内田 洋行 株価。 内田洋行(8057)株価予想と仕手株,2ch掲示板【クラウドシステム.学校教材.オフィス家具関連銘柄】

内田洋行 (8057) : 株価/予想・目標株価 [UCHIDA YOKO CO.,]

内田 洋行 株価

74円高の1253円。 240円高の4060円。 1000円ストップ高の7060円を付け、同値カイ気配。 18円安の1610円。 7円安の118円。 提供:モーニングスター社• ・本情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としているものであり、投資勧誘を目的にしたものではありません。 ・掲載されている内容に関しては、万全を期しておりますが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 著作権等の知的財産権その他一切の権利はモーニングスター株式会社または外部の情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 ・「日経平均株価」に関する著作権並びに「日経」及び「日経平均株価」の表示に対する知的財産権その他一切の権利は、全て日本経済新聞社に帰属します。 また、「日経平均株価」は20分以上遅れた値を表示しています。 ・為替情報はSBIリクイディティ・マーケット株式会社から提供されています。

次の

内田洋行 (8057)

内田 洋行 株価

QUICKレーティング QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 五つ星はプラス2、星ゼロはマイナス2を意味しています。 五つ星の下にある矢印は、直近1カ月以内に星の増減があったがどうかを示しています。 アナリストは業績成長を予想しているからといって、必ずしも「買い」の投資判断(レーティング)をつけるわけではありません。 業績の成長が見込めたとしても、すでに株価がその成長を織り込み、割高な水準まで上昇していれば「売り」をつけるでしょう。 一方、業績が低迷していても、その低迷を織り込んで割安と思える水準まで株価が下がれば、逆に「買い」の判断を掲げることもあります。 調査担当のアナリストがいない場合は算出対象ではありません。 算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサス QUICKコンセンサスは、証券会社や調査機関のアナリストなどによる上場企業の業績予想の平均値(コンセンサス)です。 QUICKが独自に算出しています。 QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 調査担当のアナリストがいない場合は、コンセンサスは算出対象ではありません。 企業が業績予想を修正した際、新たなアナリスト予想が収録されるまでは、参考値として業績予想修正前の値が表示されます。 日本経済新聞の記者や会社側の予想値ではありません。 なお、コンセンサス予想の算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサスと会社側の会計基準は必ずしも一致しない場合があります。 また、決算期変更などのケースを含めて更新タイミングがずれる可能性があります。

次の

内田洋行 株価 2ch 掲示板 8057 【株ドラゴン】

内田 洋行 株価

野村証券では投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に格上げ、目標株価も5800円から8100円にまで引き上げている。 海外では、中期的にヤクルト製品が浸透していくとの見方に変化ないなか、国内に関しては、高付加価値戦略の効果による単価上昇で収益が拡大していくとの見方に改めているもよう。 22年3月期以降は力強い利益成長に移行し、24年3月期営業利益は625億円に達すると予想している。 前日に業績予想の修正、並びに、25日に決算発表を行うことを発表している。 営業利益は従来予想の150億円から153億円に上方修正、微増益となる見通し。 メディア事業の加入者減で営業収益は減少するものの、技術関連費用や経費が減少したようだ。 21年3月期業績見通しに関しては、視聴料関連収入は減少予想だが、宇宙事業では「JCSAT-17」サービス開始が売上に貢献と見込んでいる。 前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は82. 8億円で前年同期比2. 3倍となり、通期予想は従来の58億円から65億円に上方修正している。 Windows10更新需要や軽減税率制度対応需要、大型案件などの一巡が想定されたものの、ICT関連や環境構築関連ビジネスは想定以上に高水準の推移が続いているようだ。 なお、新型コロナの影響による一部納入延伸なども見込んでいるもよう。 レオパレス21:241円(-32円) 急落。 20年3月期最終損益は700億円を超える赤字だったもようとの観測報道が伝わっている。 従来予想は304億円の赤字であった。 建築基準法に適合しないアパートを施工していた問題で空室が増加し、補修工事に要する費用も膨らんでいるようだ。 また、全体の15%強に当たる1000人規模の希望退職者を募ることが分かったともされている。 なお、会社側では、803億円の赤字見通しであり、業績修正は本日公表予定としている。 アイリック:1182円(-91円) 大幅に3日続落。 新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、20年6月期の株主優待制度を変更すると発表している。 保有株式数に応じて進呈する株主優待ポイントを従来の5000-4万ポイントから3000-1万ポイントに変える。 6月30日現在の株主が対象。 優待ポイントの減額が嫌気されていることに加え、株価が25日移動平均線を下抜けたことも売り圧力を強めているようだ。 5月の既存店売上高が前年同月比9. 9%減だったと発表している。 前月(24. 4%減)から減少幅が縮小した。 客数は16. 0%減(前月29. 1%減)、客単価は7. 4%増(同6. 7%増)。 全店ベースの売上高は16. 0%増(同7. 5%減)とプラスに転換した。 月前半は外出自粛などの影響で顧客の来店頻度が低下したが、後半は緊急事態宣言の解除を受けて来店頻度が高まり、売上高の改善に寄与した。 《ST》 フィスコ 関連ニュース•

次の