ビーナス の 誕生。 ヴィーナスの誕生 ボッティチェリ 西洋絵画美術館 絵画解説

アレクサンドル・カバネル

ビーナス の 誕生

ボッティチェリ (1445-1510) イタリア 初期ルネサンス、フレンツェ派 ヴィーナスの誕生 The Birth of Venus 1485-86, Tempera on canvas, 172. 5 x 278. 5 cm, フィレンツェ ウフィツィ美術館 the Galleria degli Uffizi , Florence ルネサンス期、イタリア人をとらえたのは、古代ギリシャ・ローマの栄光であり、その神話であった。 イタリア人たちは、古代ギリシャ・ローマの神話の中に、何か深い、神秘的な真実があると信じた。 海から現れるというヴィーナスの物語は、美の神聖なシンボルとなったのである。 彼の描くヴィーナスは、首が長かったり、肩が極端に落ちていたり、左腕が不自然だったりと、マザッチョが到達した正確さに欠ける。 しかし、全体では全く不自然さを感じさせない。 それほど美しい絵なのである。 ボッティチェリが大切にしたかったのは、写実的な、科学的な正確さではなく、どこまでも優美で繊細な愛の女神である。 それは科学とは対立する、自然の姿なのである。 『ビーナスの誕生』は、天の国から「愛」という贈り物を持ってきたヴィーナスが、我々の国の岸辺へと漂い着いた姿なのである。 以下は登場する神々である。 ヴィーナスは貝に乗って、バラの花に囲まれている風の神ゼフュロスとが、岸辺へと運んでいる。 岸へ上がろうとするヴィーナスに、妖精が彼女に赤いローブを渡している。 左端にいるのは、西風の神ゼピュロスとニンフのである。 西風は強く息を吹き、クロリスは柔らかなため息で、ヴィーナスを岸辺へと運ぶ。 右端は果樹園のある岸辺である。 ギリシャの理想郷ヘスペリデス、黄金のりんごの園である。 そこでは4人の姉妹がいて、この果樹園を守っている。 ニンフはギリシャ神話では、ヴィーナスに仕える三人のホーラーたち(季節と盛衰と秩序の女神)の一人で、季節の女神である。 彼女の華やかなドレスと、ヴィーナスに差し出しているローブには、ヒナギク、桜草、ヤグルマギクなど、「誕生」の主題にふさわしい、春の花が刺繍されている。 季節の女神が付けている花輪は、ヴィーナスの聖木である青みがかった暗い緑の天人花である。 腰に巻いているピンクのバラは、ボッティチェリのもうひとつの代表作『春』に出てくるフローラのようでもある。 | | | |.

次の

ヴィーナスの誕生 ボッティチェリ 西洋絵画美術館 絵画解説

ビーナス の 誕生

「春」にならぶボッティチェリの代表作 「ヴィーナスの誕生」は「春(プリマヴェーラ)」とならんでウフィツィ美術館が誇るボッティチェリの代表作。 英語では「 The Birth of Venus 」と呼ばれます。 愛の女神ヴィーナスは、時の神クロノスによって切り取られた天空の神ウラノスの男根が海に落ちたときにできた泡から生まれたとされています。 ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」では、厳密には「誕生」ではなく、ギリシャのキュピロス島に流れ着いたシーンが描かれています。 「ヴィーナスの誕生」鑑賞のポイントを紹介 「ヴィーナスの誕生」には、主役のヴィーナス以外にも 3 人の登場人物が描かれています。 また、ボッティチェリはヴィーナスやその他のモチーフを独特の方法で描きました。 それらを解説しながら、「ヴィーナスの誕生」の鑑賞のポイントを見ていきましょう。 何が描かれているのか 中央に描かれているのは、ホタテ貝にのって島へ流れ着いた愛の女神ヴィーナス。 生まれたばかりなのに成熟した女性の姿をしています。 画面の右側で、ヴィーナスを陸地へと吹き寄せているのは西風の神ゼピュロスとその妻クロリスです。 そして、画面の右側で女神を迎え入れようとしているのは季節の女神ホーラーだと言われています。 どのように描かれているのか 主役のヴィーナスをよく見てみると、首や胴体が異常に長く、まるで宙に浮かんでいるかのようです。 また、人物たちの影は描かれておらず、陸地の木々はあまりに細く、海上の波はパターン化され、薔薇やホタテ貝など随所には金色が用いられています。 ボッティチェリは、女神の誕生を写実的に描くのではなく、装飾的に描くことで神々の国の神秘性を強調しています。 「ヴィーナスの誕生」はなぜ描かれたのか 「ヴィーナスの誕生」は、ボッティチェリのもう一点の代表作「春」同様に、様々な解釈がなされてきました。 「ヴィーナスの誕生」にはどのような意味が込められているのでしょうか。 その解釈の一部をご紹介します。 結婚あるいは誕生のお祝いのため 「ヴィーナスの誕生」がメディチ家のメンバーのいずれかによって注文されたことはほぼ確実といわれています。 ヴィーナスが司る「愛」やホタテ貝や描かれた植物が象徴する「豊穣」「多産」のイメージから、結婚、あるいは子の誕生を祝うために描かれたと推定され、誰のための注文かということで議論が分かれています。 そのため制作年代も 1477 年頃、あるいは 1482 ~ 1484 年頃のいずれか定まっていません。 メディチ家の統治を賛美するため 画面右側の背景に着目するとオレンジの木が豊かな果実を実らせています。 オレンジは、 14 世紀以来、メディチ家の象徴となってきました。 また、花の神フローラは華の都フィレンツェを、背景に描かれた月桂樹は、当時のフィレンチェの事実上の統治者ロレンツォ・イル・マニフィコを象徴するとも言われ、メディチ家統治の下で栄えるフィレンツェへの賛辞とも読み取れるのです。 古代の美術と競うため ボッティチェリらルネサンスの芸術家たちは、みな古代の美術を規範とし、またそれに勝ろうと研鑽を積みました。 『ヴィーナスの誕生』も、古代ギリシアの有名な画家アペレスが描いたという同主題の絵画をボッティチェリ流に描いたものと言われています。 なお、ヴィーナスのポーズは古代の彫刻「恥じらいのヴィーナス」から借用されています。 カバネルが描いたバージョンも人気 「ヴィーナスの誕生」は、ボッティチェリのものが最も有名ですが、ティツィアーノほか多くの画家たちによって描かれたモチーフでもあります。 なかでも、 19 世紀フランスで活躍したアレクサンドル・カバネルは、まさに泡から生まれ出たヴィーナスを海面に横たわる妖艶な姿で描き人気を集めました。 ボッティチェリによる高貴なヴィーナスとカバネルの扇情的なヴィーナス、どちらがお好みでしょうか。 色々な「ヴィーナスの誕生」を見比べてみるのも面白いかもしれませんね。

次の

アレクサンドル・カバネル

ビーナス の 誕生

ギリシャ神話の中に登場する『愛と美の女神アプロディーテ(ローマ神話ではヴィーナス)』の誕生についてご存知でしょうか。 フィレンツェの美術館にある有名なボッティチェルリ作の『ヴィーナスの誕生』の絵をどこかで目にした事があるのではないでしょうか。 海面で大きなホタテ貝の上に裸で立っている美女の絵です。 彼女は海の泡から生まれたと知っている方も多いと思います。 しかしこの海の泡は自然に海の底から発生したものではありません。 これは『ある物』が海に投げ込まれて発生した泡なのです。 愛と美の女神が生まれるのに一役買った物とはどんな素敵な物だったのでしょうか。 宝石やきれいな花がイメージとしてはぴったりですよね。 しかし海に投げ込まれたのは、天空ウラノスの『陰部』だったのです。 ギリシャ神話では世界の始まりはカオス(混沌)です。 そしてそのカオスの子供のガイア(大地)とタルタロス(冥界の深部)の姉弟が交わってできた子供がウラノス(天空)でした。 そして母親のガイアがこのウラノスとの間に12人の神と2人の巨人をもうけます。 ここでは母子での交わりですね。 しかしウラノスがこの2人の巨人を嫌い地底に閉じ込めてしまいます。 もちろん我が子を閉じ込められたガイアは怒り燃えて復習を計画します。 そして自分の子供達にその復習の手伝いを頼んだところ、一番末っ子のクロノスが母を手助けする事を決意します。 夜になってウラノスがガイアのところへ来ると、隠れていたクロノスがすばやく父親の陰部をナイフで切り取り海へ投げ込みました。 そしてその海の部分から白い泡が発生して、愛と美の神であるアフロディーテが誕生したのです。 姉弟、親子で交わる事タブーである現代の私達にとっては、ギリシャ神話の男女関係は信じられなく乱れています。 その上に男性の一物を切断するという狂気的な行動に思わずのけぞります。 ところがそのオチが『愛と美の女神誕生』とは大ドンデン返しです。 ギリシャ神話にはまだまだ信じ難いお話がたくさんあり、昔の人達の創作能力に感動させられます。

次の