軽キャンパー キャンピングカー。 軽キャンピングカーに乗ってみよう|キャンピングカーはレンタル キャンピングカー ネット

【軽キャンピングカー】なぜ1車種だけが圧倒的人気なのか? スペース/スペックにライバルと差

軽キャンパー キャンピングカー

【サンパワー優先充電システム】のご紹介 - Stage21のこだわり - 軽キャンだからサブバッテリーへの充電がうまく機能しないのは、 当たり前だと思っていませんか? 一般的にはそうかもしれませんが、決してそんな事はありません。 ResortDuoは軽自動車でありながら大型のキャンピングカー並の充電機能を誇ります。 その秘密の一端をご紹介します・・・・・ 通常軽自動車のオルタネーター(ダイナモ)の発電量は60Aほどで、 ハイエースクラス130Aの半分もありません。 しかも、エアコンやカーナビ、オーディオ、ライト、フォグランプなどの電装は軽もハイエースも同等に使用しています。 そのオルタネーターで発電した電気でメインバッテリーを充電した後、余剰分をサブバッテリーに充電する走行充電は、どれ程の量の充電が可能か想像できますか? 軽キャンユーザーから『走行充電がされない』とか、『出かける前にACで満充電をしても翌日には電気がなくなってしまう』とか、『小さなソーラーパネルではほとんど充電してくれない』とか、軽キャンパーがいくら背伸びをしてもサブバッテリーに充電してくれる余剰電流は5Aくらいにすぎず、 60Aのオルタネーターでは充電量はたかが知れています。 Stage21はこう考えました。 充電効率の良いソーラーパネルと優秀なMPPTコントローラーさえあれば、パネルからの発電を優先的にサブバッテリーに充電して、太陽の出ていない雨や夜間時にだけ、サブ的にオルタネーターからの走行充電があればいいかと。 ResortDuoに標準搭載されているソーラーパネルは19Aの発電量があるので、日中はソーラーパネルからの充電をメインにし、夜間や曇り、雨の日は走行充電に自動で切り替える。 そうすれば軽キャンであっても十二分なチャージが実現し、北海道を一周するような長旅であっても、電気に不自由しない車中泊がおくれるのではないかと・・・・ ResortDuoは40Wの冷蔵庫に地デジテレビを一晩中つけっぱなしにしていても、翌朝はまだ充分に電圧が残っていますし、朝にインバーターを通してのレンジやコーヒーメーカーなどを使うことが出来ます。 またすぐに充電でバッテリーの電圧が回復するので、バッテリーの寿命も長くなり、交換時期を大幅に遅らせることができ経済的です。 晴天時なら105Aのバッテリーが残量半分でも3時間で簡単に満充電になってしまいます。 100wのソーラーパネルですと15時間以上必要ですので、それに比べStage21では大容量180wの高効率のソーラーパネルを使い、短時間で満充電が実現する様に しています。 世界で1番2番を競うアメリカSUNPOWER社のソーラーセルを使っているのも、その理由で 安く売られているノーブランドのソーラーでは満足のいく が得られない事もしばしばです。 このシステムさえあれば、24時間365時間、AC充電に頼らずに電気を使うことができます。 災害時にも、このシステムがあれば軽キャンパーがシェルターに変身します。 このような発想の転換で、『ソーラーをメインに、オルタネーターからの走行充電をサブにする』軽らしからぬ発電量で、軽キャンでは最強の 【サンパワー優先充電システム】が誕生しました。 このシステムはどの様なキャンピングカーにも対応します。 充電量にご不満があり、24時間冷蔵庫やTVをお使いになれない方はご相談ください。 ご相談ください。 レスの場合は-40,000円.

次の

軽キャンピングカー製造・販売の【オートワン】軽キャンパー・車中泊・多目的車の専門販売店

軽キャンパー キャンピングカー

薄型バッテリーの開発で狭い空間にも搭載可能に! 従来のバッテリーケース オリジナルの薄型リチウムイオンバッテリー ここ数年、既存の鉛バッテリーよりも高性能なリチウムイオンバッテリーが、キャンピングカーのサブバッテリーとして使用されることも増えてきたが、リチウムイオンバッテリーを採用した軽キャンパーはほとんど見かけることがなかった。 その一番の理由は、車内空間がコンパクトな軽キャンパーでは、大きなリチウムイオンバッテリーの搭載スペースを確保するのが困難だったこと。 その難題を解決するべく、ケイワークスではオリジナルの100Ah薄型リチウムイオンバッテリーシステムを開発。 これまで同社の軽キャンパーに搭載されていた薄型ディープサイクルバッテリーと同サイズに抑えたことで、内装レイアウトを変更せずにリチウムイオンバッテリーを搭載することを可能にした。 もちろん新車だけではなく、すでに鉛タイプのサブバッテリーを搭載しているユーザーカーも、ボルトオンでリチウムイオンバッテリーへのアップグレードが可能。 バッテリーの容量や性能はそのままにコンパクト化を実現した、 オリジナル薄型リチウムイオンバッテリーの恩恵は大きい。 生活電源の充実は、すべてのキャンピングカーにとって大きなアドバンテージとなるが、軽キャンパーに特化して考えた場合、リチウムイオンサブバッテリーシステムを搭載する最大のメリットは何なのか? 例えば、暖房。 キャンピングカーの暖房としてはFFヒーターがスタンダードだが、軽キャンパーのコンパクトな室内空間に対して、FFヒーターの暖房能力はオーバースペック。 車内がすぐに暑くなってしまうし、空気の乾燥も著しい。 当然、FFヒーターを搭載するには高額な費用(パーツ代+工賃)もかかる。 しかし、電気を効率的に使用できるリチウムイオンバッテリーがあれば、FFヒーターがなくてもホットブランケットなどの電気式暖房器具を安心して使えるようになる。 FFヒーターの装着費用を浮かせられ、冬でも快適に眠れる暖かさを電気で実現できる。 軽キャンパーにとって、これは大きなメリットだ。 もう1つのメリットが、既存の鉛サブバッテリーと比べて軽量化できること。 具体的に、ケイワークスの軽キャンパーに採用されている既存の鉛サブバッテリーの重量は28kg。 それに対し、新たに採用された薄型リチウムイオンサブバッテリーの重量は、たったの15kg。 もともとパワーに余裕があるとは言えない軽キャンパー。 重量が軽くなれば、そのぶんクルマの運動性能(走る・曲がる・止まる)はトータルで向上する。 これも、軽キャンパーに薄型リチウムイオンサブバッテリーを採用する大きなメリットと言える。 シンプルを極めたワゴンベースの軽キャンパー「NEDOKO」 今回取材したケイワークスの NEDOKO(ねどこ)は、エブリイワゴンをベースに必要最低限の架装を施した軽キャンパー。 安全装備や快適装備が充実したエブリイワゴンのメリットはそのままに、車内で快適に眠れる要素をプラスしたシンプル仕様だ。 リアシートは純正のままなので、走行中の座り心地も快適。 ベッド展開は、シートを前方に倒して格納~ベッドボードの脚を出して固定~その上にベッドマットを敷き詰めるという3ステップのみ。 標準装備のベッドマットには、トップアスリートも愛用するエアウィーブをさらに進化させたオリジナルの耐圧分散コアベッドマットを採用。 抜群の寝心地に加え、優れた通気性や保温性も確保され、季節を問わず快適な眠りをサポートしてくれる。 リアエンドには、耐荷重30kgを誇る堅牢なリアスライドテーブルを標準装備。 サビに強いステンレス製なので、水や汚れを気にせずラフに使用できる。 標準装備は、上記のベッドキット、リアスライドテーブルのみのシンプルな構成だが、それ以外にも家具や電装系などさまざまなオプション装備を用意。 ユーザーのライフスタイルに合わせて必要なオプションパーツを組み合わせれば、自分仕様の軽キャンパーに仕上げることができる。 もちろん、リチウムイオンサブバッテリーシステムもオプション設定。 価格は、既存のサブバッテリーシステムが15万円(税別)、リチウムイオンサブバッテリーにアップグレードすると15万円+23万円(税別)となる。 ケイワークスでは、オリジナルの薄型リチウムイオンサブバッテリーを自社の軽キャンパーに採用するだけにとどまらず、 ほかのビルダーにも積極的にOEM供給していきたいとのこと。 高性能&コンパクトな薄型リチウムイオンサブバッテリーの登場で、軽キャンパーのリチウムバッテリー化が一気に加速する!?

次の

軽キャンピングカーのオリジナル制作・販売

軽キャンパー キャンピングカー

じわじわと人気が高まる、軽自動車のキャンピングカー 「はじめての土地で大きなキャンピングカーの運転は不安。 」「ペットと一緒に旅行を楽しみたい。 」「本格的なアウトドアというよりは、車中泊ができる程度で十分。 」など、子供の小さい若いファミリーやシニア夫婦の需要が多い軽キャンパー。 その魅力をご案内します。 メリットその1:運転しやすい なんといっても軽キャンパーの魅力ははじめてキャンピングカーを運転する人でも、大きさをあまり気にせず乗れることでしょう。 初めて旅する不慣れな土地でも気楽にスイスイ走れます! 一般的なキャブコンのサイズは長さ5メートル、幅2メートル、高さ3メートル程度でその大きさが気になるところですが、軽キャンピングカーは軽の規格にそのまま収まるものから改造型でも長さ3. 5メートル、幅1. 5メートル、高さ2メートル程度なので、市街地や細い道での運転も楽々です。 メリットその2:車両価格が安い なんといっても普通車のキャブコンやバンコンよりも価格が安いことがメリットです。 普通車のキャンピングカーがおおよそ500万円程度~という価格に対して、軽キャンピングカーは200万円~300万円程度で購入することが可能です。 あとは税金や車検(軽自動車ナンバー取得可能車の場合)、燃費などを比べても普通車キャンピングカーよりも断然安いです。 メリットその3:停泊場所に困らない お話しした通り、軽キャンピングカーは普通車ワンボックスよりも小さく、3ナンバークラスよりも幅・長さが短いので、駐車場所とくに停泊場所には困りません。 コンパクトなボディーは狭い駐車スペースにも十分おさまります。 いいコトばかりのように書いてしまいましたが、デメリットも当然あります。 パワーとスピードがでない、風の影響を受けやすい、車内が狭いなどなど…。 とはいえ、すべてのキャンピングカーにはメリット・デメリットがあるわけですから。 大切なのは自分が気に入ったキャンピングカーを選んで乗ることです。 まずは人気の軽キャンピングカーをレンタルしてみましょう! 人気の理由• 気軽に一人旅:ペットと一緒でもOK!• 釣り:狭い道も楽々。 釣り道具の準備や休憩にはキャンピングカーの中は最適!• 子供たちとのキャンプ:夫婦二人と小さな子供さん二人なら軽キャンピングカーでもOK!• シニア夫婦の二人旅:将来キャンピングカーを買おうかな。 でもどんなものか使ってみたい。 軽キャンピングカーは試し乗りにも最適です。

次の