しない…という方も多いです。 髪の毛がチリチリになる原因は、遺伝的なものも考えられますが、ほとんどが、髪の扱い方によるものです。 髪の毛は、ケラチンタンパク質によって作られていますが、チリチリの髪の毛は、髪表面のキューティクルが剥がれて、髪内部のタンパク質や水分・油分などの栄養素が流れ出てしまって、スカスカになっています。 また、カラーやパーマの薬剤によって、無数のタンパク質の結合が切れてしまったり、カラー剤の化学物質の残留して、ダメージが進行してしまうのです。 髪の毛に十分な栄養がなく、髪にもともと存在しない成分が加わることで、パサつき、ゴワつき、切れ毛などのダメージが拡大し、チリチリになってしまいます。 私自身も、髪の毛がチリチリになる一歩手前くらいまで痛んでしまったことがありましたが、その頃は髪の毛を随分と痛めつけていたなぁと思います。 チリチリになるまで髪が痛む原因は、なにが考えられるのでしょうか? 髪の毛がチリチリになる原因は? 髪の毛の痛みを進行させる原因はいくつも考えられます。 自宅でセルフカラーを何度も繰り返している セルフカラーは、なかなか美容院に行けない時や、コストを抑えたい時に便利ですが、 市販のカラー剤は髪へのダメージが大きい上に、洗い残してしまう可能性も高いので、なん度も繰り返していると、ハイダメージでチリチリになってしまう可能性は高いです。 市販のカラー剤は、色落ちも早いですし、自分で塗るとムラになるので、カラーの頻度も高まって余計に痛むことにもなります。 私は、自分で染めたら恥ずかしいほどムラになってしまい、翌日美容院でカラーをやり直したことがあります。 セルフカラーのリスクはかなり大きいです。 パーマを何度も繰り返している パーマを繰り返しかけている方は、髪の毛がチリチリになりやすいです。 薬剤や熱の力で、無理矢理髪の形を変えているわけですから、一度のパーマでも髪はかなり痛みます。 パーマは、時間が経つと取れてしまうので、繰り返しかける方も多いと思います。 完全にウェーブがとれるなら、素髪をたのしめますが、パーマのウェーブは完全に取れることはないので、再びパーマをかけないと中途半端なスタイルになりやすいのです。 なん度もパーマをかけていくと、かかりも悪くなってきて、「ただ髪を痛めただけ」になってしまうので注意したいですね。 頻繁に縮毛矯正をしている 縮毛矯正を、頻繁に繰り返しかけている方も、髪がチリチリになりやすいです。 天然パーマの人は、まっすぐの髪に憧れて、ストレートにする方も多いですよね。 特に、縮毛矯正は髪の毛が超まっすぐになるので、ちょっとでも癖が出始めると気になってすぐかけてしまい、パーマよりも高い頻度で繰り返しかける人が多いです。 とはいえ、パーマよりは失敗は少ないと言われています。 縮毛矯正でチリチリになってしまう方は、ホームカラーをしている方に多いように感じます。 髪の負担が大きいヘアスタイルをしている 髪型やカラーをコロコロ変える方は、髪への負担が大きい可能性もあります。 例えば、• ブリーチ 脱色 を繰り返している方 このように、変化の激しいスタイルを繰り返している方は、髪への負担が大きいので、ダメージが蓄積して、髪がチリチリになるリスクが高まります。 ドライヤーを使わず自然乾燥をしている 中学生の頃、チリチリするほどには痛んでいないものの、髪の癖と広がりがひどくて悩んでいました。 思い返すと、しっかり乾かしていなかったなぁ…と。 自然乾燥や、ほとんど自然に乾いた髪に、ドライヤーをちょっとかける程度のことが多かったように思います。 自然乾燥をしている方は、濡れた髪からタンパク質や水分が蒸発してしまうので、ダメージの原因となります。 広がったり、くせも出やすくなってしまうんです。 濡れている髪は最もデリケートで痛みやすいので、お風呂から出たら、タオルドライをして、ドライヤーでしっかり乾かしましょう! 加齢によるもの 加齢によって女性ホルモンが減ると、髪がチリチリ・パサパサ・ゴワゴワといった髪トラブルが起こりやすくなります。 女性ホルモンは、お肌や髪を美しく保つ成分で、髪の潤い・ハリコシ・ツヤを保ってくれます。 加齢によって、血行や代謝が悪くなると、栄養不足で髪が細くなったり、毛穴が変形してうねりや、縮む原因にもなるので、チリチリに傷んでしまうんです。 女性ホルモンと似たはたらきをする、イソフラボンを配合した大豆製品を積極的に食べたり、エクオールのサプリを飲むのがオススメです。 プールに入る機会が多い 運動のために水泳をしている人や、夏場はプールで遊ぶ方も多いですが、プールの塩素で、髪が傷んでチリチリになったり、髪色が抜けてしまう方は多いです。 髪が濡れることで、キューティクルが開き、その上、塩素が髪のキューティクルを剥がしてしまうので、パサついたり、キシキシしてしまいます。 また、屋外プールは、紫外線にも要注意!紫外線も髪を痛めます。 プールに入った日の夜に、髪をしっかり洗えていなかったりすると、髪のダメージはさらに進行してしまうので、プールに入った日はヘアケアを特に念入りに取り入れたいですね。 髪の扱い方次第で、髪の状態は全然変わってくるので、これ以上痛まないようにケアしていく必要があります。 お手入れで意識したいことをまとめました。 美容院でカラーをする セルフカラーを繰り返している方は、美容院でカラーをするようにしましょう。 美容院なら、髪が痛みにくいカラー剤を使ってもらったり、カラー剤を馴染ませる順序やカラーの時間も、髪に一番負担がかからないように調整してくれるので、ダメージは少ないです。 どうにもならないくらい痛んでいたら、思い切ってカットをする勇気も必要ですよ!カットした方が、今後髪が綺麗に伸びやすくなります。 私は、ロングヘアでパーマをかけていた時は、ウェーブが取れるとボブにカットして、また伸びたらパーマをかけて…というのを繰り返していました。 コテは、熱によって髪を痛めるイメージがありますが、「150度以内で、一箇所に当てるのは3秒まで」というルールを守っていただければ、ダメージを最小限に抑え、自然なツヤ出し効果も得られます。 縮毛矯正をする時は、毎回全体にかけるのではなく、根元の癖が強く出ている部分だけにかけるようにすれば、痛みを最小限に抑えることができます。 サロン専売品のホームケアのシャンプー・トリートメントを使う 市販のシャンプーやトリートメントを使っている方は、サロン専売品に切り替えましょう。 サロン専用のシャンプー・トリートメントは、市販のものに比べて、「髪に負担をかけずに、髪に良い成分を与えること」を考えられて作られたものが多いです。 チリチリになるほど痛んだ髪には、美容院のケアも大事ですが、 毎日のホームケアもとっても大事です。 お風呂上がりの濡れた髪は、キューティクルが開いているのでデリケートです。 痛みを進行させないためには、タオルドライで水気をある程度オフしてから、ドライヤーで完全に乾かすことがとっても大事! しかし、ドライヤーの熱風は髪を痛める原因となるので、髪をコーティングして守ってくれる洗い流さないトリートメントを馴染ませておくと、ダメージケアに効果的なんです。 洗い流さないトリートメントは、髪質や好みの仕上がりに合わせて選ぶと、痛んだ髪を扱いやすくしてくれますよ。 髪の専門知識や最新のヘア知識に特化している方々なので、髪の状態に合わせて、今の髪に必要な、最も効果的なヘアケア方法を提案してくれますよ! 予約が取りにくい人気アドバイザーの方もいますが、「自分ではどんなお手入れをしたらいいかわからない…」という方は、美容院で取り入れるべきメニューから、ホームケアのやり方までサポートしてもらいましょう! まとめ いかがでしたか?今回は、チリチリに 痛みきった髪の毛をケアする方法をご紹介しました。 チリチリ髪は、見た目の印象も触り心地も悪く、かなり髪の毛が傷んでいるサインです。

次の