じゃがいも えぐみ 取り方。 じゃがいもの芽に毒はある?その取り方と食べられるのかを検証

じゃがいもがカビ臭いのはなぜ?食べれる?上手な選び方と保存方法

じゃがいも えぐみ 取り方

そもそも、 えぐみっていったい何なのでしょうか?実はこのえぐみ、じゃがいもに含まれる「天然の毒素」なんです…。 「じゃがいもの芽は食べられないから、取り除く必要がある」ということは、皆さんよくご存知ですよね。 なぜ取り除く必要があるのかというと、 じゃがいもの芽には毒性のある「ポテトグリコアルカロイド」の「チャコニン」や「ソラニン」といった成分がたくさん含まれているからなんです。 じゃがいもの保存状態が悪かったり、賞味期限が切れてしまったものにはこの「ポテトグリコアルカロイド」が発生してしまう事があり、えぐみの原因となってしまいます。 えぐみは食べられない? じゃがいものえぐみは天然の毒素であるという話をしましたが、実はあのサリンと同じ神経性の毒なんです。 そのため、食べたら不味いだけではなく恐ろしい食中毒を引き起こす危険性があります。 具体的にどんな症状が現れるかというと、「腹痛」や「下痢」、「吐き気」、「嘔吐」、「めまい」、「頭痛」…などです。 特に子どもはえぐみの強いじゃがいもを一個食べただけでも症状が出る可能性がありますので、注意が必要とされています。 えぐみのないじゃがいもの見分け方 できるだけえぐみの少ないじゃがいもを選ぶには、どういうじゃがいもを選べば良いのでしょうか? 実はえぐみの原因であるポテトグリコアルカロイドはじゃがいもの発芽した部分だけでなく、皮が緑色に変色した部分や傷が付いた部分などにも多く含まれています。 ですから、なるべく芽が生えていないもので、尚且つ緑色に変色していない新鮮なじゃがいもを選ぶようにしましょう。 保存方法にも注意 またえぐみのないじゃがいもを選んだとしても、その後の保存状態によってはえぐみを発生させてしまうことがあります。 そうならないためにも、じゃがいもの保管方法は非常に重要です。 じゃがいもは、太陽光に当たると芽が伸びたり皮が緑化してしまいますので、冷暗所に保管するのが望ましいとされています。 室内灯の光に当たっても同様の作用がありますので、できればダンボールの中に入れたり、新聞紙で包んだりするのが良いでしょう。 なるべくえぐみの無さそうなじゃがいもを選んでも、保存方法に気をつけていたとしても、食べてみるまではえぐみが強いじゃがいもかどうかわからない事もありますよね。 続いては、実際に調理をする際にできるだけえぐみを取り除く方法をいくつかご紹介したいと思います。 下ごしらえをする まず、間違いない方法はきちんと下ごしらえをすることです。 先ほどじゃがいもの芽や、緑化してしまった皮の部分に多く毒素が含まれている…という話をしましたが、逆に言えばきちんと芽や皮を取り除くことでえぐみを無くすことができます。 じゃがいもの芽は、小さいものでも大きいものでも同じ強さの毒素を含んでいますから、一個一個丁寧に取り除いてください。 根元までちょっと深めにくり抜くのがポイントです。 さらに、 皮といもの部分に緑色に変化した箇所がある場合には、太陽光によって緑化してしまった証拠です。 皮は厚めに剥くようにして、緑色の部分を完全に取り去ってしまいましょう。 アク抜きをする また、じゃがいもはアクが出る野菜ですので、調理する前にひと手間かけてアク抜きをする必要があります。 実はこのアクの正体が…芽や皮に含まれている毒素だったんです。 つまり、きちんとアクを抜いてから調理をすればえぐみも取れるわけですね。 アク抜きの方法は、水にしばらく浸けてから流水で洗い流す…といった手順になります。 水に漬けるときのポイントは、大きめのボールに大量の水を入れて、じゃがいもが完全に浸かるようにすることです。 水に浸す時間は、だいたい約10分程度がベストです。 それ以上浸けておくと、必要な栄養成分まで抜けてしまうので決して浸けっぱなしにしないようにしましょう。 ちなみにこのアク抜きですが、じゃがいもの変色を防いだりする役割もあります。 さらに表面のでんぷんも取り除かれるため、調理がしやすくなる効果もあるんですよ。 もしも生のままサラダなどで食べる場合には、水に浸けるプロセスを何度か繰り返す方が良いでしょう。 その上、しっかり流水で洗い流してから調理するようにしてくださいね。 蒸すか茹でる アク抜きするとえぐみを取り除く効果がある…という事からもわかりますが、じゃがいもに含まれているえぐみの成分は水溶性なんです。 ですから、 じゃがいもを「蒸す」か「茹でる」方法で調理すれば、ある程度えぐみを取り除くことができます。 その際に、念のため皮を取り除いてから調理をした方がよりえぐみを感じにくくなります。 レンジで茹でると簡単? 最近、電子レンジで簡単にじゃがいもを調理するようなレシピが流行っていますよね。 しかし、 じゃがいもに含まれるえぐみの成分は水溶性ですので、じゃがいもをそのままレンジでチンする調理方法はえぐみが強く出てしまう可能性があります。 とはいえ、レンジで簡単に調理できる方法は非常に便利ですからやめられないですよね。 どうにかえぐみを取り除くレンジ調理法はないものでしょうか? 実は、えぐみを取り除きながらレンジでじゃがいもを調理するためには、重要なポイントがあります。 それは、 あらかじめ水を振ってからレンジでチンすることです。 また、耐熱容器に水とじゃがいもを入れてレンジで茹でる方法もおすすめです。 これらの方法であれば普通に蒸したり茹でたりしたときと同じように、えぐみの成分が水分に溶け出してきて抜け出ていきます。 えぐみの出ないレンジ調理法 具体的なじゃがいものレンジ調理方法を詳しくご紹介したいと思います。 簡単にえぐみのないじゃがいもを作る方法ですのでおすすめですよ。 レンジで蒸す レンジで蒸す場合には、じゃがいもをよく洗ってから水をたっぷり含ませたキッチンペーパーで一個ずつ包んで、その上からラップを巻きます。 じゃがいも一個の場合、600Wの電子レンジで約3分間加熱すれば出来上がりです。 じゃがいもの大きさによって加熱時間が異なりますから、竹串を刺して中まで熱が通っているか確認してください。 それから様子を見て加熱時間を調節してくださいね。 レンジで茹でる 耐熱容器に水を入れて、その中によく洗ったじゃがいもを入れます。 耐熱容器の蓋をして、500Wの電子レンジで8分間加熱します。 こちらも加熱時間は様子を見ながら調節してください。 まとめ せっかくのじゃがいもが、えぐみのせいで美味しくなくなってしまったら台無しですよね。 しかもえぐみは不味いだけでなく、食中毒の危険もあるので注意が必要です。 そのため、先ほど紹介させていただいたように下ごしらえをしたり工夫して調理することで、きちんとえぐみを取り除いてから調理することが重要です。 また レンジで簡単に調理する方法もおすすめですので、是非試してみてくださいね。 えぐみはある程度取り除くことはできますが、あまりに芽がたくさん出ていたり、緑色に変色している部分が多かったりしたら思い切って捨ててください。 そうならないためにも、普段からじゃがいもの保存方法には気をつけながら、なるべく新鮮なものを調理できるようにしておきましょう。 ジャガイモに関する記事•

次の

じゃがいもの芽には毒がある!でも取り方は簡単♪安全においしく食べるコツ

じゃがいも えぐみ 取り方

Contents• じゃがいものえぐみの原因は? サラダでもよし、揚げてもよし 煮ても焼いてもよしな、じゃがいもは 子供から大人までみんなが大好きな 食材のひとつですよね。 そんなじゃがいもですが 中には、えぐみを感じるじゃがいもがあり このえぐみは、天然の毒素で神経性の毒に なるそうです。 ヒエ~!あの美味しいじゃがいもが、毒! ちょっと、驚いてしまいますよね。 ただ、じゃがいもを調理する際に じゃがいもから出ている「芽」は 取り除きますよね? なぜ、取り除くのかというと じゃがいもの芽には 毒が含まれているからというのは 割と有名な話しです。 このじゃがいもの芽には ソラニンやチャコニンという成分の グリコアルカロイドと呼ばれる有毒成分が含まれているのですが 実は、じゃがいものえぐみや毒の原因も このグリコアルカロイドになるそうです。 なぜ、このグリコアルカロイドが発生するのか グリコアルカロイドが発生する原因は?というと じゃがいもに光が多く当たってしまうことで 発生してしまうそう。 例えば、じゃがいもの収穫後 長時間日光を浴びることによって ソラニンやチャコニンが グリコアルカロイドを作りだし じゃがいもの皮の近くに蓄積してしまうそうです。 また、日光を多く浴びたじゃがいもは クロロフィルが発生することで 緑色になっていることが多い為 緑色に変色しているじゃがいもは 日光を多く浴びているサイン! その為、クロロフィルと共に グリコアルカロイドを発生していることが多く えぐみを感じるじゃがいもであることが 多いそうです。 なので、えぐみがあるじゃがいもの 見分け方としては ・ 芽が出ているじゃがいも ・ 緑色に変色しているじゃがいも ・ 傷ついているじゃがいも になるようで、薄い緑色であっても えぐみを感じることが多いので 注意が必要なようですよ。 スポンサーリンク 関連記事: じゃがいものえぐみの取り方は? 美味しくないだけではなく 毒でもある、じゃがいものえぐみ。 芽が出ていたり緑色に変色したりしている じゃがいもは要注意のようでしたよね。 ただ、中には見た目は普通のじゃがいもなのに 食べてみたらえぐみを感じた・・などの場合もあるそうです。 その為、じゃがいもを調理する際は できるだけえぐみを取るように調理することが大切! そこで、どうすればえぐみを取ることができるのか じゃがいものえぐみの取り方を調べてみました。 えぐみの取り方はいくつかあるようです。 ひとつずつ見ていきましょう。 芽は、たとえ小さくても きれいに取り除き、深めにくり抜くことが大切! 緑に変色したじゃがいもは 変色箇所が広範囲にわたっている場合は 食べずに処分したほうがいいそう。 1ヵ所だけ変色している場合は 皮を厚めに剥いて、変色している箇所を しっかり取り除くといいそうです。 また、このえぐみの原因となる物質は じゃがいもの実より皮に多く含まれているので じゃがいもを調理する際は、皮を剥いて 調理すると安心のようですよ。 なので、調理をする前に、じゃがいもを水にさらし あく抜きをしっかりと行うといいそう。 じゃがいもが全部かぶるくらいの水を ボールなどに入れ、10分程じゃがいもを 浸けておけばOK! 10分以上さらしてしまうと じゃがいもの栄養も流れてしまうので要注意! また、水にさらすことで ・ じゃがいもの変色防止になる ・ 表面のでんぷんがなくなるので調理がしやすくなる などのメリットもあるそうです。 ただ、その際もじゃがいもの皮は しっかり剥く方が安心のようですよ。 正直、ちょっと面倒ですよね? 最近は、レンジでチンして 簡単にじゃがいもを加熱する調理法が 主流だったりもしますが、実はレンジで じゃがいもを加熱するこの方法は えぐみが強く出てしまう可能性があるそうです。 ただ!ある方法で調理をすれば じゃがいものえぐみを取ることが出来るそう。 それは、じゃがいもをレンジで加熱する前に 水にくぐらせること! 意外とシンプルで簡単ですよね! 具体的には ・ じゃがいもをよく洗って、濡らしたキッチンペーパで包んでから ラップで包みレンジでチンして蒸す(目安は600wで3分程) ・ じゃがいもをよく洗って、水を入れ耐熱容器に入れ蓋をして茹でる (目安は500wで8分程) などになるそうです。 いずれもじゃがいもの大きさによって 加熱時間は異なりますが この方法であれば、じゃがいもの 気になるえぐみを取りつつ レンジでも調理ができるそうですよ。 スポンサーリンク 関連記事: じゃがいものえぐみを食べたらどうなる? じゃがいものえぐみの原因や取り方を 見てきました。 えぐみの原因となる物質は水溶性なので 水にさらすことで、じゃがいもから 流れ出てくれるようでしたよね。 ただ、もし、じゃがいもの えぐみを食べたらどうなるのか! このじゃがいものえぐみは とても苦くてまずいので 口に入れたとたんに「おかしい!」と 気付くと言われているのですが 料理によっては分からない場合もありそうですよね? もし、じゃがいものえぐみを食べた場合は 食中毒を引き起こすことがあるそうです。 具体的な症状としては ・ 下痢や腹痛 ・ 胃腸障害 ・ めまいや頭痛 ・ 眠気や虚脱 ・ 嘔吐や吐き気 などになるそう。 恐ろしいですよね! 特に注意が必要なのは子供になるようで じゃがいもの芽や、緑に変色した部分など グリコアルカロイドを含むじゃがいもを食べて 食中毒を引き起こす量は 大人は1.3キロ程 子供は130グラム程 とされていて、子供の場合は 少しの量でも食中毒を引き起こす 可能性があると言われているそうです。 また、大人であればえぐみの味の異変に 気付けますが、子供の場合それこそ 料理によっては、えぐみに気付かず 食べきってしまうことも多いそう。 実際に、幼稚園や小学校で 子供達がじゃがいもを食べて 集団で食中毒を起こしたケースが いくつかあるようですよ。 スポンサーリンク 関連記事: じゃがいもの保存方法や注意点! えぐみのないじゃがいもを選ぶには 芽が出ていなくて、緑に変色してなくて 傷がないじゃがいもを選ぶといいようでした。 ただ、実はスーパーなどで えぐみのなさそうなじゃがいもを選んで 買ってきたとしても、家での保存方法が良くないと えぐみが発生してしまうことがあるそうです。 先の通り、じゃがいもは長時間 日光に当たることで、えぐみが発生してしまうのですが 実は、これは日光だけでなく 室内の照明に当たっても、えぐみが発生してしまうそう。 なので、じゃがいもは段ボールに入れたり 新聞紙に包むなどして 光が当たらない、且つ風通しのいい 冷暗所で保存するのが安心なようです。 じゃがいもの保存に おすすめのベジバッグありますよ!• デザインが可愛い麻のベジバッグです! 内側が黒い不織布になっているので あらゆる光をシャットアウト! 且つ、通気性はバッチリ! 巾着タイプなのですがサイドに ファスナーが付いているので 古いじゃがいもから取り出せちゃいます。 何といってもデザインが可愛いのが 嬉しいですよね! これなら見えるところに置いてもオシャレ! 安心&オシャレなベジバッグで えぐみ発生の心配いらず! じゃがいもを美味しく頂いちゃいましょう。 また、学校でじゃがいもを栽培したり 家でじゃがいもを栽培したりした場合は 間引など、適切な世話が行われていない為に 未成熟なじゃがいもであることが多いそうです。 これらのじゃがいもは、 えぐみや毒の原因となるグリコアルカロイドが 多く発生してしまうこともある為 市販のじゃがいも以外のじゃがいもを食べる際は 特に注意が必要なようですよ。 まとめ じゃがいものえぐみの原因や取り方、 食べたらどうなるかなどを見てきました。 もし食べたら、食中毒の症状を 引き起こす可能性のあるえぐみでしたが 少しの工夫で美味しく食べることが できるようでしたよね。 特にお子さんには要注意! えぐみをしっかり取って 安心安全に美味しく じゃがいもを頂くようにしましょう。

次の

じゃがいもの日持ちなら冷蔵庫よりも常温?ゆでると腐りやすい?

じゃがいも えぐみ 取り方

もくじ• html じゃがいもには多くの野菜のように、この時期に植え付けてこの時期に収穫をすると言うような、綿密な収穫スケジュールはありません。 植付けてから約3ヶ月、具体的な期間を言いますと90日から100日前後という時期だけ守ってもらえれば大丈夫です。 この時期のじゃがいも、 春じゃがいもの場合は2月から3月上旬までに植え付けて、5月から6月上旬の梅雨入り前に収穫するというスケジュールが多いです。 九州では、6月に入るとすぐ収穫するそうです。 梅雨時期の収穫は、じゃがいもが病気に侵されたり、腐敗しやすくなるので、梅雨入り前に収穫するのが最適です。 収穫は早めに! 100日近くなったら、なるべく早く収穫して下さい。 収穫が遅れれば表面が傷んだり、ネズミや昆虫、モグラなどに傷付けられたり腐敗や病気のリスクも高まります。 また、じゃがいもは連作障害も起こしやすいので、同じスペースで何度も育てている場合は収穫時期の見極めに充分注意しなければなりません。 収穫のタイミング この時期、じゃがいもと言えば、2つタイプのじゃがいもがありますよね。 1つは通年美味しく食べられる、ゴロゴロと大きなじゃがいも。 そしてもう1つ、小振りで皮が薄い新じゃが。 通常のじゃがいもを収穫するか、新じゃがを収穫するかでタイミングが変わってきます。 じゃがいもの好みや量に応じて、収穫のタイミングを見極めて下さい。 このタイミングで収穫できる新じゃがは、まだ未熟なじゃがいもなので小さめで水分が多く、加熱するとねっとりした食感になります。 また、皮が薄く茹でれば手で擦ってすぐに剥けますし、皮ごと食べる事もできます。 しかし、水分量が多いので、通常のじゃがいもより日持ちはあまり長くないです。 量が少なく、すぐに使い切れるならば、全て新じゃがとして収穫するのも、また面白いです。 葉や茎が枯れてきたら、じゃがいもが完全に成長したサインです。 通常のじゃがいもはデンプン質が多く、加熱するとホクホクとした食感になります。 また、皮が厚く水分量も少なめせ、保存性が高いです。 量が多くて使い切れそうになかったり、直ぐに使う予定がない場合はこのタイミングでの収穫がおすすめです。 収穫は晴天続きの日 雨天時、雨天翌日は土が湿って柔らかくべちゃべちゃです。 そのような状況では、じゃがいもが掘り起こし辛く、著しく作業効率が落ちます。 更に、じゃがいもは必要以上に水分を含むと腐敗しやすくなり、日持ちも悪くなります。 作業効率を上げ、じゃがいもを長持ちさせる為にも、収穫は 2、3日晴天が続いて、土が乾いてから行って下さい。 ・ 芽かき 芽の長さが20cm位まで成長したら、よく育っている芽を1本か2本だけ残します。 この時、種いもごと引き抜かないように、茎の根元を押さえて、引き抜いて下さい。 何本も芽を残しておくと、栄養分が分散して小さなじゃがいもが多くなります。 大きいじゃがいもを収穫したい、短期間で集中的に栽培したい。 そんな考えを持っている方々には必須の作業です! ・ 花を摘んでおく れんこんなどの根菜類と同じように、じゃがいもも花を咲かせる時にはエネルギーを消費します。 そのエネルギーは、じゃがいもの栄養分を使って作り出します。 花が咲く時期はじゃがいもが太り始める時期でもあります。 その為、じゃがいもの栄養分が開花に奪われ、 大きいじゃがいもが育ちにくく、旨みやホクホク感も弱くなります。 花は綺麗で勿体ないですが、見付けたら摘み取って下さい。 ・ 試し掘りをする 収穫のタイミングを見極めたら、土を掘り返してじゃがいもが実っているかを確認してみます。 まだ小さいなと思ったら、土を戻して育つまで待ちます。 収穫方法 じゃがいもが育って、収穫日を決めたら、いよいよ収穫していきます。 収穫は、次のような手順で行っていきます。 ・ 茎を束ねる 大きく育ったじゃがいもの茎の根元をしっかり持って、そのまま束ねます。 ・ 引き抜く 茎の根元を束ねたら、少しずつ蔓を引き抜いていくと、じゃがいもが掘れます。 引き抜いた後も土を掘っていき、じゃがいもを掘り当てていって下さい。 これぞ正に芋づる式です。 次に紹介するじゃがいもが掘り起こされた場合は、取り除いて下さい。 ・ 未熟なじゃがいも 収穫してみると、中には小さい未成熟のじゃがいもが出てくると思います。 そう言ったじゃがいもは、葉っぱと一緒に潔く捨てて下さい。 と言うのも、未成熟のじゃがいもには ソラニンやそれに類いする物質が多く含まれています。 ソラニンは加熱しても死滅しないので、そのまま体内に入ると腹痛や吐気、症状が重いと呼吸困難になったりして、害を及ぼします。 蔓を引き抜いて、 2cm以下のじゃがいもが出てきたら、それは収穫せずに捨てて下さい。 ・ 傷が多い 腐敗してはしてなくても、 傷が目立つじゃがいもの収穫は避けて下さい。 多少は仕方ないですが、余りにも傷が多いと、その部分に雑菌が付着して入り込むと、腐敗させる恐れがあります。 表面が乾燥してないと腐敗の原因にもなりますし、あまり日持ちがしないです。 土が付いているからと言って、調理直前までは 洗ったりもしないで下さい。 じゃがいもの保存場所 表面を乾燥させて、じゃがいもを保存していきますが、その時は次の条件が当てはまる場所に保存して下さい。 ・ 光の当たらない場所 じゃがいもに長時間光が当たると、水分が抜けて シワシワになったり、光合成をして 皮が緑色に変色します。 緑色に変色する緑化が進むと、芽が育ってソラニンやえぐみの原因になるアルカロイドが合成されて、じゃがいもの質が落ちたり食べられなくなります。 ・涼しい場所 じゃがいもは冷涼な気候を好む作物なので、収穫後も似た温度の下で保存して下さい。 具体的なじゃがいもの保存方法 難しくなってしまいましたが、下のような方法で保存している家庭が多いようです。 ・ コンテナや段ボールに入れて蓋をして保存 場所は1番光が当たらない、玄関や台所が多いようです。 ・倉庫の棚を網で囲って保存 網をしないとネズミが寄ってくるそうです。 ・ 冷蔵庫で保存 春先は常温でも大丈夫ですが、梅雨前後からは新聞紙に包んで冷蔵庫か、野菜室での保存が多いようです。 この環境下で保存すれば、通常のじゃがいもならば 最低でも1ヶ月、より整っていれば 数ヶ月は保存が可能となります。 新じゃがの場合は 最低で2週間から3週間、長くて2ヶ月程度です。 因みに、私の実家にじゃがいもが送られてきた時は、新聞紙を敷いた段ボールを蓋して台所に置くか、野菜室に入れて保存していました。 その上、デンプン質も壊れてホクホク感がなくなってモソモソして、 味や食感が落ちます。 じゃがいもの状態をチェックする 春じゃがいもは梅雨入り前後の多湿と気温の上昇が重なるので、どうしてもじゃがいもが 腐敗しやすくなったり、芽が育って伸びてきます。 貯蔵している中に腐敗したじゃがいもが1つでもあると、そこから雑菌などが大量に繁殖します。 すると、無事なじゃがいもまで腐敗し、貯蔵分全てが腐るなんて事態も起こる可能性があります。 腐敗したじゃがいもは、一目見れば明らかに腐っていると解りますし、異臭もします。 そんなじゃがいもを見付けたら、速やかに取り除いて、処分して下さい。 また、芽が育つと、それだけエネルギーを消費して、じゃがいもから栄養分が取られてしまうので、萎びたりしてじゃがいもの質が徐々に低下してきます。 伸びてきた芽は取り除いて、エネルギーの消費を防いで下さい。

次の