煽り運転 対策。 トラック運転手があおり運転されたときの煽り運転対策がまるわかり

危険な煽り運転!対策はあるの?

煽り運転 対策

煽られた場合の対処方法 基本原則!「相手にしない」 大原則ですが、煽ってくる人間は 相手にしないでください。 うんうん。 分かります。 「何でこっちは適正な速度で走っているのに一方的に煽られないといけないんだ!間違っているのは煽ってくる奴じゃないか!ムカつくぜ!!」 と思う気持ち、超分かります。 私もムッとします。 しますが、ここは私たちが大人になってこらえましょう。 世の中には、話しても通じない人は沢山いますし、煽った所で目的地に速く着けるとかって思っている残念な人たちが本当に沢山います。 そういう人たちと張り合ってはいけません。 というわけで、煽られた場合はとにかく関わりあいにならないようにします。 これ、お兄さんと約束!! ケース1:右側車線を走っていて煽られた場合 複数車線がある道路を走っていて、右側車線を走っていて後ろから煽られる、というパターンの場合です。 高速道路もこれに該当します。 前が詰まっているのに、や、決して遅くないスピードで走っているにも関わらず、というケースで、です。 遅いペースであれば右車線を走行するべきではないので 大原則に則り、左車線に移動しましょう。 「なんでこんな奴のために車線を移らないといけないんだ」 という気持ちはとても理解できますが、そのまま煽られ続けたり、トラブルになった場合の損の方が多いですよね。 折角楽しいバイクに乗っているんです。 あまり気にせず先に行ってもらいましょう! ちなみに、煽ってきた人とトラブルになるケースとしては、• 煽ってきた奴がムカつくからブレーキランプを踏んでやった• 車線変更すると負けた気がするからそのまま右車線を走り続けた のような相手を挑発するようなことをした場合です。 相手を刺激してはダメです。 ケース2:片側1車線の道路で煽られた場合 世の中、結構多いですよね。 片側1車線の道路も。 この場合に煽られたらどう対処しましょう… はい。 左ウインカーを出して停車モードに入りましょう。 勝手に煽ってきた車が抜いていきますので。 このケースだと、ケース1の2車線で左車線に移った場合と比べて停車の手間等が発生し、より「なんでこんな奴のために停車してやらないといけないんだよ!!!!」という思いを感じるかもしれません。 しかし、そこはグッと堪えて、大人の対応をしましょう。 楽しいツーリングにトラブルという最悪の影を落としたら、その日一日ずっと嫌な気分になりますしね。 「ふっ。 俺は大人だから先に行かせてやる懐の広さをもってるんさぜ。 」と思って気にしないようにしましょう。 ちなみに、その前に相手を挑発する行為などを行っていた場合は、停車すると相手とトラブルになる可能性がありますので、この対処を行うのは相手を挑発していない割りと煽られ序盤の場合です。 ケース3:街中などで執拗に煽られる場合 交通量が多くてあまり車線変更もできないが、執拗に後ろの車に煽られる…どうしよう… やっと車線変更できた…ふう…!!まだ付いてきて煽ってる…!!どうしよう! というケースです。 悪質な煽り運転魔に出くわしてしまってケースですね。 本当に運が悪いです。 どんまいです。 こうしたケースですが、これ、バイク乗りにとっては本当に危険なケースですよね。 重大事故に直結するような場合です この場合は、 すり抜けしてその車の前に居続ける状況から脱出しましょう。 「すり抜け」とかって書くと、車乗りの人からバッシングを受けそうですが、煽られ続けて重大事故に繋がるリスクがすり抜け程度で回避できるのであれば安いものですよね。 されましたし、本当に危険なんです。 煽り運転って。 ちょっと、すり抜けってどうなの? ちなみに、そもそもすり抜けって法律上どうなの?という点が気になる方は、下記のリンクなどに詳しくまとまっているので、一度確認されると良いでしょう。 総括すると、すり抜け自体は法律で禁止する条文は無いが、すり抜けに伴い他の諸条文に引っ掛かる可能性がある、というグレーなところです。 参考リンク• 警察官に聞いてみたそうです• は、違反すり抜けにならないためのポイントを書かれています。 ほかにも、やの方が分かりやすくすりぬけに関して書いています。 ちなみに、むやみなすり抜けを助長しているわけではありませんので。 煽り運転という危険行為に対して、バイクの機動力を活かしたトラブル回避策としての提案です。 煽り運転を受けにくくするためのポイント ここからは、煽り運転を受けた場合の出口対策ではなく、そもそも煽り運転されにくくするような入り口対策について書いていきます。 ええと、賛否あるかもしれませんが、ご自分で取捨選択するようにお願いします。 前を走っている車はとにかく煽る、のような悪質な運転者。 道路の左側に寄りすぎない 教習所などで、「道路の左側を走れ!」と強く言われたかと思いますが、あまり道路の左側を走っていると、後ろの車が「ん?これは抜いていいのか?なんだ?」みたいな気持ちを誘発してしまいます。 私の経験上、左寄りを走っているバイクの方が煽られガチな傾向にあると見受けられますので、中央寄りを走るのが良いかと思います。 もちろん、左折時などは左に寄ってくださいね 2. 車間を空けすぎない ええと、車間は空けて下さい。 ただ、街中等で必要以上に 他の車が取っている車間の2倍以上とか 取っていると、後ろの車から煽られ易くなる傾向にあると思います。 ので、ここは回りの交通状態に合わせて、でも万が一のケースに対応できるような絶妙な車間をキープするように心がける必要があります。 交通の流れに乗る スピード違反を助長するわけではありませんが、現実の速度制限標識に沿うよりかは、車の流れに沿うようにしていた方が煽られにくいです。 速度摩擦が発生する時に、煽りの影が潜んでいますから、周りの車と同じような走行をするようにすると良いかと思います。 大きく見えるバイクに乗る 大きく見えるバイクか、速そうに見えるバイクに乗ると、煽られる率がそこそこ下がります。 個人の経験と友人のコメントより。 車も、軽自動車より高級車の方が煽られにくい印象がありますが、それに似ていますね。 このバイクに乗っていた時は、そこそこ煽られたような思い出があります。 SRX250も車体は細めでリアタイヤも細く、GN125程ではありませんでしたが、煽られたこともしばしばありました。 VTR250になると、そこまで煽られたことはありませんが、それでも時々ありました。 650ccとフレーム外装共通でそこそこ大きく見える車体、リアタイヤサイズ160で250ccクラスと比べると太め になると、殆ど煽られることは無くなったように感じます。 もちろん、それでも煽ってくる人間は居ますから、まあ、それは仕方がないです。 おわりに 煽り運転って、本当に嫌ですよね。 折角の楽しいツーリング中に煽られたりすると本当に苛立たしいです。 ですが、そこで張り合ってしまうと良くない未来がまっていますから、できるだけ私たちが大人の対応をして、トラブルに会わないように気を付けていきたいですね。 公道というのは、本当に色々なレベルの人が運転しています。 頭の良い官僚様や、デキるITベンチャー社長といった人たちから、私たち一般サラリーマンであったり、おじいちゃんおばあちゃん、チンピラのような人たち、頭のネジが外れた人たち… 通常の社会ではまず交わることの無い人たちが、道路上では関わりあいになる可能性があります。 そう考えると公道ってとても危険ですよね… ですので、心にゆとりをもって、危ない運転をする人とは関わらず、気持ちの良いバイクライフを送りましょう!! 今回は以上です。 【文字数:3728文字】 関連する記事• 2013. 20 みなさん、こんにちは! 今回は自分の大の苦手な伝送系のお話。 レギュレータというパーツについてです。 Youtuberになりました!チャンネル登録をお願[…]• 2014. 11 みなさん、こんにちは! 今回の記事は、間違ってまたバイクを買ってしまった。 というお話です。 購入したバイクは…そう!タイトルの通りVTR2[…]• 2018. 08 Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします! 登録してもらえると超喜びます!! バイクお役立ち情報を発信してます! hidetaso[…]• 2017. 21 Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします! 登録してもらえると超喜びます!! バイクお役立ち情報を発信してます! hidetaso[…]• 2017. 30 Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします! 登録してもらえると超喜びます!! バイクお役立ち情報を発信してます! hidetaso[…]• 2014. 19 Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします! 登録してもらえると超喜びます!! バイクお役立ち情報を発信してます! hidetaso[…].

次の

あおり運転の対策・対処法|正しく身の安全を守るマニュアル|交通事故弁護士ナビ

煽り運転 対策

Contents• あおり運転とは あおり運転とは、走行中の車を妨害するため執拗に車間距離をつめたり、パッシングや急停止をする非常に危険な行為です。 最近ではニュースはもちろん、ドライブレコーダーの普及によってなどでも多くの映像がアップされるようになり、話題となっています。 この、 あおり運転のなかでも代表的なのが2017年に東名高速道路で起きたです。 この事故では、の加害者によって高速道路上で停車をさせられた被害者の車に後続の大型トラックが追突し、夫婦2人の尊い命が奪われました。 このような重大事故を引き起こすあおり運転ですが、直接的または間接的な被害者になるリスクを考えれば、トラック運転手にとっても決して人ごとではありません。 トラック運転手のあおり運転による事故 あおり運転による事故には、本来安全運転を一番に心がけなければならないはずのトラック運転手が加害者となって引き起こしてしまったケースもあり、最近ではが話題となりました。 この事故では大型トレーラーが無理な車線変更や幅寄せ、急停止といったあおり運転を繰り返したあげ句、大型トラックに衝突しました。 事故を起こした大型トレーラーの運転手は現場から逃走をしましたが、 ドライブレコーダーに残った映像から特定された結果、危険運転致死傷罪で検挙されました。 被害にあった大型トラックはガードケーブルに激突し、運転手の男性はその際に頸椎ねんざのケガを負いました。 (参考)の割合 なぜ煽るトラックがいるのか 運輸業界は慢性的な人手不足のため、一人の仕事の負担が大きくなりがちで、 余裕のない無理な運行スケジュールが組まれることもあり、トラック運転手にとっては大きなストレスの原因となっています。 他にも思わぬ渋滞や長時間労働、長距離運転による睡眠不足など、様々なストレスに日々さらされることが多く、 ちょっとしたきっかけから感情が爆発してしまい、煽り運転という危険な行為に及んでしまうといったことが理由の1つとして挙げられます。 あおり運転によってトラック運転手が被害を受けた事故 先ほどはトラック運転手が加害者となったケースをお伝えしましたが、 トラックの場合、実際のところは煽るよりも煽られることの方が多く、 約7割のトラック運転手が過去にあおり運転をされた経験があるとのこと。 2018年3月にでは、トラックの前に割り込んだ乗用車が幅寄せや急ブレーキを繰り返し、衝突させたうえに腰部座礁のケガを負わせていました。 また、事故にはならなかったものの、同時期に、 東京都世田谷区の首都高速で起きたあおり運転では、トラックが約3キロに渡り乗用車から煽りを受けたのちに車を停車させられ脅されるなどした事件もおきています。 この件に関して あおり運転をした乗用車の運転手は脅迫の容疑で逮捕されています。 8倍となる1万3025件、2019年には約2000件増の1万5065件と増え続けています。 摘発場所の90%以上がトラック運転手がよく利用する高速道路上とのことで、まだまだ安心できず、より一層の強化を期待したいものです。 あおり運転に罰則はあるのか?道路交通法改正による厳罰化の内容は? 多くのトラック運転手も被害の対象となっている頻発するあおり運転は、大きな社会問題となっていますが、その半面、 今のところ現行法であおり運転そのものに直接適用される罰則というものはなく、先ほど述べた 車間距離保持義務違反(3月以下の懲役)や刑法(懲役3年以下の暴行罪や強要罪など)を適用する形で対処しているのが現状です。 しかしながら、 昨今の事件や事故の悪質性からが検討されるようになり、 2019年12月6日にはして、新たに罰則を設けることを検討している旨を発表し、今年の通常国会で道路交通法の改正案を提出することを目指しています。 厳罰化の内容としては、 現在適用している刑法を基準に同等かもしくはそれ以上のものにするかを調整するようで、 違反点数に関しては無免許や飲酒運転などと同じように15点以上とし、 欠格期間を1年以上とする 免許取り消し処分の対象になるよう厳罰化するとのことです。 重大事故や事件が起きても依然減らないあおり運転ですが、厳罰化されることで少しでも改善されるよう、早期の法改正が行われることが期待されます。 大型トラック運転手が煽り運転を受けやすいケース 大型トラック運転手があおり運転を受けるきっかけになりやすいのが、高速道路でノロノロと走行していると勘違いをされてしまうケースが挙げられます。 実は大型トラックには スピードリミッターと呼ばれる速度制御装置の装着が義務付けられており、90km以上の速度が出せません。 そのため大型トラックが追い越しをしようとしてもゆっくりとしか追い越せず、後続車からすると追い越し車線でノロノロ併走しながら道を塞いで走っているように見えてしまうのです。 一般の人はスピードリミッターの事など知らない事が多く、気の短いドライバーにとってはわざとゆっくり走っているのではないかと勘違いし、その結果煽り行為に及んでしまうことがあるようです。 トラック運転手のあおり運転対策 ドラレコや録画機器の設置 トラック運転手にとってドライブレコーダーなどの録画機器はあおり運転対策には欠かせません。 悪質な事故や事件が注目を集めだしてから広く普及しはじめましたが、 万が一あおり運転の被害にあって事故が起こってしまった場合など、ドライブレコーダーがあれば映像を証拠として残せるため、非常に大きなメリットがあります。 2019年8月に起きた茨城県の常盤自動車道で起きたあおり殴打事件では、加害者があおり行為を繰り返したのち、高速道路上で車を停車させ、被害男性を激しく暴行するショッキングな映像が拡散され話題となりましたが、この事件もドライブレコーダーの映像が解決のきっかけとなっています。 ドライブレコーダーはそれなりに費用はかかりますが、 安いものだと本体と工賃合わせて1万円~2万円手でに入りますので用意しておくことをおすすめします。 ダミーカメラやステッカーの設置 ドライブレコーダー以外にもトラック運転手のあおり運転対策におすすめしたいものが、ダミーカメラやステッカーです。 基本的にドライブレコーダーは前後につけたほうがいいですが、費用も決して安くないことから前方だけにしかつけていないという方も多くいます。 ダミーカメラやステッカーであれば1000円~3000円程度でお手軽に揃えることができ、後方に取り付けるだけで車間距離を必要以上に詰められるといったこともなくなります。 ただ、 ダミーカメラだけだと後続車から気づかれないこともあるので、『ドライブレコーダー録画中』などの注意喚起を促すメッセージが入ったステッカーとセットで取りつけることでより効果を発揮してくれます。 大型トラックに乗っていて煽り運転を受けたらどうすべきか 大型トラックがあおり運転を受けた場合ですが、 基本的に大型トラックだからといった区別はなく、と同じで、 まずは無視をして冷静にやり過ごすことが大切です。 冷静さを失い、やられたらやり返すといったように対応して事故を起こした場合、大型トラックは一般車両に比べ甚大な被害をもたらす可能性が高いので、特に気をつけたいところです。 ほかには、 二次被害を防ぐためにすべての窓を閉めドアロックをかけることや、 警察に通報をするなど、自分の身を守ることを第一に考えて対策をしましょう。 トラック運転手があおり運転だと誤解されないためのポイント トラック運転手側が適切な速度と車間距離をとっていても、一般車からバックミラー越しにトラックを見た時、やけに車間距離を詰めているように見えたり、圧迫感を感じることがあり、あおり運転をされているのではないかと錯覚してしまうことがあります。 これは トラックの構造の問題もあり、ほとんどのトラックがボンネットのないキャブオーバー型(エンジンの上に運転席がある平らな形)のために 距離が近く見えてしまい、また車高の高さや車体の大きさもあいまって圧迫感を与えてしまっているのです。 あおり運転をするドライバーのタイプ あおり運転をするドライバーのタイプについては主に3種類のタイプがいます。 カッとなりやすい性格のドライバー カッとなりやすい性格の人は周囲の車の車線変更やブレーキ操作などの動きに敏感で、 相手に悪意がなくても自分の運転に少しでも支障があれば頭にきてあおり運転を起こす傾向があります。 時間的余裕がないドライバー 急いでいる運転手は少しでも早く先に行きたいという焦りからイライラしやすくなり、速度を守っている車に対して車間距離を詰めるといったあおり行為をしてきます。 自業自得なのですが、 時間の余裕がない運転手は周りが見えなくなり、短気な行動を起こしがちです。 車に乗ると性格が変わるドライバー 普段おとなしく温厚な人でも、車に乗ると途端に性格が変わるということがあります。 これは、車という鉄の塊が自分を守ってくれているという安心感から起こることで、その 安心感から気が大きくなってしまい、その結果としてあおり運転を起こしてしまうという傾向があります。 慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。 ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、 「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば 情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。 ただ、ドライバーの仕事は忙しいので じっくり探す時間はなかなか取れないものです。 ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。 それなら、• 転職するしないに関係なく完全無料でサポート• 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる• もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです! ドライバーズジョブは ドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします! 登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

次の

煽り運転された時の対策。煽り運転者は「危険性帯有者」が適用される

煽り運転 対策

煽り(あおり)運転されたときの対策・対処法 とても迷惑で危険な煽り運転 前方車両に対する 煽り( あおり) 運転は嫌がらせで迷惑であり危険行為でもあります。 しかし普通に運転しているのにあおってくる輩もいて、その対処に悩むことも多いですよね。 そこで今回は車間距離を詰めてくる あおり運転の対策や対処法についてまとめます。 あおり運転とは あおり運転とは、• 前方車両に対して異常なまでに車間距離を詰めて、道を譲るよう強要する• 前方車両を追い回す• ハイビーム、パッシング、クラクション、幅寄せなどをして相手を威嚇する このような嫌がらせ、脅し行為のほかに、故意に事故を起こす当たり屋もあおり運転に含まれます。 なぜ煽り運転をしてくるのか あおり運転は絶対にしてはいけない行為ですが、あおられる原因が自分にもないかチェックしてみましょう。 ノロノロとしたスピードで走っていないか• 前方車両との車間距離をとりすぎていないか• 頻繁にブレーキを踏んでいないか• 急ブレーキ、急減速を繰り返していないか• わき見運転やふらついた運転をしていないか• 常に追い越し車線(右車線)を走っていないか 自分自身がこのような運転をしていないのにあおってくる車がいたらそのドライバーは悪質といえます。 後続車にあおられたときは気にせず相手にしないのが一番ですが、そういかないときもあると思います。 実際にあおり運転されたときは、どう対処したらいいのか見ていきましょう。

次の