せきへい。 大紀元時報

祇園祭ちまき販売(前祭)2020(販売日・・・)

せきへい

中国出身で日本に帰化済みの石平氏(56)のことを「外国人が日本を褒めるのは過剰同化」などと差別的に批判した古谷経衡氏(35)が大阪まで直接出向いて謝罪したことが分かった。 前回の記事: 2月24日、石平氏が事態を説明した。 皆様にご報告です。 古谷経衡氏との一件、今日の昼前、ご本人は仲介に当たった某月刊誌編集長と一緒に東京から大阪市阿倍野区の私の事務所の近くに来て、私に対し「申し訳ございません」とのお詫びを入れました。 私としてはこれを持って、今回の件を終わりにしたいと思います。 皆様には心から感謝! 古谷経衡氏は当初、謝らない姿勢を貫いていたが、ここにきて一転、自らの非を認めた形になる。 しかしそれにしても服装と髪型をみるに35歳にもなる社会人が謝るときにする格好ではないように思えるが…。 論争が起きた経緯を辿ってみると古谷経衡氏が一方的にいちゃもんをつけ始めたように見える。 しまいには「高校2年位の知識量」などという幼稚な煽り文句も飛び出していた。 結局、謝罪するのならはじめから喧嘩を売らなければいいのに。 わざわざ和解の証拠としてツーショット写真をとってもらった古谷経衡氏は何を考えていたのか。 他人に厳しく自分に甘く。 典型的な評論家という感じだ。 日頃のTwitterでの強気な発言は単なるネット弁慶だったということなのだろうか。 この一件について百田尚樹氏は裏話も含めて古谷経衡氏をバッサリと切り捨てる。 最初、石平氏が怒って「直接会って話そう」と申し入れたのに、古谷氏が「必要ない」と拒否したと聞いている。 で「高校2年程度の知識で…」とか散々バカにしたツイートをしておいて、形勢がよくなくなってきたと見るや、某社の編集長を保護者代わりに大阪まで謝りに行く始末。 全然カッコよくない! — 百田尚樹 hyakutanaoki いきなり失礼な言辞を投げつけて、相手から注意されたら、「やるのか、来いや」と逆ギレ。 しかし、ケンカする相手が強いとわかると、最後は「ごめんなさい」か。 石平さんが、大人でよかったね。 — 百田尚樹 hyakutanaoki 月刊誌編集長というのは誰のことだろう…。 仲介役を頼むのはいいにしても、謝罪は一人で行けばいいのに…。 古谷経衡氏のエピソードとして記録に残すためこの記事を書いている。

次の

石平 (評論家)

せきへい

中国出身の評論家・石平(せきへい)氏は、安倍首相の国防軍の創設に関して国際的には当然の流れだと言う。 私も同感だと思いますが、皆様はどのように思いますか? ? ? 「国際社会で生き延びていくためには、最低限それぐらいしないと自殺行為です。 戦後からの脱出が安倍政権から始まる。 中国も韓国も『日本が右傾化している』と批判しますが、中韓のほうが日本よりも右傾化しています。 日本が国防軍を持つことは右傾化でもなんでもありません。 普通の国、健全な国になるということです」 「中国との間で尖閣諸島が問題になるのは必至です。 領土問題では必ず中国は争ってきます。 日本側も国有化を撤回することはあり得ません。 そこで気になるのが中国側の動きです。 2012年11月15日には習近平新指導部ができましたが、習近平政権はかなりのタカ派なのです」(石平氏) その兆候は、習近平政権が頻繁に使うキーワードにも現れているという。 「習近平政権は『民族の偉大なる復興』という言葉を頻繁に使っています。 習近平は12月12日に広東省にある人民解放軍の陸軍と海軍艦隊を視察しましたが、その際に『偉大なる復興とは、強国の道、強軍の道である』と自ら解説しています」(石平氏) それだけではない。 もうひとつ、日本のマスコミが報じていない重大な変化がある。 石平氏が続ける。 「広東省の部隊視察の際、習近平が新しい言葉を使っていたことに私は非常に驚きました。 中国全土には7つの『軍区』があるのですが、彼が視察した広州軍区の呼称が『広州戦区』に変わっていたのです。 つまり戦時体制を意識しているということで、非常に大きな変化です」 そして習近平が軍を視察した翌日の12月13日には、中国の航空機が尖閣諸島上空を領空侵犯し、自衛隊機がスクランブル(緊急)発進するという事態が発生した。 これは今までになかったことだ。 「一般の船舶の領海侵犯だけであれば海上保安庁が対処しますが、領空侵犯であれば自衛隊が対処することになります。 つまり、中国は意図的に自衛隊を誘い出した。 尖閣諸島での軍事対立の色彩が一気に濃くなったのです。 また、12月14日の人民日報には、中国の楊潔(ようけつち)外務大臣が『尖閣問題では断固として日本と闘争する』という内容の論文を寄稿しています。 一国の外務大臣が近隣国に対して闘争という言葉を使うのは、宣戦布告の一歩手前と言ってもいい。 一歩間違えば、安倍政権どころか日本自体が非常に厳しい立場になるでしょう」(石平氏) 日本人が気づかないうちに、中国側はすでに臨戦態勢を取っている。 ヤル気満々ということだ。 中国が尖閣諸島を奪う野心あり 排他的経済水域での許可なく海底調査や領海侵犯領空侵犯など国連海洋条約違反や国際法違反です。 護憲派の主張は嘘です。 朝鮮戦争時、日本は米からの要請で保安隊の掃海艇を派遣して参戦。内1隻が1950年10月17日、掃海作業中に触雷して撃沈。戦死者を出したのを期に9条を盾に参戦を拒否。以来米は9条改憲を要求するようになり、呼応して自民も改憲を主張し始めました。 現在朝鮮戦争は休戦中ですが、終戦した訳では無く、事実上戦争状態です。 兵器ロイヤリティの欲しいアメリカも祖国統一を目指す韓国も、どさくさに紛れて太平洋へのシーレーンを獲得したい中国も、場合によっては圧政に苦しむ北朝国民も、皆日本の参戦を心待にしています。 先日再登板した安倍晋三は祖父の岸信介から3代に渡って、韓国の文鮮明が作った国際勝共連合にお世話になっている親韓の家系であると共に、50年以上に渡り竹島に海上警備行動も防衛出動も発令出来なかった弱腰の自民党政権が改憲したからといって強気になれるハズも無く、改憲はただ単に米韓の参戦要求に抵抗できなくする事が目的です。 また「侵略する」と言って戦争を仕掛ける国はありません。そんな事を言えばどの国も味方する事はできず、国連決議で武力介入されてしまう。 前大戦以降、ほぼ全ての戦争は「相手国から攻撃を受ける可能性が極めて高まったので攻撃する」という内容の理由で始まっています。 しかし9条は他国への戦力投射を禁じているため、日本に前述の理由で攻撃を仕掛ける事はできません。 この意味で9条は極めて高い抑止能力を有していると言えます。 改憲を主張する政治家の多くは、米軍産複合体や日本の防衛産業、韓国の国際勝共連合日本支部に選挙協力や資金提供、又はその約束を受けているだけであり、日本の事等全く考えていません。 私は嫌韓ではありませんが、朝鮮統一の為に日本人が血を流す必要は無いと思っています。 改憲を主張するネトウの多くは勝共連合日本支部の在日工作員 バイト代をもらって書き込みを行っている者 ですが、昨今これに無償で同調する無知な日本人が増えている事を極めて憂慮します。.

次の

【炎上】石平太郎 VS 古谷経衡 中国出身者が日本を褒めるのは過剰同化なのか?

せきへい

9時間 夏時は10 を引くと日本時間になります。 一時間足すと日本時間になります。 「ミニ」の1枚当たりの証拠金は10分の1です。 CMEとはChicago Mercantile Exchangeの略称で、シカゴ商業 マーカンタイル 取引所のことです。 世界最大の先物取引所で、金利、株価指数、外国為替、農業品の先物と先物オプションの取引を扱っています。 SGXとはSingapore Exchangeの略で、シンガポール取引所のことです。 アジア各国の金融先物およびオプションも多数上場されいます。 その中でも特にCME日経先物価格は翌日の日経平均に大きな影響を及ぼします。 日経平均の寄り付きは、大抵がCMEの終値に近い金額で取引が開始されます。 様々な経済的要素を考慮した日経平均の予想がCMEの終値ということですから、当然といえば当然かもしれません。 CMEの価格は日本市場全体に影響することも多いので、日経平均銘柄の売買を行う方だけではなく株式売買を行う方は注意深くCMEの動向はチェックをする必要があります。 リンクフリーです。 他サイトへのリンクは全て新しいウィンドウで開きます。

次の