鬼 滅 の 刃 煉獄 杏 寿郎。 煉獄杏寿郎が母上から言われた言葉とは?最期まで言葉を守り抜いたのか考案!|鬼滅の刃.info

煉獄杏寿郎 (れんごくきょうじゅろう)とは【ピクシブ百科事典】

鬼 滅 の 刃 煉獄 杏 寿郎

(鬼滅の刃7巻 吾峠呼世晴/集英社) 煉獄杏寿郎自身が解説してるように、炎柱は水柱と並んで鬼殺隊が発足されて以来、ずっと柱に入っていた基本の呼吸。 それだけあって実力は鬼殺隊でも上位と考察されます。 煉獄杏寿郎の強さは改めて後述。 上記の場面は『鬼滅の刃』の劇場版アニメで登場してくると思いますが、かつて基本の呼吸も日の呼吸から実は派生してることが判明。 日と火は語感的にも似ており、炎の呼吸は最も日の呼吸に近いのか。 煉獄杏寿郎の性格がワロタ 煉獄杏寿郎の見た目は眉毛が凛々しく、赤い長髪ヘアーがなんともイケメン。 いかにもグイグイと後輩たちを引っ張っていってくれるような「リーダー風」の雰囲気もたっぷり。 一見すると、正統派風のキャラクター。 ただ煉獄杏寿郎の性格は独特。 どこか捉えどころがない (鬼滅の刃8巻 吾峠呼世晴/集英社) 結論から書くと、煉獄杏寿郎の父親は対象的に非常にクソ野郎だった。 かつて煉獄杏寿郎と同じく炎柱だったものの、酒に溺れる日々を送る。 煉獄杏寿郎に対しても追い出すように冷たくあしらった。 実は、「炎の呼吸は日の呼吸に近いかも」と先程言いましたが、実際には日の呼吸だけは抜きん出て強かった。 とりわけ開祖の継国縁壱は最強of最強。 炎の呼吸も含めて、他とは比べ物にならないほど。 そのため炎柱だった先祖は日の呼吸に強いコンプレックスを抱いてたそう。 それは炎の呼吸しか使えない煉獄杏寿郎の父親も、ご多分に漏れず。 いつの間にか、性格は屈折して酒に溺れる日々を送る。 煉獄杏寿郎は『鬼滅の刃』では早々に死亡するものの、実は最終局面においても影響を及ぼす。 また煉獄杏寿郎の「名言集・名シーン」は後述します。 【無間列車編】猗窩座戦で煉獄杏寿郎は死亡 ただし、既に何度も言及してますが、結論から書くと 煉獄杏寿郎は早々に死亡してしまう。 少しネタバレしておくと、下弦の鬼1との戦いは『鬼滅の刃』の劇場版アニメでも深く描かれると思いますが、無間列車編のメインはその直後に登場した上弦の3・猗窩座(あかざ)との戦い。 この上弦の鬼がめちゃんこ強くて、結果的に煉獄杏寿郎は破れてしまう。 猗窩座は徹底して肉弾戦を好む十二鬼月。 圧倒的な身体能力と攻撃力は凄まじく、後に猗窩座と戦う水柱・冨岡義勇なども苦戦するほど。 しかも、煉獄杏寿郎は負傷した竈門炭治郎の護衛も同時に行っていた。 圧倒的に不利な戦況の中で煉獄杏寿郎は互角の戦いを展開するものの、長時間の戦闘でじりじりと猗窩座に追い詰められていく。 (鬼滅の刃8巻 吾峠呼世晴/集英社) 続いては 「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です」。 厳密には煉獄杏寿郎の母親の名言ですが、この母親の言葉があったからこそ煉獄杏寿郎という人格が強く形成されたことが分かります。 煉獄杏寿郎の母親は病弱だった。 一方、杏寿郎は生まれ持って身体能力に恵まれていた。 それ故に「生まれついて人より多くの才に恵まれた者は、その力を世のため人のために使わねばなりません。 天から賜りし力で私腹を肥やすことは許されません」と教育し続けた。 無間列車編では描かれませんが、煉獄杏寿郎を殺した猗窩座は最終盤まで「弱者は虫唾が走るから嫌い。 淘汰されるのは自然の摂理」と豪語し続けた。 でも、炭治郎はそれに強く反駁。 「生まれた時は誰もが弱い赤子。 強い者は弱い者を助け守る。 これが自然の摂理」と猗窩座に詰め寄る。 炭治郎の根幹にあるそれは、まさに煉獄杏寿郎から受け継がれていた。 煉獄杏寿郎は自らに課した責務を全うしたものの、最終的には瀕死の状態に追い込まれる。 しかし、後輩の盾となるのは当然とばかりに自らの死を受け入れて、煉獄杏寿郎の表情に悲壮感はなし。 そして涙目状態の炭治郎に対して、「竈門少年。 俺は君の妹を鬼殺隊の一員として認める。 胸を張って生きろ。 君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってくれない。 今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ」と笑顔で背中を押す。 「後世にバトンを受け継ぐ」という究極の自己犠牲を最期に体現。 まさに煉獄杏寿郎という人間性・キャラクター性を体現した名言ではなかろうか。 煉獄杏寿郎の強さ・戦闘力は? 最後は「煉獄杏寿郎の強さや戦闘力」を考察。 既に死亡してしまってるものの、もし現在も煉獄杏寿郎が生存していた場合、『鬼滅の刃』の中でどこまで強かったのか? 前述のように、上弦の3・猗窩座戦で煉獄杏寿郎は死亡してしまう。 無間列車編でも颯爽と登場するものの、実は下弦の1のボスとは直接交戦しておらず、煉獄杏寿郎は後方車両で援護にあたっていただけ。 そのため、煉獄杏寿郎の強さを考察する上では情報が少ない。 だからこそ劇場版アニメでは煉獄杏寿郎のバトルシーンがたっぷり描写されそう。 猗窩座戦にしても、意外と端折られてる部分も少なくない。 (鬼滅の刃7巻 吾峠呼世晴/集英社) 例えば、煉獄杏寿郎は無間列車編では「その巨躯を隠していたのは血鬼術か」など下弦の1の気配すら気付いてなかった。 上弦の鬼と下弦の鬼の実力差は歴然のため、意外と少し無様な一面も覗かせてる。 ちなみに、作者・吾峠呼世晴の「刀の持ち方」とか地味に上手い。 『鬼滅の刃』は絵のタッチが独特。 そのため好き嫌いは分かれそうですが、キャラの表情など含めて作者の画力は意外と高いので安心して誰でも読めそう。 それでも煉獄杏寿郎は「たった一人」で上弦の3・猗窩座を追い詰めた事実は大きい。 『鬼滅の刃』本編では詳細に描写されてませんが、煉獄杏寿郎は無間列車の脱線も一人で食い止めた。 とはいえ、煉獄杏寿郎が一人で猗窩座に勝てたかはやや微妙。 仮に足手まといの炭治郎たちがいなかったとしても、煉獄杏寿郎が最終的に猗窩座を殺す決め手に欠けるのも事実か。 冨岡義勇たちとの戦いを見る限り、猗窩座の再生力は異常。 だから上弦の鬼は一般的に柱3名分の強さを誇ると言われてますが、 煉獄杏寿郎の強さは「上弦の3以上の敵キャラを一人で倒せる力がある」とまでは言い切れなさそうです。 ちなみに改めてになりますが、劇場版『鬼滅の刃』では煉獄杏寿郎の戦いが描写される。 仮に鬼滅の刃アニメ2期が放映されても、「煉獄杏寿郎が死亡した後」の展開から始まる可能性が高そう。 だから、劇場版アニメを見てない人はアニメ2期の話は変則的に飛ぶのかも知れない。 映画まで観る予定はないという鬼滅の刃ファンは、煉獄杏寿郎を機にコミックスを購入してもいいのかも知れない。

次の

煉獄杏寿郎が母上から言われた言葉とは?最期まで言葉を守り抜いたのか考案!|鬼滅の刃.info

鬼 滅 の 刃 煉獄 杏 寿郎

剣技においては、天賦の才をたゆまぬ修練と最前線で戦い続けた経験で磨きぬいており、その技の威力は 数十~百トンはあろう列車横転の衝撃を緩和するほどに凄まじい。 このため鬼殺隊最上位陣には、信頼と共に一目置かれていた。 が初めて対面した際、であるを連れている事に対する処遇は 「鬼を庇うなど明らかな隊律違反!」とした上で、 「鬼もろとも斬首する!」と溌剌とした口調で即断した。 しかし後に炭治郎、、と行き掛かり上、汽車に潜むの"の壱"・討伐の任務を共とした際に、傷つきながらも命をかけて乗客の人々を守る彼女の姿を見て認識を改め、彼女を鬼殺隊の一員として認めるようになる。 幼い頃に故人である母親から説かれた「 弱き人を助けることは 強く生まれた者の責務です」という言葉と、抱きしめられた腕の温もりを心の支柱としている。 少年時代は父から情熱的な指導を受けていたが、母の死と同時に父が酒に溺れ指導を放棄したため、以降は一人で家にあった炎の呼吸の指南書を読み込んで柱まで登りつめた。 父に背を向けられ心無い言葉を返されることに寂しさや苦しみも抱えていたが、責務を果たすために前を向き続けた。 後進の面倒見も良い好漢だが、稽古が厳しすぎるため弟子入りした者は皆逃げ出してしまい、登場時点では継子はいなかった。 なお、現恋柱のは煉獄の元・継子である。 剣士としての実力は言うに及ばず、咄嗟の戦況確認能力と、居合わせた若輩の剣士達の実力を素早く見抜き的確な指示を飛ばす戦術眼をっており、指揮官としても有能である。 柱の中でも実力は上位である事は間違いなく、"上弦の参"であると互角に渡り合い、あと一歩の所まで追い詰めた。 後に猗窩座は、が発現したと竈門炭治郎と二人を相手にして戦う程の実力者である事が判明。 実際に同じ柱のは彼の訃報が届いた際に、「 には煉獄でさえ負けるのか」と発言している。 また、前述の魘夢討伐の任務に際して 駅弁(牛鍋弁当)十一人前を平らげる 大食い振りを見せて炭治郎を驚かせた(後にと遭遇する事になるのだが…)。 家族構成 父 (しんじゅろう) 元柱。 剣士としての苦悩に妻の死が重なり、酒に溺れて剣を捨てる。 実の息子たちからも背を向けたが、杏寿郎が最期まで自分の体を気遣っていたと知って涙する。 反省の後、最終局面においてと共にの護衛を行う。 キメツ学園世界では剣術道場師範。 母 (るか) 故人。 病床の身であったが、強さと優しさを備えた美しい女性。 杏寿郎の在り方に大きな影響を与えた人物。 次男の千寿郎が物心つく前に逝去。 キメツ学園世界では書道教室の先生。 弟 (せんじゅろう) 存命中。 兄とはやや歳が離れている模様。 顔立ちは瓜二つだがどこか気弱な印象。 名門・煉獄家に生まれながら、日輪刀の色が変わらない己を恥じていた。 しかし炭治郎との出会いと兄の言葉により、勇気をもって剣士以外の自分の道を歩むことを決断した。 キメツ学園世界では同校中等部に通う。 人間関係 「強さというものは 肉体に対してのみ使う言葉ではない この少年は弱くない 侮辱するな」 後進の育成に熱心であることからもうかがえるように、作中では基本的に後輩との繋がりが強い。 甘露寺蜜璃 同じく鬼殺隊で柱を務める女剣士。 上述の通り、彼女は元々杏寿郎の弟子として炎の呼吸を学び、その適正もあったが、彼女の動きがあまりにも独創的である為にとして教えることを断念した。 竈門炭治郎・我妻善逸・嘴平伊之助 最期の任務で同席した一般隊士。 通称、。 列車での事件の際には、三人同時に「継子にしてやろう」と言っており、の血によってパワーアップした魘夢を三人とともに討伐した。 継子には出来なかったが、彼の生きざまは三人に強い影響を与えており、特に炭治郎は上弦の鬼戦や人への相談など、重要な局面では杏寿郎の顔を思い浮かべ、彼の遺言である 「」「胸を張って生きろ」といった言葉を思い返す程、杏寿郎の事を今なお慕っている。 特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。 雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈。 柱は隊服をそれぞれ改造したり着崩したりしている者が多いが、煉獄はシャツ、詰襟共に型どおりに着こなし、また、白地に炎を象ったデザインの羽織を着用している。 なお、羽織に腕は通していないがどれほど激しく動いても羽織が落ちることはない。 これ以降はから。 7巻にて設定が明かされた。 担当教科は。 教育熱心で歴史愛も強いため、 授業中に生徒を投げ飛ばしたり騎馬戦を始めたりしてしまう。 しかしながら生徒からの人気は高く(バレンタインのチョコ獲得数は 28個)、歴史の成績が悪い者は学園にいないという。 公式ファンブックに掲載された特別描き下ろし漫画では、モテるための秘訣を善逸に訊かれた時に「 特にないな!モテたいから学校に来ているわけではないし!」と返答し、当の善逸から「 何の役にも立たないですね もういいです」と憎まれ口を叩かれていた。 余談 本作には奇抜ながらも実在する苗字が多く登場するが、煉獄姓の実在は未確認。 本誌掲載時、「玖ノ型 煉獄」を発動した際、「火の呼吸」と表記されていたが、単行本8巻収録にあたり、「炎の呼吸」へと訂正された。 初登場は単行本5巻、退場するのが8巻と非常に短い登場ではあったがその人となりと生き様は後輩である炭治郎たちに大きな影響を与え、ひたすら前向きで真っ直ぐな性格から多くの読者からもそのあまりにも早すぎる死を惜しまれている。 …のキャラクター。 「」、「名前の元ネタが火属性」、「熱血な性格」と共通点多し。 、、…こちらもであり、 『炎を操る』、『主人公達を導く兄貴系キャラクター』繋がり。 彼らもまた煉獄と(ただし、山本元柳斎に関しては『兄貴系キャラクター』には当てはまらず、炎に関連する能力と最後に辿る運命が共通している)。 …更にのキャラクター。 当人の項目でも触れられているように、まず 「顔付きがそっくり」で、加えて 「明朗快活な性格」、「常に大きい声で話す」、「父親との確執」など、共通点が多い。 …の主人公。 「炎のように赤めの髪」や「赤い瞳」、「黒い服と白地に炎柄の羽織」を着用するなど、出で立ちが酷似している。 また、 「炎技を有する」、「父親と瓜二つ」、「父親との確執がある」、「親しい三つ編みの女キャラクターがいる」など共通点が多い。 関連記事 親記事.

次の

【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎の強さを考察【最新情報】

鬼 滅 の 刃 煉獄 杏 寿郎

コンテンツ• 鬼滅の刃 煉獄杏寿郎の父は元柱 煉獄さんの父親の名は、 槇寿郎(しんじゅろう)です。 元 炎柱(えんばしら)でした。 いつも酒の入った瓶を手にしています。 酒ばかり飲み、働いている様子もありません。 常に何かにイライラしています。 他人だけでなく、 家族にも暴力的な言動をとっていました。 酒に溺れるまでは、 良き父親だったようです。 息子たち対し、 熱心に剣術を教えていました。 笑顔あふれる熱い人物だったのです。 おそらく煉獄さんが稼ぎ、弟の 千寿郎(せんじゅろう)が家事を担っているのでしょう。 鬼滅の刃 煉獄杏寿郎の父が酒浸りになった理由 自身の 力のなさを知った時期と、 奥さんが亡くなった時期が重なったからです。 煉獄さんの父槇寿郎は、自身の力のなさを知ります。 そのため、 剣士も辞めました。 なぜ自信を失ったのかは、語られていません。 そんな時期に、 最愛の奥さんも亡くなります。 最期の時が近いのは、彼も知っていたはずでした。 しかし自分を支え、 愛していた人がいなくなった悲しみに、耐えられなかったのでしょう。 鬼滅の刃 父槇寿郎が初対面の炭治郎にケンカを売った理由 最初は、 息子を悪くいう槇寿郎の態度に、炭治郎が腹を立てます。 そのため、口論となりました。 さらに、炭治郎が日の呼吸の使い手だと勘違いします。 日の呼吸の使い手が、炎の呼吸をバカにしていると思い込んでいました。 炭治郎を、地面に強く投げ飛ばします。 そこを千寿郎が止めに入りました。 しかし、元柱に敵うはずもなく勢いよくぶたれます。 見かねた炭治郎は、攻撃を開始しました。 殴り合いの激しい、戦いになります。 その決着をつけたのは、炭治郎の 硬い頭突きでした。 父槇寿郎は、気を失います。 鬼滅の刃 煉獄さんの最期まで父を想う言葉が届く 炭治郎によって伝えられた 煉獄さんの遺言を、千寿郎から聞きます。 それを自分への恨みだと感じ、始めは聞き入れませんでした。 「体を大切にして欲しい」 去り際に、父へと兄が残した言葉を話します。 その後どんな時でも、 自分を慕っていた息子の笑顔が浮かびました。 その後酒を一口飲むと、彼を想い 涙します。 鬼滅の刃煉獄さんの父槇寿郎の妻 槇寿郎さんの奥さんは、 瑠火(るか)さんといいます。 賢く、揺るがない心を持つ 強く優しい人物でした。 杏寿郎が幼い頃に病で亡くなります。 自身の最期を知り、彼に 強い者の責務を遺言として残しました。 その後、彼女が亡くなってから父槇寿郎は、酒浸りの日々を送ります。 愛する妻を失い、 深く傷つきました。 そのため自暴自棄になり、子供たちへの態度も暴力的になります。 それでも杏寿郎は、弟の前で明るく振舞っていました。 スポンサーリンク 鬼滅の刃 煉獄さんの父槇寿郎が炭治郎と和解 原作の81話の最初で、 炭治郎に向けて手紙を書いています。 そこには 謝罪と、 感謝が述べられていました。 さらに、 炭治郎が選ばれた者であると、続きます。 槇寿郎は、 今までの自分を深く反省し、立ち直りました。 本当はだれよりも、杏寿郎を誇らしく思っています。 槇寿郎は、杏寿郎に剣を教えることを放棄しました。 そのため 3冊の指南書を元に鍛錬し、柱となります。 炎の呼吸を絶えさないようにと、必死に努力したのでしょう。 本当に 親孝行な良き息子だったのです。 鬼滅の刃 煉獄さんの父槇寿郎のその後 産屋敷(うぶやしき)邸の護衛任務にあたっています。 そこには、引退した 宇随天元の姿もありました。 新たに当主となった 産屋敷輝利哉(きりや)と、その妹たちを守ります。 命をかけて、 幼き彼らを守り抜くと誓いました。 完全に煉獄家当主としての、自覚が戻っています。 良き息子たちに恵まれて、本当に良かった槇寿郎さんでした。 鬼滅の刃 煉獄さんの父槇寿郎は大切な書を破いていた 『歴代炎柱の書』 それは、炎の呼吸を使う 煉獄家に代々伝わる大事な本でした。 しかし、己の無能さに気づかされた 槇寿郎が破いてしまいます。 日の呼吸以外を、彼は全て劣化版だと思い込んでいました。 そのため、 無能な呼吸など守る価値がないと考えたのでしょう。 鬼滅の刃 煉獄さんの父槇寿郎が管理する『歴代炎柱の書』について考察 千寿郎が持ってきた書の名前には 『二十一代目炎柱ノ書』と書かれていました。 そこで疑問が浮かびます。 代々受け継がれている者ならば、 21代目とは書かないのでは? 父槇寿郎が書いた本なのでしょうか。 それとも、紙が上から貼られただけでしょうか。 思うに、 代々受け継がれているのは、間違いありません。 千寿郎によると、槇寿郎が熱心に読んでいたと話しています。 自分の書いたものを、そんなに熟読するのはおかしいですよね。 しかし、破いたとなると、書いてある内容に怒りを感じたのではないでしょうか? 本を破り去るって、相当です。 いくら怒りっぽくても、理由もなしにそのような行動には出ないでしょう。 おそらく、 書いてある内容に激怒したと予想します。 炭治郎が開いた個所が、原因のページでしょうね。 そのページが、一番被害が大きいので。 けれども何が書いてあったかは、読めません。 鬼の単語が出てくるので、おそらくは鬼の倒し方かなと考えます。 皆さんは、どう予想されますか? 鬼滅の刃漫画を1巻分もらう方法を紹介! 煉獄さんの父槇寿郎さんの初登場は 8巻です。 炭治郎と和解する81話は 10巻に収録されています。 できれば無料で読みたいですよね? そこでおすすめなのが、 「U-NEXT31日間無料トライアル」です。 これは、有料動画配信サービスの無料試しになります。 「はい、はい、有料サービスの無料お試しね。 」 そう思われたことでしょう。 しかし正直なところ、 使わないと損です。 なぜなら、鬼滅の刃が1巻分丸ごともらえるからです。 しかも、お金をかけずに。 仕組みとしては、もらえるポイントと交換して読む方法です。 そして、期間内に解約すればお金は一切かかりません。 実際に試してみましたが、事実でした。 さらに 解約も3分ほどで完了します。 もうこれは使わない手はないですよね? 鬼滅の刃煉獄杏寿郎の父は元柱の槇寿郎 「まとめ」.

次の