食べてすぐ寝る 向き。 「食べてすぐ寝る生活」で体はどうなるか [食と健康] All About

» 食後に寝る向きは「左が下」~社会人の新常識~

食べてすぐ寝る 向き

スポンサーリンク 食べてすぐ寝る体の向きは? 胃の形をイメージすると、左上から右下に向かっている絵を思い浮かべる人が多いでしょう。 このため、食べてすぐ寝る体の向きは「右が下」のほうが消化によいと考える人が多いようです。 実際、街でアンケートをとると、70%もの人が「右が下」と答えていました。 しかし、消化のメカニズムを考慮すると、横になる向きは「左が下」が正解なのです。 それは、食後に横になったときの胃の動きに関係しています。 胃は左上から右下に三日月形になっていますが、食べ物はそのまま右下に溜まっていくわけではありません。 実際は、胃の上部に食べものが溜まる構造。 一時的に食べ物は胃の上部に滞留していて、それが少しずつ消化されて右下に移動していくのです。 食べてすぐ寝るなら「左が下」 この状態で「右が下」になると、食べ物は食道に逆流してしまいます。 実際にバリウムを飲んで実験してみると、首のところまで上がってきていました。 そして「左が下」の場合、胃の中のバリウムはまったく逆流しないのです。 左上にものが溜まる胃は「右が下」だと食道のほうが下になってしまいます。 これでは、食べ物が逆流して当然です。 「左が下」なら食道のほうが上になるため、食べ物は逆流しません。 つまり、食べてすぐ寝るなら本当は「左が下」が正解。 食べ物の逆流を防いでくれるからです。 逆に「右が下」は食道に食べ物が逆流してくる恐れがあるのでオススメできません。 スポンサーリンク 食べてすぐ寝ると胃に負担をかけない 食べてすぐ寝るという行為はあまりよい印象を与えません。 しかし、食べてすぐ動くほうが健康に悪影響を与えます。 食べてすぐ動き始めることは、まるで胃で縄跳びをするようなものなのです。 というのも、胃は腹部に固定されているものではありません。 両端が止まった構造になっています。 食べてすぐは、ここに食べ物がたっぷり入ってぶら下がった状態。 非常に不安定なのです。 実際、犬などは満腹のときに散歩させると胃捻転になることもあります。 人間も食べてすぐ運動することは、胃の消化によい影響を与えません。 その意味で、食べてすぐ寝ると胃に負担がかからないのです。 食後の胃もたれで寝るなら「右が下」 食べてすぐ寝るときは「左が下」ですが、胃もたれのときは寝る向きが違います。 そもそも胃もたれがおこるのは、胃の運動機能が低下して食べ物がきちんと消化されないため。 それが胃の中に留まることでおこります。 食べてすぐは食べ物は胃の上部に滞留していますが、胃もたれのときはその多くが胃の下部に移動。 ここで「右が下」になるように寝ると、胃の中に留まった食べ物が腸に流れやすくなるからです。 すなわち、胃もたれで寝るときは「右が下」が正しい向きになのでした。 なお、胃もたれは炭酸水を飲むことでも症状が軽減します。 炭酸水を飲むと、胃の粘膜が刺激されて血流が増加。 胃の働きが活発になるため症状が改善するのです。

次の

消化を助ける寝方は?胃腸の負担は食後の寝る向きで軽減

食べてすぐ寝る 向き

我が家の夕食事情とダイエット まずは現在の我が家の夕食事情を・・・ 現在は夫婦と乳児園に通う息子の3人家族で、基本的には全員そろってから夕食を食べることにしています。 それぞれの仕事の関係で、時間は20時~21時の間が一番多いですね。 (あまりに遅くなりそうな時は、子供だけ先に食べさせていますが・・・) その後、子供をなんとしてでも22時までに寝かす!と寝かしつけに頑張っているので、子供と一緒に自分も寝落ちています(汗 こんな生活を、メタボ解消を決心してブログを開始した当初からずっと続けていました。 そこで、つい最近、あれれ?と思うことが・・・ そうなんです、私って、 寝る前2時間以内に食事して寝ちゃってる??(ガーン ・・・なんてことでしょう。 ヘタしたら食後1時間位で寝ちゃってることもあるんですよ。 良く聞く話は、寝る前2~3時間に食事をしたら太るという話なんで、ダイエットなんかできるわけないやん・・・ そう思ったんですが、よく考えると、ここ最近はずっと体重が減少する方向になっています。 参考記事: と言うことは、寝る前にそこまで時間を空けなくても、太ることを防ぐ食べ方があるんじゃないかと! なので、寝る前に食べたら太るということについて、ちょっと調べてみました。 夕食(夜食)と睡眠の関係について スポンサードリンク まずは夕食と睡眠開始までの時間について調べてみました。 理想は4時間だけど、2~3時間は空けてね・・・という情報がほとんどですね。 太る最大の理由はやっぱり糖質か? いろいろな書籍やWEB情報を調べると、寝る前に食べたら太るというのは、やはりインスリンが関係しているようです。 以前、食後高血糖を防げばダイエットや健康につながるという記事を書きました。 参考記事:• 糖質を摂ると、筋肉でエネルギーに変わったり、肝臓や筋肉に貯蔵される。 さらに余った糖質は中性脂肪になってしまって吸収される。 こういう理由でした。 今回の話に当てはめて考えてみると・・・ 食後1~2時間後が血糖値のピークと言われていますから、その頃は インスリンがたくさん分泌されています。 そんな時に睡眠に入ってしまうと、筋肉でエネルギーとして消費することもないので、 糖質が余計に余ってしまい、インスリンによって中性脂肪にされてしまう・・・ 悪循環ですね(汗 夜間の食事については時刻が重要 さらに調べると、食事から睡眠までの時間以外にも考慮に入れることがあるようです。 このBMAL-1の働きは・・・• 脂肪組織に対しては脂肪を蓄積する方向に働く• 筋肉と肝臓に対しては脂肪燃焼を抑える方向に働く というものなんですって(汗 この BMAL-1というたんぱく質、なんと22時から2時(26時)にかけて一番働くことが分かっているんですってよ? 残業で深夜に帰ってきた時には、脂肪を貯める気満々の身体に対してエサをあげてたんですね・・・(汗 私がダイエットできてる理由は? この他にも、ホルモンや自律神経の関係で夜はいろいろね・・・なんて話題もあるのですが、夕食と睡眠開始時間の関係では、上にあげた2つが最も大きい意味を持ちそうです。 それで、食後2時間以内に寝てしまっている私が、それなりに体重減少に向かっている理由ですが・・・• やんわり糖質制限をやっているため、夜の食事の糖質が少ない。 21時までには食事を終えている。 この2点が大きいのではないでしょうか? これを考えると、サイクリングだけを一生懸命やっていた時は、夕食の糖質で体重を戻していたのかも? やんわり糖質制限を試し始めた私はえらい! 参考記事: 逆に、子供と一緒に寝落ちせずに、ちゃんと起きていたらもっと痩せるのかもなぁ~ なんて思っちゃいますね 笑 夕食と寝るまでの時間の関係まとめ よく言う、「寝る前に食べたら太るよー!」という話。 食事を終えてから2~3時間は空けて下さいと言われますが、これはやはりインスリンや糖質が大きな意味を持っていそうですね。 糖質がどう代謝されて、最終的に中性脂肪になるか?ということを考えると、やはり食事をしてすぐに寝るのはダイエットの大敵なのは間違いありません。 また、もう一つ「BMAL-1」という脂肪を蓄積する働きをもつたんぱく質が、22時から深夜2時にかけて活発になるので、この時間帯には食事をしない方が良さげです。 食事はなるべく22時より前に終える。 食べてすぐ寝る場合は、糖質や脂質を抑えた食事にする。 この2点がなによりも大事です。 実際、私は食後2時間以内に子供と一緒に寝落ちてしまってますが・・・ 糖質制限を試し始めてからは、順調に体重が落ちています。 どうしても深夜に食べないといけない場合は、糖質制限を考えたものを食べれば、少しはダメージが軽く済むはずです! 当ブログも食べ物をいろいろ紹介していますので参考にしてくださいね! 参考ページ:.

次の

食後すぐに寝ると腹痛が起きる原因とは?症状別の病気

食べてすぐ寝る 向き

スポンサーリンク 食後に横になるときの胃の動きを実験 よく聞く話としては、胃の形が左上から右下に向かっているから、食べてすぐ寝るなら「右を下」にすると消化によい…というものがあります。 街頭インタビューをしてみると、およそ「7割」の人が食後に横になる向きは「右を下」にしたほうがよいと答えたのです。 そこで、実際にバリウムを飲んでレントゲン撮影をして、食後に横になるときに胃の中のものがどう動くのかを実験してみましょう。 まず口から入ったバリウムは胃にたまります。 胃というのは、左上から右下に「そら豆」のような形をしていて、その上部に食べものが溜まる構造です。 いわば棚のようになっていて、上のほうに食べものなどは滞留しています。 食べてすぐ寝るなら左を下にする このとき「右を下」にして寝てみると、バリウムは食道に逆流。 首のところまで上がってきていました。 ところが左を下にして寝てみると、胃の中のバリウムはまったく動いていません。 これは胃の左上にものがたまっているからです。 右を下にすると食道のほうが下になるため、ものが逆流してしまいます。 一方、左を下にすると食道のほうが上になるため、ものが逆流しないわけです。 食後に横になるときに右を下にする人が多いですが、これからは「食べてすぐ寝るなら左を下にする」というのが、社会人の新常識といえるでしょう。

次の