消費税 10パーセント 対象。 まもなく消費税が10%に 増税前後で買うべきものの違いを解説

何が対象なの? | 特集

消費税 10パーセント 対象

いよいよ10月より消費税が10%に上がります。 今よりも2%も多く消費税を払うとなると、支出が多くなることが気になりますが、「軽減税率制度」によって、飲食料品や新聞などでは8%に据え置かれるものもあります。 「軽減税率制度」は増税による家計への影響を、できるだけ少なくする目的で導入されるわけですが、その適用範囲ついては「よくわからない」という声が多いよう。 8%と10%を見分ける基準はどこにあるのか、知っておくと安心と思われるポイントをまとめてみました。 8%に据え置かれるのは「新聞」「飲食料品」の2分野 Image: Shutterstock. com 「軽減税率制度」は「生活防衛」の視点に立っているとはいえ、8%に据え置かれるのは「飲食料品」と「新聞」の2分野のみとなっています。 ただ、この2分野の全てが対象というわけではありません。 対象になるかならないか、見分け方を知っておきましょう。 新聞の定期購読のみ対象、電子版は対象外 まず、新聞は週2回以上発行される、定期購読契約に基づくものが対象です。 ただし、電子版は除かれます。 つまり毎日郵便受けに届く新聞は8%ですが、コンビニで購入した新聞は対象にならないということです。 お酒と外食(イートイン・ケータリング)は対象外 飲食料品は、「酒類・外食等を除く飲食料品」とされています。 酒類は「酒類」に分類されているかどうかで見分けられます。 酒税法では調理に使う「みりん」も酒類に含んでいますので、純粋なみりんは対象外となります。 ただし、「みりん風味調味料」は酒類に含まれないので、軽減税率制度の対象となります。 外食の定義は「単なる譲渡」か否か 少しわかりにくいのが外食です。 お店で食べる純粋な外食のほか、私たちはケータリング、出前(デリバリー)、テイクアウト、イートインなど、外食に近い形で食事ができるサービスがあります。 これらが外食に分類されるのか、されないのかが、見分けにくいのです。 どちらに分類されるかどうかは、「役務の提供」を受けるものか「単なる譲渡」となるものかにより判断できます。 軽減税率の対象になるのは「単なる譲渡」の場合。 お店で食べず、 テイクアウトをする、出前(デリバリー)を注文してお店の味を楽しむことは、単なる譲渡とされるのです。 では、対象とはならない役務の提供とは、どういったことなのでしょうか。 これはテーブル、椅子、カウンターなど、食事をする設備が提供され、食事をするためのセッティングもしてくれる、ということです。 ケータリングも様々に準備がされるので、対象外です。 どうですか? なんとなくイメージが付いたでしょうか。 他にも知っておきたい飲食料品の軽減税率 Image: Shutterstock. com 「役務の提供」か「単なる譲渡」かの判断が難しいお店で購入するとき、いつ、どちらであるのかを判断されるのでしょうか。 これは飲食料品をお店が提供するときです。 よく、ファストフード店では「店内でお召し上がりですか(消費税10%)?お持ち帰りですか(消費税8%)?」と聞かれますよね。 この時に判断されます。 増税後は、コンビニでも同じように聞かれるようになるはずです。 また、健康食品なども食品になるのか、医薬品扱いなのかにより税率が変わります。 その商品が単なる健康食品であれば食品に分類されますが、「医薬品」「医薬部外品」「再生医療等制品」の場合は、対象外の商品ということになります。 また、同じ食事でも 有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅で提供される食事(1食640円以下、1日の金額が1,920円に達するまで)や、 小中学校の義務教育における給食は軽減税率の対象です。 このような例外の話をすると、病気で入院中の食事は対象なのか? 気になるかもしれませんが、 病院入院中の食事の提供については以前より非課税となっていますので、関係ありません。 また、 大学や職場での学食、社食については、通常の外食とみなされ、軽減税率の対象にはなりません。 特別な環境下以外の外食は、軽減税率の対象にならないと考えておいた方がよさそうです。 <軽減税率対象になるもの>• お酒以外の飲食料品(購入して持ち帰るもの)• 新聞(対面販売、電子版は対象外)• 飲食店、コンビニなどでのテイクアウト(店内でのイートインは対象外)• 宅配、出前(デリバリー)、Uber Eats(ウーバーイーツ)• 有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅で提供される食事(1食640円以下、1日の金額が1,920円に達するまで)• 小中学校の義務教育における給食 増税分が戻る「ポイント還元制度」も活用しよう Image: Shutterstock. com 今回の消費税増税では、 「ポイント還元制度」も見逃せません。 こちらも生活防衛と消費の落ち込みを防止する目的で、「軽減税率制度」とあわせてスタートします。 ポイント還元が受けられるのは、2019年10月から2020年6月までの9ヵ月間。 「中小・小規模事業者」の小売店や飲食店などの支払いで 「キャッシュレス決済」をした場合に、消費税込みの支払い金額の5%(フランチャイズ店の場合は2%)が還元されます。 還元の原資には税金が使われるそうです。 対象となるキャッシュレス決済 クレジットカードの他、スマートフォンを用いたQRコード決済、電子マネーなど。 口座振り込みや収納代行サービス、使い切りのプリペイドカードなどは対象外です。 ポイント還元により 貯まったポイントによる決済も、ポイント還元の対象になります。 少し混乱する部分もあるかもしれませんが、消費税は多く払うことになったけれど、その分、ポイントで増税分以上がもどってくると考えてみてください。 このポイント還元制度も大いに活用したいところです。

次の

【消費税】2019年10月1日から始まる軽減税率の対象となるものは?

消費税 10パーセント 対象

コンテンツの内容• スポンサーリンク 軽減税率とは 冒頭でも触れましたが軽減税率とは、本来であれば消費税を10%支払う必要があるものを、軽減税率が適用された場合これまで通り8%の支払いで済ませる事ができる仕組みを表します。 例えば、2018年は100円の商品に対して8%の税金が課せられ、消費者は合計108円の支払いが必要です。 しかし2019年10月以降は、100円の商品に対して10%の税金が課せられ、合計110円の支払いが必要になります。 この場合わずか2円の差に見えますが、大きな買い物になるとその差は顕著に現れます。 特に100万円の新車など、高額な商品を購入した場合で見ると消費税が8%と10%では 2万円もの差が出てきます。 この2万円の差は私たちの家計にとって、少なからず負担や影響を及ぼします。 そこで私たちの家計を助けてくれるのが、 軽減税率の存在になります。 軽減税率が適用される商品・サービスを購入する場合は、支払う消費税はこれまで通り8%のままでOK。 それによって家計へのダメージを最小限に抑える事が可能なんです。 軽減税率の基準とは? しかし、この軽減税率は全てのものに適用される訳ではありません。 対象になる商品・サービスにはある基準が設けられており、その基準を満たした物に限り適用されます。 2019年現在では、日用品(トイレットペーパーや生理用品など)は軽減税率の 対象外となっているので注意してください。 ちょっと見づらいですが、が参考になります。 軽減税率の基準には、 利用するサービスエリアでテーブルや椅子が設置されているか、もしくはお客さんがそれを利用するのかという点が真っ先に挙げられます。 例えば、ファミリーレストランやファーストフード店、その他の外食店舗では軽減税率が適用されません。 つまり消費税が10%に上がる事を意味します。 ただ、この制度の厄介な点が、ファーストフード店でもドライブスルーを利用した場合は、軽減税率が適用されるのです。 (消費税の支払いが8%で良い) なぜならドライブスルーの場合は店内で食事をしない為、消費者は店内に設置されたイスやテーブルを利用しません。 なので同じ商品を購入しても• 店内で飲食した場合・・・ 消費税10%• ドライブスルーを利用した場合・・・ 消費税8% という少しおかしな仕組みになってしまうのです。 その事から、消費者はことあるごとに 「これは軽減税率が適用されるのか」という事に悩まされる事が予想されますし、店側も「この人はテーブルを利用したから残り2%の消費税を取らなければならない」となってしまいます。 はっきり言って面倒ですし、効率もめちゃくちゃ悪いです。 消費税率が上がった場合の対象商品・対象サービス では、軽減税率を現在の取り決めで考えた場合、どのようなものが消費税10%と8%に分類されるのか細かく見ていきましょう。 ここではニュース番組で扱われていたものを主に紹介します。 なので支払う消費税は8%のままです。 ただ、ドライヤーやヘアアイロンなど特定の人のみが使うものだと、軽減税率が適用されるかどうかは難しいところだと思います。 ここで言う生活必需品は、トイレットペーパーやシャンプー、食べ物、飲み物、衣類などメジャーなものになります。 項目ごとの詳細を知りたい方はのサイトを参考に。 学校給食は義務教育の中で、皆が強制的に利用するものです。 その為、軽減税率が適用されます。 その売店で購入したものを映画館のソファーに座って飲食すると、10%の税金がかかりそうですが、この場合は掛からないらしいです。 ですが、その売店にテーブルや椅子が設置されていて、尚且つそれを利用した場合は消費税が10%になるそうです。 うーん・・・難しい。 しかし、ドライブスルーの場合は8%に抑える事ができますので、マクドナルドやモスバーガーを利用する際には、持ち帰って食べた方がコストを安く済ませる事になります。 やはり酒類の場合は同じ飲み物でも、生活に必要のないものとして捉えられている事から、税金の対象になり易いです。 その理由は、給食だと選択肢がないため選ぶことができませんが、学食の場合は自分が選択肢から選んで利用する為、10%の税金が課せられるそうです。 高校や大学の場合は弁当の販売や、売店で購入する事もできますからね。 ただ学食しかない高校・大学の場合だと、どうなるのかは難しい判断です。 果物狩りの場合はイスやテーブルが無くても、外食という判断で10%が課せられるみたいです。 ドライブスルーと異なる点は、果物狩りの場合はその場で果物を食べる事が前提であり、それが大きな決め手となっています。 このややこしい軽減税率の仕組みは今後どうなる? やはりこれらをイチイチ考えていると、髪の毛が何本あっても足りないです。 考えすぎて禿げる人が続出します。 それくらい軽減税率の問題点は非常に複雑。 例えばコンビニで買い物をした際は通常8%の消費税ですが、イートイン(店内で飲食できるスペース)で食事をすると、それによって消費税が10%に変わるという事。 さらにそのイートインで食事をした場合、食べたものだけに対して消費税が課せられるのか、それとも購入額全てに対して消費税が課せられるのか、という事も非常にややこしい。 また、イートインで食事をしなくても、コンビニ内の駐車場に駐車した車内で食事をした際、消費税が上乗せされるのかといった問題も出てくるため、さらにややこしいです。 ある日車の窓をトントンと叩かれ、店員に 「消費税を支払って下さい・・・」などと言われたらクレーム殺到ものですよ。 でも大丈夫です。 今はこれらの仕組みに対して不安に感じる事が多いかも知れないですが、これは現状における政府の見解に過ぎません。 今後はもっと分かり易く、明確なルールを整備していくと思います。 具体的な細かい取り決めはこれから決まっていくでしょう。 政治家の方には、なるべく国民が混乱しないような制度を作って欲しいですね。 追記 2018年11月現在では増税に伴う見直しが検討され、エコカー減税や車両税、ふるさと納税、住宅税などが安くなる可能性があるそうです。

次の

【消費税】2019年10月1日から始まる軽減税率の対象となるものは?

消費税 10パーセント 対象

【この記事の目次】 CLOSE• 消費税10%増税の概要 2019年(平成31年)10月1日より消費税が8%から10%に増税されたことに伴い、軽減税率制度の運用が開始された。 消費税の軽減税率制度の対象品目は二つあり、一つは「酒類・外食を除く飲食料品」、もう一つは「週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)」である。 消費税の軽減税率制度導入後は、消費税の軽減税率8%と標準税率10%の二本立ての税率が運用されることになったので、日常業務に大きな影響を及ぼしてる。 例えば、販売商品や仕入商品の適用税率を確認する、税率を区分して帳簿や請求書を発行する、税率ごとに区分して消費税を申告をする、といった影響等が挙げられる。 また、消費税の軽減税率制度の対象品目の取り扱いがない事業者や、消費税が免税されている事業者であっても、対応が必要になる。 例えば、消費税軽減税率対象品目を仕入れた場合は軽減税率の対応が必要になるし、課税事業者と取引を行うと税率区分請求書の発行を求められる場合がある。 消費税の軽減税率制度の理解が浅いと、消費税の取り扱いや計算の混乱リスクが高まるばかりになる。 軽減税率制度に端を発する混乱を避けるためには、日常業務の対応や顧客への対応、或いは、軽減税率対策補助金の利用など等、理解と備えを万全にすることが大切だ。 消費税の軽減税率制度の対象品目 消費税の軽減税率制度の対象品目は「酒類・外食を除く飲食料品」と「週2回以上発行される新聞」のふたつである。 対象品目の譲渡(販売)が行われることを要件に、消費税の軽減税率制度が適用される。 消費税の軽減税率制度の対象品目の具体的概要は下記の通りである。 消費税の軽減税率制度の対象品目「酒類・外食を除く飲食料品」 酒類・外食を除く飲食料品は消費税の軽減税率制度の対象品目になる。 消費税の軽減税率制度の対象になる飲食料品とは、食品表示法に規定する食品(酒類を除く)をいい、一定の一体資産を含む。 一体資産とは、おまけ付きお菓子のように食品と食品以外の資産が予め一体となっている資産のことである。 また、飲食料品のテイクアウト、出前、宅配、有料老人ホーム等で行う飲食料品の提供も軽減税率の対象になる。 なお、飲食料品であっても、酒類、外食、ケータリング等は、軽減税率の対象外になる。 また、「食品」には、「医薬品」、「医薬部外品」及び「再生医療等製品」が除かれ、食品衛生法に規定する「添加物」が含まれる 消費税の軽減税率制度の対象品目「週2回以上発行される新聞」 週2回以上発行される新聞は、消費税の軽減税率制度の対象品目になる。 消費税の軽減税率制度の対象になる新聞とは、一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する週2回以上発行されるもので、定期購読契約に基づくものである。 従って、売店などで販売される定期購読契約以外の新聞は、消費税の軽減税率制度の対象外となる。 消費税の軽減税率導入後の価格表示 課税事業者が消費者に対して商品等の価格をあらかじめ表示する場合は、税込価格(総額)を表示することが義務付けられている。 消費税の軽減税率制度実施後は、例えば、イートインスペースのあるパン屋等の小売店事業者などは、同一の商品につき適用される消費税率が異なることが予想される。 このような場合の価格表示の方法については消費者庁等から公表されている「消費税の軽減税率制度実施に伴う価格表示について」に示されており、例えば以下の方法が例示されている。 税率毎に二重に表示 持ち帰り(テイクアウト)と店内飲食(イートイン)の両方の税込価格を表示する。 例えば、税別100円のパンであれば、持ち帰り108円、店内飲食110円という要領で税率毎に二重に表示する。 税込価格を統一する 持ち帰り(テイクアウト)と店内飲食(イートイン)の両方の税込価格を統一する。 この場合、消費者に対して、持ち帰りの方が割高感を与えるリスクが残る。 価格が異なることを店内掲示 店内の目立つ場所に「店内飲食される場合は価格が異なります」と掲示し、持ち帰り(テイクアウト)の税込価格のみを表示する。 或いは、その逆のパターンで表示をする。 消費税の軽減税率導入後の日常業務 消費税の軽減税率が導入されると、販売商品や仕入商品の適用税率を確認する、税率を区分して帳簿や請求書を発行する、税率ごとに区分して消費税の計算と申告をする、といった日常業務が新たに発生する。 売上、仕入、申告の3つの日常業務のポイントは下記の通りである。 しかし、売上税額から仕入税額を控除する消費税額の計算方法は現行と変わりなく、消費税額の計算方法は下記の通りである。 帳簿及び請求書等の記載と保存 消費税の軽減税率導入に伴い、軽減税率の対象品目の売上や仕入(経費)がある事業者の方は、 これまでの記載事項に税率ごとの区分を追加した「区分記載請求書等」の発行や記帳などの「区分経理」を行うことになる。 また、課税事業者は、仕入税額控除のため、区分経理に必要な事項を記載した帳簿及び区分記載請求書等の保存が必要になる。 具体的には「軽減税率の対象品目である旨」と「税率ごとに合計した税込対価の額」の記載が必要になる。 もし、上記記載がない請求書を受け取った場合は、その取引事実に基づいて追記することができる。 軽減税率対策補助金には「A型・B型・C型」の三つの申請類型がある。 さらに、新たに商品マスタの設定や設置費用を要する場合は、1台あたり20万円加算。 複数台導入する場合は、1事業者あたり200万円を上限 補助対象 レジ本体、レジ付属機器、機器設置に要する費用、商品マスタの設定費用、発券機 申請手続き 基本的には申請書数枚と証拠書類で申請できる。 軽減税率制度の対象品目は「酒類・外食を除く飲食料品」と「週2回以上発行される新聞」のふたつだが、消費税の軽減税率は、対象品目の取扱いがない事業者、或いは、課税事業者、免税事業者関係なく、 すべての事業者に関係する制度である。 軽減税率制度に端を発する混乱を避けるためには、日常業務の対応や顧客への対応、或いは、軽減税率対策補助金の利用など等、理解と備えを万全にすることが大切だ。 なお、本記事の内容は2020年4月時点のものである。 消費税増税、並びに、軽減税率制度の最新情報については国税局ホームページ(www. nta. jp)内の特設サイト「消費税の軽減税率制度について」をご覧いただきたい。 (この記事は2017年7月に執筆掲載後、2020年4月に加筆修正しました) おススメ記事.

次の