インディーズ バンド と は。 インディーズバンドとメジャーバンドの収入、給料【どっちが儲かる?】

インディーズバンドとメジャーバンドの収入、給料【どっちが儲かる?】

インディーズ バンド と は

現在ではVoの塩入氏によるソロプロジェクトになっているもののサポートメンバーと共にバンド活動としている Voが書くメロディに寄り添いつつ、主張も忘れない楽器陣の演奏も表現力豊か。 人間が持つ複雑な感情を混じり気なく落とし込んだ音、言葉、歌はほろ苦くも温かい。 そんな歌詞の意味を読み取りながら聴くのもこのバンドならでは ナチュラルなミッド・テンポのサウンドでエッジーなギターと感情的なヴォーカルが作り出すスピード感と焦燥性が生々しくリスナーの耳に突き刺さることこの上ないであろう。 孤独を想起させるサウンドスケープや言葉が散見されていることからも、塩入が元来持っていた、孤独の概念やひとりの世界が抽出された楽曲が揃っているので是非好みの楽器を探してみてはいかがですか? 冷静な視点で物事を捉えながら、その内にある情熱を歌詞と演奏で表現するFINLANDSはきっと、今後ますます頭角を現していくに違いない。 amelie 哀愁とPOPさが混在する独創性に富んだ楽曲と熱量あふれる圧倒的なライブパフォーマンスで、シーンを問わず様々なイベントに出演。 着実にその名を拡げ始める。 ポジティビティ溢れる明るくハツラツとしたポップなものと、哀愁漂う歌謡曲をベースにしたソリッドでパンキッシュなものという、全く違うアプローチで作り上げる2面性のある楽曲に乗せて、飾らない等身大の言葉を聞き手1人1人に届けていく"踊って泣ける歌謡ロック"が特徴。 清々しいほどのド直球なポップナンバーや、疾走感と哀愁感を併せ持つアグレッシブなパンクチューンに加えて、シンセの旋律を活かしたバラードやアップテンポなダンスロックまで手がけてしまう豊富な表現力と、転調などを随所に盛り込んだメリハリあるドラマチックなアレンジも魅力。 集団行動 爽やかだけれど力強く、そこに描かれている青春模様は甘酸っぱくもあり、どこか切なくもある、平均年齢18歳の次世代ガールズバンドとして、昨今シーンで頭角を現してきているGIRLFRIEND 4人全員がボーカルをこなしたり、他アーティストの楽曲をカバーして、もしかすると原曲を超えてしまっているんじゃないかと思うほどに歌い上げる凄まじさ、アレンジ力があります。 所属レーベルはavex trax。 avex traxからバンドがメジャーデビューするのも珍しい感じがしますね。 ますます今後の活躍に期待です! まとめ はい!今回は女性ボーカルを中心にピックアップさせて頂きました。 男子にも負けず劣らずのパワフルなサウンドやエッジの効いた歌声を兼ね備えたバンドも居れば 女性ならではの優しい丸みのある音作りなどまぁ多彩だと個人的に感じる面々があったかと思います。 女性目線の歌詞感もならではと感心させられるばかりです。 一部しかご紹介していませんが、興味あるアーティストがいれば掘り下げてみて下さい。 まだ魅力がどんどん出てくるアーティストばかりです。 取っ掛かりには十分なところだと自負しております まだまだ他にもご紹介したいアーティストも多数おりますのでまた次回までお楽しみにして頂ければ! 人気記事• 元号は令和になり、時代は変わっても音楽の良さというのは中々変わらないもので そこで今回はその年、時代を彩って来た 「バンド」に目を当てて何組かご紹... 9,386件のビュー カテゴリ:• 手応えのあるライブをやると物販も売れますし、積極的にお客様から、対バンのメンバーからも声かけられます。 また、お客様の声をダイレクトに受け止めること... 3,529件のビュー カテゴリ:• バンド活動をしてる中で、インディーズからのスタートを希望するバンドも多いと思います。 現在はCDを、全国流通するのは費用さえあれば可能ですが、「バン... 2,977件のビュー カテゴリ:• 今回はブレイク間近であろうガールズバンドをご紹介致します。 前回より引き続きブレイク間近のアーティストをご紹介! 今回はガールズバンド、女子ボーカ... 2,448件のビュー カテゴリ:• バンドマンのエフェクター購入の良くある流れ 音作りのセンスの良さ、サウンド面でキチンと音作りに向き合えてるかどうかプレイヤーの力量が出るところ。 2,240件のビュー カテゴリ:• バンドの悩みの一つ集客。 「お客様が沢山=動員がある」それは、ライブハウス、バンドにも、お互いWIN WINなんです!新人発掘担当者も、まず「通常ライブ... 2,154件のビュー カテゴリ:• 自分の立ち位置で作った音と、アンプをマイクで音を拾って、ライブハウスのスピーカーから、お客様へ届く音は、若干違います。 特に背の高い人は、耳の位置が... 2,030件のビュー カテゴリ:• これからバンドを始める人は知識として、バンド活動中はそろそろ心の準備が必要かもしれません。 17,18,1... 1,974件のビュー カテゴリ:• 「バンドメンバー脱退」「バンド解散」「活動はしているが何も進まない」 18,19歳頃からはじめたバンド活動もそろそろ慣れて、バンド活動2~3年目の2... 1,892件のビュー カテゴリ:• 皆で、一緒に「はい!ご一緒に」って練習も大事ですが、ギターが音作りしてるのを、待ってたり、オリジナル曲の合わせを、ドラムが待ってたり、スタジオの使い方... 1,875件のビュー カテゴリ:.

次の

インディーズコレクション

インディーズ バンド と は

1960年代 [ ] 1966年 [ ]• 1967年 [ ]• 1968年 [ ]• 1969年 [ ]• (4月1日)• (8月)• 1970年代 [ ] 1970年 [ ]• (5月9日)• 1971年 [ ]• (1月)• - 2004年再結成。 - 1981年 - 1983年、2013年再結成。 - 2002年再結成。 1972年 [ ]• 1973年 [ ]• 1974年 [ ]• (11月20日)• 1975年 [ ]• (4月)• - 1985年、1989年、2006年に再結成。 1976年 [ ]• (4月) - 以後、しばしば再結成。 (4月1日)• (6月)• (12月)• 1978年 [ ]• (3月25日)• (4月4日)• 1979年 [ ]• (3月30日) - 2015年11月再結成。 2018年10月解散。 (活動休止)• 1980年代 [ ] 1980年 [ ]• 1981年 [ ]• (9月22日)• (11月7日)活動停止 - 以後、しばしば再結成• - 以後、しばしば再結成。 - 1988年に2日限り再結成。 2016年に結成40周年を祝して一夜限りの再結成 1982年 [ ]• (12月19日) - 1994年に再結成• (1972年結成時から1977年まで「とんぼちゃん」) 1983年 [ ]• (12月18日)• (12月22日) - 「散開」を宣言し解散。 1993年、2007年に再結成。 1984年 [ ]• (7月11日)• (10月13日)• (12月)• 1985年 [ ]• (1月25日)• (3月)• (3月31日)• (12月)• 1986年 [ ]• (5月27日)• (6月29日) - 以後、しばしば再結成。 1987年 [ ]• (2月)• (8月)• (9月) - 以後、しばしば再結成。 (12月24日) 1988年 [ ]• (11月)• 1989年 [ ]• (2月26日)• (10月9日)• (活動休止)• (7月8日)• 1990年代 [ ] 1990年 [ ]• (1月27日)• (1月)• (3月26日)• (12月25日)- 無期限活動休止• 1991年 [ ]• (2月)• (2月) - 2000年再結成。 (3月7日)• (3月16日)• (3月30日)• (9月) - 2014年活動再開• (9月6日)• 1992年 [ ]• (1月17日)• (1月24日) - 幾度か再結成された後、2018年より本格的に再始動。 (5月8日)• (7月1日)• (12月31日)• (10月)• (8月31日)• - 2011年活動再開。 (年末) 1993年 [ ]• 3月24日 - 1999年再結成。 (3月16日)• (9月21日) - 2009年活動再開。 (9月25日)• (1月)• (7月)• 1994年 [ ]• - 1999年再結成。 (5月)• (7月)• (7月13日)• (9月)• - 1999年再結成。 1995年 [ ]• (4月)• (6月1日)• (7月2日)• (9月3日)• (12月25日)• (活動休止)• 1996年 [ ]• (3月31日) - 活動停止• (3月23日) - 活動休止• (5月31日) - 再結成。 (8月1日)終焉• (活動休止)• - 2009年に後継である「大事MANブラザーズオーケストラ」を結成して活動。 - 1999年再結成。 [ ]• - 2002、2011年再結成 1997年 [ ]• (3月6日) - 2006年再結成。 (6月14日) - 2007年再結成。 (11月)• (12月24日)• (12月31日) - 2007年再結成。 (活動休止)• (活動休止)2006年に活動再開• (活動休止)• (活動休止)• (活動休止)• - 2002年再結成。 1998年 [ ]• (2月)(活動休止)• (4月)活動休止• (5月)• (ボーカルのが死去したため。 実質的にはアルバム「」、「hide with Spread Beaver upper!! 1998 TRIBAL Ja,Zoo」まで続いた)• (9月)- 2005年再結成• (9月9日)• (10月31日)• (12月12日)• (12月24日)• (12月24日)• (活動休止)• (無期限活動休止) - 2013年活動再開 1999年 [ ]• (1月29日)無期限活動休止し、2009年に解散した翌年、再結成。 (2月24日)• (3月)• (3月)• (3月15日)活動休止• (4月)活動休止 - 以後、しばしば活動再開。 (4月)無期限活動休止• (6月)• (7月)活動凍結 - 2006年活動再開• (8月)• (11月8日)- 以後、しばしば再結成。 (11月23日)• (12月)活動休止• (12月31日)- 以後、しばしば再結成。 (12月31日)• 無期限活動休止• 活動停止• 活動停止• 活動終了 2000年代 [ ] 2000年 [ ]• (2月2日)活動終了• (3月)• (3月)- 2019年3代目ボーカリストの上原太史を迎えて活動再開• (3月26日)• (3月29日)• (5月)• (5月31日)• 7月2日• (7月20日)• (7月28日)• (8月24日)• (9月11日)• (10月10日)活動休止 - 再結成• (10月15日)• (10月29日)• (11月)• (12月)• (12月)• (12月)- 以後しばしば再結成、再結成• (12月14日) - 2008年再結成• (12月27日)活動休止 - 2010年活動再開• (12月31日)• (12月31日)• (活動停止)• (活動休止)• (活動休止)• (活動休止)• (活動休止)• (活動停止) 2001年 [ ]• (1月)• (2月)• (3月)• (3月8日)• (3月14日)• (3月31日)• (5月11日)• (5月26日)• (6月30日)• (9月28日)• (12月28日)• (12月31日)• (12月31日) - 活動休止• (活動休止)• (活動休止)• (活動休止)• (活動休止)• 2002年 [ ]• (1月13日)活動休止• (1月31日)• (2月26日)活動休止• (3月10日) - しばしば再結成。 (3月16日)• (3月20日)活動休止• (3月31日)• (3月23日)• (4月7日)• (4月7日)• (4月19日)• (5月27日)活動休止• (5月29日)活動休止• (7月25日)• (8月)• (8月24日) - 2014年活動再開。 (8月30日)2014年活動再開。 (9月)• (9月)• (9月1日)• (9月15日)• (9月16日)• (9月22日)• (9月25日)• (10月1日)• (11月)• (11月12日)活動休止 - 2006年活動再開。 (11月22日)• (11月30日)-2019年再結成• (12月1日)• (12月5日)• (12月18日)活動休止• (12月28日)活動休止• (活動休止)• (活動休止)• 2003年 [ ]• (1月)活動終了• (1月10日)• (1月15日)• (1月23日)• (3月22日)• (3月31日)活動休止• (3月31日)活動休止• (4月2日)• (4月3日)• (4月11日)活動停止• (6月22日)無期限活動休止• (7月13日)• (8月13日) - 2004年4月再結成。 以後、活動休止と再開を繰り返す。 (10月7日)• (10月11日)• (10月31日)• (11月9日)• (11月16日)• (12月27日)• (12月27日)• (12月31日)• (12月31日)無期限活動休止• (活動休止)• (活動休止)• 2004年 [ ]• (1月7日)• (1月20日)• (3月4日)• (3月21日)• (3月26日)• (3月27日)活動休止• (3月31日)• (3月31日)• (3月31日)• (4月)• (4月2日)• (4月7日)• (4月12日)• (5月8日)活動休止• (6月)• (6月20日)活動休止 - 2017年再結成。 (6月21日)• (7月)• (7月7日)- 2016年再結成。 (7月21日)• (8月)• (9月)活動休止• (9月5日)• (9月30日)• (9月30日)• (10月20日)• (11月)• (11月)• (11月)活動休止• (11月11日)• (11月29日)• (12月3日)• (12月29日)• (12月31日)• (12月31日)• (12月31日)活動休止• (活動休止)• (活動休止)• (無期限活動休止)• (活動休止)• 2005年 [ ]• (1月)• (1月7日)• (1月9日)• (2月13日)• (2月19日)• (2月26日)• (2月26日)無期限活動休止• (3月)• (3月)• (3月6日) - 2012年再結成• (3月6日)• (3月14日)• (3月21日)活動休止• (4月1日)• (4月23日)• (4月28日)• (4月30日)活動休止• (5月6日)活動休止• (5月14日)• (5月14日)• (6月5日)活動休止• (6月17日)• (6月26日)• (7月1日)• (7月18日)• (7月23日)• (7月28日)• (7月30日)• (8月14日)• (8月17日)活動休止• カンパネルラ(9月23日)• (9月25日)活動休止• (9月29日。 ラストライブは11月25日) - 2008年再結成• (9月30日)• (10月5日)• (10月6日)• (10月14日)活動休止• (10月29日)活動休止• (11月4日)• (11月13日)• (11月26日)• (12月1日)• (12月2日)• (12月4日)• (12月7日)• (12月10日)• (12月11日)• (12月25日)• (12月30日)• (12月31日)• 活動休止• (活動休止)• (活動休止)• (活動休止)• (活動休止)• 2006年 [ ]• (1月1日)活動休止• (1月)• (1月4日)活動休止• (1月9日)• (1月20日)活動休止• (2月12日)活動休止• (2月22日)• (3月1日)• (3月10日)• (3月18日)• (3月24日)• (3月24日)• (4月)• (4月1日)• (4月1日)活動休止• (4月1日)活動休止• (4月12日) - 2014年4月12日再結成• (4月30日)• (4月30日)活動休止• (5月1日)• (5月1日)活動休止 - 2007年活動再開• (5月1日)活動休止• (5月7日)無期限活動休止• (5月28日)• (6月)• (6月1日)活動休止• (6月7日)活動休止• (6月9日)• (6月11日)• (6月30日)• (7月1日)• (7月2日)• (8月1日)活動休止 - 2012年カシオペア3rdとして活動再開• (8月1日)• (9月2日)• (9月9日)活動休止• (9月30日)• (10月)活動休止• (10月9日)• (10月16日)• (10月22日)• (10月22日)• (10月24日)活動休止• (10月28日)• (10月31日)• (11月15日)• (11月18日)活動休止• (12月23日)活動休止• (12月31日)• (12月31日)• (12月31日)• (活動休止)• (活動休止)• (活動休止)• 活動休止 2007年 [ ]• (1月)• (1月)活動休止• (1月12日)• (1月20日)• (1月20日)• (2月)• (2月3日)• (2月16日)• (2月24日)• (2月25日)• (2月26日)• (2月27日)活動休止• (2月27日)• (3月10日)• (3月22日)• (3月26日)• (3月27日)• (3月21日)• (4月13日)• (5月2日)• (7月)• (7月)活動休止• (7月3日)• (7月8日)• (7月18日)• (8月27日)• (8月30日)活動休止• (9月7日)• (9月20日)• (9月29日)• (9月30日)• (10月1日)• (10月10日)• (11月4日)• (11月14日)• (活動休止)• (12月)• (12月)• (12月13日)• (12月23日)• (12月31日)- 2012年再結成• (12月31日)-2015年再結成• (12月31日)• (12月31日)• (12月31日)• (12月31日)活動休止• (12月31日) 2008年 [ ]• (1月)• (1月)• (活動休止)• (1月17日)• (無期限活動休止)• (2月)• (3月1日)• (4月7日)• (4月26日)• (4月30日)• (4月30日)• (5月18日)活動休止• (5月30日)• (6月)• (6月)• (6月7日)• (6月30日)• (7月13日)• (7月26日)活動停止• (8月23日)• (9月)活動停止 - 2018年活動再開• (9月7日)• (9月13日)• (9月13日)活動休止• (10月17日)• (11月21日)2010年再結成• (11月22日)• (12月22日)• (12月25日)• (12月31日)• (12月31日)• (12月31日)• (12月31日)• (12月31日)• (12月31日)無期限活動休止 - 2013年活動再開 2009年 [ ]• (1月)• (1月2日)無期限活動休止• (1月29日)• (1月30日)• (1月31日)• (1月31日)無期限活動休止• (2月2日)• (2月13日)• (2月)活動休止• (3月)• (3月1日)• (3月8日)無期限活動休止• (3月20日)• (3月21日)• (3月28日)• (3月29日)• (3月31日)• (4月)• (4月)• (4月)無期限活動休止• (4月4日)• (4月11日)• (4月20日)• (4月21日)• (4月24日)• (5月3日)無期限活動休止• (5月4日)• (5月7日)• (5月9日)• (5月10日)• (5月16日)• (5月19日)• (5月30日)• (5月31日)無期限活動停止• (5月31日)活動休止• (6月)事実上の活動休止の末、2011年11月18日に解散• (6月2日)• (6月5日)活動休止• (6月10日)• (6月19日)• (7月)• (7月4日)• (7月23日)• (7月26日)• (8月1日)• (8月8日)• (8月30日)活動休止 - 2014年活動再開• (8月)• (9月21日)• (9月23日)• (9月25日)• (9月)• (10月23日)• (10月25日)活動休止• (10月31日)• (11月)• (11月5日)• (12月)• (12月5日)• (12月16日)• (12月23日)• (12月31日)• (12月31日)• (活動休止)• (活動休止)• (活動休止) - 2013年活動再開 2010年代 [ ] 2010年 [ ]• (1月4日)• (1月4日)無期限活動休止• (1月)• (1月)• (1月16日)活動休止• (3月1日)• (3月2日)• (3月2日)• (3月20日)• (3月31日)• (3月)無期限活動休止• (3月)活動休止 - 2014年活動再開• (4月1日)• (4月17日)• (4月)• (4月)活動休止• (5月3日)• (5月3日)• (5月23日)• (5月29日)• (6月2日)活動休止• (6月13日)• (6月16日)• (6月25日)• (6月26日)• (7月4日)• (8月11日)• (9月4日)• (9月18日)活動休止• (9月)活動休止• (12月24日)• (12月30日)• 2011年 [ ]• (1月7日)• (1月11日)• (2月27日)• (3月)活動休止• (3月3日)• (3月26日)活動休止• (4月29日)• (5月2日)• (6月5日)• (6月15日)• (7月2日)• (8月7日)• (8月27日)• (9月16日)• (10月24日)• (10月31日)• (12月3日)活動休止• (12月30日)• (12月31日)• (12月31日)活動休止 2012年 [ ]• (2月1日)活動休止• (2月10日)• (2月29日)2020年活動再開• (3月10日)• (3月10日)活動休止・2013年活動再開• (3月31日)卒業• (4月)活動休止・2017年活動再開• (4月19日)• (6月11日)• (6月)卒業• 8月3日• (10月2日)• (12月29日)• 活動終了 2013年 [ ]• (2月3日)無期限活動休止• (2月11日)• (2月24日)• 2月27日• (3月3日)卒業• (3月16日)• (3月31日)• (4月7日)• (4月7日)• (4月26日)• (5月12日)• (5月31日)• (6月2日)• (6月4日)• (6月9日)• (6月16日)無期限活動休止• (6月23日)• (7月6日)• (8月12日)活動休止• (8月25日)• (9月2日)• (9月24日)• (9月27日)• (10月6日)無期限活動休止• (11月1日)• (11月2日)事実上の解散• (12月8日)• (12月18日)無期限活動休止• (12月31日)無期限活動休止 2014年 [ ]• (1月10日)• (1月15日)• (1月15日)• (1月19日)無期限活動休止• (1月23日)• (1月26日)活動休止• (1月27日)• (1月28日)• (2月9日)• (2月9日)• (2月14日)活動休止• (2月16日)• (2月19日)• (2月20日)• (2月21日)• トーマス(2月22日)• (2月24日)活動休止• (2月25日)活動休止• (2月25日)• (2月26日)活動休止• レインマン(3月1日)• (3月30日)• (3月31日)卒業• (3月31日)• (3月31日)• (3月31日)• (4月6日)• (4月7日)ボーカルの滝ノ道が死亡のため活動停止• 4月9日• (4月25日)• (4月26日)活動休止• (4月29日)• (4月29日)卒業• (5月19日)• (5月31日)卒業• (6月3日)• (6月7日)活動休止• (6月12日)無期限活動休止• (6月30日)卒業• (7月4日)• (7月8日)• (8月31日)• (9月14日)無期限活動休止• (10月22日)• (11月30日)• (11月30日)活動休止• (12月10日)• (12月12日)無期限活動休止• (12月17日)• (12月21日)無期限活動休止• (12月28日)• (12月29日)活動休止• (12月31日) 2015年 [ ]• 1月 活動休止• (1月3日)• (1月7日)活動終了• (2月28日)- 2017年活動再開。 (3月3日)無期限活動停止• (3月23日)• (3月25日)無期限活動休止• (4月29日)• (4月30日)活動休止• (5月10日)• (5月10日)無期限活動休止• (6月2日)• (7月19日)• (9月19日)• (10月31日)全員卒業• (11月3日)無期限活動休止• (11月5日)• (11月10日)• (11月21日)活動休止• (12月12日)• (12月13日)• (12月19日)• (12月24日)活動完結• (12月28日) 2016年 [ ]• (1月12日)無期限活動休止• (2月12日)• (2月28日)• (2月23日)活動休止• (2月27日)無期限活動休止• (3月5日)活動休止• (3月27日)活動休止• (4月1日)音楽活動を終了、声優業は継続• (4月7日)• (4月10日)活動終了• (5月1日)活動休止 - 2018年活動再開• (5月18日)• (5月20日)• (6月30日)活動休止• (7月3日)• (7月10日)• (7月15日)• (8月18日)• (8月26日)• (8月26日)活動休止• (9月18日)無期限活動休止• (10月1日)• (10月22日)• (10月23日)• (11月1日)• (11月5日)• (11月23日)無期限活動休止• (11月27日)活動休止• (12月12日)• (12月20日)• (12月29日)無期限活動休止• (12月31日)• (12月31日)活動終了• (12月31日) 2017年 [ ]• (1月5日) - 「放牧」を宣言し活動休止 - 2018年「集牧」を宣言し活動再開• (1月13日)• (1月14日)• (1月19日)活動休止• (2月17日)• (2月20日)無期限活動休止• (3月2日)• (3月26日)• (3月31日)• (3月31日)• (3月31日)• (4月22日)• (4月29日)• (5月5日)• (5月14日)活動休止• (5月20日)• (5月21日)無期限活動休止• (6月12日)• (6月17日)• (6月17日)• (6月18日)活動終了• (6月23日)• (6月30日)活動休止• (7月16日)活動終了• (7月20日)活動休止• (9月16日)• (9月18日)活動休止 - 2018年9月10日解散• (10月8日)• (11月1日)活動終了• (11月4日)無期限活動休止• (11月23日)• (12月20日)• (12月21日)• (12月26日)無期限活動休止• (12月28日)• (12月30日) 2018年 [ ]• (2月12日)• (2月24日)• (2月25日)• (3月17日)活動停止• (3月21日)• (3月24日)• (3月31日)• (4月7日)• (4月7日)• (4月30日)全員卒業• (5月2日)音楽活動休止• 5月3日 解散• (5月6日)• (6月16日)• (7月7日)• (7月21日)• (7月22日)完結• (7月28日)• (7月31日)• (8月1日)• (8月2日)• (8月19日)全員卒業• (8月25日)• (9月2日)活動中止• (9月12日)• (9月22日)• (9月23日)• (9月24日)• (9月24日)• (9月30日)活動休止• (10月7日)• (10月28日)活動休止• (10月30日)活動休止• (11月3日)活動休止• (11月18日)• (11月30日)• (12月25日)• (12月28日)活動終了• (12月29日)無期限活動休止• (12月31日)活動終了 2019年 [ ]• (1月1日)活動休止• (1月6日)活動休止• (1月28日)• (2月23日)活動終了• (3月8日)• (3月13日)2018年4月1日に事実上活動休止していた• (3月24日)• (3月24日)• (3月30日)• (4月1日)活動終了• (4月1日)• (4月5日)• (4月6日)活動休止• (4月26日)• (4月30日)• (5月27日)活動休止• (5月31日)• (5月31日)無期限活動休止• (7月20日)• (7月31日)活動休止• (8月3日)• (9月7日)• 9月20日• (9月30日)• (10月5日)• (11月15日)• (11月15日)活動終了• (11月24日)活動終了• (12月1日)• (12月3日)• (12月13日)• (12月17日)活動休止• (12月22日)無期限活動休止• (12月22日)活動終了• (12月26日)活動休止• (12月28日)• (12月29日)• (12月29日)• (12月29日)活動凍結• (12月31日)活動終了 2020年代 [ ] 2020年 [ ]• (1月13日)活動休止• (1月25日)活動休止• (2月16日)• (3月1日)全員卒業• (3月9日)活動休止• (3月21日)• (3月27日)• (3月30日)• (4月5日)• (5月29日)• (6月17日)• (6月19日)事実上の活動終了• (8月31日予定)• (9月6日予定)• (12月31日予定)活動休止• (12月31日予定)• (12月31日予定)活動休止• (12月31日予定).

次の

インディーズバンドの収入と生活の実態とは?リアルな現状を告白…

インディーズ バンド と は

バンドブームの歴史について紹介していますが、今回は少し遡って『インディーズブーム』についてのお話です。 70年代~80年代にかけて、楽器やアンプ、スピーカーなどに加えて、録音機材等の周辺機器の低価格化も進んでいきました。 これまではメジャーなレーベル(レコード会社)に所属しないと作ることが出来なかった『レコード』も、自分たちでお金を工面すれば、どうにか製作できる時代に近づきつつあったのです。 ノートパソコン1台で録音からCDプレスまで完了できる現在とは違い、メジャーデビューを待たずに、ひとまず自分たちの音源を作ることができるというのは画期的なことでした。 とはいえ、それはまだ世間を巻き込むような巨大なムーヴメントではなく、極めてマイナーな、サブカルチャーの中のいちジャンルとしての存在でしかなかったのですが、ここで画期的な出来事が起こります。 1985年、NHKがテレビドキュメンタリー形式の番組として「インディーズの襲来」という番組を放送。 それまではごく限られた人たちの趣味でしかなかった「インディーズ」が、一般大衆に認知されるきっかけとなりました。 メジャーデビューを控えた1985年には新宿アルタ前でソノシートばら撒きを敢行、1000人を超えるファンを集める。 デビュー後も快進撃を続けるが、87年、日比谷野音でのライブ中にファンが将棋倒しになり、死者3人、重軽傷20人の大事故となる。 責任を取りバンドは活動休止に。 復帰後もメンバーチェンジなどさまざまなトラブルに見舞われ、91年に一旦は解散の憂き目に遭うも、95年にかつての中心メンバーが再会しバンドは復活。 現在もインディーズ・ハードコアシーンの重鎮として活躍中。 かつての懐かしい名曲がほぼ揃っています。 A SAIN REVOLUTION ( 1996 年) ラフィンノーズはライブバンドなので、ここはライブアルバムを紹介しようかとも思ったんですが…あえてコチラを。 とても完成度の高いアルバムだと思います。 ラフィンはライブに参加すべきバンドです。 のちの ビジュアル系にも大きな影響を与えたバンドである。 テレビ番組「インディーズの襲来」では、ラフィンノーズとともにシーンの2大巨頭的に扱われた。 流通が確立されていない当時に、インディーズでリリースしたアルバム『GOOD EVENING WONDERFUL FIEND』は、破格の1万枚セールスを記録。 現在もバンドは精力的に活動中。 GONE WITH THE WIND ( 1989 年) ベスト盤は何枚かリリースされていますが、バンドブーム、インディーズブーム時代を考えるならばコレがオススメです。 当時のシーンには、悪く言えば「上手くなくても勢いがあれば良し!」という風潮がありました。 インディーズとしては圧倒的な上手さ、アレンジ力、バンドサウンドとしての完成度の高さ…今聴いても唸ってしまうベスト盤です。 GOOD EVENING WONDERFUL FIEND ( 1985 年) 先にも書いた、1万枚売り上げ(トータルして2万枚とも)た、インディーズシーンを象徴する1枚です。 当時のバンド好き、音楽好きは必ず聴いたアルバムのひとつです。 だが、その後の J-POPシーンに与えた影響という意味では最重要なバンドでもある。 中心人物だったのはボーカルの「ケラ」。 現在のケラリーノ・サンドロヴィッチである。 AISSLE ( 1987 年) メジャーデビュー後のアルバムです。 ケラ自身が「有頂天のサージェント・ペパーズ」と広言していた名盤。 個人的にも人生の中で一番聴いたアルバムだと思います。 ちなみにこのアルバムに収録されている女性ボーカルの声は、当時人気アイドルだった勇直子。 この方は後にJUN SKY WALKER S の宮田和弥と結婚しました。 BOIL 1988 年 ライブアルバムです。 スタジオ録音のベスト盤も何枚かリリースされていますが、ロックでパンキッシュなところも有頂天の魅力だったので、こちらを選びました。 MCがほぼ収録されていないというのが、今となっては少し残念なところなのですが、その分彼らの音楽的魅力が凝縮された一枚ともいえるでしょう。 いかがでしたか? なお、この当時、ケラは雑誌のインタビュー等で、ラフィンノーズのことをしきりと持ち上げ、有頂天といっしょに映画を撮るという話まで持ち上がっていましたが、ウィラードのことは何故かボロカスにコキ下ろしまくっていました(遠まわしにではありましたが)。 それではまた!.

次の