ダホン スピード ファルコ。 【楽天市場】アキボウ DAHON ダホン スピード ファルコ Speed Falco 20インチ 8段変速 オブシディアンブラック 折りたたみ自転車

Speed Falco

ダホン スピード ファルコ

これはどういう現象かと言うと 下り坂で良く外れると言うことから 1.下りなのでスピードを出しており変速時はリアギアの歯は小さい側にある 2.当然チェーンのテンションは最も小さい側にある 3.下りで足が回りきったのでギアチェンジしたいのだろうからその時点ではクランクにあまりトルクがかかっていない 1,2,3の理由によりチェーンの上側のテンションは最も低い状態である。 4.足が回りきっているのでクランクも高速で回している。 そこでギアチェンジするとリアで一段下のギアに移動した時の衝撃がうねりとなりフロントのギアの方に移動する。 うねりでフロントギアの歯からチェーンが一瞬浮くのでギアの上側からチェーンが脱線する。 小径車はリアギアとフロントギアの距離が短いので。 うねりが減衰不十分にフロントまで移動するので元々チェーンが外れやすい。 フロントディレイラーがあれば脱線を防いでくれるが、フロントシングルだとフロントギアにはまっている金属またはプラスチックのリングだけが頼りである。 (ズボンのすそ汚れ防止のためだけにあるわけではない) チェーンを別銘柄に買えるとあっけなく解消したりもする。 うねりの伝わりが変化するためだと思われる。 コマを詰めるのも確かに良い方向へ行く。 運転方法でどうにかするには軽負荷高速回転時にギアチェンジを避けること。

次の

【楽天市場】【10%OFF】 DAHON Speed Falco ダホン スピードファルコ 折りたたみ自転車 2020年モデル ミニベロ 軽量 20インチ 8段変速 クロモリフレーム 通勤 通学 プレゼント付き 防犯登録可 店頭受取対応商品 整備点検付き:ベストスポーツ

ダホン スピード ファルコ

スピードP8は昨年までのモデルで普通の406のホイール。 ファルコがである本年度モデルは451とホイールが大きくなっている。 これは22~24インチぐらいなのかな? ごぞんじ、ホイールのインチが大きいほど走行性能は優れる。 その分多少嵩は増えます。 小径車のぎりぎりの有効的サイズで走行性を求めるならば、451になる。 20inの406を451に交換する人が多いのもその為。 今回はメーカーが標準で仕様を変更したと言うとこ。 ここが、DAHONの素晴らしいところで、あくまでも自転車は走ると言う 理屈を理解して生産、販売しているのだ。 イギリスのブロンプトンとかBD1なんてものはおもちゃとしての意味でしかない。 本来の走ると言う理屈を無視してお高くとまっているだけ。 所詮それらは金持ちの道楽品で実用品ではありません。 speed p8=406タイヤ スピードファルコ=451タイヤ というタイヤサイズの違いが大きいです。 ファルコは変速機がシマノ製になっているのもポイントですがまあどちらも実用上は問題ないでしょう。 タイヤ径が一回り大きい451のほうが巡航性にすぐれますが、タイヤの種類が少ないようです。 406の20x1. 75や20x2. 0ならタイヤ径も大きくて空気量が多い太いタイヤで乗り心地も良くなります。 速いのは451の細身高圧タイヤでしょう。 速いぶん時間あたりは遠くまで行けますが、ごつごつした乗り味は疲れやすいともいえます。 長距離というのはどれぐらいを想定してるかによります。 ダホンユーザーには一日100km超を走る人もいますが、折り畳み小径としては20~30ぐらいのポタリングがメインではないでしょうか。 これぐらいならどちらの車両でも変わらない。 初心者は小径車の乗り心地の悪さに幻滅しやすいので406の太タイヤを薦めます。 P8もファルコも丈夫さに明確な差は無いと思います。 常識的な走行ではそうそう壊れませんが、当然ながら折り畳み車は耐久性の信頼がワンランク落ちます。 細い高圧タイヤでスピード走行するのが目的なら451のファルコ。 街乗りやのんびりとサイクリングするならspeed p8に太い406のタイヤを履かせる。 そういう選択でいいのでは。 本気の速さや長距離走行を目的にするなら小径折り畳み車は薦めません。 スピードを出すのに折り畳み自転車は止めておいた方が懸命です。 ロードバイクのホイールが700cのサイズであることには、安定性というひとつの譲れない理由があります。 小さいホイールだと、路面の凹凸などにハンドルを取られやすく、その瞬間吹っ飛びます。 そのため、長距離走行は止めておいた方が良いです。 歩道をゆっくり走るくらいが丁度良いです。 それから折り畳み自転車のタイヤ、ホイール、クランクギヤは特殊なので、2年くらいで寿命が来たり、パンクなどがあると、修理に部品が無くて難儀します。 チューブを手に入れるだけでも大変。 タイヤの容積が小さいので、空気を入れてもすぐに抜ける。 頻繁な空気入れが必要です。 輪行するにも、ロードバイクよりも重いので、持ち歩くのは大変です。 しかもスピードを出して長距離を走りづらいので、仕方なく輪行をするという感じになります。 とにかくあまり良いところがないです。 というわけで、上記のことを覚悟している人だけが乗るべきなので、初心者には向きません。 見た目は初心者向きで、お手軽感はありますが、そのとおりに近所のサイクリングに留めておいたほうが無難です。

次の

Speed Falco

ダホン スピード ファルコ

これはどういう現象かと言うと 下り坂で良く外れると言うことから 1.下りなのでスピードを出しており変速時はリアギアの歯は小さい側にある 2.当然チェーンのテンションは最も小さい側にある 3.下りで足が回りきったのでギアチェンジしたいのだろうからその時点ではクランクにあまりトルクがかかっていない 1,2,3の理由によりチェーンの上側のテンションは最も低い状態である。 4.足が回りきっているのでクランクも高速で回している。 そこでギアチェンジするとリアで一段下のギアに移動した時の衝撃がうねりとなりフロントのギアの方に移動する。 うねりでフロントギアの歯からチェーンが一瞬浮くのでギアの上側からチェーンが脱線する。 小径車はリアギアとフロントギアの距離が短いので。 うねりが減衰不十分にフロントまで移動するので元々チェーンが外れやすい。 フロントディレイラーがあれば脱線を防いでくれるが、フロントシングルだとフロントギアにはまっている金属またはプラスチックのリングだけが頼りである。 (ズボンのすそ汚れ防止のためだけにあるわけではない) チェーンを別銘柄に買えるとあっけなく解消したりもする。 うねりの伝わりが変化するためだと思われる。 コマを詰めるのも確かに良い方向へ行く。 運転方法でどうにかするには軽負荷高速回転時にギアチェンジを避けること。

次の