泥まみれの過去。 あいみょんから今を生きる全ての人へ贈る歌「さよならの今日に」

【Dead by Daylight・DbD】リージョンの過去・元ネタ・素顔などまとめ

泥まみれの過去

19歳のフランク・モリソンは、何かで成果を出したことはほとんどなかった。 観客席に審判を押しのけたことでバスケットボールチームをクビになると、学校も不登校になってしまっ た。 明るい未来を築く見込みのあるフランクだったが、子供の頃は暗い少年時代を過ごした。 6歳の時にカルガリーから連れ出されると、里親の家をたらい回しにされた。 何度も食ってかかり、癇癪をおこしては喧嘩をしたが、その度に新しい、知らない里親の家へと送られた。 最後の養父となったクライブ・アンドリュースが養子センターからフランクを連れ帰った時は、フランクにとって3年ぶりの引っ越しだった。 2人は7時間もかけてオーモンドにある小さなバンガローにたどり着いた。 それは2人で共に過ごした一番長い時間だったかもしれない。 クライブは福祉施設から受け取った小切手をバーで酒と交換するのに忙しかったからだ。 オーモンドはこじんまりとした寂れた町だった。 人口6,000人の都市部から離れた町で、1年のほとんどが陰鬱な冬だった。 フランクは別の養父母を見つけようとあらゆる手段を尽くしたが、ある美しい少女との出会いによって気持ちが変わった。 ジュリーという名のその少女は、いつかオーモンドを出てマシな人生を送ると決めていた。 町の外から来たフランクを、ジュリーは外の世界へ出るために利用しようと考えた。 ジュリーが開いたパーティーに参加した時、来ていたのは皆年下で、フランクは簡単に好印象を与えることができていい気分になった。 パーティーでは、衝動的な性格で自慢屋のジョーイ、そしてジュリーの親友である内気で無邪気なスージーに出会った。 彼らはよく、オーモンド山にある廃墟となったロッジに出かけていった。 友達と共に過ごすことで、それぞれが毎日続くちっぽけで退屈な生活から逃避できた。 フランクにとっては、自分たちの経験不足を何か強力なものへと変えるチャンスでもあった。 毎晩のように酒を飲み歩いては大騒ぎし、自分たちの限界を試した。 暴行、破壊、窃盗。 どれも週末には欠かさず計画した。 やがて、皆はフランクのあらゆる要求を実行するまでになった。 仮面をつければ、そこには限界など存在しなかった。 ある晩、フランクは自分がクビになった店を破壊するようジョーイにけしかけた。 彼らは閉店後の誰もいない店内にたやすく侵入した。 ところが、まだ店に残っていた清掃員がジュリーに気がつき、近づいたとたんに捕まえた。 ジュリーの苦しそうな叫び声を聞いて黒い衝動に突き動かされたフランクは、助けようとナイフをためらいなく清掃員の背中に突き刺した。 フランクはショック状態に陥って自分を見つめる仲間に向かって、仕事を終わらせろと命令した。 ジョーイは歯を食いしばってナイフをつかみ取り、流血する清掃員の脇腹を刺した。 スージーが拒否すると、フランクが怒鳴りつけた。 始めてしまったことは終わらせなくてはならない。 ジュリーは目を閉じてその男の胸にナイフを突き刺し、血で濡れたそのナイフをスージーに手渡した。 今や全員が共犯者なのだ。 フランクは不信の眼差しでジュリーを見るスージーの震える手をつかみ、そのまま男の喉にナイフを深く差し込んだ。 フランクは急げと命令した。 彼らは血塗れの床にモップをかけ、ジョーイの車のトランクに死体を押し込むと、オーモンド山へ向かった。 4人が全員で死体を捨てようと泥まみれの雪を掘っていたその時、フランクが森を移動する何かに気づいた。 フランクはナイフをつかんで仲間の元を離れ、様子を見に向かった。 すると、周りに濃い霧が立ちこめ、あっという間に先が見えなくなった。 足跡をたどって道を引き返そうとした時、フランクはまるで闇に呼び寄せられるかのように、その不気味な道を進んでいった。 ジュリー、スージー、ジョーイが掘る作業を終えると、フランクの姿がないことに気がついた。 ジュリーがくっきりと雪に残された泥の足跡を見つけると、3人は足跡をたどり、森の奥深くへと入っていった。 その夜、ジュリー、スージー、ジョーイが家に戻らなかったので、彼らの両親はフランクと一緒に家出をしたのだと考え、それぞれの両親がそれぞれの説を唱えた。 しかし、オーモンド山の廃墟のロッジで死体が発見されると、町の雰囲気は一転した。

次の

あいみょん 裸の心 歌詞

泥まみれの過去

他人と過去のことに悩み過ぎて、苦しくなっていませんか? 「あの人の性格の悪さ、何とかならないのかしら」「私はなぜあのときに、あんなことを言ってしまったのだろう」。 このように、人はとかく、他人や過去のことをくよくよ悩んでしまうものです。 こうした悩みを抱える方に、私はあることわざをお伝えしています。 それは 「他人と過去は変えられない。 変えられるのは自分と未来」です。 「相手に変わってほしい」といくら期待しても、相手がこちらの思惑通りに変わってくれるとは限りません。 なぜなら、 「他人の気持ちは他人のもの」だから。 本人が「たしかにそうだよな」と納得すれば、変わることもあるかもしれません。 でも、100%こちらの思い通りに相手が変わってくれるとは限らないのです。 過去も同様です。 育った環境やたどってきた道、あらゆる失敗、こじれた関係など、「どうして、こうなってしまったのか」「なぜあのとき、こうしなかったのか」と人はとかく、いつまでも悩んでしまうものです。 でも、そうしたことをいくら考えても、過去の事実は変わりません。 「自分」を変えるには、考え方のくせを変える うまくいかないのは、自分の考え方のくせに問題があるのかも? 変えられない他人や過去に執着するより、変えることのできる「自分」と「未来」へのアプローチに注力していくこと。 その方が何倍も合理的で効果的です。 では、どのように変えていけばいいのでしょう? まず「自分」を変えるには、自分の「考え方」のくせに気づくこと。 それがストレスを招きやすいものになっていたら、「 認知療法」で修正するのがお勧めです。 普段、無意識のうちに選択している考え方を振り返ってみましょう。 一時の感情にとらわれ、「いつも失敗する運命」と決めつけている。 こんなことが多くありませんか? こうした考え方を「 認知のゆがみ」と呼び、代表的なゆがみは10パターンあります。 具体的には、 という記事で解説していますので、ご自分の考え方に近いものがあるかどうか、ぜひチェックしてみてください。 これらの認知に気づいたときには、そのゆがんだ考え方のまま物事を考えず、「こう考えるのは、本当に合理的なのかな?」と捉え直してみましょう。 これをくり返していくのが「認知療法」です。 たとえば、「このテストに受からなければ、私の人生は負けだ…」といった考えにとらわれ、苦しくなった時、どの認知のゆがみに近いのかを検討します。 そのゆがみに気づいたら、頭の中で現実的で合理的な考え方に修正していきます。 「このテストに不合格になっただけで、なぜ人生まで負けだと決めつけるの?」「人生のルートはいくつもあるし、何度でもやり直せる」というようにその都度、自分に問いかけていきます。 悩んでいる友だちに語り掛けるように、自分にも語り掛けていきましょう。 「未来」を変えるには、目の前の小さな行動を変えていく 未来を変えるには、「小さな変化」を積み重ねること。 うまくいっていることを続ける、うまくいかなければ違うことをする では「未来」の方は、どのように変えていけばいいのでしょう? 1960年代頃からアメリカを中心に発展してきた心理療法の一つに「 ブリーフセラピー」(短期療法)という方法があります。 この療法の中心哲学である3つのルールに、未来を変えるヒントがあります。 【ルール1】今やっていることがうまくいっているなら、変えなくていい 【ルール2】一度やってうまくいったことは、繰り返していこう 【ルール3】うまくいっていないなら、違うことをやってみよう とてもシンプルなルールです。 目の前の小さな行動を変えれば、未来は変わります。 一度やってうまくいったことは、次もその方法でやってみましょう。 うまくいったことを何度も続けると、それが得意になります。 得意なことができると、自信がついていきます。 この繰り返しにより、自分がよりよく変化していきます。 そして、今取り組んでいる方法で成果が出ないなら、他の方法を試してみましょう。 うまくいかないのは、自分にフィットしていない方法だからなのかもしれません。 自分にフィットすることに取り組んでいれば、楽しさややりがいを感じたり、時間を忘れて没頭できたりします。 そうしたものは自然に続けていきたくなるので、続けているうちに上達し、得意になっていきます。 くり返しになりますが、「他人」と「過去」は変えられません。 変えられるのは「自分」と「未来」です。 あなた自身がよりよく変われば、周りの人もあなたに影響され、いつの間にかあなたが望むように変わっていくかもしれません。 そして、自分の未来がよりよいものになれば、過去に対する思い(くやしさ、後悔など)も変わっていきます。 「嫌な思いもたくさんしたけど、すべて肥やしになっているなぁ」というように、自分の過去を肯定的に捉えられるようになるからです。 ぜひ、変えられない「他人」と「過去」に悩むより、「自分」と「未来」をどのように変えていきたいのかを考えてみましょう。 きっと、今までより何倍もよい変化が現れると思います。 【関連記事】•

次の

ふきげんな過去

泥まみれの過去

令和元年10月1日• 令和元年10月2日• 令和元年10月3日• 令和元年10月4日• 令和元年10月7日• 令和元年10月8日• 令和元年10月9日• 令和元年10月10日• 令和元年10月11日• 令和元年10月13日• 令和元年10月15日• 令和元年10月16日• 令和元年10月17日• 令和元年10月18日• 令和元年10月21日• 令和元年10月22日• 令和元年10月23日• 令和元年10月24日• 令和元年10月25日• 令和元年10月28日• 令和元年10月29日• 令和元年10月30日• 令和元年10月31日•

次の